みんなで遊ぼう‐遊ぼう会

遊び道具がなくても、“みんなで楽しく安全に”遊べる遊びを紹介しています。

『たまごころがし』

2020-03-04 | 室内遊び
先がすぼまったふしぎな形をしている鳥のタマゴは、どんなふうに転がるんだろう?
いろんなものをころころ転がして、タマゴの形の秘密に迫ります。

<年齢> 4 歳以上
<時間> 10 分~45 分
<道具> ゆで卵、絵本(ハードカバーのもの)、タマゴの他に転がすもの(ビー玉、乾電池、どんぐりなど)
<わんぱくレベル>★★★★★

<準備>
(1)床を広く使うので、お部屋のお片づけをしておきましょう。なんならこれをエサにしてお掃除大会をしてもよいでしょう。
(2)ゆで卵をつくります。固ゆでになるまでしっかり茹でてください。

<進め方>
(1)「これからタマゴの転がり方について調べます」と言います。
(2)絵本で傾斜をつくり、まずはタマゴ以外のものを転がします。転がす前に、「どこに転がっていきそう?」と予想を聞き、子どもに予想地点に立ってもらいます。
(3)次にタマゴを転がします。同じように予想をしてから転がしましょう。
(4)転がす向きを変えてみたり、傾斜の角度を変えることで転がり方が変わるか確認します。
(5)ある程度パターンに気づいてきたら、子どもたちが転がす番です。的を指定して、そこに向かってタマゴが転がせるかチャレンジします。
(6)さらになれてきたら、ゴルフのように遠い的に向かって、どちらが少ない転がし数(打数)でたどり着けるか「タマゴルフ」で競いましょう。
(7)「鳥のタマゴがこの形をしているのは、何かいいことあるのかなぁ?」と聞いてきましょう。

<おまけ>
・ゆで卵をつくる際に、タマゴを複数使って、何分茹でると半熟、何分茹でると固ゆでという調査をするのもおもしろいです。
・ウズラの卵でも同じことができるでしょうか?

<注意点>
・傾斜をきつくしすぎると、ゆで卵にひびが入ります。
・そうかといって、カーペットの上ではうまく転がりません。

【出展】GEMS『タマゴ タマゴ~ここにも あそこにも』

『バコッシュ』

2013-10-10 | 室内遊び
室内だけど思いっきり遊びたい!そんな時に新感覚のテーブルテニス『バコッシュ』はいかがでしょうか?うちわをラケット代わり、風船を球代わりにして卓球のようにラリーをします。ふわっと舞い上がる風船をコントロールするのが意外と難しくとても楽しい遊びです♪

【対象】年長さん以上
【人数】4人以上
【場所】卓球ができるくらいの広さの部屋
【体力レベル】★★★★☆
【協力レベル】★★★☆☆

<遊び方>
(1)ペアを組みます。
(2)ペアの中で役割をわけます。1人はバコ、もう1人はシュシュです。
(3)バコは球を打ち返すことができます。打つタイミングで「バコッ!」と言います。
(4)シュシュは風を起こすことで、返す球の軌道を修正することができます。「シュシュ」と言っている間のみ風を起こせます。
(5)対戦相手と台をはさんで向かい合います。
(6)じゃんけんをして、勝ったペアにサーブ権を与えます。
(7)サーブから始まり、センターラインを超えて相手側のコートに球を入れます。球がワンバウンドしてからが自分たちのターンとなります。この時、体がセンターラインを超えてはいけません。
(8)打ち返せなかったり、床に落としてしまったら相手チームに得点が入ります。
(9)先に5点をとった方が勝ちとします。

<注意点>
以下のルールを守れなかった場合、ペナルティとして相手に得点が加算されます。
・ワンバウンドする前に、球に触れたり風を起こした場合
・掛け声を言えなかったり、タイミングよく言えなかった場合
・体がセンターラインを越えた場合

<おまけ>
・一回打ち返すごとに、バコとシュシュの役割をチェンジするルールを加えて遊ぶこともできます。役割を素早く切り替える力が必要になります。
・台はなんでもいいです。小さ目の2つの机を離して置き台とすると難易度がグンとUPします。
・バレなければ、相手のリターンをフーっと息で吹き返してしまいましょう。バレたら潔く相手に得点を加算しましょう。


【出展】
遊ぼう会オリジナル

室内遊び

2011-03-14 | 室内遊び
室内遊びでは、狭いスペースや少人数でも楽しめる遊びから、みんなで輪になってわいわい楽しめる遊びまで幅広く紹介しています。

ちょっとした時間に親子で遊んだり、休み時間にクラスメートと遊ぶのにぴったりです♪

(1)ことば・リズム遊び
ことばの語感を活かしたり、リズムに乗って遊ぶ遊びです。『かごめかごめ』や『伝言ゲーム』などの遊びが中心になっています。

(2)考える遊び
頭を使う遊びです。『スリーヒントクイズ』や『わたしはだれでしょう?』などの、いろいろなクイズが中心になっています。

(3)少人数でもできる遊び
狭いスペースや少人数でもできる遊びです。親子のちょっとしたふれあいから、大人数で遊ぶときのウォーミングアップとしても使えるような、用途の広いものが中心になっています。

(4)大人数でやると楽しい遊び
狭い場所であっても大人数でわいわい遊べる遊びです。『ウィンクキラー』など、みんなで輪になって遊ぶ遊びが中心となっています。