骨系or突拍男子のぶっ飛びに大勢を大けん制な文明提言丸は遥か未来に向けて中長期的に突然変異させる思想コンセプト準備塔

時代流れリベラルに流されず超流主義と創造or突然変異主義で旧パラダイムを時代転換創造する下士階級の元気気概Ideaブログ

Marxフェミ大本営なマスコミ典型例。神と勘違い思い上がり。日本伝統否定アエラを否定の倍返し

2014-08-30 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
丁度いいこのテーマ。息抜きでもないが。珍しくマスコミ関連が軸。
先ず皆がほぼ共有し尽くしてることを
「Net空間の誕生によってマスコミ絶対主義天下の朝日エセの太陽は、相対化された。あるいは・・Marxフェミ革命戦争の大本営主観に過ぎないと気づかれ出した・・!!」。
応援クリック願います!!人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
当然「アエラ大本営的な片手落ち自己中エゴ時代こそ人類全体みんな論の敵!!」
ここでもクリック願います!!教育・学校(その他) ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村

Marxフェミズム大本営マスコミ朝日天下の固定観念の決めつけ公式は。
「男=家父長支配者=×で強者=古い」「女=支配の被害者弱者=〇=新しい」。幼稚。こういう〇×固定観念で動いてるマスコミュニズム戦後レジーム教育思考。根本思想を見よ。こういう目下の幼稚な痛い風景を大海ドラマ以前のへぼドラマと言います笑。

そう言えば「怒った国民は捏造新聞の存在を許さない」と喝。
卑劣にも女を使ってMarx的に日本悪者に貶めの卑劣の大本営えせひ嘘日新聞と言うことに尽きる。

戻り日本悪玉Marxフェミズム大本営の戦争目線、その典型が女の雑誌ととうに揶揄されてるアエラの女の戦争(言論公器のくせに片手落ちの唖然な性差別の自己中)。週刊アクマラだな(いやなあに、神と思い上がってる奴がいるので名前を訂正してやった次第。新しい名前付けたってんから喜べよ笑)。
「男性が変われない」と扇動とは尋常じゃない誹謗印象操作ゆえ重く見た。戦後の核。

以下に一喝鉄槌してやったり。
「自己中エゴ時代は人類の敵」。「驕れるエゴ時代のアエラは、自らの幼稚さを思い上がりを浅はかさを天下に晒してるだけのことだ。どう見ても偽の紙だな」「時代錯誤はルネサンスにもなるが、アエラ的なマルフェミ人間錯誤は社会錯誤は公害である」。
ここまでこの時代に一喝できるのは骨系男子の俺ぐらいだろうな。HomeRun!!。多くが見て見ぬふりの腑抜け時代にて。
腑抜けの例は類にもいる。やたら謙虚いや「卑屈」なくせに病気入院の政治家を追い打ちにけなす傲慢勇気?はマスコミ的思考。そういう、とことんやっつけ思想の非道徳は実に非日本的な非武士道姿勢である、自己矛盾。類は亜流marx科学社会主義ゆえに道義心がないのか。狭い感じだ。近代信仰。先ず理想論で浄化するかせねばな。

ここで抜粋[一応反論。マスコミの一方的押しつけ時代に一声]
追加。朝日のハフィポスト。しかし朝日筆頭のそして特にアエラが一方的にまるで戦争的に扇動的に煽情的に、自分らの考えを押し付けてるな目下。こちとらはそれに倍返ししてるだけのことである。マスコミ空間が押し付け批判をする資格はない。
マスコミこそアエラ(週刊悪魔ラ。神と思い上がってるらしいので名前を訂正してやった次第)筆頭の、改革強要罪の革命戦争の上から目線の思い上がりを改めるべきだろう。知識情報常識以前に、人間としての道義心美徳が必要なのである。

そう戻り週刊アエゴラの表題に。
「男はなぜ変わらない、じゃなく、変われないのか」(男性と書かんか!!)。変わらないどころか「変われない」と男性を貶める卑劣犯罪表題。変わることが大前提の悪質印象操作パタンらしい。改造暴力強要罪。しかし前提崩しが創造と言うな。これはそれ以前に学生時代にも気づいた、天の海洋思考。

何よりアエラにはMarx公式固定観念の典型の最も象徴事例がある。
じゃ一喝。
だからさ、そうやって「他人様」に「変われ、変える」改造と言う、ヘイトな考えそのものが思い上がりの間違いだって!!・・女!!。その程度のこと分かりません?いい年オバハン編集長が、浜田敬子。「男女全ての人の為に」との公約を詐欺行為またも、同じ過ちの繰り返し。
買言葉「女に都合のいい男に変わる必要なし!!。それこそ男性は自然体の驀進でいい。男性社会で独創国家で何が悪い!!笑。否定なフェミの存律基盤を否定」。

要はこいつら人ラ主義なんだな、女ゆえにすぐ具体的にオウム返しに「魁より始めよ」と思い上がりにも身近な隣人を見つくろってヘイトし叩き、愛せずに憎むのだDV。反日本伝統思想Marx暴力思想。暴力と戦争の遠因はどこにあるか。間抜けな人間錯誤のアエラ的なMarxフェミズム主義。

男性と絶対書かない。男子は小学生に押し込める。万事が万事ヘイト思想が伺える。

そして金城珠代とかいう変な名前の女記者。神のつもりらしい。この思い上がり記者は覚せい剤でもやっとんのか。
しち細かくファシストみたいに何だかんだとと書いてるが。
「男性=家事弱者」は古いんだそうだ(一部例を取り上げて誇張)。いや古きは実は新しい。これからは変わらぬ真保守こそ見直されるだろう。創造時代へ。
じゃ「女=ファシストでエゴイスト」。これこそ古くて新しい認識だ笑。

要は絶対に男性が弱者と設定したくないらしい。つまり女=弱者被害者ワーワー革命戦争というMarx絶対固定観念公式が相対化され崩れるからだ。そういう先入固定観念で現実を捻じ曲げる歪んだ雑誌。過剰主観。公器のくせに。

その前置き文は暴力扇動。どうすか皆さん。「ダメ出しで傷ついた(傷つけた方の罪は一切不問。女だかららしい)。家事なんてもうやめてやるう」だとよ冷やかし筆致の復讐法(復讐される筋合いはないけどな)。伝統的には適材適所的にも何で夫が家事してるのかがそもおかしいが、徹底的に男性を惨めに貶めるヘイト目線そのもの卑劣。
これはヘイトスピーチだな・・。嫌がらせ。ヘイトスピーチ雑誌のアエラ・・。
そも傷つくじゃなく「傷つける」だろ!!。妻が傷害行為してるんだろ。
傷害行為DVだな。それこそ女がよくいう言葉の暴力だ。(神だから罪にならない?笑)
貶める筆致の男性侮辱罪。陰険陰湿の復讐法的貧しい思想。相当に男尊秩序にルサンチマンのいじけ虫みたいな女の背景が伺える。これは実に魅力のないネガテブ女だ。
やはり根底思想にはMarxの憎しみヘイトのフェミズム。女の戦争をやってるのだ。思い上がりにも男性を改革改造の戦争。

ここでついでのついでのフロク。おい見ろよ、この国には自己中雑誌が白昼公然とあるぞー。週刊アエゴラ時代。翻訳すれば「私たちはとにかく男性を、女に都合いいい男性に改造したいのです。古い男性は啓蒙いな粛清したいのですMarxフェミラー」(今しろだ?何と、適材適所の自分の持ち場を強要命令の唖然の思い上がり増長。公害雑誌)。これで編集長の浜田敬子?は公約違反詐欺行為を何度したかな。こういう自己中雑誌をいかにこき下ろせるかが男性としての資格だ。驕れるエゴ時代久しからず。
男性が何故(つまり自分達女の思う通りに)変わらないかとまた文句嘆いてるが、それは先ず女が思い上がり自己中要求するからである(子供でも分かる真理)。男性は誇りある生物だからである。人間錯誤の男女錯誤の旧態依然のフェミズムなアエラは旧時代の化石だ公害雑誌。
現にさ金城珠代とか言う女記者(上に書いてるからそう判断したけど)、何?妻が神で夫が人間とか思い上がってるらしい笑止千万。いやこういうエゴ妻は神どころかさ、人間レベルにすら達してないわな笑(良くぞ言った!!。偉い!!)。子供でも分かる真実。金城とか言う女ともども早く人間レベルになれるように頑張りましょう笑。
旭化成のCMで炎上だ?。これですら(男女共同参画と声高にほざいて来たのは女らと違うんか!!。それへ「参画してやってる」男性を何だと思うとるか。どこまで図々しい。所詮はこいつらは何やっても批判誹謗否定するのだ。まるで共産化党だ)これですら炎上とはどこまで思い上がりのフェミラー女ら(あのマシな雑誌にすら反論して、妻が家庭に戦争起こしてると旭化成に伝えり)。この炎上?はNetファシズムの例。しかしどっちの雑誌が嘘ついてるか。当然に煽情的なメス的なアエラの方だろう。女はすぐ嘘つくしな・・。

よって総じて甘えてるのは妻であるとは衆目だ。そも手伝わせるのが無理がある。適材適所せぬからおかしくなる男女が歪む。炎上の異常も左翼フェミの工作だろう。アエラ記事は鵜呑みに出来ない。
女なら男性を理解しろ。すぐ何でも否定する女は妻は狭隘のMarx動物。歪んでる。アエラが×と言ったら〇、○と言ったら×と思おう。これで間違いなかろう。
話した読者の女の人もアエラのヘイト性はちゃんと認めた「確かに」と。

あと次は唖然。上記関連。まあこいつらエゴラの悪い冗談ギャグと思って聞いてやって下さい。アエラの意図をこちとらも翻訳しよう。
「私たちは女は妻は神です上です。というのも何でもワガママ思い通りに時代権力を傘に夫に男性に強要罪して平然としていられるからです。神というのは何でも無限大自由に傍若無人ができるワガママ存在を言うのです。」これが神なんだと笑。どうすかこういうアエラ、皆さん。非国民だな。反日思考。

そも男性を猿真似で神だと?。
「神のくせに」逆ギレして、更に自己中を正当化(翻訳。私は神だから何やってもいいんです?)笑。
「逆切れは犯罪です!」と言うべき。
まあ偽の神だな。狭隘。
「神にしては、器も懐も徳もなし!!」。幼稚。
欠点だらけが目立つ。「それでも神のつもりか」笑止千万。
「神の器に非ず!!」。秀吉流。

寧ろさ・・アエラ女は、神どころか人間以下じゃねえ?笑。思いません皆さん。相手のことまでも同時に考えれるのが上どころか人間の条件であるしな。自他一体。
で「アエラ女らは感情動物界のクズから、早く人間レベルに向上成長してみて下さい笑」。さもなくば人間社会で生きる資格すらないと言えるだろう。
言われてみれば確かに・・アエラとかいう雑誌は人間以下って感じがする。覚せい剤患者の女記者らのような。他は平凡な人間レベル。ヒットすら打たず。ましてHomeRun。
しかしアエラはそれどころか人間以下のエゴ妻の雑誌。感情きまま。「いわゆる」動物界って奴だな。理性の節度なしの反日思考。
かくて女はエゴイストで具体的近視で主観的で「私観的」(主観と呼ぶのすらもおこがましいレベル)。男よりも遥かに神から遠いと天下一目瞭然。まあ今更だけどな。男性が神は伝統理由と証明。アエラのご苦労な努力のお陰でな笑。

じゃあ歩み寄るか。
そも神とは何か・・。既に骨系男子が温故知新に新定義してるのである・・。
男卑思想国の穢土の回でこう言った。
総て含む限界超えの全体への総合理想への包括的な向上挑戦。それが巨視。神あるいは「天」の視野。それができるほど真の「上」である。これは信長ばり。片手落ちに輝く国と扇動するaペテンchildrenは論外の部理な思考。西洋帝国の部下だ。下々だ。

「雄大に総合理想を背負うものが神に近い」。
もっと上に。「全体一体に八紘一宇に考えれるものが神的である」「男女とか筆頭に、分割して考える部分の部理思考aペテンchildrenは人ラ主義のレベルである。神的ではない・・いな人間以下」。
「輝くとは厚化粧に匂う、動物である」。公衆マナーに反する傍若無人。

神とは。あるいは前回。「素人的に非常に簡略に素朴に言うけど、創造とは大技である。創造神への肉迫である。そこまで挑んでも人類史は足りぬのである未完成交響曲。ゆえにやはり人間と神世の大和純心となる、伝統神話。その全体への謙虚さこそ肝要。先の批判はこういう場合は当たらない。逆に謙虚である」。

大和心から最も遠い、金城珠代のような歪んだ汚れた穢土のアエラ女ラーは、最も神から遠い。神世から遠い。エゴ時代で神と己惚れ上がり。よっぽど頭と心が悪いな。

他にももっと定義したがいま検索中。後で追加できるか。
     ズレるがあった。止むを得ず関連で以下は和魂洋才の回。加筆抜粋。
・・東洋の知恵に、内でこそ逆に世が見えるとの趣旨思想あり。正に心に天。天界。深層意識に降りて行ったら人間はぶち当たるらしい集合無意識、それが神かも知れない(もっとも神は天照女神人格神でなくエネルギー体のようだしな、触って充電か。異ネルギー融合)。人は一瞬だけ神になれる。心。今は心はどう定義する。Wikiを読んだがもう一つ要領を得ない。心の作用が理知を作る陽明学は共鳴。集合無意識とか言われるが、心は人類共通の故郷原点とすることにしよう。
       片や頭は自己だが利だが、心はもっと大きな全て含む故郷である、大理想論である。頭はどう頑張っても自己保身動物の利己的で狭い暴力強要にもなる、心は「広く」なれる、現実を超えて自由に超越できる。頭は現実への適応動物である、心は創造人間である。そして頭がいいとは所詮は最近扇動される言葉たる「活躍的エゴ的」で自己主義的である、これは僕の理論ではAct2nd第二幕の中のカエル。経済を歴史にしたとも言えるMarxも類似着眼は茶番劇。対して心の良さは普遍性がある。
       あるいは平安時代の大和だけでなく悪名高い方の有名な言葉の方も掬い上げよう。三島的か、神風つまり神を背負う気概は。これは難題である。つまり。何度も言及のIslamオバマ的な雄大目標の背負い、不可能を可能にする挑戦。和魂洋才が実は、洋魂を誤魔化していたとする西洋主義の立場にも連携できる戦略。大きく広くだ。日本蘇生には右も左もない!!。どこかからか朝日が命名しだしたネトウヨと侮辱罪するな。
         戻り、そう言う大きな雄大を忘れた国。全体を見ない即ち「神を頭上に置かない」無神論唯物論な部分科学な物質主義の利権的思考、ゆえ成長しない(俺に言わせれば、無力な主観私観の性のくせに、女が神とは思い上がりもいい所である。神とはもっと雄大に広いものである)。数字成長だけの机上専門バカ。流行りのケイザイも才に過ぎない。しかし経世済民は徳という心である慈悲である、この思想が上に近いだろう。これは絶対忘れてはならない理想論、こそ神である。器の大きさ。雄大に広げよ。
以上抜粋。

戻り、その意味で歴史的に伝統的に雄大な視野で長期的に見て、いずれが神らしいか天下明白。アエラに出てくるフェミラーは最も神から遠い低レベルというのはこう見ても      言わずもがな。男性はまだしも大人で客観。感情界動物界に支配の動物は女。感情の動物。
そう言う妻は、「エゴ時代の胃の中のカエルな神ごっこ」に過ぎない。痛い。
      所詮はフェミ女ラーは悪魔と自覚自責してるゆえに必死で、却って過剰に上にー上にーと神もどきを演じようとしてるのだ。あるいは男性はゲゲゲの女房に出て来る悪魔くんになればいい。偽の女神を暴け脱がせ。

そう言えば朝ドラで女の時代と誇張扇動。しかし男性こそが時代に反逆である、環境に反逆して誕生した♂であるゆえに・・。当のアエラに出てた監督も曰くは時流空気への反逆の重大さ。
       フェミズムの親のMarxistでさえ言う一億フェミズムフェミスト空気に、反逆してこそ創造である。
しかし「女は神」とのアエゴラの思い上がり見ても、昔の女への制限は正しかったということのようだな。節度ある文明の為に女の核エネルギーを封じたのだ。個人拡張エゴイズムでなく社会の為に。新世界阻止だったのだ・・。日本の正当性。
     下流論でも同着眼。公正平等の為に男尊女卑にしたと。東洋知恵者も同意見。
社会錯誤しているあらゆる現象を見てもその正しさ証明中。

そう「男性家事弱者」は古い?。古きは実は新しい。
     じゃ「女=ファシストでエゴイスト」。これこそ古くて新しい認識だ笑。
現にそうやって女はしち細かい所までうるさいんだろ、自分らで言ってるゆえ世話ない。「それ以外の何物でもない」とかの言い回しよく濫用するしな。ファシスト。炎上で企業潰そうとするし。
家事ハラスメントと言われてるのに、その「以外の何物」パタン台詞でぐちゃぐちゃにする。これ逆ギレじゃん。犯罪的。

そう女こそぶつからず譲って棲み分けろ。柔軟に。女らしく。でこそ平和だ。
      女が優しさを柔軟を失ったら。国が歪む戦争になる・・。
思い上がりアエラは歪んだ女の醜い巣靴と化しているな。まあ元々か。この雑誌の目的。
人間を歪ませるため日本破壊の為だけにある雑誌なのだろう。「売国奴隷」の雑誌。全然に神ではない。日本の神々はアエラ朝日系に怒っている・・。

自然。いや女が家事が自然?。やはり。当たり前だ。
      これ正に適材適所。男性長所を伸ばしてこそ全体の為になる知恵、抜きんでる神は男性。それこそ神の超越。抽象性ゆえに可能なこと。
女という平均点性には無理だ。所詮は平均点の動物。生物事実。

上記関連。フェミスト「学者」の竹信三恵子がカジハラと言う言葉を使うなと?企業に抗議したらしい・・ホラなやっぱフェミ女はファシストだったな。しかし竹信の思い通りにはならぬだろう。禁止しても逆意味にも自由に転ずるのが言葉である。新世界。
     発案意図はどうあれ、妻による女による男性へのハラスメントの現象であることは紛れもない事実である。ということは出発点が狭い片手落ち造語発だったのだ。変化して丁度いい。
偏り狭い造語だったゆえにそうなる。広く活用するのを阻止しようとするとはファシストである。

フロク。文春で橋下聖子「議員」のセクハラ。これこそ大甘。男女逆なら即辞職だろうと批判状況。実にさもありなん。ファシズム的。正しくこの国はフェミズム帝国以外の何物でもない。現にあるニュースは、女議員の時だけ罠に嵌められたとか弁護する。植草氏は横山氏はどうなんだ。実に偏り偏見の不公正。

以上見ても、マスコミュニズムが上記Marxフェミズムの固定観念公式で凝り固まってるのが分かる。大本営の革命戦争。究極には家父長制の天皇性を倒せとの暴力革命戦争に収斂。
メス化させて無秩序に転覆。創造性も育まれない構造へ。この流れ阻止こそ正義公正。

フロク集。

またついでのフロク(何と)は朝日新聞えせひ新聞の所詮は「私の視点」の私欲。女活用論(随分と男性をなめたようなパタン記事であるが)。「オンナ真理教」だな笑、ここまで来れば。絶妙命名。日本悪者男性悪者のMarx公式信仰が捏造も生んだ・・。次は・・?。注視せねばな。俺はこのMarxイデオロギー公式問題を歴史から現代に目線を移してる。同じ問題と・・。そう皆が言う「日本嫌いなヘイトな朝日新聞のMarx中国共産党的の貶め」。例の世論調査も同じ思想構造だろう。
。結局は最後に女が少ないから、どういう理屈脈絡短絡か、競争力が弱い、現代的でない、後ろ向きな国と挙句は誹謗中傷合戦のaメデア合衆国。こいつらは結局は他国への悪口にしかならないのである戦争的、非常にネガテブな否定主義の国だ、器がない狭い視野も狭い。。米フェミ女の顔が浮かぶ(日本みたいな古い小国は、大きなこと考えなくていいから。ただ女問題だけを考えて!!。こんなようなこと米専門家に言われた記憶あるが笑、誰が言うとおりにするかノータリンフェミラー!!。女自己中実現問題みたいなしょうもないくだらないことは置いておいて、HomeRun!!=八紘一宇の天下人種太平がどうしたら為るか提示していく)。戻り米人は、そうやって競争力ない闘争力ないと東洋先住民を追い出したんだろうな。この戦争犯罪を過去の過ち誤魔化したいからしきりに現代だの未来だのを過剰に強調するのだ、他国の歴史観をとやかく言うのだ。進歩史観の黄昏暴走の終末だな(ここで意表にも構造改革を批判した国家品格論者風に言えば、今は1である(と特定固定観念で決めつける)、よって2にしなければならない(と改革強要する)、そうすればいずれ3になれる(とプロパガンダ啓蒙する)、それが自動予定調和的に4にも通じていくに違いない(と近代信仰する)。全うな日本人なら、おいおいちょっと待てよ胡散臭い理屈だぞと言いたくなるだろう笑。ギャグ漫画でなら成立する理屈。出発点が怪しければまして・・言わずもがな。。(4になるに違いないんだそうだ笑。胡散臭い、鵜呑み出来ない。主観的私観的な大本営的扇動だし何といかがわしい理論いな理屈だろうか)。こういう単純な米流な狭い先入観な出発点の、発展段階史観の直線暴走史観の西洋レジーム教育の思考が支配のマスコミと政治。正しく短絡軍人の暴走だな)。。そも競争力の代わりに強調力平和形成能力はどうなんだ、Marxダーウィン主義者よ。例えばカトリックの国の方がそういう社会錯誤してないゆえか、経済はいいと言う逆説的に。旧来の経済常識が揺らいでる気運。日本は言わばカトリック的だった頃の方が経済は元気だった。妙に浅知恵にいじくり改革をしてからおかしくなりだしたと言う。それ以下の改革を更に進める愚の骨頂。直線暴走西洋レジームは温故知新知らず。狭い目的の為に戦争破壊までやる国だ。
しかし女優遇。そのうち助成金は女性金ですとか抜かす幼稚な本性をまた現すぞー。そう言う幼稚なノリに事欠かないフェミラー女。厚底サンダル履いた上にこれ以上下駄をはくか。反対者とレッテル貼る政治思考も実にそれこそ旧態依然。男性支配社会とかヘイトMarxフェミズムの嫉妬の狭隘思想がそういう上記の1234発展暴走史観の帝国思想を生んでいる。
正に追い炊きファシズムだな、要は漸進主義の社会主義。徐々に湯の温度を上げて気づかぬように女権国に改造の魂胆は余りに見え過ぎ。子供だましのフェミラー。

こういう片手に狭い目的の為に平気で他者に犠牲を強要する、自称進歩の為に冤罪強制自殺も見て見ぬふりに仕方ない?。このファシズムはもはや絶妙命名「オンナ真理教」である。朝日系のMarxフェミズム左翼文化のオウム返しに女女女、この非本国の宗教は既に「オンナ真理教」である。

因みに追加は慰安婦捏造問題関連。朝日の窓口はこの非難ごうごうで平身低頭平謝りと書いてるが、「例の女議論の世論調査8割も捏造と疑ってしまう」という実に無理もない全うな空気を伝えたら「あ、そうですか」とすぐさま一方的に切ったおっさん。この嘘日新聞の事実を晒す。そうすぐ朝日はリベラル気取りですぐ女の人権とか持ち出すが、これは日本人全体を名誉棄損したに等しい全く別次元の大問題。普遍?教(片手落ちだけどな)とやらですり替え逃げてはならないわな。そうある論者曰く、朝日は日本が嫌いと。中g国共産党イデオロギーだと。それにすべてを無理矢理合わせるから間違えると。どうやら「日本軍人が正しい善良な筈がない、悪者だらけに決まってる。対して女は被害者弱者に決まってるMarx公式」ということなのだろう。あと痛いフェミストの北原みのりだけが朝日庇い建て。謝ればいいと言う次元の問題じゃないだろうこれは。マスコミを超えて政治的効果も企んだ自虐貶め犯罪行為が反感を買ってるのである。核の地平にあるこの問題は。他紙の誤報などそれこそ朝日の言葉借りれば「枝葉末節」である。対して朝日は完全に中枢を製造している。この差は歴然天下明白。

追加。見そびれは赤旗の天声人語?日曜。例の旭化成のCMの件で、共感より批判が多いと共感する赤旗。しかしこれは妻による言葉のDVと違うか?。それを女も男も苦しんでるとこういう時は誤魔化し男女一緒仲間の八紘一宇か?、Marx主義はさんざ「夫=貴族、妻=プロレタリア」と両者を対立「闘争」させておいて・・個人主義の権利権力思想で。更には些細な言葉DVで男性だけを批判する記事(自殺気分にも男性ゆえには冷ややかだった・・これは忘れぬ。赤旗共産党と決別の決定的記事)書いておいて(DVは男性は保護しないと言う法律に悪法に権力に盲従してるんだろう)。子供が泣いたら母親に押し付けるでなく「任せる」は本能的なことだろう、人間錯誤のMarx産業社会主義よ。家事を無償だと文句言う目線自体がその主義である。金金金の拝金教にも繋がる(画一社会化する)。拝金教は戦後憲法のメタ言語。
慰安婦捏造冤罪報道問題で朝日新聞が非難されてるのは、日本憎し「ヘイト思想」の左翼イデオロギーありきで書くから間違える狭くなる、普遍的(でもないが)な女の問題にすり代える卑劣等だ。どうやらこの騒動は慰安婦問題だけに止まらぬヘイト思想固定観念問題のようである。上に白こく(マルフェミの巣靴の)国連のヘイトスピーチと慰安婦非難を並べて載せてるが(慰安婦をくっつける国連の卑劣、ドサクサに「政治力の問題に」しようとしてるな)、そういうMarx固定観念で既成事実を製造して政治目的を達成する満州的戦法は、共産党も同じ穴の貉。ゆえにこの期に及んで平気で取り上げるのだ。大勢便乗した党。共産支持者も毅然が韓国にはないことに驚いたのだろう。騙されたと。売国党かもしやとな。国連連合国を含めた日本ヘイト思想こそ問題これこそ非難禁止すべき。朝日ヘイト問題は戦後日本問題である。

ついでのフロク。朝日のaペテン政権評。また実に痛い。活躍だの輝くだの扇動(女活躍相などと空いた口がふさがらないとはこのことだ。とうとう学芸会政権。aペテン政権は保守ペテンに飽き足らず、学芸会演出でもして国民をたぶらかす気か笑。輝く日本と言ったら失笑だろう。それ以下の女輝くワンフレうっせー。異常なオンナ真理教カルトのCIAフェミズム合衆国。大本営のA新興宗教に酔っぱらうフェミラーとは違って日本人は冷めている・・)。そりゃ男性は不満に思うわな全う当然批判だ。妬み嫉妬だ?よういうわ大本営フェミ戦争のくせに。フェミ女ラーや朝日新聞こそすぐ「男社会だ」と男性の底力驀進を嫉妬ヘイトしてきたではないかヘイト体質。実に嫉妬は女へんである所以。冤罪どころか、自分の罪を他人に擦り付けるクズ女ら盗人理屈。サンゴ的ヘイト慰安婦捏造日本貶め工作含めて、正しくない捏造扇動捻じ曲げ新聞など屁でもない笑。正しくない新聞など。幼稚な新聞だな。ゆえに傲慢で謝罪もなし。「慰安婦は間違ったけど、フェミズムは正しいんだい!!。CIAのaペテン先生も言ってるもん!!。こういう時は権力に媚びるの!!。朝日は女原理だから平気で嘘もつくの!!」笑。。そういうMarx的フェミズムな日本伝統ヘイト先入観主観のイデオロギー体質が根っこにある新聞。慰安婦問題を女の人権にすり替える卑劣と言う読者の声は実にツボである。そういう魂胆で今回も逃げ切ろうとしてるのだろう。どこまで不正義の新聞。軽蔑対象の捏造ヘイト新聞。
     フロク(何と笑)。女閣僚が朝日出身の松島みどりでここぞとばかり解説の朝日女記者。性犯罪を?。歴史も含んだ広い角度で言えば、歴史的にUtopia流を継承して創造的に言えば、男性が犯罪せずに済むような慰安環境を整備することで日本社会は安定してきた。伝統知恵を直感すれば戦後の機械人も日本人に戻れる筈である・・。胃の中のカエルの戦後西洋レジームの部品が多いな999構造。情のない政治家は器なし!!。さすが朝日えせひ人。環境配慮(朝日流であるぜよこれは。歩み寄れば)こそいわゆる抑圧ない積極的平和。日本そのものに平和の源流はあった青い鳥。西洋の平和学を学ぶまでもなく。

フロク。しかし女数値目標の朝日論壇に唖然はあのイーウーマンの佐々木かおり。論外。痛い(こういう自己中女まがいがまかり通ってること自体が、女のゲタ度を証明だな。「明らかに男卑女尊を狙ってる一部の女の人々の身勝手な言論は封じるべきだと思います」との声は大いに分かる。フェミニスト=エゴイストとは最早常識。子供でも分かる)。鼻息荒いが要はそれこそ男性社会への嫉妬やっかみだ(そう言うのは専用とは言わない!!差別でも何でもない!!自然だ。図々しくも女占領風景を正当化しようとしてる。能力よりも幼稚がどうかこそ人の上である。能力なくとも戦闘とは別の社会形成能力すぐれてる人は多い。佐々木とは違って)。(あるいは男の上役の悪い面は都合のいい時は猿真似か?。これ以上に女にもそういう能力欠ける上役が増えたらそれこそ企業の危機ではないのか。この人物の理屈は無茶苦茶である、ただの自己中)。。女が上にいれば満足するらしい要はマンヘイト嫉妬か、幼稚園児的な痛い幼稚い思考パタン。上に立ってルール変えればいい、権限は権力はパワーの源泉とか、実に鼻息荒い。数値も強引なんだと平気でホザク。確かにこの人はおかしい笑。ナポレオンHitlerのようによっぽど能力あればともかく、強引は何であれいかんわな歴史鉄則。それに男女と売上数値は質が違う(そう考えることこそそれこそ思考の幅とダイバーシテイだな)。おかしいのは男性社会でなくお前だよ、佐々木だ(男性社会をなめ過ぎじゃね?この幼稚なオバハン)。前もaペテンをもろ手挙げて賛美していたな。言わば異角度から言えば、石田三成への小早川隆景の「この戦略は危うい」との助言と訂正をArrange。この女子小学生的経営者は陽しか片面しか見てないのである。経済だけ見て女だけ見て社会全体を含んでない。両面見れば逆?性差別の問題、失業増えて治安の問題等、底辺の暗部まで気を配る気が付くはずである。自分の自己中実現気分のノリしかないから、自分の戦略と言うか目論見が明るい面ばっかりであると有頂天になっている。要は楽しい音楽ばかりで未来楽が見えないのである。成功$ucce$$だーとおめでたい新興宗教に酔ってる感じである。
あと下の貧困女子論でも贅沢(何言ってやがる。キラキラ女子もよくないって公衆マナーに反する傍若無人臭い)。要は何やっても文句言うのが女である、プライドがやたらと高い、ゆえに驕り性がちらほら。そも女は自殺減ってる。Net難民は男である。平均点性の贅沢だ。高給優遇の慰安婦だけが戦時中に特別に大変だったかのように印象操作する部分誇張と同じ朝日体質。
そも数値。佐々木かおりは、女増やせとは何を命令しておるか藤生京子の思い上がり。まるで「(慰安婦で)謝罪せよ日本政府は」みたいだな同根のいわゆるマンヘイト思想。そう言う傲慢体質が嫌われてる朝日新聞。え?女のテーマの時は傲慢でいいの!嘘ついても枝葉末節!。実にメス的体質朝日だな。そりゃ自己中言論には言論で済まぬ事態になってもムベなり。逆ギレ朝日の今更の被害者ヅラ。原点を見よ途中のヘイトスピーチでなく(ヘイト規制と社説。じゃ正にマンヘイトのフェミズムの朝日新聞が規制されねばならないわな。日本破壊防止法も必要とも言われるが)。変化ってのもな扇動は怪しい。変わらないものと最後に朝日出身の多事総論もあり。変化真理教Marxダーウィン主義の完全信仰も問題である。リゾウ利増の利権を増やす為に変化変化と異常扇動してるのだフェミラーは。Marxダーウィン主義。戦時中軍人にもmarxistは多かったと言うしな。それこそ戦時中の過ちの繰り返しの新興にわか企業軍人こそ改革病。抵抗こそ創造の基盤と言う。
そうだ正に論壇風には、軍人以後延長戦争の戦後の価値観を問う。禁欲抑圧や男卑大前提をも問うこれは非常に「勇気」だが。俺らは卑しくない自然なだけであるとな。

あとついでのついでのフロクは婦人公論。さすが破壊主義の左翼雑誌。夫に感謝ねぎらいもせずにうざいと思い出す自己中妻。使える夫だろうかだ?思い上がり人様を何だと思ってるか。じゃ妻は使える家政慰安婦かどうかが肝心と言ってやればいい笑。婦人公論の左翼的破壊。使えるだ?人様を何だと思ってるか人以下のメス動物。使えない家政慰安婦に限ってブーブー文句ぬかす。さすが伝統破壊の左翼雑誌。

あと変なイヌHK?の本。女こそその大らかさで男性の欠点をも愛せよ!!。
オスだと?。メス的体質朝日新聞は嘘をつく秘密も作る。
異常に女尊本。
そう言う西洋レジームを超えてこそ日本男児である999気概。腑抜けな下僕らは黙ってろ。秘密を暴いて来た近代。今更に秘密を保守とは自己中か。女の秘密を暴いてこそ男性である。
しかし自己中だな左翼文化圏ネオマルクシズム朝日紙面は。
婦人公論の妻にご苦労様の夫をウザイと言わせて、男性には女の欠点をも愛せよと自己中を扇動の本載せる。確かに朝日えせひは公害新聞である。

ついでのフロク(何と。女記者が権威の露骨悪用らしいのでな)。週朝の女系天皇論。伝統引っくり返しの男卑意図の下心だろう。この不健全な空気環境で今更に母権国もない(アマテラスは人格神ではない)。この空気なら男子の方がいい。部の悪い朝日は最後の手を使いだしたな。しかし権威にお上に弱い一部国民である。
読めば唖然の下心臭いプンプン女記者。女天皇にひれふだの少年従者だの女皇の戦争だの、「妄想」下心満載の女記者の永井貴子(名指し)。元々左翼的で、天皇制反対戦争反対の左翼系雑誌が、女の戦争なら支持、女の天皇制なら大賛成というご都合主義の卑劣らしい(なるほど。何か破壊等の企みがある勢力派閥だから却って急に異常賛美するのだろう)(あと男子天皇がひれふせよと言う場面だったら(男子天皇のひれふせよだったら、ぶーぶー文句ぬかすんじゃねえの?女差別だとか。フェミ左翼系雑誌)。正に朝日系のサンゴ破損や慰安婦より悪辣卑劣な手口だ。慰安婦で捏造系マスコミイメージゆえに最後の手を使いだしたのだろう。朝日系の断末魔。そういう汚ねえことやってるといずれ国民に見限られる。あれを言うなら女系天皇隠れ蓑にする偽装左翼朝日系の終わりの始まりだ。
しかし言いそびれは男性とは出来るだけ書かずにそのくせ女子アナとも書かない。性的偏見持ってる朝日系雑誌だな女編集長。そういう左派の偏見体質がサンゴ日本毀損や慰安婦決めつけ先入観問題等にも繋がっている。
例えば何故に男性が♂が誕生したか。一神教のズレと天皇制は関連するだろう。ああまで汚れた皇室の文化マスコミのネオマルクシズム左翼風景に同化してるようでは、最早に天皇制の意味がないな、もし左派の朝日文化に合わせるならばな。やはりわざとズタズタに皇室を攪乱してるのだろう。これほどの不敬があるか皆さんよ。

しかし月曜朝日試写室。チャーリーエンジェル引用の痛い熟女ドラマ取り上げ。解説では女の方が正義感があるとまるでナチス優生学のように威張ってるが正に新チャーリーズエンジェルのように表層の些末なマスコミ的安物正義に麻薬的暴力に流されやすいのが女である、Hollywoo奴隷剣士めが。男は壮大なる大義まで届く深さがある。今更だがやはりオンナ真理教の大本営の旧態依然がマスコミュニズムのようである(しかし黒木メイサドラマ引用も不自然だ。筆致もキショイ)。

フロク。朝日ハフィポストはピュアと称しつつ陰険筆致。ちゃっかりキルビル引用しててどこがピュアか。時代に媚びたら作家終わり!!。間違ったのは手塚じゃなく宮崎だろう。多神教の肉に流れてるゆえ骨が乏しい。少年性を軽視したからだ。人畜無害ゆえに世界とやらでもてはやされる村上春樹的。反逆性がない。
作品は最初が全てと言う。何回も見た未来少年コナン。しかしあの俊敏を実践したような思考法は一応ある。ここにもある。それこそが先ずは宮崎アニメの実践活用だろう。

フロクは朝日新聞はまた主観操作世論調査で女活躍の痛い記事(慰安婦捏造新聞は信用できない。信用失ってる)。百歩譲っても以下は言えるわな。女上司を自然と思ってることが「伺える」だのとこういう時だけは過剰主観筆致を出す女記者。卑劣な印象操作パタンもさることながら、自称自然とは唖然。さんざぱらずっと「人工的に人為的に」男卑女尊Marxフェミ扇動してきておいて今更に何が自然か、何をかいわんや笑止千万。あらかじめ答を用意してきたに等しい事実上。自然と言うかそういう宿命論は実にMarx的やはりフェミストだな(女を錦に掲げれば反対されにくく、思い通りにmarx革命改革を進めれる。女と来れば自動的に自然にいい社会国になる、との過剰思い込み幻想が、そういう慰安婦捏造問題とも繋がっているのだろう)。すぐ他者に相手に宿命とか自然とかで強要罪するパタン。最も卑劣な知的犯罪である。
      あとフロクは朝日社説。一言ズバリ。女が活躍とか言う卑しい痛いエゴ個人主義な動機の為に、男性を犠牲にするのは間違っている。出発点がおかしい。
男性にこれ以上に相応の責任果たさせろだ?女の利己エゴ利増リゾウの為に?。思い上がり強要罪の唖然。思い上がりはあっても大黒苦労への思いやりは全くなし。さすがえせひ新聞。自分らには慰安婦論筆頭にやたら異常に甘いくせに、他者には男性にはめっぽう厳しい笑。人様への他人への厳しさには天下一品。誰もの衆目。だから次第に軽蔑されつつある。
非常に素朴Simpleなこと言うけど、指導的地位じたいを目的にする不純な女らーは活動を制限した方が国社会の為だろう。「上にー上にー」は思い上がり公害エゴ時代。寧ろ下にこそ回れ急がば。名言。

そう言えば元総理が「女の人だな視野狭い」と。これが野田女史には見事に当たってる。そも戦後ずっとが女に厚底下駄履かせだろあらゆる面で、途中から見て男性が下駄だとcutするな。正に視野が短いゆえそういう錯誤認識となる。しかし新潮45。急に対応悪いなムカついたな、こちとらは「苦情」しとるんじゃい!!分かってか?。野田オバハンの息がかかったか?。この時代反逆つまり創造の思想が「啓蒙粛清」されぬように気を付けたろう。

追加。朝日のハフィポスト。しかし朝日筆頭のそして特にアエラが一方的にまるで戦争的に扇動的に煽情的に、自分らの考えを押し付けてるな目下。こちとらはそれに倍返ししてるだけのことである。マスコミ空間が押し付け批判をする資格はない。
マスコミ人こそアエラ筆頭の革命改革強要罪戦争の上から目線の思い上がりを改めるべきだろう。

フロク。文芸春秋Specialで何と三浦瑠麗とかいう、意外と美人じゃない女国際政治学者が平和の徴兵制と。男性の人口削減を狙って別件ではワーママ増加提言か?。じゃその言う大胆極論には大胆極論で。一体として慰安婦徴兵制もセット。あるいは女の参政権もなくす。これで元通り。女は部分だけ見るから自己中になる。土足目的暴力的な古代復帰のイスラエル評価する奴は信用出来ない。
どうやら老若男女全体にと言ってるようだが、女はどうせ「女だから徴兵拒否権」とか権力持ち出すのでは。よって上記となる恐れあり。まあ櫻井よしこ一味の保守フェミchildrenのように何と「男性限定への教育としての徴兵論は女に優しくなる」などとアメデア合衆国的な思い上がり自己中を言ってる保守フェミには、男女徴兵論はいい薬だな。それこそ権利でなく義務もだ。男女両輪が。

言いそびれ追加。朝日新聞の慰安婦論の論壇。本質とよく濫用するな(相手も本質と正義と思ってるよ、という論もあるけどなあ)、そしてその説明もなしで次へ素通りは卑怯。しかし死ぬ前に癒されたかったと想像できる。飢え性=×でない。都合のいい時は伝統を利用するのか高橋源一郎は、さんざいつもMarxフェミズム便乗に家父長制を打倒意志露骨で。伝統言うなら、じゃあ家父長伝統も尊重すべきだな。禁欲戒律はより一層の快楽を目的の為にあるのにな、性を善とする非西洋の伝統宗教もちゃんとある(虐殺と性は全く違う別物)。禁欲派と快楽派のギリシア的西洋分裂を超えろ。記事の方。そも慰安婦は兵士よりも優遇と高給という。それに部分的な核とやらは個人主義の過度の誇張になる。近代新世界思考の問題点。
     まあとにかく戦前全体が苦労してたということだろう。男女共に全体が(よって過剰個人主義の誇張要求は死んだ兵士に義理が立たないだろうが、全体バランス上。女だけ特別聖域ではないのである、Marxフェミの問題点)。田母神論文を待つまでもなくこういう日本陰惨状況は西洋帝国レジームの罪だ。
      しかし深く知らないことを大声でしゃべるに気を付けようって、日本は家父長制度だーとか単純に男尊女卑の天皇だーとか最もすぐ声高に攻撃してるは、よく引用の上野とか赤坂真理とかのフェミストではないか。一番声高に言論暴力団してるのは誰らか。(これは戦中を船中への出る杭打ちに見えるぜよ)。
紳士的なリベラル論者でさえ「怒った国民は捏造新聞の存在を許さない。こんな責任逃れは他の国では考えられず間違いなく廃刊処分になる」と一喝断じているしな。まして。
日本悪玉Marxフェミ先入観の朝日絶対主義な大本営時代は終わる。

またフロクは朝日新聞。女の「より」活躍という贅沢エゴ私欲の為に、公共である国社会を改造してやるとの暴力改革思想そのものが根本的に間違いだって!!。固定観念のMarxフェミ新聞。

しかし追加フロク。週朝日はやたら男性の介護を取り上げるな。これ男女両方への差別にならねえ?。
フロク。新潮社に女神が男子の首絞めるかのような表紙の男卑女尊小説。僕僕先生と言う題名もムカつく。

しかしフロク。ヘイトスピーチに慰安婦混ぜるドサクサ現代戦法の卑劣(国連利用した居直りファシズムだな。国連虎の威の唖然の強圧宣言。何が何でも日本を冤罪に仕立て上げたいらしい。それこそ日本憎しのMarxヘイト新聞)。Marxフェミズムの国連筆頭ののヘイト思想こそもっと問題だろう。根本を見よ。戦争の争いの和乱しの遠因・・。

朝日新聞。自分らには甘く他者には男性には異常に厳しいえせひ新聞。「慰安婦歴史がやばいから、現代にすり替えて女論で卑劣な時間点稼ぎか?。国連も利用して」。欺瞞の国連脱退は案としてある。変わらぬ西洋帝国ゆえ。
     こうも卑劣なクズみたいな真似する新聞こそ代わりに原爆か何か落ちればいい。アエラともども殲滅で暗いえせひ新聞が消えて日本の空が晴れるわな。ハレルヤ。本家ユダヤ家父長制の男尊復活!!。日本の元服。
紳士的なリベラル論者でさえ「怒った国民は捏造新聞の存在を許さない。こんな責任逃れは他の国では考えられず間違いなく廃刊処分になる」と一喝断じているしな。まして。
Marxフェミズム大本営を脱しろ!!。





最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。





コメント

戦中を船中へ!地球江戸は共生号。Marxダーウィン主義旧観念の社会進歩教の禁欲東京時代を否定

2014-08-23 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
緩くして大海ドラマHealing流(海照らす世は 荒ぶる魂 掬え 総て 一粒までも 波が静まるまで・・を目標とする)に「戦中を船中へ!!」。キマッタ。
応援クリック願います!!人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
夢気概は信長、心は秀吉、天下は家康。
「船中へ!!」八紘一宇UnitedShipAdd形成。
ここでもクリック願います!!にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村教育・学校(その他) ブログランキングへ

これで奴ら保守フェミ派閥を相対化。大河流「政治は違っても、大義は我らにある・・」
     で地球号。しかし一方的西洋化の思考停止は御免である。
経済戦争・生存戦争を個人主義を超えるゆえの船中。超える壮大Common目標。ローマ米国の唯物時代を否定。
批判批評戦争から形成へ。その方が任務責務責任が出る国へ。
戦争状態と平和状態の不毛を超える為にも。

でたまには季節がらゆったり大船で。戦中を船中へ!のヒントの詞。これもある意味で八紘一宇の図だ。グローバルなどとの表層思想侵略などくそくらえー!!。

理想星もう一つの地球へ調律~戦中を船中に~厭離穢土欣求浄土号イエヤス流~

1. 欣求浄土号 欣求浄土Go 船出だよ 江戸となれよ

   西へ向かった 船はUtopie
金の夕陽に 波のまま ゆらゆらと
   男女は皆 雑魚寝して 仲がいい江戸

   ここは浄土号の江戸 穢土を後にした
   触る触らぬで 大金だって? そりゃ穢土だな
   お前も殺ったのか・・・?疼け良心!

   夕陽の彼方 光るのは GoldGoal
   穢れた土地の 贅沢の金銀を ChangeChange・・・!!

ほら上海も韓国も そこにもうない
   お前ごと 全て 浄土号へChange! きっと・・・

   さあ 夢があるうちに 浄土号Go! 理想星へ

2. 欣求浄土号 欣求浄土Go 船は進む 江戸は一体

   気が付けばもう 一番星さ
   遠くの夢で この船は 八紘一宇に
   陸地にいれば 近眼に 争うし メス化原理

   ここは浄土号の江戸 穢土を後にした
   人見りゃ狼 ギョロギョロと こりゃ穢土だな
   お前も固人か!洗脳か・・・!

水平線に 光るのは StarLight
銀幕殺伐な 街の灯を ChangeChange・・・!!

ほら ビーナスがアンタレスが 目の前さ
   お前ごと 全て 浄土号にChange! きっと・・・
    
   さあ 星があるうちに 浄土号Go! 理想星へ
 
彼方に白く 迎えるは StarShip
死の星造る 大陸を ChangeChange・・・!!

ありゃ いつの間にあの星に 着いたんだ?
お前ごと 全て 浄土号にChanged・・・! 

さあ 夢があるうちに 浄土号Go! 理想星へ

「夢が理想が幻が江戸がまだ 息をしているうちに 唯物科学産業社会主義で滅びる前に・・。それでも俺は理想性・・」

Arrangeで太古の理想星を提示。武士も同じ信仰あった、江戸武士も理想主義。今は現代ゆえそのままでは難しいと思い詞で簡略化。これがゴールではない。星々。
    下記ついでのフロクの、痛い雪裸女王映アニメ朝日社説を相対化しようとした意図ではないが別に、しかし結果的に個人主義な短絡近視眼のああいう西洋レジームを遠く相対化したな。言っておくが浄土は見直しある江戸のことである。自他一体の八紘一宇の東洋の天下太平。西洋個人主義の自己実現の争いの穢土を超えた地平。

因みに西欧は終末の受け身で、遠大に地球未来を「予測」した、グローバル思想の源流。しかしその目線ベクトルは凡そ非日本的。悲観の反神道。別の一神教。しかしされど遠い一神は重要である。
     言わば終末と思ってしまう人々も奮起させ掬ってこそ本物の、維新だろう。西洋の生んだ最高峰の頭脳であるシュミットをも超える。それこそ大きく含んだ大思想で。東洋アクエリアス思想が有効。
西洋文明はAbend精神。それは頭のよさよりも空間征服の意志だったと言う。頭より心のようである。Hegelは気概を重視。Marxは頭を重視か。

戻り、戦中を船中へ。
個人闘争主義かしからずんば共生か。異ネルギーが満ちてる本来人間社会。このエネジーで、船中とせよ。

しかし地球号。実利一色の画一産業社会は日本的米国的限界にもなる、和魂のない洋才要塞になる。文化防衛としても脆弱な戦艦ヤマト構造。
終戦記念日絡みで言えば、これを必死で繰り返してる最近流行りの改革革新カルト教。改革真理教。Marxフェミズムchildren。

ゆえ類に反論。
類の根本思想観念にざっと反論。船類同盟は以下に再度言及。

先ずエゴ時代問題ならぬ自己中問題から。普通は自己中な母親「が」急増と言うぞ。「も」とする時点でやはり根底に、まず父親に都合悪い責任は押し付けるこの国的体質、家父長親父蔑視の男卑思想前提があるな。企業役人総がかりの女尊風潮空気Kを読んで遠慮でもしてるのか。情けない。前回と下記「全面降伏か」。正に。
     前に男女共同法の批判あったから、ここは割と一応と思ってたが。
しかし全く不足の批判。認識不足。この男女共謀△法の問題は日本の核である。下記の傲慢ブログに反論も絡めれば「大奥ねじ伏せずして改革なし!!」。

傲慢ブログあり。なあに。どうやら「男達よ全面降伏か」転じて今や「駆除対象か」というそれこそ「現実」を直視したくないらしい、それこそ自己矛盾。僅かに謙虚な人で男女共同法の危険を批判していたが微々たるもの。プロ級分析家のその道を見よ、具体論は慎重にせねばならないが、相当に現実は深刻。まあよほど「男達よ全面降伏か」の薬が気に障ったらしいや。じゃそうか題名を訂正する「現代のこの月本国は男性の全面降伏以後なんだそうだ。さあどうする?皆よ」。これならいいか?。政治よりも文明・・。トインビーの言う創造的少数者たれ!!。夢風特攻隊!!。
      Arrangeすれば「かつての歪んだMarx暴力革命は、今やネオMarx主義かその子のフェミズム即ち女と言う普遍?絶対主義を錦の御旗にしているのである。慰安婦冤罪筆頭に」。このArrange警鐘ほど現状のツボを言い当てたる着眼はないであろう。明治維新的パタンな政治科学より、次は文明へ・・。
      よってその時代の価値観だけでは不足である。歴史的に一新へと飛躍せねばならない。
まああのブログは日本的にはさかしらって奴だな。因みに朝日の慰安婦冤罪居直り記事は進歩史観の「逆知り」と呼ぶ笑。絶妙命名。
謙虚だと少々とんがってもそう言われないだろう。さかしらは傲慢と同義。
以下にもっと詳しく。
      ある類ブログの傲慢を読んでムカついたのでここまで言ったるちょいと御免よ。反発食らって御可哀想に。それこそみんなとやらが迷惑だろう。
そう「貴方の考えは間違ってますよ×ですよ。こっちの方がいいですよ○ですよ。どうぞ後はご自由に選択を勝手にしてください、ですがグローバル時代に遅れますよ。適応できずに滅びますよガラパゴス観察のDarwin帝国で」と事実上言ってるかのようなトーンが見える。変化真理教。これでは殆ど「新興宗教」の思い上がりである。非科学的。幸福党はもっとマシな書き方するぜよ。
   あれじゃ討論番組の「思い上がってんじゃねえの?」とのコメント場面を彷彿だ笑。
まるで漫画的「指導者、指導者。早く何とかしろ!」との口の大きな大衆と同じ穴の狢じゃん。
あるいは大河官兵衛の秀吉流「その狭い論、指導者の器に非ず!!」。恐らく幕臣の福沢曰く「安易に人の上に立つな」とも言ったであろう。
   そも「立役者の西郷をも滅ぼした、何と厳しい変革の論理だろうか」とかの社会進歩思想的な直線暴走的な、古きをヘイトの自己陶酔の左派学者見物支配に、反発して生きてきたようなものだ俺は。用済み御免リストラです後は女の出番ですつまはじき御可哀想にたぐいの、最近流行りのいかがわしい破壊主義には与さない・・。挑発には乗らんぜよ。

あそうか。船類同盟のぶっ飛び提言はある意味で今思えば社会風刺だったか、まるで通説で言う頭でっかちで驕りがちの長州的という意味で。あれではみんなの日本人の心は捉えれない(人間ってさ、やっぱ幻を好むんだよ・・苦笑)。確か類はある種の層の人々を敵に回したも同じと揶揄コメントされていたな(まあ言わば、頭の仏革命思想だな)。驕ってるかよほど悪い罪な連中に対してならまだしも、無闇に敵ばかり作る狭い理論や理屈には上記の一喝となる。
あるいは共産党にこう言ってやった。
「ああ右でバカだな幼稚だな」?。しかし「そんなんなあ、バカと貶す方がバカ幼稚かも知れんしな」「そうそうそれそれ!」。成長過程の現実人間関係でこういうパラドクスは学ぶものだけどな(苦笑)。自分らが絶対善など・・そりゃ非共存の共産化党は嫌われる「独り善がり」と。
      そも右にある本は×、左の棚にある本は○とかっておかしかね?(余りに幼稚なプロパガンダ戦法だ)。歴史はGeshichte物語り、語りの主観によっていくらでも変わるそういうもの。因みに氏はこの画一化時代で珍しく自らの頭で考えてる稀有例(リベラルな野郎でも「あれは骨あるな」と評価)。そも保守になる人は、共産主義の真相に気づいて転向すると後で聞いて大いに分かる。
       じゃ折角なのでServiceかServedFuture。SF。真田軍ばり。オーウェルばり。
ある風刺鋭画の源案の一場面は図書館で張り紙
「よい子の市民の皆さん。ここから先の本は×です!!。古い時代に洗脳されます。×の本は絶対に読まないで下さい!!。お願いします。私たちこそ世界普遍的な絶対ジジツ正義の真の現実党です!!。」。(普遍的って言葉はいかがわしいといつ習ったけかな)。
「張り紙・・ここから先の本は読まないで下さい・・だって・・」「そう言うんならしょうがないか」「あの人たちうるさいしね」(おいおいそう言う場合、普通かえって読むだろの笑い効果の場面。つまり人間錯誤の共産主義思想を皮肉る意味もある明るいオーウェル流創説の場面だ笑)。

戻れば、再度よほど「男達よ全面降伏か」の薬が気に障ったか。じゃそうか題名を訂正「現代のこの国は男性の全面降伏以後なんだそうだ。さあどうする?皆よ」。これならいいか?。
さしずめ「改革よりも国作り」転じて「国作りとは部族作り」転じて、人そのもの「人ラ主義」を超えて思想エネルギー「異ネルギー立国」。。アマテラスが人格神でなくエネルギー体と言うように。がこの確立の為にはこの国に巣食う、ネガテブ思想であるMarxフェミズムDarwin主義を粉砕せねばならない。
      類でも男女共同ファシズム法の批判は一瞬だけあったが、こういう硬軟統合を軽視してきたMarxismあるいは科学的社会主義の亜流。ゆえに創造のパワーが出ない、フェミズム帝国に首根っこ状態ゆえ底力が出ない・・僅かの批判だけ。みんなの場の哲学になる。素人的に非常に簡略に素朴に言うけど、創造とは大技である。創造神への肉迫である。そこまで挑んでも人類史は足りぬのである未完成交響曲。ゆえにやはり人間と神世となる。その謙虚さこそ肝要。先の批判はこういう場合は当たらない。逆に謙虚である。謙虚ゆえに止まらないのである。議論でなく口でなく、身体のArtlist技術は抽象的地平。実にSimple。超限界芸術。
      戻り、共産党オバハンが「古い人々は時代に取り残されていく」と面と向かって公言侮辱あざけり誹謗中傷の唖然。いかにも「倫理道徳なしの」唯物「科学党」らしい。以後、厳重注意はされたろうが。売国奴の非国民ゆえに温故知新は知らないのだろう。
       「時代時代と適応適応革新革新、そのくせ自然と言う」のがマルクスDariwn主義の旧観念ライン。そういうのに乗せられる東京時代が、いずれは根本では知らず知らずに西洋レジームのコビメンになっていく。有名監督曰く「反逆こそ創造」。これは大いに分かる共鳴。我が直感ベースの理論とも一致。歴史踏まえてるゆえ独善ではない。
幕末江戸は適応を超える地平がまだ生き残っていたと言う。適応至上主義の画一化選民思想は凡そ日本とは言えない非本国。結果は戦艦大和的な大敗戦。消えた江戸。
再度、ただの時代流行的画一便乗理論のサンケイ的産業社会主義では大理想の器に非ず!!。Obamaや国連社長以下の頭と心。

フロク。


追加。新潮45でグローバル教が日本を滅ぼすと明言。良くぞ言ったというかやっと言ったかという所。遅すぎだ。なにゆえこうも遅かった。
しかし興ざめは女子政治家対談の言いたい放題おめでたい、正に表紙の言う大バカの壁の典型じゃんか笑。。やはりそれこそ元「総理」筆頭の言う、女の人は視野狭い短いを地で行ってる野田一味女子。戦後女はNewDeal共産教と言う新興宗教に酔ってる、あるいはもっと厳しく言わせてもらえれば、その麻薬常習者である。やはり読んでそう見えてくる。こういう幼稚な痛い女ラーに国は預けれない・・。そう言えば元総理が「女の人だな視野狭い」と。これが野田女史には見事に当たってる。そも戦後ずっとが女に厚底下駄履かせだろあらゆる面で、途中から見て男性が下駄だとcutするな。正に視野が短いゆえそういう錯誤認識となる。しかし新潮45。急に対応悪いなムカついたな、こちとらは「苦情」しとるんじゃい!!分かってか?。野田オバハンの息がかかったか?。この時代反逆つまり創造の思想が「啓蒙粛清」されぬように気を付けたろう。
前号ではとっくに偽装保守グローバル教の正にaペテン度が根底から批判されてるんだがな。バカの壁には女政策しか見えないらしい。野田ババはとにかく女増やせ、それしか見えてない、戦時中の軍隊と同じ。読んだら誰でもすぐ分かることだけどさ。
     追加は週刊新潮の櫻井よしこの慰安婦論朝日批判。やっと、軍制度を「普遍」人権へのすり替えと言う観点が出たかと思ったら、「慰安婦は大変だった。これは繰り返してはならない」とまるで橋下バシング批判の頃の地平と変わらぬ。所詮はアメデア合衆国の民。建て前か知らぬが、保守派は慰安婦がいかに兵士より優遇かを照らしていた。それこそ、現代の進歩価値観で全てを断罪する共産党的なさかしら、いな逆知りの思い上がり。歴史への冒涜である。誰が事後法で過去の日本人を裁けるのか。過去が現代より退化していたと何を以て言えるのか(寧ろそう言う断面に関しては逆ではないのか)。。進歩史観と言う西洋レジームの弊害を見る。
しかしついでのフロクは本音はリベラルな週刊文春の目次の隣。目次の隣なら週刊誌なら女の半裸こそ取り上げろ。本音はリベラルなネオマルクシズムを信奉してる文春。

フロク。文春で橋下聖子「議員」のセクハラ。これこそ大甘。男女逆なら即辞職だろうと批判状況。実にさもありなん。正しくこの国はフェミズム帝国以外の何物でもない。現にあるニュースは、女議員の時だけ罠に嵌められたとか弁護する。植草氏は横山氏はどうなんだ。実に偏り偏見の不公正。

ついでのついでのフロク。おい見ろよ、この国には自己中雑誌が白昼公然とあるぞー。週刊アエゴラ時代。翻訳すれば「私たちはとにかく男性を、女に都合いいい男性に改造したいのです。古い男性は啓蒙いな粛清したいのですMarxフェミラー」(今しろだ?何と自分の持ち場を強要命令の唖然の思い上がり増長。公害雑誌)。これで編集長の浜田敬子?は公約違反詐欺行為を何度したかな。こういう自己中雑誌をいかにこき下ろせるかが男性としての資格だ。驕れるエゴ時代久しからず。
男性が何故(つまり自分達女の思う通りに)変わらないかとまた文句嘆いてるが、それは先ず女が思い上がり自己中要求するからである(子供でも分かる真理)。男性は誇りある生物だからである。人間錯誤の男女錯誤の旧態依然のフェミズムなアエラは旧時代の化石だ公害雑誌。
現にさ金城珠代とか言う女記者(上に書いてるからそう判断したけど)、何?妻が神で夫が人間とか思い上がってるらしい笑止千万。いやこういうエゴ妻は神どころかさ、人間レベルにすら達してないわな笑(良くぞ言った!!。偉い!!)。子供でも分かる真実。金城とか言う女ともども早く人間レベルになれるように頑張りましょう笑。
水。旭化成のCMで炎上だ?。これですら(男女共同参画と声高にほざいて来たのは女らと違うんか!!。それへ参画してやってる男性を何だと思うとるか。どこまで図々しい。所詮はこいつらは何やっても批判誹謗否定するのだ。まるで共産化党だな)これですら炎上とはどこまで思い上がりのフェミラー女ら(あのマシな雑誌にすら反論して、妻が家庭に戦争起こしてると旭化成に伝えり)。この炎上?はNetファシズムの例。しかしどっちの雑誌が嘘ついてるか。当然に煽情的なメス的なアエラの方だろう。女はすぐ嘘つくしな。

フロクは朝日新聞はまた主観操作世論調査で女活躍の痛い記事(慰安婦捏造新聞は信用できない。信用失ってる)。百歩譲っても以下は言えるわな。。女上司を自然と思ってることが「伺える」だのとこういう時だけは過剰主観筆致を出す女記者。卑劣な印象操作パタンもさることながら、自称自然とは唖然。さんざぱらずっと「人工的に人為的に」男卑女尊Marxフェミ扇動してきておいて今更に何が自然か、何をかいわんや笑止千万。あらかじめ答を用意してきたに等しい事上。自然と言うかそういう宿命論は実にMarx的やはりフェミストだな(女を錦に掲げれば反対されにくく、思い通りにmarx革命改革を進めれる。女と来れば自動的に自然にいい社会国になる、との過剰思い込み幻想が、そういう慰安婦捏造問題とも繋がっているのだろう)。。すぐ他者に相手に宿命とか自然とかで強要罪するパタン。最も卑劣な知的犯罪である。
あとフロクは朝日社説。一言ズバリ。女が活躍とか言う卑しい痛いエゴ個人主義な動機の為に、男性を犠牲にするのは間違っている。出発点がおかしい。男性にこれ以上に相応の責任果たさせろだ?女の利己エゴ利増リゾウの為に?。思い上がり強要罪の唖然。思い上がりはあっても大黒苦労への思いやりは全くなし。さすがえせひ新聞。自分らには慰安婦論筆頭にやたら異常に甘いくせに、他者には男性にはめっぽう厳しい笑。人様への他人への厳しさには天下一品。誰もの衆目。だから次第に軽蔑されつつある。非常に素朴Simpleなこと言うけど、指導的地位じたいを目的にする不純な女らーは活動を制限した方が国社会の為だろう。「上にー上にー」は思い上がり公害エゴ時代。寧ろ下にこそ回れ急がば。名言。

追加。朝日のハフィポスト。しかし朝日筆頭のそして特にアエラが一方的にまるで戦争的に扇動的に煽情的に、自分らの考えを押し付けてるな目下。こちとらはそれに倍返ししてるだけのことである。マスコミ空間が押し付け批判をする資格はない。
マスコミ人こそアエラ筆頭の革命改革強要罪戦争の上から目線の思い上がりを改めるべきだ。

追加フロク。文芸春秋Specialで何と三浦瑠麗とかいう、意外と美人じゃない女国際政治学者が平和の徴兵制と。男性の人口削減を狙って別件ではワーママ増加提言か?。じゃその言う大胆極論には大胆極論で。一体として慰安婦徴兵制もセット。あるいは女の参政権もなくす。これで元通り。女は部分だけ見るから自己中になる。土足目的暴力的な古代復帰のイスラエル評価する奴は信用出来ない。どうやら老若男女全体にと言ってるようだが、女はどうせ「女だから徴兵拒否権」とか権力持ち出すのでは。よって上記となる恐れあり。まあ櫻井よしこ一味の保守フェミchildrenのように何と「男性限定への教育としての徴兵論は女に優しくなる」などとアメデア合衆国的な思い上がり自己中を言ってる保守フェミには、男女徴兵論はいい薬だな。それこそ権利でなく義務もだ。男女両輪が。

言いそびれ追加。朝日新聞の慰安婦論の論壇。本質とよく濫用するな(相手も本質と正義と思ってるよ、という論もあるけどなあ)、そしてその説明もなしで次へ素通りは卑怯。しかし死ぬ前に癒されたかったと想像できる。飢え性=×でない。都合のいい時は伝統を利用するのか高橋源一郎は、、さんざいつもMarxフェミズム便乗に家父長制を打倒意志露骨で。伝統言うなら、じゃあ家父長伝統も尊重すべきだな。禁欲戒律はより一層の快楽を目的の為にあるのにな、性を善とする非西洋の伝統宗教もちゃんとある(虐殺と性は全く違う別物)。記事の方。そも慰安婦は兵士よりも優遇と高給という。それに部分的な核とやらは個人主義の過度の誇張になる。近代新世界思考の問題点。
まあとにかく戦前全体が苦労してたということだろう。男女共に全体が(よって過剰個人主義の誇張要求は死んだ兵士に義理が立たないだろうが、全体バランス上。女だけ特別聖域ではないのである、Marxフェミの問題点)。田母神論文を待つまでもなくこういう日本陰惨状況は西洋帝国レジームの罪だ。
しかし深く知らないことを大声でしゃべるに気を付けようって、日本は家父長制度だーとか単純に男尊女卑の天皇だーとか最もすぐ声高に攻撃してるは、よく引用の上野とか赤坂真理とかのフェミストではないか。一番声高に言論暴力団してるのは誰らか。
あと紳士的なリベラル論者でさえ「怒った国民は捏造新聞の存在を許さない。こんな責任逃れは他の国では考えられず間違いなく廃刊処分になる」と一喝断じているしな。まして。日本悪玉Marxフェミ先入観の朝日絶対主義な大本営時代は終わる。

またフロクは朝日新聞。女の「より」活躍という贅沢エゴ私欲の為に、公共である国社会を改造してやるとの暴力改革思想そのものが根本的に間違いだって!!。固定観念のMarxフェミ新聞。
しかし追加フロク。ヘイトスピーチに慰安婦混ぜるドサクサ現代戦法の卑劣(国連利用した居直りファシズムだな)。Marxフェミズムの国連筆頭ののヘイト思想こそもっと問題だろう。根本を見よ。戦争の争いの和乱しの遠因・・。
        しかしフロク。週朝日はやたら男性の介護を取り上げるな。これ男女両方への差別にならねえ?。

ここで二大特大フロク(皮肉)は朝日新聞。痛い幼稚い朝日の恒例の社説はアナと裸女王またも。aペテンが女活用と言う一方でと素通りに言ってる時点で、既に女は生きにくいとは言えないわな、男こそ生き辛さを抱えてる。そう唖然の素通り。ここまでなっている女優遇風景を絶対に認めたくないのだ、固定観念Marxフェミスト。贅沢言いの女社会がmarxフェミ左翼工作映画に反応しただけ(西洋映画時代の黄昏のこの痛い映画、フェミズム合衆国より遥かにまともな日本への不当攻撃だな。文化戦争だ。戦争犯罪人。フェミラーは狂喜するように相当に楽しそうだな麻薬常習犯)。そりゃ人間社会では人間はそうそう思いのままにワガママエゴ個人主義に生きれぬものだわな・・子供でもわかる真理がフェミラーには分からないらしい。全う野次批判を抹殺ファシズム女社会にしろ(じゃ男性にはこう言うべき、やらしくてもいいんだよありのままでいいんだよ、変革男でいいんだよと。これこそ日本元気復古ルネサンスの為に必要思想である。人間錯誤のフェミラーよ)。女が下。しかしある女の人も言ってたけど「男の人は抽象的だから上に立って、(具体的な)女の人が下で動く方が全体は上手くいくと思います」と(そういうSimple真理を言ったんじゃねえの?)。これがフェミ汚染のない人間錯誤ない、普通の女の人の感覚だろう。そして神の国名言功績の首相も「やっぱ女の人なんだな。視野が狭い」と。しかし現実にこれはそっくりアナ雪裸女王筆頭にも当てはまる。考えたら分かる。やはり男は偉大なようであるざっと見ても。
そして一面テクノロジー。乳房切除と見せかけてデザイナーベビーの男卑女尊に必ずなる予定調和テクノロジーを扇動(そんなこったろうと思ったぜ)、ちゃっかり男卑女尊の毒薬を混ぜる悪辣は悪魔的。実にそれこそ倫理のない新聞だ(男卑女尊ネオMarxフェミズム新聞・・。まあこういう中途半端リベラル倫理なグダグダ議論では不毛だ・・。)。卵子提供の倫理を言うなら、精子提供させる構造の倫理と「男性の人権」こそもっと深刻だろう(男性のケースの場合の倫理は一切言わず黙殺。ファシスト新聞)(精子バンク利用する女ラーは「男は物」と言いたげである、驕れる個人主義のエゴ時代)。(一夫多妻は少子化対策で女性雑誌編集長でさえ提言している)。女女女だとテクノロジーの名の下に言いたい特集。どこが女が生きにくいだ?。女尊女尊の総がかりオンパレード近代延長構造分断政策で(アナ雪製造含め)、女らはこの「時代(ファシズム)」が楽しくて楽しくてしょうがないだろうな。
社説の裸雪女王を逆用すれば、メス帝国女王の裸だ!!現代は、我が日本の最高傑作映画999の洞察炯眼・・。
ここで名言拡散「女ラーは全員が麻薬常習者である!!」。その上にフェミラーは「私たちは(既に抹殺された)家父長制度の被害者弱者です。何せ女ですから」と黄色い声で声高に事実捻じ曲げの上に過剰贅沢要求。慰安婦捏造で分が悪い朝日はドサクサに女時代ファシズムで強行突破しようとしているのだ。
あとな「男性は、も(アナ社説)、とついでに挙げられるほど男卑な存在ではない!!。未だに未知の生物である。科学的テクノロジごときで発見しようがないほどに壮大な・・」。
とにかくな、近代フェミズムテクノロジー思想の大義いな小義名分の下に男卑女尊化と男性のモノ化、断じて反対阻止!!。それこそ人間倫理と社会倫理だ。
あるいはじゃ買い言葉でこれも言ってやろう。慰安婦製造捏造で日本陥れ冤罪と言う戦争犯罪行為も平気顔の日本悪者Marx史観への反感が、次はMarxの子であるフェミズムに向かいつつある。これは日本の大きな希望だ。売国の非本えせひ新聞を倒しaペテン近代でない本来日本を取り戻せ!!。復古江戸ルネサンスだ。

現についでのついでのフロク。夕刊朝日新聞。東西冷戦平和の五輪って、今どきそういうのを純粋に見てるお花畑馬鹿も減ってると思うがな、3S政策と言う「政治」はNet時代以後かなり知られるようになっている、正にローマ帝国問題、その枠内の米ソと諸国民。。それに平和と言うなら女子水泳選手が丸腰水着でないとそうならんだろ。男子にだけ水着負担させる、自分らは武装、の自己中なフェミズム合衆国の上から目線思考は戦争思考である。どうせそういうフェミ的政治意図を作る目的の為にそういう写真にするそして取り上げるえせひ新聞。(例のセクハラ女元選手もいるしな、これもそう言う下心あっての写真「作り」だろう。政治的。つまり反平和。女のセクハラ意図の戦争だな。女の戦争。格差つけておいて平和とは「私は平和の使徒です」とは思い上がりの笑止千万)。平和は互い丸腰の江戸的混浴グローバル共生こそである。それに反する新聞と西洋フェミ思考は正に戦争の思考である。自己矛盾の西洋レジーム朝日新聞。

追加。週刊現代は朝日にこそ大甘。慰安婦冤罪問題の戦犯ではないかここまでくれば。深く反省考えで済まされれるのか。

ついでのフロク。NTTドコモ広告は家族や人類が女だけで成り立つと思い上がってるらしい(メセージもさしでがましいと来れば最早公害である)。それでは家族じゃない。つまり反社会的。企業は男性の敵とまで言われ始めてる現状、フェミ汚染と言う概念はもっと広め拡散されるべきだろう。

最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。



コメント

男卑思想国に歪んだ穢土を浄土へ男女太平こそ天下の大義。互い大らか混浴共生文明こそ地球基準

2014-08-16 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
総て含む総合理想への向上挑戦。それが巨視。「天」の視野。それができるほど真の「上」である。片手落ちに輝く国と扇動するaペテンは論外の部理。西洋フェミの部下だ。
応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
     平均点性は大体は含まれる。しかし底辺性はどうか。あぶれてないか。
再度「社会国のバロメータは平均点性である女の隣芝的な贅沢地位などではない。男と言う底辺性の冤犯罪走りからの回避こそである」文明バロメータ。キマッタ。
これは何度でも言うべき社会法則。ここでもクリック願います!!にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村教育・学校(その他) ブログランキングへ

あるいは蔑視される存在こそ重要なバロメータ。思想的には男卑である現代は。
ファシズム的な恋愛規制法を起点では若干後手で受け身になるゆえ、やはり
「穢土時代を超えて、大和心の純粋の浄土で男女和合太平の天下統一」復活こそ最強硬強力な論陣。
男女根本を総体に問う。異角度のけん制である。受け身では不足と思うので、フェミ女権思想の正当性を根元から崩した次第。これで聞かぬとしたら連中は言論暴力団なのだろう。「私たちの要求は理屈ぢゃない」とかな笑。

ブログ引用。
恋愛規制法が更に強化。戦前治安維持法以上の抑圧の戦後・・と言われる。それも見えない恋愛オタク専門知識人法律家らパリサイ法律家。部分しか見てない新世界思考法。
明治帝国は恋愛にまで介入したと言うが。皆どんどんファシズムに流されてる・・。性愛に権力が介入したら終わりって有名な格言は?。「そんな情のないのでRuleKreatotのつもりか!!。怖えもんだ。やはり創造院が必要」。恋愛規制法よりも、言わば綱吉治世のような男性憐み令があれば状況は根本から解決へ(表層では何の解決にもならぬ。ただの抑圧の消極的平和)、再びに日本の原点を創造せねばならないのだ。国会機械を超えろ。情の伝統院と理想の創造院は遠い・・。戦争機械と言うより政治機械の方が真実を突いてる・・。人間が機械のように冷たく、正に月本国になってる。伝統院と創造院でこれを超えよ日本国。
 この広いSimple新国家観に支持応援願います!!。

これの比ではない理想提言の極みは後で。

男卑の動かぬ証拠。何より冤罪テロ・・。これに尽きる。人権侵害どころか「超人権侵害」。
       今や「女と来れば冤罪温床と条件反射に構えよ」だな、こちとらも正当防衛、思想的には俺らは不利にされてるし過剰防衛すべき。全分野で。
そしてここが大事。よくあるマスコミ的美化のような同情さえされない電車冤罪(進歩の為の犠牲だからしょうがないよねみたいな固定暴力観念)、無念とはこういう場合に言う。死んでも尊重すらなし。まあ運悪い馬鹿みたいに扱われる。「相手は死んだけど訴えたあなたが悪いのじゃないよと励ますしかない」と何と、間接殺人者を弁護ホザク精神科医の香山リカもいる。しかし女の方は哀れ可哀想とだけとも言えない。寧ろモテる誉れとも見ることもできる。しかし冤罪自殺はそうとは考えようがない。生命よりも相対的な女の方を後回しにすべきである。常識を疑え。
    命名、「強制自殺問題・・」。男卑の女権国。男性差別冷遇の国。月本国・・。根底をSimpleに見れば容易に分かることだ。部分複雑な専門家は怪しい。新世界的。
この問題は何か悪いもの見るように片付けられる。映画初代タイムマシン場面だ、皆が眺めてるだけ。
因みに自殺率は男性は遥かに多いと。脆さゆえ。先の名言だ。つまり弱者が守られてないということは、現代の月本国はコミュニテイ社会失格。社会錯誤。国でなし。人類でなし。
まるで19世紀の米国「黒人ユダヤ人をいじめよう」みたいな空気だな。この月本国では「男性をいじめよう。ネチネチと攻めよう。古き家父長制を滅ぼそう」みたいな。

正に前回の引用で言えば。苦言一部を引用。
「共存党」ではないらしい。やはり古い人々(果ては日本人)やっつけ主義の近代盲信党の危険を感知、日本共産化党・・。近代真理教ゆえに「社会進歩の為に」抹殺人を正当化過去の党とも言われるが。高圧「理想」目標という進歩の為に犠牲は付き物と進軍を正当化・・。 これは凡そ総合理想ではない。狭い思想である。
    ゆえ朝日えせひも赤旗も男性冤罪は「社会進歩の為の犠牲」ゆえに抹殺。ゆえに軽視。これ進歩じゃねえよな、進歩気取りが却って退化しているとは漫画的パラドクス。少なくとも皆が笑い明るい江戸よりも退化。温故知新を知らず。

規制法でも冤罪あると言う。嘘つき女らーは全分野共通である。男性をそう見下して扱うゆえに時に天誅の惨劇ともなる。誰も無茶したい人などいはしない・・人間は保守的だからな。更に男性は彼女らが犠牲とまでは言ってない、許せぬ「自己中」と言ってるのみである。ゆえ途中で慌てて厳格化パリサイ化するのではなく、総合理想原点に立ち返り双方踏まえた理想方向を考えるべきである。ただし両面から双方から。片方のリゾウではなく。「私の理想は」などは今や幼稚な死語である。

あるいは「女の権利は命より重いとか」唖然の迷言があるんだそうだ。
  「女人権の為だから、死んでもしょうがないよね」思想。この思想が強制自殺問題を生んでいる・・。下記のEros神蔑視かあるいは悪者思想のせいである。大らかなし。
先ず巨視総論全体論としては「人の命は地球より重い」だろう。この全体論名言も知らないフェミラーなのだろう。総合理想なし部理。あるいは名言を悪用か。

そう下記「性を悪魔と見なすキリシタン思想」も原因である。性を善の神と、日本神話的に見れば大分違ってくる。狭隘に殺す抹殺するほどのことかなと自ずとなる(上記の騙しは性と違って悪だが。片や性は純心である・・善である)。

      更にあるいは暴力にも暴走。そう男性には一般的なDVのみならず「特別の」侮辱罪暴力FVがあるわな・・。ある奇しくも電通制作の女子高生番組で女子の男子への蹴りを扇動番組。この問題を取り上げた、一応原則まともな市民の空間であるNetの場で「日頃は弱者だと何だかんだ言っておいて」や「男性はサンドバックじゃない。人間なんだ」と実に余りに全う普通な善良な批判コメント(そう。どうやら男性であると言うから人間扱いされないと言うことのようである。唖然。前回引用の本にも類似言及あり。やはり男卑思想の国。下記に強硬論陣・・)。
      しかし男性への暴力。ここに名字名前も晒すが現代では質問箱で「heartwakabayashi   2011/9/1513:22:39。男が男にのほうが見たいかな。女子が男子の股間を蹴るのは学校でしょっちゅう見るから(笑)」などとホザク驕る奴も女ラーもいるのである(深刻だな、人間のクズらー。いかがわしい領域だけの話かと思ったらこれだ。いな根本はHollywoo奴隷暴力の悪魔思想的影響だな)。(質問箱は割とNetらしからぬというか時代に流されてる。米国化人か中国人が増えてるのだろう。大量生産Holllywoo奴隷だ。ローマ帝国化問題だなこれは。女子ら女ラーは全員が麻薬中毒犯であると言うべき。その断面はこの前書いたばかりである)。(まあ「やらないですよ。そんなことやったら男子にボコボコにしばかれちゃいますよー」というまともな伝統的な常識感覚も一応あるが)。
     「心配です」という回答の次には何と「もちろん笑っちゃいます。でもこらえます」と人間クズ回答もあった。自他分裂病の典型。人様の痛みが分からない想像力のないこのクズ女は麻薬的な病人である。こういうクズ女らの暴力風景に比せば痴漢場面を見たら正義漢だと皆で大笑いした江戸時代の風景は何と長閑で平和であろうか。上記クズ女らがいる時点で、こういう江戸復活ルネサンスも、冤罪自殺防止の為にも真剣に考え出す時代段階ではないか。あらゆる偏見を取り払って純心大和心の神世の原点で。
       戻り。他の場所でなら大人な女性のコメントで「やっていいこと悪い事がありますよ。DV以上じゃないですか」と。実に当たり前。まともな市民空間のNet。「人間失格です」「相手の痛みも考えるように教育されませんでしたか」等になろう。Netはまだしもまともな空間。しかし若干おかしな通り魔みたいなのが紛れてるな。Netも大丈夫か。
      あるいは保護法もと「故意に叩いた人は法律で罰してほしいくらいです(いや足りぬ。他の批判コメント見たら、これ相当に深刻な負傷と状況らしいので)。。急所暴行罪とか急所保全法違反とか急所安全保障法違反とか」ともあった。良くぞ言ったがしかしこれも普通市民過ぎで緩すぎる。善良過ぎ。もっと強硬に罰さねば。弱所に目をつける女奴らは悪魔の思想、悪魔罪ぐらい作るべきだな。当時のように魔女狩り思想効果も計算して、自動的に社会抹殺もできるぐらいに・・。
        ローマ帝国は平和が続いて平和退屈→贅沢(現代では女が走ってるが)という流れで人民が残酷化したとも言われ。もちろんこういうFVは、Marxフェミズム思想でフェミラーが暴力革命で男卑を異常扇動した影響とHollywoo奴隷(剣士奴隷と言う意味で)のせい、正にローマ帝国化の象徴的兆候でもあるか。ローマ帝国となればあるいは滅びの兆候とも言える・・。確かにこれは滅亡革命戦争の一端象徴だ。短慮なバカ女ラーが体現している滅亡兆候。

(とにかく「女は(私性の主観的ゆえに)何でもやらかす性悪ゆえに神様が力持たせなかった」とのコメントは大いに重みがある。人間錯誤の時代にて。まとも時代を復活せよ)。
ゆえ・・善良戦法も大事だが、敢えてこちとらがもっとワルになる戦法も肝要(そういう侮辱罪暴力と違って、Rapeは少なくとも思想的には生物的訓練としては、正しい善の生命方向とか、強硬論陣を二段構えで用意しておく等)。
      侮辱罪暴力、全ては何度か指摘のHollyowoo奴隷の狂った戦後レジーム西洋レジームによる暴力である。Aメデア合衆国による暴力行為である。思想的にはマルクスフェミズムと疑似マリア崇拝思想の近代西洋レジームである。
しかしそういういかがわしい侮辱罪暴力の検索ルートで。

「平和な国だな~と実感できる作品です。こんな作品作ってお金を貰っている人がこの国には存在すると
考えただけで感慨深いものがありますね(何と)。しかも4人も女優さん使っていてそれなりに人件費も
かかっているわけですから。福島の人にも是非見ていただきたいものです」。
唖然。「戦争に比べればどれもどうってことない」系の戦争で平和を脅迫論陣の典型。理想度が全くない。天下太平の理想郷への責任感が全くない。

人件費って怪我する男優さんらの方こそまず保険等で挙げるべきではないか。その辺の整備どうなってるのか。男卑国。
思うにこういう非道に加担鑑賞してるのに自虐自責があるのだろう。それを泣く子も黙る震災関連話持ち出して正当化しようとしてるのだ。

じゃ震災関連言うならこちとらも買言葉。AVファン野郎ならここまで言わねばな(それとも女尊時代に怖気づいて、時代に媚びる意味でそう言う作品見てるのか?。そう言う所だけは抜け目ないか。コビメンかキモメンか知らぬが)。Eros自体は善である、暴力は悪である。
     とすれば流れでいつぞや引用の震災慰安婦の提言こそではないか。
引用の引用。それ思えばその慰安婦関連、Net過激化の例がTwitterで。今このぐらい大きな広い心が必要と言う意味で敢えて言及する。いつぞや「震災慰安婦提言」あり(阪神大震災含めた経済効果まで計算したがっちりしたものだった)。
     その提言者に対して、中には過激にも「死ね」と例のパタンのバカシネ族の登場だ笑(俺がNetで初めて見たバカシネ族だった笑。どうやら男女ともフェミラーだったようである)(頓珍漢族はまだのどかだが傲慢。トンチンカン族も同様)。上記の男性侮辱罪暴力の奴らフェミラーにこそ、この「死ね」と言う言葉はぶつけてほしいんだが、こんな意表奇抜提言なんかよりもさ。意表こそ創造性だしな。
    あと「せめてSexWorkerと言うべきだろ」の声がある一方で、「一瞬でもSexWorkerのことすら考えた人はゆっくりこの人物と死んでね」だとよ。生命方向ゆえにそれを脳裏で一瞬望んだだけの被災者にも、死ねと言ってるのかなこの女、「思考の自由すら認めない」ファシスト女っていそうだな・・これがフェミラー。禁欲すれば抑圧すれば全てOKと信仰してる危険な狂信Puritanistカルトのよう。まるで死にゆく兵士や寒さに飢える男性は慰安せずとも放って置けばいいとの、狭い冷たい月本人、貢献奉仕義務意識のない女のジユー言論侮辱罪だ。タブンそのTwitter集まり固まりは左翼フェミスト巣靴だった可能性あり。現にセクシストとか妙に小難しい学問理屈語を借用していたしな。翻ってこの提言「それはちょっと」との長閑な微笑ましい反応もある!!。ズン!!。ドウダマイッタカ。
      恐らくこの提言者は、震災での何と公権力で正当化される非道な男性差別を癒すために震災慰安婦を提唱した面もあると考えられる・・。経済効果まで考えていたから上記のバカシネ族のフェミストらーはぐうの音も出なかったんだろう。悔しくて「死ね」と侮辱罪するのが精いっぱい、議論は完全に連中の負け。がこの人のコンサートをネガキャンしようとかの卑怯卑劣陰険な攻撃をしていた・・ファシズム的だな。正に先の19世紀的新世界は言論自由がない・・新新世界はまだ遠いか・・。
以上Net過激化の例である。突拍男子「自由とはより良い理想方法論を形成する為にあるのである!!。バカシネ族の誹謗侮辱罪の為ではない!!」。キマッタ。
ストレス化の被災者の方に。そう言う生命方向を善としていた江戸時代が本来日本。温故知新で全うな提言と言える。少なくとも人間錯誤ではない。

戻り、こう見ても、常にそこかしこで本音で男卑。それがこの国である。そこに男尊女尊の公正はない。本来の日本ではない、申したように中華人が増えてるのだ・・Hollywoo奴隷の扇動で。米製の中国人またも。
     先の侮辱罪暴力正当化のよくある例にしても実に女目線の偏りである心が狭い大らかさがない。
あるいは西洋レジームのせいである。いくら独立守ったと言っても本来日本文化を破壊したうえでの。やはり西洋に屈服する為に、体裁で狭い神に合わせた適応しただけ。結果、慰安婦バシングに見るように性=悪とされ、挙句、具体目線しかない女が、具体的には男性は男卑存在と気づいた。それで短絡的に男性を劣った生き物と見出し始めた。もちろんそれを扇動した遠因は人間錯誤のフェミズムとフェミラー。
    戦争的なmarx闘争的なこいつらは戦争犯罪人である・・。穢土裁判は今度は下から裁いていかねばならない。

フェミズム片手落ち思想が抹殺や侮辱罪暴力を生んでいる。みんなを両方を総合で考えろ!!。
      同時にこれは片手落ちの個人主義たる人権思想の限界でもある。片手落ちゆえにMarxゆえに「○は×を、新は古を」、徹底抹殺するのだ・・粛清。自分は絶対善の被害者で弱者、だから権力でもって家父長な男尊思想を倒す、暴力も含め(主婦のブログでも指摘あったが)。左派にとってはこれは進歩の為の犠牲だと・・唖然。心の底で考えてる・・。
やはり前回の悪魔思想の戦後。

戻り、共生根気もない、すぐ個人主義人生論の女ラー。自称理想はインフレ的な言葉である利増リゾウに過ぎない(逆に口数少ない方が神道的な和になるとあるブログでも指摘があった。昔は寡黙だった本来日本)。リゾウ利増ゆえすぐ「自分の為に」相手の粗探しする。自分棚上げですぐ批評批判する。総批評家の国。マスコミ的思考法の浸透だな。
      根気ないゆえにコロコロする。「別に」とか急に一転「きもい」とか侮辱罪用語。ゆえ侮辱罪暴力もする。
片手落ち個人主義。相手がない、正に類も良く指摘する対象が・・彼岸が(それへの暴力が先の侮辱罪暴力の例)。独り善がりの価値観。
      逆に見合い婚の方が根気出るとも言われる。根性能力。
人間能力。和合能力。引き出し教育能力。根本思考。男女和合能力。互いが和する。

逆に批評や批判はMarx的能力の地平ゆえあまり褒められない本来的には「ネガテブ」思考である、挙句には暴力にもつながる。マスコミの罪。

総体で巨視で見ると。明らかに男卑の女権国。女尊国でなくもはや女権国である。風景でも男尊なし、女尊思想だけはありで溢れてる。再度「21世紀は男性をいじめよー、ねちねちと」ってか?未だ新世界の状態。
戦後。西洋。

そして次。ここまでErosが風靡の暴力風景。このEros領域はもはや善とすべしこと。南北統合せよ。

底辺性。侮蔑されるもの。それこそ重要。何よりEros神(そして男性性器Faros神は侮辱対象でなく古代では崇拝対象だった。現代との雲泥の差。ここがいい加減ゆえに男卑思想が風靡しているのだ。恐らく太古にはメス的動物の横暴があったのだろう)。
      Eros含めて多神を尊重する日本だろ、いなErosは核である。と言うことは今この国は日本ではないのである。日本に戻れ!!。復古。そう温故知新ルネサンス復古こそいつでも歴史動力。慈悲と仁愛の伝統思想に。

恋愛規制法強化もあるので一層の強硬論陣をまとめということで以下再度。
で本来日本にあった浄土が俄然に光ってくる。男女仲良く太平になる義務、現代でも全うな方策を再度に加筆抜粋。

その前に関連で再放送の大河独眼竜政宗で混浴場面。それぐらい普通すぎるが(が側室の猫姫のチラリまではない男卑女尊)。かつての方が全うだったのだろう。まああの痛い卑怯な八重桜のHomogeniousなオエップ場面に比せば遥かに男尊女尊で健全。
     しかし江戸にしろ八重にせよ、女優がゴネたか。何で女は湯に入らぬ一肌脱がぬ。そのくせ男優には片手落ちに強要罪。自己中女優どもが増えたか。女皆が沢尻だ。あるいは左翼ネオマルクシズムであるマスコミの男卑戦争工作か。フェミズム汚染。

で根本の共生。
男女融和の契機を。男女教育の必要。
        硬軟統合流で西洋レジーム西洋の神支配の核を以下に。
改めて再度、西洋の神は要は「性は罪」と見たようである。性への戦争は上記で少し申したように男性への戦争になっている・・。変態とかな(が逆説にも世界では西洋では褒め言葉。ここにも江戸グローバル気運)。そう言う硬軟を天下統合する変革男こそ必要である。これは思想的には、神世を筆頭に既に伝統思想である・・無理ない自然。現代の西洋レジームの方が反自然で無理ある。
       翻って、現に米国人による日本化米国論でとっくに混浴擁護論での「性尊重」の貴重な提言あり。混浴見直し論はようやく既に多いが、要は混浴は先ず「性器へのこだわりなくす」(つまり抽象的になるということか)。そして最眼目は特に米国では「性からくる苦痛ストレスや果ては人生破滅台無しのようなことが軽減されよう」と(しかしこの極西日本こそである。後述)。 あるいは脳内活性化の若さに良いとも報告は有名。
       そして混浴は幾世代かけて定着させるべきと(太平洋の橋は国でなく、先ず男女溝と障壁に対してのようである)。家庭だけでは社会全体必要効用に不足、数世紀も伝統的にそうしていた日本人のように安く公的な浴場で普及させるべきと。もちろん男女別とされた法律(西洋法)も破棄されねばならないと言う(そうだ俄か法律は破棄。これこそ西洋レジームの核を超える契機。西洋フェミに洗脳された女らはぶっ飛ばせ!!)。
       どうやら混浴は女性の品位を傷つけるとかの理由で米流思想を持った2・3人の婦人議員の熱心市民禁止運動(また。笑)により、50年代可決法案の悪法だったそうだ(ここに最も象徴される月本国。西洋の極西列島・・)(そうか。なあんだ平和の戦後レジームと思ってたのにそういう陰湿なひねくれた戦争目線で国は造られてたのか・・。大人げないな。政治家はロクなことせんな)(これって選挙嘲笑ネタにTekiVisionでよく使われるな。実に人間錯誤の戦後国だ)。
     しかしさ、混浴は男性こそ大変である。男性の方が混浴を避けるというが、しかしこだわりなくして正に慣れれば大丈夫だろう(無理なら鋭敏な男性には一夫多妻型の混浴にするなり配慮と権利を与える)。裸よりも西洋服の「性服」の方がやらしいとも言うしな(写真集でも裸はやたら清純でかつ汚い。服の方が逆に劣情そそる。この西洋レジームの気狂い暴力。性は悪なのかの本でも、右は清純、左は罪と)。先の著者も曰く、混浴が品位を傷とか言う人の方が寧ろそう言う歪んだ性的引っ掛かりを持っている(病的)問題だと。その障害をこそ取り除くべきであると。逆に混浴は謙虚さと人間性を養うと言う。高級服で高慢尊大でも(確かに大統領選の番組ですらそういうバブー的ひけらかし暴力「性服」はよく見るな。この米人著者の観察は大いに分かる笑)。
     逆に却って裸では人は謙虚になるものだと(確かに。実に日本的姿勢)。ごまかし信心も困難になると(深い。神の前の修養の時間が日常ふんだんに当たり前になれば、嘘つき冤罪罠の腹黒女も減ろう)。実に深慮これこそLiberalな視野であろう。幸い米国でも治療くつろぎ温泉が徐々に普及と。しかし一般施設がそうすべきと。自然普及に十分なほど多く増やすべきと。
      しかし何と広い深い人間観であろうか大らかな神であろうか。外人の方が日本の良さを分かってるのである、これこそ混浴根本共存な江戸文明のグローバル視野。市民運動も古新で善悪を見る日本共産党も、狭隘である。

そりゃそうだ以上は実に正論(正に意表こそだ。自称の安易な市民正義が、伝統複眼の深慮を歪めたのだ)。西洋レジームの反生命的な根本弊害である。
      よく知られる通りもともと日本は江戸は性に大らかで抑圧がなくストレスないと。性は善だったゆえ。善であれば当然に米国慰安婦論のような中傷議論みたいにいかがわしくなくなる。偏見がないってことだ。
      フロク。文春オール読み物で混浴。いい女とは言うけどな、いい男って何か変じゃね?気色悪いと言うかキモイというか。女だから美的なものが似合うのであって。そも女にいい男と批評される筋合いはない。女に混浴で男を見極めろとやらしい扇動。男こそいい女かどうか混浴で見極めろ。次回も言うがそも混浴は男女互いであるそこに最大の眼目意義がある、男性をだけ見ろと片手落ちは一方的セクハラである。テルマエのヤマザキマリはやはり片手に何か歪んでないか。

      冤罪。片やそうである、人生台無しを軽減としての混浴効果。
しかしそれ思えば日本こそ即ち極西こそその問題は一層ではないか!!。性で人生台無しはとどのつまり性抑圧による性罪が最も典型である・・。検察とかMarx的に国家権力内部に原因を見るだけでなく寧ろ、こういうことの源流根底には、性の抑圧のいわゆる消極的平和思想がある。aペテンの積極平和なんかでなく真の定義の意味での積極的平和の社会になってないゆえである。因みにあれはただの個人的主張、何の裏付けもない。CIAが日本を女権フェミ国に改造するのを誤魔化す為に、積極的平和主義の概念を捻じ曲げ悪用してるのである。内外分裂病患者だ。
      ああいうのは根本に西洋レジーム思想支配の弊害。正に江戸以前の穢土時代・・正に現代の極西は地獄である、浄土ではない今は・・(こういう総合理想を提言していかねばならない)。しかしかつて浄土だったのだ日本は・・。地上の楽園。その象徴がこの「際どい領分」だろう。
境界にこそ真実の空の陰陽。
     「民は今 式も信ぜず光る際・・」。西洋公式は超えよ。禁欲抑圧機械絶対帝国を超える次の時代を考えねばなるまい、人間の為に。

再度、有名なペリー船団「我らはこの国の民を西洋の悪徳に引きずり込もうとしてるのか」悪徳国。転じて「地獄に引きずり込もうとしてるのか」。そう今は地獄である・・人間錯誤の・・。大西洋の暗黒海。大西洋の狭隘思想を奉還せよ。「大西洋奉還」。

現に、ここで地獄の「自他分裂病」の西洋の「本音」典型を核をTekiVisionをここに。狭隘な極西いな西洋の典型具体例。厳格過ぎる神の目線はつまり男卑女尊イデオロギー宗教は結局はこう言う所に行き着く暴走なのである所詮は・・。
      ただし深夜TekiVisionに原久美子だったか女優「中世西洋では、痴漢にこういうことが行われていました」と冷たくTeigenVision(省略)この提言の唖然・・(しかし現代も似ているな。それが強制自殺問題を生んでいる)・・魔神狩り否エロス神狩りだな・・絶妙命名(因みに江戸日本では痴漢は正義漢で明るく笑い話、暗く陰湿でない。この雲泥の格差を見よ。江戸見直し日本見直しが気運だが、正にもっと日本の寛大さを誇れ)。戻り、しかし事実上その通りになっているな魔神狩り・・例の禁煙ファシズムならぬ、既に禁欲ファシズムだ。これは最もファシズムらしいファシズム、弱点狙いがファシズムの鉄則であるとは余りに有名格言ゆえ、慰安婦を利用した世界ファシズムも筆頭に(やはり今回も慰安婦捏造マスコミと言うことらしい。いつものパタンマスゴミだな。実に痛い左翼工作だ)。。
        禁煙ってのは一部ローカルでまだ分かるが、禁欲ファシズムは、先の例を見ても殆ど人間性の生命方向の否定である(これを否定せずに肯定した江戸文明の偉大・・)。
(類はこれを殆ど言わぬ腰抜け?。伝統的には男は度胸!!女は愛嬌。まあこれを言える骨ある男子はわざとずらす滑稽男子は俺ぐらいだろうなあ笑。誰かいる?。俺は偉い!!。わざとこういう言い方してるけど不自然コメント見かけたのであてつけ)。

        さっきの地獄は言わば西洋中世の魔神狩りエロス神狩りである。さすが大らか知らずの、魔女狩り魔神狩りの狭隘なキリシタン世界その次は・・異人狩りへと暴走・・その一人善がり個人分裂主義思想が、新世界大虐殺・・へと「発展」段階した「世界」と言う現代・・自称グローバル世界基準の根底だ笑。殆どカルト教な新世界(いかがわしい古代カルト教の勢力の噂もある。そう考えれば明瞭になる)。ユダヤ虐殺は言えても先住民虐殺は言えないアレントの戦後レジームでの使われようは象徴的(ナチ協力のシュミットは、逆に西洋人らしく断面を冷静に見据えていたが。ドイツ人でもユダヤ的に)。俺が戦後レジームの知的複雑系誤魔化しチヤホヤ寵児を信ぜぬゆえんである。そのギリシア世界は、楽園パラドクスを分からぬ西洋の上に乗っかているのである、朝日論壇明日よ。それじゃ20世紀の大虐殺に今更に「西洋の理想は何だったのだ」と「びっくり仰天」した左翼Marxistの地平だ。帝国時代という現代の歴史なんだし。
         新世界虐殺と魔神狩りエロス神狩り。そこには自他一体、同異一体の「全体」思想がない西洋レジーム、私は私で貴方は貴方で個人主義。貴方の苦しみは私に関係ない想像できない、私らさえ良ければいい。だから自分の楽しみの為に侮辱罪暴力FVも振るうし、あるいは弾圧もどっかで手の汚れない場で勝手にやってほしい。そういう悪魔思想。しかしこういう雰囲気の奴らっていないか(この自己中をいつも扇動していた左翼破壊工作・・)。極西の国・・の風景。もはや日本じゃない。自虐売国個人主義教育の効果だろう。
西洋レジームを、世界を超えろ!!。
       正にさっきのはTekiVision空間・・西洋支配の何よりの象徴(昔は暗黒なのよーここまで厳しかったのよー。それに比べてこの時代はいいよねー男は殺されないのよーと洗脳の華氏451なTekiVision。洗脳の製造捏造空間を脱出しろ!!。ああいう脅しこそ悪魔思想であるゆえ)。待てったら、少なくともこの地は先の正義漢も容認される大らか日本であるぜよ。現に江戸日本では、部外者の外人でさえ触っても御咎めなしどころかみんなで大らかに笑い話だったのである。こういう所に江戸日本が、この世の純真な楽園と即ち浄土と見なされたことが最も象徴されている。文明のツボである。

戻り、しかし西洋Visionの遠近法は敵を見る、つまりjournalisticな批判や同調適応だけDarwin戦争・・その向こうの楽園浄土を見る創造光がない・・。ここまで達する必要。
最初に人口半分をも敵視思考ヘイトを白昼公然とヘイトしたのはどういう奴らだったか・・。
       確かに目下は表面風景だけで、短線である。こういう基本目線view遠近法があるゆえ社会も画一化ベクトルするわけだ、先ずそう言う感覚になる「構造洗脳」(これは実際にあるらしい、我が新世界研究へと連なる。また直感大当たり!!)。新世界、歴史知らず。知恵知らず。奥深さ知らずの忘古維新世界。

そのTekiVisionの時は少々トラウマだけだった当時はな。冤罪報道の即ち「男性への虐殺宣戦布告」の後もな(それでも下僕はやってない映画は、どうやら冤罪罠掛け女ラー悪魔女ラーを増やしたな・・。それでも俺は理想性のない、「事実は小説的勉強だ―」的な暗い何の対案もないリアリズム映画の罪だな)。しかしすぐ隣の隣の向こうに迫る危機。そいつはトラウマらしい。
        それゆえ俺はここまで言えるのである!!。それでも俺は理想性と。この国で言う所の西洋レジームは一言で言えば、「男は死んでも別にの触尻」の体制である・・。底辺性を蔑視の人間錯誤。とても総合理想レベルではない。
       待った!!。法務省の女の人にも「性罪チャラの徳性令」を提言したら「そうですよねえ・・」と受け止め(つまりそこまで社会抹殺することなのかなと言う感じで)。真の女は聞き上手。日本人は一応生き残ってる。本当だ法は根本としては「犯罪者・・」が、変態だとかの集団リンチ社会抹殺に遭わぬように守るツールとも、女派の左派(本来はErosを尊重の筈)的には定義ある筈である。orこういう時は右にコロッと変わるのかご都合主義!!。
これはパリサイ法の帝国だな、情がない非日本。またいずれ。

正に情を殺す理(総理も同じ。寧ろ部理だな。だから細かい部分的な政策ばかり言う)。
      大らか生命生き生き自然な陰陽、これが深慮ある東洋世界たる浄土だった。
それがこの極西列島列車はそれでも下僕裁判のように、実に西洋法の帝国である。民主と称して実は帝国なのである。正に前に引用した、民制による帝政の新世界・・。
三権分立と言う帝国支配体制は陰惨な和乱し裁判風景の絶対機械法パリサイ法で999世界。とっくにバスチーユ気概が必要、今更だけどさ。
その気概の意味でのこのブログ。狂気バカこそ世を変えるとも言うしな(待った。客観的な定義をここに。そう文明論によれば、天才とは時間のズレだそうだ。確かに巨人で周囲が無理解と言う歴史事例は少なくない。片や周囲が簡単にすぐ容易く理解称賛とすればそれは秀才ていどであろう。あしたのジョーのプロテストのエピソードが暗示するように。ぶっ飛んだ一神教がない)。

再度、実に短絡思考の短線風景である(西洋思想の分野は、輸入部分として機能すべしこと。あの辺りは偏っている全体見てない世界)。弧を描かないようでは非グローバル。ある意味で非科学的。それは暴走すれば、ただ単に悪を殺せばいいと言う安直線政策の遠近法にも行き着く、本を忘れ・・。人類がやったことだ。そういう源流のあのプロメテウス映画のような西洋神は人間への愛情憐憫がないのだろう。実に神なげない。
       戦後レジームが西洋レジームだと見えなければ、共産党と同じ穴の狢の機械機構な国のかたちになるだろう。この人間危機状況に対する総合的な文明的認識がない総合理想がない部理、政治の終焉・・(これは緑の党の知識人が類似提言)。シュンペータの言う資本主義、は結局は共産主義だった、近代の同じ貉とはよく知られる。SF世界(といってもただし全体を考えてない、目下のような部分発明信仰は論外だが)への誘惑も(これへの対応は重大)よほどの慎重さが肝要だろう。伝統が基本。戦後に無理に俄かに製造された歴史を全て否定せよ・・!!。そういうのは、フェミラーの片手落ちな独り善がりで共有ないゆえ歴史とは言わない、伝統のない浅知恵だ・・。
        西洋レジーム穢土時代の脱却で江戸浄土の日本を取り戻す!!。世界禁欲ファシズムに媚びるな!!。永遠のジェンダー自然は人工ジェンダー近代教をぶっ飛ばせ!!。
本当の意味での骨系な滑稽新文が再び必要。一神教へとズレた文明の為に。そうすることで世界は豊かに広がっていく。常なる敷衍と創造。

フロク以下に。話は一挙に順当論になるが。
フロク以下に。話は一挙に順当論にならないが。

ここで二大特大フロク(皮肉)は朝日新聞。痛い幼稚い朝日の恒例の社説はアナと裸女王またも。aペテンが女活用と言う一方でと素通りに言ってる時点で、既に女は生きにくいとは言えないわな、男こそ生き辛さを抱えてる。そう唖然の素通り。ここまでなっている女優遇風景を絶対に認めたくないのだ、固定観念Marxフェミスト。贅沢言いの女社会がmarxフェミ左翼工作映画に反応しただけ(西洋映画時代の黄昏のこの痛い映画、フェミズム合衆国より遥かにまともな日本への不当攻撃だな。文化戦争だ。戦争犯罪人。フェミラーは狂喜するように相当に楽しそうだな麻薬常習犯)。。そりゃ人間社会では人間はそうそう思いのままにワガママエゴ個人主義に生きれぬものだわな・・子供でもわかる真理がフェミラーには分からないらしい。全う野次批判を抹殺ファシズム女社会にしろ(じゃ男性にはこう言うべき、やらしくてもいいんだよありのままでいいんだよ、変革男でいいんだよと。これこそ日本元気復古ルネサンスの為に必要思想である。人間錯誤のフェミラーよ)。女が下。しかしある女の人も言ってたけど「男の人は抽象的だから上に立って、(具体的な)女の人が下で動く方が全体は上手くいくと思います」と(そういうSimple真理を言ったんじゃねえの?)。これがフェミ汚染のない人間錯誤ない、普通の女の人の感覚だろう。そして神の国名言功績の首相も「やっぱ女の人なんだな。視野が狭い」。しかし現実にこれはそっくりアナ雪裸女王筆頭にも当てはまる。考えたら分かる。やはり男は偉大なようであるざっと見ても。
そして一面テクノロジー。乳房切除と見せかけてデザイナーベビーの男卑女尊に必ずなる予定調和テクノロジーを扇動(そんなこったろうと思ったぜ)、ちゃっかり男卑女尊の毒薬を混ぜる悪辣は悪魔的。実にそれこそ倫理のない新聞だ(男卑女尊ネオMarxフェミズム新聞・・。まあこういう中途半端リベラル倫理なグダグダ議論では打開できぬわな・・)。卵子提供の倫理を言うなら、精子提供させる構造の倫理と「男性の人権」こそもっと深刻だろう(男性のケースの場合の倫理は一切言わず黙殺。ファシスト新聞)(精子バンク利用する女ラーは「男は物」と言いたげである、驕れる個人主義のエゴ時代)。(一夫多妻は少子化対策で女性雑誌編集長でさえ提言している)。女女女だとテクノロジーの名の下に言いたい特集。どこが女が生きにくいだ?。女尊女尊の総がかりオンパレード近代延長構造分断政策で(アナ雪製造含め)、女らはこの「時代(ファシズム)」が楽しくて楽しくてしょうがないだろうな。
社説の裸雪女王を逆用すれば、メス帝国女王の裸だ!!現代は、我が日本の最高傑作映画999の洞察炯眼・・。ここで名言拡散「女ラーは全員が麻薬常習者である!!」。その上にフェミラーは「私たちは(既に抹殺された)家父長制度の被害者弱者です。何せ女ですから」と黄色い声で声高に事実捻じ曲げの上に過剰贅沢要求。慰安婦捏造で分が悪い朝日はドサクサに女時代ファシズムで強行突破しようとしているのだ。
あとな「男性は、も(アナ社説)、とついでに挙げられるほど男卑な存在ではない!!。未だに未知の生物である。科学的テクノロジごときで発見しようがないほどに壮大な・・」。
とにかくな、近代フェミズムテクノロジー思想の大義いな小義名分の下に男卑女尊化と男性のモノ化、断じて反対阻止!!。それこそ人間倫理と社会倫理だ。
あるいはじゃ買い言葉でこれも言ってやろう。慰安婦製造捏造で日本陥れ冤罪と言う戦争犯罪行為も平気顔の日本悪者Marx史観へ反感が次はMarxの子であるフェミズムに向かいつつある。これは日本の大きな希望だ。売国の非本えせひ新聞を倒しaペテン近代でない本来日本を取り戻せ!!。復古江戸ルネサンスだ。

追加フロクは朝日新聞のクモの巣テクノロジー繊維。しかし岡崎明子は何を企んだ。錯誤語弊。最強はスズメバチでなくカブトムシである。蜘蛛にも負けない。カブトムシ的な少数夫で多妻こそ最強の平和社会。人間がクモでなくて安心している。しかし999魂で目下たくらみ進行中のメス化帝国を断固阻止。アナ雪裸女王などぶっ飛ばせ!!。核エネルギーで来るならもっと強力な核エネルギーで。日本は集約の国。

追加。朝日ハフィポスト。冒涜はいかん。米国流自由法の限界。同じ過ち繰り返しと自分は無傷で見下ろし一億批評の正に神のような傲慢目線は、日本流にはさかしらな思い上がり。それこそ過ちの繰り返し。歴史には謙虚たるべきである。

追加。新潮45でグローバル教が日本を滅ぼすと明言。良くぞ言ったというかやっと言ったかという所。遅すぎだ。なにゆえこうも遅かった。
しかし興ざめは女子政治家対談の言いたい放題おめでたい、正に表紙の言う大バカの壁の典型じゃんか笑。。やはりそれこそ元「総理」筆頭の言う、女の人は視野狭い短いを地で行ってる野田一味女子。戦後女はNewDeal共産教と言う新興宗教に酔ってる、あるいはもっと厳しく言わせてもらえれば、その麻薬常習者である。やはり読んでそう見えてくる。こういう幼稚な痛い女ラーに国は預けれない・・。
追加は週刊新潮の櫻井よしこの慰安婦論朝日批判。やっと、軍制度を「普遍」人権へのすり替えと言う観点が出たかと思ったら、「慰安婦は大変だった。これは繰り返してはならない」とまるで橋下バシング批判の頃の地平と変わらぬ。所詮はアメデア合衆国の民。建て前か知らぬが、保守派は慰安婦がいかに兵士より優遇かを照らしていた。それこそ、現代の進歩価値観で全てを断罪する共産党的なさかしら、いな逆知りの思い上がり。歴史への冒涜である。誰が事後法で過去の日本人を裁けるのか。過去が現代より退化していたと何を以て言えるのか(寧ろそう言う断面に関しては逆ではないのか)。進歩史観と言う西洋レジームの弊害を見る。
現にしかしついでのフロクは本音はリベラルな週刊文春の目次の隣。目次の隣なら週刊誌なら女の半裸こそ取り上げろ。本音はリベラルなネオマルクシズムを信奉してる文春。
フロク。文春で橋下聖子「議員」のセクハラ。これこそ大甘。男女逆なら即辞職だろうと批判状況。実にさもありなん。正しくこの国はフェミズム帝国以外の何物でもない。現にあるニュースは、女議員の時だけ罠に嵌められたとか弁護する。植草は横山氏はどうなんだ。実に偏り偏見の不公正。

ついでのフロク。NTTドコモ広告は家族や人類が女だけで成り立つと思い上がってるらしい(メセージもさしでがましいと来れば最早公害である)。それでは家族じゃない。つまり反社会的。企業は男性の敵とまで言われ始めてる現状、フェミ汚染と言う概念はもっと広め拡散されるべきだろう。

追加。週刊現代は朝日にこそ大甘。慰安婦冤罪問題の戦犯ではないかここまでくれば。深く反省考えで済まされれるのか。

追加フロクは朝日新聞。大河軍師官兵衛でわざわざああいうグダグダのエピを紙面で取り上げる。まるでこの大河のネガキャンである。そして特集記事でちゃっかり朝連ドラ。でもよく考えてみれば連続で毎朝に女女女と扇動してる訳だな国営放送が。

追加は朝日新聞の戦後論。その女優の発言は借り物でも響いてるのではないか(日本国憲法とかデモクラシーならぬグローバルとか自分らの借り物は良くて保守の借り物はいかんってのも自己矛盾勝手だ。自分らには甘い新聞、そのくせ人の尽力をあら探し)。創造語してる者としては安直に借り物を超えろと今更言えるのかと言いたくなる。さんざデモクラシーを唱道した新聞が(この前もグローバルとやらに合わせろとか強要してたじゃん笑。やはり自己矛盾身勝手の朝日)。公正に言うなら「かつて八紘一宇、今はグローバル。フレーズが変わっただけ」と言うべきだろう。あと女が乱暴な言葉使ってるジェンダーフリーこそ左翼の戦争だな。それが現代の戦後中の核。aペテンで誤魔化すな。
   ついでのフロクはまた朝日新聞でNet子供社説。またまた子供と言う虎の威を持ち出して、Netをつまらぬものと印象操作したいということだけは伝わった。Netが朝日天下の左翼マスコミ戦争を一挙相対化したのが気に入らないのだろう(それゆえの子供を隠れ蓑にしての印象操作、実に大人じゃない朝日社説陣)。Marxそしてフェミズムに即ちネオマルクシズムに怒りは向かいつつある。草の根の反逆だ。あとはっきり言うとこれな、「Netとかのつまらないこういうテーマはへべれけに書いても構わないからー」みたいな歪んだ暗黙意識を見るぞ、それが本音。この社説は間違いなく何らかの意図があったのだろう。盆休みにまで妙な工作。さもしい新聞だ。

フロクはアエラ。これみよがしに水泳男子表紙(女の雑誌風なのにこういう都合悪い時は女子主役ではない)(因みにIslamでは男女平等で男子も上半身は保護されてると言うが)。記事には野次問題をセクハラとどう英語で言うとある。先週は高スペック男子とか言っておいて唖然自己中。じゃ買い言葉。あれはセクハラではない。野次的批判であるCriticismだ。

追加。NHKニュースでHomeless。しかし支援団体以上に国はどうなんだ、そこまでなってて。昨日まで社員だった人もと特集記事にあった。ならば普通の経済本でも言うように、男女戦争争いで、選択肢一つしかない男性が女により追い出されてHomeless予備軍になってるのだ。俺はまたAmericanizeを言うのかと思ったら、(国谷裕子が「男は女に殺されてる指摘」を検閲した)イヌHKのマスコミがそう言う現状を一歩乗り越えた、男尊の問題提起する筈がない!!。所詮はCIA的Visionなのだろう。

ついでのついでのフロク。小林製薬は確か男女向き合うメタボ薬を広告にしてた。それが男性ばかりしかもデカデカ露骨に腹で殆ど片手落ちセクハラ的。それこそ下記のジェンダーバイアスではないか。この企業は男性冷遇企業と分析もある。
     しかしフロクは某総合中堅私大の講演。グローバルと言う言葉がやたら陳腐にダサく響く。かつての八紘一宇のようなものか、いや後者の方が思想的には深いわな。グローバルと言う流行り文句を使うことAmericanismに乗っかること自体が痛いダサいと思われるような風潮教育こそ肝要だろうこれからは。正に青い鳥の物語のようにいずれ灯台下暗し、自国にこそ最大の宝庫があることを悟り改めるだろう、リベラル西洋派は。





最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝です。




コメント

Marxフェミズム悪魔思想が戦後。で戦後国は驕り歪んだ。男性の降伏以後さてどうする?

2014-08-09 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
しかし核兵器以前に何ゆえに「核の思想」があるのか。古きものを異民族を異なる存在を悪だと消去する輝く悪魔思想エセキリスト思想が。これも社会風刺だ。
応援クリック願います!!人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
女輝く国。これも悪魔思想の核思想だ。日本のイスラエル化は断固阻止。
ここでもクリック願います!!にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村教育・学校(その他) ブログランキングへ

今回は道徳と教育関連。戦後の非道徳非教育。社会教育なし!!。マスコミ教育個人主義エゴ教育だけである。
思想に原因がある。源流上流が「私の個人の生存闘争」的な思想では下流の国の風景は自ずと荒む。Simple法則。
    以前ブログを引用。
リベラル雑誌の男卑女尊扇動に見る戦後の戦中風景を見て、高次元化させた訳です(勿論わざとリベラル連中にあてつけで)。フェミスト撲滅隊の皆さんには、こういう大義名分的思考技術も肝要かと申し上げ候。
となれば「一元思考で見れば今は戦後平和である。しかし二重の二元思考で見れば内戦状態である・・」。つまりMarx唯物単眼論では平和、物心複眼論では戦中・・。
NewWar。

次の詞。まるでアトムが差別されて俯いて歩いてるようだが。緑の党に提言せり(皮肉で)。
[新環境問題]の先端として・・。
[新環境問題。男性先住民を消去問題。女の核戦争]

自然と男を消す戦争~しずかの独裁スイッチで太古時代へ雄はいず~
「ピシーガラガラガラ。ここも女だらけだが行くぜ!。占領(笑)政策などくそくらえー!!」

1かつて仲良かった車両も 今はどうもギスギス緊迫戦争だ(積極的平和以前と定義さる)
前の最終戦争にて 男 邪魔だからと消された(正に差別人権侵害風景)
時代は快適さを求めるだけ求めて 気楽だからいいやと異物を消去してく
そう最終核戦争だったんだ まるでゲームリセット 敬意も畏怖も忘れ 
権力ボタン握り 次々と消した女ラー いつしかこの国には どこか白けた目がさまよう 

2ごらん真っ白なこの世界を かつて濃い森があったけど
前の最終戦争にて 人は 自然に勝利したと
森は嫌 怖いと 狂ったように消して ダイヤだけ輝く核のような地平に・・
なあ最終核戦争だったんだ 異なるものは怖い けどそれが畏敬生む
異性様は神様 でも人は頂点へ その脳はもう未知の闇を忘れた 
その脳はだからもう 衰え白ばむだけ
「それでもお前は俺を消すのかい・・?」
「緑の党は女の党 本音は男卑de圧制だ 異性に冷たきゃ自然に冷たい・・」
これぞViewPointの一変・・観点の移動は創造科学。
「以後、人類が生きれたのは一瞬・・であった・・すぐに滅亡」
「だから今は昔に、突然変異の準備をせよ」。「全部それに持ってく」。
「今度は人工子宮で女も不要に。ついに男女とも生命からFreeに解放されたとさ笑」
「太田光の文明の子を敷衍すれば、誰でも妹弟を製造できる未来に!!。どんどん進歩だ」 

核はもちろんゲンへの追悼。雑誌も着眼の女子会的男性消去風景は正に狭い日本に異性はいないかのごとき「傍若無人」姿勢の新環境問題。

「男達よ、駆除対象か!!」「女たちよ、核兵器病か!!」。

戦後が現状が驕り歪んでる。先ずはそう見よう。そう言う目線は当面は貴重奇特。少なくともこの歪な空間を脱さねばならない。これは議論と言うより技術である方策である。

先ずその戦後思想。Marxに見る進歩史観。自称未来から歴史を見下す目線。これを特権と言い切るは驕り。自分は絶対善となってしまう。
言いそびれ。特権?。朝日新聞の戦争想像論あり。特権言ってる時点で危うい。別の意味の偏見はあろう。男子をすぐ問題児国家に擬人化するMarx史観的「偏見」もさることながら。
そう言えば慰安婦論である。
再度言うが、共産党らの慰安婦バシング絡みの提言を引用。

この党は龍馬のように集約融合(日本流)せずに共存党せずに笑、真田幸村のように一点を細かく徹底攻撃する戦法。それはどうやら根底ベースに反伝統の進歩史観ゆえか、飛躍した目的論ユートピアに取りつかれるように。キリスト教の終末観のように進歩進歩に進軍駆り立てられの感ゆえに日本は古いと急き立てるようにバシングする、急げ急げと「未来」に自称進歩いな暴走は時代ファシズム近代盲信、しかしその目的地は実は見えないようである・・入り口は国連Marxフェミズムのセカイ。戦後憲法に従って世界を信任。世界を信じる。日本は悪だから。方法論が問題。

で慰安婦論のツボを。朝日新聞は「政府は責任逃れするな」とまたもの辻説法説教で誤魔化す、居直りとも言われてる。やはりドサクサのグローバリズム人権意識とやらで無理矢理に流す魂胆なのだろう。
    そうであるよく読めば「歴史(何と)」社会学者の小熊英二の朝日慰安婦論、実に巧妙な卑劣な無責任な印象操作である。言わば自称国際ジョーシキに流されて、人権屋やらグローバルやら果てはガラパゴスやら今どきフレーズで慰安婦を遠く追いやり勝手に結論出して、都合のいい時に政治的に近くに手繰り寄せれるようにしておく。その上で他の表層的な問題分析といっしょくたに南京と真珠湾と広島と同列に平等ドサクサに混ぜてしまおうと言う(こともあろうにユダヤ虐殺問題と慰安婦問題を同列に仕立てようとしてる共産党の革命戦法を思わせる。左翼一色のマスコミュニズム)、悪しき意味での一般論である。歴史社会学者と言うより政治歴史学者(笑)。政治の歴史。正に大きさを大義名分にしたドサクサ議論の暴力の典型である(枝葉末節とか些末とか言いたいなら、それこそ大きな世界の流れと国家大計から見れば個人間の下半身問題など些細些末な枝葉末節。大きなことを虎の威にして議論をごちゃごちゃにするならさ)。これは朝日には他に何らかの意図があったものと見える。上から目線冷やかしリベラルはだから嫌われる。流行りのフレーズ変化とやらに安直に流れては歴史社会学ではない、まして炯眼の政治戦略が要求される総合理想の器の材料に非ず!!。
氏は肩書きを変更しろ、実に「政治歴史学」である。歴史政治学いな政治歴史学なのだろう。人権戦法と言う政治的目的あっての歴史論争。政治裁判に見るように。引用の慰安婦発端の新聞は結局今更「証言が曖昧は無理ない」?・・と「理解?を」言ってるほどいい加減のようである。殆ど漫画だな。
      しかし慰安婦論。「これが歴史事実だ」と「逆知り」することの傲慢さを朝日の居直りに見る。非日本的。そういう「世界」空気を造って置いて言うこと聞けと強要。典型的マッチポンプ。卑劣である。
朝日は大局や大きな流れと今更言えた義理か、大きな流れをそれこそ枝葉末節な話で混乱させてきたのが朝日火付け役のこの不毛な問題ではないか。あるいは大きなが全てで細部を「誤報はどうでもいい枝葉末節だ」と誤魔化すというのではただの暴力議論である。それこそ暴論。
     慰安婦論は言わばこのレベルの些細でさえ異常に小うるさく言うぞと威嚇だな脅迫の強要罪だ。卑劣な弱点攻撃は旧態依然の政治思考。西洋帝国レジーム。

ところで関連。ガラパゴスとか流行り流行語で躍起日本批判パタンの優勢journalistが逆に日本人に唸らされる逆転場面はすっかりおなじみだが。
日本流はあしたのJoe「CrossCounter!!」
やはり古さがないことがあの手の外人の限界ではないか、動くのみの科学的社会というか・・科学哲学や神秘主義なしの。進歩進歩の軽さと言うか。深みがない。それを諭されてうなだれる外人と言う図式のようである。

国家品格で出発点に情緒が大事とあり。つまりLiberalArt教養のことか。
前回引用は講義「大ざっぱでも方向間違えないか、部分厳密で方向がおかしいかの差」。これが出発点の意味ではないか、全て双方を公正に含めてる大器かどうか。左は後者に見る偏重片手落ち部分にしか見えない。いつもながら。
      これを朝日で85年を何元年とか、非常に独り善がりに片手落ちに部分的に大きなことを言った女労働論部分的ばかり専門の准教授、に伝えり。法政大。窓口女性はよーく傾聴していた。ここにも日本人あり。しかしこともあろうに部分のくせに全体に適用するフェミストが多そうである。まるで経済を社会に適用するように。

全体双方。更に前回流れで。以下と関連。

朝日えせひ新聞。要は戦後。こいつらフェミラーいや一般女すらも男社会の戦後復興貢献と言う厳然たる事実を忘れていた、殆ど漫画的にも。感謝すらも忘れ。他に伝えるべき真実を隠蔽しているaペテンに騙されたaフェミ新聞。ゆえ必死に女専門分野にして聖域にして隠蔽したいのだ。女の贅沢の為には男性が犠牲になっても「別に」いい。「私」さえよければ。
    そう戦後復興貢献どころか女もそれで豊か幸福楽になった。それを恩仇で返した、均等法筆頭の平等真理教の戦後女らーは悪魔そのもの。無理矢理な平等共産主義はそういう悪魔思想と知っていた戦前日本人という。
そうしかしその代り男はそういう瑣末「抑圧」社会窮屈で生きにくくなったな、それは理想じゃない一方的押しつけ理想の利増リゾウだ、自然抑圧のいわゆる消極的平和だ。

そうである85年。長谷川女史が大前提を疑った(つまり創造は前提疑いこそ)、男女均等法というMarx平等革命を起点にする画一社会思考がいつも朝日だ(決まって片手落ち進歩に言う)。万事が万事。全体を見ずに個の理想をいな、利益である「利増リゾウ」を要求した。結果は離婚増の家庭崩壊という社会崩壊。エゴイズムが。まるで条約は日本破壊を狙っていたのか。米国化の路線。Simple。

更に戦後の増長暴力と言う意味でのMarx。

あと苦言一部を引用。
「共存党」ではないらしい。やはり古い人々(果ては日本人)やっつけ主義の近代盲信党の危険を感知は日本共産化党。近代真理教ゆえに「社会進歩の為に」抹殺人を正当化過去の党とも言われるが。
    ゆえ朝日えせひも赤旗も男性冤罪は「進歩の為の犠牲」ゆえに抹殺。ゆえに軽視。

フロク。早速だな、朝日えせひ新聞。せクハラどころかこういうことで斎藤美奈子の言うを地ならしするぞと言わんばかりだな。恋愛規制法絡みがやたらきな臭いが(正にこいつらに言ったように、男女雰囲気を悪くする為にある新聞だな。斎藤美奈子の扇動アジテーションの罪は重い。卑劣な意図もある記事)、当然顔の女の傲慢さもあるぞ、男性らはよう我慢してるって。朝日に言ったのはある老人「ああいうのはねえ、大抵はやられた方も問題ありですよ。交通事故でさえそうですよ」。こういう知恵は一応生き残ってるが。朝日はまるで復讐裁判思考になってるなこういう時は。単に抑え付けても消極平和だ、全てを満たす日本伝統思想である経世済民のレベルには到達しない。所詮は西洋レジーム。現実主義と称するものは無能の集まりなのだろう。あるいはそも現実主義は政治主義である。それこそ妥協の調整平和形成能力と言うか。これがないのは大抵は女。その意味でこれも男性は冤罪かも知れないな殆どが(実際そうらしいという。殆どは電車冤罪のような感じなのだろう。以下に知恵)。いずれが現実妥協の能力のない戦争原因か。

均等法でそれ以後またまた女はどうなったかの専門部分論。そうである。どう考えても男性は伸び伸びと生きにくくなったわな、抑圧の消極的平和。
(しかし女らはこういう国が楽しくてしょうがないんだろうな。自分らさえ良ければいい、江戸時代以前のエゴ時代の上野的な片輪のガキ人権屋だからな)。

フロクはブログ検索ルートで男性差別問題。そうかTVたっくるでも男性差別問題を取り上げた。前にも。大きな効果ではある。北欧で女役員増やして却って経済停滞の報告も。しかし画面の街頭女の自己中。ニヤニヤと「男性は稼げばいい」だの。女は美容院いくしだの。唖然。理由にならない。現に次の女は「女に生まれてよかったかな」と放言だ(しかし美人?だからって批判せぬのか。この発言も驕りじゃん)。こういう自分さえよければいい自己中な奴らには無駄ブルー無駄レッドのコンビがピコンとトンカチ殴るだけでは済まされないだろう。根性叩き直さねばよ。慰安婦徴兵でもして相手に異なる性に奉仕する謙虚さを教育せよ。

ついでのついでのフロク。またブログ検索ルート(深沢真紀フェミ絡みで)で自分中心と言うかエゴイストの女っているんだな驚いた大分前のブログだが(Yuhka-uno。草食系家ガールなんだそうだ。でさえこういうこと言う。相当に男卑女尊は病原菌のように広がってるな)。要は女としてはいい時代になってると驕り高ぶりのぼせ上がる、典型的片手落ちエゴイストである(自分さえ女さえ良ければいいのだ。男女全体を見る広い視野がない。これこそ非まともなジェンダー思想である。思いません?皆さん)。そのくせ「おじさん」を憐れむんだそうだ。適応が全てと言うDarwin弱肉強食思想の非道。適応性の優越で創造性はないという人間観。こいつこそおかしなジェンダー観持ってるな。ジェンダーと言う言葉自体がジェンフリっぽくていかがわしいが(ゆえ間違いなくフェミストだろう)。流行りの流通言語を濫用する奴は先ず信用しないことだ。

いつぞや女びいきのリベラルなエコノミストでさえ。「エゴ時代は自分らさえよければいい時代。江戸時代はみんなの時代」と名言を再度ここに記す。正に江戸以前の穢土の修羅時代・・。誰もが同意だろう。

ゆえここで補足フロク。類が父親バシングで母親自己中は一切不問責任逃れの典型日本母権社会の男卑女尊の本性を現してるが・・。前回フロク見てもプロリベラル派の報告でさえ父親の節度とフェミ母親の「私の我がまま主張」と、それで子供が歪んでる家庭戦争の人間錯誤。恐らく類は優等生の金太郎飴だからか?、変異性というか異色の観点ずらしをヘイト憎んでるのだろう、前からずっと思うけど。企業は女尊一色に流されてるし平均点性、さもありなん。ゆえに男尊復古で、エセユダヤによる家父長伝統破壊工作を阻止する論陣をあてこすりって所だろう。それが真の目的。ゆえに過度に父親に責任をなすり付けてるのだ。平凡人は黙ってろい。
      「固定観念は捨てられる」と前の前の週で女の傲慢文。それ言うなら固定観念の支配的チャンピオンMarxの「男=ブルジョア、女=プロレタリア」決めつけ〇×Marx思想、と「適応性が全て。創造性はついでか存在しない。適応と変化が全て、あとは死ね淘汰の植民地」の○×Darwin思想。両人こそ無理にでも捨てらされるべきだろう。未だに牢固としてるゆえ。自然に任せても何もならない。
    あと感情はEQ。IQよりも感情ある方が人間的で好かれるな。熱意あるものほど動力になる。狂気こそ国を変えると大河でもあり。

で流れで以下に抜粋敷衍。言い足りぬ不足も見えるゆえ男性の骨を付加で引用。

戦後の根底いな核の問い引用敷衍・・(肉的具体的だが中々、日本人女性では珍しく、男性の立場も全体で考える全うな大人の本である。アメデア合衆国出身の櫻井よしこすらもガキに見えるぐらいに笑)。戦前戦後を「革命で」切ってないゆえにどうしても上の世代論が主体だが。しかし現状の男女戦争の体たらくにはいい薬になろう。
      この本は何と94年の時点で「男達よ。全面降伏か」と喝破。さしずめ現代は「男達よ、二級市民か!」「下層階級か」「殺戮対象か」「駆除対象か」「・・」ぐらい言わねばならないだろな。この変貌。細々変化でなくこういうSimple骨を見よ。先ず見据えよ。すぐ「こういう時代だ」とリベラルMarx的に「自称事実」を情けなくも受け入れしまって扇動するリベラルカルト教、週刊ポストはぶっ飛ばせ。部分に部理に誘導するフェミラーを尻目に。
    
この割と中庸な女性論者は、当時ですら、まだしも男尊のある外国と落差の日本の男卑を見て愕然と怒りだったという。「女三人寄れば男バシング。既に熟年離婚。異常に太陽になった女。男が枯れてる」と。正に太陽でなく核だな・・Israel化する日本。

戦後。国、会社を支え。結果、家族を支えた。後は囲まれ労られ尊敬と幸福の筈が・・。
が何と侮辱罪・・粗大ゴミ。人権侵害。人をすぐ悪く見るってヤツだな。侮辱罪される為に一生労働だったとでもいうのか。何ということだろうと。正に人間であれば誰でも考え怒ることだろう。それとも戦後は日本人どころか人間も減ってるのか?。
     昔はおじいさん無視は、老いた妻が許さなかったと。男女同盟を教育していたのだろう。年長への家父長への配慮があったのだ。
相当に昔はまともだったようである。戦後はやはり(戦中も既にと言う分析も割とあるが)、悪魔思想の平等共産主義フェミズムのせいで歪んだのだろうと見える。

時代時代「自然(これ自体が実にMarx的社会観の誤魔化し。人工大洋崇拝)にいい時代になってるかなみたいな驕り女の自己中満足」は関係ない。フェミスト曰く、放っておけば男卑社会になる。不公正。それがその言う自然な流れとやらだ。だから女らはすぐ流れ流れと言うのだ。
    レジャーも男性は後から参加だったと。何やら随分とお人よしじゃねえか。
男性貢献での戦後復興も喜ばせず間もなしだったそうである。
       どうやら突如、安らぎの家庭の場に、共同社会の生き残りの場に、会社のような能力主義を家庭に持ち込む経済戦争を画一化戦争を仕掛けた・・ということのようである(知の信者宗教と言うか。つまり「私たちは賢い。だから権力構造を崩せる」という勘違いの部分切り崩し目線の破壊主義か。これが家庭社会を崩壊させて全体文明をも崩壊させる。利ざとく頭良くても、知恵がないようになったのだろう)。正しくこれこそが共同体破壊な家庭破壊だったのだろうな、画一社会化の一歩。
     そも敬意なしにあら探しだな。金で給料で隣の芝と比較。出世不安と悲観的ネガテブ。家事してと、このうえに、身の回り世話も(そも具体分野は男性は苦手である)。子供奥さんを外に。ここでコミュにケーションおしゃべりになってと。趣味もと。
      国に尽くし。会社に尽くし。それで精いっぱいへとへとなのに。こっちにも尽くせと更に「過労」を強要、エゴイスト女。仕事の家庭への効用を見ない短気眼馬鹿の妻というか、確かにここまで来ればのうたりん。社会不適合者だな。「会社と心中して」と居直りすねくびれる歪んだ弱さ・・。だったようである。
       じゃあその遊ぶヒマで、男性が疲れない新社会をGemeinSchaftを創造して貢献してみろや、それこそ女子会基盤で貢献せよ(いつぞやに男女摩擦と定義の回のブログで言ったが、女は戦前戦後男性のような貢献を一度でもしたか)。
それこそ消費にエゴに自己中に遊ぶ暇あったら、貢献して見ろ!!。

そう。今言う意表。あとから一歩遅れてズレてこういうことを投げ打つArtlist流こそ歴史主義である、時代に流されない方策である。こういう活字本が時代の棹とはよく言われるが、TimeMachine的に一歩ズレてみる事はもっと重要。時代とズレろ!!。時代錯誤は温故知新ゆえ大いに結構、しかしフェミのように人間錯誤するな!!。

思うに、要は戦後も経済戦争だと知らない女ら・・である、平和と勘違い錯覚して新時代が見えなかったのだろう。男女同盟のいかに大切かの意味を忘れたバカ、個人主義の瀰漫で全体共同を考えないようになったのだろう。
     妙にいびつに賢くなって肝心は馬鹿になったのだ。戦後になって遊び消費社会が自動的に「自然に」出来たと勘違いしてるのだ。この経済戦争敗戦段階で。挙句に目下は男性全面降伏の後は、女は性差別に平気で加担・・他者異者を見下しの植民地的な戦争経済にな・・。過ちの繰り返し。女ラーはもはや犯罪者集団に等しい・・。

戻り、戦前女は家族生命の義務と責任あり寧ろ強かったと。あるいはつまり大人だったのだろう。戦後は弱いゆえに耐えれずに要求するのだろうよ(類が言う、単に男女父母対等とか図式化する問題でもなさそうである)。そう女は弱くなった、ゆえ自己中になったのである。身勝手に生きても誰はばからずだったようである。その戦後の延長の現代。エゴ時代は全く変わってない。

あと、一方的に男に優しさ要求。じゃあ女は優しいのか理解しようとしてるかと問う著者。実にSimple指摘である。最近ではこれさえ言えない空気Kかよもや。まさかね。情けない男性じゃなくて、マスコミが情けないのである・・右も左も。
     あと女の結婚観にも「何という虫の良さ甘ったれ。理想とすら呼べないおこがましい。これじゃ文句たれ女になるは当然(そして離婚増加)」と言う感じの喝。
おばさんになりたくないから仕事とは甘ったれ以外の何ものでもないとも。
     両面バターで虫のいい子供女とも。依存しておいて相手に自立要求の身勝手。ていうか寧ろクズじゃねえ?.
片や男が資格試験通るまで女が稼ぐ外国の大人な例を。
とすれば欧米的な対等でない女の子供的な要求のようだと。

要は戦後、女には責任義務が消えた・・と。ある意味で櫻井よしこの問題提起も繋がるだろう。
かくて戦後では、女の堕落が始まったとこの女性論者は位置づけている・・(資本主義による堕落はもっと前から内臓されていたろうが、西洋レジーム)。
戦後は責任と義務消えた女の堕落。実にツボな歴史的な見方。思うに戦後GHQ革命で全て断絶の出発点ゼロ?思考だから、却って女は権力者になったのだろう、新世界的。ゆえにそれが堕落した。実に見易い人間法則。
       女の消費天国(目下は性差別の戦争消費風景・・)。外国では財布は夫である。実にSimple指摘。俺はとうに学生時代にもこれ言ったが、フェミがかった女は反論できずだった。そりゃそうだ、ギロンなんて学者みたいに「そうそう複雑つまり小さくはない」のである(marx的に小さい人は本質が全貌が見えてないのだろう)・・スポーツ発想Artlist発想あれば一層このことは見える。
        財布。思うに要は戦後日本の男はお人よしにも一緒共同のつもりで、女はおいしい所は個人で私でいたのである。戦後で気が抜けて馬鹿になってしまった男と、それに付け上がった女。と言う図式だろう。

当時の投書引用も。12時帰宅。「半分掃除して」とメモ。遅くにくたくた帰宅。6時起き。それでも半分を?こういうことがあっていいのかと怒り。この声を新聞が載せるだけでも光だが・・。
        誰が夫に家事を手伝えと言い出したのかと、こういう多くの源流は今どきでも共産系も特に問わず語りだが、言いだしっぺは誰かとの怒りの問題提起。正に。これ見ても先の言うエゴイストはどっちか。
      男は楽だーと記事に虚偽捏造の記載。(慰安婦だと?)。正に隣の芝の思想。フェミらが煽ったらしい。
今は貧困化の共働きで(が曽野氏は贅沢品購入の為にそうなってると喝破)どさくさにあれこれ源流が誤魔化されてるが。それでも根本概ねの適材適所が狂ったは日本の損失である。どう見ても女の器用さには男は叶わない。ゆえに男は抽象性でこそ力発揮。無理するな今どき日本よ。

戻り思えば、何と3高と人権侵害・・と言うか侮辱罪という犯罪・・皆で渡る赤信号だな(現代はその上に低まで要求。際限なし無限大要求)。実はこれに触れたmarx系の理想主義の経済学者。しかし「酷いですが、文化経済かも」と何と受け入れてた(Marx系は人権に厳しいのではなかったか、男性はいいのか)。この瞬間、類がよく批判する「知識人」を見限った(こういう情けなさをもっと叩くべきである。その思想以上に。それでも知の頭の口の責任者か!と)。理想主義でさえこれである。まして。保守の理想主義はまた別かも知れないが。Marx系と違って伝統道徳感があるだろう。これがないから左派はすぐひしゃげるのだ。
      戻り。背や金の要求。男は出来る限り努力した(背は無理だろな)。お人よしにもな。バカだぜ。女は善と信じたのだろうか。
女は出世望み。買い物。食べ物。塾。使いたい放題・・。
       挙句に突然評価尺度変わった、今までは嘘です、やっぱ飽きたのでルール変えますの自己中(しかしさ・・いつから女は権力者になった?・・この女権国。ここまで問うてない著者。RuleKreatorとして申す、ルールとは徳ある者が創って行くもの・・伊達政宗流)。何?これからは違う基準ですだ?。正に自分は棚に上げ注文ばかり付けるクレーマーになった妻ってとこだな。これを情けなくも受け入れて現段階がある・・。道徳観責任感ないリベラルマスコミの罪は計り知れない。
やはり男尊女卑復興しかないだろう。さんざ女は言いたい放題言ってきたのである。今度は女が我慢すべきだ。

戻り、そして夫が退職になると・・。
会社人間は嫌だ。今更、会話だ思いやりだのと何でも要求し出す。
TV週刊誌づけでいておいて。話さない。家事も。でないとそれじゃ出世の利己主義だーとなじる。よういうわ、そっくり返したったらいい。自分に甘く他人いはやたら厳しい自己中。邪魔だと言いだす。そして例の侮辱罪も。
      この侮辱罪には男女摩擦の回で言ったが・・。
片や男も「会社やめた」と思いたかったろうと。しかし妻子責任あり。ゆえ我慢した。確かにそうであるSimple、お互い我慢であろうが。それないと社会崩壊国家崩壊につながる。
本来なら長い間ご苦労様は人間的には当然。それをぬれ落ち葉とは。何たる勝手と憤怒。当然である、人間なら。

ずっと過労で抜け殻。疲れ切った夫を庇い慰め元気づけこそと著者は提言している。
国の勲章とまでいわないがと。俺は必要と思うがね、経済戦争の戦士として。恩仇の男卑女尊化でなく逆で、男尊すべき。男尊がない戦後日本・・。
    そう経済発展。会社に貢献。家族生存保障。
考えてみれば妻からのねぎらい感謝は人間として当たり前である。
男も女を幸福にした自信を持ってと励ましも。
       あるいはこう言って凄みを聞かせればいい、大海ドラマ流「余は神に非ず・・」ゆえ無理難題要求するな、とな。これは名言・・。
あるいは真の男が少ないなら止むを得ずの一夫多妻か。

あるいは計算で結婚なのかと、最近そういうこと言い出したい空気あるな、「今更に・・」自分はビジネスと言うくせに相手には愛情を要求としたら自己そのもの(正に先の何たる甘ったれかとなる)。エゴ動物。ここはもう日本じゃない。
     退職金半分とか。さんざ世話になって私は人生をと今更に言い出す始末。紛れもなくフェミ思想の流入が伺えるな。
正にゲゲゲ女房作者の言葉が浮かぶ。「そう言う計算・・。もはや人間のやることじゃないですよ」。
正しくSatan悪魔女の戦後。戦後は悪魔である。あるいは実はこの女権国・・と知られるが、今回は戦後のMarxフェミ歪みに絞ってるので別件。

こうやって共同体への人間の忠誠心なくなれば、宗教ない(否捨てたというべきだな)日本は崩壊とまで言っている。

そう戦後は家庭社会GemeinSchaft崩壊時代なのである。Marxは家族は家父長制ゆえ破壊せよと扇動したとは良く知られる、この浸透原理に乗っかる自称リベラルのマスコミら。
このmarxフェミズム悪魔思想が戦争思想が戦後に瀰漫した。NewWar。国内家庭戦争。

ここで関連。ツボなコメント引用。
     そして現在、また母親や働く女性が追い詰められては同じことの繰り返しです。女性の中にネガティブな思いを生じさせるのが、家庭やコミュニティの破壊に一番手っ取り早いんですから、それに乗ってはいけない。母親がネガティブな世界観で子供を育てれば、次の世代のマインドコントロールはより容易くなりますし。
     ここまでは分かる。このネガテブにMarxフェミ思想がある。そして自分らは相手に前向きを強要する自己中。

で例のポスト引用CM旭化成研究所の広報窓口女性担当には「報告と記事見れば妻の増長そのもの。何やっても何でも文句言うMarxフェミズム妻っぽい。ヘイト思想。そも男性は具体は苦手。男女共同法の前提がおかしい共産画一主義的。大前提を疑ってこそ創造。フェミの暴言ばかり取り上げる雑誌。いや雑誌の取り上げると逆に、確かに妻のせいで家庭内戦争。平和形成能力ない無能の妻。内敵で滅ぶ国。クリントンみたいな戦争女で戦争亡国」の苦言をハッとして傾聴していた。日本人はまだまだ生き残っている。

戻り戦後の男女戦争不毛争い個人主義。ここには男女同盟の全体感覚はない・・個だけである(前回言った、米国的な中国共産党の戦略、全体を否定させよと・・。正にそうなってる。革命化)。こともあろうに味方を敵と攻撃しだした短絡。全体なし。その個の思想が例えば今や、安直に別れろ的な、互いに妥協させない、個の分裂としての恋愛規制法絡みや男女分裂的な占領車両に行き着いている。全体感覚なし。正に上記の革命の思想。
     視野狭さ。江戸時代藩訓令に「女の言は聞くな(現代の恋愛規制法やDV法で見るように、平気で平然と嘘をつくからだろうな。電車冤罪罠掛け強盗を見よ)」。
「女の言うことは聞くな」戦後を見れば見事に当たってる・・(逆に聞いてる体たらく。あと時代劇はあてにならぬな。ああいうのはこのフェミ時代、必ず何らかの意図で作られてる、所詮は戦後の風景である・・)。
      「女の言うは聞くな」伝統の直感は偉大である。戦前のみならず、昔の日本人は賢かったらしい・・。いくら人間錯誤のフェミらーがギャーギャー怒ろうとこれは人間の真実と知恵。ここで骨系男子の名言「人間と社会を認識せよ。個ではなく」。

話戻れば、あるいは背景は紙幅上割愛したこの本の括目は、驕る女への一喝と男への憐憫という双方全体論もさることながら、戦前を共産党みたいにcutしてないことである。歴史的(自国歴史を全部否定する浅はかさは左派だが)。つまり今どき革命思想の細切れ回転思想の進軍暴走でないのだ(一点不備。敗戦後、敵になびいた一部女。女の卑しさ低レベルさがそこに現れ)。あるいは東京時代への維新や米国の革命で誕生しただけの俄かな国でない。封建否定のfrontier進軍そういう進歩思想の暴走に毒されてないことである。進歩暴走史観の思想が上記の、他罰の批判一辺倒の侮辱罪空気Kマスコミュニズムを生んでいる。しかも・・その目的地は盲目か、何となくの世界の時代の変化とやらに全面に委ねる思考停止の無責任かあるいは怪しいかいずれかである・・。地球号思想には目標がないと言われて久しいが。ゆえ危うい方向。真に受けない方がいい。

革命国としての戦後国。大衆国。しかし戦前国は伝統情愛的のみならずいい面も大分あったと外国人やNetの指摘を待つまでもなく(朝日Opi中島京子は実は戦後的な女の面だけ部分を強調して戦前に共鳴してるのだろう。これも朝日的な実に卑劣な印象操作)。歴史を直視に見よとは寧ろ左派にこそ言えるのではないか。全否定の革命的な思考停止は逆に直視と言えないだろう。粗探しで自虐になり思想や心が歪むという保守の論は大いに分かる。民間外交的にも問題である。左派は世界が善の集まりとでも信仰してるのか。何と簡単な世界観。そこに日本はない。

要は戦後に戦争というフェイント工作。あるユダヤ人は、戦後憲法は右を行くのに左に行けと教えてるような歪み憲法と喝破したが。
      実は戦争してるのである戦後は。ヘイト的なMarx戦争をフェミズム戦争を。確かに文明学者トインビーの名言「国は内敵で滅ぶ」正にこの状態が戦後と言える。無理矢理に人工的に平等化いな画一化の悪魔。ゆえにぶつかる摩擦。例の家庭戦争。日本的賢明にならない。侮辱罪もする。marxに乗っかり・・すぐ家父長とか男尊女卑とか言いがかりをつけるパタン思考停止。
      三高と男性=金のMarx公式もフルに利用の狡猾の卑劣さ。権力者は家父長は悪。大衆(何と)は絶対善。○と×。最後に○側の勝利で「はい世界史完了TheEndパンパカカーン」確かに終末的である。茶番にもならない、へぼドラマ笑、思想的に浅い、狭い浅薄の西洋思想。それを必死にやってる戦後日本人いな月本人。いつ目を覚ます。

再度引用の引用。
日本女性は、自分たちは支配者でない、男性が家父長で支配者だと大声で声高に主張し続けることで、日本社会を実効支配しながら、それに伴う責任は男性に負わせることに容易く成功している。そうすることで自分たちは批判の矢面に立たない、奥まった安全な所に止まりながら、社会を実効支配できる。日本のフェミニズムは、日本の女性たちによる日本社会支配の手っ取り早く高い効果が見込めるおいしい道具なのである。

国の家父長の打倒を戦争目的とする。それが日本の骨格を破壊へ・・。それに集約されるリベラル左翼フェミらー破壊主義者。歪んだ目線のMarxフェミズム。

更に。占領車両と言う戦争政策。拡散!!。さしずめ「男達よ、駆除対象か!?」。

こういった報道は、メディアとそれらを操っている勢力による日本人分断工作です。
この場合は、女性を優遇するようなサービスを過剰に作り、男性に女性に対する不満を募らせて『男女分断』⇒『結婚率の低下』⇒『出産率の低下』⇒『少子化の拡大』⇒『日本の遺伝子の根絶やし』を狙っているのです。
女性専用車両といったもの等は基本的に誰もがある程度空気を読んで人間同士のトラブルを避けようとする日本のような社会には全く必要ないのですよ。

西洋思想。情と配慮がない思想。西洋レジームゆえに出てくるおかしな分裂の政策。
正に冒頭。「全面降伏」から「駆除対象か!」。実に時代に流されるがいかに危険かの見本である。marxフェミ人工の人間錯誤の頭でっかちよりも時代錯誤でいい温故知新。
      その意味で抗議乗車(満員でも乗り込む強者もいる。このぐらいできて日本男児だろうな)してる男性たちは日本男児の希望か。そう「男は度胸、女は愛嬌」という。ゆえあのテキトー通り魔コメント女は間違い、逆にこれら度胸は日本男児の鏡なのである・・(そう大奥ねじ伏せる改革者あるいは変革男。そして女の言うは聞くなの藩訓。この女は言うなれば、女=特権階級という、西洋と女権国を混ぜた歪なカルト教を強要罪してるのである。こいつらのような反社会性な私性エゴイズムのカルトフェミはちらほらしてる)。
いやあるいは乗り込む程度は「普通の」男性ですらあるか。生き物としての誇りあれば前をそのまま歩くのは当然なのである。これが出来ない奴らは。武士の情けで何も書かぬが。しかし抗議乗車を侮辱罪冷やかすクズがいたら、骨系男子のこの俺が容赦せぬ・・!!。抗議乗車は「戦中散策」であるゆえ・・新時代への公正は見えかけている。

いずれにしろ戦中の戦後は、Marxフェミズム思想で驕り歪んだ・・と見ることは先ずは重要。朝日の細々な戦前チョロチョロ事象は攪乱工作だろう。放って置け。
これからは戦争を超越する平和形成能力こそ。最近の論を見てもこれに無能な感じの女が目立つ。妥協調整政治能力。こういう日本的能力の再生が肝要である。さもなくば上記した通り、私の闘争女ラーで国が亡ぶだろう、内外領分で・・。
「嫌なものは消せ!。核戦争だー」とな。

フロク集。
フロク(卑劣ゆえフロクとした)。朝日新聞。ついに慰安婦記事。用意周到に準備の反論か。しかし説得力なし。女も知らずに「強制」で死なされる男性への兵士への憐憫慈悲それこそ人権こそ生命権こそもっと深刻。それが慰安婦論の本質である、実に人間的Simple。。やはり本質見えずの朝日新聞。本質とは歴史全体公正両面である(米専門家も一方的片手落ち東京裁判でなく互い共有でないと歴史ではないと言ってたしな。天下明白)。片手落ち偏重ではない!!。marxフェミスト新聞。また例によって女を隠れ蓑に現代的にして有利に支持得ようとは卑劣極みである。正に自称未来現代初のMarx進歩史観の傲慢と人間錯誤。
     フロク朝日新聞の慰安婦論の卑劣な印象操作。買い言葉すれば、慰安婦問題の「本質」は、他国の弱点を突っつく卑劣政治戦争の、何が何でも日本悪者にしたい東京裁判体制である・・。すぐ時代便乗してガラパゴスとか日本だけ冷やかす誹謗中傷の侮辱罪する原理に乗っかった、自分だけ無害無傷の高み傲慢な奴の胡散臭い学者の言うことは「先ず」聞かないことにしている。胡散臭い。全体を本質を両面を大きく見てない。細々としたいちいちの枝葉末節な「変化」とやらに囚われすぎではないか。人権意識。じゃマーキュリズム流に言えば、じゃあ兵士の人権は生命権はどうなる(こういう時は反戦を言わない朝日。marx的には男性の人権は考えてはいけないからだ)。異常禁欲抑圧はどうなる。これの両面を見ずに大きく見てると暴力を言う唖然。ツボ知らずの学者。グローバルとか片手人権屋とかフェミズムとか女を錦パタンにするな。そういうのを時代権力ファシズムと言います。この新聞はとにかく性的なこと=悪という真面目なmarx的固定観念が伺える。そうmarx的に単純でないだろう人間は。片手落ちの狭さ。
しかし兵士より高い給料の慰安婦とは知られる(朝日読者も目鱗だったか)。実に昔から男卑女尊。生命破壊よりも、女体の方が優位なんだそうだ男卑。あまりに守勢の保守派。先ず徹底的に日本を守勢に追いやる米韓の国際戦略謀略が見える。朝日に妥協すれば実に慰安婦論と一般化すること自体が乱暴と少なくとも言える。
       しかしフロクはたかじん委員会。慰安婦論朝日批判はいいとして、冒頭項目。殺人女子高生と父親で子供作る例の話しとを同列に並べる神経。何か印象操作の意図があったのだろう。しかし慰安婦論。「これが歴史事実だ」と「逆知り」することの傲慢さを朝日の居直りに見る。非日本的。
    追加フロクは週朝日。皇室改革を虎の威に公務員改革とは冒涜暴力ではないか。しかも女だからそうする、男は対象外。皇室を使った暴力改革である。虎の威改革そのもの。
      追加は赤旗。香山リカは、安倍の取戻しは縄文や平安でない日本だと。しかし縄文やら平安を取り戻せと言えば普通はきちがいと思われるだろうな。江戸ならまだしも。平安は国の体でないとも言われる。あるいは香山リカのことだ。縄文平安は別の下心ゆえの言及だろう。。縄文母権神話とかな。おお太古のイスラエル的利用に気を付けよう。

追加は朝日新聞の戦後論。一見普通だが、慰安婦論以上かも知れない。自説を声高に主張・・感心せぬいかにも朝日的な冷やかし批評。所詮は批評家朝日。
声高が悪い訳ではない(大抵は右派的な人々を悪く印象操作する為に濫用される嫌な言葉だ)。真剣に奇特な正論言ってる人もいる、それを誰も声高と冷やかす一億批評の権利はない・・。挑発に乗るなと偉そうに説教したそうだな言えた義理か(非道な強国中国でなく、非道に抵抗するベトナムを冷ややか批評に冷やかす腰抜けはいかにも朝日・・悪いのをいいと言いたげなリベラル。非道にやたらと寛容リベラル思想。責任感なしが象徴されている。今の日本と似ているゆえに冷やかすのだろう)。。Net論も狡猾な印象操作。日本の場合は中国と違い反リベラルマスコミ左翼戦争の絶対主義を相対化の功績である、これへの抵抗と言えどまだまだ途上である、マスコミでない草の根の人の手だしやむを得ない。。あとマスコミ的分裂思考に乗らないと承認しないマスコミュニズムの感はやはり西洋レジーム。信頼と言うか思慮知恵の有無である。それがNetの本領核である。外国だと信用する?。薄っぺらい安直な西洋帝国史的な一方的押し付けなど、天下を束ねる器の思想知恵に非ず。浅慮。
      追加は朝日新聞の戦後論。その女優の発言は借り物でも響いてるのではないか(日本国憲法とかデモクラシーならぬグローバルとか自分らの借り物は良くて保守の借り物はいかんってのも自己矛盾勝手だ。自分らには甘い新聞、そして人の尽力をあら探し)。。創造語してる者としては安直に借り物を超えろと今更言えるのかと言いたくなる。さんざデモクラシーを唱道した新聞が(この前もグローバルとやらに合わせろとか強要してたじゃん笑。やはり自己矛盾身勝手の朝日)。公正に言うなら「かつて八紘一宇、今はグローバル。言葉が変わっただけ」と言うべきだろう。。あと女が乱暴な言葉使ってるジェンダーフリーこそ左翼の戦争だな。それが現代の戦後中の核。aペテンで誤魔化すな。
ついでのフロクはまた朝日新聞でNet子供社説。またまた子供と言う虎の威を持ち出して、Netをつまらぬものと印象操作したいということだけは伝わった。Netが朝日天下の左翼マスコミ戦争を一挙相対化したのが気に入らないのだろう(それゆえの子供を隠れ蓑にしての印象操作、実に大人じゃない朝日社説陣)。Marxそしてフェミズムに即ちネオマルクシズムに怒りは向かいつつある。草の根の反逆だ。あとはっきり言うとこれな、「Netとかのつまらないこういうテーマはへべれけに書いても構わないからー」みたいな歪んだ暗黙意識を見るぞ、それが本音。この社説は他に間違いなく何らかの意図があったのだろう。盆休みにまで妙な工作。さもしい新聞だ。

追加。NHKニュースでHomeless。しかし支援団体以上に国はどうなんだ、そこまでなってて。昨日まで社員だった人もと特集記事にあった。ならば普通の経済本でも言うように、男女戦争争いで、選択肢一つしかない男性が女により追い出されてHomeless予備軍になってるのだ。俺はまたAmericanizeを言うのかと思ったら、(国谷裕子が「男は女に殺されてる指摘」を検閲した)イヌHKのマスコミがそう言う現状を一歩乗り越えた、男尊の問題提起する筈がない!!。所詮はCIA的Visionなのだろう。

ついでのついでのフロク。小林製薬は確か男女向き合うメタボ薬を広告にしてた。それが男性ばかりしかもデカデカ露骨に腹。それこそ下記のジェンダーバイアスではないか。この企業は男性冷遇企業と分析もある。
しかしフロクは某総合中堅私大の講演。グローバルと言う言葉がやたら陳腐にダサく響く。かつての八紘一宇のようなものか、いや後者の方が思想的には深い。グローバルと言う流行り文句を使うことAmericanismに乗っかること自体が痛いダサいと思われるような風潮教育こそ肝要だろうこれからは。正に青い鳥の物語のようにいずれ灯台下暗し、自国にこそ最大の宝庫があることを悟り改めるだろう、リベラル西洋派は。

       ついでのフロクはアエラ。高スペック男子を探す女。アエラ的な発想からすればこの言葉自体がセクハラだわな。何故に問題視しない?。それでもJournalismか!!。あるいは性能なれば今までの高低基準に比せばまだしも男女平等ではある。現にNetはさすがに男卑女尊のマスコミとは違って男尊女尊あるいは男卑女卑で男女両方にスペック性能を使ってる。「男女とも異なる性にとっての機械である!!」。しかしこれすら若干男卑だな。根強い男卑国である。アエラ否エゴラ典型のマスコミは絶対に高スペック男子しか書かない、絶対に女を道具化する世論Makingはしないのである。自己中の固まり。アエラと驕りにもホザく雑誌の目的は男性への嫌がらせこれに尽きる。他の気取ったテーマすら、不純動機の雑誌には心にもない事なのだろう。東大医学部以前にアエラのせいで病気になりそうだっての。

ついでのフロクのフロク。また朝日新聞試写室。男女争わす見世物こそローマ剣闘士紛いの、人間が発明した最大罪の悪魔とも気づかぬばか者ども。若手俳優のそう言う見世物で「見てない人も是非時代劇見よう」とシャアシャアぬけぬけ書き手てる神庭とか言う三流芸能ファン記者野郎の犯罪。唖然の嫌がらせ。日頃は古いことをヘイトしてるくせに、女が出た途端に諸手賛美。日本が意外と女尊と気づき出したからだろう(フェミスト勢力は時代劇の女権的な断面に注目しだしたか。男尊を滅ぼす魂胆だろう。フェミの汚染。所詮はこの時代のドラマ。現代と言う時代に媚びるようでは歴史じゃない!!。朝日もフジも日本破壊主義者である!!)。卑劣卑怯極みの新聞。正に人間のクズみたいな笑。
比せば慰安婦の何と平和で長閑なことだ。真の慰安婦は平和の象徴。

金曜の朝日新聞Opinionの戦前日本。目的何だあれは卑怯卑劣。。要は朝日新聞は反戦と言いつつ戦争をしてるのである。何故か何故か今頃になって戦前も女権だとの卑劣な印象操作をする不自然もさることながら。戦場が市井から遠いと言うより、戦後にも見る西洋レジームの当然顔というべきだな。戦後的な女の面だけを強調して戦前に共鳴してるのだ(西洋レジームと女権国をあわせた歪なカルト教レジームである)。このOpiも朝日的な印象操作。俺は騙されぬ。
要は出る杭打ち的なヘイトが伺える(現に毒素がどうとか題名にある。そう言う妙な断面ネタが毒素である。朝日の意図は別にあり)。その目的の為にあれこれ整合するから見抜かれて不自然で心を捉えない「ああまたこれも所詮は形を変えた、朝日的な政治か」となる。じゃあ言わせてもらえれば朝日的含む情報徴兵の拒否、これが反戦平和の一歩だな(歴史的にも論理的にも正しい)。それこそこれが戦争から変わる一歩だ。(だから理想度が総合理想が足りない。だからあんまり傾聴する気にならない、政治だなと。そう言う自由を柴田派から猿と侮辱罪されようと笑、朝日は耳半分が鉄則。いつもなるほどと思わせないものが根っこにある。暗さも一つか。理想光不足)。次の経済戦争は分かる。やはり忘古維新世界を超えることに尽きる。革新革新は却って創造になんらないパラドクス。


最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。




コメント

総合理想なし。国連も部理で反地球基準。伝統否定の近代共産あれもこれも贅沢要求は異岸異性消去

2014-08-02 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
総合理想とは、万民を満たすよう常に最善へと調整努力する、経世済民である。伝統慈悲である。仁愛政治である。つまり反aペテン。
応援クリック願います!!人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
このエゴ時代を「海照らすの世 荒ぶる魂 掬え 総て 一粒までも 波が静まるまで」。911と311以後である・・。
ここでもクリック願います!!教育・学校(その他) ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村

現代の上?。国連は要は帝国連合の延長で敵を作るゆえ、総合理想に失格は言うまでもない。政治産物の主観固まり詐欺(表看板は最初から嘘)。更に看板がショボイ美辞麗句と言うか浅い浅薄な思想の子供だまし、正にこれ(だからフェミストに侵食されるんだよ)。その思想は安直表層である。深さなくして棟梁なし!!。国連の天下は暗黒。下記で日本の保守政党にも思想がないとあるが。要は思考停止をしてるのである現代人は・・。

国連事例を引用。
・・このカビの生えたような奇型マルクス主義思想が復活して蔓延するようになった引き金は、平成11年6月の「男女共同参画社会基本法」制定による。
同法案のベースになっているのは、1995年に北京で聞かれた第四回国連世界女性会議における採択行動綱領であり、「北京JAC」なる媚中左翼団体を中心とする左翼勢力が、この綱領を根拠として法制定の圧力をかけてきたのだ。
しかしこの綱領は中絶容認を始めとするラジカルな内容のもので、バチカンを始め米共和党など欧米保守政党も同綱領を強く批判している。
それにも関わらず保守政党を称する自民党が左翼の要求に屈服したのは、「北京」「国連」という日本政府が反射的に尻尾を振る毎度おなじみのキーワードが存在していたからに他ならない。

ここで赤旗。
フロクは赤旗。個人が直接に国連通報制度って人権屋ファシズムにならないか、女子差別条約絡みなら女ファシズム。世界基準と称するものに従え、でないと訴えるぞー。個人が訴えれる、それとも女だけが「特別特権階級として」訴えれるのか女子差別条約記事よ(国連に訴えるのを女だけ限定と印象操作する非常に卑劣な記事だ。もっと大事な問題があろう)。あれだとうそういう小細工に見えるな。唖然だな。それ言うなら北欧の国のように男女差別対策委員会を国内で設けて公正平等にすればよい。国外に売り渡す売国的やり口は危険だ暴走する、自力でやれ。世界と称するものに頼る共産党よ。改革派よりも抵抗勢力の国の方が全う正しい再びではないか。
この人権国連通報制度の件は何より先ず冤罪や濡れ衣が普通なら気になるわな。電車インスタントファシズムこそ人権侵害いな超人権侵害である、ああいう些末なことで・・。リベラルとは結局は理想論ではなかったのか、これがない最近の日本。万事が万事が中途半端。本来日本にあった究極の理想状態には盲目の西洋レジームの浅慮浅薄。
赤旗は偏ってる。かくて冤罪濡れ衣は先ずは男性の尊重もぐっと大事になってくるから、男卑女尊のMarx固定観念に抵触するので取り上げないのだろう黙殺。それでもJournalismか!!。
待った。それにもしそういう電車冤罪を笑い話に笑うなら、それこそ電車痴話事を江戸の頃のように笑い話にすればいい。それで冤罪解決。フェミラーの固定観念とは逆に女の人権は人命よりは遥かに軽いのである。
あるいはさ、性に大らか伝統な江戸人は東京時代による性差別迫害を、訴えれるのか。先住民への流行りの前向きPositiveな排斥差別も被害も訴えれるのか。女特別のMarx公式で洗脳されてる国連と赤旗はこうも創造的に考えれぬか。
Marxフェミ的な片手落ちの狭さは非創造的である。狭き者や器のない者、国論を語るな実践するな。正に秀吉が柴田勝家に言った台詞流には「その思想、世界基準の器に非ず!!」。

共産党の国連信仰を見ても、国連は転覆的な革命時代の西洋レジームの枠内の蛙のようである所詮は。そこには異なる存在との、東西文明調和の理想はない、高飛車の勘違い啓蒙の一方的押し付けだけである。国連フェミストも男女共存思想なし。
反西洋派はテロ組織だ女卑だとレッテル扇動する。因みに「反西洋のボコハラムが支持される背景」の考察あり。要は伝統教育の深さとあった。
国連は無能ゆえすぐ強権を振るう魔神狩り。上にー上にーとのぼせ上がるエリートはさほど理想でもない。日本のエリート思想はもっと奥深いだろう。

この国には部分への社会党的な権勢はあったが、全体のけん制が全くない・・。調整調律。あるいは不可能になってる。マスコミュニズム洗脳の胃の中のせいで。
鳥瞰図の展望なくして果たしていいのか。。頭のない鯨。一神教の鳥の目のない国と言われる。砂漠は御免だが、Simpleな展望は必要。「要は」という素晴らし日本語あり。SimpleIsBestと言う。
そう言えば歴史番組で、徳川大君制あれば短絡の太平洋戦争は避けれた可能性と。
もしもの逆転日本史の本では、徳川将軍なら一層の暴君の時代へと、通説の歴史でよくあるお馴染みの説明だった。その言論は英国人ゆえあてにならない。割り引いてみるべきだろう。

あるいはじゃあ明治流。船中八策は「龍馬が出会った多くの人達からこれまで学んだことの見事な結晶品」とある。実に船中はUnitedShipArt。総合理想。

ここで関連。
・・以上上記の機能は一言で言えば[制御大領間]、日本史上初に着想なのか。
いや龍馬の船中八策は総合的な大まとめだった。この「総合理想」的大まとめ(aペテンへの痛烈皮肉りでもあり。総理侮辱でも構わぬ。輝くなどと傍若無人な、痛い、実にa的「部理」な片手落ちな女子小学生的虐殺frontier宣言演説をしたからこう言う。悪いか。申したように男性は今や公式弱者認定すらされない弱者以下の非人階級・・龍馬伝で言う下士階級。Net難民)により新世界の細分化暴走frontierを制御して即ち創造性へ。議論から形成へ新中世へ。

ここで大河感想。
ヨイショの男。日本破壊工作を見抜け
No糸isn’t笑。フェミ汚染の大河と日本。重臣の娘か何か知らんが思い上がりの身分鼻かけだろ跳ね返りと言うより。殆どセクハラ目線(じゃあ慈悲の江戸時代では正義漢はあんなんやるかと大笑いだ。これで公平だな)。男子を何と思ってる。疲れた武将を。謝るのはこの女の方だろう。「今も昔も」いかに日本が女権国か分かるってものだ。フェミ嘘の自虐史観。離縁して正解だな。フェミ汚染は大河にも深刻である。軍師なら日本根本の破壊工作を見抜け。あと品を欠く褌の露骨さ。清盛より見づらいな汚い。茶の間だぞ男卑女尊国。知事の一喝忘れたか。

大河関連。大河官兵衛関連が雑誌で小早川隆景は「三成は明の面しか見ない。暗部の面を見ない。危うい」と軍略を訂正させたと言う。先の例だ。女活用頭数増やせの弊害副作用を田母神氏のようには懸念しない、aペテン信者の戦争フェミらーはよく似てるな。自称ポジテブポジテブといつもおめでたく明るい?有頂天の改革真理教の暴走は社会までを考えない。まるで音楽ばかりで「陰楽」の陰を考えない・・分裂思考。正に上記の西軍的・・。

類に反論。
固定観念もそうだが・・固定観点こそ深刻、Marxとフェミストは勝手に未来を設定する。独善。自分らは動かぬ正義・・。進歩の為に粛清もする。「共存党」ではない。
(考えようによっては地球が動くも固定観念になってるようなものだ、先住民消去の。近代の頂点思想を俗論を一般論を超えよ)。自己絶対主義になる。融合されない集約されない。
因みに言いそびれ、人権強調の女ブロガーも見かけたが・・。一理二里あったが(冤罪の国連救済等は)細かさ偏重は否めない(時に言われる。細かく厳密に正しい人と、大ざっぱでも方向が間違えない人がいると。正にこれ) (しかし左翼は道徳心が少ない感じだな。日本主義者を敵視し冷やかす短慮。自己信仰。浅い。部分的である。真の理想になれ)。ただ片眼に赤という流儀は必要か。Gameの操縦桿だ。微妙な調整が必要な機能。これが日本流かもしれない。

戻り、広く別角度LiberalArts思考で。壮大に。総合理想。。
     あるいは「物語の誕生とは・・宇宙崩壊の時」とあり・・これこそ保守思想の原点では。
あるいは創造腦(音楽腦)の本。理想状態への調整が音楽脳と定義。更に音楽美学によれば、理想状態はNomos旋律。これは法律以上のようである・・。憲法前文に理想人間関係。そうなってるか。近代の俄かの理想でなく。
      更に公共政策の本でも雲を描く機能の重視。意外。
Artlistの必要なゆえん。正に抽象思考がない国との裏付けにもなる。Nazisは詩を先端機能として重視。
「だから日本は(僕と)ずれてる」の上野子分の著者には見えない次元。詞こそ集約。つまり音楽の題名である。究極には日本である・・。

因みにArtlistの原点の詩がある略ComingSoon。
      そうなのである。Artlistの機能は大技。アスリート的なスポーツなのである。
すぐそう言う議論は無茶苦茶とか言うのがフェミのマスコミによくいる。優等生の平均点しか認めぬ狭さ。
「希望は壮大なる極論」これがアスリート的なArtlist流である。


国連に戻り近代の総合のない表層問題。
米ソと言われたら米中。資本共産の「資共」・・。伝統否定の近代の同じ穴の貉。
     そう国連本のページで知ったのだが、中国共産党の日本破壊工作。
因みにその中共の指令は以下。

④人間の尊重、自由、民主、平和、独立の強調
ここに言う「人間の尊重」とは、個の尊重、全の否定を言う。
「自由」とは、旧道徳からの解放、本能の開放を言う。「民主」とは、国家権力の排除を言う。「平和」とは、反戦、不戦、思想の定着促進を言う。「独立」とは、米帝との提携の排除、社帝ソ連への接近阻止をいう。

2-2.テレビとラジオ

A.これらは、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。この点に特に留意し、「娯楽」として利用することを主点とすべきである。(・・何と。ほらな硬軟統合の流儀の重大さ・・)
 具体的な方向を示せば、「性の解放」を高らかに謳い上げる劇又は映画、本能を剌激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた「根性もの」と称される劇、映画、動画、または歴史劇、映画、歌謡並びに「ふるさとの歌祭り」等の郷土愛、民族一体感を呼び醒ますものは好ましくない。
 前者をより多く、後者をより少なく取り上げさせるよう誘導せねばならない。

B.テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。画面は真実を伝えるものではなく、作るものである。目的意識を持って画面を構成せねばならない。
C.時事解説・教養番組等については、新聞について述べた諸点がそのまま適用されるが、これは極めて徐々に、少しずつ注意深くなされねばならない。

上記に全体の否定とある・・。

更にこれ関連でこういう「共産化という革命戦争」が人間の核に迫る時どうなるか・・。人間の弱点タブーに迫る戦争・・。

・・どうも政府自民党に思想がないということに、最大の問題がある。ただ田舎の小金持ちをかき集めて「保守だ」と称している、バックボーンのない日本の保守――最近の中央財界人も似たようなもの――には、私はほとほと呆れているが、私は彼らとは違い、国家の屋台骨が白アリに食い荒らされているような現下のこの事態を、黙って看過してしまうというわけにはどうしてもいかない。

 さらに、林道義は「男女平等に隠された革命戦略」(『正論』02年08月)にて、次のように述べている。

この十年ほどのフェミニストたちの動きを見ていると、全国一斉に同じ方針を出し、全国一斉に同じことを言う。作戦や運動のプログラムも、どこかで決定済みであり、表面に出てくるときには誰もが当然のこととして、その方針の下で忠実に働いている。いかに整然とした全国組織とその指導部が背後に出来上がっているかが想像できる。フェミニズム運動は、革命勢力が背後にいて、綿密に戦略を立て、組織化し、オルグや指導をしているのである。きわめてしたたかで執拗な精神力を持ち、徹底した理論武装をほどこされ、整然と組織だった動きをする、一種の軍団だと認識する必要がある。

と言うことは既にフェミズム帝国完成と言見るべきか。StarWars新シリーズみたいに。そう正に。自由平等平和人権とか民主主義的なこと言っておいて、実はその裏に帝国思想を隠していると見るべきのようである。現実は映画なり。

実に革命戦争・・。
その中枢か。

(「国連の正体と日本再建の指針」)本書で最も注目すべきは、各国の日本への謀略は現在進行形で今でも続いていることを知らされるところで、特に本文中の「中共の『日本崩壊工作指令書』」を読むと背筋が凍る思いがする。殆どその「崩壊プログラム」通りに日本社会が進行していることに改めて驚愕させられる。日本の将来をいつまでも馬鹿政治家に預けているだけでは、本当に日本は崩壊するであろう。著者が会長を勤め、本書の発行元である「国際倫理調査会」やそれを支持する「日本会議」「日本政策研究センター」等と共に国民が団結しなくてはならない。

中国共産党の日本破壊工作。いな共産主義の破壊工作、これへの共闘は重要(思うに連中は、卑劣にも女子供を取り込んで、そして男の弱点を狙う戦略。戦争としてジェンダーフリーフェミズムのMarx戦争を仕掛けているようゆえ。上記を敷衍すれば)。
しかし表面を見た限りではやはり米ソと同じ。資本主義の牙城の米国の手先って感じもする。中国を駒に使う米国か。非常に共産党的に歴史が浅く、本陣はもっと総がかりではないか、正に陰謀を見るなら総合政治評論で行かねば、全貌は見えないのではと思えた。それが警鐘するのは思うに人間への戦争である。戦争は続いている。現代は帝国の時代である。

そうである。
そして、メディア工作であり、それに関しては「第一期」の頃から既に掌握しており(特に朝日新聞&毎日新聞&日本経済新聞でしょう)、いかに今後も日本のメディアを利用するか、テレビの番組内容などにも注文を付けています。例えば、「性の解放を謳いあげるもの」は好ましいとしていますが、これはアメリカの「3S政策」にも通じるため、米中の日本人堕落戦略が相乗効果となったのでしょう(正に伝統破壊)。ちなみに3Sとはセックス、スクリーン、スポーツです。スクリーンに関して言えば、ハリウッド映画に熱中させてアメリカの思想や文化を刷り込ませろってところでしょうね。
      ここに見るように、そも政策・・とは実に部理である。総合理想になってない。分割して統治支配せよ・・。小粒にせよ。そう言う思考パターンの風靡するマスコミュニズム帝国・・。

どうやら総合理想という点では保守に軍配(時に言われる。細かく厳密に正しい人と、大ざっぱでも方向が間違えない人がいると。正にこれ)。流行りの珍しい2chでの産経叩きと違って、リベラルは大体が部分的である。頭が目線が沈んでいる。ゆえさほどは買えない。知れてる。雑誌世界みたいなものだ。目標の光がない。

どうやら先に米国化であり、次に中国化のようである。「部分になれ。全体を総合を否定せよ。末端でいろ」暗黙命令の強要罪。

いずれも近代の思い上がり。再度ブログ引用は地球基準の回。
      世界基準と称する随分と自称に偉い思い上がり女がいるらしいので。
命名「あれもこれも女」。近代地球破壊思想の典型。

更に先のジェンフリ洗脳教育の影響だなこれも。米中マッチポンプ出来レースの茶番劇風景にも見える。
大海ドラマ以前の活躍エゴ時代。

ブログ引用。
対象。対岸。そうなると異なるの典型例。
国際化と言うか自称グローバルと称する感覚。
     Islam文明圏で平気で肌露出の女が。異文化への配慮なし、土足でズカズカ(論外はイヌHKスペシャル。イスラム男性への米人女による性的虐待は〇と取り上げた性差別。おんなのイヌHK)。
正に異文化を対岸の目線を、消去している無神経思い上がり「視覚暴力」。
これしかしこの国でも極西国でも時に見るな。こういう米国主義は自己中である人類の敵。RomaはRomaとはどこまで本当か。自治を認めたRoma帝国。or世界がそうだ?。
      そうなるとしかし続き。frontier問題は実は女にこそ体現されている・・下記。女=善という扇動洗脳がエコフェミズムに至るまで固定観念化してるが・・。以下に。
音楽創造脳の論曰く。関心こそつまり社会的こそ人間的。とすれば、自分主義の私主義で異性に関心ない、俗に言う女子会的なフェミ女の増殖は動物化してると言える、自分が全てで「異なる性という神」には関心ない、自分に関わる金だけ短絡の利害だけ利の時代エゴ時代。閉鎖性の限界に。それが今のこの国は小学三年生状態。
寧ろどういう扱いであれ、関心持つ飢えたる雄性こそ最も人間らしい。男尊伝統もこういう飢えを欠損を余白を軸にしているのではないか・・。狩人の綿密さ。天に幕する超越的関心の悠久の伝統も。
ここで流れで、再度。これは思想的には犯罪的あるいは典型象徴的ゆえ、言わばユダヤ人のGoldsmith超楽流に轟然と轟然力でアメリカニズムに一喝鉄槌を御免。
戦争。そして一層進めるべき認識はやはり近代の牙城のアメリカニズムの原理。
敢えてずらして硬軟統合で言えば以下に集約するが最も分かりやすい。
   要は。である。
類も言う対象の消去侮蔑。個人の世界で、他者は関係ないんだそうだ。
先のジェンダフリーの影響のあれもこれも女を根底批判いな否定。で以下にそれこそ地球基準を投じる。
      また「私は私」の自己中満足本NYの沢尻的女本(別に美人とは思えない。よく見る顔だ)。自分に自信ないから自信自信自尊心としきりに言うのだろう。良く話す東洋に詳しい人も「そういう自分のことPR強調するのって、魂のレベルが低いよね」となるだろう。驕れるエゴ時代。しかもだ・・一線超え「異なる性への配慮のない。あれもこれも贅沢はそれこそ地球破壊の原理思想の、それこそ「思いっきり楽しむ」消費エゴ時代の驕りだ。よってこの沢尻女の思想、世界地球基準の器に非ず!!」幼稚い。
秀吉が勝家に言った台詞アレンジだ。正論を潔く認めない女々しさ、他の本関連で言えば、役割とは創造するものである!!。人には男女には持ち場・役割が適材適所がある。対岸対象虐殺の驕れる自己中満足エゴ時代は久しからず。
正論を潔く認める。それが武士道であり、全うな人間たるManである・・。ビシー決まり。それこそ未練がましくも意固地な抵抗勢力は女メス的。全然に男っぽくない。
あれもこれも贅沢アメリカニズムは、反地球の人間錯誤の姿勢と思想。「男のものは女のもの。女のものも女のもの」漫画の裸エゴ女王を思わせる図々しいあれもこれも贅沢フレーズは卑劣な、いな「卑怯な」性的暴力も同じ!!。男性への嫌がらせハラスメントだな。女ゆえの自己中満足そのもの。
      女のおいしい所は思い切り味わうだ?。そのくせ図々しくも男らしくだ?。じゃ買い言葉、こいつら男の何たるか「女のくせに」分かってるのか笑わせる。先ず私私と自己中満足はせんこった、やはり「劣等エゴ動物としての女っぽい」な。男の役割は全体を壮大に見ることである。これが女に出来るか子宮性。出来ぬなら男性の鳥瞰抽象に潔く従え(嘉田も全体が見えてない)。全体抽象の天に従ってこそ女の人間自然。人間錯誤する驕れる近代アメリカニズムよ。
そうこの自己中満足本広告は一線超えてる・・。(じゃあ国会批判的野次問題もわあわあ大衆b層と一緒になってオウム返し改革真理教みたいに騒ぐなよ・・。上から目線の他国改造目線そのもの驕りが既に反世界基準だ笑止千万。女が標準と思い上がってるらしいや。旧態依然のフェミズム合衆国の黄昏な悪あがき)。
それこそ対象の対岸への敬意と配慮ない江戸でなしの異なる性への蔑視だな、盲目暴走動物。
あれもこれも思想はバチ当たると伝統教え、反地球基準の反江戸(因みにエロス思想に非寛容では時代遅れ反世界基準。それこそ世界も認めてる日本の宝だ。冤罪時代はそれこそ反地球。野次的批判など問題とするほどでもない!!)。本来は男女それぞれ誇りを持ち持ち場役割と適材適所の「お互い様の」尊重で共存、これをせずに持ち場役割を蔑視破壊の侵略行為・・。正に一線超えてる・・。やり過ぎたなこいつら。
対象喪失とか異様不自然な題名の本(そのくせ自尊心捨てよのコピーは載せない悪質計算。女媚び)。未練がましいのはいずれか笑止千万、盗人の屁理屈。正論を潔く受け入れずそして自分の「無知短慮」を潔く認めずに、旧時代に固執するこいつら女らーの方ではないか。唖然だ。
以上の落ち度だらけ本。やはり沢尻的エリカは「地球世界基準の器に非ず!!」これは秀吉が柴田勝家へのセリフArrangeだけどね(偉いのう偉いのうとビンタするか)。そちらが一線を超えた故に言ったまで。

先の革命戦争の下部のフェミズム戦争の下部のジェンダーフリー教育戦争・・の影響で以上。
     一線を超える女がいるな・・。男よりもずっと卑怯なやり口で。
frontier問題。女の方が問題を肥大化せている。先住民への侮辱これをやってるようなもの。
驕れる西洋レジームを超えよ。

フロク加筆。

フロク(卑劣ゆえフロクとした)。朝日新聞。ついに慰安婦記事。用意周到に準備の反論か。しかし説得力なし。女も知らずに「強制」で死なされる男性への兵士への憐憫慈悲それこそ人権こそ生命権こそもっと深刻。それが慰安婦論の本質である、実に人間的Simple。やはり本質見えずの朝日新聞。本質とは歴史全体公正両面である(米専門家も一方的片手落ち東京裁判でなく互い共有でないと歴史ではないと言ってたしな。天下明白)。片手落ち偏重ではない!!。marxフェミスト新聞。また例によって女を隠れ蓑に現代的にして有利に支持得ようとは卑劣極みである。正に自称未来現代初のMarx進歩史観の傲慢と人間錯誤。
       しかし兵士より高い給料の慰安婦とは知られる(朝日読者も目鱗だったか)。実に昔から男卑女尊。生命破壊よりも女体が優位なんだそうだ。あまりに守勢の保守派。先ず徹底的に日本を守勢に追いやる米韓の国際戦略謀略が見える。朝日に妥協すれば実に慰安婦論と一般化すること自体が乱暴と少なくとも言える。
    フロクは朝日新聞の慰安婦論の卑劣な印象操作。買い言葉すれば、慰安婦問題の「本質」は、他国の弱点を突っつく卑劣政治戦争の、何が何でも日本悪者にしたい東京裁判体制である・・。。しかしすぐ時代便乗してガラパゴスとか日本だけ冷やかす誹謗中傷の侮辱罪する原理に乗っかった、自分だけ無害無傷の高み傲慢な奴の胡散臭い学者の言うことは「先ず」聞かないことにしている。胡散臭い。全体を本質を両面を大きく見てない。細々としたいちいちの枝葉末節な「変化」とやらに囚われすぎではないか。人権意識。じゃマーキュリズム流に言えば、じゃあ兵士の人権は生命権はどうなる(こういう時は反戦を言わない朝日。marx的には男性の人権は考えてはいけないからだ)。異常禁欲抑圧はどうなる。これの両面を見ずに大きく見てると暴力を言う唖然。ツボ知らずの学者。グローバルとか片手人権屋とかフェミズム理解とか女を錦パタンにするな。そう言うのを時代権力ファシズムと言います。この新聞はとにかく性的なこと=悪という真面目なmarx的固定観念が伺える。そうmarx的に単純でないだろう人間は。片手落ちの狭さ。
    そうであるよく読めば「歴史(何と)」社会学者の小熊英二の朝日慰安婦論、実に巧妙な卑劣な無責任な印象操作である。言わば自称国際ジョーシキに流されて、人権屋やらグローバルやら果てはガラパゴスやら今どきのフレーズで慰安婦追及を遠く追いやり勝手に結論出して、都合のいい時に政治的に近くに手繰り寄せれるようにしておく。その上で他の表層的な問題分析といっしょくたに南京と真珠湾と広島と「同列に平等に」ドサクサに混ぜてしまおうと言う(こともあろうにユダヤ虐殺問題と慰安婦問題を同列に仕立てようとしてる共産党の革命戦法を思わせる。左翼一色のマスコミュニズム)、悪しき意味での一般論である、歴史社会学者と言うより国際社会学者。正に大きさを大義名分にしたドサクサ議論の暴力の典型である(枝葉末節とか些末とか恐らく言いたいなら、それこそ大きな世界の流れと国家大計から見れば個人間の下半身問題など些細な些末な枝葉末節とならないか。大きなことを虎の威にして議論をごちゃごちゃにするは卑怯卑劣である)。これは朝日には他に何らかの意図があったものと見える。上から目線冷やかしリベラルはだから嫌われる。流行りのフレーズ変化とやらに安直に流れては歴史社会学ではない、まして炯眼の政治戦略が要求される総合理想の器の材料に非ず!!。

フロク(何と)。金曜の朝日新聞Opinionの戦前日本。目的何だあれは卑怯卑劣。。要は朝日新聞は反戦と言いつつ戦争をしてるのである。何故か何故か今頃になって戦前も女権だとの卑劣な印象操作をする不自然もさることながら。戦場が市井から遠いと言うより、戦後にも見る西洋レジームの当然顔というべきだな。中島京子と言うか朝日の論は戦後的な女の面だけを強調して戦前に共鳴してるのだ(西洋レジームと女権国をあわせた歪なカルト教レジームである)。このOpiも朝日的な女々しい実に卑劣な印象操作。俺は騙されぬ。卑怯卑劣の極み。。
要は出る杭打ち的なヘイトが伺える。その目的の為にあれこれ整合するから見抜かれて不自然で心を捉えない「ああまたこれも所詮は形を変えた、朝日的な政治だな」となる。妙な目的がちらほら見える故の不純の露呈。そういう卑劣な手口に俺は騙されぬ。まあ反戦に名を借りた嫌がらせだろう。じゃあ言わせてもらえれば朝日的含む情報徴兵の拒否、これが反戦平和の一歩だな(歴史的にも論理的にも正しい)。これでいいな?。それこそこれが変わる一歩だ。(だから理想度が総合理想が足りないんだよ。だからあんまり傾聴する気にならない、政治だなと。そう言う自由を柴田派から猿と侮辱罪されようと笑、朝日は耳半分が鉄則。いつもなるほどと思わせないものが根っこにある。やはり朝日の枠内だ)。

ついでのフロクのフロク。また朝日新聞試写室。男女争わす見世物こそローマ剣闘士紛いの、人間が発明した最大罪の悪魔とも気づかぬばか者ども。若手俳優のそう言う見世物で「見てない人も是非時代劇見よう」とシャアシャアぬけぬけ書き手てる神庭とか言う三流芸能記者野郎の犯罪。唖然の嫌がらせ。日頃は古いことをヘイトしてるくせに、女が出たら諸手賛美。日本が意外と女尊と気づき出したからだろう(フェミスト勢力は時代劇の女権的な断面に注目しだしたか。男尊を滅ぼす魂胆だろう。フェミの汚染。所詮はこの時代のドラマ。現代と言う時代に媚びるようでは歴史じゃない!!。朝日もフジも日本破壊主義者である!!)。卑劣卑怯極みの新聞。正に人間のクズみたいな笑。

    あとついでのフロク(ファシスト的ゆえついでとした)は紙面審議会の斎藤美奈子。朝日新聞のゴシップ新聞宣言。片手落ちのくせに性差別と題名の唖然。。流行語ってのは大体はおかしい怪しい胡散臭い。そういう世論工作に流される大衆b層の目と頭の弱さ。そも善意はハラスメント嫌がらせではない。流行語は日本語がおかしい、ゆえ危ない。その上まだこれ以上大きく取り上げろとはファシスト的女の自己中以外の何物でもない。女ラーは全員ファシストである。そのくせ冤罪含む男性差別は一切考えない。それでも新聞か!!。分からない人とかいかにも頭でっかちフェミ的な他人様を見下し侮辱トーンだが(じゃこちとらも言わせてもらえれば、フェミ度marx度が高い女の人ほど骨系男子の本質論を分からない、逆にそう言う悪魔思想に毒されてない、セクハラぐらいで目くじら立てない女の人ほど自然に理解すると言う傾向はとうに経験立証済み。誰のセリフだい笑わせる)。説得力ないんだよ部分的で。要はSimple。部分しか狭隘にしか考えてない奴らが何故に頭ごなしに偉そうに俺らに上から物申せるのかって話。幻想の戦時中軍人紛い地位だけをよりどころにさ。そうやってすぐセクハラだのなんだのとファシズムみたいに小うるさく書きたてることで辟易嫌悪されて(価値観の押しつけを超えてるな、洗脳政策との分析もある。さすが絶対自分は善正義のmarxフェミスト)(理論をいな人間錯誤の一方的屁理屈を実践するmarx的暴力だな。へぼドラマ。だから国がどんどん歪んできてる、仏革命以後の恐怖政治の状況と同じだ)、書くほどマスコミュニズムの震源地Marxフェミスト新聞の人間錯誤が露呈されるだけ。頭でっかち人間錯誤の典型。

フロク。早速だな、朝日えせひ新聞。せクハラどころかこういうことで斎藤美奈子の言うを地ならしするぞと言わんばかりだな。恋愛規制法絡みがやたらきな臭いが(正にこいつらに言ったように、男女雰囲気を悪くする為にある新聞だな。昨日の斎藤美奈子の扇動アジテーションの罪は重い。卑劣な意図もある記事)、当然顔の女の傲慢さもあるぞ、男性らはよう我慢してるって。朝日に言ったのはある老人「ああいうのはねえ、大体はやられた方も問題ありですよ。交通事故でさえそうですよ」。こういう知恵は一応生き残ってるが、まるで復讐裁判思考になってるなこういう時は朝日は。単に抑え付けても消極平和だ、全てを満たす日本伝統思想である経世済民のレベルには到達しない。所詮は西洋レジーム。現実主義と称するものは無能の集まりなのだろう。アエラに反論すれば、あるいは現実主義は政治主義である。妥協の調整平和形成能力と言うか。これがないのは大抵は女。その意味でこれも男性は冤罪かも知れないな殆どが。いずれが現実妥協の能力のない戦争原因か。

現にしかし更に興ざめのついでのついでのフロク。またブログ検索ルート(深沢真紀フェミ絡みで)で自分中心と言うかエゴイストの女っているんだな驚いた大分前のブログだが(Yuhka-uno。草食系家ガールなんだそうだ。でさえこういうこと言う。相当に男卑女尊は病原菌のように広がってるな)。要は女としてはいい時代になってると驕り高ぶりのぼせ上がる、典型的片手落ちエゴイストである(自分さえ女さえ良ければいいのだ。男女全体を見る広い視野がない。これこそ非まともなジェンダー思想である。思いません?皆さん)。そのくせ「おじさん」を憐れむんだそうだ。適応が全てと言うDarwin弱肉強食思想の非道。こいつこそおかしなジェンダー観持ってるな。ジェンダーと言う言葉自体がジェンフリっぽくていかがわしいが(ゆえ間違いなくフェミストだろう)。流行りの流通言語を濫用する奴は先ず信用しないことだ。

ついでのフロク。週刊ポスト。家事ハラスメント。手伝ってもらっておいて嫌がらせ呼ばわりの唖然の自己中。感謝も礼もしない(礼言ってよとは情けないポスト)。自己中妻の増殖は社会の公害である。そも善意は悪意ないはハラスメントとは言わない!!。日本語がおかしいマスコミ。ハラスメントとは嫌がらせである。女の独り善がりな主観は聞く必要なし!!。それ言うならその上にある女優遇こそは男性への白昼公然ハラスメントであるセクハラである。リベラルな週刊ポストは緩すぎ。
       何と「そんなんで手伝うな」「礼言ってよ」と言葉が逆。。正にハラスメント。卑劣なリベラルカルトの週刊ポスト。「礼言え礼」と叱るのが人間倫理である。次回にも書くが「要は」曲げて後ろ向きに受け取るひねくれフェミストフェミズムの戦争と言う戦後の混乱の記事である(男女戦争とは言いがかりである。一方的に仕掛けるのはフェミ女と言う戦争犯罪人である)。平和形成能力のないフェミがかった女らー(そうだな妻のせいで手伝わないのだ。人様に頼むなら頭下げろ。フェミらの前提こそおかしい思い上がり。男女は抽象性具体性の適材適所である。言い返さない情けなさ。いかに男卑女尊の女権国女横暴国か分かるってものだ)。前向きというなら、少しでも手伝ってもらった時点で感謝せよ、それこそ前向きにな。妙な時に都合いい時だけPositive前向きとかホザク奴らが増えてるからな。もう前向きと言う日本語は汚染されているのである・・。
     同じくリベラルカルトのポストで曽野綾子の普通の議論。暴力はルール違反じゃなくて犯罪、口は批判。雲泥。まるで赤旗だなマスコミュニズム。口で攻撃の共産党の方がマシかもな笑。田母神氏はもっと深く洞察、塩村の狡猾陰湿な人物像まで政治家不適正。マルフェミ扇動のセクハラ暴言のいかがわしい放送作家もどきゆえ信用できぬ(そうこいつこそ男性にセクハラ暴言してるのである。女や妻にこそ教育は必要であろうが何言ってんだもうろく保守フェミ)。。保守おばさんならあの程度でギャーギャー騒ぐなって言え!!。あるいはリベラルカルトのポストに妥協案で取り込まれたな。
         追加はサピオのまた曽野綾子。普通の議論は置いて、優遇策で却って女への言われなき陰湿な侮辱がと・・(男性こそどれだけ侮辱罪されてるか見えとるんか!!。言われあろうとなかろうといずれも)。それこそ原住民への中国系移民の反感と言うのと同じ上品な言葉を使えよ。何のことを陰湿と言ってんだ、誰か言ってるか言ったらファシズムみたいに叩かれるだろが。陰湿卑怯なのはフェミ女ラーの方だろうが。原住民なら上品言葉で反感で、女なら「特権化」して陰湿侮辱か?・・。所詮は曽野も保守フェミだな。あとそれこそ総合的な魅力と自己陶酔の好き嫌い的な過剰主観は乱暴な括りだ。曽野論法で行けば、人間は誰もが魅力的であり同時に魅力に欠ける両面性と言うべきだろう。総合理想ないaペテンが更に愚鈍でショボイ決まらないと言う人もいるだろうしさ。大体、魅力って言葉が女言葉で主観的でキモイ。あの締めは無理なすり替え付け足し主観だ。所詮は私性の女。これはそれこそ差別用語でも何でもない。真実を言ったまでのことよ。
       
追加フロクはアエラ。しかし上野千鶴子は別の意味で子供に謝るべきだろが。個人主義で離婚増やした等のフェミストとして。今更に機を見るに敏に世代論に震災に隠れ蓑するは卑劣である。
あとワンフレ。「現実主義と言葉で言ってる時点で現実思想に流され迎合の俯きである!!」。理想は忘れない程度でいいよとお情けで言われるほど安い物ではない。創作表現して自己満足する生産消費地平ではない。気概がない。多神教と言う現実主義。理想も現実もとは個人主義の思いあがり、一神教的統一が八紘一宇がない。やはりエゴイズムのアエラ。一神教的な理想がないゆえに、すぐ諦めるSadSong。。

関連追加フロクはブログ検索ルートで男性差別問題。そうかTVたっくるでも男性差別問題を取り上げた。前にも。大きな効果ではある。北欧で女役員増やして却って経済停滞の報告も。しかし画面街頭女の自己中。ニヤニヤと男性は稼げばいいと。女は美容院いくし。唖然。理由にならない。現に次の女は「女に生まれてよかったかな」と放言(しかし美人?だからって批判せぬのか。この発言も驕りじゃん)。こういう自分さえよければいい自己中な奴らには無駄ブルー無駄レッドのコンビがピコンとトンカチ殴るだけでは済まされないだろう。根性叩き直さねばな。慰安婦徴兵でもして相手に異なる性に奉仕する謙虚さを教育せよ。

追加フロク。朝日新聞の男女論。
男女役割の「隠れた意識」・・・に強制されてるってことだなつまり。表に出ぬように隠れた意識・・・へと強制言論弾圧(隠れた意識まで、心まで言いがかり付けるのはファシスト的そのものだな。ファシストが増えてるんだろう、朝日えせひはそんなことまで攻撃するファシスト新聞と証明だな・・。そのくせ女の隠れた特権意識は一切不問の自己中身勝手)。。やはり男女の役割持ち場を適材適所の伝統を破壊する朝日的なフェミ思想は、長谷川女史も巨視的に喝破したように、どう考えてもおかしい。それを正論を隠さねばならないほどに抑圧や言論弾圧や自由弾圧が行われてるということではないか、フェミズム帝国によって。しかもその自由は正しい自由としたら、女が好き勝手ふるまうに比べたら。
女社長を取り上げてるが、素朴な疑問。女に上に立たれると白けると言う、体育系肉食系の男も必ずいる。そう言う方面への、白けない為のそれこそ配慮も必要だろう。割とあるんだろうが。男の沽券と言う伝統は待つまでもなく、男性の持前の抽象性的な性質が「何で具体的な奴が上に天に立てるのだ」と言う無意識の直感的な本能反発がある(こういう人間自然まで、頭でこねくり考えてジェンダーだと否定破壊しようとするのが男女共謀△法。論外の法である。急に近代に思いついた人工的ジェンダーのいかがわしさ)。下僕系男子はともかく、そういう上は困ると言う男性日本男児への配慮も必要である。俺なんかは「やはり女の人は上には向かないな肝心な所で」と理詰めですらも考えているが。フェミ的に「上に行けなくて悔しい」と言う(上に行くこと活躍自体を目的にした)主観的な嫉妬な感情論で語れる問題ではない。その悔しいが人間錯誤やっちゅうねん。そうだよ正にそれそれ、感情的ゆえに、公正さが要求される上には向かないのである。増えない方が国社会の為だろう。

ついでのフロク。何?「貴様いつまで女子でいるつもりだ問題」なんて訳わからぬ題のジェーンスーの本。女には貴様でなくあんたぐらい言え。女は生涯いち女子とは似合わない、つるむ大衆のくせに、いちというな。男子は生涯いち男子、いち「日本男児」だが永遠の少年は似合ってる。女子女子連呼は暴動?確かにガキには教育が必要だな、下層階級として。女子会は男性消去の男卑女尊である。大衆新世界で女子がつるむ暴力。暴動と言うより無秩序エントロピー。抽象的な父権社会が必要な所以。ガキ化してるこの国。
あと幻冬舎での東氏とジエーンスーの対談。「・・日本で年間3万人にも及ぶ自殺者の7割が男性だと聞くと、“男の美学”みたいなもので(・・何と・・)男性が自らの首を絞めているような気がします。産業が発展して技術革新が進めば、どうしたって仕事の数は減っていく。そこへ女性が対等に社会進出を果たしたら、当然仕事が不得手な男性が落ちこぼれていくわけですよね」。
     7割自殺をあっさり男性の美学のせいにする、「落ちこぼれていく」と憐れんでおいてそのくせ女の反省もしない考えない。自らの首と誤魔化す均等法信仰者ブス女のすり替え議論に唖然(何言ってんだ・・男女ビョードー真理教の・均等法真理教の女ラーがフェミラーが殺してるんだよ!!。この殺人鬼ラめが!!。女のあれもこれもの贅沢のせいで・・)、正に犯罪的隠ぺい歪み歪曲言動、そのポリシーで言う正義のかけらもなし・・。。人様の命を何だと思ってる、まるで男性は死ぬものと言わんばかりだな。まるで選択肢ひとつで来た男性が悪いのだ。これは他殺じゃない自殺だ、自殺したのは男性が悪いんだ。唖然絶句である。    
やはり女子一生とかホザク奴は自称男女問題専門家は信用するなジェーンスー、大抵はフェミ偏向で女びいき。皆の衆は覚えて置け。あと話の合わない男性が必ずいるってお前が他人と妥協する合わせる能力がないメス的で無能なんだろうが。笑わせる。

ついでのフロク。朝日女子組は狡猾にも表紙に育児男性の写真。女子組だろ!!。おいしい時は女子女子で子育て負担の時は男子か?。自己中。男女を錯誤している、適材適所を知らぬ人間自然を知らぬ、人間錯誤の西洋レジーム。活躍の北欧とは幼稚な朝日、この程度の頭と心。

ついでのフロク。朝日新聞の女が(ついでに男が)生きる。卑劣な印象操作あり。女だと極論でも載せるフェミラー朝日。そんなに子供が大事と言うならば、妥協して離婚しなければいい復縁すればいい、本広告からも孤独離婚より保守維持こそ若さ生き生きと言える(東北大の下戎美幸の異常女権フェミスト。男性には無限大に自己犠牲を要求強要罪するそのくせ女の自己犠牲奉仕は徹底的に抹殺する、権力叩きのMarx思想と同じフェミズム思想。。戦後レジームの知識人はまず疑え)。そも人間の出来てない、身勝手を言う、大人じゃない女に妙に寛容ではなかったか朝日リベラル系は。「やっぱ価値観が異なる(そりゃそうだ異性だぞ)・・」とかの自己中な理想ならぬリゾウ利増で離婚する女らを扇動したフェミストの戦争犯罪を問うべきであろうが、男性に罪を責任転嫁の唖然自己中女ラー(どうせフェミがかった奴らの極論暴論の取り上げ強要論に唖然だな。自分は母親の非妥協的硬直の自己中は棚に上げて、何と父親に全て責任転嫁。実にmarx的人間観。典型の女権国。見飽きたがね)。。それこそフェミの公式の個人主義に従えば、他人に頼むんだろ?都合いい時は他人じゃない?。それを会うもせずに金だけよこせそれも何と強制的にという暴論極論を女の意見なら平気で載せるフェミスト新聞えせひ新聞。ゆえ今更に男女とも立ち上がろうとMarxを言われてもな、さんざフェミ思想をばら撒いて日本男女を破壊して離婚を増やして置いて今更に罪滅ぼしか。。女がきっかけでしか立ち上がれぬのか腑抜け(男性はNet難民と自殺だけど?・・一層の貧困。男をこそきっかけに日本国民は立ち上がるべきであろうが)。。その前にそれこそ男女平等思想を蹂躙する、女権思想を朝日的なフェミズム・ヘイト思想を一掃せよ。話はそれからだ。
まだ表記差別する今村優里のマンヘイト(編集細工だろう)。それこそ失礼だな。女だけ限定輝くとは男性に配慮ない失礼とは絶対言わぬ男卑女尊のえせひ新聞。女の立場だ? (フェミ女は何やっても優遇してすらもmarx共産党的に文句言うからな自己中。まるで褒めても「セクハラだ―」と文句言うひねくれ歪みフェミ女みたいやぞ笑)。しかし国は一度でも男の立場を考えたことあるか、それこそ自己犠牲を強要罪して・・。それこそ男性は活用されまくったな。Marxの公式と実は全く逆に、男こそプロレタリアートとして女は貴族だった。挙句は戦後復興自己犠牲貢献で有難うね、はい用済みリストラ過労死カローシ。失礼どころじゃない。前に朝日はホームレスはついこの前まで社員だった人と記事やってたろ。全体理想のない朝日など屑にもならぬ。
      ついでのフロク。何と3日連続で女女と暴力行為の朝日えせ日新聞(要はこいつらは男性社会の戦後復興貢献と言う厳然たる事実を忘れていた。他に伝えるべき真実を隠蔽しているaフェミ新聞。ゆえ必死に女専門分野にして隠蔽したいのだ皆の衆。女の贅沢の為には男性が犠牲になっても「別に」いい。犯罪新聞と証明・・。そう戦後復興貢献どころか女もそれで豊か幸福楽になった。それを温仇で返した平等真理教の戦後女らーは悪魔そのもの。平等共産主義はそういう悪魔思想と知ってた戦前日本人という・・)。
そうしかしその代り男性は瑣末「抑圧」社会窮屈で生きにくくなったな、それは理想じゃない一方的押しつけのリゾウ利増だ(女らはこういう国が楽しくてしょうがないんだろうな。自分らさえ良ければいいガキだからな)。すぐ何でもセクハラとか言動まで弾圧(何と役割意識の言動まで。人間錯誤のファシズム帝国)。防止の名の下に。防止の必要はないだろう過剰防衛、ファシズムだフェミズム帝国。男性を何だと思ってるのか・・。
そのフェミら。活躍だの自称自分性格自己中PRだのフェミ系女らは幼稚。大人じゃない。大海ドラマ不合格。余りに低レベルすぎる。売春を、けなしヘイト言葉の買春にいい替える言葉遊び(ヘイト言葉は却下されて当然だろう)。金払ってんだろう?。何を思い上がってるか、男性自然をヘイトするマンヘイトの女記者。フェミズム帝国と証明され過ぎの現代。反逆否定せよ。誇りあるまともな男性なら。

最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。





コメント