東京の階段 DB

東京階段研究会 ブログ

0670 専福寺境内

2018-06-13 | 港区
No.0670
所在地:港区赤坂 7−6−10(Google Map
型  :直
段数 :25段
Photo 2010.4.6

 赤坂のTBSそば、赤坂パークビル西側にある専福寺という寺の境内にある階段。境内や墓地、本堂へアクセスする階段で、階段を下りても境内の通り抜けはできない。

 三分坂を上った先にある専福寺は、門を入ると下り階段があり、これを下りた先に本堂がある。西南向きの斜面に境内を構えているためこのようなことになっており、門のあたりからは乃木坂方面の町を見渡すことができる。

 高輪にある保安寺の参道も下りの階段だが、やはり多くの寺社の社殿は山や丘を背にしており、社殿へは上って行くことが多いので、このような参道は少数派で逆に印象に残るものとなっている。


0669 区立亀掘公園北端

2018-06-10 | 江東区
No.0669
所在地:江東区深川 1−6(Google Map
型  :直
段数 :9段
Photo 1996.5.12

 江東区立亀掘公園の北端で園内から道路に上る階段。写真左奥に清澄橋があり、道路はこれで仙台堀川を渡って、清澄庭園の方へ向かっている。橋に至る道であるからかなのかは知らないが、道路部分は橋に向かって若干盛り土がされているようで、橋のそばの敷地は道路より少し低くなっている。

 このため公園内と道路の間に段差が生じており、公園北端には階段が造られている。

 隅田川以東の下町の階段調査はあまりする予定がないが、たまたま通り掛かって撮ったので、とりあえず掲載。


0668 音無橋 東南詰

2015-04-04 | 北区
No.0668
所在地:北区滝野川 2-5(Google Map 北区の階段
型  :直
段数 :47段。川底までは更に21段
Photo 2009.3.28

 区立音無親水公園から音無橋東南詰へ上る。川沿いの道との高低差がやや大きく段数が多いので、橋本体から離れていくように西側へ斜めに下って距離を確保している。
 この階段もNo.0667同様、音無橋(1930(昭和5))が架けられた時に同時に造られたもの。


0667 音無橋 西南詰

2015-04-02 | 北区
No.0667
所在地:北区王子本町 1-1・2(Google Map 北区の階段
型  :クランク
段数 :45段
Photo 2011.6.11

 区立音無親水公園わきから音無橋の西南詰に上る。橋沿いに上ってから左にカーブし、その後踊り場で曲がって再び橋と平行に上る。川沿いの道までの高低差がやや大きく段数が多いため、クランク状にして長さを確保しているようだ。音無橋(1930(昭和5))が架けられた時に同時に造られた階段のようで、ステップなどは改修されているが、形としては変わっていない。

 何年か前に音無橋上と橋下の親水公園の間を結ぶエレベーター(写真左)が橋詰めに建設され、橋からエレベーターへの通路が階段上空を跨いだため、階段自体には変化は無かったが、現在は通路の下をくぐって上ることになっている。


0666 王子神社脇参道

2015-03-31 | 北区
No.0666
所在地:北区王子本町 1-1(Google Map 北区の階段
型  :屈折-く
段数 :43段(下から4・13・26段)
幅  :2.0~3.2m
高低差:約10m
長さ :約40m
蹴上 :13~18cm
踏み面:不規則
傾斜 :約10°
備考 :「東京の階段」p.76
Photo 1996.4.28

 区立音無親水公園側から北西側の高台にある王子神社境内へ上る。
 途中でV字型に折返し、上部はやや蛇行している。

 途中に銀杏の木があるため、晩秋には黄色い落ち葉でカーペットのように敷き詰められて美しい。


0665 区立音無親水公園内

2015-03-29 | 北区
No.0665
所在地:北区王子 1-2(Google Map 北区の階段
型  :直
段数 :17段
Photo 1996.4.28

 区立音無親水公園内、木造橋のたもとから東側、明治通り沿いに上る階段。自然石を加工整形して並べた石段で手摺は木製。野面積み風の擁壁の石垣も含めて自然な感じに仕上げている。


0664 飛鳥山公園 さくら新道飲食街から上る

2015-03-27 | 北区
No.0664
所在地:北区王子 1-1(Google Map 北区の階段
型  :直
段数 :28段(9・19段) 現在は32段(16・16段)
Photo 2008.6.1

 さくら新道飲食街の前からNo.0663の階段の途中に上り、飛鳥山公園へ至る階段。奥に見えている左上へ上る道がNo.0663の階段。

 2008年時点では下部は緩やかで下の道に沿わせてステップの向きが変わっていたが、その後、改修整備が行われて、現在は平場を介して2段階で上る直線的な階段になっている。


0663 飛鳥山公園 北側へ下る 1

2015-03-25 | 北区
No.0663
所在地:北区王子 1-1(Google Map 北区の階段
型  :屈折・下部に分岐(No.0664)あり
段数 :105段(下から14・10・24・18・19・20段)
Photo 1996.4.28

 飛鳥山から北側へ下る長い階段。飛鳥山の北東側斜面には、この階段の他にも複数の階段が公園内に造られている。

 写真は上部。20段下った場所でV字型に折れ、斜面に沿って王子駅・明治通りへ向かって北西向きに下っていく。上から39段の場所で斜面沿いの道と合流し、そこから更に42段下った場所(下からは24段)で、No.0664のさくら新道飲食街への階段が分岐している。

 19年前は鉄製手摺で、中段部はコンクリートブロック敷だったが、数年前に再整備されてステップが造り直され、手摺も新しいものが設置された。


0662 飛鳥山公園内

2015-02-02 | 北区
No.0662
所在地:北区王子 1-1(Google Map 北区の階段
型  :直
段数 :左右共に17段
Photo 1996.4.28

 飛鳥山公園内。飛鳥舞台と呼ばれる舞台(写真左端)から東向きに上る階段と、多目的広場から高台へ北向きに上る階段。階段を上った先の平場から更に階段を上って高台へ抜ける。

 写真手前、舞台方向への下り段は6段。


0661 飛鳥山公園内

2015-01-31 | 北区
No.0661
所在地:北区王子 1-1(Google Map 北区の階段
型  :直
段数 :30段(下から16・14段)
Photo 1996.4.28

 飛鳥山公園内。噴水のある多目的公園から東側の高台へ上る。途中の平場には昔の火の見櫓風の時計塔がある。

 この階段もNo.0660と同様、基本的な構造はRCで、そのベースの上にステップが造られており、両側の手摺は木製。