みんなで遊ぼう‐遊ぼう会

遊び道具がなくても、“みんなで楽しく安全に”遊べる遊びを紹介しています。

『サバイバルお絵かき』

2020-03-04 | 親子でふれあう遊び
弱い生きものが肉食の強い生きものに襲われたらどうやって身を守る?お絵かきをしながら、生きものたちの自己防衛について考えます。

<年齢> 4 歳以上
<時間> 10 分~20 分
<道具> 大きめの紙(人数分)、絵を描く道具(クレヨンや色鉛筆など)
<わんぱくレベル>★★★★★

<準備>
(1)お絵かきの勢いが神からはみ出しそうな予感がするときは、下に新聞紙を敷いておきましょう。

<進め方>
(1)「これからお絵かきバトルをします」と高らかに言います。
(2)一人 1 枚紙を配り、紙の半分より下に各自が「弱そうな生きもの」を描きます。
(3)紙を交換し、空いているところに「相手の生きものを食べることができそうな捕食者」を描きます。
(4)また紙を交換し、相手が描いた捕食者に食べられないように、自分の生きものを強くします。
(5)またまた紙を交換し、強くなった相手の生きものでも食べることができるぐらい捕食者を強くします。
(6)(4)と(5)をあと 2 回くり返します。
(7)「こうやって、生きものたちは自分が生き残るための工夫をし続けているんだよ」と伝え、実際の動物はどうやって身を守っているかを図鑑やインターネットで調べます。

<おまけ>
・平面のお絵かきに飽きたら、粘土やブロックなど立体で工作してみるのもおもしろいです。
・実際に動物園に行く前にやると、子どもたちが動物を見る目が変わります。

<注意点>
・あくまで架空のバトルなので、現実的でない生きものが出てきても受け止めてあげてください。
・きつめの言葉や激しい防衛方法を描いている場合、お子さんがストレスをためている可能性があります。親子のふれあいの時間を多めにとってあげてください。

【出展】GEMS『動物の自己防衛』

コメントを投稿