さしこうスタッフブログ

さしこうスタッフが日替わりでお届けする日々のおはなし

☆今日のわんこ☆ NO14

2007年01月30日 | きょうのわんこ

|| プリズンドッグとは
刑務所の中で囚人が介助犬を育成するプログラム。
シェルター(日本での保健所)から犬を引き取り囚人たちが世話をすることで自信・意欲・勇気などを感じ社会復帰に反映している。
囚人は刑務所内で育成に関することを学ぶ。

1982年キャッシー・クインさんによって発案されたプログラム。
自分と同じ悩みを持つ女性受刑者の更正と社会復帰に役立たないかと提案した。
受刑者の介在医療や社会復帰に効果があると認められ、国務省の本会議で可決されスタートする。

|| 語句
Prison = 刑務所 拘置所

皆さん、ご存知でしょうか??

プリズンドッグという言葉すら、聞き覚えがないのでは?

日本では考えられない制度ですが、アメリカ・ワシントン州では、

実際に行われているんですよ。TVでやってましたが、事実上、人間社会からはみだして

しまった人間と、人間に見捨てられた犬がパートナーになり、『犬の訓練』という手段で

コミュニケーションをとりつつ、人間らしさを取り戻す。人間を信頼する家庭犬に戻る・・・・・

刑務所の中で、受刑者と犬は、個室で2週間過ごせるようになっており、

(それだけでも驚きです)大切なものを取り戻していくのですが、犬は訓練が済むと

里親を探し、引き取られて行きます。それを見送る受刑者が、

『お前は、最高のパートナーだよ、大丈夫、お前ならうまくやれるよ』と泣くシーンで

もちろん、私も号泣してしまいました・・・。

受刑者の中には死刑囚、終身刑の人もいるのですが、犬を立ち直らせることに

自分の生きがいを見つけている受刑者もいました。

アメリカ、すごいですよね・・・。犬ってすごいですよね。                 

     『プリズンドッグ』そんな制度があることを、どうぞ覚えて下さいな!!

                                   蓮ちゃんママ

コメント (1)

暖冬

2007年01月29日 | 私のこだわり

もうすぐ節分を迎えます。一年の中で、一番寒い季節ですね。

ところが、こんなに雪が降らない年もここ近年、

私の記憶の中ではないように思うのですが・・・

積雪が多いのは、何かと仕事上では、悩みの種になるものですが、

こんなに降らないのも不安を覚えます。

先日、ニュース23で「地球崩壊」というタイトルだったでしょうか

環境問題の特集をみました。

ほんとに地球が壊れているのだと実感しました。

そんな番組を見たせいもあるのでしょうが、

この暖冬を何となく不気味に思うのは私だけでしょうか。

先週の休みに暖かかったので庭の手入れをしました。

例年ならば、庭の門には雪が残っていて庭の手入れなど、

できない時期です。

今まで一月に庭に出て作業をした覚えがないのです。

Img1193 外に出ていても寒くはなかったのですが、

やはり厳しい寒さを乗り越えるからこそ、

春の草花が芽を吹き、花を咲かすことが

楽しみなのです。

春は待ち遠しいですが、やはり厳しい冬もなくてはならない気がします。

                 お福さん

コメント

サンクスフェアー開催中

2007年01月28日 | 本店

大寒 真っ只中なのに、

ほんと、雪がまったく降りませんね、

商売をしている我が さしこう としては、南から来られるお客様が

道の凍結の心配なく 安心してご来店いただけるので、

ありがたいですが、スキー場は商売あがったりで、大変でしょうね。

                                                        

さしこう本店で、一昨日 1月26日(金)より、2月4日(日)まで

Photo_55THANKS FAIR を開催しております。

日頃の ご愛顧に 感謝を込めて 商品のプライスダウンと

ご来店のお客様へささやかですが かわいい 小さな花器をプレゼント

させてもらってます。

3日間を終えまして 予想をはるかに超える ほんとうにたくさんのお客様に

ご来店をいただきました。

少ないスタッフでの接客の為 せっかくご来店いただいたお客様に対して

満足な接客が出来なくて  いやな思いをされて帰られた

方もいたのでは・・・・・・・・  と 閉店後 みんなで反省会です。

こんな 田舎の山奥の店に たくさんのみなさんにおいでいただき、

ほんと サンクス サンクス サンクス  感謝  感謝  感謝 です

   Photo_56                                                   

明日からは、そんなに 忙しくないと思いますので

みなさま どうぞごゆっくり 遊びに来てさい。

 

      時代おくれの男

コメント

土曜の一曲21

2007年01月27日 | 音楽

今日の一曲は サイモンとガーファンクル

          『 明日に架ける橋 』(1970年)です。

今年の冬は異常なほどの暖冬で、例年の半分も雪が降りませんね。

年々雪の量が減っていく感じがします。

少しづつですが確実に壊れていく地球・・・。本当に大丈夫なのでしょうか。

私はあと三日で○○周年の結婚記念日を迎える事がてきそうです。

○○年前のその日は大雪に見舞われ、大変な日だった事を覚えています。

(こんな事、皆さんには、全く関係ない話で失礼しました。)

実は、私の結婚披露宴のキャンドルサービスの時に、

私の希望で流してもらったのがこの曲、『明日に架ける橋』でした。

 

Simoep1 優しさあふれるこの曲、本当に大好きで、

 日本語訳の歌詞を当日のパンフレットに

 刷り込んでもらう位、気に入った曲でした。

 ポールの作り出す深みのある歌詞と、アートの透明感のある

 美しい歌声、そして二人の絶妙なハーモニー。

切ないくらい優しく美しく・・・。『不朽の名作』とは、この歌のことを呼ぶのでしょう。

この曲で彼等と出合った私は、彼等の作り出す数々の素晴らしい曲に驚かされ

大ファンとなりアルバムは全て買い求めました。

 

1968年に話題をさらった映画『卒業』(ダスティン・ホフマンもよかったけど、

S26g キャサリン・ロスが最高に可愛かった)の音楽を担当し、

その中から『サウンド・オブ・サイレンス』、

ミセス・ロビンソン』などがヒットし、

日本をはじめ世界的にも大きな成功を収めました。

この『明日に架ける橋』のスーパーヒットを最後に二人が解散して

しまった事は、私自身もとても残念でしたが、ポップス界にとって大きな損失でした。

1981年ニューヨークのセントラル・パークで行われた、歴史的な

一度だけの復活コンサートは、とても嬉しい出来事でした。

 

Sicp201 君がへこたれて、憂うつなときは、

  君の瞳に涙がいっぱいのときは

  僕がその涙を全部、乾かしてかげよう。

  君の味方だもの・・・。

  そう、辛い目にあって、友達さえも見つけられない時

              僕は、逆巻く海に架かる橋のように

              身をなげかけてあげるよ・・・。』

ポピュラー界の最高傑作として知られているこの曲、

夫婦喧嘩をしてしまった時、

結婚当時の純粋な気持ちを思い出すのに

もってこいの曲です。

                          アップルくん

コメント

男の映画1

2007年01月26日 | 映画

男の男による男のための映画

グラディエーター

Gladiator   

   

   

   

   

   

主演 ラッセル・クロウ   ・・・「ビューティフル・マインド」「シンデレラマン」 etc

監督 リドリー・スコット   ・・・「マッチスティック・メン」「ハンニバル」 etc

   

(あらすじ)

時代は古代ローマ。

将軍としての確固たる地位と名誉に溺れることなく、

皇帝に忠誠を誓うマキシマス(ラッセル・クロウ)は、

次期皇帝を命じられる。しかし、皇帝の息子コモドゥスは、

その事を妬むあまり、父親を殺害する。

それに、気づいたマキシマスは、コモドゥスへは仕えようとしなかった。

コモドゥスはマキシマスを処刑しようとするが、なんとか逃げ延びた。

その腹いせに家族を焼き殺した。

心身共に衰弱し、倒れこんだマキシマスを拾ったのは、奴隷商人だった。

Photo_54   

   

   

   

奴隷としてコロシアムで闘うことを強いられたマキシマスは、

優れた剣術をつかい勝ち上がる。

観衆をも味方につけたマキシマスは、憎きコモドゥスと再会する。

そして、因縁の対決へと・・・・・。

    

     

マキシマスの勇敢さや逞しさ、才能は男なら誰もが、欲すもの。

この映画をみたら、「やっぱ男はこーでないと」と毎回思う。

観るたびに真っ直ぐ生きることの素晴らしさと難しさを感じる。

ぜひ、俺は男だ!!!って人に観てもらいたい。

ラッセル・クロウかっこえぇ

                                 masa

コメント

今日のたわ言

2007年01月22日 | 私のこだわり

新年、そうそうからプライベートなことではありますが、

何かとヘビーな出来事が続いています。

 

昨日は、知り合いの通夜に出かけ、今日は親戚の通夜へ行ってきました。

何だかテンションの下がった状態で、今日のブログを書いています。

 

お葬式は、人生最後の大きなイベントで、その人がどう生きてきたかを

証明するバロメーターのひとつでもあるように思えます。

人生の幕引きのときはみんなそれぞれに違います。

でも、やはり若くして亡くなるのは、誰もが悲しみます。

私だって明日はあると思って今生活していますが、

突如明日が無くなってしまう時が来るかも知れません。

いつ何時その最後のイベントを迎えるかわからないのです。

 

生前生きていた時に、どのようにいろいろな人と付き合っていたか

お葬式を見たら、少し垣間見る事ができます。

 

いろんな事を考えさせられましたが、人ひとりが亡くなるということは

本当に辛いことです。大変な事です。

だからこそ、その時を迎えるまでは、精一杯生きなきゃいけないんだと

強く感じた数日間でした。

                 お福さん

コメント (2)

九州出張

2007年01月21日 | 番外編

  我が 阪神タイガースの 前監督の星野さんが

2008年 北京オリンピックに向けての、

野球全日本チームの監督として、正式に決まりました。

オリンピック 金メダルに向けて頑張って欲しいですね。

     _25                                                 

先日 福岡県大川市で開催された、小売店対象に行われる、

大川家具 新春展に行ってきました。

二年ほど ご無沙汰して、行ってなかったので

久しぶりの 大川の展示会だったのですが、

さすが、日本一の家具産地、

よその産地の展示会は、年々 来場者が減っているのに・・・・・

すごいお客さんの数でした。

各メーカーさんも、頑張って新作を発表していたようです。

我が さしこう家具もその中から、社長と一緒に、

厳選して、厳選して、厳選して 「是非お客様に 使ってもらいたい」

と思ったステキな家具を何点か注文してきました。

造り手の方に、あれこれと 無理なお願いもしたりして・・・・・・

出来上_40がってくるのが、今から楽しみです。

春頃には、 さしこう の店頭にお目見えしますので、

どうぞ、楽しみにしていて下さい。

 

              時代おくれの男

コメント

気持ちを込めて

2007年01月20日 | 本店

風邪は冷たいけど、春のようなおだやかな日々が続いています…

先日、雑誌で ”松居一代”の記事をみました。

   テレビの仕事でたくさんの一般の家に掃除に行くうちに家の事が

  わかるようになったそうです。掃除の仕方でその人の心がわかる。

  掃除をしていない家は空気が重く、すぐにパッパッととりかかれない

  とか。

  家は休息をとってエネルギーをためる大切な場所。そうじも食事も同じ。

  家事はいやいややっては絶対だめ。

  茶碗洗いも芸術だと思って楽しんで!楽しめばスピーディにでき、きれいに

  並べておけば自分自身も楽になる。お米をとぐときも楽しんで、おかあさんの

  エネルギーをいっぱい込めてとげば、ご主人もお子さんも元気になる!!

  「家族みんなが幸せに暮らせますように」 願いながら行えば、その念が

  エネルギーになるそうです。

       

 

本当にそうですよね~。たいぎい、たいぎいと思いながらやってた自分を反省しました。

やる気になってやると、段取りもよくできるんです。

気持ちを込めて、念じながら!  

日常の細かいところを大切にしないといけないな、と思いました。  てんねん(*^^)v  

コメント

土曜の一曲20

2007年01月20日 | 音楽

 今日の一曲は アメリカ 

        『 金色の髪の少女 』(Sister Golden Hair)1975年 です。

 

America アメリカというグループ。なぜかイギリスでデビュー。

 デューイ、ダン、ジェリーの三人組のグループで

 「名前のない馬」という、節の無いお経のような曲でデビュー。

 いきなり№1ヒットとなり新人賞を獲得し、

 ウェスト・コーストを代表する人気グルーフ゜となりました。

ウェスト・コーストサウンドが大好きだった私はすぐにファンになりました。

  

この『金色の髪の少女』は、彼等の最大のヒットであり

いかにもカリフォルニアの『乾いた空気』を感じさせながら「カラッ」と歌い上げ、

Homecoming すごーく私のこころに残っている曲のひとつです。

 ギターとドラムのコンビネーションがバツグンのアレンジで

 ボーカルも切れがよく、理屈ぬきで軽快でハッピーな曲です。

 当時、コンサートに行きましたが、あまり歌は上手では

 なかったような記憶がありますが、

とっても『アメリカ』らしい『アメリカ』であり

広大なアメリカの『大地』と『』をイメージできる素敵な曲です。

車のウィンドガラスを全部開けて風を通し、少し大きめなボリュームで聴くと

とっても心地よく走ることができる曲です。 (でも今は少し寒いかも・・・。)

                                アップルくん

コメント

☆今日のわんこ☆ NO13

2007年01月16日 | きょうのわんこ

今年始めての登場です。

本年もよろしくお願い致しますm(__)m       

Photo_53  西岡 くるみちゃん  2才   ♀    プードル

飼い主さんと一緒に、ご来店でした。あんまり可愛かったので、

お願いして店内で、パチリと撮影!!              

飼い主さんには、胡桃(くるみ)の木で作った手づくりの姿見を、ご購入いただき

ました。やはり、くるみで作ってあるところに惹かれた・・・とおっしゃっていらして、

なにが気に入っていただけるか分からないなあ・・・と。

しかも、ブログで今日のわんこを紹介している私が、偶然にも接客させていただいて。

つながりが、つながりを呼ぶのでしょうか??縁とはそうしたものなのでしょう・・。

私でなければ、わんこの名前を聞くこともなかったと思うし、名前を聞かなければ

なぜその姿見を買っていただけたかを、聞き逃すとこでした。           

   対面同席五百生・・・・・。  なにかあると、この言葉を思い出します。               

 接客中に、無駄話の多い私ですが、 たまには役に立つこともありました!

    本年も、手づくり家具ならさしこうへ・・・・・・・・・・ 

    犬好きな方なら、蓮ちゃんママへ・・・・・・・・・・・     

             よろしくお願い致します。

                                        蓮ちゃんママ                      

  

                                

                                 

コメント

ロハスな生活 さしこう

人と地球にやさしいライフスタイル

さしこうHP

http://www.sashiko.co.jp/