東洋環境分析センタ- 現場奮闘記

分析 測定 調査 試験 検査

消費者の目 ~その3~ 異物検査 お漬物編 南九州ラボ

2012-10-20 | 技術部
朝晩が少し冷え込むようになってきました。
皆様、体調崩していませんか?

いよいよ秋本番です!
秋といえば、おいしい秋の味覚が楽しみですよね~。

今の時期だと、やはり新米でしょうか。
炊きたての新米は、それだけでおいしいですが、
ごはんのお供があれば、より一層おいしくなりますよね。

おいしそうなお漬物。



そんなごはんのお供、お漬物が今回の主役です!

といっても
このお漬物は、異物検査の依頼でした。



矢印部分の白いスジ状のものは
一体何? 虫???
というご依頼でした。

検査の結果・・・
大根本体に含まれる組織(繊維)でした。

大根のお漬物ですから、
大根の繊維があっても不思議ではないのですが。
今やこれが異物疑いとなる時代になったのでしょうか・・・。

漬物といえば、
最近、北海道で浅漬を原因とする腸管出血性大腸菌O-157の集団食中毒が発生しました。

消費者の食に対する目がますますきびしくなってくるかもしれませんね。

食品の微生物検査の様子


食の安心・安全のために、
皆様のお役に立てるようこれからも努めてまいります。
コメント