ハレ時々ベイスターズ

横浜DeNAベイスターズの平良拳太郎投手の復活を願いながらベイスターズを応援しています。

エキシビションマッチ2

2021-07-28 23:12:38 | ベイスターズ
昨日に引き続きエキシビションマッチについて。
今日も敗戦。
結果は同じだけれど今日の方が個人的には嫌な試合だった。
負け方が押し出しの四球だったことが一つ。
ストレートとフォークで抑えるにしたって2球種ではさすがに厳しいだろう。
ストライク判定でも良いのでは?というボールも勿論あったし、最初の打者は打ち取っていたのにボテボテすぎた不運もあった。
ただ基本ストライク、ボールがはっきりしていて、それでは振ってくれないよね、という投球で良いのかと思った。
公式戦でこんな投球されたらたまらないが、練習試合だからかろうじて平静を保っていられる。
櫻井投手、伊勢投手も、先発のロメロ投手もコントロールが定まらず観ていて苦しいピッチングだった。
多分みんな良いボールは持っているのだろう。
ただこのレベルのノーコンならば、もっと球速なり変化球なりを磨かないとダメなんじゃなかろうか。
ロメロ投手はいつもよりは空振りとれていたのでもしかしたら今後に期待できるかもしれない。
櫻井投手や中川投手はまだまだ1軍投手ではないが、これから育っていく投手だと思っている。
こういう投手を見ていると思うのだが、エースと呼べる投手はトータルパッケージで別格として、
一軍で投げていいレベルの投手と言うのはたとえ欠点があっても二つくらい他を圧倒できる良いものがあると思う。
ノーコン系で言えば濵口投手は。
代名詞の「チェンジアップ」と「フィールディング」が素晴らしく他もコントロールと球速以外は高いレベルにあるからこそ、コントロールという欠点はあるが1軍で活躍できているのだろと思っている。
櫻井投手も中川投手もまだまだ若い。欠点を覆い隠すほど美点を磨き上げて欲しい。
打者に関しては昨日の試合より打てていた。
昨日はノーヒットだった牧選手もマルチ安打で1本はホームラン。
伊藤裕季也選手、楠本選手もタイムリーを打ったし、関根選手もマルチだ。
山本選手と益子選手はヒットはなかったが盗塁を刺している。
全く悪くないのだけれど、相手のソフトバンクと比べると控え選手の活躍が地味に見える。
やはりチーム内競争の差なのか、ベイスターズの選手の方が安穏としていられるのかもしれない。
ベイスターズの選手も頑張っているのは分かっている。
ただ相手の方に結果を出してやろうという強い気持ちを感じた2試合だった。

丁度ファームで怪我人が戻ってきている。
後半戦に向けて入れ替わりもありそうだ。
正直この中断期間中にアピールできなければ「ファームで調整どうぞ」としてほしいと願っている。
調子よくないのに一軍にいて打席もないから調子が上がらないというのは悲しい。
まだあと2週間ちかくある。

頑張れベイスターズ!今日も明日も明後日もこれからもずっと応援している!
[平良拳太郎投手復帰の道:52日目]






コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« エキシビションマッチ | トップ | 緊急事態宣言と野球観戦 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ベイスターズ」カテゴリの最新記事