今日も明日も愛してる

私が見たものを、あなたにも見せたい。
月日が経って季節が変わっても、これは世界とあなたへのラブレター。


『かがやき』

2009年03月30日 | Weblog
その辺にある普通の花が、何だかとってもいい。
















関連記事 『中村ハルコ写真集「光の音」』 2008年8月31日

http://blog.goo.ne.jp/sirogoma99/e/6f68970ba012b8e200df41542451488c

“かがやき-La Luce”by Daniel は写真集のために作られた曲
コメント (2)

余計なお願い

2009年03月30日 | Weblog
コングが見惚れて落っこちませんように




字が上手になりますように




非常口を塞がれていませんように

コメント

六本木ヒルズがある風景

2009年03月30日 | Weblog
壁には永遠の染み



シンデレラ城に昇れる階段



コメント

『ベルク』は私の休憩所

2009年03月29日 | ベルク
ソーセージが好き。ふふ。



スープも好き。ふふ。



この道も好きだ。


コメント

目をつぶる 手を握る

2009年03月29日 | Weblog
発作のように心細く苦しいとき、思いっきり目をつぶる。
ぎゅーっとつぶってパッと開けたとき、
数日経っていたらいい。
周りは変わっているかな。





でも手を握って自分の好きなものの事を思い出していると、
さっきの数分間がもったいなくなる。

そんな日は、ぼんやりと霞んで見える。
コメント

『 F u e g o 』 炎

2009年03月29日 | Weblog


緋色の服 黒い花 金の爪 たった一日だけ
コメント (2)

アーモンドラテ

2009年03月28日 | Weblog
私には大きすぎるカップの飲み物。周りには誰もいない。
閉店近いカフェのすみっこの席。



人差し指と中指で空中に線を引く。縦横に格子状に。
それを、魔除けの「九字を切る」という。

なぜそれが魔除けか、荒俣宏さんの本に出ていた。
線を引かれると、魔物はつい格子の目を数えるのに夢中になって、
こっちを見逃してしまうんだそうだ。
だから複雑な目だとさらに時間が稼げるから、逃げるのに都合が良い。
小説『帝都物語』にはコンピューターの画面で九字を切る、という場面があった。
コンピューターか、すごいな。

荒野のように広がったアーモンドラテ。
私はちょっとだけ目を数えてから、飲んだ。
コメント (3)

失敗たくさん

2009年03月27日 | Weblog
分からないことばかりで手探りでやっています。
このページ…。
写真のことも知りません。
だからちょっと失敗もあります。不都合もあります。
すみません。

こんなところを見てくださる方なんて、
まさかいないと思っていました。
いろいろ試行錯誤しています。
周りをあまり意識しないで今までどおり、自然にやっていきます。

この記事は少ししたら、引き上げます。

目にとめてくださった方、ありがとうございました。



コメント

通りすがり

2009年03月27日 | Weblog
あなたが通りすがりなら、私も通りすがりです。
私は、あらゆる事に通りすがりです。
交差した後は、どうぞお元気で。
コメント (2)

朝の運勢欄 27日先負

2009年03月27日 | Weblog
亀は人の運命を占うけれど自分の運命は占えない。
他によらず自ら決して吉となる。

たまに新聞の下の方を見ると面白いね。
コメント (2)

泣き顔

2009年03月27日 | ボソッと

泣き顔が美しい人に憧れるな。
いつだったか、顔を洗いにいって鏡を見たら、そしたら、
あんまり愉快な顔なんで笑ってしまった。

コメント (4)

かなり興味あり

2009年03月27日 | Weblog
通り過ぎていたんだけど、引き返してきて、しげしげ見てしまった。
すごい。
コメント (3)

海のビアマグ

2009年03月27日 | Weblog


ステキなものを見た。
しかも、それを頂いてしまった。
ああ、私になんかもったいないよ。でも嬉しい。
ホットミルクもこれで飲むね。嬉しいな。



コメント

雨あがり

2009年03月26日 | Weblog
強い根



くびれた胴



無防備な腿





コメント

あ、今の音

2009年03月26日 | アーティスト
広がっていく。



上野公園で。ヘブンアーティストのダニエルさん。
コメント