東洋環境分析センタ- 現場奮闘記

分析 測定 調査 試験 検査

脅威の河川調査 延岡事業所

2011-10-31 | 営業部
宮崎県高千穂町
  んっ!
    東国原英夫 前知事が天の声を聴いた場所!

やってきました。
  ん!この橋高すぎやせんかい!


かの有名な、雲海橋!
             の下の小さい橋でした。


五ヶ瀬川は、谷が深く、水脈が複雑に入り組んでいます。

よって、架かっている橋も高~いっ!というわけです。
  ということは、
    サンプリング現場では、
      バケツの上げ下ろしで 腕パンパン!

〔一口メモ:阿蘇山の火山灰により、やわらかい砂と、硬い岩石が複雑に地層を形成した為、水の力が大きく働き、このような複雑で深い谷になったそうです。〕

この橋は、強烈に高い!
  風の強い日は、
    バケツがあおられ!
      体もあおられ!
        安全帯が心強くて!


赤い橋は、今は無き 高千穂鉄道跡!

ここは、観光名所でもある 高千穂峡!
2番目に強烈!!

おまけに観光客が朝から沢山来られるので、
できるだけ
   目立たぬよう・・・
      邪魔せぬよう・・・
         朝一番で向かいます。

朝から夕闇まで、橋をさまよう河川調査です。

しかし、河川というだけあって、
  自然がいっぱい!
    私の大好きな生物がいっぱい!

最近見かけた生物の写真で最後にします。

どこにいるか!わかりますか!

ヒントは、昆虫!擬態!

では、次の現場で
コメント