今日も明日も愛してる

私が見たものを、あなたにも見せたい。
月日が経って季節が変わっても、これは世界とあなたへのラブレター。

枯葉の舞う日

2008年11月30日 | アーティスト
晩秋は昼間は暖かでも、陽が落ち始めると、ぐっと冷える。
突風に吹き上げられて、落ち葉が鳥の群れのように舞う。



すぐに冬が来るだろう。



コメント

日の入りから日の出まで 11月29日、三の酉

2008年11月30日 | Weblog
いつも賑わっている新宿だけど、
特にその日の夕方は、コンサート会場並みの人出だった。
靖国通り沿いの屋台。





花園神社は酉の市。
提灯がどこまでも続く。



新宿三丁目「梟」のギネスビール。



終電はなく、朝まで飲む。「銅鑼」の店内。
隣の人の声が聞き取れないくらい賑やか。
楽しそうに騒ぐ集団は若者、こちらは静かに朝を待つ。



やっと夜明けだ。



まだ「ベルク」も開いていない。
帰って一眠りしよう。
おやすみなさい。


コメント

生チョコをちょこっと

2008年11月28日 | ベルク
今日は二度「ベルク」
ランチセットはコーヒーでなく、大麦のスープにした。
こんな分かりやすい掲示もあれば、ちょっと難解なのも。
壁は面白いよ。



うーむ。



用事を済ませてから、コーヒー。
ああ、美味しいな、とついつぶやいてしまう。



お土産に期間限定の生チョコを一セット買った。
三種類で262円。
今、口に入れてみた。
ビターなのと、ミルクのと、もう一つ少し濃い味のだった。
柔らかく溶けていくと、甘くて苦い、上手く言えない何かの味が口の中に広がる。

コメント

松山ケンイチくんとイ・ビョンホンさん

2008年11月28日 | ボソッと
松山ケンイチくん、正面からニッコリ笑うと、イ・ビョンホンさんに似てる。
前から、誰かに似てるんだよなと思ってたけど。
コメント

ストーブ

2008年11月27日 | Weblog
ストーブ出した。
ああ、暖かい!嬉しいな。
コメント

ペニンシュラのチョコレート

2008年11月26日 | 食べたり飲んだり


偶然にもペニンシュラのチョコレートをお土産に頂いた。
日比谷のではなく、香港のペニンシュラ。
一粒いくらになるのか、お土産だから聞かない。
一人二個ずつ食べた。
旨し旨し。

コメント

優しい言葉

2008年11月25日 | ボソッと
今、仕事から帰ってきて、読むともなしに新聞を眺めていたら、こんな言葉が目に入った。

言葉には、字には、人を幸せにしたり、不幸にする力があります。だから、私たちは、言葉や字を大切にしなければならないのです。
……美しい優しい言葉に想いを込めて、周りにそっと置こう。
(水谷修さんという人の言葉)

私は美しくない。
優しくない。
そう成れない事を、いつも気に病んでいる。
でも周りに少しだけ、言葉を配ることくらいなら、
できるかもしれない。
コメント

百合コレクション あがた森魚

2008年11月24日 | 観たり、聴いたり、読んだり
『タルホロジー』の中の一曲。
熱っぽい目とボンヤリした頭で聞くと、そのまま夢を見そう。
国籍も年代もない国にいる夢。
コメント

「ベルク」のスープ

2008年11月23日 | ベルク
風邪の時は、このスープを飲むと、
身体の中から良くなりそうな気がする。
穀類たっぷり。
ああ、今すぐ飲みたいな、熱々のを、お代わりして。
コメント

逆さまに見ると

2008年11月23日 | ボソッと
大昔、学校でまとめて受験用写真を撮った。
机の上にみんなのが並んでいた。
誰かが私のを指して
「逆さまにみたら、ちょっと南沙織に似ていたけど
ちゃんと見たら、なんだ全然違うじゃん」
あら、そうですか、ってドヨ~ん。
ついでに最近、新聞の見出しの字を逆さまに見たら
「ラブホ」って読めたんだけど、正しくは「ブラボー」でした。

ヤバイです。
抹茶くず湯の甲斐なく、熱でぼーっとしてるから、
って訳ではなく、私の目がヘンなんだ。
よし、ピリッとしなければ。
コメント

夕暮れのペニンシュラ

2008年11月22日 | Weblog

有楽町「ねのひ」に行く時いつも見上げる。
しかし、力を感じる建物だな。
空を明るくしているような、その反対に思えるような。
力というか威容というか。

コメント

抹茶くず湯

2008年11月21日 | 食べたり飲んだり
風邪ひいたみたいだ。
どうしても治したいんで珍しく薬飲んで寝た。
背中寒くて、起きてるときはストーブを背負ってる。
抹茶くず湯、というのが戸棚の奥にあったんで飲んでる。
身体があったまる。
でも、そうおいしいものでもない。
コメント

「ベルク」のメニュー 新宿に行けたら

2008年11月20日 | ベルク


先週、念願のエッセンベルクを食べた。
コーヒー付かないと714円、コーヒー付きで819円。
この美味しいコーヒーが105円扱いだよ。



穀類がたっぷりの味わい深いスープ。



違う日の、ベジタブルドック336円。
玉ねぎがシャキシャキ。



ゴメン、写真撮る前に半分食べちゃったブルスト。



壁の展示を見ながら飲むのもよし、じっと下を向いて飲むのもまたよし。



ビールは美しい、澄んだ平和の色。
飲み干すと喜びに溢れる。


コメント

登運とん、レバ刺復活

2008年11月19日 | 食べたり飲んだり


待ってました、レバ刺し。
ゴマ油と塩が好き。
一時ずっとメニューに無くて残念だった。



親父の小言の下で麦焼酎のお湯割りを飲んだ。
 
 朝機嫌よくしろ
 人には腹を立てるな
 恩は遠くからかえせ
 人には馬鹿にされていろ
 
などなど、お酒を飲みながら読むのにぴったり。
かしこまってしまう。
この後も
 
 女房は早くもて だの 病気は仰山にしろ だの 貧乏は苦にするな だの
 判事はきつく断れ だの……

親父の面倒な有難い小言は続く。
登運とんに来てこれを読むの、結構好きかも。
ちょっと油断すると、すぐ空いたお皿を下げられてしまう、この活気!

 
 
 
コメント

千代田区 麹町 赤穂浪士ツアー

2008年11月19日 | Weblog
東京都千代田区の区民掲示板。
麹町から、吉良邸までのツアーだって、ほう面白そうですね。



赤穂浪士といえば
私が好きなのは、杉浦日向子さんの『吉良供養』



見逃してやるから逃げろ、と言われたのに逃げず
ほとんど丸腰で戦ってあっけなく切られた
吉良邸の15才の茶坊主。




討ち入りは、快挙でなく、暴挙だと言い切っている。
それに対しては色々意見があるだろうけど、
あえてハッキリいう気風が江戸っ子。
杉浦日向子さん、男前だったよね。
コメント