NTT労組 退職者の会 福岡県支部協議会

支部協内の情報交換の広場です。

おもちゃ病院

2018-09-06 13:53:13 | 支部協便り

NTT労組新聞8月25日第726号を読まれましたか。

7面ひろがり版に我が福岡県支部・福岡地協の黒木清徳さんの「おもちゃ病院」の記事が紹介

されています。

退職者の会と会員のコミュニケーションを深めるため、県支部協が年4回発行する「いきいき

ふくおか」に加え、5つある地協がそれぞれ会報を発刊し、世話人さんが手配りで、自宅に

届け、会員から喜ばれています。

今回の黒木清徳さんの活躍は福岡地協「きんしゃい福岡」4月1日号に掲載されたものが中央協の

目にとまり、NTT労組新聞に転載されたものです。

是非、お読み下さい。


北九州地協新入会員意見交換会(歓迎会)

2018-08-29 20:53:28 | 支部協便り

823日、20名の新入会員の参加で

意見交換会を実施しました。

会長の挨拶に続き

事務局長から組織の説明、各種サークルの紹介があり

皆さん真剣な面持ちでした。

自己紹介では、役員の申し出やサークルへの参加意思など

とても積極的な意見が多く聞かれました。

懇親会では退職後の生活設計など話が盛り上がり

有意義な意見交換でした。

 


広島・長崎・終戦記念日、平和を求める10日間

2018-08-09 21:00:14 | 支部協便り

8月6日に続いて今日9日は長崎に原爆が投下された日です。

長崎平和フォーラムには久留米地協から3名が参加しています。

筑豊地協は第2木曜日のグラウンドゴルフ月例会と重なったため、

11時2分の町役場のサイレンにあわせて、長崎に向かって、一斉に

黙とうをささげました。

次は8月15日の終戦記念日、式典に合わせ、全会員が黙とうし、

平和を誓いあいたいものです。


NTT労組新聞6月23日号

2018-07-01 08:36:45 | 支部協便り

 

福岡県支部内5地協はそれぞれ会員との絆を深めるため機関紙を発行しています。

筑豊地協の機関紙「筑豊」4月1日号はすでに会員宅へ手配りで配布されましたが

その中の伊藤直樹さんの「木工家具づくり」がNTT労組新聞に掲載されました。

是非、ご覧ください。

 


新入会員歓迎会

2018-06-19 08:33:49 | 支部協便り

今年度は現役各分会の協力もあり、204名があらたに我が福岡県支部協に加盟してもらった。その結果

総会員数4568名で全国6番目の県支部協となった。

新たに会員になった方を対象に各地協創意工夫して活動への参加を求めている。

福岡南地協は6月16日(土)10時から大野城市中央コミュニセンターで新入会員歓迎会を開いた。

田中登会長が「長い間、お勤めご苦労様でした。平均寿命からみてもあと20年は生きる。これまでの

会社生活から趣味を持って、地域に出て欲しい。退職者の会はいろいろなサークルを作って、会員との

触れ合いを大事にしている。積極的に参加して欲しい」と、歓迎の挨拶を述べた。

参加した7名の新入会員が自己紹介を行い、地協役員や関係世話人と昼食をとりながら懇親を深めた。

退職をしてグラウンドゴルフを始めたという新会員にはGG県支部協チャンピオンの山田代表世話人が

付きっきりで加入を進める姿が印象的だった。


糸島ブロック世話人会議開かれる

2018-06-07 21:07:54 | 支部協便り

「糸島ブロックの第1回世話人会議」が開崔される

6月5日、福岡地協糸島市担当の8名の世話人による、第1回世話人会議が開催されました。主な内容は、糸島在住の126名の会員様に対して、初めて計画される「会員交流会」へ向けての取組と、今年度新しく入会される会員様への対応状況や4月に実施した安否確認活動等の情報共有がなされました。和田代表世話人は、今回の会合は初めての試みであり「あせらず、あわてず、あきらめず」で今後一歩ずつ進めていきたいと抱負を語られました。糸島市在住の会員の皆様、後日、交流会のご案内が届きます。お誘いあわせの上お集まりいただき、旧知を偲び語らい逢いませんか。


筑豊地協・平戸・生月島の旅

2018-05-29 22:04:29 | 支部協便り

筑豊地協は毎年、全会員を対象に一泊二日のレクを行っているが今年は世界遺産候補

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」平戸・生月島の旅となった。

5月22日、直方―田川―飯塚と西鉄の貸し切りバスが参加者37名を拾って乗せ

全参加者が揃ったところで田中晴久会長が挨拶した。(ガイドは経費を抑えるため

雇わないのが慣例)

一人2万円は痛いが武雄「くう」のバイキング昼食、平戸海上ホテルの飲み放題宴会

とカラオケ、朝食「アゼリア」のバイキングで元を取った気分になるから不思議な旅

でもあった。

 


全国環境一斉行動

2018-05-29 09:41:29 | 支部協便り

5月26日、福岡県糸島市二丈深江海岸において、約200名が参加して、情報労連主催の「福岡ブロック

全国環境一斉行動」が実施されました。

海岸清掃、地引網、バーベキューなど、工夫された催しとなったが退職者の会も福岡地協から3名、福岡南

地協から2名が参加し、久々に若い組合員やお子様連れの方たちとともに行動し、触れ合いと海のにおいを

嗅ぎながらの何かしら心地よい時間を過ごすことができました。(福岡地協・砦通信員)


福岡地協・バスハイク

2018-05-29 09:21:52 | 支部協便り

福岡地協は5月23日、会員・家族44名が参加して、バスハイクを行った。

まず、何事にも打ち勝つ開運の神で名高い宮地嶽神社。

津屋崎千軒古民家見学のあと、あいにくの雨で新原・奴山古墳群は車窓からの見学となったが世界遺産

に登録された「神宿る島のメーン・宗像大社」では昼食をはさみ、現地ガイドさんの案内で約2時間、神宝館

などを満喫した。

参加者全員の集合写真です。

 


グラウンドゴルフ福岡県協大会

2018-05-19 21:28:05 | 支部協便り

福岡南の4連覇ならず

 16回目を数える福岡県支部協のグラウンドゴルフ大会が5月18日(金)公認コース桂川町グラウンドゴルフ場で開催されました。

 時折降る小雨に開会するかどうか事務局は悩まされましたが開会式を若干早め、行けるところまで行って、状況によっては区切りとなるところの途中までのスコアで順位を決めるという不退転の決断で大会が進められました。

 福岡、福岡南、北九州、久留米、筑豊5地区での予選を勝ち抜いたA.B2チームの選手と県支部協、グル連を加えた81名の選手が優勝を目指して挑戦しましたが選手のやる気に押され、雨も大降りとならず、予定通り4ゲームで大会を終わることが出来ました。

 その結果、「福岡南の4連覇阻止」に燃え、地元の利を生かした?筑豊Aが個人戦でも1,2,4,5位を獲得し、ぶっちぎりで久々、団体優勝の栄冠を獲得しました。

 準優勝は層の厚さもあり、福岡南A,3位も福岡南Bが獲得しました。筑豊Bは最下位でした。

団体優勝・筑豊A

 

準優勝・福岡南A

 

個人男子優勝・筑豊A平野輝幸選手

個人男子準優勝・筑豊A友松善美選手

個人男子3位・福岡南榎園豊選手

個人女子優勝。筑豊A友松フサ子選手

個人女子準優勝・福岡南B満生節子選手

個人女子3位・筑豊B松岡美佐子選手

 

 

 


支部協スケジュール