骨系or突拍男子のぶっ飛びに大勢を大けん制な文明提言丸は遥か未来に向けて中長期的に突然変異させる思想コンセプト準備塔

時代流れリベラルに流されず超流主義と創造or突然変異主義で旧パラダイムを時代転換創造する下士階級の元気気概Ideaブログ

権利だけ義務せず非淑女ら戦後レジム。脱がず見物だけの自己中に象徴さる所謂Manヘイト蔑視時代

2013-09-28 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌

世代?。戦後レジーム世代、しかし住めばいや「育てば都」を超えて・・それでこそ真の成長ではないのか赤旗共産党よ・・日本国民に告ぐ。因みに独逸人のフィヒテはMarxの言う疎外alientaionの着想の源流EntFremdung。単なるナショナリストでない偉いらしい。21世紀にも通じる主体的鎖国論も説いた。
   憂国世代or朝生世代?(流行りの優等生思考だけはしたくない)、ゆえバブーと俺らを勝手に座標規定するな!!。消費経済動物を超える思考をすればその瞬間、全員が憂国世代である・・。しかし田原総一郎氏にしろ、世代で横に区切る思考パタンの蔓延。縦の人種こそではないか。みんなが不況なら大勢に流れる多数みんな一緒なハングリー。好況下でなら少数な「反逆の」ハングリー。いずれの精神力が強靭ハングリーかは明らかではないのか、一応反論です。堺屋太一氏の宣伝使われのビジネス本(しかしフェミに遠慮しない宣伝文句とは珍しい。実に不自然。この本も不自然)、理想を念頭に置けば嫌でも状態を、現実安穏に溺れずにハングリーに前進できる生き生きできる。孟子はそう言い換えた方がすっきり明快と思います。

  「AbendIslandRevolution・・」。因みに夕刻のCopernicsは読んだことない御免です。
しかしこれぞ革命すなわち、古き伝統をひっくり返しじゃなく、伝統回帰・・。
それは「男性ゴーテック原理のこの国への史上初の導入」「どうだいドウダイーズ。一人残らず目指してますか?」。議論外の理想こそ希望だ、朝日よ。

応援クリック願います!!。人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 で今回題名の由来。先ず西南戦争のあとちゃっかり大河八重の作者山本むつみ(名指し公然)が確信犯的についに本物の本性(笑)を、レデイーと権威化のレデイスファシズム扇動の唖然(男子は自らを自己中に権威化したか。否。対して武士道=悪と思ってる馬鹿フェミ作者。ゆえ女も!とレデイと偉そうに驕らせる西洋信者奴隷)。自己中な非淑女を登場させてたのでこの題名です。で大河ブログ分野の皆さんにはヨロシクー。
   で西南戦争以後の感想から(次回で非淑女が出る)。八重感想が恒例の出だしとなって来てるが。以下公開済み。
やはり現代に罪なレデイスファシズム大河へこの感想に票を入れています。 採点:1
投稿者さん投稿:2013/9/
武士消えタガ外れ本性現す女ら(ホラな予告に作者本性。レデイだ?あれ淑女かあ?日本語で言わんか!!非淑女はレデイの意味も考えない。西洋化した現代、女は驕れるレデイス権力権勢(それを煽った作者の犯罪)(大奥ねじ伏せずして改革なし!!)。昔は厳しい武士道教育あったから女は品格知性とも美しかったというぜよ。対し現代は命名レデイスファシズムの西洋化公害で物質精神とも「非淑女」で汚染)。急に男子を従順にする無理矢理設定(無理矢理涙させたなウケ狙い)。不満武士=×の旧来明治史観の時代遅れ「人間錯誤」の作者(西郷の夜這い名言もなしの近代西洋信者)(38話は清盛14%。八重11%)。西郷が蒔いた種開く?。否「こんな戦後の為に皆は死んだのでしょうか」(石原氏引用の未亡人証言)の繰返しだろう、自惚れるな植民地化の忘古維新よ(最後は原爆)。同大、男性の思考にまで干渉する非自由な西洋ファシスト土井オバハン生んで、逃亡を夜這いに例えた西郷も呆れ苦笑してるだろうよ
  そうだな異性の思考にまで干渉する思い上がり同大オバハン。驕れる者は久しからず。

しかしここで高視聴率の半沢直樹論。赤旗はちゃっかりここぞとばかり妻の「左遷線怖くてどうするんだ」の女らしくないセリフを引用。高視聴率正義感ドラマも、ジェンダーフリーセイムの公害汚染から自由Freeじゃないってことが分かった。こういう世界規模のジェンダー「ファシズム」に対し目には目をと闘ってこそ、超半沢直樹である、赤旗よ。会社や家庭よりも大きいる国家にIDを置け。旧来の正義論では立ち行かぬぐらいに時代は暴走している・・。しかし日本人の生き残りは全国にいるだろう・・。
   半沢に冷ややかなアエラ。ただの時代劇・・?。じゃない、創造こそ可能性。Journalismな事実では時代は打破できない。正論言う野郎は必要ないと?。ただのアイドルあまはヨイショで半沢はただの時代劇と侮辱か?。こういう時は反メデアらしい。自分らもメデアじゃん、誇張事例を提示あるいは気に入ったドラマなら理想像とヨイショする。良妻賢母を個性と言っては社会が家庭が崩壊する・・。更に知識人が正論家野郎を評価しない冷ややかの異常寒々。これって職務怠慢では?。
   朝日新聞も今度は現状突破の半沢直樹には冷ややかで現状流され誤魔化し無責任のあまちゃんをヨイショ。華麗なる一族の方が?。現状超越突破こそManish男性的であろうが。華麗なるはああ見えて決して男性的ではない事実Journalism的で風景的。現代の与党に見える。共産党のようなもの。元朝日新聞徳岡孝夫氏の不自然ヨイショ仕方もいかにも朝日的なここぞとばかりのあざといfemishパタンにしか見えねえな、万事が万事。
   更に追加。小林よしのりAKB本で。競争社会で驕ることも許されない?。何社会だろうと驕ることは許されないだろう(いちいち引っ掛かるな)。傷で憎まない、確かに傷を負わされたなら別として八つ当たりはいかんよな。しかしAKBの印象。俺はアンチでもないけど、日本をジェンダーフリー破壊してる破壊主義者の面もある。男子に君と呼ぶ歌もしかり、紅白の歌はあそこまでいけば視覚暴力と思えたな。清純なふりしてああいう歌ってのは最も詐欺的ではないか。軽い者にこそ最も気を許すな。大衆文化論では見えない戦後断面。
   そうその驕り罪関連。また次でも。驕れる非道徳マスコミの一端。セブンって名前の女雑誌あるだろ。「もしもーし」と実に粗暴な「非淑女」が出た。蔑視用語ばら撒き批判したら。「どーしてですか?」と何と読者と議論し出しやがる唖然(普通は読者様の貴重なご意見として有難く承りますと受け止めるのが大衆マスコミの倫理だ常識だ。他の窓口でも「全くおっしゃる通りですよねえ」と同意頂いた。最近の一部女は基本も分からぬ驕り罪。そのくせ七細かいことを執拗にしつこく問いただす)。そして自分から議論長引かせるくせにそのくせ「時間ないので」と逆切れのずるかましい言い逃れ。「批判の筋合いない」とも思考停止の驕り暴言も。正にこの雑誌は「女の価値を下げてる」だからああいう記事を組んだのか。つまり「私たち価値低いです」と言ってるに等しいてことだ。ああまでも横暴暴力的な対応は初めてぜよ。陰湿系は見かけたことあるが。しかし大抵は女だな悪いのは、ここでも・・笑。以上、これも戦後驕り風景の象徴ツボと判断したゆえ公開に晒した。

飛んで本題。実は・・今回は一見ちと馬鹿馬鹿しくも見えるかもしれないが(そうでもないか。Net上では大きな議論になってる)、ゆるい分野こそ盲点ゆえ逆に重要ツボ、よくいる電波言論人のようにこういう時だけ簡単にお茶らけでお茶濁してはならない。際立つ象徴的の事例があった。そう白昼公然の土足侵入な大画面風景たるTVや「Hollywoo奴隷」画面ではそうである。女はいつも負担しない白昼公然差別。ずっと前からか「人間錯誤」は・・。
   そう言えばいつぞや再度「こんな戦後国を作るために皆は死んだのですか」との未亡人の問いを石原氏。新右翼はそうなのだろうと言ってしまった時代トレンド迎合安易さ。政治は軽視、消費経済の跋扈天下の経済動物の国にて。
      ここで追加。アエラの「右批判」。しかし安倍ら保守の戦後エゴ時代への着眼じたいは正しい。寧ろ左派marx流の茶化し戦法こそ国民に嫌われてる。
 
   しかしそう言えば参政権はもしや「参戦権」だったのか・・(随分と重たい権利だな。そんなに欲しいか?・・平等クオタ男女徴兵制?)。狙撃もある命がけの政治。難しい話は重たいと普通は口を揃える女たち。更に参戦権の徴兵義務の代わりに参政権参戦権だったと多くに気付かれつつある。普通、政治はタブー。ある出入りの場でも政治は禁止。片やある本の感想でも女の人が、昔は逆に権利も義務もないゆえの自由が女人にはあったようですねと。常識ジョーシキ通念な自虐史観を覆す観点・・つまり創造的(男性差別運動の人々もその辺りを時代に妥協してしまってる盲点がある・・根底から見ねば・・)。通念のフェミ大本営の自虐史観に関しては世直し分野も手薄に見える(待った・・俺という気概の言葉を、それでも下僕のように自虐に使う奴らは反近代であろうと断固敵である。上から目線の近代西洋覇道は右だろうと左だろうとリベラルだろうと徹底攻撃排撃する!!・・)。そういう軟派エリアが日本の危機で狙われてる。保守派の背後を刺した左翼のような図式。大奥本音エントロプーを正義でねじ伏せこそ日本伝統流を思い出せ。
    龍馬伝で船中八策では志あるものは国を云々とあった。しかし国って、もっと根底のものでは。Marx唯物論的に「外の制度」に向かっていくものなのか、or西洋の国?ExtraTerritory。Hegel観念論的に、心が国を創る面はないのか。因みにある古代史論で「ケルト人はそこにいる場所が国」と。これ近い。言わば「国家人本主義」か。日本流入のケルト類似神話をも追っている本だったが。
唯物なこんな国に成り果ててるらしい。フィヒテを敷衍して命名AlieNation。疎外国ゆえ皆どこか満たされない。戦後Marx国家観の限界。国家心本主義がない。ゆえ日本にIDの愛国者が増えつつある状況。(ところで社民党は元々腑抜けの上についに嫌がらせ政党になったか。そこまでやるなら消えてくれ)。

戻り、戦後レジーム。櫻井よし子が(この人物も男にだけ厳しいことホザイたことある故その風貌でも気を許すな。こいつら右翼女こそ自分らは義務負担せずに徴兵制とホザク自己中。女に厳しくは最近に限っては曽野氏だけ)。
   Net上でそういう類の自己中女な行動原理の風景はとうに詳細に多く議論されてるから具体的には言わないが。大量にある追いつかないほど。頼もしい限りだ。
そして更にこちらブログ検索ルートで「(日本をズタズタにした)フェミニズム撲滅隊」の少し前の提言があった。この場借りて賛同で呼応。しかし俺は骨系or突拍男子は、運動現象面よりも何より、そいつらの思考を「原理」を頭脳を根本を粉砕することを目指しています。いわゆる男性差別問題マーキュリズムそしてフェミズム批判問題以上に、もっと根こそぎ奴らの存立基盤を倒さねばと。ゆえに運動面と言うより、巨視的文明観の下に奴らをあぶり出し溶解せしめる戦略で進みたい所です。言葉遊びも現実を形成する。単なる男性差別批判ではとても追いつかないようゆえ、全く別角度からの戦略戦術も必要かと心得ます。

準本題に戻り。例えば。
追加(が増えるのう。朝日!!)。流行りでなく真の意味での根本的な江戸極東宣言・・による男性解放・・となる。超越的な議論外こそに真実はある・・。
    例の朝日新聞ひとの飛脚野郎引用で朝日女記者の嫌がらせハラスメント契機にな。そう正に服着てる女記者が半裸の男子を写す、義務負担せず女の典型図式だ。
  殆どセクハラ女記者は神崎ちひろ(陰湿陰険卑劣と判断したゆえ晒した)。「この女記者は他に何らかの意図があったものと思われます」殆ど犯罪者扱いには理由ある、即ち真江戸日本文明復活論を妨害する目的だろう。どうやら江戸のおいしい所だけ復活させたい最近流行りの下心らしい。高校生を持ち出して反論しにくくさせる卑劣。所詮はフェミ新聞は自己中である。同日の試写室の江戸川夏樹(女)も似たような下心だろう。
で災いを鬼として(ここでは福だが)ぶち上げた、
     朝日批判いや「朝日新聞否定」論は「極西列島フェミファシズム否定」=極東日本復活!!取り戻せ。つまり人命優先ゆえ性罪は無罪で冤罪自殺ゼロは近代法の「徳性令」。これぞ根本的な江戸復活。環境論と言う大きな問題すら超えてる空前江戸復活。議論の外へ行け!!朝日よ・・。
要は社会的弱性たる男性の「人命優先」で救われる男尊まとも社会。「江戸つまり極東の根本復活」。大らかない極西ギスギス西洋神道は男性限定だけ虐殺してる人道の文明の罪な男卑女尊犯罪体制。ゆえ女記者下心なおいしい所だけでなく根本的に江戸復活こそ真の男女仲良い天下太平の新戦後。朝日ガンダム他でも江戸のどかさについては言、新気運。歴史的根性あれば男尊のちゃんとある即ち男女仲良い真の意味で明るいまとも自然国家は「取り戻せる!!」。男性は死んでも別にの戦後極西帝国を大西洋奉還!!(それこそ例の本で言えば西洋ルール破壊だ)もちろん龍馬流(逆に今度は保守が正しいと気付いた。徳川とも妥協した龍馬)。
  朝日新聞「ひと」に戻り、そこまで破廉恥世論扇動な、女に都合いい所だけ江戸復活との自己中を扇動した以上は朝日はフェミズムを捨てて、根本の生命性命を罪でない善とする大らか極東江戸を復古温故知新させる「義務」ある(or冤罪殺戮生命はどーでもいいー?。男性は生命の価値が半分との狭隘な西洋神道フェミイデオロギー殲滅!!)

追加終わり、やっと本題に戻り。そのフェミ的な「戦後の風景」。その驕れる女の象徴極み場面・・な「戦後の風景」・・。何とニュース番組でだ・・。前記櫻井よしこ風には、権利だけを異常にうるさく主張するのは大抵はフェミ洗脳女らのエントロプー風景(女は屁するな!!)、そのくせ義務責務はだんだん放棄していくリベラルな人間のクズその象徴が日本女。でそう言う権利だけで負担はせずの典型の戦後の増長風景が例の場面。(後述の上野引用高橋の弁護の空虚さ。象徴を知らぬゆえだ・・)。
   news番組のten(思い上がりにもな)。そう、長時間執拗に男湯(じゃ女も負担して脱げよ・・出演二名の女で。混浴女湯その方が絵になるしさ。共生の江戸回帰の時代では男女とも同意だろう。しかも男女共生の狭い地球Gloabl時代)。あるいはやるなら男女両方出せ!!やらないなら男性も出すな!!男女平等に。これ倫理道徳。
   本題?に戻り、信じられないだろうがtenと言うnews番組、ボカシはあっても殆どないに等しい。明らかに男性性器を嫌がるのに執拗に映そうとしてる明らかな公然セクハラ番組(あ縮んだとか・・嘘じゃねえよ本当だぜ、news番組で言ってたこうテロップしてやがったぜ。tenに比せばみの問題などどれほど長閑で善良か・・。あ開いたビラビラとは言ってないしな・・)(あるいはフェミ女ならどれだけうるさく騒ぐかな)。しかももしや女カメラか?。現にある番組で脇浜紀子穴は男湯に入っとったやないけ!!!不法侵入の痴漢行為・・(女はいいのか。痴漢と同じようなものじゃん細かいこと言うな不正義のほーりつ家よ)。自分は脱がずに男湯に平気でインタビューの呆気唖然絶句(おまけにこの女穴は選択夫婦別姓論者らしい。いかに自己中フェミ思想があるか分かるってもの)。
実に自虐。男子よ自虐せよってか?戦後レジームよ。自虐史観。自虐観は後述。
   このニュース番組tenはもう男性の盗撮趣味趣向自由や性的痴話話は報道できないな・・。そうだろうここまで露骨にセクハラ放送やっておいてor自分には甘く、他人には厳しく実名報道までするか?自己中news番組か。それとも男性はいいのか。じゃ男子更衣室も全部廃止を提言でもしますか?助平な女穴ら。明らかにおかしいわな憲法違反。
画面に映った場面について限って言おう。みのは触れただけ(と見られている)。先の俎上の場面のように強制的に下着まで脱がせてない。とすればその程度で騒ぐことかと。
因みにドラマで僅かに女湯場面見たことある。内もも開いて洗ってたな。しかし「ニュース番組」のtenのように「あ開いた」とか破廉恥セリフないし泡で見えんかったけどな。これはそうない僅か例だ。大抵男卑。男性ばかり負担の自己中女時代が戦後。上記大河八重でも。
    戻り、この場面を平気で見物の女歌手ら。逆ならどれだけビービー怒る?。戦後を支配は女尊フェミズム。いわゆる輸入フェミズムどころではない、アマテラスと称する中国のセクハラ女神の支配だ、この女が日本男児にセクハラしてる国なのである。この女権国、いかに男尊復古が当然すぎる要求か想像可能。
    フロク。週刊朝日はセクハラ批判記事と同時に男性のED取り上げる。是もある種のセクハラ的ではないのか。男卑にだけは余念ない朝日系。それこそセクハラとか小うるさく言われるから性欲減退してるんだろうが。倫理は禁欲教科書じゃねえ、理想だ。  

「男尊なくして正義なし!!。男尊なくして社会なし!!」。
思えばシャカイト称して儲けばかりする会社は女を異常優遇の性差別。企業社会に正義なし!!。これからは正義が原理の時代。これを煙たがる女は時代遅れ。

「男尊なくして社会なし」・・と言うべき時は以下。
また準本題いやフロク的。
   婦人公論で、何と男は邪魔とホザいたおいら僕さーフェミ的論客の奴は高橋秀実は、誰から生まれたのかと女の暴力扇動罪。この囁きで社会変わるだ、いや社会が壊れる・・。正に産む性だよと驕る態度の盲点。これは本ブログでとうにこの母権国の限界は論じた。今更にああいわれてもな。「誰から生まれてきたの」は女の暴力そのものだ・・。こういう断面を見逃さないのが突然変異の準備だ。「男尊なくして社会なし!!」
     しかし朝日論壇時評で母権利で婦人公論上野千鶴子が「男たちが勝手できない嫌だよーやーい?」と幼稚なヘイトスピーチ載せる朝日新聞の見識疑う(新聞がだぜ自称良識の笑)。やはり朝日新聞否定論は必要である。完全にフェミズム監視社会主義ファシズム体制派の自己中矛盾、これも逆説ってか?
   婦人公論で「子が出来たら男性こそ会社やめなさい!?」と無茶苦茶な噴飯もの人間錯誤の迷言。この上野こそ誰が見ても「男性の根本自然性質への」嫉妬があるわな。男を争わせる高みの見物はいつも女こそしている、盗人猛々しいとはこのことだ。事実を無理矢理捻じ曲げるパタン上野、著しい異常な主観、主観新聞の朝日。リベラル猿に公正なし!!。公器じゃない!!。再度、女空気Kファシズム批判する奇特な男性ら(新武士は新士)を中傷嘲笑ヘイトスピーチ以下の真似をする、非淑女な上野は知識人でないどころか人間のクズであることは天下明々白々。言論界からも退場ー!!。
    そう公開に晒すがさもありなん。その公然と上野の対男性ヘイトスピーチ載せた婦人公論・・「またあの電話だよ」・・?だ?。これはそうそう聞かぬ無礼雑談ぜよ・・(さあすがヘイトスピーチ載せる雑誌だ)。別の電話だと言っていたがそれでもそりゃヘイト思想フェミズム載せたら「苦情」が一杯来るわな。お前らに罪あるに何を逆ギレしておるか、ヘイト思想の分際で。何が「じょせー」に希望か笑止千万、このそうそうない驕り罪を見てもこういう女らには何らの新社会を創造する能力ない劣等種と証明だろう。希望とは笑止千万。早く廃刊しろ!!公害ヘイト雑誌めが。本当に女って動物は大抵はロクなことせぬな。
     そう人間錯誤のフェミズム。「フェミズム止めますか?それとも人間やめますか?」。フェミズムを麻薬に準える賢者もいるしな。
朝日新聞否定論続きを引用。
論壇は異様異常ですねとても日頃偉そうに良識気取る「新聞」とは思えません。現にさ、確信犯的に公然と「俺たちーそんなタブー嫌だ」だのとフェミスト上野は、勇気ある雑誌の論陣を侮辱し捻じ曲げ嘲笑引用(バカと違うか?上野千鶴子と高橋源一郎は・・さすがリベラル猿派閥は非道徳民だな・・)
事実は彼らあの雑誌は昨今の「もー私たちは批判されることそのものが嫌なのー」「女を批判するもー許せないー」類の一方的片手落ち自己中満足ルールはこの人間社会で異常と「冷静に」批判してる。上野と高橋はとんでもない思い違い言いがかり。  
    ファシズム空気Kに反逆する奇特男性(新武士=新士)を冷やかし誹謗嘲笑中傷ヘイトスピーチする上野(多く男女の上野観。こんな大人げない非淑女な学者を公然載せる朝日新聞は見識疑う。賞まで与え必死に体制時代守旧の朝日)フェミストの幼稚さ(フェミ時代以後、ギスギス冷え争いとは男女が直感だ。一部フェミスト小うるさ扇動と逆に。あるいは?今や女は全員潜在的ファシストである!?)。男性を文明を理解してないな片手落ち人間錯誤の時代は(それこそ弱性たる男性が「抑圧」されたら巨視的に文明歴史発展に全体損失不幸と今頃外国に気づかれつつあるおめでとう。「時代暴走」の近代フェミストファシズム時代は「人間錯誤」だったのだ!!。とうに多く認識だがやっと公式に言えた)。
    何より一部女による空気Kファシズム(これ批判したら袋叩きファシズムゆえ義憤で曽野氏らは出たまでで。高みの見物とは言いがかり、男女とも何かこの空気は非道と思てるだけ。女こそいつも男争わせ高見物。何をかいわんや上野ヘイトの著しい異常主観新聞。盗人猛々しい)を全うに批判した曽野氏らに逆ギレ批判とは唖然・・こいつらそれでもJournalismか!!。あれ物議か?賛同多い当然の日本人良識。あの雑誌は大人な論調しかも創造性までもあり非の打ち所ない、対し朝日連中の幼稚さ不毛の胃の中のマルフェミ産業社会主義で「現状守旧」。
   自己中女へのバシング(いや道徳的批判だろ)を生活保護論争に(この問題はファシズムになってないから全く別問題。左右対立にすり替えるな!!)までこじつけ弱者の味方ふりして動員企む朝日左翼戦法パタン(左翼好みの「事物羅列の傲慢」と単一化の怖さ)。(女空気ファシズム批判という正論を何とこともあろうにヘイトスピーチとかぶせる「侮辱罪」は悪質(上野こそヘイトスピーチと皆が共有認識)。タブー恐れぬ勇気ある雑誌と曽野氏が気の毒だ)(or女は絶対善?神話だ笑)。そのくせ真の弱者は茶化す非道徳リベラル高橋源一郎。男が弱者なら何とかしてやれよそれこそ女と同等以上に、犯罪も回避の為に(それこそ社会全体幸福の為になる)・ええ!?高橋はおかしい。異常女尊フェミ空気Kファシズムに「流される」リベラル派閥は真の全体理想がない。女こそ男に嫉妬する字の如く、相当に正当性ある自然な男性支配社会をすぐ妬みヘイト敵視する自らのエゴの為に。そこに義はない。あと昨日の迷惑な「ひと」の神崎ちひろ記者に一言追加「大奥占領車両に乗り込むのが怖い奴らは男じゃない!!。天下太平目指す将軍系男子じゃない!!。女権国に反逆できずに勝手に徴兵されて死ね!!」キマッタ・・!!
   しかし前後、象徴的事例。片付け番組記事を女でなく男に書かせる朝日試写室。これも負担しない女の象徴例だ・・。

本題に戻り。以下は番組苦情手紙より。
リベラル(なんでもジユー)即ち「非国民たるマスコミの」執拗なる異常な男卑女尊暴力ハラスメント行為悪意の象徴風景・・だらけ・・。

ペテン安倍(aペテン)が口先だけで否定する戦後レジームイデオロギは戦後帝国(そうMarxistでさえ言ってる間違いねえ。戦前日本は長閑な理想郷断面だったと何と外人が指摘し始めてる。ええアメリカニストさんよ!!)は、戦後帝国は、どう見ても要は女よ驕り高ぶれエゴイストになれ増長せよ、男はうなだれろ卑屈に自虐になれ(例の場面のようにな。そして自虐芸人や男性侮辱罪に対してもお茶濁す若林オッサンのように。日本の恥だな非国民!!)男子よ「自虐史観」せよと。ズバリこれに尽きると言われる。洗脳政策(つまりマスコミ政策)

こういう扇動で男性の抑圧ストレスあろう、男は表面的には意地はってるが(俺含めてな)、潜在的には相当に傷害となり鬱積・・と想像できる。
とすればまるでテロクラシーが制度化されつつあるか?。ここまで横暴がくれば天誅制度はいるか。義憤は偉いが(よって韓国排撃運動は人間クズとまでは言えない。現に普通の市民だと言う報告もある。義憤や怒り=×は安易圧政的。左翼さんよ・・)。

昭和維新の本で平等論。しかし再度、こんな日本を作るために皆は死んだのかとは言われる。そうだと言った新右翼は間違い。やはりこんな日本ではなかったのだ・・。
   あるいは・・「そうだったのかもしれない」と想像できる。こういう国を造るために戦わされたのか、左翼の言う意味でない犬死?。いずれ後述。歴史類推学的に。
物語れ。「太平洋共産革命戦争」?・・。その通りになった・・戦後・・。平面画一大実験座標のような戦後帝国。ドイツと違って支配者は遠隔。海の国にて。極西。

どうやら素朴にはこの日本史には余りのお人よしが続いてるのだ。そこまで自己犠牲しても結局は「戦前の人ってバカみたい(平和がイチバン。で共産党って意外といいよねー)」と消費経済動物に嘲笑罵倒される始末・・正に日本は滅んだのだ・・。戦前は全て悪い・・日本に正しい歴史はない・・ああだこうだと・・歴史を冒涜・・。(お人よしもほどほどにな。そう言う未来至上思考は米国輸入的)。篤姫場面の志士になってはいけない。勿論、篤姫の自分棚上げの無責任お気楽大暴言(フェミ脚本家の本音自己主張)も真似してはならない特に女は。言い分を両方聞くってならまだ良い可能性。よって片手落ちフェミズムはいかん。ならぬものはならぬ。
     天皇主義の平和憲法主義では不足な理由。江戸将軍的なゴーテックな空前の本ブログが絶対に必要なゆえん。実に突然変異の準備・・。

長文を最後まで読んで頂きありがとうございます。よろしければ応援クリックを!!。
にほんブログ村
教育・学校(その他) ブログランキングへ




コメント

男女摩擦と定義。男女戦争が国を歪めた精神汚染。男女の持ち場への誇りがない。これ歴史過ち繰返し

2013-09-21 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌


男女摩擦。経済戦争を超えるか・・の趣旨に通じる。江戸まで資本主義だと一括りの偏り見方もあるが、江戸時代で既に資本主義は痛烈に批判されていた、Marxだけじゃない国産である。そう言えば日本は理想社会としきりに強調の本宣伝あり。Islamが羨望?。ドイツも?。
  しかしそれって男卑女尊国への下心がないか?。日本。最近の道徳倫理ジャンルのブログで見るように、冤罪がある「インスタントファシズム経済軍隊戦争と男女戦争」の国が楽園か。大らか江戸ではない戦後月本国ではホームレスもいるし。新書読めるぐらいでどこがUtopiaか。相対主義もたいがいにな。経済軍隊至上主義一色の日本。「創造という分野」がない、全て政治かいわゆる経済になってる。ゆえIslamは親日か尊日で止めてほしい。間違っても日本は楽園じゃない。隣の芝はあてならん。Islamは天空気概の超越性Obama21世紀演説にこそ自信持つべき。

  で拡散に以下で呼応!!。簡単に男性が強制的に冤自殺させられる空気K国は地獄である・・「天下太平の江戸以前の穢土」である・・(何と重い現状変革の名言か・・余は突拍男子である・・)。通勤神風特攻隊を救え!!。で「新戦後」へ・・(言っておくがaペテン戦後レジームよりも前に思い付いたVision)。

応援クリック願います!!。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

因みに鉄道警察隊に苦情電話、暴力広告「一生終わり」との脅しに対し。出たオバハンの何たる横柄さ。先のやたら謙虚な男性と違い、こういうのは初めてだ。こいつ男性皆が痴漢予備軍と思うてるか。でそういうことよりも冤罪による生命危険を警察なら最優先しろと言ってやった、女占領車両乗ってるし骨系男子は度胸ある(因みに満員でも乗る強者もいる)。しかし他の警察窓口より法務省よりも何と傲慢か。二重にムカついた。こういう人間錯誤連中が警察国家を造ってるのだ(そもああいうのは自殺させるほどの殺すほどの罪かな。軽微だとついに言われ出し)。米国子飼いのaペテンも警察国家志向。時代に媚びる人間錯誤の奴らに戦後レジームを否定する資格ない!!。

ここで男女の持ち場で大河八重。わあ出たー。「ジョー」と呼び捨ての悪妻(頼まれたにせよ。そりゃジョー様とは呼べぬな。しかし腑抜け)。
   それでも現代では罪深い大河 この感想に票を入れています。 採点:1
裁縫だの呼び捨てだの(出たあ本音目的予告卑怯)男女持ち場を破壊の米化。平等すら女作家も批判(皇后も平等化は本質価値失う恐れと予見。的中中)。西洋優位誇示は傲慢(逆転気配の現代)(あと押しある女は昔もいた今と同じ。フェミスト大河の大本営洗脳歴史パタンは犯罪的)。徳富蘇峰も腑抜けに描く、陰鬱が善で豪傑は悪パタン無理矢理設定。天地人感想「受け狙い泣かせに辟易です」と多々あったなそう言えば。片や涙も流さない冷酷八重、強さPRの時代迎合下心(確かにあんな女に言われたかねえ笑)。(新島譲理想は正しい。上にー上に蹴落とし西洋はエゴ時代)。廃刀令は侮辱だろうな、使い捨て高度成長社員とダブらせる悪質(歴史はやはり現代らしい)。西郷に皆を背負うと言わせろ時代迎合めが。誰が戦をと他人事見物の八重。
   あと新島譲に同感、自己利益の為に異質存在を排除する占領車両政策は絶対許されない。雄大ゴーテック塔の輸入かつ南国風の隣人愛をも復活する共生共存こそ狭い地球GlobalColumbs時代だ。

戻り言えば。ブータンブームでGNHってあったな。幸福を基準にした経済指数。
GNH。大いに結構・・だが幸福と来れば、俺は「幸福無限追求権利」とやらの戦後弊害を見るかな下記。個人ありきの分裂思考はエゴ時代(よってブータンの龍名言よりもオバマ演説の方が遥かに勇気づけられた)。
  ここで追加しかし。ホラな。不幸を願うサデイズムの「素質がある」とあっさり記事にするmsnの見識疑い(あとでコロッと批判調のずっこさ)と鬼畜西洋の復活(これは気をつけないかんな)。こいつら要は過去の植民戦争史を正当化したくて、科学の名の下に「いやあ人間って半分はサドなものでね」と停滞し正当化。フトタ総理では日本人政治家がそう言う風潮に警鐘してたぞ・・さすが日本は偉い徳がある。鬼畜西洋は所詮は鬼畜だったか、太田総理の足元にも及ばない覇道の国。未来に大勢力になるIslamに人気の日本人の謙虚さを妬んでの「科学政治」策略だろう、ドイツ人を見下すフランス系カナダを駒に使ってのな、抜け目ない狡猾。強い強いと女に言わせる西洋イデオロギーは、本当は弱いゆえに人様の押しのけ上にー上にー立とうとするのだ個人主義人生。次の東西戦争は東洋が勝つと文明的に予見されてる。敗戦の恨み受け継ぐ日本人は増えつつある気運で。

関連。人生を語らずと言う題名の少々前の世代の歌がある。そうである同感、人生と言いだしたら年だ。いやそれより傲慢・・その言葉命名自体がエゴ目線の個人主義。MyLifeも分かるけど無粋に見える。江戸と代わって東京時代は親米のAmeicanDream構造の上にー上にーAD時代(八重で優秀な?転校生が他の生徒を家落とし。上に上にーと)。へりくだらず上がるだけの傲慢、無限宇宙へ・・欲得は際限がない。人生まで上に上にと煽られ誰かにproduceされる座標製品。そこには大義の為に公共の為に自らの幸福など犠牲にする儒教の仁は軽視・・自分は自分で他人は他人の西洋個人主義。やはり東京時代はエゴ時代である。発明家もまして、政治家にもそうそういないが大きな社会発明家は人生を破産させてしまう例がある。自分個人主義者に何が分かる。
   蛇足だが、こういうテーマゆえ敢えて俎上に載せるが、新興宗教にいた「人様をすぐ不幸」と言ってのける侮辱罪女(不幸は侮辱と雑誌でさえ載ってたぜよ)。唖然。少しバカっぽい幼稚い女だった。時代をマスコミを全て鵜呑みしてる典型のような、今どきでもいるんだよ、リテラシーしなくても普通の良識人ならああいう扇動ものには多少の違和感と距離持ってる筈。そ奴は扇動に乗ってると言うか、弁護すれば宗教のそれもあったのかもしれないがな(だがもちろんこの侮辱罪には徹底的にトラウマにするほどに報復した。目には目を。それでこそ骨系男子だ。ざまあ。人様を侮辱しては「ならぬ」のです)。本当だこう言う奴は「震災で内の家族は助かったーよかったー。皆と違ってワタシは不幸じゃなーい」と個人的に大喜びするのか他人を考えない個人主義。ある女の人は、「気の毒」と言った人にさえそれ失礼だよと怒っていたぞ。心の格差が生じているな。徳の有無が。ガキか大人か(待った!!。そう言えば女はよく男の悪口のくせに男は女の過去悪口言うなとの自己中な差別発言がタレントおばさんであったから、わざとこういう具合にしたってのもある。文句あっか。いやそれ以上に、幸福指数が雑誌にも上がってる以上は、こういう系列の奴らは俎上に載せるべき最大驕りと判断したゆえ。WashByWaterじゃない。傷つけた側だけは簡単に忘れると言う名言を知らぬか。他人様の根に残すのは加害者である)。よって幸福指数は道義上問題と言える。
   関連で女の横暴。現にさ、ところで読売テレビのtenが公然セクハラコーナー。明らかに男性性器を狙って映そうとしてる嫌がらせそれも執拗。女カメラマンとしたら変態か。女湯にはしない女には「負担」させない、正しく権利だけ要求の自己中の極み風景。混浴こそ共存共生だろが。中谷しのぶ?女アナも西田ひかるもやらしいんだな見る目変わるな。悪意あるセクハラやった以上は二度と小うるさい男性バシングのnewsやるなよ・・!!。あるいは番組廃止、罪状は男性侮辱罪セクハラ。当然の処置だろう。比せばみの問題など長閑な「善意」なもの。
  朝日新聞女子組はギロン以前に不自然。深慮思慮ある曽野氏が言ってるように、あれをハラスメントは言い過ぎだろう。悪意の嫌がらせの問題じゃねえじゃん、合理的限界理由で会社が困るって意味だし。言い過ぎ権利だ。時流が全てと信仰Marx信者の戦後帝国。
あと朝日新聞何とデカデカ一面に橋下校長セクハラ問題。子供は?ですらセクハラ?謝罪かあ?。何か異常に狭隘な、女の大らかさがなくなってる月本国だなやはり西洋神道の国。いずれ滅びる。(しかし上野の片手落ち本パタンバカはもうええっちゅうねん笑。上野のネオリベって決まり文句はリベラルの戦争犯罪の責任逃れに見えるな。リベラルをから根底根本を批判せねば何も進まない)。
      朝日新聞で議論以前に不自然嫌がらせ記事。じゃ買い言葉。ガマガエルみたいなフェミ的女オバハン漫画家が(顔は人格表すとケネデイ元大統領)、「終戦」(敗戦とは書かせない朝日)で男性たちがしょぼくれてたから男に頼れないと思ったとまた男女敵対西洋個人主義思想の毒素充満。パタンな耳凧。男女お互い大変なら助け合いというより温かい日本的発想の原点は浮かばない創造力のない頭だったのかと後世代ながら思う(夢現隊こそ男女同盟。ガマガエルは不要)。さすがは女は後方で楽しく労働、男は戦地で苦労という、男性を犠牲にした長らくの男卑女尊国と報告されるだけのことはある(朝日のNoisyMinority誇張敗戦観と大本営フェミズム発表は絶対に鵜呑みにしないと思った)。朝日新聞らに嫌われることは男性の勲章である!!。キマッタ・・!!。
   フロク。週刊朝日で女子大生写真広告の隣にコンドーム技術賛美の異様リベラル広告。この雑誌は半沢直樹を土下座と女ライタが貶め冷やかしておいてあまちゃん異常ヨイショ。同じくあまちゃんヨイショするアエラも冷ややかにけなしてた。果敢に正論を言うIslam流男が怖い嫉妬心の女なんだろうな朝日系。思うに正論のMarx的天井を自称するリベラル雑誌は真の正論が出られると困るのだろう。
   そうなれば朝日天声人語。自己満足陶酔リベラル。リベラルは穏やかな人?。それ寧ろ保守じゃねえ?。俺のリベラルの印象。要は伝統的古き良き道徳観が薄いから妙なことにまで寛容な連中。ゆえ何でも時流トレンドと受け入れて時代ファシズムに屈してしまう言わば幣原キリシタン的。最期には西洋外国に十字架にされる・・。かくて世は益々一層悪く暴走する。リベラルはこの世への責任感なし。理想がない!!。
   もひとつフロク。ヤマトの朝日文化欄で若泉祥子のグラフィック。まるでデスラーナチスを憎んでるな、まるでスターシャ崇めるような目線。ここぞとばかりに男卑女尊を混ぜる卑劣の朝日。
     もひとつフロク。朝日新聞の殆どセクハラ女記者は神崎ちひろ(陰湿陰険卑劣と判断したゆえ晒した)。どうせ江戸のおいしい所だけ復活させたい最近流行りの下心だろう。高校生を持ち出して反論しにくくさせる卑劣極み。所詮はフェミ新聞は自己中である。江戸川夏樹(女)も似たような下心だろう。   
       で災いを鬼として(ここでは福だが)ぶち上げた朝日批判いや「朝日新聞否定」論は「極西列島フェミファシズム否定」=極東日本復活!!取り戻せ。つまり人命優先ゆえ性罪は無罪で冤罪自殺ゼロは近代法の徳性令。これぞ根本的な江戸復活。環境論と言う大きな問題すら超えてる空前江戸復活。
  しかし朝日論壇時評で母権利で婦人公論上野千鶴子の男たちやーい?と幼稚なヘイトスピーチ載せる朝日新聞の見識疑う(新聞がだぜ自称良識の笑)。やはり朝日新聞否定論は必要である。婦人公論で「子が出来たら男性こそ会社やめなさい!?」と無茶苦茶な噴飯もの迷言。この上野こそ誰が見ても男性の根本自然性質への嫉妬があるわな。男を争わせる高みの見物はいつも女こそしている、盗人猛々しいとはこのことだ。事実を無理矢理捻じ曲げるパタン上野、著しい異常な主観、主観新聞の朝日。リベラル猿に公正なし!!。公器じゃない!!。再度、女空気Kファシズム批判する奇特な男性ら(新武士は新士)を中傷嘲笑ヘイトスピーチ以下の真似をする、非淑女な上野は知識人でないどころか人間のクズであることは天下明々白々。

   幸福論に戻り、そうなればそう言えば腑抜けにもアエラの侮辱するオジサンの?雑誌等でさえ腑抜けにも「女より男の方が不幸」とジジツを言ってのけてる。ふうんなあるほどそうなのかあ、知らなかったなあ、男は女より不幸なのか。じゃ男女ビョードー憲法が欠陥発明品だったと実証ってことだな、ベアテババ(笑)よ、GHQ旧い頭だったNewDealerよ、下手くそ実験(笑)まったくだ、レッドキングのように頭がバカだったんだろうこの失敗見ても(理想をって、他国の庭に実験題材持ち込むとは上から目線の覇道の思い上がり・・絶対その善意は怪しいな。じゃ江戸時代の平和はどうなんだ?西洋に巻き込んでおいて盗人猛々しい)。そうだいきなり急に思いついた笑、自由平等の自己矛盾原理が健全な筈がない!!。昭和の皇后も「平等原理は本質を失う恐れと」(つまり先ずは抽象&具体の男女連携のことか、同意する女人も多い平面座標争い椅子取りゲームor平準化図式安易ゲーム論争もか。対して理屈抜きの先住民の伝統教えは聖徳太子のように核も予見)」との予見は目下当たりすぎてる位の弊害だらけ寒々した穢土風景(冤罪筆頭。原理がまずいゆえだ。正に本質見えないフェミマスコミ)。
    そも戦後。普通に素朴に考えて一応これだけの経済大国への感謝って、女らは一度でもしたことあるか公式に「お疲れ様」と・・。どころか何度も言うが「粗大ゴミ」・・人様をモノ扱い、何と恩を仇で返した卑劣極み・・(どうやら人間クズでさえ甘すぎた一喝だったらしい)(マスコミフェミ大本営に洗脳なければこう批判的に考えれる筈。扇動洗脳を超えよ)。そのくせ新社会の創造の責務もせずに権利の文句だけ。正にそれこそ、男を不幸に陥れてる、男性の不幸は女が作ってる、女によって男はどうでもなる人間論を「錯誤」して悪用・・ゆえ犯罪が後絶たずの荒れた風景へ、いずれまた述べる。男はお人よし過ぎ。篤姫での志士のように。家内労働が作業になって楽に、男のお陰で女は解放。これに感謝は?。女びいきの赤旗でさえ「男性だけはまだ解放されず」と。ある女性論者も「戦後の女は何たる身勝手」と断じた。正に「人間錯誤」せずにまともに考えたらそうだ、マスコミ雑誌洗脳を取っ払って・・。あと「貴方稼ぐ人、私使う人」、これは完全に男性への侮辱。搾取と奴隷化以外の何物でもない(ドイツなら金財布も男性がだ。当然。何たる日本は女権国か)。逆の扱いだったらフェミストはやんや怒るだろう。何をかいわんや。そして今度は楽な主婦も退屈で飽きたから男性を本音では用済みと非道に追い出してでもNegativeに差別して(明治の西南戦争直前の使い捨てどころじゃない悪質姿勢。明治の猿真似やるフェミ女と安倍政権。いずれ歴史の汚点となる。時代は正義が原理となるからだ)自分の「個人主義」「人生」の為に働く、隣の芝になりたーい。エゴの欲の皮の自己中以外の何物でもない、これエゴ時代。
    そも長期的な終身雇用年功序列は米人経営者ですらも日本の成長を大きく支えたと評価、これが崩れて日本は歪んできた弱体化と。長期視野のない短絡化ということだろう。のみならず・・この長きの制度はある意味で社会貢献なのではないか。そこそこであれば大黒柱に広く一生仕事を保障する。それによって誰も路頭に迷わずしかも家族も底辺まで広く安泰、足るを知る国。一九九五年頃の企業テロや犯罪も回避できる。足るを知らない女の贅沢要求つまり人生充実したい幸福追求権利の要求はこういう他者も考える全体への社会的視点が全くない(やはり幸福指数は危険・・)部分改革自民党のようなバカ頭になってる。しかも率先してやらずに空気を読んで「あこれならそろそろ非難されない」と計算して時流に便乗するから最も卑劣悪質。そして更に悪質にも江戸を悪用がいる、曽野氏も批判する野田とか。要はこの人は感謝の心なしと。おいしいとこ取り。多分日本が結構、女尊国だと気付いたのだろう。だから急に日本がどうとか緑風も、言いだしたのだ。急に江戸をいきなり暴力的に持ち出すはIsrael的。そのくせ大らか痴話事は一切触れずのいいとこ取り。これに騙されてはいけない。江戸維新。維新の西洋的気概だけは正しかったのだ。核まで否定しては怪しいと見るべき。自己満足では日本の為にならぬ。やたら具体的な実利的な身近国めが。
    そう戦後。男が築いた全うな戦後秩序は女らがフェミストらがアメリカニストらがズタズタに解体した。終わり悪ければで否定せよ、やむを得ず、育てば都の戦後を。実はもともと原理的に自己中だった戦後を否定、これこそ戦後レジム否定だ(安倍氏すら戦後は利得の時代と言ってる)。いや戦後日本を法廷に引きずり出せ。戦後支配の矢面責任者はともかく、GHQ等その根底原理を支配するものは相当に邪悪エゴイストと考えられるからである、結果が証明。お前らの実験動物にされた巨大な科学犯罪。科学という定義の植民地的傲慢。

緑党に言おうとした。まだだが。
「緑:その声にならぬ声」orその看板は緑でも中身は黒だった・・。
「天照らす世は 荒ぶる魂 救え 全て 一粒までも 波が静まるまで・・」天照らす太陽の平和。テロ暴力はこうしてなくさねば理想党よ。日本人の責務は余りに大きい。
そう緑になってくれなくちゃあな。あの政策Viewは凡そ緑じゃない、黒船的な黒灰が混ざってる。憎しみのMarxの思想的不健全性ゆえだろう。この公然とした男卑女尊ViewPoint社会、最も治癒さるべきは「男損社会」で責任重い男性だろうが。なのに追い討ちとは卑劣非道非情、天地人は追い討ちは最も卑劣と言った・・。これ日本流美学。女は世を救える・・フェミボスの言とは逆に(こいつらに責任義務逃れさせるな)。無理?じゃ・・大河ドラマ(=日本美学のドラマ)場面流に敢えて家父長的に申そうか・・
日本将軍(NHKの龍馬春嶽の将軍制あれば無責任ファシズム起きずとの仮説に従って)演説。
「戦前に軍人は大東亜太平洋戦争の八紘一宇で傲慢覇道な植民地政策西洋帝国に反逆して広く東洋の多くの国民を儒教的自己犠牲に解放したとは世界中に知られている(朝日すら戦前日本は相当誤解されてると明記)。戦後、その女版はどうか・・。どうもな・・男が製品製造で、女を家事労働から解放の貢献したにも拘らず、女は異性に感謝すらもせずその苦しみ苦労も理解せず粗略扱い唖然の人間クズ、所詮はいつまでたっても近代無限要求に自分のことばかりエゴに狭く人口半分ばかりだけをこ奴らは考えてる・・選択肢増えたことは男性の犠牲の上であるにも拘らず。自分らの能力をケチに出し惜しみし、久しい母権権力社会に胡坐をかいて義務責任取らずに一層いつまでも楽できる体制を維持しようとしている・・。フェミズムはその為のおいしい道具となっている。女は所詮は片手落ちの戦後エゴ時代を造る為だけに野に放たれたか・・。やはり女に参政権参戦権を与えたのは誤りだった、所詮は女は人口全体の世界も救えない片手落ち方輪の「出来損ない」、正に聖書アバラから造られた、小さな部分思考しかできない欠陥品の劣等人種と証明された・・人知を超えた神を念頭に置いた伝統聖書は正しかった。そう申しても良いかー!!」。嫌なら日本アマテラス女神のように広く世を救うべし。

男女摩擦・・と定義。
日米摩擦解決は現地生産で感謝されたが、こういう真の日本のような創意工夫と徳が、日本と同じ座標にいつのまにか置かれてる女たちにはあるだろうかな。とうてい今の女は日本人になれないようである(所詮は戦後新興宗教におだてられてるだけのバブル存在か・・)。先の緑提言一喝に通じる。
   例えばアエラが何とオジサンと侮辱する週刊現代9/7では、長老的な鳥瞰があった広く雄大に。タブー批判はファシズム批判になる。日本ではこれ言うと女批判すると袋叩き?(この国は言論自由ないらしい。正に何度か言った新世界の自由によるフェミ帝国だ、まるで米国。戦後中だな)。政治マスコミも何も言わない、マタハラスメントで言論封じ帝国。一部女は職場の苦労顧みず身勝手。男女問わずよくぞ言ったと反応らしい。  
   要は女の本来の出産機能が犠牲になる不満。無理して男らしくなる弊害。企業論理と育児は相容れず。男女平等の結果、男らしさを競うおかしさ。理想論だが、女のままで社会参加なら批判もなかったと。女が自らの手で共存社会を作れるか。しかし現状を変えようと思わない女はリアリストと(持ち上げるな。現実性と呼べ!!)。やはり性的分担になるか。様々な立場の意見で。対話相互理解こそ。or世に充満する違和感が一層。・・との主旨。
   所でアエラでも公正に雑誌マスコミではいつも男卑女尊と不満取り上げ。よくぞ。
要は女が男の真似をしてる弊害。それが男女摩擦を生んでると。裏返せば、女は平和型社会を作れるか。しかし女はリアリスト(持ち上げるんじゃねえよ!!)(つまり所詮は現実性)ゆえにそうしない難しさと。(となれば結局は核となる創造性は男性性じゃねえの?。中途に持ち上げるから話が見えにくくなる。満州も)。
少し女に優しすぎるがな(これでバシングと文句言うとはアエラのどこまでワガママ勝手。逆に一般雑誌は紳士的すぎる)。じゃあ週刊現代をArranger!!。若い世代ならこの位でいいだろう。「おんどりゃー。女はつべこべ文句言わんと平和社会を自ら作らんかー!!」笑。
   戻りまあ曽野綾子系は良くぞ言ったと言う所。やはり年長者は何だかんだ言っても偉い、徳がある。才を信仰してる東京時代の下世代はもっと公共歴史に謙虚になるべき・・。アエラはだんまりのようだがアエラのパタン声よりも「もっと男の人が声を挙げた方がいい。女は却ってちゃんと聞きます」の声を心にとめるべきであろう。まともな大人ならこのファシズムを皆おかしいと思ってる。
   つまりGemeinschaftがない。殆どない。ドイツのテンニエス以外は殆どこの新社会原理は誰も言ってないらしい、ヒット僅か。僅かに米人の文明論者が暗示してるだけ。盲点だな。社会党も輸入社会society党だったから問題だったのでは。自国歴史と体張って向き合わずの輸入にいかなる社会創造もない。

大きな視野で国際論でもこれは言える。独創国家ではなかった日本は猿真似で安易な道を選んだ、自らの誇りを忘れ。しかし先行した勢力が兄貴分面するのは無理ない。対英米従属へ。いずれ摩擦になる。何かこの図式ぎくりとせぬか。最近の違和感対立摩擦。女が女としての良さ誇りを忘れ猿真似すれば、当然に男は身構える。しかも特権気取りのおまけつき。昨今の男性の不満充満は正に同じことだ。徳のない似非の「猿真似ニホン」に怒ってるのである・・。男は同類には身構える。そうなれば伝統的な、正に本質価値たる陰陽の平和はない(確かに座標面の対立は皇后の言う本質価値を失った)。鏡を奥に曲げれば、逆にならない。右手は右手になるが。短絡そのまま真似では同じ見える対立だけである。
   歴史の繰り返し。戦前は災い転じて幸いは軍事から民生国家へ。次は、21世紀は商でなく正義の原理と言われる、商業戦争から社会形成の時代へ・・。女の猿真似経済動物の戦争軍人主義の数字主義はまたも今度も敗れるだろう。その警鐘があの週刊現代の提言だろう。これを謙虚に受け止めれれば女も伸びる。あるいは聞かずばそこで人間終わり。

InConclusion、創造力ということになろう。単なる表層そのまま鵜呑みコピー変換行動はエントロピー問題つまり非創造的で地球に合わない反Global。満州の中国コピーはどうなった、衝突を生んだ。それをフェミストが経済でやってるのがこの今の戦後である、男女摩擦へ。天下太平はまだである。

長文を最後まで読んで頂き感謝です。よろしければ応援クリックを!!。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村
教育・学校(その他) ブログランキングへ

コメント

時代暴走ファシズムの人間錯誤。古新は善悪基準に非ず!。男卑女尊こそ破壊主義エゴ。男尊なくして正義なし

2013-09-14 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌


グローバルと言ってる風潮の中で、前回は余りに根源的な空前ぶっ飛び提言「米州国の満州国化」をやったのでちと疲労。で脱力。たまには力を抜こう、今回は少しさーっとEssay風?に流すのでご了承。

時代ファシズム・・そうなってる。この空前なる新創造語を今回は提示する。はい終わり!!。
 関係ないが、想像力は空想力として大小共存せよ。創造力と混同しない為に。
そう時代時代と大勢に媚びて、敵側を大勢で抹殺消去する。正に時代ファシズム。福沢の問い視角も関連、後述。
と言うことは時代は関係ない。古新は基準じゃない。変わらぬ人間の知恵と愚かさこそ善悪基準である!!。愚策強硬策だらけの時代にて。

あと正確には男尊なくして義なし大義なしと言うべき。語呂が理由。狭いグローバル地球での消費経済の利の時代で。

 そう「時代の暴走」これを制御する創造院をいつか提言したっけか。反逆こそ創造、それは困難難題ゆえ創造になる。(宮崎駿監督も近いことを言ってる)。大勢から観点をずらせば創造の始まり、空気破りと前提崩しがその条件。安きな安易な流行から創造が出る筈がない!!(それをカタカナで正当化するからタチが悪い。最も日本を破壊してる奴らがクレオとかシャレのようにほざいてる。片や「個リジナル」暴走の飽き飽き風景は想像生産の暴走と感覚麻痺効果)。時流便乗者は自国外逃避と同じ腰抜けである、逃げればプロテスタント筆頭のように深みが消える。日本を壊す破壊主義者を葬り去る為には伝統の次に即、創造地平を連結するしかない、破壊する暇を与えないのである、そういうこんまい分断分裂思考を。なにより時代時代というごまかし多数用語を存在させないことである。

応援クリック願います!!人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

空気Kタブーファシズム。時代ファシズム。唇寒しは古き言葉だがまだ新しい。この新世界。空気を破れKY!!。空気を支配してるのはいつも誰か。マスコミュニケーション力?。いや男は黙って最後にクロスカウンター、ズンこれでいい空気破り。

「人間錯誤」。人間・・しかしこれを割と強調してるのは大体は一部保守側だな。片や多くのリベラルは大抵は人間錯誤の機械の引用まがいと言うか教科書の上というか、表層に部分的でのっぺりしている、思考が思慮が全然足りない印象、つまり俗論を大前提に鵜呑みにしてるゆえ自ずと創造性がなく思考が乏しくなる。あるいは輸入イデオロギーに乗っかる、ゆえに戦後空間の中(この戦後空間の人間関係では経験洗脳への注意も必要、英国流が全てではない)。。反逆がない。あるいは知的技術の有無と言えるかも知れない。前回writeよりLightをと言ったが、保守は掬え全てを獅子奮迅に実践してる技術に見える、一部の理想主義嘲笑は悪い癖だが、左右の限界はある。しかしリベラルは決まったギロンゲンロンだけしてるお利口さんの口だけ見える、言論の神に捧げてる実は宗教思考。その宗教の行先は結局は英米戦争の革命戦争史の政治的教科書。「セカイ」と国連へ、余りに異常に大量生産に血塗られた植民地史の彼方へ消えていく吸い込まれていく。こいつら日本人?。
  そう保守こそ思慮Liberalである。政治パラドクス等の歴史的コンセプト思いつくヒントも多々あった。恐らくマスコミ的一方的扇動「流行の俗論」を「鵜呑みにせずに」思慮深く逆をも両面を複眼を見据えているゆえだろう、大きな意味では野党なのだ(言論や科学は所詮はどこかからの主観viewPoint。日本語は限界か)。それでも時代突き抜けは不足だが・・。このブログが絶対に必要な理由。リベラルは大抵は人間錯誤をしている傾向がある。真の意味では進んでない。
福沢諭吉は日本文明(不名誉にも文明だそうだ)の正体は「一が他を滅す」、正に要は最近流行りのような優位な上位な一方が他方の下位を消す原理と見抜いた。しかしこの観察はどうやら過去よりも未来だったのかも知れないな。他方を消すまでやってるのは昔よりも現代であろう。もしや福沢の観点自体が攪乱なのか・・そこに歴史が見えない。
となれば現代のコロコロ国家の右往左往。苦肉の脱亜入欧もその枠内。片やAmerica駄目ならAsiaという遅すぎる急遽frontierへも、西洋猿真似の消化不良の断面の勿体なさ。天下統合がないこの国の秋の空。福沢流には、あれかこれか○×。反動なら古いと時代錯誤とすぐ×とレッテル流行の白痴国民。ユダヤ長老も戦後のそういう単純思考は日本人の創造力を骨抜きにしたと観察。戦後を否定せよ!!。安倍流。
  官軍賊軍のコロコロパタン。賊官共存は出来ぬのか、これあって天下統合。あるいは真の意味での賊軍は。いつも戦前は×、戦後は○。江戸は野蛮、明治は西洋。しかし西洋原理のまずさ戦後リベラル原理の問題点がNet等で相当に認識されつつある、マスコミイデオロギと真逆に。賊官は入れ替わるか。

片や時代錯誤はよく使われる濫用される。
  しかしこの言葉自体が錯誤的だな、そもそも古新は善悪の基準じゃない!!。易きに流れる「人間錯誤の時代」風潮にては一層。殊にコロコロ国家はよく使いそうだ。
      時代錯誤。しかしもしその時代がかなり間違ってたら?。ゆえそういう今が全ての罵倒は相対的である。時代よりも人間である。進歩史観を否定せよ。
例えば順当にはミヒャエルEndeはエジプトの経済を言及。自然を基礎とした有限経済は、西洋Roma帝国の貨幣無限欲望を基礎とする経済に取って代わられたと。要は無限のようで大いなるだが実は有限の自然、これを忘れずのエジプトか。この経済を時代錯誤と切り捨てれるか・・それこそ人類錯誤。錯誤は何処で生じているか。工作頭脳が基礎の経済もはや。しかし暴走政治頭脳・・。実に「自由な」諸国民である・・ただし、かっこなしのだが。
  因みにエンデは資本主義だけでなく共産主義も批判してるが、正に近代批判。そして時代錯誤とかよく言う共産党。安倍の言う母親が子を育てるという根本的基本すら、何と贅沢にも古色蒼然と中傷(古さは×らしい)。先の関連では、空想的社会主義も空想的とけなす、エンデの経済論もきっとそうだろう。無限近代思想に乗っかるから空想的となじるのか。そうMarxは極めて資本主義に妥協的である。両者は姉弟とも言われる。マスコミ人に多そう。資本主義批判者はMarxに左翼に区画して追いやればいいとの算段が見える、Marxが全ての天井であると・・。実は資本主義を変えない左翼。
あるいは例えば時代錯誤と言われた、新の王莽は意外と思うだろうこうも言われる。史上初の奴隷制度撤廃と全人民土地分配の儒教伝統に従った復古善政だった。時代見てないと抹殺した貴族らは果たして、何か錯誤してなかったのか。奸臣説は多くあるにしろ政治現実は見てない面もあったと言われるにしろ、実に時代とは相対的ではないか、時代は古新は善悪正義の基準ではないようである。
   しかしさ、そうなると伝統秩序は決して抑圧でないようであるな。「地上での」理想である。ちゃんと全体を見てる。前回の満州母権思想の危険の関連、抽象的にあるいは科学的に見てない限界。悪名高い男女のことでも儒教が全体秩序を見る目は、時代変わろうと同じだろう。その伝統を引っくり返した後の社会のほうがどうやら想像を超えて危ない遥かに問題と証明されつつある具体的には挙げないが、所詮は地上である。何より犯罪の回避まで底辺性まで考えるのが全体理想。西洋のモアのUtopiaもそう。全体理想が儒教である、人間もバカじゃない。片や当たり前のように使う自己主張の典型、具体的な個人完結理想はあてならん。この言葉をやたら個人的に濫用してる欲の皮突っ張った奴らの跋扈する、戦後帝国の風景も含めての何たるいかがわしさ。戦後childrenはいつから歪んでる・・。GulfWar的思考法で経験学習してる場合じゃない!!予見せよ。

となればここで再度。SAPIOで男尊女卑が時代錯誤と批判。しかし時代錯誤とすぐレッテル貼るは「時代ファシズム」である。じゃ男卑女尊は時代に錯誤してないから○か、片や男尊女卑は古いから×か、こういう効果もおかしかね?時代迎合。過去より現代を見ろ。男卑女尊でまとも秩序が崩壊してる現代の時代、儒教の男尊は下記の皇道にも通じて寧ろ温古知新と心得る、いかんせん時代に合ってる。坊主憎ければ袈裟まで憎いの日本主義も逆に問題。儒教善政統治等いい面は取り入れるのが日本流である・・。え?「建前が」儒教とか。なあるほどじゃ韓国も「本音」は男は女に尽くしを強要罪される西洋諸国民の部品ってことか。しかしそりゃ当然に食事は女の得意分野だろうなあ当たり前じゃん、ちとこの書き手おかしい。それは別に不思議じゃない男女には持ち場がある。最近の女が流行が、電化製品の恩「義」すらも忘れて自己中に一層その責任を楽に楽に「権利要求」する時代風潮の人間錯誤の方こそだいぶ自己中でおかしい西洋信者なのであって・・(となれば日本女は韓国の無理難題要求みたいということか。待った!!。そういう考察もちゃんとある)。いずれ男尊女卑はまだまし少なくともまともだったと証明されるだろう。しかし誇張。隣国が男尊女卑だ?関係ないね。ここは日本だ!!。あーよかったでなく、男卑女尊横暴を征伐せねばならない。韓国は意外や結構マシではないか、全体家族を考えたら。少なくとも西洋的なエゴ丸出しは回避されてる。マシ。
   週刊朝日。香山リカの半沢論。女は土下座してるかあ、逆の驕りに見えるがな。定番の女被害者論の誇張だ信用できぬ。正に男にだけ責任かぶせの女権国だ。どれだけ男の方が屈服させられ女の驕り跋扈の方が目立つ風景か何をかいわんや。生産だけしか見ないMarx経済観そのもの。ゆえ真の権力を見誤る。空気Kの支配を見据えない具体的動物的な思考だからだ。
    そしてAeraは何と、他紙をバシングしておいてそのくせ自分らはその言う週末に無罪人をヘイトする広告見出しのどのツラ下げての、自分には甘い「自己中雑誌」。相当の年長者男性を「使えない」とは完全にヘイト意図狙った疑いは天下明白。人様を何だと思ってるか。女だけ人だと思ってるヘイト雑誌アエラ?。じゃ大黒柱を首切って家族社会を破壊主義か。もしかしてそこまで広く頭が回らないバカ?産業社会主義。この雑誌の完全解体抹殺なくしてまとも日本は人間立国はない!!。journalismの条件は自己中じゃないこと。間違ってますか俺?。責任感ある国ならAeraはカルト団体ならぬヘイト雑誌の破壊主義勢力と認定するだろう。しかしヘイト雑誌と居直りか。古いを憎むは破壊のみ。近代のMarx闘争経済社会観こそ旧い。ホラな、オジサンと侮辱罪ヘイトの居直り、「創造論」と正論を言っただけの大人な他雑誌までオジサン雑誌と同じ侮辱罪の「思い上がり雑誌」(この雑誌は日本に害をなしてるな)。それ言うならオバサンとは絶対に言わぬ不平等自己中ガキ雑誌と見なされるだろう。誰ひとりこの雑誌を大人とは見てない。まともな日本人なら誰もが今回の週刊現代の創造論とファシズム問題提起は大人だ天晴れと思うだろう。片やファシズム加担を認めたくない女らの自己中。本音では世界に媚びる安倍の人種差別浄化経済政策は愚策。そういう安倍も批判せずしてそれでもjournalismか!!。思慮ある人は言う、人種差別民族浄化の安倍政策を批判もしない、不満もcutして自分らさえよければいい自己中じゃ出来損ないjournalism。それにガツガツ能力をうるさく言うよりも大きな重要な問題あり。それは時代が小泉改革自民党筆頭に反社会的になってること・・。大黒柱を冷遇したら家族が弱体化し社会が歪むSimple法則、簡単に国の基礎を叩いてはいかん倫理道義は普遍的。逆にお疲れ様と感謝すべきだろう。この雑誌は最もmarx的な平面産業闘争社会主義に毒されてると見える。近代西洋の奴隷走狗だ。
     いかなるカタカナ語で侮辱しようと週刊現代は一応、旧社会マスコミ空間を一歩踏み出した創造主義だぞ。そう他雑誌そのものを侮辱したらその雑誌終わりだよなアエラよ。思いませんか?皆さん。修飾語はどうでもいい世代対立戦争扇動も関係ない、読者が見るのはその内容だ!!。拍手。
   因みに朝日声の曽野綾子批判を批判してる主婦の方が謙虚である、共感するオバハンは傲慢Goman。何歳だ?。さすがフェミストは成長しない人種(差別せよ!!)。どうやら戦後は日本東洋の美風を破壊してるらしい。
   ところで朝日女子組はギロン以前に不自然。深慮思慮ある曽野氏が言ってるように、あれをハラスメントは言い過ぎだろう。悪意の嫌がらせの問題じゃねえじゃん、合理的限界理由で会社が困るって意味だし。言い過ぎ権利だ。時流が全てと信仰Marx信者の戦後帝国。あと朝日新聞何とデカデカ一面に橋下校長セクハラ問題。子供はですらセクハラ?謝罪かあ?。何か異常に狭隘な、女の大らかさがなくなってる月本国だなやはり西洋神道の国。いずれ滅びる。  


  そう戻り、儒教には男尊女卑との定番主観批判パタンあり?。まあ俗論だな(やはり女は定番思考らしい。その手の大本営的俗論は大抵は外れてる)。しかし何故に人類の東洋深い知恵が敢えてそういう男尊女卑スタンスなのか・・悪×と決めつけずに、それには深い理由があるのではないか。すると現にある東洋思想のページを見ても、男尊の重要さ、女尊の危険さが巨視的歴史的に指摘されていた(温故知新時代も近い気運か。ようやく人類は知恵を取り戻すか)。男尊秩序は、人間を分かっている秩序として、かなりマシのようである。逆は・・正に前回触れた、何より種馬どころか粗大ゴミと言う侮辱罪に最も分かり易く象徴される、女尊国の横暴(男尊の頃、男性は女を物と呼んだか一度でも・・。いかに男性が太古、冷遇されてたか想像できるってものだ。Marxの母権信仰単純○×教科書は言うに及ばす)。これは古代女権専制の本音と「本性」の露呈だろう、女にはどうやら全体を見据えるつまり弱性を「遠くにまで」思いやる即ち抽象的に見据える感覚は備わっていないようである、正に俗満州母権思考。フェミに限らずでさえ(まして・・女のいわゆる本来の良さも忘れた歪な動物になってる現代女であれば、太古母権国よりも一層に冷たい非道残虐な国を造るだろう)。粗大ゴミとホザイた奴らは一般の女らだろう。いつか述べる驕り罪・・日本法違反。
   やはり突拍男子「男尊なくして正義なし!!」名言となる。
       関連で大河八重。
わあ出たー今大河の目的本音。「ジョー」と呼び捨ての悪妻(頼まれたにせよ。そりゃジョー様とは呼べぬな。しかし腑抜けは親米だ)。引用。
それでも現代では罪深い大河 この感想に票を入れています。 採点:1
投稿者さん投稿日:2013/9/
裁縫だの呼び捨てだの(出たあ本音目的予告卑怯)持ち場破壊の米化。平等すら女作家も批判(皇后も平等化は本質価値失う恐れ予見。的中中)。西洋優位誇示は傲慢(逆転気配の現代)(あと押しある女は昔もいた今と同。フェミスト大河の大本営洗脳歴史パタンは犯罪的)。徳富も腑抜けに描く、陰鬱が善で豪傑は悪パタン無理矢理設定。天地人感想「受け狙い泣かせに辟易です」と多々。片や涙も流さない冷酷八重、強さPRの時代迎合下心(確かにあんな女に言われたかねえ笑)。(新島譲理想は正しい。上にー上に蹴落とし西洋はエゴ時代)。廃刀令は侮辱だろうな、使い捨て高度成長社員とダブらせ悪質(歴史はやはり現代らしい)。西郷に皆を背負うと言わせろ時代迎合めが。誰が戦をと他人事見物の八重。
あと新島譲に同感、自己利益の為に異質存在を排除する占領車両政策は絶対許されない。
雄大ゴーテック塔の輸入かつ南国風の隣人愛をも復活する共生共存こそ狭い地球GlobalColumbs時代だ。

戻り、再度敷衍すれば、男尊の秩序は少なくとも全体を見てる。これを認めないエセ王道連中が、立体の皇道秩序を引き摺り下ろそうとするのである。革命だーと敵を倒す「勝利」を目ざしてーと勝利マンション、あとはパーッとジユ―で飛んだり跳ねたり大はしゃぎの中国的混乱。その大衆の中では抜きんでたViewは出る杭打ち、そして平面国家へ戻る・・太古退化帝国。真のエリートは消える。当然に盲目に暗闇になるわな・・平原は見えない。その後は、混乱と犯罪へ・・。女が太陽でない冷たい月本国は、正に女の支配であるがゆえに正に起きている。弱性たる男性に思いやりのない国になってる。どうやら男尊は弱者への思いやりだったのだ・・(それがない西洋国民神道の国・・男性は抹殺されてる。昔はそういうことでそこまでしたか、劣性にも憐憫があったのではないか。そこまで男性は劣性で劣位に扱われていいのか。これは人道の罪かつ文明の罪である!!西洋!!)。我々はもっとたかだかの近代人間よりも人類の自然な歩みを信じていい。
    ここで戦後風景「その過ちが一生を左右する」電車広告・・の恐怖政治はメス的愚策な強硬論あって起きている。大黒柱と女子高生と全体考えてどっち守るべきか天下明白。しかしなぜここまで一般の善良な男性まで言われねばならぬ。まるで痴漢予備軍扱い。あるいは「触れれば一生終わり。やーい優越感」ってか?驕り罪。フェミ的憎しみヘイトがとうとう警察に出だしたな。治安維持法的思考法すら超えて、一般人まで罪人にするバカ狭隘さ。
     因みに鉄道警察隊に苦情電話、暴力広告「一生終わり」との脅しに対し。出たオバハンの何たる横柄さ。先のと違い、こういうのは初めてだ。こいつ男性皆が痴漢予備軍と思うてるか。でそういうことよりも冤罪による生命危険を警察なら最優先しろと言ってやった、女占領車両乗ってるし度胸だけはある(因みに満員でも乗る強者もいる)。しかし他の警察窓口より法務省よりも何と傲慢か。二重にムカついた。こういう人間錯誤連中が警察国家を造ってるのだ(そもああいうのは自殺させるほどの殺すほどの罪かな。軽微だとついに言われるたし)。米国子飼いのaペテンも警察国家志向。時代に媚びる人間錯誤の奴らに戦後レジームを否定する資格ない!!。
    現に時代の暴走の戦後風景。現にさ、ところで読売テレビのtenが公然セクハラコーナー。明らかに男性性器を狙って映そうとしてる嫌がらせそれも執拗。女カメラマンとしたら変態か。女湯にはしない女には負担させない自己中の極み風景。混浴こそ共存共生だろが。中谷しのぶ?女アナも西田ひかるもやらしいんだな見る目変わるな。悪意あるセクハラやった以上は二度と小うるさい男性バシングのnewsやるなよ・・!!。あるいは番組廃止、罪状は男性侮辱罪セクハラ。当然の処置だろう。比せばみのもんたセクハラなど長閑な「善意」なもの。

   時代の暴走。映画に戻れば。男卑女尊。女尊の横暴。いずれ[Hollywoo奴隷のFrontierViolence暴力空間は映画館!!]で報復。R100も地獄とやらもおかしい。女を殴ったら非難言われるから男性に暴力すればいいってか?。何たる実に卑劣卑怯千万の人間クズ。男性ヘイト映画だらけの横暴キチガイ時代(もちろん既知外とは違う。既成の価値基準の奴隷と言う意味)。時代にこびてる、あれでどこが時代に抗いか笑止千万。女尊時代に迎合。セカイが笑ったと正当化してお茶濁して誤魔化す。Hollyowoo奴隷だらけ。まあ右翼すら親米であるしな。戦後NewDeal男卑女尊実験空間。先住民虐殺扇動罪・・。

戻り、ざっとこう現代の時代暴走の弊害を見ても(これを大したことないと言いやがる奴らは後で慌てる後手後手思考法だろう)、時代超えての普遍性は・・やはりなんだかんだ言ってどうやら長き伝統知恵。実は偉大なる男性社会(例えば話したプロテスタント教授も、カトリックは問題もあるがやはり偉大な伝統と。逆に逃げた前世紀思想家のように?表層で深みがないプロテスタントと言うのが実情のようである。時に失敗もする長男とも称されるが)。人間を錯誤しないために・・人間はそう変わらない、昔も同じ。時代時代とリベラルにドサクサにジェンダSameとかで無理矢理人工的に人間を変化させる奴らは怪しい胡散臭い。いずれ無理がたたって崩れよう。
   そうフリーとやらの却って空虚さ近代空間・・。片や満州の頃の統制主義の目的は、逆説的ながら、より自由を伸ばす為だったという。恐らく「ここが天井だージユー」との平面無限拡散を超えてと言う意味だったのだろう、正に皇道。自由とは方向OreinTierungではないか。戦前日本の例が嫌なら、あるキリスト神学者は意外や近代自由を批判、自由には真に生き生きと生きる為の根源規定ありと、盲目に見えてないからそれがないと言い張るだけだと、つまり歴史Geschichteと言う神がないと言い張ってるのだろう、歴史を忘れた近代は。あるいは節度ある伝統自由は男性原理。地球錯誤のメス的拡散自由ではない。。
となれば戦前の統制主義もどうやら原理的に正しそうである、何かがちゃんと分かっている原理と言うか。この自由はあるいは道か(朝日の竹内誠人試写室の道はむかついたな無性に腹が立った。しちこまかい反論しやがって)。
    
ということはここで戦後風景「人間のことを殆ど分かってたのが昔だった」・・。これを忘れるのが近代らしいどうやら、物資的なハードはともかくソフト思想頭脳面は。
言わば現代の近代は革命時代は、天を皇道をめちゃくちゃにリベラルひっくり返すだけの妙な反乱の風景、だから人々に不安と違和感とイラつきが溢れてる。革命米国は結局はHolyExperimentも忘れて先住民大虐殺国の流血へ至る、まだ共存していた実験は消えた。フランス革命も大虐殺の恐怖政治を招来。明治革命の流血。革命はもはや戦犯・・。未だに誤魔化されている、歴史を切り離した革命国の天下が現代。そりゃ急に思いついた自由平等などとの自己矛盾した原理実験室では混乱するわな(自己矛盾の理屈を好むフェミ女らが背後に見える。自由平等ってまるであれもこれもと贅沢権利要求。何か似てるしな昨今の無遠慮な主張に)、結局は恐怖政治となった。古き良き秩序の崩壊は一層ひどくなる。
   そういう古き秩序を壊して次はどうなるか、見えないのみならずだ。もっと太古にさかのぼるおどろおどろし卑しいメス的欲望本音暴走が見え隠れの昨今風景である・・敢えて具体的には言わずだが。それを制御せねば抑えねばと見たのが節度ある自由の男性原理的な伝統知恵と見える。子宮主観であれよあれよとエゴイズム大奥が暴走する現にしている時代で。正に人間錯誤した時代になりつつある。要はこいつらフェミストに創造力がないからである。破壊ヘイトだけで動いてるゆえそういう輩がろくな新社会を作らないのは子供でも洞察できる。そろそろ天国のような贅沢を言わぬマシを考える段階。日本は昔、この世に天国ありと外国人に言わしめた。奇しくも徳川家康は浄土を掲げた。ということは温故知新こそ。
   儒教は悪くない。多くの指摘を敷衍すれば、悪と言うのはどうやら冤罪のようである・・。悪のようなのが実は真実を突いてると証明されつつある。意外や米人すらも儒教を見直せと提言。歴史は現代。何が最善かもはや明らかである。無限量産の議論はもういらない。狭い地球。自由は知恵ある方向OrienTierungの節度と道。学者でも民主主義が少数の発明と誠実に指摘していた。その言う通り不可視の少数者の支配が民主主義というサギ制度なら、じゃ戦前の統制主義の方が却って実直だろう。この天空に抜きんでるを消去するのが女の原理。
    そも受け継ぐものは大量にはない、Simple。人間パラドクス政治パラドクスの教訓等、こういう複眼の広い抽象的な思慮だけでいい、正に福沢の警鐘と関連。聖書黙示録流「思慮あるものは古新を見よ。古きを壊すな」(現実に新世界は最も旧世界になってしまった政治パラドクスは米人も認める所)。それが結局は人類史の知恵ではないのか。Simpleに受け継げ。贅沢はするな。核をツボをバトンリレー。ギロンより行為である。
  フロク。竹内一郎の外見バカ本。「やっぱ見た目9割」あの利の本は社会に害をなすと、それこそ見た目直感一瞬の野生で判断した笑(あと弱ってる所を突いてくる、才ありて徳ない奴は絶対に信用せぬことにしてる。倫理道義上。ファシズムと闘ってもいないおっさんに言われたかねえって。エゴイストのくせに)。エゴイスト同士の、言わばHobbesの言う万人闘争になるって。買言葉「つべこべ言わずに世を背負え!!変えろ!!」(当然に苦悩の見た目になる。こういうことも分からぬ)。ハゲはOKでデブは女がいるからNGか?、こいつは女尊主義者か。良識を疑う人物だ。

  今回は色々なのが来やがったので前後があちこちになり御免。何とか整理。更に実は幾分私事だが今回人間関係的なことだが卑劣な諸力が入った。これがまた異常な負担と疲労を呼んだ。義の心を蹂躙する卑劣なファシズム加担利害系人種は決して見逃してはならない。


最後まで読んで頂き感謝です。よろしければ応援クリックを!!。
おかげ様で道徳倫理分野は前回は一瞬、3位になれました。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村

教育・学校(その他) ブログランキングへ

コメント

忘古維新世界の米州国→温古知新の満州国。ズレは創造。新新世界は先住民&男性を消去せぬ超新世界の二元

2013-09-07 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
  

    前置きに替えて前回を反論御免。
「否定はいかんと言うなら古き良きを革命的?に否定する奴らに先に言うべきだ。ならこちとらも肯定しよう。いや天皇流も貴重奇特と思うが、江戸将軍流も必要ではないか。日本も万能じゃない、賛美は控える。自称世界への反逆以外では・・。否定ヘイト連中が消滅したら俺と言う鬼っ子も消えよう・・」「何?みんなってのも限界あり。みんなが気付かぬ時にカナリヤのように、敢えてズレた、Kolumbs的に一神教的に遠洋へ跳躍も必要。例外の挑戦ってやつ。創造性は観点のズラし移動からと言う。自分たちの理論が全てでこれを全てに押し付けまでやると僭越になる。日本的な謙虚さがないのではないか・・それこそ。現代の近代危機状況は大いに賛同だが人には持ち場ってものがある。自分らの理論が正しい、ゆえそれを途中でもいいから他人に全部使え、なぜ使わない、自分らは何かおかしいのか。いやこれを分からないお前が負け犬なんだ?。こういう人様見下し嘲笑の勧誘の時点でそれこそキリシタン的な負け犬の遠吠えではないのか・・」。
 いや世直しじゃなく何と道徳倫理ブログで、ちと思いがったこと言ってる野郎がいるので(自己紹介だけは謙虚卑屈。そうだよな全うな人は、自分のしたことに対して感謝せよと僭越に他人様には強要せぬわなあ)。他人様を古人の名言で嘲笑してるようなのだが(口より手を動かせと全Net市民に下知とは傲慢。じゃ言いかえそう。ゲンロンするな!!壁を掘れ!!writeするな!!Lightせよ!!)。しかしそれにしても自分はそれだけ人様を直接具体的に批判できるほど高潔なのだろうかまるでフェミスト。女が好きな「理屈ぢゃない」との理屈が結局は、人類歴史の失敗を学ばない自分的な主観経験法則的なオリジナル暴走にしかならない枚挙例はどうだ(Hegel曰く、経験論と理性論いずれも問題と。これに尽きるだろう。個の主観だけで進めばいいなら人類は苦労しない。歴史と言う効率的な失敗教訓が前提に必要)。あるいはもしそれ言うなら、男性と向き合う折衝も全くなしに頭ごなしに男を悪と決めつけて、頭で考えた理屈を日本国に押し付けてる輸入フェミスト女こそ最もその最大実害ではないのか。頭で設計したフランス革命以後のように、その強硬策で冤罪立国恐怖政治が現実に到来している・・。頭で考えた理屈の理想の「実践」適用が恐怖政治を生んでるのである(それへの一つの打開策としての異ネルギー立国セクシュアルヒーリング提言だったんだけどね)。言葉だ?。言葉とは文とはこうやって現実対応に役立てるのである。アニメ的一方的名言はこういう対応技術は教えない。経験で掴まねばならない。洞窟の穴を掘るように言葉は光らせ生かさねばならない、Lighter。そこに突破口がある。武士の破壊戦争とは次元を異にする創造。「男とは争いじゃねえ!!男性性とは創造性である!!」。正しく夢風創造隊の時代へと続く。

本題の前ですが応援クリック願います!!。
人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

本題に戻り。歴史と言う経験予見知恵宝庫をカットした、革命の頭での忘古維新世界の中の進歩主義リベラル信仰の暴走の中にいるこの月本国にて。「」
   忘古維新・・と俺は呼んだ。根拠は「日本人は何故自国文化歴史をそんなにも忘れたがるのか」と他人事ながら外人確かドイツ人に心配されてたそうだ。危惧は的中。西洋の酒に酔ってしまったのである。自分より「高度に見える」ものがあると酔ってしまう風景は現代でも何ら変わってない、超越の神に慣れていなかったからなのか・・。現世利益に流された江戸時代とも言われる、本来の仏は消えた。家康の浄土は維持されたか。まるで戦後憲法のように空虚だったのか。さあ違うらしい。司馬史観はやはり限界か。

  古き良き・・。例えば大坂の大塩の乱は革命。つまり革命とは本来は原点回帰の意味ゆえ、大塩は徳川善政の原点に還れと言ったそうである。革命とは単なる未来進歩暴走じゃねえ!!共産党!!。
  古き良き・・。先ず大地自然宇宙と一体の自然民族CosmosSense。
妥協して文明化した部族もいたと言うが結局は脅威と見られて騙されたようである。まるで日本のように。大河「坂の上の雲」ではイロコイ族になれ日本と・・。それっていかにも適応的・・そこに視野の狭さってことないか。大政治でなく政策って感じだ。

   本題。「成功した満州国」とも言われる合衆国・・。否まてよ・・満州国とは少しだいぶ違う・・。先住民・・をどうした・・。
逆に「失敗した合衆国」とされる満州国・・は、忘古維新ではなかった新世界ではなかった・・。先住民を認めての温故知新の国の型には一応なっていた。更に戦争国家でなく緩衝地帯平和国家として構想・・。のみならず東洋Asia思想からいわゆる王道の、五族協和。源流の時点では力の覇道の植民地化ではなかったという。大きな理想を忘れて細かくこんまく暴走はしたというが・・。言わば独創国家でないコピー国の量産になってしまった。

でオリバーストーン監督が日本人は怒れと米国を倒せ?と・・。でご覧の今回ブログぶっ飛び提言になった訳です。色々あって遅れてしまった。
   おまけ。たかじん委員会によれば、大阪裁判でオリバーストーン監督が「米国に怒れ、やっつけろ。日本人さん」だっけか?。あのうところで大阪裁判は東京裁判より少しチャチで安っぽいようにも見えたんですが・・。「嫌味ゆうとんのか。当たり前やないけ!!」?。因みに共産党等他の人々には、米国国歌の軍事から平和替え歌で、米国の首狙う真田幸村流と伝えた。米国やっつけるどころか、米国の根本原理を否定、これが大事ではないか。例えば、米州国せめて満州国のように温古知新になるべきではとか。環境思想は無論、東洋気運だった記憶も一応ある米国。まあ政治的現実構造としては難題どころじゃない。
そう監督が言うには?。「ではどうやって倒しましょうか。もしかしてピストルで打ち殺すんですか?」「それはちょっとやばい議論と言えるんじゃないでしょうかねえ」「ちょっとどころとちゃうんちゃうか、シュミットを米国研究で使うのは」。何じゃこれは。

じゃ妥協的提案の提言・・。
「忘古維新世界の米州国を温故知新の満州国にしたらどうすか?(あっさり言いよるの?)」「じゃせめて国の原理をってんでどうすか?。自然宇宙CosmosSense一体の古きSenseを忘れない原理の国に・・CommonSenseより深く抽象的に。具体的政策が発端の国で」。
  追加。あるいは分かり易くはリメイクもある、チャチだが味のある映画2300年未来の旅(秀逸のアイランドはこれもヒントか)。後半の曲場面は、前半の陰鬱抑圧な電子音から一転して伸びやかな明るい自然のような雄大オーケストラかつ人間の光も輝く。温故知新世界とはそういう人為自然の融合ブレンドの原理ってイメージか。自然の伸びやかで生命延長、それが後半の場面のメセージと思われる。曲はStarWarsのJhonWilliamsと肩並べたJerryGoldsmtih(1929-2004)。前半の?人工消費空間無限膨張の空虚さと反生命、それが現代の維新世界風景ではないか。
    戻り、米国陰謀本でなく学問本でさえ言ってることだが、CommonSenseは対先住民戦争にもなってしまった、否、でもあった・・(片や英国と同盟した先住民。更に英米戦争じたいを避ける道はあったとも言う・・。何があった・・)。二面同時戦争。この瞬間に環境破壊の源流。非共存共生の個別無限拡張思想は反満州的だった。Marxが着眼したGoldRush、西部の貨幣金銀への人工欲望経済が先住民を押しのけたような図式、人工貨幣空間。ところで自然・・?否、「自然」科学ではない。総合が環境だ。流行りの部分エコ連中よ。

先住民とそして地球の為になるには温故知新。具体的なCommonSenseを超える抽象的なCosmosSense。源流。
抽象的な天を見ない、具体的な地だけの、開発行動「実践」の一辺倒のリベラル未来進歩主義の持続は破たん・・自然を宇宙をCosmos一体を破壊してる・・。

そうアメリカと来れば以下。流れで大河八重感想抜粋。
    アメリカナイズ大河そのもの目的本音  採点:1
やはり目的本音が出た。要はアメリカナイズ大河、時代に媚びへつらい(男子厨房入らず伝統etcを破壊する目的。目下TTPでも日本文化改造中。歴史は現代。有意義に批判せよ)。時代に反逆した天地人と真逆。女は前歩くだの分を持ち場を弁えぬ、雄大性天空超越性をヘイトする反自然フェミ国家は衰亡中。そも黒人と女を同列テーマにするが間違いリベラル派閥。「快適安心ファシズム無限空間の便利」の為に先住民を自己中女子会のように視界から消去した国が自然健全の筈がない!! 米国をナチスフェミズの国と見抜けかったらしい(また「便利で合理的」だとSpermBank利用加担自己中女ら筆頭。維新世界は非道徳)。日本は米化するな。or満州国は温故知新、忘古維新革命の合衆国に優る。満州国化すれば先住民&地球の為。これは伊達政宗の豊臣家への提案Arrangeだけどね。
ん?伊達政宗の知見?。どういう提言だ。ここで何故か龍馬伝感想を抜粋。

龍馬伝感想で角度を替えて提言・・。
   勝の大器、前半山場感動、平和の象徴  採点: 3
西郷まだかと長次郎の回は良かった。だが初回の大コケが響いて3。初回の龍馬セリフ「上下士ない時代来るぜよ」が海軍誘い話で武市「おまんそう言っとたのう」等で生かされず感動が天地人に比し若干不足かな。あと民放歴史番組で武力討伐型国家目指す派が龍馬暗殺主犯説と、真に龍馬を思う専門家が独り歩き暴走像の身の振り方考えるは流石か。95年05年は平和象徴のチャンスだったのに。去年既に仁愛義武将が現代に光って以後にて。そも竜馬像が政治的には置いて、天地人と逆の利思想で経済文明的にはまるで金の大坂城のよう、商工農士の商天下絶対主義=核兵器時代にあぐらはどうだろうか。歴史秘話と逆にAdamSmithProtestantWASPカルバンの利主義は軽蔑過去闇だと、Catholic新中世時代予見の時代には日本に危険かも知れない。現に担ぎ出し面々も政商階級とも過去竜馬一面をポチ保守反動利用風景である。それちと困るときっと本人もと専門家も確か指摘。絶対偶像idol化せず、その核だけ取り出して、皆他志士と共に位置付けの国替えで相対歴史に安らぐよう負担軽減した方がファン本人双方の為と思うが、ちと酷かなこれは歴女よ御免よ(これは政宗の大坂城認識提案Arrangeだけどね)。この日本滅び時代。全く。現に天地人と龍馬伝と黒田官兵衛とキリシタン的一夫一婦象徴時代ばかり(全く。お前じゃ!!笑)女芸人-笑-の異性様侮辱暴言までに。これを何と御用生物学者いましたよ笑(男性誌も情けない草食)。所詮は過去史のエゴ時代御用学者だ。女性評論家作家までもキリシタン男女平等憲法を批判し始めてる、新時代は近いな。で竜馬頼みはそろそろ。大海ドラマAllStar総がかり大船日本作業こそ(詞にもしたが)、今年一歩後退大河の感想。が生かせよ大河を。まだまだ我ら歴史界住人は何か出来る、先ずは歴史省歴史界の創造語あたりからどうすか?。
   まあここまで近代日本の神たる龍馬を批判できる日本男児もいるってことで、まるで歴女を全部敵に回しちまう家康流ってか?。が龍馬のデカすぎる偶像は日本に危険かもしれないと思えてさ。どうすべきか。
   しかし忘れず追加フロクだ。大河八重での龍馬の相対化は下心ありあり。スーパー?江やスーパー?八重が霞んでしまうからだろう、龍馬を恐れた。現にさ、慶喜は最新史実弁護研究を取り入れずだった・・不公正。龍馬だけ最新研究を取り入れるとは卑怯である。(まあ龍馬伝のTitleMusicの燦然たる光は大河史上の嚆矢impactだったからなあ。ゆえ八重は目の敵にしたんだろう)。

「龍馬帝国・・」。俺の主観は置いて客観は、日本が宣言された維新日本はこう言ってもよいだろう(そう分かってるって。野生の思考を知らぬ連中は分からないだろうが。更に天地人曰く嘘が奇蹟を生む。こんまいことはもういいぜよ)。あるいはドラマセリフに歩み寄って龍馬宣言も出来るその気になればな。引用略。ここで龍馬伝弁護の感想は紙幅上、略。まあ上記の武力討幕派による暗殺か。朝日新聞はこの立場だったが例によって自由民権的な・・。
    ということで「成功した満州国たる合衆国は、正に満州国になるべき・・」。
龍馬伝と大坂城・・?。
    言わば「まるで途中から登場した人工空間の大坂消費空間の貨幣依存の過度の肥大化の無限便利空間のよう。これを制御、超えるには自然野生との温故知新連動を基礎とできる新満州国しかない。それによって先住民の宇宙Cosmos壮大視野が復活する東洋余白ができる。少なくとも」。
   言わば対「貨幣隷属植民地帝国」への独立戦争・・。市民を貨幣依存を脱せよ。「自然or自燃なくして経済なし!!」。
自分で言うのもなんだが傾聴すべきだこれは意地でも。天地人じゃないが歴史は現代・・。
あるいはさもなきゃあ以下になるな。

大河八重感想を再度「快適安心ファシズム無限便利空間の為に先住民を消した国が自然健全の筈がない!!。」。
   そうである・・。思えば余りに唖然とする巨大人工国家。いきなり基地が大地の上に登場したような笑。設計国家で輸入国家輸出国家そのもの・・。モアのUtopiaの観察、羊が人間を追い出した英国・・その延長か・・今度は異民族を追い出した。定説満州に見るような支配さえしなかった・・消去撲滅・・。
     しかしもし・・近視な具体的思考が全てで不可視が見えない、その登場がこの僕らの目に見えなかったらどうだっただろうと思う・・狭い思考で。歴史思考が出来なかったら・・どうだったか。幸いに現代は映画のようではないようである。が革命国家以後の歴史以外は禁止で許されずだったら・・。「民主革命を経ない国は国に非ず。例えそれが血塗られていてもそれは隠ぺいせよ。革命には流血は付き物だ・・。歴史を修正するな・・。これが正しい歴史だ定説だ」・・。
  いま何故見えるのか歴史思考ができるのか。米国にいわゆるアンビバレントな良心が残ってたからとも言われる。あるいは日本人愛国者の努力か・・対帝国主義の攘夷思考の生き残り・・。
先住民への着眼は教科書にはなかったなまして対岸の・・。陰謀本でも米国建国の美辞麗句と片付けて終わりだった。学問では僅かにある。商業本でもある。一応自由思考の国・・。

戻り、途中で登場の部分の国・・は言い方悪いが原点がないようなもの。Israel・・?神の国・・は今・・現代・・いきなり登場の暴力。正に政治目的論の進軍・・。
   いわゆる最初の革命国家・・は。代表なくして課税なし宣言に象徴される、まるで政策的な途中から生テレビ。政策が国である!!?。古きのない国が、非情に言葉悪いがまるで人類史をおさらいするように人為人為で神のいない神は理性神で人間の頭が神、newnewと未来に暴走して目下はAmericanize世界の最終段階。途中しかない国ゆえ忙しない感。
   NewWorldの第一楽章が途中から始まっていた・・その中で生まれた・・僕らは・・「新世界の子供たち」・・。最初のアダージョはあったのか。いつ?。既に聞こえた時は遅かった・・?。後手後手のGulf戦争的マスコミ実証主義思考法へ。想像力がない。過去進行形。
   因みにBraveNewWorld素晴らしい新世界の作者オルダスハクスレーはキリスト教Quaker派のHolyExperimentの共存政策に米国の良心を見た。一応は両民族共存の善意思想だったようだが。結局実験はどうなったのか。結局はHurriedExperimentに流れる貨幣。

しかし大河新島八重と来れば満州国なら、流れで更に・・岩猿を得ない再度。以前のどれかで満州国の大地母権思想の限界盲点を突いた。強化加筆して引用する。確かこの回は。
  「また?じゃ男性を神扱い→新自然観パラダイムへ。これ新環境問題。母権一元化ファッショ神話を粉砕」
題だったか。男卑女尊の女社会マスコミと違うこの男尊女尊Net社会で信じられないが、人間扱いするなとか言う女が約一名いるからこういう題名になった。そういう思想いやイデオロギーを粉砕殲滅。
再度引用。
    いわゆる二元論は神と悪魔のキリシタン世界が典型らしいが、俺は教科書から入りたくなかったのである。法則や法は現実で発見するものとも言うしな。陰陽は重要である、時に冗漫さも置いておこう。しかし主眼は基本軸は陰陽たるべき。
   対して一元化「全ては所詮は女から天照女神仮説神話から生まれたんだよね」と未開民族的断定の流行・・明らかにおかしい発想。これが事実を歪曲した一元論の象徴的典型であることは言うまでもない。最近はやりの、戦後に信仰されてる新興宗教だ。大昔の人がこれを信じてしまったのは容易に想像がつく、吉本隆明の共同幻想論でもその暗示あり。最近では例えば「」ですら。
   先の流行り文句母権神話関連は満州国の思想ページから引用。
・・「それを私なりに(誰か分からないが)考えて見ると」。要は「母から生まれた普遍性?(何故に母が普遍性に結び付く?)。母と子は直接にはっきり分かる。父親が分からなくても。母親は自分で産む、父親は自分で産まない。直接自然関係は母親、父親は間接社会関係。社会より自然の方が広大無辺で究極で普遍・・」?ということを容易くのたまってらっしゃるようである・・以上引用。おいおい分からなければもういいと思考探求停止か?。しかし直接具体的が全てか。それで普遍で究極?・・「究極」突き詰めの日本語の意味分かってるのか・・。  
    このいかにも俗論の母権偏重の片手落ち満州王道思想の安易さ限界は言うに及ばないだろう。要するに見える具体的な母親、そして見えない抽象的な父親と区分けし、しかも遠くの後者を安易に差別見下しているのである、まるでバカ丸出しだ(笑)。正に女の一元思考・・。
     自然?・・いや自然でない。直接の短絡思考、抽象的な不可視の社会の間を見る慧眼洞察のない大地至上思考こそが、短絡的な直接衝突の暴走を生んだのではないか。大地では何やってもOKと。間抜けの満州・・。間接の間のない非日本的Asia思考であるそれは、後述。まるで貨幣の金の「思想そのもの」までを全否定して、具体的な共同体が全てとした左翼のように。当然にMarxから生まれたフェミストも具体的に暴走する、現実にそこでは男性が直接具体的のバシング暴力の対象となる・・。後述の粗大ゴミとか。
  ともあれ母権思考が戦後の基盤である満州にあったらしい、その上にGHQの男性ヘイト主義。いや満州国では儒教教育しかしそれは所詮は建前だったのか。根底に母権思想の支配と限界・・。人は所詮は具体的な身近しか見ない、普遍なる天への広大なる天の八紘一宇的理想の一神教的それこそ「究極」「普遍」は、日常で忘れられる。そしてすぐ直接にくっつくぶつかる衝突、まるで左翼のフェミの内ゲバ。間抜け国は非日本的・・。つまり非創造的。

  上記の満州思想の父親蔑視・・自ずとそれは父親は種馬と言ってるようなもの思想に通じる・・戦後レジーム実験・・の失敗。
 先に女優の自然保護。肉食う肉食コヨーテとエナジを補充するだけの男性。
自然は・・。NetNewsでも逆rapeが何と緩―く報道され、何と女たちは笑っている。そこに自然蔑視がある・・。精神の子である精子は生き物じゃないと。しかしこれは自然蔑視の始まりだな・・考えて見れば。いつぞや冒頭のパラダイム転換転移の詞に通じる。

満州Asia王道思想ともどこかで関連なのか。敢えて冒涜的に引用、母権神話を粉砕する為に必要・・。

   しかし父親蔑視か、そうなれば更に分かり易く極めて具体的に象徴的に、緑党の関連引用。
「古とは自然とは緑とは・・素朴な自然的根本思考をここに」
    [自然系野生系男子(独断ではない定義)]
題して「適応性と創造性。具体的空間と抽象的時間。具体性と抽象性。現実性と理想性・・と自然」。「一元論より二元論を史上初に創造して多様性を」

  自然思考と来れば緑党に歩み寄ってDerParagiという、ドイツ人翻訳の南洋酋長の文明批判演説が最も有名。かつ文明人たる日本人にとって最も自然主義と適度な接点境界(皆平等を目指す江戸儒教統治とも重なる。江戸人は既に外国人?)。言わば西洋文明適応をしたチェロキー族や明治日本にとって身近な野生思考(他の自然思考は少しこの文明時代に疎遠すぎるので境界がない)(あるいは維新日本は、野生文明の境界狭間の苦悩を背負ったか。東西調和せずに、西洋に乗っかっただけではないのか。Asiaのそっぽへ)。
   その文明演説ではKeyの一つとして「時間の虐待」が挙げられる。それは物質的環境破壊より遡る源流たる、貨幣経済高速時間労働に伴う森林伐採破壊にも通じると思える。あるいは時間は言い換えれば東洋的絵画の余白のこと、この余白が虐待されてない状態が温故知新の自然国家・・ではないだろうか・・。しかし人工国家Ameircaは、東洋空白つまり働いてない眠り民族のIndianを怠け者の粗大ゴミ?として消去&虐殺した節があるどうやら・・(ちなみに「働かざるもの食うべからず」は人工国家Soviet。両大国はよく似ている兄弟姉妹)。その短慮さは、意外と言うか当然ながら(MarxフェミズムはレーニンStalinとも大いに接点と知られている)前回申した思考である。弱性ゆえ疲れてるだけのぐうたら亭主(何と女びいきの朝日すら、男性は弱性ゆえぐうたらすると理解してた・・)を短絡的に「粗大ゴミ」とIndian先住民をモノ扱い侮辱罪する男卑女尊「フェミスト」のイデオロギ思考法に連なる・・。(因みに少し前の本では。朝から晩まで疲労してるのに何故このうえに家事まで分担せねばならないのかとの声紹介。歴史思考。この変貌には言論ファシズム空間には絶対に何かあるね。誰らが支配してる戦後レジーム)。
    戻りかくて上記のような貨幣的高速時間でせっつき焦るように「異性と言う自然限定の」「構造改革」を目指し、異性も自然も破壊していくベクトルがある闘争Marxフェミズム思想は、ゆったり大らか自然時間の「緑」とは相容れないのではないか、自己矛盾。
    言わばぐうたら性たる男子は、適応性でない創造性・・と言える。創造は時間が要る歴史的時間が。(Neetに男性が多いのも抽象的な創造性ゆえ、成長も遅い。あるいは上位を睨み据える、龍馬的な下士階級は底力階級だろう、底辺性の潜在力。以前に電話で福祉=意外や創造とする意表の新国家観があることを知らせ済み。具体的なてきぱき女子とは真逆ののんびり男子は創造性である。マイナスじゃない積極的Positiveプラスである。男女は差があるのだ・・時間差が・・)。現に三年寝太郎という国民宝の道徳物語もある(共産党やフェミストが古いと馬鹿にしようとな・・)。Indianのように寝ることは見えない抽象性、寝ること自体に具体的には価値が見えなくても抽象的には価値は存在する、そう言う神話構造に生きていた古き先住民。こういうViewPointVisionが「自然」を保護する基本姿勢ではないか。忘古維新世界より温古知新世界へ・・。
    とどのつまり先住民はあまり働かぬのんびりぐうたらゆえ邪魔だと排除の対象にされた、どうやら原理的にはそういうことと見えると。言いかえれば東洋の抽象的な無とか空が理解できぬ、有の具体的西洋思想だったのだろう。無駄だ粗大ゴミだと無いものと短絡即断したスターリニズムアメリカニズムは兄弟姉妹だ。
これはFronteirViolenceに行き着く、指摘したように・・中略・・。現に場末で先住民は条約破棄で侵犯された。米政府は暴走を制御しようとしたようだが。大衆=善、支配者=悪の共産党神話も実にタヌキのようだな。

   関連で戻りそうである、弱性の劣性の男性性を種馬どころか・・何と粗大ゴミ扱い・・モノ・・戦後実験風景。あ?この罵倒は侮辱罪は俺の聞き間違いか?。おかしいなあ、確かそう聞こえたけどなあ・・俺の空耳か?。え?。検索ルートWikiでも産む機械の比でない侮辱とありだったけど?。
   「戦後の風景・・」(歴史証言として是非とも記録せねばな、この犯罪行為を人道の罪を。文句あっか)。リベラルTV連中よ・・。いや女がそう言ったのだ短絡に具体的に・・具体動物。すぐ具体的な見栄えで人様の価値を決めるバカ動物。キリストの映画BenHur「彼は働いてるんだよ・・」「あれで・・?」(だから消された?)。この場面はCosmosSenseのようだった、まるで天下の副長老・・。手塚治虫のW3「ぐうたら寝転んでるが頭は働いてる。心配するな(具体的に見るな)」。

    追加。それ思えばSAPIOの男尊女卑批判について。しかし時代錯誤とすぐレッテル貼るは「時代ファシズム」である。じゃ男卑女尊は時代に錯誤してないから○か、片や男尊女卑は古いから×か、時代迎合。男卑女尊でまとも秩序が崩壊してる現代の時代、儒教の男尊は下記の皇道にも通じて温古知新と心得る、いかんせん時代に合ってる。坊主憎ければ袈裟まで憎いの日本主義も逆に問題。儒教等いい面は取り入れるのが日本流である。え?「建前が」儒教と。なあるほど韓国も「本音」は男は女に尽くしを強要される西洋諸国民の部品ってことか。しかしそりゃ当然に食事は女の得意分野だろうなあ当たり前じゃん、ちとこの書き手おかしい。それは別に不思議じゃない男女には持ち場がある、最近の女が流行が、楽に楽に「権利要求」する時代風潮の人間錯誤の方こそだいぶ自己中でおかしい西洋信者なのであって(いずれ男尊女卑はまだまし少なくともまともだったと証明されるだろう)。しかしあれはまた誇張だろう、隣国が男尊女卑だ?関係ないね。ここは日本だ!!。あーよかったでなく、男卑女尊横暴を征伐せねばならない。韓国は結構マシではないか、全体家族を考えたら。少なくとも西洋的なエゴ丸出しは回避されてる。
 追加。朝日新聞はだしのゲンの斎藤美奈子。確信犯権力だが、左派だけ自己満足するような政策はヒットとは言わない、それは偏りゆえファウルである笑。ヒットをみたことあるか、風景を突き抜けねばならない。野球風景をも超えろ想像力。共産党みたいな勝利を目指してノリではせんないし何ちゃあ掴めぬ。天下統合にはならない。
  週刊朝日。香山リカの半沢論。女は土下座してるかあ?、逆の驕りに見えるがな。定番の女被害者論の誇張だ信用できぬ。正に男にだけ責任かぶせの女権国だ。どれだけ男性の方が屈服させられ女の驕り跋扈の方が目立つ風景か何をかいわんや(現にmsnニュースにデカデカ裸にしたい男とセクハラ言葉。女のセクハラはいいかのようにされる風景もその氷山一端だ)。生産だけしか見ないMarx経済観そのもの。ゆえ真の権力を見誤る。空気Kの支配を見据えない具体的動物的な思考だからだ。
  msn?じゃフロク。中川翔子のmsn記事は不自然。しかも長閑と思わせて陰湿なメセージの卑劣卑怯。この記事に関与した記者、清水久美子には何らかの意図があったものと思われます(こういう卑劣な記者の類いはそれこそnewsのように犯罪者扱いで丁度いいだろう)。龍馬流、そう言う卑怯卑劣とヘイトは何も生まぬぜよ。
   そしてAeraは何と、他紙をバシングしておいてそのくせ自分らはその週末に無罪人をヘイトする広告見出しのどのツラ下げての自分には甘い「自己中雑誌」。相当の年長者男性を「使えない」とは完全にヘイト意図狙った疑い。人様を何だと思ってるか。女だけ人だと思ってるヘイト雑誌アエラ。じゃ大黒柱を首切って家族社会を破壊主義か。そこまで広く頭が回らないバカ?。この雑誌の完全解体抹殺なくしてまとも日本は人間立国はない!!。journalismの条件、自己中じゃないこと。間違ってますか俺?。責任感ある国ならAeraはカルト団体ならぬヘイト雑誌の破壊主義勢力と認定するだろう。

戻り、要は今度は父性の満州構想である。思想史上は王道ならぬ皇道かも知れないが・・。皇道。あるページで王道は平面的、皇道は立体的と定義あった。そう先住民Indian長老のように抜きんでる男系天皇の鳥瞰とも通じる、抜きんでねば鳥瞰できない、一神教が天が消える(対して女は子宮の愛で社会を包め、だが主観であるゆえ絶対神聖視はできない)。「鳥瞰!」。この名残は残せ(立小便は大事。こういう時も常に鳥瞰するぞと白血球の抽象性の無駄を遺す伝える。出来るだけ)、一見無駄が重要。それが東洋流の二元論である・・不可視の抽象的な余白をFrontierを尊重せよFrontierungだ・・(因みにドイツ語Frondierungは反逆の意味がある)。調和統合が出来ない戦後レジーム月本国の具体動物めが・・。
    龍馬でそうやはり伊達政宗流提言は「忘古維新世界の米州国を、温故知新の満州国に」。
ある民族の予見で「全ての民族に頭下げる米国になる」と。それじゃちと酷ゆえ、徳川と妥協した龍馬流がやはりいいか。一応IndependenceDayみたいに、そのKolumbs的雄大気概を先ずは立てて。一神教Islam気概のObama21世紀演説もある。それは尊重しよう。それは日本の為にもなる。

温古知新世界・・であれば。
古きを倒せばいいの類のおめでたい革命改革リベラル流行暴走も制御され、温故知新の創造院へ。

民主主義革命国より温古知新国へ・・。歴史のある国。それは歴史実証主義の受け身ではない、個を超える限りでの主体的民の頭脳を尊重でなくてはならない。
これでまた龍馬流の「戦中さん策」へ循環。

長文を最後まで読んで頂きありがとうございます。よろしければ、維新世界の温古知新化に応援クリックを!!。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村
教育・学校(その他) ブログランキングへ

フロク。
新世界の一環風景フロク。また凝りもせず男卑女尊のリベラルポストの嫌がらせは卵子凍結ネタ。男女表記差別。「男性はドナーじゃねえ」表現でさえむかつくぜよ。これは男性差別冷遇問題だな。卵活でますます女が男に厳しくだ?。ただ自己中な女なだけのくせに、厳しいなどとホザク資格も権利もない!!。厳しいのではない自己中なだけ、女が自分に甘くなってるだけだろが。ラデカルなんて高度なものかっての。そういう正当性のない奴らは驕れる者久しからず。白河桃子も女のことだけ考える自己中、何と迷惑気にするから仕事やめない等を理由にする唖然。男尊女卑は正しかったと証明。
 AERAの類似記事。そも女が向いてる役割責任義務の放棄は男の負担増やす自己中。自然センモンバカ科学テクノロジは効果まで歴史的に頭が回らないバカな反教育的存在。
そう。「便利便利―」は他人様にまで及ぶ最早「人道の罪」、正に戦後marxの目的手段主義イデオロギーのエゴ時代。
  あと当方への検索で。上野千鶴子はフェミナチと言っても良いと妙にリベラルに紳士的に指摘のブログあり。あたぼうだろが。一部の男子に滅びろと言ってるのはテメエ上野が魅力ない醜いブスの女だからだろうな、ゆえにそういう弱者に執拗に目をつける憎むヘイト。確かにナチ的近親憎悪だ。
   瑣末なセクハラはもういいだろう。フェミズム的監視社会主義を否定して新戦後だ。
     蛇足フロク。しかしあの性差別嘲笑広告しつこいね、あの広告女はストーカーか。また男性限定に嫌がらせハラスメント広告のOnet婚活(そんなくだらんことよりも、いま非常に燃えてる所なんでね。へッ何のことはねえ。男性が女に都合いい役回りをボイコットして目覚め覚醒してる気運に焦ってるんだろう。あーこれじゃ女が楽できない!!どうしようってな具合にな。昔からの男卑女尊の女の陰謀は正に女陰帝国の陰謀。これが次第に見え始めているのだ。まあそう焦るな。煮て食ったりせんよ。コヨーテではない)。そうかそうか性差別企業ということでよろしいか・・?。あるいは男性差別のカルト宗教団体Onet・・。結婚できない男性だ?またその辻説法勧誘パタンか?。女こそ結婚できなければ深刻だろが、子宮の価値がない!!。結婚できない女が、都合のいい役回りを辞めるつまり結婚しない男性に罪をかぶせてるんだろう、焦って。自己中は一人でいろ!!。男性をカルト宗教みたいにその分野に勧誘するな!!。
  フィフィ?の本が天下の正論と異常に持ち上げられてる。天下の正論だ?天下ときた笑止千万、ファラオの子孫か何か知らぬが、あのような類型的な俗的な話が・・(どうこうせよとか思い上がった見出し。女は性悪説かやはり)。女だから大したことなくとも持ち上げる戦後レジームの男卑女尊。根こそぎ腐ってるマスコミ界。それでは戦後帝国は新世界秩序の天下は超えられぬわな(笑)。Roma帝国はAnglo帝国の横暴支配よりも徳があったと言う。エジプトは自然経済の原型だったのか。アリストテレス有限自然観と同盟せよ。壮大なる薩長同盟。近代パラダイム超えろと口で言ってるだけで根本思考を変えてない風景にて。



コメント