みんなで遊ぼう‐遊ぼう会

遊び道具がなくても、“みんなで楽しく安全に”遊べる遊びを紹介しています。

『お菓子づくりで算数』

2020-03-04 | 科学・算数遊び
5 種類のトッピングの中から、一度に 3 種類まで使えるとしたら、全部で何通りのお菓子ができる?
実際にお菓子をつくりながら組み合わせを学びます。あま~い算数はいかがですか?

<年齢> 6 歳以上
<時間> 20 分~40分
<道具> クラッカーor ビスケット(土台)、チョコペースト(トッピング固定用)、
トッピング 5 種類(ドライフルーツ、マーブルチョコ、グミ、ナッツなど)
<わんぱくレベル>★★★★☆

<準備>
(1)チョコペーストを手作りする場合は、板チョコを湯銭にかけて溶かしておきます。
(2)トッピングは、種類ごとにカップや小皿に入れておきます。

<進め方>
(1)「これから、お菓子づくりを始めます」と言います。
(2)ルールを説明します。
・クラッカーの上に、チョコペーストを塗る。これは共通の土台となる。
・土台の上に、5 種類のトッピングの中から 3 種類を選んで乗せる。量は適当で OK。
・全部で何通りの組み合わせができるかを解明してから食べる。
(3)手洗いをして、お菓子づくりを始めます。すでにある組み合わせが出てきたとしても、子どもが自分で気づくのを待ちましょう。
(4)子どもが「これで全部」と言ったら、2 人で確認します。表や樹形図を描くのも分かりやすいです。
(5)「どの組み合わせが一番おいしそう?」と、味を予想します。
(6)「このお菓子にピッタリな飲み物は何だろう?」と聞き、ドリンクセットをつくります。
(7)お菓子を食べながら、優雅に会話を楽しみます。

<おまけ>
・「今度やるとしたら 5 種類のトッピングは何を使う?」と聞き、2 回目をやってみましょう。
・自分がつくったお菓子に値段をつけて、ポップ広告を描いてみましょう。

<注意点>
・組み合わせの答えを見つけることに躍起にならないようにしましょう。1 回目ですべて発見できなくても、2 回目で気づけることもあります。

【出展】GEMS『食べ物で算数』

はらぺこペンギン

2020-03-04 | 科学・算数遊び
海の中にいるお魚を、はらぺこのペンギンがどんどん食べていきます。
5 匹のお魚の中から 2 匹食べたら残りは何匹?そこに 4 匹のお魚がやってきたら今度は何匹になった?足し算と引き算を楽しく学びましょう!

<年齢> 4 歳以上
<時間> 10 分~20分
<道具> 青っぽいお皿や紙ナプキン(海に見立てる)、魚の形をしたクラッカー(豆菓子などでも OK)、白紙、鉛筆
<わんぱくレベル>★★★☆☆

<準備>
(1)青っぽいお皿や紙ナプキンを人数分用意します。
(2)魚の形をしたクラッカー(以下さかな)を、箱から出してカップに移しておきます。

<進め方>
(1)「これから君は、おなかを空かせた“はらぺこペンギン”です」と言います。
(2)「海の中におさかなが 5 匹います」と言って、皿の上にさかなを 5 匹乗せます。数を十分に理解できていない子の場合、指さしながら一緒に 5 匹いることを数えてあげてください。
(3)「そこにはらぺこペンギンがやってきて、おさかなを 2 匹食べてしまいました」と言います。子どもは2 匹のさかなを食べます。「海の中には何匹おさかなが残ってる?」と聞きます。
(4)「仲間が少なくなって寂しいおさかなのところに、4 匹のおさかながやってきました」と言って、皿の上にさかなを 4 匹乗せ、「海の中には何匹おさかながいる?」と聞きます。
(5)「またまたはらぺこペンギンがやってきて、おさかなを 3 匹食べました」と言い、子どもが 3 匹のさかなを食べるのを促します。「海の中には何匹おさかなが残ってる?」と聞きます。
(6)さかなの仲間が増える→ペンギンに食べられるという流れを数回くり返します。
(7)「今やった計算を書いてみよう」と言い、紙に「①5-2=3」というようにお話を一緒に思い出しながら式を書いていきます。

<おまけ>
・お菓子を使いたくないときは、おさかなのお絵かき大会をしてから、それを使ってゲームをしましょう。
・ごはん時に、唐揚げなどを使って同様のゲームを楽しむこともできます。

<注意点>
・幼児とやる場合は、足し算の答えが 10 を越えないように気をつけましょう。
・このゲームに没頭しすぎると本当におなかがいっぱいになるので、ご飯前は避けてください。

【出展】GEMS『ペンギンとひなたち』

『ぜんぶ溶かしてみよう!』

2020-03-04 | 科学・算数遊び
紅茶に入れたお砂糖はどこに消えたの?お風呂の入浴剤は?
水の中でいろいろな粉が“溶ける”のを観察しながら、消えると溶けるの違いを学びます。

<年齢> 6 歳以上
<時間> 10 分~45 分
<道具> いろいろな粉(塩、砂糖、入浴剤、だしの素、粉末コーヒーなど)、透明なカップ(粉の数だけ)、
透明なフリーザーバッグ(粉の数だけ)、スプーン(粉の数だけ)、マドラー(粉の数だけ)
<わんぱくレベル>★★☆☆☆

<準 備>
(1)調べる粉をそれぞれ透明なフリーザーバッグに入れておきます。バッグには番号を振ります。
(2)透明なカップに 3 分の 2 ほど水を入れます。

<進め方>
(1)「これからいろんな粉を調べます」と言います。
(2)番号を振ったフリーザーバッグを渡し、それぞれどんな粒をしているか観察します。
(3)「それぞれの粉を、水に入れるとどうなると思う?」と聞きます。「溶ける」という言葉を子どもが使った場合、「溶けるってどういうこと?」と追加で質問します。
(4)粉を 1 つ選び、にスプーン 1 杯を水の中に入れます。まずはかき混ぜずに観察してみましょう。
(5)30 秒ほど観察したら、マドラーでかき混ぜてみます。カップの中はどう変化するでしょう?
(6)次の粉を選び、(4)(5)をくり返します。
(7)「粉が水の中に消えたのではなく、水に溶けたといえるのはどうして?」と聞いてみましょう。消えたのであれば、匂いや、味や、色も消えるはずですよね?

<おまけ>
・同じ量のお湯で実験をすると結果は変わる?(お湯の場合は薄いプラコップを使わないこと)
・ゼラチンと好きなジュースを混ぜてゼリーをつくる。
・液体、固体という言葉を知っている年代であれば、「液体の中に液体を入れるのは“溶ける”なの?」ということも考えてみるとおもしろいでしょう。

<注意点>
・フリーザーバッグを開ける際に粉が飛び散ることがあります。
・ゼリーをつくるときは、入浴剤などの粉を近くに置かないようにしましょう。

【出展】GEMS『溶解について』

『水のしずく、油のしずく』

2020-03-04 | 科学・算数遊び
「水と油」というと混ざり合わないものの代名詞。でも、混ざり合わないってどういうことでしょう?
水のしずくと油のしずくを観察してみましょう!

<年齢> 4 歳以上
<時間> 20 分程度
<道具> 紙皿×2(1 人分)、クッキングシート、ストロー×2(1 人分)、水、サラダ油
<わんぱくレベル>★★★☆☆

<準備>
(1)クッキングシートを紙皿の中に収まるぐらいに切り、紙皿の上にセットします。
(2)ストローを半分ほどの長さに切っておきます。これが簡易版スポイトになります。
(3)水とサラダ油は、ペットボトルキャップなど小さな容器に入れておくと、万一こぼしても安心です。

<進め方>
(1)「これから水のしずくをよーく見ます」と言います。
(2)水のしずくをとる練習をします。ストローの先端を水の中に入れ、お尻の方を親指でふさぎます。そのまま持ち上げて指を離すと、水滴がポタっと落ちることを確認します。
(3)クッキングシートを乗せた紙皿を出し、水のしずくを落とします。虫眼鏡があれば拡大して観察してみるのもいいでしょう。
(4)水のしずくをストローで引っ張ってみたり、そっと息を吹きかけて動かしてみたり、強く息を吹きかけて分裂させてみたりして遊んでみましょう。他にどんなことができるかしら?
(5)「今度は油のしずくをよーく見ます」と言い、水のしずくとは別のストローを使ってクッキングシートの上に油のしずくを落とします。
(6)水のしずくにできたことが油のしずくでもできるのか試してみましょう。見た目にも違いはある?
(7)水のしずくと油のしずくを重ねてみましょう。2 つのしずくはどうなるかな?

<おまけ>
・土台のクッキングシートを新聞紙や画用紙に変えてみるとしずくの形はどう変わる?
・オレンジジュースのしずくや、炭酸のしずくはつくれる?

<注意点>
・ストローを口につけないように気をつけましょう。
・紙皿がない場合は食器のお皿でも代用できますが、中心に向かって勾配があるものだとしずくが集まってしまうことがあります。

【出展】GEMS『液体の探検』

『浮く?沈む?』

2020-03-04 | 科学・算数遊び
バナナは水に浮く?沈む?房のままと一本では結果は変わる?皮をむいたらどうなる?
物を水に入れるというシンプルな実験ですが、入れる前に予想を、結果が出た後に推測をするだけで一気に科学的な探究に!

<年齢> 4 歳以上
<時間> 10 分~45 分
<道具> 水槽(なければ、たらい、お風呂、シンクなど水をためられるもの)、 浮く・沈むを調るアイテム、トレイ×2(なければ、タオルで代用)、タオル
<わんぱくレベル>★★★★★

<準備>
(1)おうちの中から浮く・沈むを調べたいアイテムを 10 個ほど集めます。水に入れて大丈夫なものを選びましょう。
(2)水槽や浴槽に水を 3 分の 2 ほど溜めます。
(3)実験の結果、「浮くもの」と「沈むもの」を分けて置くトレイを用意します。

<進め方>
(1)「これからいろんなものが水に浮くか・沈むかを調べます」と言います。
(2)水に入れたときに、水の上に乗っている or 水に一部でも出ているものを「浮く」、底についているものを「沈む」と定義を伝えます。
(3)最初に調べたいものを子どもに 1 つ選んでもらいます。
(4)水に入れる前に、それが浮くか・沈むか予想をします。どうしてそう思ったか質問してみましょう。
(5)水に入れて結果を確認し、「浮く」「沈む」どちらかのトレイに置きます。「どうして浮いた(沈んだ)のだろう?」と子どもたちの考えを聞いてみましょう。
(6)浮く・沈むのどちらにも当てはまらないものが出てきたら、「これはどっちに入ると思う?」と一緒に考えましょう。納得いかなければ、いろんな入れ方を試してみるのもありです。
(7)次のアイテムを選び、(4)(5)をくり返します。どんなものが浮いて、どんなものが沈むか、共通点を見つけられるでしょうか?

<おまけ>
・最初はスプーンやクリップなどの日用品をやり、次に野菜や果物をやるのがおススメです。
・同じやり方で、「磁石にくっつく?くっつかない?」という探究もできます。

<注意点>
・思いっきり水の中にアイテムを入れると水が飛び散ることがあります。
・お子さんの身長が小さければ、水槽を床に置いたり、お風呂に入りながらやるのがおススメです。

【出展】GEMS『科学の目でふるいにかける』