Plumの思い出日記

愛馬クォーターホースのsweetplumと一緒に過ごした16年間の思い出&希少癌と難病患者の独り言

再発から4年で

2016年09月26日 16時06分41秒 | 顎下線腫瘍

もう、更新しないつもりだったけど・・・・
腺様嚢胞癌の再発後、放射線治療受けたものの、先月のPET-CT検査でまた嫌なものが映っていた。
今度は左腋下リンパ節の腫瘍。つまりわきの下のリンパ節が炎症起こしているため高輝度に映っていたのだ。皮下1cmのところにあるリンパ節が腫れているようだったが、触っても自分じゃわからない。左右で差があるようにも感じられず。
手術で切除するしかないからと今月2日に入院。1泊2日という超短期だった。
術後麻酔から覚めたときに執刀医の「結構大きかったですよ」という言葉だけ記憶している。事前の診察時のエコー検査では2cm位と聞いていたが、診察時の先生と執刀医は同じじゃなかったしなぁ。
4年前と違って1泊2日の今回は術後の回復もめちゃ楽で、点滴もすぐに外され3時間後には普通に食事もできたし、ドレーンも繋がれずに済んだし翌日予定通りに退院もできた。
請求書見たら手術料金が12700円。顎下腺手術料は30万円だったが、同じ全身麻酔手術でも全く違ったな。今回は抜糸のいらない溶ける糸だったし。ほかの経費を合わせても前回の1/10で済んだことから考えてもまぁ妥当なところか。

摘出した腫瘍を病理検査に出して結果が出るまで1週間かかるからと、術後の診察時にはまだ良性なのか悪性なのか、顎下腺からの転移なのかはっきりしなかった。執刀医(外科医)からは耳鼻科の先生から聞いてと言われたが、耳鼻科の予約が3週間近く埋まってて取れず、今日やっと結果を聞いたが、残念な結果だった。
腋下リンパ節への転移なんて珍しいと主治医は言った。肺への転移が8割だからね(稀にではあるかなんと心臓への転移の症例もある)まぁ、いつも少数派の私のことだからそう驚くべきことでもないかと。 
再発そして転移か。まだ続きそうだな。残念ながら・・・ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« そろそろ・・・ | トップ | あれから11年・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。