SomOOブログ「毎日アジア」

オンラインショップ『SomOO』のショップ情報、アジアネタ、アジアごはんブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スワナプーム空港オープン

2006-09-29 12:43:57 | Weblog
昨日バンコクの新空港、スワナプーム空港がオープンしました。

オープンの日ちょうどに日本からお友達が来たので、いつもなら出迎えに遅れる私ですが、昨日は1時間前から空港に行ってウロウロしてみました。(しかし空港内のカフェでお茶してる間に友達が到着してしまい、またしても出迎えに遅れてしまった・・!)

新空港はバンコクのお隣、サムットプラカーン県にあります。これまでのドンムアンとは逆方向で遠くなったなぁ・・と思っていましたが、バンコク市内(エカマイ北ラムカムへーン付近)からタクシーに乗って約25分。タクシー代も160Bほどで、ドンムアン空港まで行くのとほぼ同じ。夜10時過ぎだった為か高速に乗らなくても渋滞もなく意外と近かった!でも朝夕は渋滞するルートだと思う。

夜の空港までの道のりは光の中を走ってるみたいでとっても綺麗。
タクシーの運転手も新空港まで行くのは初めてだったらしく、空港が近づいてくると、大きいねー(ドンムアンの6倍の敷地面積らしい)綺麗だねーと楽しそうでした

新空港はちょっと無機質で近未来的な建物。タイっぽくない。
タイったら物凄い勢いでどんどん変わっていく。

まだ工事中のところや準備中の店舗もちらほらあったけど、とりあえずオープンさせちゃうところはタイ。

バックパックを枕に床で寝てる欧米人も早速いた。ピカピカの新空港でやるにはちょっと早過ぎ!


新空港に関してのサイトはこちら↓

http://www.bangkokairportonline.com/

出迎えは2階のアライバルゲートで。2箇所出口がありますが、あまり離れていないのでこれまでよりも出迎えしやすそう。どうやらターミナルも一つ?

タクシー乗り場は一階外。まだちゃんと整備されてないようで長蛇の列だったけど・・。空港タクシーはこれまでと同じくサービスチャージ50Bです。

出発ロビー内はどんなだろ。私も早くここから飛びたいな。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アユタヤー

2006-09-25 20:47:28 | Weblog
週末も結構仕事してることが多いので、たまにはどこか行きたい!たまにはバンコクから出たい!どこでもいいからショートトリップしたい!と溜まっていたこの頃。という訳でバンコクから1時間で行ける観光名所アユタヤへ。

こんなに近いのに、アユタヤに行くのはなんと十数年ぶり。遺跡巡りってやたらとあっつくて疲れるからもう当分来なくていーや。とケリを付けて以来本当に十何年も来なかったんだ・・。月日の経つのは早いですニャー

せっかくだから一年に一回位しか履かないスニーカーにリュックをしょって、旅行者気分を盛り上げてみました。

アユタヤへはアヌサワリーからロットゥー(バン)で行くのが一番早くて楽。60B(←値上がりした)。実はのんびり列車で行くつもりだったのだけど、何故だか列車を乗り間違えてしまい、結局アヌサワリーまでタクシーでぶっ飛ばして戻り、そこからロットゥーに乗ったため2時頃やっとアユタヤに到着。やれやれ。

アユタヤではバイクをレンタル(一日150B)して遺跡巡り。アユタヤってこんなに広かったんだー。レンタサイクルもあるけど、自転車で周ってたら疲れるねーこれは。じっくり見てたら半日じゃ全然足りないし。世界遺産だけあってやっぱり見応えあるね。

夕方はお楽しみ川沿いのレストランへ。チャオプラヤー川沿いのU-Thong通りに行くと、いくつもレストランが並んでいます。私が入った所の店名は忘れちゃったけど、この辺はどこも似たり寄ったりだと思うので、タイ人客で賑わってるお店だったらハズレはないでしょう。夕暮れ時、川風に吹かれながら食べるタイ料理。ハッピーです。

帰りもロットゥーでぴゅーっんとバンコクまで1時間。

また十数年後来よう。
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アロイネーノーン

2006-09-22 19:01:55 | Weblog
夜中に何度も色んな人から電話がかかってきてクーデターが起きたことを知った。でも数日前にクーデター未遂の話も聞いていたので、「やっぱり起きたか」程度であまり驚きはなく・・そういえばさっきいたレストランで、いきなり店員が起立するように店内の客全員言ったのだけど(恐らく近くを王室の方が通る為)、あれはクーデターの前ぶれだったのかななんて思いながら眠りについた。

翌日は休日となった為、のこのことデパートに行く。予想通り戒厳令が出ていたとは思えないほどの人出。観光客もいつも通りたくさん。道端に兵士が立っていることを除けば全くもっていつものバンコク。

でも今日はパラゴンでクーデター抗議の集会が開かれるそうなので油断は出来ませんっ。92年の様な流血事件が起きなければいいけど・・。今回のクーデターで民主国家的でないタイを見たなという感じです。

で、クーデター直前にいたお店がここ。
車の中から見る度にいつもタイ人で賑わっているので気になっていた。

プララーム9の交差点角にあるその名も「ラーンアロイネーノーン(もちろんおいしい)」!
入り口にはラオススタイルステーキ79バーツの看板が。

こりゃ安そう。
でもステーキメインだったらヤダな。と思いながらも入ってみると、ベトナム料理のメニューが沢山。ベトナム、ラオ、イサーンなど網羅。

せっかくだからベトナム料理にしようとメニューを見るのだけど、ベトナム料理がタイ語名に訳されているので分からない!ベトナムのブンチャーがカノムジーンナームーとか。なので、お決まりのバインセオ(タイではカノムブワン)やネームヌアンなどオーダー。

どれも一品60バーツとか80バーツの格安値段で量もたっぷり。

きっとこれが人気の訳だな。店内もオープンエアでかなりローカルな雰囲気。

友人が頼んだステーキラオは肉の付け合せにケープムー(豚皮揚げ)や野菜がたっぷり付いていてタレも辛くて美味しかった。これで79バーツはお得。

バインセオは、かなり似て非なるものでした。
あのベトナムの薄くてパリパリに香ばしく焼けた皮とは違って、分厚くて硬い。バリバリっ。これはトルティーヤチップスですか?中にはひき肉ぎっしりでまるでタコス。
写真のネームヌアンは悪くない。ちゃんとベトナムの様にドクダミの葉っぱも付いてきて大健闘。

店名のアロイネーノーンって程ではなかったけど、また行ってみたい。
今度は素直にタイ料理だけ頼んでみよう。

■ラーンアロイネーノーン
Tel:02-361-8223-5
プララーム9とワタナタム通りの交差点角にあります

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

KAMAYAN

2006-09-19 18:05:42 | Weblog
プラトゥーナム近辺を歩いていたら何故だか突如シニガンが食べたくなり、またまたフィリピン料理屋さんに。

先日行ったぺッブリーsoi19のもう一つのフィリピン料理レストラン、「KAMAYAN by Joe's place」。土曜日の夕方5時頃という半端な時間でしたがちゃんと営業中でした。こっちの方が向かい側にある「MABUHAY Restaurant」よりちょっとだけこ綺麗でレストランっぽい。

メニューも結構豊富で安い!ランチなんてセットで60B。安すぎじゃないのか!?

色々食べたかったけど、半端な時間だけにあまりお腹は空いていなかった為、目的のシニガンと初挑戦のGinataang Puso ng Saging(ギナタアンプソナンサギン 長っ!)のみオーダー。バナナの蕾と豚肉をココナッツミルクやバゴーン(海老ペースト)で炒め煮したものかしら?初めての味。色的にちょっと不味そうですが(フィリピン料理ってイマイチ見栄えが悪い。ベトナム料理は盛り付けピカイチね)不思議な食感で美味しい。

好物のシニガンはフィリピン人お薦めの、みそ風味シニガンにトライ。フィリピンでもよくインスタントシニガンのみそ味が売ってたなぁ。しかし、これちょっと酸味のある日本の味噌汁って感じ!鮭と大根入りのあまりに馴染みのある味でまるで三平汁。そういえば、私お味噌汁ってあまり好きじゃなかったんだった・・。普通のシニガンにすればよかった。でも付けダレのトヨ(フィリピンの醤油+カラマンシー)をもらって食べたら、俄然美味しくなった!タレは言わないと出てこないので、トヨかパティスを忘れずに頼んでくださいね。

もの凄く酸っぱいシニガンが食べたかったので、ちょっと不完全燃焼。(結局翌日家で作って食べた)でもこのお店自体はお薦め。また他の物を食べに来よう♪
店内では多分プロだと思われる、とっても歌の上手なフィリピン人達がカラオケしていました。
デリバリーもしてくれるそうです。


■KAMAYAN by Joe's place Restaurant
ペッブリーsoi 19 セブンイレブンの奥
Tel 02-653-9946
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Ad Maker

2006-09-13 15:09:12 | Weblog
ソイランスワンにある老舗パブ「アドメーカー」に久し振りに行きました。

5時半過ぎの開店から10時頃まで居座り続けた私たち。

パブだけど、タイ料理の種類が豊富で美味しい!ライブバンドも見ずにご飯だけ食べに来ているタイ人も多いです。

私の好きなフィリピンのサンミゲルビールも有り。ライトじゃない方を飲んだけど、ほのかにフルーティーで旨かった。

バンドは東南アジアではお約束の70年代から90年の洋楽ヒットメドレー。なはずなんですが、この日はアコースティックから始まりいつの間にかレゲエに。レゲエはビーチで聴きたいネ。

飲んで食べて音楽聴きながらダラダラ過ごすのにぴったりな場所です。

■Ad.Maker
51-51/1 Soi Lang Suan, Ploenchit Rd
17時半~1時
BTSチッロム駅4番出口から徒歩5,6分

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

タクシー

2006-09-11 16:57:00 | Weblog
ふと歩道橋の上から見下ろすと、この町はタクシーだらけ。
ピンク、ブルー、オレンジ、黄色に白にえんじ色に・・これらはみんなタクシー!いくらなんでも多すぎじゃないか?
日本から遊びに来た友人がド・ピンクのタクシーにウケてました。しかも乗った途端、かかってたルークトゥン(タイ版演歌)が物凄い大音量になったり。サービス?話し声が掻き消されちゃうんですけど・・。

でもこんなに沢山のタクシーが走ってるのに、渋滞してるから・・遠いから・・(実際たいして遠くない)とかいう理由でよく乗車拒否されてなかなか捉まらない!特にパラゴンやMBK前のタクシー乗り場は次から次へと拒否される人の列でちっとも乗れない。タクシーがこんなにも行ってくれない国も珍しい。と、色々な国籍の人が言っています。確かに、他の国で拒否されたこと無い気がするな。

コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

お粥や

2006-09-06 17:29:14 | Weblog
日本から友達がやってくると、無意識に初日はお粥屋(ラーンカオトム)に連れていってしまう。

お粥屋さんと言っても、タイのお粥屋さんはあらゆるタイ料理があって、普通のご飯かお粥か選べるので、別にお粥を食べに行くわけじゃない。

空心菜炒めやトムヤムなど日本のタイ料理屋さんでもお馴染みのメニューから各種ヤムや海鮮料理、イサーン料理まで思いつく限りのタイ料理があるので、初日からタイ料理を楽しむには持って来いなんです。お粥屋はたいてい路上にテーブルが出ていて、暑いのと辛いのとで汗を拭きつつ食べるのがいかにも「タイに来たー!」って感じがするようで、みんなに楽しんでもらえます。多分。(タイ料理好き、屋台好きにはね・・)そしてお粥屋はなんと言っても安い!

先日友人を連れて行ったホワイクワーンのお粥屋は激安だった。クルンタイ銀行前にある屋台。トムヤムポテーク50B、空心菜炒め30B、プラーカポンヌンマナーオ120Bなどなど、ふと日本円に換算すると驚きの価格。ちゃんと美味しかったですよぉ♪容赦なく辛いけど。この辺は他にも沢山お粥屋やイサーン料理屋があって、どこもタイ人で賑わっているのであまりハズレがありません。

地下鉄ホワイクワーン駅からも近いので旅行者にもお薦め。上のお粥屋はすごくローカルだけど意外にもメニューに英語表記付き。英語でメニューが書いてあっても、その英語が通じないのがタイだけど・・。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする