今日も明日も愛してる

私が見たものを、あなたにも見せたい。
月日が経って季節が変わっても、これは世界とあなたへのラブレター。

今日見た綺麗なもの

2008年07月30日 | Weblog

「リボン」
これを履いた人は、シンデレラになれるね。
コメント

一万年後に

2008年07月30日 | Weblog

都心にに建つ巨大な建造物。
もしも、一万年後に残っているとしたら、
その廃墟には、何が棲んでいるんだろう。
コメント

『東京島』 桐野夏生

2008年07月28日 | 観たり、聴いたり、読んだり
本を一冊読んだのは久しぶりだ。
何かに没頭できたのも久しぶりだ。

(多分)フィリピンと台湾の間くらいの、無人島に流れ着いた人々の話。

最初に中年の夫婦。
それから、集団で沖縄の派遣労働を脱走した男達。
仲間割れで遺棄された中国人の男達。
次第に人が増え、力関係がはっきりしてくる。

30人以上の島民の中で、たった一人の女である46才の清子。
清子の夫をくじ引きで決める儀式から、物語は始まる。

赤ん坊が双子とは想像しなかった。
私は絶対女の子だと思った。
双子それぞれの視点での、最後の独白には、
東京と無人島を海が隔てていても、
双方の怨念と空気が同時に感じられた。

宮部みゆきも高村薫も、全然きらいじゃないけど、
桐野夏生を読むと、
「ああ、私の言いたかったことが書かれている」と感じる。
一体感がある。

秋葉原の無差別殺人事件を聞いたとき、恐ろしかった。
犯人のことが明らかにって
まっさきに頭に浮かんだのは
桐野夏生の『メタボラ』だった。
明日の見えない、虐げられた若者たち。
行き場のない、必要とされない中高年たち。
それでも愛を求めて、でも得られない。
今の日本の悲しみが凝集されている。
いつ、何が起こってもおかしくないような、
異様な国になっている。
私は、『メタボラ』を読んでいて涙が止まらなかった。
コメント

夜の海

2008年07月28日 | Weblog

夜景に海が浮かぶ
コメント

『ビッグ・フィッシュ』

2008年07月26日 | 観たり、聴いたり、読んだり
「その大切さに気づいたのは、最期のときだった。
 人生なんて、まるでお伽噺さ。」ですって。

今、遠くの観覧車を見ていた。
鮮やかな電飾が色々な形を作る。
今夜はお魚の夢、見るからね。
大きなお魚の夢。
コメント

ゴロゴロに足の指を轢かれる

2008年07月26日 | Weblog


今年になって三回も、ゴロゴロカートに足を轢かれた。
痛かった。 あう~。
つい昨日もあった。
最近はたいした荷物でなくても、みんなゴロゴロを引っ張っている。
自分の身体から離して歩くから、後ろを見ていないんですね。
特に、ターンするとき。
見事に私の足を横切ってくれたりします。

ちょっと回りを見渡すと、みんなゴロゴロ。



コメント

ヘンな事がひとより多い

2008年07月26日 | ボソッと
他人に何か聞かれる事が多い。
特に道を。
初めての所に行ったときでさえ、何故か私に聞く人がいる。
地元の人のような顔なのかな。
周囲を掻き分けるようにして、
まっしぐらに私の所にやってきてくれたりする。
道ではなくても、電車で隣に座った人から
中つりの広告を指差しながら
「あれは何県の話なんでしょうかね」と聞かれたこともある。
不思議…。

バッグや財布から出すものを間違える。
自動改札の前で、家の鍵を出しちゃったり
家のドアの前で、定期を出しちゃったり。

コクミンドラッグでマツキヨのカードを出しちゃったりは、よくある。
図書館でツタヤのカードを出したりもよくある。

三菱東京UFJ銀行のATMにみずほ銀行のカードを突っ込んで
エラーになって、係員さんを呼んだら、
「みずほさんは、ここを出て、左にまっすぐ行って…」と
大声で説明されてしまった。
場所は知っているんですけどね。

もう、ほんと、カードは捨てたい。
(5分後には拾いに戻りそうだけど)

コメント

今日の朝顔

2008年07月25日 | Weblog


今日の獲物は大きいな。



吸い込まれそう。ブラックホールかホワイトホールか。
手のひらの小宇宙。

コメント

ピアスが増えた

2008年07月24日 | Weblog

先日外出先で、一箇所ピアスを着けていないことに気がついた。
ピアスの無い、穴だけの耳は、裸のような気がする。
いえ、私にとってはこっちの方が恥ずかしい。
穴が無ければ、一向に気にならないのに不思議。

で、バーゲン品を急遽買った。
急ごしらえの割には、気に入ったのが見つかって、
たまには衝動買いしてもいいかな、と自分を甘やかす。
しかし、1000円以上の買い物なんて、普段はほとんどしないのに!

コメント

人間とは

2008年07月24日 | ボソッと
人間とは…その後に色々と付けるのは、よくあること。
例えば「人間とは食べないのに殺す生き物である」とかなんとか。
よく文化人が言う。

しかし、最近思うのは、
「人間とは買う生き物である」ってこと。
食べ物が無くても、家が無くても、愛が無くてもいいんだけど、
買わなきゃ生きていけない、そんな生き物になっている。
太古の昔は一生懸命に生き抜くことだけが目的だった。
“お金”を発明したのはいったい誰かな。
エライもんだ。というか、アホなヤツだな。
コメント

アウトレットモール

2008年07月23日 | ボソッと
何をする所か、人に聞いても、イマイチ分からない。
「買い物するところ」なんだよね。
行ってみれば分かるのかな。
コメント

酒瓶

2008年07月23日 | 食べたり飲んだり

渋谷道玄坂『千里』のバーカウンター。
シークワーサービール、甘過ぎず香りがよかった。
泡盛の残波も美味。
酒瓶が光っているのを見るのは好き。
中身が入っていると、もっと好き。
コメント

海に入りたい

2008年07月22日 | Weblog
コメント

道玄坂の写真・再

2008年07月21日 | Weblog
元は2.2Mで、ただ縮小しただけのはこれ。
鱗のような窓と、小さな明かりに惹かれて撮りました。



少し加工して、見やすくしたつもりのはこれ。
7月13日に載せた「黄昏どき」写真。
いじったけど、あんまり変わっていないですね(笑)



これにプロの眼と手が加わるとこうなります。
なんだか、凄いような雰囲気、しかも静謐…。
何かを封じている感じ…。
学ばせてもらいました。






コメント

2008年07月21日 | Weblog

二枚の鏡を往復する画像
コメント