骨系or突拍男子のぶっ飛びに大勢を大けん制な文明提言丸は遥か未来に向けて中長期的に突然変異させる思想コンセプト準備塔

時代流れリベラルに流されず超流主義と創造or突然変異主義で旧パラダイムを時代転換創造する下士階級の元気気概Ideaブログ

上にー上には戦争卵の贅沢。上下複眼全体主義こそ。レデス贅沢驕り戦争型経済で格差憤懣も戦争の卵

2015-09-26 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
戦争。それは上は上、下は下の片手落ち分断思想が起こす。上が自由な植民地化思想。エロス含めて下の抑圧弾圧鬱屈は戦争遠因となる。応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
戦争の卵とは、複眼に両方を考えない非科学思考の部分思考。上は驕り下は憤懣怨嗟となる戦争待望遠因である。ここでもクリック願います!!教育・学校(その他) ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村

すわ戦争機運?と言うことで、これもある意味で「根源的平和主義」の問いである。
   プラト曰く「自由は強者の横暴となる」。(語学広告では自由には厳しさと。しかしこれも実は甘い。個人だけ見てる広告)。
ピケテイ論引用。ざっと見ると殆ど一人しか言及せずだが、産業革命以来、格差をなくしたのは大戦のみと言うことらしい。何と不吉な現実。やはり綺麗ごとは置いて、個人私人自由で金儲け回転目的の近代世界は無茶苦茶の正に強者横暴と言う事なのだろう。環境筆頭に節度の新中世が新江戸維新が求められる。
「こんな国、ぶっ壊れろ」とは口に出さず多くの潜在願望ではないか、この歪んだ格差国。Israel化エセラエル化。「もはや日本ではない・・」。だから壊せとなるのはムベ。非本国に義理はない!!。例の希望戦争論は誰か有効に反論したのか。
          ピケテイ格差論引用ブログの全う余りに自明な哲理。
「戦争は勝っても負けても、経済社会の格差にガラガラポンの平準化がもたらされるようだ。格差社会に絶望した若者たちが戦争を恐れないということには一理ある。人々を経済格差の絶望に追い込むことは、戦争を誘発する危険があるということでもあるのだ。」
       まあこれはピケテ論待つまでもなく、経済人類学の仮設だった。改めて証明となる訳だ。
そう戦争願望は一理ある。江戸的仁政つまり全体配慮の欠いた部分的な偏重の国では不満憤懣となる・・。戦争の卵。
やはり先の「自由は横暴」となる。出発点で人間は国民は全体主義を背負うべきとなる、これが国作り。国の全体の囲いだろう。治めるとは収めると言う。
全体主義は全てを考える複眼主義。個人主義で自分はこれがいい私はこう思うと言うアングロサクソン的な出発点民主制がどうやら狭く間違ってるようである。人類の型が囲いがない。固人主義が全体忘れて見ずに歪める。
    あるいは全体を原点を歪ませる贅沢経済。全て含まぬ狭い出発点。利の経済。
先の提起に戻れば。そも近代化は豊かさを現世改善を本当に考えたのか。奥の本音は経済回転からの贅沢利益の風靡聳え席巻混乱が主眼だったのではないか。無限宇宙への収奪か。
     歴史修正派の引用は徳川家名言「明治以来。戦争のたびに財閥だけが太った。庶民は一層に苦しくなった」。やはり回転が主眼、西洋化経済の歪みが見える。東京時代。

植民地経済の上にー上に東京時代。
      ここで漸く戦争の卵の最も象徴具体例・・。引用は戦争型経済論を一挙に。
題名[エーガ帝国の植民地思想な経済至上主義の俗論派パラダイムは戦争型経済。戦争の卵]
     レデスファシズムは戦争の卵。
男女争わす静かな戦争。危機扇動でファシズム国化。異民族を下位にの次は異性を差別の女権経済は戦争型経済へ。未来権剥奪。違った以下だ。

「異者抑圧の経済は戦争経済への反倫理。男女負担シエア法で平和戦争超え一歩。階級化イスラエル化阻止」

適応性は消費性。
生産的消費は龍馬系。歴史となった繋いだ。
創造性は適応を超える。明治。

一応マスコミ上では比較的骨あると言われる政治評論家も以下に。古いが新しい。抜粋。
「私は「修正ケインズ主義」以外の有効な政策はないと考えるのですが、国民的合意をつくるのは困難です。
 第三は、戦争による不況克服策です。これは最悪です。もはや核保有国同士の戦争はできませんが、地域戦争を行おうとする動きが強まっています。米国によるシリア攻撃が強行されるか否かに世界の関心が集まっています。戦争による不況克服という考え方が強まっていることは否定できない現実です。いまの世界はきわめて危険な状況になっています。
 しかし、戦争への道は世界破滅への道です。私たちがとるべきは平和的に経済不況を克服する道でなければならないのです。どんなことをしても戦争への道は阻止しなければなりません」。
以上。
原理は今もずっと同じだろう資本主義だし。

かつて日本を犠牲にしてのNewDeal米国経済戦争景気回復。他者犠牲の思想。他者と異質者不在で盲目の安直ゲンジツ的経済。
歴史に学べ。あるいは歴史は繰り返すと言われる。かくて第三次大戦すら囁かれる。少なくとも戦争的原理、現代でも普遍的と評されるクラウゼビッツ戦争論はどうか。絶望的にも総力戦時代の移行期の戦争論らしいが。戦争は政治の延長・・これは一向に変わってない。言い替えれば、政治の国の総合国民(経済)の延長・・公共投資の論とも一致する。
        しかし・・難しい課題だが戦争するしか経済回転する手はないのかと、参照のブログは理数系らしく、現代構造と距離置いて客観に見据えてる。これが出来ない俗な文系フェミスト。
上記に平和的経済不況克服と。しかし戦争の概念は変えるべき段階。下記。
骨系男子の名言「何かを他民族異民族を他者を犠牲にしての解決策は、全て、形を変えた戦争である・・。軍の形であろうと女の形であろうと」。

「他者を異民族を異性を踏み台にしての経済回転は、他者侮蔑の戦争ベクトル的・・。実に反社会的である」。 (ここまで上記ブログに重複)。

ここでかつて朝日に一喝抜粋。略。
関連で、朝日新聞での新資本論に反論。
     朝日Opinion新資本論。不自然。ツボが引っ掛かる(何を言おうとしたのか。恐らく時代迎合意図だろう近代)。成長と生活水準全てゆえ、社会破壊である差別までも許容の経済至上主義が、経済を経世済民を社会を破壊することが見えない、部分経済最重視のMarx経済論(贅沢需要喚起は戦争需要換気に直結の原理。それが見えない近代マルクス。ケイザイでなく経世済民を考えるべき、経済犯罪。近代マルクス分割支配は庶民をけむに巻く誤魔化しだ)(戦争による共産化は結果論だろう。平等共産化が戦争目的ではない)。近代の枠組み内。南の見えない北方絶対目的Marx主義。寧ろ分割支配差別でなく、ズレ全体の意表が経済を救うだろう。そういう報告はあり。

戻り、歴史に学べ。 愚者は現代空間レジームの自己中満足だけで歴史なしである。要は短眼バカ。前回の考察。
大きく見れば見える。
        先ず他者を他民族を虐げてまでの「自由」経済は、知られる通り要は、WinかLoseかの勝ち負け分割分断○×植民地経済だった(江戸論からも批判される短絡眼の構造である)。それに乗っかったが最後には反逆した戦前日本・・遅くに。 (下記的な経済主義でwinwinとか狭い商業言葉があるが、真のWinWinはどこかに偏らずに万民が得心する東洋儒教仁政である。誰もが満たされるべきである)。
そういう戦前の植民地世界体制に見る、異民族を差別経済。日本はこれに怒った・・大東亜で五族協和の、超合衆国の理想論で。米国も目を見張ったと。
しかし今の戦後は・・結局のところ・・。例の「戦後へのハルノート」でも触れたが、異人種を異質者を見下しの消費経済は今度はまるで、異民族でなく異性に対する見下しいな侮蔑となっている象徴の極み。目下の戦後のレデイスファシズム経済になってる戦後である。
国内戦争的需要喚起と国外戦争的需要喚起という図式が見える。手段選ばず何でも非道をやる目的主義は、女ジェンダー戦争と米国戦争の両戦争に、思想的に原理的には見事に通底している。
(クラウゼビッツ戦争論は観念化抽象化を原理化をしたゆえに普遍的に支持されていることを忘れるな)。
最初とっかかりで目的論差別経済の戦争で安直に滑り出せば、ズルズルと暴走していくのである。出発点の原点の安易さが間違えているのである。三島言う、本を正さずに末に走る国。分裂の国。極西化。

異民族差別の植民地自由経済の次は・・異人異性差別のレデイスファシズム経済のエゴ時代維持(これヘのハルノートは既に何度か)。反経世済民。実に戦争経済から地続きだったあるいはそのベクトルの経済原理。「女の消費だから平和」だのとか特別視か「聖域」視して、これとあれとは別とかに分けれないのである・・。女だから戦争やらない?寧ろ逆のようである。人間錯誤の奴らは見落としている。

これでようやくいつぞやの週刊ポストに反論だが再度、そういう差別経済への「理解」示し「寛容」は事実上、ジェンダー戦争的であるのみならず、思想的に原理的にどこかで戦争容認に直結、消費需要煽りパタン経済を支持したも同じであろう・・。ハト派がリベラル派が呆れる、節穴目である。
       そう既に戦争である、女の戦争だ、社会破壊の公正破壊。女子女子社会と、男性を隷属し消去する消費喚起は紛れもなく戦争的なラインも同じ同罪、そうミニ戦争で戦争の卵である。恋愛にも戦争が紛れ込む、男子よ「女子社会」の言うことを聞け映画でも割安にしろ、さもなくば恋愛ファシズム帝国に参加できないぞとな(男性を男卑にしたエゴ時代の西洋レジーム)。そういう陰湿な根本的戦争が浸透してる、マンヘイト戦争(Wikiでさえレデイス物はフェミズムの陰謀と言う見方もあると掲載)。ミニ戦争は根本戦争。いつぞやの「自然男性を消す戦争」を見よ。
女の戦争の消費場面はレデイスもの独占扇動。次は物理戦争消費でも煽るのか贅沢同根の空気。正に福沢諭吉の言う、一方が他方を消す「消費」風景・・日編国。正に消費である。これかあれかの○×分裂構造の小児麻痺思考。生費者はいない。どっちかがどこかで隷属する。対等でない反未来の反正義の経済である・・。(「創費者」はまだいない)。
     そういう消費絶対主義の非道経済に便乗で創造しない奴らが犬羊(どんな動物や)が重宝される具体的な自己中国であるわな・・。

その自称経済。他人の異なる性のことなどどうでもいいエゴ時代(正に下記、それ理解の森永氏のみんな江戸理論と自己矛盾だ)。女は自称Ladies(実は非淑女)は、この非人間的な反社会的なエゴ時代ケイザイ体制を維持する為の羊か番犬になっているのである。既に。
経済動物である。あの国谷ラガルドchildrenの時に言ったことだが。

そしてそう・・確か・・森永氏は歴史現代番組で・・「江戸以前は自分さえよければいい時代。江戸はみんなの時代」と定義。じゃ。そう正に現代のレデイス経済の性差別経済は前者、「自分さえ私さえ私らさえよければいい時代・・」。江戸時代以前・・穢土時代。だから皆が怒っている。反経世済民である。反社会的。戦前と似る構図。
「女本位の平和主義を排する」・・。 日本流の東洋経世済民に大義あり・・。今回も・・。

戦争の卵はここにも。これも両極が分裂分断の経済。
      引用追加フロク。戦後の女の平和とは、どうやら平等の名の下に戦争だったようである。3S政策はScreenSportsSongSex。平和のふりして戦争をに替えていた節がある。平等戦争。共産化戦争・・。それがかつての戦争その延長上・・。
以下。
紅白歌合戦の放送を前に、「3つのS」という言葉が話題になることが多い。その意味の解釈には諸説あるが、男女対抗形式は 「Sport」と「Sex」、つまり性別で競い合うことに関係しているという。そこには「男女平等」という戦後社会の理念があったとも言 われている。(略)
     2013年11月20日の東京新聞の読者投稿欄に、「女性が優位 日本の社会」という19歳の女子大生による投書が掲載された。現状は「少し(・・少しかよ・・)女性に有利な 社会のように思える」という。一般的に家庭内では妻の方が権力を持っていること、テレビでも そのように扱われることを挙げている。
電車には女性のみに優先(専用か占領と言わんか!!)車両がある、ゲームセンターの写真シール作製機に男性は入場できない、デパートでも女性服の売り場が圧倒的に広い。こうした(・・つまり白昼公然とした)例から、 「女性と男性との差を日常的に感じる」という。「女性の職業進出が著しくなり、ますます男性が不利になるのか」と問い、よりバランスのとれた社会が望ましいと結論した。
これに対し、12月3日の紙面で61歳のフリーライターの女性が反論を展開。女性優先(占領と書かんか!!)車両は痴漢防止や妊婦への配慮(・・配慮はお互い様である)が目的であり、家庭内で も家事、育児、介護が女性に強要される場合が多いという。妻に暴力をふるう夫や、女性であるゆえに 職場で昇進できない人がいることなどを例示している。「企業の採用試験では優秀な女性を落として男性の方を採用するケースも少なくないと聞く(・・企業は一部の能力でなく社会治安安定への責任もあるのだ。それが21世紀の社会型企業・・)」。女性差別 がまかり通る日本は 「男性優位社会」であると断言(・・断定の思い上がり。思考停止。男性差別もまかり通ってる)。男女の違いを強調する姿勢こそが、男女差別のある社会につながると論じた。「女らしく、男らしく」ではなく、自分らしく個 性を発揮できる社会が必要であると述べている。(略)

相当に焦ってるねこのオバハン、まさか味方である女から男性弁護が出ようとはとな。日本は公正意識武士道の国であると知らないのだ。そうは言っても東京新聞の取り上げた隠れた公然断面は否定できないだろう。一つはっきりしたことはな、少なくともフェミ絶対主義の断じ連中は相対化された。フェミらーの主張は非常に一面的ということだ。

どうすか皆さん(少し優位などころかよ。しかしリベラル新聞でさえ男卑女尊を取り上げるまでになっている。女びいきのリベラル新聞ですら。取り上げるは本当は当たり前だがな)。明らかに前者の方が瑞々しい感性で新たな視点を提示している、先ず政経両権力による白昼公然正当化の日常構造が男性差別なのである構造洗脳。前者は生産だけでなく消費時代も見据えてる。後者は共産党的な、生産しか見ない消費主導社会が見えない典型旧来marx経済社会観。marxフェミ的固定観念パタンが見える(じゃその男女の違いを差を強調した「占領」車両は、正に差別社会に繋がってるではないか笑。自己矛盾の理屈。そういうのがフェミ。暴力も半々統計と知られる)。(しかし優先車両とかくあざとさ、妊婦まで広げる卑劣老獪な戦法。まあ優先座席も皆座ってるから、みな協力せずに平気で乗ってる現状に合わせて優先か笑。しかしそのくせ男性へのEros視覚暴力への「配慮」は考えない。もはや「エロス専用車両」が必要、つまり視覚挑発的な服を着た女等etcが乗るべき車両として。時々言われる痴漢専用車両は表現がどぎつすぎる。エロス専用車両とすればよい)。
(戻り、要はこのオバハンは、男性差別は差別じゃない女の優遇であるってか?笑。同じだろが唖然の詭弁。優遇の効用まで大きく遠くは頭が回らないのだろう)。
      
「更に」これをしかし別角度。当のフェミストじしんが曰く、放って置けば男卑になるのが人間社会と言う。これを軽んじるものは人間錯誤の社会錯誤。このブログの、距離置いた雄大けん制の意義・・。
ということはやはり、平和ではユトピアにならないとはやはり至言らしい、前半の自由問題論。平和の中にも、こういう根底では戦争政策と表裏一体直結な戦争卵が転がり浸透している。隷属に戦争に慣らされている・・構造洗脳・・。ピケテイ論流には不満怨嗟が戦争気分を生む・・。平和と戦争ではないこれかあれかOnOffではない。一体の欺瞞非道構造である。容易に見えるファシズムつまり戦争的なもの。戦争以前にファシズムあり。反社会的。社がない。

かくWeber資本主義倫理もなしで、いかなる手段を使っても、反社会的な旧経済を維持回転する為に、そういう抑圧搾取のミニ戦争そして同経済原理で挙句の果ては最大投資である限定大戦争に原理的に繋がっていくaペテン経済、近代「国民」座標地平は反経世済民。まるでフェミらが乗っかる通説の満州事変、「ウーマン衆の事変」である・・。自らの目的の為に手段何でもやる・・marx的。
       戦争の卵。かくて既に戦争的な戦後の平和・・回転の為に消費さらに贅沢もか。
宝石の「環境」破壊は極み象徴。女と宝石が「輝く」個人主義経済.。
環境破壊主義。環境・・。核兵器的破壊。

参考に前の回から再度抜粋で補足。
戦争経済は環境と「人をも」破壊する。 それが格差怨嗟不満となる。
      前と重複だが。しかし環境以上に、人への差別つまり心破壊は環境それ以上に非道・・。
環境差別は人環境への差別から見据えるべき。Weberの倫理資本主義を待つまでもない。雪の裸女王がなんぼ正当化しようと、エネルギーは制御と節度失えば暴走破壊主義になるのだ。個人主義の傍若無人な「輝き」になる。 女と宝石が輝く個人主義経済の無限宇宙は地球破壊主義。
        環境破壊と社会破壊と「温かい人間を破壊」してでも成長回転ケイザイの経済罪、は北方至上主義経済。過剰贅沢要求罪。目的の為に悪しき手段を平気で濫用の北方偏重経済、南方が全く不在の一色。目的Marx主義。
            こういう「新環境問題」はいつぞやのハルノート抜粋。この詳細は提言送信。
一、自称Positiveと称する曖昧なNegativeAction行為。これを狭い限定目的(女性限定優遇)の為には手段(男性には何と差別)を選ばずのMarx目的論的非道イデオロギーと認め、手段(即ち他者異性の「環境」)も逆に同時に差別しないよう「深慮環境配慮」し平和!裡に進むべしこと(クオタ国では「西南戦争的」犯罪が増える恐れあり、それ弾圧した近代日本末路と不平士族の戦後憲法への道を忘れるな)。
またいずれが今回。



フロク集。

追加。日本支部共産党赤旗はオールジャパンとか今更に言ってるが、オールジャパンは既に左っ右同盟の大海ドラマとして、徳川+福沢の底為大文明として提示されてる。そういう頭脳の誕生の瞬間で一変なのだ。いかにマスコミュニズムが黙殺しようと。

フロクはまた赤旗木曜の結婚奨励発言をバシング記事。また全う全体な提言発言をひねくれて歪んで取ってバシング(政治家の発言は少々苦言的提言を言う方が信用できると思うんだが。まあどんな善意で言ってもこいつら曲げて取るのだろう。何でも古い人々が全部ぜーんぶ悪いのである笑、こいつらフェミラーの思考パタンでは。StarWarsのC3POのギャグで言うなら面白いが笑、どうやら半分以上本気で言ってるらしい)。幼稚い。自由とほざいて多くが問題化、個人主義のエゴ時代の自己中風靡に少子化の危うさ。これを皆で挙国一致オールジャパンで何とか頑張ってと言う全う善良提言発言を何と悪者視。まあこれも女の性ということに誇りがない近代共産主義教育洗脳の弊害だろう。その思想に便乗して扇動したマスコミュ二ズムは戦後の最大戦犯である。
      内容見れば。ツイッター発言引用。そりゃ現代のエゴ時代では国家貢献の為とは誰も考えないだろうなあ殆ど、当たり前だその鬼の首は赤旗よ。選択と言うが結婚しない選択を皆が個人主義時代に流されて選択したらどうなるか子供でも分かる。少子化が環境と言うがそれだけではないだろう、戦後の男だけ道具労働力の義務で女だけ同様対等の義務を軽視した身勝手価値観も大きいとは誰もの直感である。
異論許さないのも怖い共産主義。アレルギーではない。そこそこ全うな発言を悪者視。これはちょっとおかしい気がする。現実に多く問題はあるだろうが。それとも女らは責任逃れか?・・男性蔑視でおひとりとかほざいて結果がこの国の戦後の体たらくだ、寒々個人主義。
全体見ての至って善意の激励提言を問題悪者とかすぐ言うバシング体質もいい加減止めません?。あら探しひねくれ根性だ。部分的。
全体も大事。個が「絶対」じゃない。バランス。全部と言う日本語もある、俺と言う日本人の発見。アレントの限界。
人間は個だけで部分だけで生きると空しくなる、多くの直感。それで戦争をドラマ物語のように痛快と考えたる底流機運。。科学主義では頭だけ疲れて空しい。そういう個人主義は戦前の問題でもあり、戦後の過剰な弊害でもある。理想星のような心が空想社会が必要のゆえん。

しかし追加は金曜赤旗。ジェンダー基本人権を理解理解と言うが、そう言う特殊な舶来のジェンダーとかの学問理論が頭の中にあって、それを日本に「適用」しようとする一方的乱暴さが知的左翼の暴力的と言われる所以である(なにがしの基本・・と誰が言うたあ?・・。これは竜馬が行くの勝海舟流だ)。通念一方的押しつけはバカに見える。頭いい人はそういうやり方手段をしない。理解理解してといつも言うが、別角度の論陣はそいつらは「理解」してるのか。それともその双方向努力は投げだして安直に女と言うだけで日本国民を黙らせようとしてるのか。感情的もいい所だ。
中身の別記事箇所。しかしあれ暴言かなあ苦言ていどだろう、ゆえ国民のご機嫌取りより逆にマシに思える。すぐ戦前と同じと言うが外国人からも戦前日本はある種の理想主義社会の面が残ってたとも研究されてる。ジェンダーは思考停止の言葉、女の人権だけ言い過ぎて次代の日本人子孫の人権はどうなる。理解してと言うがこういうもっと逆の重大な全体的な問題を理解しようとしてるか。どう見ても浅薄で部分的である。ここまでの○×AllorNothingバシングの一方的パタンは殆どもう恒例行事祭りだが。本当に冗談抜きで思考停止。
   ここで思い出したのは江戸専門家が武士をけなしてた要は繊細脆弱とゆえ死ぬと。男卑すぎて武士の思想魂まで否定する安直。弱をそのまんま見なして弱と一面的に切り捨てる短絡一色主義。科学パラドクス複眼が見えない反科学。しかし複眼は違う。いずれが強弱と一面的に言わないような全うな現実観察こそ複眼の科学思考である。女=弱者だだから過剰に理解しろと決めつける共産党系の科学社会主義は実は非科学なのである・・。
      関連フロク朝日の今村優莉と岡林佐和がこの管長官の発言を罵倒にけなしているを女性ブロガーが批判していた。この記者らは他の男性のブログでも凡そ品位のない新聞記者と書かれている。さもありなん。朝日はリベラルだから要は何やってもいいジユーと信じ込んでるのである。リベラルフェミカルト教団だ。
        そう言えば追加フロク。その関連ニュースの福山吹石結婚報道で世の女達が半狂乱だという。既視感。まあ男性芸能人がやたら優しく一般人女性と一緒になることがあるからそれ見て便乗にあわよくばだったのか。実に根深い男卑女尊構造である。あるコメンタが「高嶺の花をかっさらうみたいな男性がいないのが駄目ですよ」と。女と違って男は理想性ゆえに本来はそのぐらいの気概が必要ということだろう。女と違ってそういう幻想が必要なのである空白性ゆえに。その前進が同時に世直し変革にもなる。性エネルギーの効用ってヤツだ。

追加。安倍首相は所信演説で「一億総活躍社会」と。一応全体論ではある。何か巧妙だが総合理想を掲げたのは片手落ちの輝くよりは遥かにマシである。フェミ絶対主義を相対化している効果がある。しかし強者企業活躍では総合理想の江戸的な仁政とは言えない。

フロク。イヌHK朝ドラはまた女権フェミドラマ。大河も女侵略にして朝ドラもそれを徹底する異常なフェミ路線が伺える、まるで戦時中の一点主義だな(戦前は軍、戦後は女)。。大森美香は漂流教室で男卑女尊場面の記憶(男性侮辱罪暴力に等しい)。。昭和ドラマでも古風男性を冷やかしていた。出る杭打ちが女の場合はひどく打ちのめされたと思いますとか書いてるが、新理念思想の理想性の男は常に現実から弾圧される、女は現実性ゆえに打たれない傾向、寧ろこのドラマのようにヨイショまである。過去イスラエル主義は排して今、男の場合はフェミ帝国に反逆する出ることさえ許されない戦後構造がずっとである(あるいは女のそれは非常に老獪狡猾な卑怯卑劣な圧力を加える。女原理による出る杭打ちは男原理よりもっとえげつないとは次第に気づかれつつある)。。過去の少々の損を見て(実情は男性も男損であったのだが)それを口実にして要求横暴の侵略ではイスラエルも同じであるエセラエル。歴史と現代の分裂が戦争遠因を生むのも見えないバカ女脚本家。媚びメンのプロデーサーもだ。(あのう基本認識なんだけどさ、男子の選挙権は徴兵制という大責任がセットだったが・・今日までの権利だけ要求の女とは男は別格で違うのだ。。当時は女子には権利がない代わりにこの義務もなかった。権利と義務とは戦後権利至上主義批判の時の櫻井よしこの論陣だが)。
そも脚本家の宣言見てもどう見ても天下明白にそういうマンヘイト憎しみのコンセプト不純なのに、作品の肉付けで誤魔化し黙らせようとしてるとしたら、最近よくあるフェミ作品戦争目的的で不純である。作品で煙に巻くパタンであろう。


フロク。戦争法案阻止で野党がここぞとばかり卑劣な卑怯な女の武器をフル活用したそうだな。セクハラ連呼呼ばわり戦法。これはもう笑える以前である。何だそりゃ。多くが批判している。(混乱でさえ日本の恥と言われてるのにまして)。私達は国民の女の味方だと辻説法自己満足に思い込んでるのだろうが(この保守新聞も含めて「自称国民の女の代表はここまで卑劣な事をします」と天下によくぞ晒した。ある意味で天晴れである笑)、そうも見境もなく感情的になる女政治家には総議員罷免を要求する。国が危い。正にフェミストが最も戦争待望と言う東洋論者の見立ての裏付けということか。
あと山田太郎?議員が過激な人は誰か悪者倒せば世界が良くなると思ってると書いてるが、古い男尊尊重社会を悪者と家父長制と決めつけてやっつけようとしてるフェミストフェミラーこそ、世の良く仕方を分かってない過激派となるなその論法では。政治家のいる理想知らずのページは偏ってるだろう。誰もかれもが理想が全然見えてない。
しかも政治家的説教あり。要は不利な議論は慎重低姿勢と配慮とで広げていくが大事と。では逆に有利な運動は高圧に無配慮でいいのか。寧ろそういう議論こそ時に大勢暴力へと容易に転じる危険を常に考える配慮すべき節度ではないのか。それをすぐ政治的つまり戦争論的に考えるから、こういう人間原点理想を忘れるのだろう。これでは有利不利で戦術で知略で全てが決められる。その前のそれ以前の公正土壌への配慮まで頭が回らないのだ。
      自由にも善悪の線引きあるとか規制派は政治的にもっと強かとか実に現実傾斜で、理想による社会善状態の効果まで考えてない。占領車両容認派と同じで社会効果の弊害まで見えてないのだ。目が悪い短絡こいつらこそ。もっと日本人は汚れた不純どす黒い政治能力ではなく思慮深い光の層の言うことに傾聴すべきである。幸いネット時代はマスコミュニズム大本営を大分相対化しているが。
       そうである児童ポルノ法案エロス弾圧法案は強硬措置ゆえシャルリーのパタン同様に日本の治安を危うくするが。言いにくいだろうが多くがアグネスは自業自得だと言っている。これは酷かも知れないがしかし冷静を欠いた感情的なフェミ的なメス的なやり方が国を却っておかしくする科学パラドクスなのである。悪でなく愚が国を誤らせる。
      
フロク。また朝日えせひ新聞は男女が生きる特集記事は実にいつものことだが巧妙な印象操作紙面(誰もの直感だが、女専門分野はフェミ分野は自己中)。。極めて卑怯である(俗な通念を疑うことこそが思考の始まり・・男性社会だとかのヘイト罵倒も含めてな・・)(相当に男性をヘイトしてるなあ・・哀れに見えるフェミラーは・・)。エゴイズムパタンのエゴ時代つまり偽の強さだ本当は弱いから自己中PRするのだ(あるコメントでもこの記事は女を大きく書いてると皮肉言ってた。敷衍すればそうやって男性原理をこの時代の慢心驕りで軽視するから全体論が総合理想が底辺まで配慮ある狩人的秩序まで届かない短絡バカとなるのだ)。まあまたやたら細かい些末な何らの価値的印象のない記事だが。卑劣な筆致の箇所があるが要は自己中、男にその侮辱罪で言うオッサンの場合は若者側、女がオバハンの時は年寄り側の巧妙な紙面操作。まともな新聞じゃない。自己中は殆ど百田流には人間のクズみたいな笑。あと女のセクハラはいい、男のセクハラは駄目これだこいつらの主張は。まあひとつはっきりしてるのはな。女の男性へのセクハラはハラスメント嫌がらせは公然大々的である実に暴力的(安保法阻止でのセクハラ呼ばわりと言い笑)。男のはちょろっと隠れてだ。この落差。公然とオッサンたちと発言暴言したり男性社会と罵倒する憎しみヘイト罵倒が既に疑似marx的闘争対立原理である暴力的原理ヘイト。骨系男子の俺が言うまでもないぐらい日本人に見抜かれている・・。
(まあごく普通の常識的礼節的なことを以下。売れ残り完熟トマトってたって女らの方はオッサンと侮辱罪してるじゃん反平和だそれこそ(この辺りは日本語がおかしい三島あずさか田中聡子の日本語能力を疑う。それでも記者か。新聞の機能の任を果たしていない)。。自分らはオッサンと侮辱罪はしておいて少々の長閑な他愛ないセクハラにムキになって怒るような女らが思い上がりにも変われと言うなら逆、変わらなくていいんじゃないですか笑、そう言うそれこそ男性社会の「猿真似」の乱暴思考政治動物の自己中矛盾がある限り少々ののどかなセクハラなど文句言う資格なし!!(女こそその性悪自己中の意識の改造が必要だろう)。。。故人で言いにくいが朝日出身キャスターも改革でない意味での、変わらないものと言う定義をしていた。変われと言うのは傲慢驕りにもなるし現実にここでこの朝日紙面でこうしてなっている。セクハラ濫用安保法阻止とやらのメスザルどもに見たように、与党だろうと野党だろうと関係ない厳しい節度の武士道ルールは平等である・・。戻り、変わらないものはオバマのGreatChange演説の頃に言うなって気もしたが。これは男女均等法と言う国連ヤブ医者メスの手術の時に言うべきだったな。日本全体も一応歪まずにマシだったろう。男性社会とかそう言う問題じゃないと思います。小学生みたいな思考は止めるべき。そう言うヘイト的罵倒は痛い情けない恥ずかしい。反日イスラエルのエセラエル。この者どもは破壊主義者と言える。そう言う根底ヘイト思考のある人物らの言うことをハイハイ聞いてまで、多様と言えば聞こえいいが分裂した混乱社会に変える必要はさしてないだろう)。(蛇足。あと多様で活性化とは実に辻説法パタン見飽きた。更にの際限なき権利要求。確かに育児の代わりは入るが議員の代わりはいないのにな。政治は何でもそのままだろう。そうでない政治などあるのか?。大丈夫か。片手落ち信仰。あるいは真の政治は抽象的である。全体歪ませる偏りは信仰してはいかん。
)。      戻りこの破壊主義の反平和。実にこういう女ラーは平和の敵である。女は上記ハラスメント嫌がらせしておいてセクハラ・ハラスメント呼ばわりの資格はない!!。
まあこれも別の意図だろう嫌がらせハラスメント。
朝日えせひ新聞と言う自己中エゴ時代新聞。そこには希望はない。あるのはただのエゴ部分的なリゾウ利増の狭さだけ。
        補足。あと非常にシンプルを言うけど、女の少数を前向きにとらえてる。では自称セクハラと言う、早く結婚で子供をとかボデイタッチとかは、前者は責任を期待されてる後者はモテる証拠と前向きに見るべきとなるその論法なら(or都合いい時は前向きそうでないときは後ろ向きにコロコロ市民か?)。。性をネガテブに見るフェミ思想そのものが実は人間錯誤とみな薄々と直感で思ってる。キリストばり、口に出す人は勇者である。考える人は幸いである。この西洋レジームのフェミズム圧政帝国にて。

フロク(何と)。フロクは月曜朝日新聞。男女均等法は国連バックの西洋化強要罪これこそ強行採決だな。かの長谷川女史や多く知識人が家庭崩壊危険ゆえ反対していたという。がひたすら日本ヘイト憎し西洋化の朝日えせひ新聞は強硬に賛成したのだろう(男女雇用均等法が言わばフェミ専門勢力の本丸と。かくて通念俗論は先ず疑った方がいいようである。しかしあるいは戦後共産化平等化強要憲法こそと言う気もする。平等でなく全体と言う価値観があればどれだけマシだったかと思う)。
        男女均等法は要は「何ら落ち度のない」全うな健康な日本伝統を悪意で無理矢理な「西洋ヤブ医者手術メスで」歪め不安定にした反創造と見える。混乱の国へ目下、現実製造だな・・既成事実を製造して改造を正当化する戦前軍人的パタン。
朝日えせひ新聞よ、男女均等法に関しては反対派の方が人間と社会を良く見てるようだなあ複眼で全体捉えて深い。賛成派は単に輸入流行近代化に便乗しただけの軽さ視野狭さがある、見てる人は見てる。
(この記者岡林佐和は異論を聞く器がないヘイト狭いことを知ったずっと前だ。そう言う奴ってすぐ分かるしね。戦時中の狭い専門優等生問題とダブる)しかしフェミ派閥は歪んでるな。女を専門分野の絶対聖域の特権階級にしている。部分思考は視野狭い。そも生物役割の性差もあるし経済社会バランス上は男尊あるのは当然。それは役割尊重の為である。治安面でも考えたら分かる(差別だと男尊女卑だと決めつける俗論通念がおかしいのであって。寧ろ常に男卑本音構造が目立つだろう。だから人類は調整の努力をしたのだ)(ジェンダー破壊もどれだけ醜い弊害産んでるか。これで嬉しいとホザク奴は難の責任式もないクズな奴らであろうなあ)。前の女権ヘイトスピーチよりも新書でも見直しあるヒトラーの経済政策に限っては非常に柔軟で面白く思慮深い。社会効果のことまでを考えてる長い目。これが全く見えない短絡のmarxフェミ派閥のようである。
この法律の全体目的社会効果の不純悪意邪心は知られつつある。新聞etc時代の終わりにて・・。日本人はもっと進んでる。部分専門要求ではないではない。本来全体方向に。
今年あれから「何十年とか言う権威化権力化」は嫌いな方でね笑。
月曜男女均等法証言の記事でCMで「俺、食べる人」と。これが差別だとは唖然。歪んでるひねくれてる。俺はそのCM逆に男卑女尊を思うけどなあ笑。仲好い子に自炊と言ったらまるで「あ、女のID脅かされる」と言う反応気味だった。マスコミュニズムは妙な倒錯なこと煽らない方が男女の為にはいいようである。


前に書いた。
ハフィで民主主義取り戻す反戦運動。
しかしずっと前から勝手に独占議会。国会帝国主義機械法。面従腹背法。機械法。
まるで旧産経漫画のギャグは「お尋ねします。ちょっと聞いてください」「聞かないぞ!!」。何なのだこれは笑。
戻り戦後平和で固定化この思考停止が前進進化を阻んでる。石原氏の問題提起に全く答えずの共産党。要は戦後は一億皆が共産党だ。そのくせ自己中ジユーの私人主義。

フロク。
火曜の赤旗の国連女子差別条約関連は女分野専門家の論考。相変わらず一面的決めつけパタンである貧しい一面的思考が伺える。見てて不甲斐ない。赤旗marx党の全般の特徴だが複眼全体思考がない直線思考の片手落ち思考の、突っつきアンチ思考。現に男はついでに女にメリットある限りにおいて言及する無礼者、露骨な動機不純ありありの唖然(今更余りに見え見えだが)。それは複眼科学とは言わない。全体負担を背負える重い全体思考が複眼科学思考である。軽い似非理想論の奴らにはできない。一方的に歪んだ主観目線で決めつけて、1こうだ2だからこうしろならば3だと直線西洋レジーム思考で突く手口は国を歪ませる現実に歪ませた惨状は見える人には見える(男性の未来権侵害と言う最大の人権侵害とも関連する。まだまだ不十分と全体バランスなしに要求の際限なし。近代無限宇宙思考の共産平等主義。まともな神経なら「逆側の男性も」とバランスがある筈。これないのが左翼派閥である)。
全体が国である。「一部の片手の側の」根気なしの楽要求ではない。それが国を歪ませるのは余りに天下明白。女(専門家)が言うから黙れと言う傲慢思い上がり。国連通報ファシズム問題始め、この手の動きに反対派の方が遥かに深く人間と社会を両面で見てる。共産党赤旗新聞が表面的で一面的で機械的とは読めばすぐ分かるが。
(一面的と委員長が与党に言い返して指摘を利用してた時は唖然に笑えた。何と器のない長と思った)しかし「一面ではこうでも他方では逆にこうも言える」これって小学生の国語のレベルの基本認識だった筈。Marx赤旗党にはもう一度、複眼思考と言うそれこそ科学思考の教育をやりなおしてもらわぬことにはなあ。

フロク。朝日新聞木曜の明日を読むは戦争法案をああまで反対しておいて女活躍という
痛い法案は一切批判しない思考停止の自己中矛盾パタン(論壇の安保法の隣に女活躍法。実にいずれもしち細かいこんまい分割西洋思考法である。みんな輝くが総合理想である全体である。根源平和が見えてない)(そう言う優越驕りの戦時中的細分化の分断分裂思考が戦争の卵である・・そういうこんまい分断専門バカ化思考が視野を狭めるゆえ)。男女均等法は要は「何ら落ち度のない」全うな健康な日本伝統を悪意で無理矢理な「西洋ヤブ医者手術メスで」歪め不安定にした反創造。混乱の国へ目下、現実製造だな・・。そして未だに輝く神話を信仰の哀れ、Shine死ね(この論者の赤石千衣子はトクと言う言葉をばら撒く卑劣な印象操作。徳や器と言う言葉が自己中エゴイズム防止になるからヘイトしてるのだ)。
しかも子供を盾にするパタン卑劣。有名象徴例。子供よりもレデースデイが大事と言う所に本音は自分のことしか考えない自己中エゴイズムと証明と言われる。己の幼稚さの自覚すらない女分野は先ず否定する(しかし奴らは俺らの総合理想の正論は否定できはしない。その能力も資格もない)。その否定それが経済至上主義を超える公正全体への一歩である。あと論壇時評。私人の逮捕の横暴があるから私は死語だ笑(リベラル派閥は二言目には少女に希望見る情けなさ。未来ちゃんとか妙な本あったが、女は音楽、男は未来楽で超楽である。人間錯誤リベラルには見えない長期歴史視野)。私人。戦争遠因とも関連。これ見えたら根源的平和主義。(朝日よ、窃盗するなよ。独眼竜政宗流には「発案者はこの俺だ!!」)。
戻り。あと輝くShine死ねとも揶揄あるが。
      あと今は偽と言われる安倍政権。第二次はaペテン、米との取引屈服という。。もはや日本じゃない。イスラエル化も同じ。
ある意味で一億226的な現代日本・・。(そういう占領車両反対運動の炯眼含めて)これ見える人は成長する・・。
安直普遍に乗っかる便乗の奴らは劣化する退化する・・。空前名言の硬軟の天下統合はこれだ!!。

更に若者とか子供とか女とかで思考停止しないことが人間に肝要ではないかなあ。その時代のウケのいいもの大勢便乗に寄りかかる奴らは最も卑怯者だからさ。
旗色悪い者に付くこそバランス民主主義である。「占領反対運動は戦後批判と戦争批判の一億総226状態の象徴GoldernRunner輝きである・・!!」。キマッタ!!。

ロンザでオタク美人論。分かる。美とはそも女の価値観。倒錯するとそれを男がとなると女はまるであれれの感じになるからではないか。一つの仮説。

本題続き。そう言えば保守女子が「安倍さんは戦争対策だけじゃなく、憲法内政も考えてます。私は戦後男女平等憲法が問題を生んでると思うんですが」以下と深そうである。ただのビョードー辻説法念仏とは違う。表層左派リベラルにはこう言う思考は出来ない。

あとナチスは意外と女子で関心持ってる人は割といる確認した。新書も出た。治安遠因も慈悲で考えてたナチスの思慮深さ考えの深さ。安直な朝日的なリベラル大本営通念に皆は距離置き始めてる。

あと今は偽と言われる安倍政権。第二次はaペテン。もはや日本じゃない。イスラエル化も同じ。
ある意味で一億226的な現代日本・・。(そういう占領車両反対運動の炯眼含めて)これ見える人は成長する・・。
安直普遍に乗っかる便乗の奴らは劣化する退化する・・。空前名言の硬軟の天下統合はこれだ!!。

本。この人物の上野はヘイトスピーチもしてるから褒めるべきでない朝日広告よ。異常に褒めるなカルト教団めが。「この自己中人物は許されないですよねー」位の批判がない方がおかしい。つまりここは最早日本ではない・・エセラエルだ!!。機を見るに敏なだけの人間はエゴの利だから尊敬できない。得トクよりも徳こそ人間の器。大人である。

追加は朝日新聞マララ記事。テロ思想はまだしも過激思想という目線は言い過ぎだろう。そう言えば当時としては過激な一神教が人類思想を生んだ歴史もありこれに余りに無知。それでは教育を語る資格はない。西洋レジームに反逆する土着思想が気に入らない輸入フェミ姿勢とも見えるし。西洋同化の安直道具方式では一層問題を大きく複雑にするだけである。教育は洗脳であってはならない。人間錯誤であってもならない。西洋はその要素がある。













最後まで最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。



コメント

底為大文明は米と金と女と理とジェンダetc一色に染まるコロコロ日編国を底辺から一喝バランス牽制

2015-09-19 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
底為融大文明とは、雄大に底辺にまで慈悲愛の光を行き渡らせる雄大文明である。応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
征夷大将軍を維新化したのがこの権能。大文明で、真の意味での底上げである。ここでもクリック願います!!にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村教育・学校(その他) ブログランキングへ

今回も多忙で継ぎ接ぎ御免。

再度。便宜上だったので正式に。前回を。
ブログより。
この本(太った男性をどうこう云々)の非道ゆえに思い付いた。早く言おう。人道上の理由で。
     底為大文明・・の建立。キマッタ。人ではない、総合的な権能である。言わば徳川+福沢と言う所だ。オールスター日本の先鞭。日本総動員法?。
急に思いつきでない。よくあるフェミテーゼ粉砕でもある「底辺性への男性への冤罪抹殺人が犯罪走りが、飢え死に性がないことこそが文明バロメータである」。これである。
      待った。例の安倍派の底上げ論ブログで心戦争の指摘あり。認識目線の戦争があると。正に好悪で贅沢嗜好な女は全員耳痛いだろう全員ファシスト。女の戦争は善とされている唖然。それを睨む否定がこの底為大文明。根源的平和主義。
戦争の平和化融和化これがなかった戦後。「和」の戦争化闘争化だけがあった戦後。
     そして順当には底なし経済に対して。暗黒海の板だけの経済。これを経世済民化する底為大文明。世と民がある。
そしておエロいで平和。この前言った江戸人(そうそうそれ忘れたらアカン笑)。中世の王様は触って治癒癒やした。占いでもあったな。
     正に異ネルギー立国。それこそが底力の源である。
これは戦後民主主義を卒業する準備思想である。民主主義は個人主義の無限大闘争。限界であることは確か。
以上。

何度か触れた大がかりな発想。大民主主義。従来の民主主義を超える必要と目下の戦争流されの危険と果ては闘争的な根源暴力扇動風景の問題を思ってであるやはり。
独創国家の思想の為にも。
底辺。龍馬も下士階級だった。

参考は将軍制度か大君制。
「その時歴史動いた」で大君主制の仮説あり。確かもしや無責任ファシズムの太平洋戦争も避けれたかと仮説。Wikiには何故か載ってないが確かにその放送はあった。
異説本でも紹介。そこでは徳川存続ではいずれ混乱で半植民地化だったろうと。
しかしあてならない、これは戦勝国の英国の目線である。結果オーライ官軍思想かも知れない。
その本はどうやら英仏どっちもどっちという結論やや薩長優性ということのようである。真相は分からない。ならばSimpleの方がいいのではないか、複雑無責任でない軸のある国家の方が未来志向としては。若干の一神教方向で。
ある歴史ページで合理思考かこれは。
要は王政復古クーデター引っくり返しでややこしく天皇教となって宗教思考で見えにくい国となってしまった、それが現代混迷に続くと。
やはり・・天棚上げ無責任思考の無責任ファシズムの温床が伺えではないかこれこそ・・。Simple。
大君主制にすればいずれ民主革命だった・・との見方ある。だが昨今の強引な民主革命の混乱でその歴史が見える地位にこの国はいる。イスラエルみたいな思考はどうか。
更に・・独裁者国家の意外と賢明さとの報告もある。更に近代化は幕府も考えていたと言う。先の本でも薩長の幕府案を窃盗の断面の指摘。
「政治を知らない民に委ねた国の末路は」という少し有名な見方もある。
やはりここでは大君主制であれば無責任ファシズムはまだしも避けれたかの仮説論陣で行こう。誰も言わないから骨系男子の俺が言う。

それ踏まえての。やはり要は一新教である。一針教。古代歴史神話教科書でも創造型神話の言及は普通にある。創造神はキリスト教の専売ではないようである。日本にも一神教はある。崩壊時代には必要である。
暗澹とこうまで落ち込んだ沈んだ日本国には、突き抜け時代突破の一神教も必要である。


暗く落ち込むと来れば。

底為大文明の後半の命名の文明となる。大文明。
今は暗黒時代。西洋の暗黒海。つまりまるでキリスト的な自己否定批判の罪自責の心で重くなる人々。病は気から。文明が消えて暗黒海に暗い時代。

ここである方面の引用抜粋。

[ゆえ暗黒海突破の時代突破のKolumbs流の空気破りKY。ただし内面思想東洋Orient原点Zipang底光を忘れずの総合理想]
そも江戸的な底抜け明るいアホーみたさ性がつまり文民明るくこそが新時代の希望である(当のペリー団も西洋の暗黒に日本を引きずり込むことに自責。日本故郷は集合無意識はどうやら江戸にあったらしい。大西洋奉還の根拠)。
維新的な大マジはまるで太平洋戦争のなだれ込みと似る。このいま現代が全てとなる非歴史的反歴史的。
つまりこのコロコロ国家は反歴史で時代時代ごとに分割で、軍隊・企業・私人自由・米国・金・衆・女・ジェンダー・リベラル変化・理系科学・真面目勉強・メス的禁欲真面目思想キリシタンetcと具体的な一つの点に一色に染まり他方は消すあるいは全体は消す、狭い片手落ち視野の日偏国。維新的。全体を見ない具体的な部分思考で進む姿勢の現れだろう。政治がなく政策だらけもそうと見える。大政治は日本取り戻すスローガンだけ。
細かい部分でなく本来的な古神道の人類神道の大きな壮大な含みこそ正義である。それが正義派である。
大地球を背負うGlobe主義の士はKolumbs流の暗黒海時代を突破。時代突破の雄大流に限りはない。客観実証事実ではなくそのぐらいの気概でと言う意味。
以上。

朝日新聞でも全体の国を体現するシュミット論の突然変異思想とあり。更に朕は国家なりともあったな。後醍醐天皇はどうやらその節あり太古記憶、國を背負う気概。反アンチとは違って。
民主主義は政策一色国の細かさ。
TV風景で最も分かり易く言えばサンプロ政治論が報道サンデ情報傾斜になったようなもの。
全体が神に棚上げ押し上げでは見通しが悪い。最大野党の共産党も割と狭くメス的分析の直線思考。丸くない。全体をあるいは複眼同時を見てないのがよく伺える。それが最も例えは、左派派閥の女分野の執拗な他方を見ない追及一直線暴走ともなる歪む片手落ち反複眼の一直線。これでは国の直線による解体となる。反シュミットだ。

超越は大事。
その方策がこれ。大将軍ならぬ大文明。底為融大文明。
政治を超える文明。かつても文明はどう使われたか。奇しくも啓蒙時代の新参である。
この時代では先ずは政治が「抽象的で非具体的ゆえに問わない」領域次元がそれであろう。
再度に敷衍。文明とは何かを、言葉にして視野が広がった光った時だと定義あり。
闇の暗黒で光。やはりそれが文明の源流のようである。文民明るく。
日本の神話流には天井を押し上げて誰もが歩けるようになる時代へ・・。これが文明的・・。


フロク集。

フロク。戦争法案阻止で野党がここぞとばかり卑劣な卑怯な女の武器をフル活用したそうだな。セクハラ連呼呼ばわり戦法。これはもう笑える以前である。何だそりゃ。多くが批判している。私達は国民の女の味方だと辻説法自己満足に思い込んでるのだろうが、そうも見境もなく感情的になる女政治家には総議員罷免を要求する。国が危い。正にフェミストが最も戦争待望と言う東洋論者の見立ての裏付けということか。
あと山田太郎?議員が過激な人は誰か悪者倒せば世界が良くなると思ってると書いてるが、古い男尊尊重社会を悪者と家父長制と決めつけてやっつけようとしてるフェミストフェミラーこそ、世の良く仕方を分かってない過激派とナルなその論法では。政治家のいる理想知らずのページは偏ってるだろう。誰もかれもが理想が全然見えてない。
そうである児童ポルノ法案エロス弾圧法案は強硬措置ゆえシャルリーのパタン同様に日本の治安を危うくするが。言いにくいだろうが多くがアグネスは自業自得だと言っている。これは酷かも知れないがしかし冷静を欠いた感情的なフェミ的なメス的なやり方が国を却っておかしくする科学パラドクスなのである。悪でなく愚が国を誤らせる。

追加は朝日新聞マララ記事。テロ思想はまだしも過激思想という目線は言い過ぎだろう。そう言えば当時としては過激な一神教が人類思想を生んだ歴史もありこれに余りに無知。それでは教育を語る資格はない。西洋レジームに反逆する土着思想が気に入らない輸入フェミ姿勢とも見えるし。西洋同化の安直道具方式では一層問題を大きく複雑にするだけである。教育は洗脳であってはならない。人間錯誤であってもならない。西洋はその要素がある。

フロクは月曜朝日新聞。男女均等法は国連バックの強要罪これこそ強行採決だな。かの長谷川女史や多く知識人が家庭崩壊危険ゆえ反対していたという。がひたすら日本ヘイト憎し西洋化の朝日えせひ新聞は強硬に賛成したのだろう。
(男女雇用均等法が言わばフェミ専門勢力の本丸と。かくて通念俗論は先ず疑った方がいいようである。しかしあるいは戦後共産化平等化強要憲法こそと言う気もする。平等でなく全体と言う価値観があればどれだけマシだったかと思う)。
朝日えせひ新聞よ、男女均等法に関しては反対派の方が人間と社会を良く見てるなあ複眼で全体捉えて深い。賛成派は単に流行近代化に便乗しただけの軽さ視野狭さがある、見てる人は見てる。
(この記者岡林佐和は異論を聞く器がないヘイト狭いことを知ったずっと前だ。そう言う奴ってすぐ分かるしね。戦時中の狭い専門優等生問題とダブる)
しかしフェミ派閥は歪んでるな。女を専門分野の絶対聖域の特権階級にしている。部分思考は視野狭い。そも生物役割の性差もあるし経済社会バランス上は男尊あるのは当然。それは役割尊重の為である。治安面でも考えたら分かる(差別だと男尊女卑だと決めつける俗論通念がおかしいのであって。寧ろ常に男卑本音構造が目立つだろう。だから人類は調整の努力をしたのだ)(ジェンダー破壊もどれだけ醜い弊害産んでるか。これで嬉しいとホザク奴は難の責任式もないクズな奴らであろうなあ)。。前の女権ヘイトスピーチよりも新書でも見直しあるヒトラーの経済政策に限っては非常に柔軟で面白く思慮深い。社会効果のことまでを考えてる長い目。これが全く見えない短絡のmarxフェミ派閥のようである。

フロク。朝日新聞木曜の明日を読むは戦争法案をああまで反対しておいて女活躍という痛い法案は一切批判しない思考停止の自己中矛盾パタン(論壇の安保法の隣に女活躍法。実にいずれも七細かいこんまい分割西洋思考法である。。みんな輝くが総合理想である全体である。根源平和が見えてない)(そう言う優越驕りの戦時中的細分化の分断分裂思考が戦争の卵である・・そういう七細かい分断専門バカ化思考が視野を狭めるゆえ)。男女均等法は要は「何ら落ち度のない」健康な日本伝統を悪意で無理矢理な「西洋ヤブ医者手術で」歪め不安定にした反創造。混乱の国へ目下、現実製造だな・・。。そして未だに輝く神話を信仰の哀れ(この論者の赤石千衣子はトクと言う言葉をばら撒く卑劣な印象操作。徳や器と言う言葉が自己中エゴイズム防止になるからヘイトしてるのだ)。。しかも子供を盾にするパタン卑劣。有名象徴例。子供よりもレデースデイが大事と言う所に本音は自分のことしか考えない自己中エゴイズムと証明。己の幼稚さの自覚すらない女分野は先ず否定する(しかし奴らは俺らの総合理想の正論は否定できはしない。その能力も資格もない)。。それが経済至上主義を超える公正全体への一歩である。あと論壇時評。私人の逮捕の横暴があるから私は死語だ笑(リベラル派閥は二言目には少女に希望見る情けなさ。未来ちゃんとか妙な本あったが、女は音楽、男は未来楽で超楽である。人間錯誤リベラルには見えない長期歴史視野)。私人。。戦争遠因とも関連。これ見えたら根源的平和主義。(朝日よ、窃盗するなよ。独眼竜政宗流には「発案者はこの俺だ!!」)。
戻り。あと輝くShine死ねとも揶揄あるが。あと今は偽と言われる安倍政権。第二次はaペテン、米との取引屈服という。もはや日本じゃない。イスラエル化も同じ。
ある意味で一億226的な現代日本・・。(そういう占領車両反対運動の炯眼含めて)これ見える人は成長する・・。
安直普遍に乗っかる便乗の奴らは劣化する退化する・・。空前名言の硬軟の天下統合はこれだ!!。

フロク。火曜の赤旗の国連女子差別条約関連は女分野専門家の論考。相変わらず一面的決めつけパタンである貧しい一面的思考が伺える。見てて不甲斐ない。赤旗marx党の全般の特徴だが複眼全体思考がない直線思考の片手落ち思考の、突っつきアンチ思考。現に男はついでに女にメリットある限りにおいて言及する無礼者、露骨な動機不純ありありの唖然(今更余りに見え見えだが)。それは複眼科学とは言わない。全体負担を背負える重い全体思考が複眼科学思考である。軽い似非理想論の奴にはできない。一方的に歪んだ主観目線で決めつけて、1こうだ2だからこうしろならば3だと直線西洋レジーム思考で突く手口は国を歪ませる現実に歪ませた惨状は見える人には見える(男性の未来権侵害と言う最大の人権侵害とも関連する。まだまだ不十分と全体バランスなしに要求の際限なし。近代無限宇宙思考の共産平等主義。まともな神経なら「逆側の男性も」とバランスがある筈。来れないのが左翼派閥である)。)。全体が国である。「一部の片手の側の」根気なしの楽要求ではない。それが国を歪ませるのは余りに天下明白。女(専門家)が言うから黙れと言う傲慢思い上がり。国連通報ファシズム問題始め、この手の動きに反対派の方が遥かに深く人間と社会を両面で見てる。共産党赤旗新聞が表面的で一面的で機械的とは読めばすぐ分かるが。(一面的と委員長が与党に言い返して指摘を利用してた時は唖然に笑えた。何と器のない長と思った)。
しかし「一面ではこうでも他方では逆にこうも言える」これって小学生の国語のレベルの基本認識だった筈。Marx赤旗党にはもう一度、複眼思考と言うそれこそ科学思考の教育をやりなおしてもらわぬことにはなあ。

となればこれはどうだ追加。フジグループの雑誌SPAの下流論は反文明だな。暗くしかしてない非生産。あれでは「下層階級を更に叩き落とせー死ねー」と言う東京時代の上にー上にー思想を代弁してるも同じであるフジサンケイの産業経済社会主義の絶対主義体制。
性的事件口実に禁欲思想に負けてる西洋レジーム東京時代を正当化。あと女は男多いサイトで姫になれとかちゃかり持ち上げる男卑女尊の非本国。
実に暗い反文明な思想製造も同じである。反文明の罪だ。

追加フロク(何と)は少々い言いにくいが(これ自体が世界支配空気Kだな。骨ある英国人Journalistはいたが)勇気苦言あるいは趣旨意図を以下に翻訳。そこへいくと朝日天声人語はしかし我が国日本の天皇をああまで称えた社説を書いたことあるのかな(正統派ユダヤ教徒のように)。記憶にない。その勝てば官軍で美化される英帝国も、先住民やビクトリア治世でのインド果ては対日策略そしてイスラエル製造策含めもっと露骨に汚い戦争をしてきた現にしている国ではないのか。差別依怙贔屓も非公正も甚だしい(てことは女王は裸だ!機械女王。老獪狡猾な帝国) (もし大王だったら称えたか朝日は)。(勝者官軍なら○、賊軍なら×。都合の悪い時は野党とならないコロコロ朝日新聞。世界権力に媚びる。だから日本は徹底批判)。やはり日本ヘイトに見える。要はメス的「外国、好き―。日本、封建的だから真イスラエルだから嫌いー」これだろう。慰安婦製造問題でも日本ヘイト疑似左翼思想のせいでなく「日本的組織が悪い。悪いのは朝日の理念でなく日本だ」と居直った(笑)のは記憶に新しい。とにかくこういう基本トーンが臭うこれに尽きる。

フロク。91/3サンデーモーニング風は今頃に政治家の気概と言う胡散臭さ。女政治家限定に乗せる。明らかにリベラル的にジェンダー破壊を狙ってる。反だけでは気概にならない、いかにも左派リベラル。気概は男子のゴーテックこそを言う。天空破りは男性にしかできない。天皇制の天の気概も関連。そも政治家だけでなく民族全体の気概はずっと保守が言っている。。 リベラル個人主義者の野田の時はここぞとばかり勇んで反応して、ただの個人主義エゴ匂いパフォーと気概をこじつける唖然。気概だ?   今頃リベラルが言うな。遅すぎるって。

追加は火曜の朝日新聞の耕論。となれば現実である政治と理想である領域を並列する必要。大理想院と現実院・・は無理ある。民主主義を超えて日本伝統流の朝廷将軍制の正統性根拠。独創国家で何が悪い!!。となる。デモクラシーを超える国へ。

フロク。見そびれてた火曜の言葉折々。さあすが朝日の顔。男卑女尊の印象操作意図に余念がない。それがこの言葉の真の目的。見える人にはたちどころに分かる、今までの朝日を見れば余りに明白である。
ゆえ敢えて念の為に言おう。男性は確かに朝日がいつか良心的に定義したように、だらけ性であるぐうたら性である少し脆弱に作られているゆえ。がそれは亀でなく兎ゆえである。肉食系ゆえに普段はのんびりする遊牧民、反平均性の底辺性。そしていざという時(別に戦争や災害でなくても)のツボの時に獅子奮迅の突然変異。そしてまた戻る。
人間錯誤のリベラル左派学者には見えないそれこそ人類本質である。


フロク。週刊朝日は野田造反記事の卑劣な印象操作。見世物サーカス見物気分のようだが、官邸の小心者と悪口を書いてるが(女が絡んだら悪口もいいということらしい。さすがネオマルクシズム左派)、大河で主人公を小心者と悪口言う場面あったなあ。それ思い出した。自分こそ小心者ゆえにすぐ悪口を言うのだろう。

追加フロク。夕刊朝日女子組と桐野夏生は偏ってるな。東京島の女権自己中扇動は記憶に新たである。先ず呼吸空気が女権である。どれだけ男性が努力強いられてるか。男卑女尊ならぬ男否女尊とすら言われる。男性は人権が侵害されてるレベル。確かに昔と変わった。男卑が男否に。これは公然である。

追加。ハフィにしろそういう思想は男よりもマザーテレサ保守的に女の方が提示した方がいいだろう。2017年大河関連の憎しみマンヘイトのように最近のおかしな異常扇動への大いなる全体的な牽制にもなるだろう。marxフェミ的な層は全て憎しみで動いている。それが戦後秩序をエセ革命的に混乱させ歪ませたのである。










最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。


コメント

女ラーの時代脅迫罪を鉄槌一喝全否定する根源的平和主義は底為大文明。時代権と未来権は万民の徳心で

2015-09-12 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
時代脅迫罪は言わば先住民消去虐殺の思い上がり偽イスラエル主義である!!。応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
誰もに時代権と未来権はある。特定限定かに偏っては「日偏」世界である、狭い反日反Globe主義である。直線史観を超えろ!!。
ここでもクリック願います!!にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村教育・学校(その他) ブログランキングへ


時代。この言葉を聞いて気分いい人種と気分悪い人種がいては不公正である(それはどうしようもないよと諦めては非力な下等動物のそしり)。正に階級分割分断の月世界の思想である。冷たい月本国。
     偏った未来製造の世界。時代製造権の独占。
時代をこともあろうに未来をある特定の人種層から奪う。希望を奪う。この最も悪質犯罪。
かつて米国は未来の国とHegelは呼んだ。しかし更に朝日新聞でも取り上げていたナチ公法学者カールシュミットは、先住民が前以て思考によって既に征服されていた断面を見据えた。分かり易くは眼の遠近法の帝国主義とも呼ばれる手口である。思想で視界で前以て征服する。情報征服。言わば科学思考の暴力と悪用・・。
       その民族の歩く直線通路を奪う、前以て目で収めて征服する思想。人権侵害もいい所である。実に露骨である。
そうである最初からこの国は白人限定の意図とは有名、これからの時代は白人時代ここはアメリカ共和国だ。と狭い未来の空間を製造することで先にいた住民の士気を下げて征服しやすくする図式。
       先住民の特定人種の未来を奪って前以て思想で征服。未来権侵害。
しかし・・この手口は実は現代で普通にポピュラーに見かける、過去歴史は現代。いなこの手口は頻繁扇動である。
17年大河当たり筆頭。要は「これからは貴方がたにとってはこういうケチな狭い時代だよ未来だよ覚悟して」と思い上がりにも上から目線のつもりらしいが、未来を勝手に独占的に決めて洗脳カルトして、気落ちさせる士気を下げる。反民主的。前回の大河のカプコン製品のように。
       まるでストーカーみたいに先回りして未来を奪うと言う最大の人権侵害、殆ど。
他人様の「他性様の」未来を細くさせ消す盗む、これほどの土足犯罪があろうか。人生権の侵害。
     時代脅迫罪は女ラーの土足犯罪加担である。言わば人様の頭脳目線の蹂躙。強制的うつ病化の洗脳化の処置。戦争犯罪行為。
     しかしこれが当たり前化してるのであるマスコミュニズム扇動。リベラルな週刊ポスト筆頭。やはり下記、時代流れを自然に容認主義はmarx的、つまり人間主体の生きる力のない非力な下等動物の思考である。「時代の流れだよねー」とかオウム返しに言う奴らは下等動物カルト教である。あるいは大勢適応の集団迫害で少数をリンチの下心か、どっちかだ。驕る物には耳痛いだろう。
       いつぞや「時代がどうなるかではない、どうするかである!!」。これJFK流。
あるいは所詮は時代は自らどうするものである。主体を大きく強靭に持て。こういう姿勢が大人である。大人物である。小市民では無理。


でまたも時代脅迫罪の要素の本。要は「男性は死んでも別に。あるいは思想で殺せ」の本音の本。
となれば現にフロクはカルト本「太った男性を殺せ?」。
ついでのフロク。
         何と左翼太田出版の本で唖然の挑発(最近、挑発罪ばかりする左翼出版)。こういう議論が流行ってるな。妙な際どさを扇動する。現実論ばかりの理想根性なし。わざわざ煽る事かな。
わざわざそういう場面を製造することかあ、そこまでやることかあ。ギロン生産をしたいんですか?。ある方向カラーに持っていく目的の為だろうフェミ帝国に。カルト思想だ。
それにまさかその人ってのは女か、女を助けるために太った男性を殺す?、まるでこの時代のカルト本音を白状吐露。この時代の自称「合理的な」野蛮生物思想が伺える。「男は邪魔」と公言するコビメン本もある。太った男性は確かに遊びで女に集リンされてる風景もある。そのカルト思想を正当化の本でもあるだろう(ざっと以上からも平等ビョードーとわめていてきたフェミズムの否定、なすべきことはこれに尽きるだろうそれが人類の全て)。それこそ米国や国連が好きな人道上の罪だ。ならば「戦争の為に慰安婦は必要か」という議論こそもっと人道的で平和的でのどかだ扇動すべきだ(男に死ねと言の相手に、女は癒せと言っても何らかけらの罪もない。寧ろ日本軍のように善良すぎだ)。
       ホラミロこの本、自己中矛盾の米国発の権威ヅラの現実議論は一切聞かない、それが最も賢明だろう。それこそ人道と正義公正の為に。
どうやら現実論の名の下にそれ口実にして己らの無能を言い訳にして、カルト国化を図る思想があるようである。
蛇足。例の唖然本。出版の女。女は傲慢がいる。平気で事務的に対応する機械化人。善良謙虚でない非謙虚の非国民だなこれは。他人様をお客様を事務処理する思い上がり傲慢。

本題。この本で。
この本の非道ゆえに思い付いた。早く言おう。人道上の理由で。
     底為大文明・・。キマッタ。言わば徳川+福沢と言う所だ。オールスター日本の先鞭。日本総動員法。
急に思いつきでない。よくあるフェミテーゼ粉砕でもある「底辺性への男性への冤罪抹殺人が犯罪走りが、飢え死に性がないことが文明バロメータである」。これである。
      待った。例の安倍派の底上げ論で心戦争指摘あり。認識目線の戦争があると。正に好悪で贅沢嗜好な女は全員耳痛いだろう全員ファシスト。女の戦争は善とされている唖然。それを睨む否定がこの底為大文明。根源的平和主義。
戦争の平和化これがなかった戦後。「和」の戦争化だけがあった戦後。
     そして順当には底なし経済。暗黒海の板だけの経済。これを経世済民化する底為大文明。世と民がある。
そしておエロいで平和。この前言った江戸人(そうそうそれ忘れたらアカン笑)。中世の王様は触って治癒癒やした。占いでもあったな。
     正に異ネルギー立国。それこそが底力の源である。
これは戦後民主主義を卒業する準備思想である。民主主義は個人主義。限界である。



時間都合上、今回も抜粋。まあ新時代ファシズム時代脅迫罪に対抗抵抗勢力する為の武器のおさらいです。
今回も抜粋加筆。
[新時代は男尊幻尊遠尊もある未来。温故知新世界。時代権侵害を呼吸権侵害を許すな消極平和めが]

新時代は、音楽文明論敷衍、アマテラス女権時代からアマテル男尊時代へ幻尊時代へ。
目下の女が醜い輝き国より、女が美しい国へ。男は目で鋭画。女は体。でこそ国は美しくなる。SM制御大龍馬できる。大奥ねじ伏せずして改革なし!!理想性なし!!。
       マスコミュニズムの改革リベラル時代から、理想保守の調律時代へ。
理文東西男女分裂時代から、両極統合一体の時代へ。ゆえ貧困はイヌHKみたいに分断せずに男女同盟でこそ克服せよ。
     利のエゴ時代から義のエバ時代へ仁愛。権利義務の分裂よりも責務。
新時代はみんなの時代。みんなに時代権が未来権がある21世紀・・!!。片手落ちだけではない。
       略。またいずれ。


フロク集。

追加は火曜の朝日新聞の耕論。となれば現実である政治と理想である領域を並列する必要。大理想院と現実院・・は無理ある。民主主義を超えて日本伝統流の朝廷将軍制の正統性根拠。独創国家で何が悪い!!。となる。デモクラシーを超える国へ。

追加フロク(何と)は少々い言いにくいが(これ自体が世界支配空気Kだな。骨ある英国人Journalistはいたが)勇気苦言あるいは趣旨意図を以下に翻訳。。そこへいくと朝日天声人語はしかし我が国日本の天皇をああまで称えた社説を書いたことあるのかな(正統派ユダヤ教徒のように)。(もし大王だったら称えたか朝日は)。記憶にない。その勝てば官軍で美化される英帝国も先住民やビクトリア治世でのインド果ては対日策略そしてイスラエル製造策含めもっと露骨に汚い戦争をしてきた現にしている国ではないのか。差別依怙贔屓も非公正も甚だしい(てことは女王は裸だ!機械女王。老獪狡猾な帝国)。(勝者官軍なら○、賊軍なら×。都合の悪い時は野党とならないコロコロ朝日新聞。世界権力に媚びる。だから日本は徹底批判)。。やはり日本ヘイトに見える。要はメス的「外国、好き―。日本、封建的だから真イスラエルだから嫌いー」これだろう。慰安婦製造問題でも日本ヘイト疑似左翼思想のせいでなく「日本的組織が悪い。悪いのは朝日の理念でなく日本だ」と居直った(笑)のは記憶に新しい。とにかくこういう基本トーンが臭うこれに尽きる。

フロク。週刊朝日は野田造反記事の卑劣な印象操作。見世物サーカス見物気分のようだが。官邸の小心者と悪口を書いてるが(女が絡んだら悪口もいいということらしい。さすがネオマルクシズム左派)、大河で主人公を小心者と悪口言う場面あったなあ。それ思い出した。自分こそ小心者ゆえにすぐ悪口を言うのだろう。

追加。フジグループの雑誌SPAの下流論は反文明だな。暗くしかしてない非生産。あれでは「下層階級を更に叩き落とせー死ねー」と言う東京時代の上にー上にー思想を代弁してるも同じであるフジサンケイの産業経済社会主義の絶対主義体制。
性的事件口実に禁欲思想に負けてる西洋レジーム東京時代を正当化。あと女は男多いサイトで姫になれとかちゃかり持ち上げる男卑女尊の非本国。
実に暗い反文明な思想製造も同じである。反文明の罪だ。

フロク。見そびれてた火曜の言葉折々。さあすが朝日の顔。男卑女尊の印象操作意図に余念がない。それがこの言葉の真の目的。見える人にはたちどころに分かる、今までの朝日を見れば余りに明白である。
ゆえ敢えて念の為に言おう。男性は確かに朝日がいつか良心的に定義したように、だらけ性であるぐうたら性である少し脆弱に作られているゆえ。がそれは亀でなく兎ゆえである。肉食系ゆえに普段はのんびりする遊牧民、反平均性の底辺性。そしていざという時(別に戦争や災害でなくても)のツボの時に獅子奮迅の突然変異。そしてまた戻る。
人間錯誤のリベラル左派学者には見えないそれこそ人類本質である。

しかしついでのフロク。朝日新聞火曜のRonzaサッカー論は想像ドキドキとか異様な表現げげやめてくれよ頼むからキモイ。真っ暗ブラインドサッカーでどうとか言うのはそれこそ女子サッカーの出番だろうがこの時こそだ笑。男子がそれやっても絵にならない。女が目隠しでプレーするからこそ絵で味があるのだろうが。勿論女子にも拡大するんだろうな。
恐らく他にこれは意図ありだろう。何事かと思ったらジジツマスコミ主義による創造派への弾圧である。マスコミ中華思想。現にどこか自虐的であるしな。骨系男子の俺はそう見てる。
ハフィにしろそういう思想は男よりもマザーテレサ保守的に女の方が提示した方がいいだろう。2017年大河関連の憎しみマンヘイトのように最近のおかしな異常扇動への大いなる全体的な牽制にもなるだろう。marxフェミ的な層は全て憎しみで動いている。それが戦後秩序をエセ革命的に混乱させ歪ませたのである。

追加フロク。夕刊朝日女子組と桐野夏生は偏ってるな。東京島の女権自己中扇動は記憶に新たである。先ず呼吸空気が女権である。どれだけ男性が努力強いられてるか。男卑女尊ならぬ男否女尊とすら言われる。男性は人権が侵害されてるレベル。確かに昔と変わった。男卑が男否に。これは公然である。

そうである。作品物語りで誤魔化す複雑系の手口を見抜け!!。
追加は水曜朝日新聞の耕論の総裁選。挑戦強調は個人主義人生論ではないか。政治までも個人の原理を露骨に出すのはどうか(対抗軸なかったのにって断面でも伺える)。別の道もあるの旗にしてもこの人物では説得力ない本当にそこまで器があるか。平気で異論をカットしそうに見える。それに痛いワンフレ女輝くがあるからと言って、政敵は女なら手加減するってのも何か変だおかしい。それこそファシズムだレデースファシズム。まるで女政治家なら批判なしとなるだろが。とにもかくにも全体論原則論がない。輝くとか分断に細かいこと言い出すから突っ込まれてややこしくなるのだ。
木曜の野田聖子記事(明楽)もあるパタンが見える。
そうか反安倍の朝日や福島は小さいとなるわな。要所ツボで驕りが見えた記憶が新しい野田聖子。男性の存在権それが壁だ当然の自然権利、あれもこれもの女贅沢に抗議してるのである。これも見えないようではエセ保守だリベラル個人主義、男性に無理解の典型。
もう一つツボを言えば朝日ではよく矮小とかの言葉が女記者から出る。これもこんまいと龍馬流に言わずに「反安倍ではちんまい」。これも印象操作だろう。明楽麻子はセクハラ的毒を混ぜておいてそのくせ「それはしょうもない問題だよ、本質じゃないよ。本題はこっちだよ」と元に戻す汚さ。大河ドラマですらこの手口ある。逆大奥やテルマエロマエが複雑な物語と事実を詰め込んで固めて、そして真の目的コンセプトである男性セクハラを広報的にドワーッと印象操作で広める。そのくせこっちだよと史実?や「物語」に目線をすりかえる。汚い。卑劣な左翼表現権力のパタン手口である。
要はコンセプト目的の核を見れば悪意図は容易にぶった切れる。(複雑な物語性や膨大な史実?に惑わされ攪乱されてはならない。ツボ主観意図コンセプトこそが真人文的で動機の純度が見える。逆には最も強力な戦争悪意図なのである)。これが真のリテラシー弁証法である。
しかしこれ言った矢先にこれだ田中真紀子の輝く強調。
追加フロクは火曜朝日天声人語。輝くに同意してるなら同じだろが。輝くには個人主義的で、ある流派流に言えば相手を対岸を全く考えない思い上がり独り善がりが匂う。胡散臭い上に幼稚い小学生みたいなワンフレだ。バカっぽく見えるなあ。事実バカ思考だ。
補足追加フロクは婦人公論。野田おばさんは総理になりたいらしい。小市民的で動機不純な茶番劇。動機の純粋性に欠ける。
安全保障よりも内政と言いたいのだろうが、フェミ保守が何かやっても却って国内男女争い増え混乱ギスギスとなる。抑圧の消極平和主義となり善くない。
それにこの人物は上の器じゃない。今どき的な自己中の個人主義匂いである、人を目指す人生論の俗的で不純で大義なし。これじゃ小市民な一般人だろう。国は任せれない。

フロク。先週の言いそびれ婦人公論のせこさ。総裁選の日に野田聖子の総理目指す発言。隣に男優。丁度、花燃ゆで次期初代総理の伊藤に助言してた場面あったな。女が分からないと言うセリフを隣で言わせる。左翼雑誌のせこさ伺える。真の能力がない奴らゆえそう言う小細工をするのだろう。

フロク。9/13サンデーモーニング風は今頃に政治家の気概と言う胡散臭さ。女政治家限定に乗せる。明らかにリベラル的にジェンダー破壊を狙ってる。反だけでは気概にならない、いかにも左派リベラル。気概は男子のゴーテックこそを言う。天空破りは男性にしかできない。天皇制の天の気概も関連。そも政治家だけでなく民族全体の気概はずっと保守が言っている。リベラル個人主義者の野田の時はここぞとばかり勇んで反応して、ただの個人主義エゴ匂いパフォーと気概をこじつける唖然。気概だ?今頃リベラルが言うな。遅すぎるって。

(記事と姿勢の情けなさへの苦情はこれとこれと分けれない。混ざる。このイロハも分からないリベラルポストらしい。もしかしてバカ?笑)。
ついでのフロク。情けない雑誌は自称マッチョ?らしい(笑)週刊ポスト。無い方が日本の為だろう(保守石原を冷やかしてる時点で既にそうじゃないけどな。そう言う所だけは勇んで批判パタン)。仮にも一国首相夫人のaペテン夫人のセクハラ行為をよう批判しない。プライドないんか!!。
自称ファーストレデイ。が日本の恥(どっから見てもこのオバハン、震災でも示された日本人良さ美徳を破壊する破壊主義左翼だぜよ。これで女の模範か。下手なギャグ芸にもならない笑)。痛い情けないともっと日本人は見てるだろう(あれ権力によるセクハラじゃん。女が権力が怖くてよう批判しないポスト。マスコミに非ず!!)。週刊ポストが甘い腑抜けなのであって。
じゃあ男性政治家の女へのセクハラも全く不問にせよ。それが公正である。
そのくせ女子アナにプライドとか姫扱いとかヨイショの笑止。ポストがプライドが誇りがないのであって。そのくせ驕れる女には甘い。腰抜けリベラル雑誌だ。
日本を歪ませることしか取り柄がない。金だけでない経済とか綺麗ごと引用言ってるがこれも野党?夫人ヨイショの別の目的ありきだろう。


フロク。中央公論は阿川佐和子が棚上げ女の典型。お前はオバハンだろうが自分は棚に上げてよう言うわ。(流行り言葉は使わない!!。そうすれば女も驕り高ぶりの自己中にならない効用が出る)。
「フェミズム帝国に従わない男性がいます!!」TheyLive流の鋭画だ。
戻りこういう場合は男性と書かねば、風景上は非公正である。男性差別である。以下の本のような思想があるからだろう。男性殺しますかとかのな。
そも男性は聞くのは不得手、無理させるのは酷である。男女役割は異なるのだ。
信長ばりに長所を伸ばせば国社会も良い結果になる。

フロクは火曜朝日試写室はここぞとばかりのジェンダー印象操作。娘が父親に弁当作った方がこの時代風景上は和む。そんな程度も見えないクヅテレビのきれいごとの胡散臭さ。

追加フロクは火曜朝日天声人語。輝くに同意してるなら同じだろが。輝くには個人主義的で、ある流派流に言えば相手を対岸を全く考えない思い上がり独り善がりが匂う。胡散臭い上に幼稚い小学生みたいなワンフレだ。

追加フロク。朝日月曜格差フォーラムは老獪狡猾。もし男女逆だったら岡林佐和はちゃんと先輩男子記者を先に書いたかな。できるだけジェンダー破壊を印象操作して本家をエセラエル化の西洋化してやろうとの朝日閥のせこい工作が伺える。西洋レジームのエゴ時代。

追加フロク木曜天声人語も妙だ。また始まった陰湿背景パタン。女びいき体質風土女権国とは絶対に書かない朝日えせひ新聞(女を朝日自社政治目的達成の道具と見てるからだ。偽イスラエル的破壊主義の左翼戦法の核である)。子供の人生論にすり替える卑劣。これで行数稼ぐせこい意図がありありである。

朝日新聞で相談らしい。上野三輪コンビでは何の創造もない。俗論通念の押し売りだろう。

本。自由宗。この宗教は鼻につくな反感を買う。こうなれる人はそういない。掬いは無理。Darwin的独占化だ。
そしてまたムカつく幻冬舎かあ。
フロク。ムカつく出版物の多い幻冬舎でアルテミス。そんなものいると考える非主体的な信者人種。臆病者か笑。心配せんでもそんなものいないって被害妄想か。サタンはいるけどな政治事実として。
しかし何企んだ・・朝日広告班。人々が最もヘイトする「Pops」があるけどな。
あれは殲滅すべしこと・・(これ言える人間は勇気だ)。
戦争選択。龍馬流には戦択・・!!で、全体のない戦後の旧来分裂価値観を御一新!!。
ナチスは割と正しい。間違いもあったが原則は正しいようである。戦後帝国こそ非謙虚だ非国民だ。驕ってる。全体がないゆえ。絶対視の盲点。
戦前戦後日本のズレの本。違う。ズレこそ創造!!。先のと逆に言う。逆も真なり複眼科学。これがない一方的エセ科学の国。東條的な完璧な優等生では戦時中となる。多少はズレた石原的な悪者こそ悪の帝国に立ち向かえるデビルマンである!!。














最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。



コメント

時代脅迫罪ヘイトスピーチは弱者の強がり。真の強い女なら男を受け入れ癒やせ→脱戦乱混乱、天下太平融和へ

2015-09-05 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
先ず「時代脅迫罪は最大卑劣犯罪です!」。先ずは「これからの時代こういう特定人種は生きれないよ」と大勢虎の威に脅迫することである。集団迫害。応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
「疑似恐怖時代政治の支配下で覚悟して」と大勢に驕り時代大勢権力を虎の威に脅す弱い卑劣な人種のことである。少数真理の光が見えない大衆b層バカでもある。
ここでもクリック願います!!教育・学校(その他) ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村

先ず抜粋。

[時代脅迫罪ヘイトスピーチ情報。卑怯手口。女による猿真似戦争ジェンダー破壊戦争による男女摩擦戦争を超えろ天下太平融和へ。平和形成能力に欠ける女ラーの例の情報]

以下へのあてつけ発見したゆえ。

[猿真似女とフェミ軍を滅ぼして天下太平を長く日本に。というも安直は個人主義の直線史観。この暴走による偏りとぶつかり個のアトム衝突の争いで日偏国となり戦国混乱原理のエゴ時代。融和なし。平和の敵が戦後国]
      本当だ。戦後レジームで一番へべれけな奴は誰だ!!。白状しろ。あの児童的パンダ屁理屈屋か?。
部分に偏る国の続き。日偏国。
どうやら問題根源は通念化した直線史観思想のようである。大衆b層がオウム返しに鵜呑みにしてる近代史観・・。
本来はよほど気概目的大意味論でないと直線進歩史観はそうそう取れない筈である、いわゆる手段目的化する(目下はエゴイストがこの直線思想を濫用中。左翼フェミとか)。
       Hegelやシャルダン級の重量級の大理想主義がないとな、仏教用語で言えば必ず末法の生産加担となる・・原点を本を忘れる戦後国だ。
原点忘れると、共産党の言うとは違った意味で、大きな本流にならずに狭く部分化するからだ。
        途中からの適当安直利用の直線史観の奴らが多すぎるつまりこれも俗論派だ。典型例は俗論パラダイム派にも見える「男原理→女原理」とかな笑、日本悪者単純史観の世界帝国にも繋がる。その線矢印は何だっての一体。本物は調和融和を図るものだ。本物は闘争主義より平和主義である。
直線史観が日偏国を製造している。
以上。


この後に25日にHK大河発表。図々しいイヌHK。
      武田ヘイト(女ラーは朝ドラに飽きたらず大河まで侵略しておいて他人のこと武田氏のこと言えるのか笑)。人は城の人本主義がヘイト嫌なのだろう。
      で時代脅迫罪とヘイトスピーチ扇動罪。ジェンダー破壊行為罪。
ついでのフロクは女びいきのリベラル文春は次の次の大河。唖然。わざわざマンヘイト(許婚に裏切られたせいなのだそうだが)台詞をほじくりだして取り上げる(小さく見えるように載せて言いにくくさせる悪質計算)。リベラル文春のマンヘイト。弱いゆえに強い強いと女が勘違い自己中化すると世はエゴ時代の戦国な戦後の原理に逆戻りである。ジェンダー破壊主義者には徹底一喝鉄槌背よ。敵は自己中エゴ時代である。
       この変な大河は(笑)、大コケした逆大奥の下心を再現狙ってるのだろう、確かに多くの指摘で言われる通り学習しないイヌHKだ。文春の言う若者ぐらいはどうでもよい、女のエゴ時代に媚びるのが情けないのである。ここまで来ると女真理教のカルト信者。大河の国土が滅びようと女女女一辺倒なのであるまるで戦時中だ。カルト信仰。
       朝ドラだけで飽き足らず大河まで女の侵略の図々しさの過ちの繰り返し。要は男尊がちゃんと尊重にあるバランスゾーンが憎いヘイトなのだろう。フェミ左翼aペテンもイヌHKも。
        朝日新聞は慰安婦新聞は恐らく政治的な誇張捏造記事だろう「願望も含めて壮大に」とは不自然だし何と図々しいあざとい記事。歴史捏造は女ならいいと言わんばかりである。正に江の大コケの繰り返し宣言の居直りだ。学習しない大河フェミ派。
      これからの時代がどうとやらと井伊直虎は驕っているが、大衆b層が鵜呑みに騙されてる直線史観の時代とされてる。が今度の時代は実はかなり面白い時代と言われる。何故か。女限定に驕れるエゴ時代?。違う。要は真の意味での全体主義になるからである。直線に進むのでなく集約融合される、古き時代は×ではない温故知新。ゆえaペテンの岡倉天心の変化引用一直線意図もマニュアル的で盲目である。そういう旧来進歩史観ではないから面白いのである。単にA→Bでは旧式で全然面白くない。文春もこのゲームのカプコンも全然に創造力がないということだろう。
さしずめ「男女の闘争戦争扇動は犯罪です!!。戦争犯罪」。マンヘイトスピーチ含めて、他愛ない痴話ごとの比ではない重罪とすべきだろう。
正に虐待を正当化する戦国原理のエゴ時代を殲滅せよ滅ぼせ!!!!!!!!!!!!!!!!。
         ゆえもっとより大きく「戦後という、固人戦乱混乱エゴ時代は終わる全体時代へ。個人エゴ女ラーは覚悟神妙にせよ」と言ってやればいい壮大である。
人類の敵の自己中PR個人主義はもう許されない。覚悟するのはエゴ女ラーだ。敵はエゴ時代・・!!。


追加フロク。木曜の朝日新聞視点で文学論。しかしすぐしなやかさと今どき用語PRでは真の情緒とならぬだろう。マスコミュニズム流行語を流行り言葉を使わない、これが戦争的なだれ込みPacificFlood阻止の基本ではないか。それこそ情緒。しかし一点共鳴。イノグソ邦子は要は情緒のないつまらない論文女と評されていた。そういう輸入西洋的な理詰め一点張りが日本をギスギス戦争戦乱的に偏らせ歪めてるのだ。

これもだったな。ヘイト関連。
       フェミ弁護士がヘイト論を片手落ち独占化の唖然。マンヘイトしかないのにも関わらず。
でフロクは土曜朝日新聞その下段。師岡康子はヘイトスピーチを、何と女差別対策だけの為の男女共同参画法と同様にと関係ない議論を並べる卑劣な印象操作。これはリベラル閥の拡大解釈土壌ではないのか。
     成立を図れの命令の思い上がりさすがフェミ弁護士。猪口イノグソ邦子の箇所はどう見ても蛇足だろう不自然「政治権力」、男女共同△法はフェミ女権帝国法と言うので「何故か不自然に」慌ててヘイト議題とこじつけ。人種は男性も含まれるのである・・。要は男性は人種じゃないと。しかしな・・シェアでも女女女だと醜くめちゃくちゃになると女性スタッフも報告あった(説教も伝えて貰った。反応は悪くない。正論聞かぬひねくれはフェミラーだけ。滅ぼせ!!)。男性入居差別の根拠も揺らぐだろう。
      しかし実に思考停止が多い近代禁欲リベラル固定観念派閥である。こいつらリベラルフェミ派閥の固定観念は殆ど漫才と化しているお笑いだ。非を分かってて居直る所は天下明白の漫才である。まるで未来党だ。
      しかしヘイトスピーチ法案に人種差別法案にイノグソ邦子がシャシャリ出る唖然。レデースファシズム男性差別は公然指示したフェミ議員が言っても自己中矛盾となる。この権力者に人種差別を語る資格はない!!。男女共同法の経験があるからこそ信用できないのである。何言ってるかフェミ弁護士の師岡康子は。
       あと先週土曜のヘイト人種差別法。差別された層と男女参画法をダブらせる卑怯。
それよりそうであるこの後妻業の小説映画化にみるように。
実に男性は被差別攻撃に放置されている。男性は常に驕れる女による驕りヘイトスピーチを受ける非道状況にある、週刊文春も率先してやっている。
今でも。白人の例と同様に正に男性も放置差別である。いわゆる逆差別。いな一方的差別である。
師岡康子は何をかいわんや。レデースファシズム男性差別公然支持のイノグソ邦子を引用とは悪質にもほどがある。死んで来い!!。これはヘイトではない。買い言葉である!!。

ここでだ・・週刊文春の女媚び大河記事で時代脅迫罪を扇動。こういう時に水かけやがって許せねえ許し難し見逃せず。
(皆さんこういう人間クズみたいな非道雑誌、許されますかねえ)。
      要は時代脅迫罪である・・。先住民ヘイト戦争だ。
文春は逆なで行為をした(扇動意図も否定せずの腑抜けが出た。間違いなく確信犯・・)。断じて許さねえ・・。鉄槌で脳天叩き割るのみ!!。
女媚びしか能がないリベラル朝日文春の妬み嫉妬だ。若者は関係ない。女の驕りである問題は。即ち。
敵は・・驕れるエゴ時代・・!!。

で文春カプコンに買い言葉はより大きく「これからは正義公正の時代と言われる。つまり真の全体主義復活で、フェミラー的な個人固体争い主義の公害エゴイストは存在が許されなくなる。覚悟せよ・・!!」
この方が大きい。
「戦後という、固人戦乱混乱エゴ時代は終わる全体時代へ。個人エゴ女ラーは覚悟神妙にせよ」と言ってやればいい。
リアリズム化する戦国混乱化するこの国を扇動罪のフェミ女ラーを大理想主義で粉砕突破せよ!!。脱PacificFlood!!。
大夢なくして現実なし!!。



そして文春カプコンとイヌHKの戦争犯罪人の両バカに原理的な鉄槌は以下である。
     以下は要は男女摩擦は女の猿真似ジェンダー戦争によるギスギス。女が誇り失い、コンプレックスフェミとなったせいで、天下は混乱。平和能力のない私の闘争女が増えてる反貢献。それによる戦乱混乱戦国。この余りの大罪。扇動罪。(逮捕せよ!!)。それを根源に問う論である。

で以前ブログより。要所抜粋で加筆。
[男女摩擦と定義。男女戦争が国を歪めた精神汚染。男女の持ち場への誇りがない。これが実は歴史過ち繰返しと同原理なのである]
男女摩擦。経済戦争を超えるか・・の趣旨に通じる。江戸まで資本主義だと一括りの偏り見方もあるが、江戸時代で既に資本主義は痛烈に批判されていた、Marxだけじゃない国産である。そう言えば日本は理想社会としきりに強調の本宣伝あり。Islamが羨望?。ドイツも?。
  しかしそれって男卑女尊国への下心がないか?。日本。最近の道徳倫理ジャンルのブログで見るように、冤罪がある「インスタントファシズム経済軍隊戦争と男女戦争」の国が楽園か。デストピアだ。大らか江戸ではない戦後月本国ではホームレス襲撃もいるし。新書読めるぐらいでどこがUtopiaか。相対主義もたいがいにな。経済軍隊至上主義一色の日本。「創造という分野」がない、全て政治かいわゆる経済になってる。ゆえIslamは親日か尊日で止めてほしい。間違っても日本は楽園じゃない。隣の芝はあてならん。Islamは天空気概の超越性Obama21世紀演説にこそ自信持つべき。
  で拡散に以下で呼応!!。簡単に男性が強制的に冤自殺させられる空気K国は地獄であるデストピア・・「天下太平の江戸以前の穢土」である・・(何と重い現状変革の名言か・・余は突拍男子である・・)。通勤神風特攻隊を救え!!。で「新戦後」へ・・(言っておくがaペテン戦後レジームよりも前に思い付いたVision)。
       因みに鉄道警察隊に苦情電話、暴力広告「一生終わり」との脅しに対し。出たオバハンの何たる横柄さ。先のやたら謙虚な男性と違い、こういうのは初めてだ。こいつ男性皆が痴漢予備軍と思うてるか。でそういうことよりも冤罪による生命危険を警察なら最優先しろと言ってやった、女占領車両乗ってるし骨系男子は度胸ある(因みに満員でも乗る強者もいる)。しかし他の警察窓口より法務省よりも何と傲慢か。二重にムカついた。こういう人間錯誤連中が警察国家を造ってるのだ(そもああいうのは自殺させるほどの殺すほどの罪かな。軽微だとついに言われ出し)。米国子飼いのaペテンも警察国家志向。時代に媚びる人間錯誤の奴らに戦後レジームを否定する資格ない!!。
ブログ。
前に緑党に言おうとした。まだだが。
「緑:その声にならぬ声」orその看板は緑でも中身は黒だった・・。
「天照らす世は 荒ぶる魂 救え 総て 一粒までも 波が静まるまで・・」天照らす太陽の平和。テロ暴力はこうしてなくさねば理想党よ。日本人の責務は余りに大きい。
        そう緑になってくれなくちゃあな。あの政策Viewは凡そ緑じゃない、黒船的な黒灰が混ざってる。憎しみのMarxの思想的不健全性ゆえだろう。この公然とした男卑女尊ViewPoint社会、最も治癒さるべきは「男損社会」で責任重い男性だろうが。なのに追い討ちとは卑劣非道非情、天地人は追い討ちは最も卑劣と言った・・。これ日本流美学。女は世を救える・・フェミボスの言とは逆に(こいつらに責任義務逃れさせるな)。無理?
      じゃ・・大河ドラマ(=日本美学のドラマ)場面流に敢えて家父長的に申そうか
日本将軍(順当模範的にNHK歴史動いたで龍馬春嶽の将軍制あれば無責任ファシズム起きずとの仮説に従って)演説。
「戦前に軍人は大東亜太平洋戦争の八紘一宇で傲慢覇道な植民地政策西洋帝国に反逆して広く東洋の多くの国民を儒教的自己犠牲に解放したとは世界中に知られている(朝日すら戦前日本は相当誤解されてると明記)。戦後、その女版はどうか・・。どうもな・・男が奴隷労働で製品製造で、女を家事労働から解放の貢献したにも拘らず、女は異性に感謝すらもせずその苦しみ苦労も理解せず粗略扱い唖然の人間クズ、所詮はいつまでたっても近代無限要求に自分のことばかりエゴに狭く人口半分ばかりだけをこ奴らは考えてる・・選択肢増えたことは男性の犠牲の上であるにも拘らず。自分らの能力をケチに出し惜しみし、久しい母権権力社会に胡坐をかいて義務責任取らずに一層いつまでも楽できる体制を維持しようとしている・・。フェミズムはその為の正当化屁理屈となっている。女は所詮は片手落ちの戦後エゴ時代を造る為だけに野に放たれたか・・。やはり女に参政権参戦権を与えたのは誤りだった、所詮は女は人口全体の世界も救おうとすら考えもしない片手落ち方輪の「出来損ない」、正に聖書アバラから造られた、小さな具体的なエゴ的部分思考しかできない欠陥品の劣等人種と証明された・・人知を超えた神を念頭に置いた伝統宗教聖書は正しかった。そう申しても良いかー!!」。嫌というなら日本アマテラス女神のように片手落ちでなく広く世を救うべし。
        男女摩擦・・と定義。
日米摩擦解決は現地生産で感謝されたが、こういう真の日本のような創意工夫と徳が、日本と同じ座標にいつのまにか置かれてる女たちにはあるだろうかな。とうてい今の女は日本人になれないようである(所詮は戦後新興宗教におだてられてるだけのバブル存在・・)。先の緑提言一喝に通じる。
で大きな視野で国際論でもこれは言える。独創国家ではなかった日本は猿真似で安易な道を選んだ、自らの誇りを忘れ。しかし先行した勢力が兄貴分面するのは無理ない。自ずと対英米従属へ。いずれ摩擦に戦争になる。何かこの図式ぎくりとせぬか。最近の違和感対立摩擦。女が女としての良さ誇りを忘れ猿真似すれば、当然に男は身構える。しかも特権気取りのおまけつき。昨今の男性の不満充満は正に同じことだ。徳のない似非の「猿真似ニホン」に怒ってるのである・・。男は同類には身構える。そうなれば伝統的な、正に本質価値たる陰陽の平和はない(確かに座標面の平等化共産化対立は皇后の言う本質価値を失った)。鏡を奥に曲げれば、逆にならない。右手は右手になるが。短絡そのまま真似では同じに見える対立だけである。
   歴史の繰り返し。戦前は災い転じて幸いは軍事から民生国家へ。次は、21世紀は商でなく正義の原理と言われる、商業戦争から社会形成の時代へ・・。女の猿真似経済動物の戦争軍人主義の数字主義はまたも今度も敗れるだろう。その警鐘があの週刊現代の提言だろう。これを謙虚に受け止めれれば女も伸びる。あるいは聞かずばそこで人間終わり。
      InConclusion、創造力ということになろう。単なる表層そのまま鵜呑みコピー変換行動はエントロピー問題つまり非創造的で地球に合わない反Global。満州の中国コピーはどうなった、衝突を生んだ。それをフェミストが経済でやってるのがこの今の戦後である、男女摩擦へ。天下太平はまだである。それを男女戦国扇動のバカ戦争犯罪人カプコン。
長文を最後まで読んで頂き感謝です。よろしければ応援クリックを!!。

以上。

フロク集。

ついでのフロク。情けない雑誌は自称マッチョ?らしい(笑)週刊ポスト。無い方が日本の為だろう(保守石原を冷やかしてる時点で既にそうじゃないけどな。そう言う所だけは勇んで批判パタン)。仮にも一国首相夫人のaペテン夫人のセクハラ行為をよう批判しない。プライドないんか!!。
自称ファーストレデイ。が日本の恥(どっから見てもこのオバハン、震災でも示された日本人良さ美徳を破壊する破壊主義左翼だぜよ。これで女の模範か。下手なギャグ芸にもならない笑)。。痛い情けないともっと日本人は見てるだろう(あれ権力によるセクハラじゃん。女が権力が怖くてよう批判しないポスト。マスコミに非ず!!)。週刊ポストが甘い腑抜けなのであって。
じゃあ男性政治家の女へのセクハラも全く不問にせよ。それが公正である。
そのくせ女子アナにプライドとか姫扱いとかヨイショの笑止。ポストがプライドが誇りがないのであって。そのくせ驕れる女には甘い。腰抜けリベラル雑誌だ。
日本をおかしくすることしか取り柄がない。金だけでない経済とか綺麗ごと引用言ってるがこれも野党?夫人ヨイショの別の目的ありきだろう。

追加フロクは婦人公論。野田おばさんは総理になりたいらしい。小市民的で動機不純な茶番劇。動機の純粋性に欠ける。
安全保障よりも内政と言いたいのだろうが、フェミ保守が何かやっても却って国内男女争い増え混乱ギスギスとなる。抑圧の消極平和主義となり善くない。それにこの人物は上の器じゃない。今どき的な自己中の個人主義匂いである。これじゃ一般人だろう、人を目指す人生論の俗的で不純で大義なし。これじゃ小市民な一般人だろう。国は任せれない。

追加は水曜朝日新聞の耕論の総裁選。挑戦強調は個人主義人生論ではないか。政治までも個人の原理を露骨に出すのはどうか(対抗軸なかったのにって断面でも伺える)。別の道もあるの旗にしてもこの人物では説得力ない本当にそこまで器があるか。平気で異論をカットしそうに見える。それに痛いワンフレ女輝くがあるからと言って、政敵は女なら手加減するってのも何か変だおかしい。それこそファシズムだレデースファシズム。まるで女政治家なら批判なしとなるだろが。とにもかくにも全体論原則論がない。分断に細かいこと言い出すから突っ込まれてややこしくなるのだ。
つまりこういう時に女の政治家には贔屓しろと評される時点で、女輝くと言う明らかにバカっぽく見える(笑)ワンフレが間違っていたのだと証明された。
    木曜の野田聖子記事(明楽麻子)もあるパタンが見える。そうか反安倍の朝日や福島は小さいとなるわな。要所ツボで驕りが見えた記憶が新しい野田。男性の存在権それが壁だ当然の自然権利、あれもこれもの女贅沢に抗議してるのである。これも見えないようではエセ保守だリベラル個人主義、男性に無理解の典型。もう一つツボを言えば朝日ではよく矮小とかの言葉が女記者から出る。これもこんまいと龍馬流に言わずに「反安倍ではちんまい」。これも印象操作だろう。セクハラ的毒を混ぜておいてそのくせ「それはしょうもない問題だよ、本質じゃないよ。本題はこっちだよ」と元に戻す。大河ドラマですらこの手口ある。逆大奥やテルマエロマエが豪壮な物語と事実を詰め込んで固めて、そして真の目的である男性セクハラコンセプトを広報的にドワーッと印象操作で広める。そのくせ史実?や「物語」に目線をすりかえる。卑劣な左翼表現権力のパタン手口である。
要はコンセプト目的の核を見れば悪意図は容易にぶった切れる(複雑な物語性や膨大な史実?に惑わされ攪乱されてはならない。ツボ主観意図コンセプトこそが真人文的で動機の純度が見える。逆には最も強力な戦争悪意図なのである)。。これが真のリテラシー弁証法である。

フロク。ムカつく出版物の多い幻冬舎でアルテミス。そんなものいると考える非主体的な信者人種。臆病者か。心配せんでもそんなものいないって被害妄想か。サタンはいるけどな政治事実として。

追加フロクは火曜朝日天声人語。輝くに同意してるなら同じだろが。輝くには個人主義的で、ある流派流に言えば相手を対岸を全く考えない思い上がり独り善がりが匂う。胡散臭い上に幼稚い小学生みたいなワンフレだ。
追加フロク木曜天声人語も妙だ。また始まった陰湿背景パタン。女びいき体質風土女権国とは絶対に書かない朝日えせひ新聞(女を朝日自社政治目的達成の道具と見てるからだ。偽イスラエル的破壊主義の左翼戦法の核である)。子供の人生論にすり替える卑劣。これで行数稼ぐせこい意図がありありである。

しかし追加フロクは週刊朝日の反戦平和関連。小説家森村誠一は唖然である。戦争で女性の人権侵害というのが、性的な事でなく贅沢権の制限のことらしい。唖然(違和感と言う声も多い)。。じゃあ平和戦後(戦争)国で、男性が何の罪もなしに男性性の性的痴話ごとごときで自殺させられてるのは人権侵害でなくてそれ以上となるわな。超人権侵害。人権侵害どころじゃない。生命侵害いな社会抹殺人。これも自称平和な戦後国なのである。

現にフロク。中央公論は阿川佐和子が棚上げ女の典型。お前はオバハンだろうが自分は棚に上げてよう言うわ。(流行り言葉は使わない!!。そうすれば女も驕り高ぶらなくなる自己中にならない効用が出る)。
「フェミズム帝国に従わない男性がいます!!」TheyLive流の鋭画だ。
戻りこういう場合は男性と書かねば、風景上は非公正である。男性差別である。以下の本のような思想があるからだろう。男性殺しますかとかのな。
そも男性は聞くのは不得手、無理させるのは酷。男女役割は異なるのだ。
信長ばりに長所を伸ばせば国社会も良い結果になる。


追加フロク。朝日月曜格差フォーラムは老獪狡猾。もし男女逆だったら岡林佐和はちゃんと先輩男子記者を先に書いたかな。できるだけジェンダー破壊を印象操作して西洋化してやろうとの朝日のせこい工作が伺える。西洋レジームのエゴ時代。

フロクは火曜朝日試写室はここぞとばかりのジェンダー印象操作。娘が父親に弁当作った方がこの時代風景上は和む。そんな程度も見えないクヅテレビのきれいごとの胡散臭さ。

ついでのフロク。何と太田出版の本で唖然。こういう議論が流行ってるな。妙な際どさを扇動する。現実論ばかりの理想根性なし。わざわざ煽る事かな。わざわざそういう場面を製造することかあそこまでやることかあ。ギロン生産をしたいんですか?。ある方向カラーに持っていく目的の為だろう、カルト女権帝国に。
それにまさかその人ってのは女か、女を助けるために太った男性を殺す?、まるでこの時代のカルト本音を白状吐露。この時代の自称「合理的な」野蛮生物思想が伺える。「男は邪魔」と公言するコビメン本もある。太った男性は確かに遊びで女に集リンされてる風景もある。そのカルト思想を正当化の本でもあるだろう(ざっと以上からも平等ビョードーとわめていてきたフェミズムの否定、なすべきことはこれに尽きるだろうそれが人類の全て))。。それこそ米国や国連が好きな人道上の罪だ。ならば「戦争の為に慰安婦は必要か」という議論こそもっと人道的で平和的でのどかだ扇動すべきだ(男に死ねと言の相手に、女は癒せと言っても何らかけらの罪もない。寧ろ善良すぎだ)。ホラミロ、自己中矛盾の米国発の権威ヅラの現実議論は一切聞かない、それが最も賢明だろう。それこそ人道と正義公正の為に。
どうやら現実論の名の下に口実に己らの無能を言い訳に、カルト国化を図る思想があるよう故。

ついでのフロク。朝日夕刊女子組の河合真美恵フェミラー。卑怯な手口である。女子大生筋肉を使って反論しにくくさせるはある種の言論弾圧抑圧ではないのか。イラク戦争で少女利用使って反対を抑圧弾圧したのと同じ手口。卑劣である。この新聞は慰安婦構造と同じで、歪んだ主観で事実をねじ曲げてさんざ利用する。現に取材利用受けた側も「あの新聞だけはアカン。要注意ですね」とのこと。別の場では女性担当者は「あんな風に露骨に書かれるとは思いませんでした」と呆れていた。(嘘じゃねえよ本当だぜ。厳然たる事実である)。慰安婦新聞では女ならば戦争も○となる。
和歌もバカな女が誤読する効果計算も狙うクズ女ラー。セクハラスメントを巧妙にやる所が女の悪質さを示す。人間クズとはこういうのを言う。

追加は週刊朝日。不正と思う法に従う必要はない、廃止要求の権利が啓蒙主義と理想主義とのこと。しかし男女フェミ参画法など面従腹背の法律は多い。(そのくせ旋律は全然ない)。あるいは徳川家名言曰く、法が多いと民はいじける。慈悲が必要と。外交的な一部の法だけ問題にするようでは国内統治の根源平和はならない。それこそ積極平和主義だ。

追加。火曜朝日新聞ハフィはまるで有料化の米国化。社会の経済化。それでは消費者だけで創費者は出なくなるだろう。貨幣に画一化する産業社会主義の貧しさ貧困だ。金を重視して却って逆に貧困になるパラドクスが現代新世界である。
しかし何を言おうとした・・有料と無料。これって情報格差の正当化じゃん・・。部分化する奴らは先ず警戒せよ。

ついでのフロク。朝日新聞で文春の後妻業の映画化を得意げに載せて扇動。左翼表現権力は日本破壊の表現なら率先して煽る。破壊主義者。

フロクは朝日新聞木曜試写室。いかにも棚上げ女の批判女の典型。後半の展開で前半の横暴を正当化する女横暴ドラマパタン疑似の典型。つまらんのは批判女のお前じゃ。
男が女に一喝鉄槌する場面を見たいものだ。そっちをリクエストする笑。そうしないとこのエゴ時代は終わらないゆえだ。

追加フロクは金曜朝日の経済ビール。フェミ班女記者にコピーを書かせるジェンダー破壊意図の老獪巧妙である。ジェンダー破壊主義の朝日新聞。

フロク。朝日土曜試写室のエリー役外人の女探偵。傲慢でもすぐ奔放と持ち上げる情けない朝日。キリスト流には日本女をギスギスさせる破壊主義勢力に災いなれ!!。














最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。







コメント