今日も明日も愛してる

私が見たものを、あなたにも見せたい。
月日が経って季節が変わっても、これは世界とあなたへのラブレター。


空は暗くても

2009年09月30日 | Weblog

カラスが鳴くから帰ろ。
みんな夕方にはそれぞれのお家へ帰る。



お家のある人も、無い人も、居場所が無い人も、
私の知っている人も、まだ知らない人も、
少しでも良い日になりますように。
コメント

カリフラワーとブロッコリー

2009年09月30日 | Weblog

どちらも158円。
あまり食欲がないときの食事のしたくは少々億劫ですが、
野菜の色を見ていると何とか元気が出ます。
コメント (4)

大きなさつまいも

2009年09月30日 | Weblog
重くてぴかぴか、鳴門金時。
コメント (2)

道端

2009年09月30日 | Weblog
枯れるものも咲くものも、みんな一緒にここにある。
虫もゴミも種子もきっとある。


コメント

急に降りだした有楽町界隈

2009年09月30日 | Weblog
うわ、来た。



あっという間に舗道がすっかり濡れた。



濡れてもおいしそう。





コメント (2)

お金を喰らう獅子

2009年09月30日 | Weblog


…。



新宿駅東口
コメント

ヘルメット着用のこと

2009年09月29日 | Weblog
おお、鈴なりのヘルメット。



祈・安全
明日も元気に頑張ろう。

コメント (2)

羊を数えれは眠れる

2009年09月29日 | ボソッと
または呪文のように心の中で唱える。
「今日も明日も今日も明日も、今日も明日も」
怖い夢を吹き飛ばして、もう一度寝よう。
中村ハルコさんの、あの羊が跳んでいる写真を思い浮かべて。
コメント

ぴーちゃん

2009年09月28日 | Weblog
銀座一丁目に臨時にできた水田も実りの時期にきた。



ほらこんなに。





鴨も大きくなった。
近づくとクエって鳴いて寄ってきてくれる。
鴨の名前と言ったら、絶対ぴーちゃんでしょ。
こっちのぴーちゃん、あっちのぴーちゃん。
相変わらず仲良し。



ね、ぴーちゃん。






〔関連記事〕「ぽわぽわの綿毛にくるまれて」2009年7月27日
http://blog.goo.ne.jp/sirogoma99/e/b650f97fc6e0db54ba75ecab669a54d6
コメント (3)

ある理由から

2009年09月28日 | 食べたり飲んだり
死ぬまでに何度聞く言葉だろう。「女のくせに」
言われる立場でよかった。
そんな事を言う立場でなくてよかった。
私だって毎日毎日酒飲んでいるわけではないのです。
お金もないし。

これはある居酒屋。
なぜここにいるかと言えば…すぐに済む話ではないが
一種の、う~ん、なんだろう。



なんだろう。
楽しくもあり、苦しくもあり。
「ありがとう」で終わるわけではないし、「ごめんなさい」で片付くわけでもない。
でも、ごめんなさい、かな。
コメント (2)

隅っこの隅っこ

2009年09月28日 | ベルク
都会の隅っこにある店の、さらに隅っこ。



私はコーナーが好きだ。
面と面が交わる一点、異なる二つの面を同時に見られる。
三次元の座標のゼロの位置。



それに、なんたって落ち着くじゃない、隅っこって。
おいしかった。

コメント (2)

列車が?

2009年09月27日 | Weblog


もしも山の手線に乗れば、一周は約1時間。
そのまま何周も巡っていられる。



違うホームに行く事もできたのに。
今日もまた同じホームから同じ駅を目指している。
コメント (6)

スラリと

2009年09月27日 | Weblog
初秋の西新宿

コメント

路上の夜は更けて

2009年09月27日 | Weblog














コメント

オペラシティの巨人

2009年09月27日 | Weblog
笑っているのですか、泣いているのですか。





ずっとここに立っているのですね。



私では小さすぎて抱きしめられないので、片足にちょっと触ってみました。
コメント