みんなで遊ぼう‐遊ぼう会

遊び道具がなくても、“みんなで楽しく安全に”遊べる遊びを紹介しています。

『ワープスピード』

2012-03-20 | 少人数でもできる遊び
初対面のグループで名前を覚えるためのゲームです『ネームトス』からつなげると自然に遊びを発展させることができます。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学生以上。5人。輪になれればOK。

〈遊び方〉
(1)みんなで輪をつくります。
(2)ボールを1人1回受け取るように、全員でパスしていきます。この時「カモです。Pomちゃんお願いします。」と自分の名前と相手の名前を言います。ボールを受け取った相手は「カモ、ありがとう!」と投げた人の名前を言います。
(3)ボールが一巡したら、再度ボールを回して順番を確認し、「誰から受け取って、誰に投げたか」を覚えてもらいます。覚えるまで数回くり返します。
(4)その順番でボールをパスして、タイムを計ります。
(5)タイムを計ったら、そのタイムをさらに知事めるチャレンジをします。ルールは「ボールを回す順番は変えない」「ボールを落とさない」の2つです。

〈おまけ〉
・パスするのは何もボールでなくてもOKです。グループの成熟度に合わせて、チャレンジレベルを調節するとよいでしょう。以前、管理人は生卵を使うというスリリングなチャレンジをしたことがあります。


【出典】
PA


『ネームトス』

2012-03-19 | 少人数でもできる遊び
グループメンバーどうしの自己紹介をしたいならまずコレ!発展系も含めて、活動の最初にふさわしい遊びです。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学1年生以上。5人以上。円くなれればOK。

〈遊び方〉
(1)グループで一つの輪を作り、呼ばれたい名前を順に発表します。
(2)1人目の人から、ボールをグループの誰かに投げます。
(3)受け取った人は誰か他の人(できるだけ名前を覚えきれていない人)に投げます。この時「カモです。Pomちゃんお願いします。」と自分の名前と相手の名前を言います。
(4)ボールを受け取った相手は「カモ、ありがとう!」と投げた人の名前を言います。
(5)くり返すことで、グループのメンバーの名前を覚えていきます。

〈おまけ〉
*明日以降更新していきます。

〈注意点〉
・パスをするときは優しく、というのが基本です。


【出典】
PA

『新聞紙リレー』

2012-03-18 | 元気に走り回る遊び
やることは簡単なのに、意外と難しいリレー形式の遊びです。体育の時間などで体を温めたいときに使えます。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学3年生以上。10人以上。広場。

〈遊び方〉
(1)4人で1チームを作ります。
(2)各チームに新聞紙を1枚配り、4人がそれぞれ片手で四隅を持ちます。
(3)新聞紙の上に新聞紙を丸めたもの(以下ボール)を置きます。
(4)スタート線を引きます。そして10~20m先に、折り返し地点のコーンを置きます。
(5)一斉にスタートし、ボールを落とさずに、一番最初に戻ってこれたチームの勝ちです。

〈おまけ〉
・難易度を下げたい場合は、ボールをドッヂボールなど重めのものを使うとよいです。

〈注意点〉
・メンバーの息が合わないと、新聞がよく破れます。破れたときは、その場から新しい新聞でリスタートしてください。
・風の強い日にやると、ボールがすぐに飛ばされます。ただ、工夫次第で何とかなります。


【出典】
オリジナル

『ネームガンマン』

2012-03-16 | 大人数でやると楽しい遊び
相手の名前を覚えるときに使える遊びです。早撃ちガンマンのように素早く相手の名前をコールしましょう。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学1年生以上。10人以上。どこでも。

〈遊び方〉
(1)2チームに分かれます。
(2)チームの間に壁(毛布など)を作り、相手チームに分からないように代表者を決め、代表者は壁の前に座ります。
(3)壁がとれて相手が見えたときに、先に相手の名前を言った方が勝ちです。
(4)どちらのチームがたくさん勝てるかを競います。

〈注意点〉
・どちらが早かったかでもめないように、大人が審判をしてください。
・あくまでも名前を覚えるための遊びですので、あまり勝敗に熱くなりすぎないようにしましょう。


【出典】
オリジナル

『どこでもゴルフ』

2012-03-15 | 少人数でもできる遊び
ゴルフ場に行かなくてもクラブがなくてもゴルフ(っぽい)ことはできるのです!屋内でも屋外でも楽しめます。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学1年生以上。2人以上。どこでも。

〈遊び方〉
1.家の中でやる場合
(1)各自ボールとなるものを用意します。例えば、手袋を丸めたものや、消しゴムなど。
(2)スタートとゴールを決めます。間に曲がり角や階段があるとおもしろいです。
(3)スタートからゴールの間に何回ボールを投げていいか(ゴルフでいうパー)を決めます。だいたい歩数にして3歩で1回ぐらいにするといいです。
(4)一人ずつボールを投げます。投げ終わったらボールが止まったところに行き、また投げます。
(5)(4)をくり返してゴールを目指し、どれだけ少ない打数でゴールできるかを競います。

2.外でやる場合
(1)各自ボールとなるものを用意します。例えば、ドッヂボールや、フリスビーなど。
(2)スタートとゴールを決めます。
(3)スタートからゴールの間に何回ボールを投げていいか(ゴルフでいうパー)を決めます。だいたい歩数にして10歩で1回ぐらいにするといいです。
(4)一人ずつボールを投げます。投げ終わったらボールが止まったところに行き、また投げます。
(5)(4)をくり返してゴールを目指し、どれだけ少ない打数でゴールできるかを競います。

3.チーム戦
(1)4、5人でチームを作り、各チームでボールとなるものを用意します。例えば、ドッヂボールや、フリスビーなど。
(2)スタートとゴールを決めます。
(3)スタートからゴールの間に何回ボールを投げていいか(ゴルフでいうパー)を決めます。だいたい歩数にして10歩で1回ぐらいにするといいです。
(4)投げる人はスタートにつき、残りの人はスタートとゴールの間に散らばります。
(5)ボールが投げられたら、残りの人の誰かがそれをノーバウンドでキャッチします。地面についてしまったら、もう1回スタートから投げます。
(6)ボールをキャッチした人は、その場から動かずにボールを投げます。それを残りの人はまたノーバウンドでキャッチします。
(7)(6)をくり返してゴールを目指し、どれだけ少ない打数でゴールできるかを競います。

〈おまけ〉
・球技の部活でのパスワークの練習にも使えます。例えば、サッカー部だったら、GKから始めて何回のパスでゴールを決められるかというルールにしてもよいでしょう。
・ゴルフは紳士のスポーツですが、『どこでもゴルフ』では熱くなって構いません。

〈注意点〉
・外でやるときは、校庭や広場など、人・車の往来がないところでやりましょう。
・家の中でやるときは、柔らかくて軽い素材のものをボールに選びましょう。


【出典】
オリジナル

『ナイフとフォーク』

2012-03-14 | 少人数でもできる遊び
あなたがナイフで私がフォーク。どこかの歌謡曲のような言い回しですが、相手と息を合わせてお題をクリアする遊びです。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学1年生以上。2人以上。どこでも。

〈遊び方〉
(1)2人1組(ペア)を作ります。
(2)奇数人で遊ぶ場合は余った人、偶数人の場合は号令をかけるリーダーを決めます。
(3)リーダが「○○と××」というお題を出します。例えば「ナイフとフォーク」。
(4)ペアは言葉を交わさないで、片方がナイフ、もう片方がフォークのジェスチャーをします。
(5)相手とジェスチャーが被ってしまったらアウトです。

〈おまけ〉
・4人1組や5人1組でも遊べます。そのときは、グループの人数分「○○と××と△△」といったようにお題を出しましょう。
・「泣き顔と怒り顔」と表情を使ったり、「嬉しいと悲しい」と感情を使うこともできます。

【出典】
オリジナル

『ハイ・イハ・ドン!』

2012-03-13 | 少人数でもできる遊び
誰もが一度はやったことがある遊び『ハイ・イハ・ドン!』。親子で楽しむもよし、グループ活動の集中を高めるもよしの使い勝手のいい遊びです。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学1年生以上。2人以上。どこでも。

〈遊び方〉
(1)2人1組(ペア)を作ります。
(2)奇数人で遊ぶ場合は余った人、偶数人の場合は号令をかけるリーダーを決めます。
(3)ペアで向かい合い、手のひらを下にして手を交互に重ねます。
(4)リーダーが「ハイ!」と言ったら、一番下の手を一番上にもっていきます。
(5)「イハ!」と言ったらその逆で、一番上の手を一番下にもっていきます。
(6)リーダーは「ハイ!」と「イハ!」をランダムにくり返し、「ドン!」と言ったら一番下の手の人は相手の手をたたきます。
(7)相手はぶたれないように手を素早くひっこめます。


〈おまけ〉
・4人1組や5人1組でも遊べます。


【出典】
オリジナル

『ラグビーパス』

2012-03-12 | 元気に走り回る遊び
タイトルのまんまですが、ラグビー風のパス回しをするゲームです。簡単なようで実は奥が深い!体をおもいっきり動かしながら、仲間と息を合わせる練習もできます。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学4年生以上。2人以上。直線で50mぐらい走れる場所。

〈遊び方〉
(1)スタートラインとゴールラインを引きます。
(2)スタートラインに、1m間隔ぐらいで横一列に並びます。このとき、一番端の人はボールを持ちます。
(3)スタートの合図はありません。ボールをもった人が走り出したら、他の人も走り出します。
(4)ボールをもった人は、走りながら隣の人にボールをパスします。このとき、パスをもらう人は必ずボールを投げる人よりも後ろにいなくてはなりません(ラグビーのルールそのままです)。
(5)ゴールラインに着くまでに、全員にパスが回れば成功です。

〈おまけ〉
・タイムを計ったり、ゴールまでに何回パスを回せるかを数えるとより白熱します。
・一番難易度が高いのは、ボールの代わりにフリスビーを使うことです。ミッション成功率はかなり低くなりますが、その場は大きな笑いに包まれます。

〈注意点〉
・唯一の禁止事項は、ボールを前に投げることです。ボールをもっている人を追い越さないように、隣を気にしながら走りましょう。


【出典】
オリジナル

『ペアフル』

2012-03-11 | 大人数でやると楽しい遊び
2人1組(ペア)でやるフルーツバスケット、略して『ペアフル』。実際は『なんでもバスケット』だけど…『ペアフル』です。ペアを作る作業をくり返すので、グループ活動の初期にぴったりのワークです。

〈対象年齢・人数・場所〉
小学1年生以上。10人以上かつ奇数人。輪になれればOK。

〈遊び方〉
(1)みんなで輪を作ります。鬼を1人決め、鬼は輪の真ん中に立ちます。
(2)鬼以外の人は隣の人とペアを作って手をつなぎます。
(3)鬼は「○○したことがある人」や「××が好きな人」といった質問をします。ここまでは普通の『なんでもバスケット』と一緒です
(4)自分もしくはペアの人が鬼の言った条件に当てはまったらペアを解消して、同じく解消した他のペアの人と新しいペアを作ります。ペアができたらまた輪を作ります。このとき、鬼も混ざります。
(5)ペアになれなかった人が次の鬼になります。連続で鬼になってもいいです。

〈注意点〉
白熱しすぎて怪我をしないように。走るのはダメなどのルールを加えてもいいでしょう。


【出典】
オリジナル