今日も明日も愛してる

私が見たものを、あなたにも見せたい。
月日が経って季節が変わっても、これは世界とあなたへのラブレター。

ほんの少しの勇気

2009年10月31日 | Weblog
「自分に正直でいること、一歩を踏み出す小さな勇気とが、なにをやるにも最も大切なことです。」

「〔やっと撮れて、偶然撮れて、その一枚一枚の上に写真家は存在している。時間がかかっても良いじゃないか〕 この言葉は先の私の川崎市市民ミュージアムで開催した写真展の時に、写真のとなりに書いた文章です。真剣に取り組んでいる人はギリギリのところでやっています」




写真の知識がない私でも、その意味することは理解できる。
写真以外のあらゆることにそれはあてはまる。

何かを求めているのにそれに気がついていない人。
または求めて得られないことに苦しさを感じている人。
人って、嬉しかったり悲しかったり空しかったり。それが人。

私はたくさん良いものに出会ってきた。
人にも、音楽にも、言葉にも。
それは幸いなことだ。このことを書きたかった。



ハービー・山口氏の連載「雲の上はいつも青空」が読めるアルチザン&アーティストのHP
http://www.aaa1.co.jp/index.html


ハービー・山口オフィシャルサイト
http://www.herbie-yamaguchi.com/
コメント (3)

『日曜日の陽だまり』 ハービー・山口

2009年10月31日 | 観たり、聴いたり、読んだり
写真家ハービー・山口氏のエッセイ集。
なぜ名前がハービーなのかとか、有名人を撮影したときの裏話とか、70年代イギリスの音楽シーンとか、
興味をそそられる事がたくさん書かれている。
エッセイとして面白い。



でもこの本の真髄はそれだけじゃない。
この人の生き方と成長と、他者や世界に向けられた愛だ。
病気で学校も休みがちで周囲に理解してもらえない1人の少年が、心にずっと秘めていた愛。
それを表現するために彼は写真を撮った。
裏表紙のこの一枚、なにげなくて好きだな。



ちなみに、本の中には20代の氏のセルフポートレートが一枚だけある。
これは自他共に認める、今風に言えばかなりイケメンでしょう(笑)
でも私は、(ほんのわずかな時間見ただけなんだけど)
現在のオジサンのハービー氏の方が断然ステキだと思うな。



『日曜日の陽だまり』ハービー・山口   発行:株式会社求龍堂
コメント

『代官山17番地』 ハービー・山口

2009年10月31日 | 観たり、聴いたり、読んだり
代官山同潤会アパートが閉鎖されたのは1996年だそうだ。
私は実際にそこを見たことがない。このことも新聞の記事でしか知らなかった。



ページをめくるうちに、静かな興奮に襲われた。
ここに広がる風景は今はもうない。
かつて栄えた古代の小国家のように、そこでは独自の時間が流れていたのが見える。
ここに写っている人や動物や季節、それらに温もりと本当の知性を感じる。
写真ってなんて不思議で美しいものだろう。

この写真集に惹かれたのは、単なる懐古趣味じゃない。
私のことを、それでいいよと言ってもらえたような気がした。





『代官山17番地』 ハービー・山口 発行:アップリンク 発売:河出書房新社
コメント (2)

君との15分間

2009年10月31日 | Weblog
このとき撮らせてくれてありがとう。本当にありがとう。忘れないよ。




20007年10月
コメント (4)

最後の一口

2009年10月30日 | Weblog
これを飲み終えたらここを出ます。あと一口だけ残ったコーヒー。






でも、カップの底に何かが映っているような気がして。
私の見たかったものが映るような気がして。
長い時間見ていたけど、最後には飲み干した。

コメント

マリーゴールド

2009年10月30日 | Weblog



命の色、たくさん燃やせ。


コメント

夕暮れの丸の内

2009年10月30日 | Weblog




コメント

常にウェルカムな人生

2009年10月30日 | ボソッと


ラッキー、アンラッキー。
ぐちゃぐちゃで地べたを這うような情けない自分。
でも、私に来たのならそれを受け取る。
コメント

丸の内新聞?

2009年10月29日 | Weblog
この自転車の文字に引かれて入ってしまった。




見上げる高いビルの間の広場。




ヘンリー・ムーアの彫刻などもある。




私にはまったく場違いだけど、きれいなレンガ広場は丸の内の新名所。



コメント (4)

さよなら、いつか

2009年10月29日 | Weblog

花は赤いし、化粧も赤いし、内臓も赤い、ウソをつく舌も赤い。
リボンも薔薇もスカートも、きっと赤い。
赤の裏側はどんな色か。






いつまで赤いままでいられるか、全部剥がれてしまうまで。
近い将来、この道からこの建物は消えるだろう。




ここでこれを見るのが好きだ。
壁から飛ぶ白い鳥。

コメント (6)

おやすみなさい。

2009年10月29日 | Weblog
コメント

地下から秋へ

2009年10月28日 | Weblog
コメント (2)

ベルク 「生チョコあります」

2009年10月28日 | ベルク
ああついに来ました、生チョコの季節。うう嬉しい。


今期初の生チョコ。まずはお行儀のよい記念写真。




コーヒーはお砂糖ミルクなしがよろしい。
まずコーヒーを一口、今日は少し酸味あるかな。
で、チョコを数ミリ齧ります。
クリーミーだけど深みのある味でした。
またコーヒーを一口。
その次に少し多めにチョコを齧ります。
そのまま少しコーヒーを流し込みます。
冷たい生チョコが熱いコーヒーで溶けていきます、混ざります。
ああ、それが何ともいえない心地よい甘さと香りなんです。
コーヒー通とチョコ通の方には邪道だと言われるでしょうが、
これがまた震えがきそうなくらい好きなんです。


お行儀の悪いちびちび齧りの写真。わざわざアップしなくても…。でもしたい。




生チョコに夢中だったけど周りを見渡せば、元気でつやつやした柿。
季節がさらに新鮮に見える。
ドラクエのキングスライムにも見える。




入口の花を見て思った。
今はつぐんでいるけど、これが全部口を開いたら、
ペチャクチャおしゃべりでさぞかし騒がしいことでしょう。





ベルクはJR新宿駅東口改札を出て左に13秒。
コメント (7)

はためく!

2009年10月28日 | Weblog


東京国際フォーラムの空






日の丸に他意はない
コメント (2)

わびしい色

2009年10月28日 | Weblog


カッコつけているんじゃないです。
本当にそう感じているだけ。
愛がなかったらどうやって生きていくの?
コメント