骨系or突拍男子のぶっ飛びに大勢を大けん制な文明提言丸は遥か未来に向けて中長期的に突然変異させる思想コンセプト準備塔

時代流れリベラルに流されず超流主義と創造or突然変異主義で旧パラダイムを時代転換創造する下士階級の元気気概Ideaブログ

制御大文明の創造。征夷大将軍を超えて俗世を一喝男子。常に理想を意識で先ず戦国原理に流されを超えろ

2015-06-27 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
文化や文民となると狭い。文明創造つまり大建立Artによる全般制御こそ最も目指すべき確かである。
応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
次のホッブス流Artはこれであろう。全領域に太平方策の癒しの海これに尽きる。
ここでもクリック願います!!教育・学校(その他) ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村

今回は方々へのかけらのまとめ。まとめは急遽体調イマイチゆえに未完。

日本流の独創的言論がない戦後国にての必要論陣。

制御大文明。文化によりでは狭く無力になる印象ベクトルなのでこの命名。あるいは文明の暴走を制御する大文明とも言える、戦争よりも根源的。細分化部分化暴走を原点に戻す。平和の基本。国体本義も関連。
    そして制御は創造の同義語とも言われる。思うに歴史的になり自由が生命活性化の方向有限的宇宙になる故に創造的なのだろう。そして言葉少なしの作詞や俳句は言葉のエコとも言う。言わば隘路を縫う進む道。そう、道である。拡散散文インフレよりも道を縫う方が集約融合で創造的である。量産を超える。

どうやら制御大文明の文明は、ある意味で幻想とも言える理想光である。これ消す為に戦争は遂行される史実、現実化。混乱攪乱の為に。まあマスコミュニズムの革命戦争も同じだが。
それ思えば制御大文明。個人を超えた、実に有効な社会的発明である。
角度観点を変えて現状とズレる所に創造が生まれる。

明らかなる。光が文明。理想星の光の死守する常なる意識が文明の根源であろう。それは自ずと宇宙観秩序を雄大に保つ責任意識となる(天皇制の根本も含めてだろう)。これは初の定義。文明を保つは相応の苦悩苦労が必要この為にコミュニケートとは我が学生時代に葉っぱ架けたことである(言わば具体的が文化。遠大な抽象的次元は文明)。。
この光Goldを掻き消すあらゆる全ての俗流流れを一喝せよ、制御大文明は。

戻り征夷大将軍なら朝廷の下僕に過ぎない。それを超える制御大文明。超理想主義。俗世を一喝せよ!!。
     そして文明は明るい希望。天への呼吸。天光の進化世界。理想星。反ネガテブな生命方向。
そも文明。歴史的には米国歴史修正派のBeardが元々はChristianizeがCivilize化した経緯を指摘あり。キリスト教よりも文明での方が有効と言う発端背景。とすればこのcivilize一方的暴走が現代。文明衝突も同じ目線、元はキリスト教。
      civilizeは人間自然を雄陽を消す文明化合理化暴走にもなっている。実は反文明である。本来文明でないアングロ。日本での文明登場も明治の頃で定義。今度は政治絶対主義との差異としての文明。大らかさで大民主主義。

そして武専門の暴走気配と言われてるか目下は。
なら前の「廃刀令の次は廃武部分令。部分武の暴走を制御する制御大文明が後醍醐革命が必要。次は女平和が刀下ろせ」より関連項目抜粋加筆。
Net社会の善の効用は。歴史修正派の言う3S分割支配構造が認知流布されたこと。
分割の部分化。しかしこれは多神教的な風土とも言える。その上に全体と称する「部分」がある海底植民地。江戸流を忘れた西洋化の体たらく。
     部分暴走を制御大龍馬する大文明こそ。後醍醐革命。
大文明による武部分化を専門技術暴走を制御するこそ理想国。これ忘れるな原点。(貴族国家も実は腐敗ではなく相当しっかりした組織だったと言う)。
     専門分野は総合理想に従うべしこと(福沢は曲解されたとは有名)。
省庁のSportsMinistry?よ。分割思考は国民劣化に下僕化に拍車となる。
以下は略。

[狭い専門的部分的な政治政策改革論より広大な有機生命的な国家論の重しが後後醍醐革命流と見える。他諸々やむざる反論苦言苦情と一喝鉄槌の例]
動かざること山の如し。こういう東洋的な深い江戸的土壌こそ。反戦平和思想の前に根本。
     後醍醐革命の必要。大文明による軍事etcを制御の構造創造。
順当には政治論でなくて国家感覚の復活と言えるか複眼含むUtopia。片手落ちが流行ってるゆえに絶妙命名。これが後醍醐革命流でもあると継承して新定義。
ネガテブでなく前向き光の方策を進めることこの文明がない近代現代。先ず出だしで敵主義の勝負主義に流れて自分に負けてる政治主義。そういう人らが多い。共通の大理想がない、準備せよ。個人主義の弊害風景。知見知識よりも直感で進め。

後醍醐革命。
「万人闘争原理を超え左っ右同盟は西洋流ホッブスと日本流聖徳太子天皇と後醍醐革命流で天下総合統一」から抜粋加筆。
これも日本国原点。そも意外や戦乱状態だった所に聖徳太子天皇の和思想の発明が登場という。超越に距離置けば一神教で戦乱状態を客観できたのだろう。どうやら思想原理の問題のようである。現に国際語エスペラント日本論にて、南北朝以後の戦乱も要は現在未来の両原理の分裂で戦乱へ暴走だったようと見える、Simpleながらこれは現代のようである(後醍醐帝は未来を意識。信長で達成だが)。相当に根は深いような戦乱原理。権利と義務の統合である「権務の新制」が必要。国内混乱時代がずっと。
以上、一挙加筆抜粋引用。

となれば先ずは戦国原理を超えること。そのぐらいの根源的な大理想。それが制御大文明。
未来を新中世と見て行く。中世は世俗化現実化する前の時代だったか。後醍醐時代もその頃に乱だった。何か理想が神がかりが言わば理想星のかけらが浸透していたような時代を想像想起させる。想像だが。
    あるいは近世に貨幣浸透で俗流化したのはやはり問題が多い唯物化の面も。それを神聖な純心に大和心に戻すのはやはり必要である。貨幣でない良心の経済との東洋経済論を踏まえて貨想経済へ。心本主義。
俗化を元の純心に戻せ。

大理想論がないと細かい現実論政策ばかりになる。
占領政策つまり占領車両の侵略がある。他社と似たことするなら妥協せよ。昼間時間帯の占領はいらないと誰でも思う。ただの贅沢だ。ダサい車両のくせに。思い上がり。
何?素晴らしくないから反対運動は共鳴されないだ?。誰のせりふか。男卑女尊のメデアでさえこの車両は素晴らしいどころか決してほめられない政策と白状場面あり。ホラミロどの面下げてこの占領政策を自我自賛してるかこの女は。笑止千万。異様に驕った風景の分際で笑わせる。何たる図々しさ。
だが占領車両あるにもかかわらず、男女融合混ざり合い風景はまだしもの希望だ。女も前後に乗ってる。人間社会的に違和感と思うゆえだろう。
21世紀は融和の時代。

あるいは世俗化の一色で男女の分裂の現状・・。国内混乱は家庭男女が典型。末端ではDVでも冤罪あり。別れさせネガテブ現実論の分断政策よりも理想的な融和こそ天下太平の道である。
しかしこのエリアは男女原理よりも、やはり前回の自己中戦争エゴ時代の側面。姫になれないからと自分限定の理想が理由で別れさせ屋に頼む自己中戦争。冤罪もある。となればここまで来れば人間と本音自己中むき出しのサルとの闘争の面があるはっきり言って笑。えてこうだぜよ。あしたのジョーに出て来るハリマオみたいにフェミらは、ゴングもなしに男性に戦争しかけてきて野蛮人もいい所だ反文明だ。無頼化する女とかのブログ見てもそれそのもの。正しくえてこうだ。

戻り。俗化。南方の世俗、北方の純粋と便宜上は言われる。一面そう言う傾向の風靡顕著だろう。この両極のけん制大実験が必要。これが制御大文明。
言うまでもない俗化な偏りの風景に鑑みても、純心の理想性がもっと必要。
大河高杉ばりに俗論派を唯物の俗化を一喝せよ。

戻り。
あるいは現実と理想。主観と客観。
それには実は理想のような平和と言う現実の両面。これを遠く牽制する理想。理想星。
平和はユトピアでないとシェークスピア曰く。オルテガを継承して、前に骨系男子は合戦制度をとも言った。太子も実は和の限界は気づいてたのか。となればやはり調和だろう。
理想を大理想へにも通じる。超越近代の伸びのある大民主主義でもある。


フロク集。

追加フロクは赤旗。同大の浜矩子が九条講演で女が地球を創るとか題してるが(造ると書かぬ図々しさ)。それこそ排除をしてるのは、それこそグローバル植民地の代官の国連男女共同参画内閣である。奴らには傾聴の日本的謙虚さがない、世界グローバルバカりを虎の威に一方的強権改造だけである。狭い反グロールそれこそ。そも地球という広い雄大思想は男性のファウスト精神が生んだ。人間自然原理は時代変わっても変わらないだろう。現にグローバルでなく次の全て掬う思想Globeグローブは新国歌、下士の男性の作である・・。大抵の通念常識を裏切るのが歴史である。
地球を造るは片手落ち排除でなく皆でだ。共同創造論、企業でも共創と言われる。
      あと平和運動学生記事。国内に男子、国外に女子と言うジェンダーバイアス偏重。どうやら純粋ではないらしい記事。女子の演説で男子にインタビュ。徴兵は男子だしと言いたそう記事に見える。不純に見える。罵倒なんてしないが支持する気も失せるな。想像はレッテルにもなる。寧ろ個人のそれよりも全体で。ゆえにSF空想力と創造力こそ相応しい日本語である。

追加フロク。言いたかないが先週木曜の赤旗で戦時中生活特集。しかし戦前にはデカデカ女性ホルモンと新聞がとこの記事挿絵は言いたそうだが、戦後は男性へのそれも性的道具のような葉っぱかけ要求が公然と大新聞にデカデカCM何度も載ってるぜよ。戦後は遥かに男性が卑とされてるのではないか。それも桁違いに公然とセクハラ的に。上記のことを言いたいならそれこそ。

追加フロク。朝日新聞木曜の慰安婦論。しかし片手落ちの贅沢分野に思える。そして右派の方が遥かに柔軟な深みのある議論をしている、公正に述べたまで。左派的な慰安婦専門部分論は対論も見たけど権威タテ的で概してバランス感覚と魅力と思慮に乏しいのも事実。
実証主義絶対信仰のマスコミと主流学者。しかしその左派的主観の出発点は多く削ぎ落してることがある、強制構造全体の本質根源が忘れられてる。表層の綺麗ごと理想主義主観では人間の為にならない。片手落ち表層安直な綺麗ごと判断でなく。清濁併せてこその人類基本である。
しかし慰安婦扇動の左派フェミ派閥はもっと大きく見れば、所詮は性欲=悪と言う近代禁欲西洋イデオロギー信仰で究極には男性=悪という悪質フェミズム自己中優生思想を悪意目的に与してる操られてる企んでると見るべきだろう。西洋の大虐殺を免罪する下心邪心による慰安婦バシングの論理異常飛躍の厚顔無恥もさることながら。
あるいは少し順当複雑に言えば、伝統知恵を忘れた抑圧ストレス時代の人間錯誤の近代西洋レジームと言う事だろう。これの脱却なくして人間人類の解放はない。左派のお株を取って理想論こそである。警察国家になっては安直ロボット国家。機械化人の国だ。男尊のない近代レジームを脱却せよ。近代枠内で胃の中で安直に主観判断しても片手落ちの人間錯誤ゆえ根源解決にならない。
そうそれこそ京大的な筋金左派も言うようにエロスは善である純心大和心である。戦後の一部いな一般だな女の方が何百倍も悪いことしている、男性を性奴隷扱い以下である。比せば強制体制に伴う人類の性ぐらいナンボのものでのどかと言える。贅沢分野の表層な人間錯誤理想主義では複眼根源の解決にならない。

追加は本で人種戦争は日本の白人主義への立ち向かい大東亜戦争論。
しかし現代は間違いなく「女でないと人に非ず」優生学イデオロギーが蠢いている。現に女性論客が義憤で男性弁護した本でも「え?男って人間なの」と言う人種差別暴言の言及あり。確かにこれ言う奴は人間クズはいそうである。

追加は金曜朝日新聞の論。シュミット友敵論程度で麻薬とは不自然な過剰レッテル。もっと重大な麻薬がある。先ずは資本主義には見下し優越感の原理がある。占領車両も優越感と平気でホザク女がいる。そしてHollywoo奴隷のFV暴力。ローマ帝国化。これこそ麻薬浸透風景の最たるである。
敵味方の教科書用語より「敵思想はいかん」こう言うべき。
シュミットは敵味方よりももっと重大な事を言ってる。朝日はある意図パタンで封印しているのだろう。何より小粒化で国全体論が解体される民主主義の傾向の警鐘。目下の日本にはこれが一番重要だろう。

追加フロクは金曜の朝日新聞の言葉折々は陰険パタン。(女が君って呼ぶんじゃねえ!!マンヘイトか嫉妬だろう。与謝野の頃は敬称だったと言う、はき違えが割といる)。相手に判断委ねるのは女の性質である。自信あれば相手にあてにせずに関係なく超然とする。相談よりも独断決断の独創流政宗。

追加は金曜朝日の社説余滴いざという時が来た平和論。何か別意図ありだろう。しかし「そういう人(あるいはそう言う意見)」とレッテルもそれこそ友敵思考だし、横井的な役割を馬鹿にして否定し全て龍馬化して(自ずと狭くなる)行動原理で一元化はファッショ的である(朝日でも松陰長州批判で行動一色主義をテロ的ベクトルと批判。思想が言葉が人間を決めると言うから、それこそ安直な「そういう人」はテロ思想にMarx左翼目的革命論の派閥に属するとなる。あるいは格好よさ要求はある意味でjouranlisticのトーンであるわな。まあバンタム級だが行動的とよく言われる俺だが穿って見る)。更に言えばそれを頭ごなしに上から目線の非謙虚(非常に傲慢トーンのある記事だと思う)で言っちまったら、朝日新聞の政治目的に従って行動する人間を待望してるなと見られる(まるで大河花燃ゆに言った件だ「要は使い走りになって。だからあんまり賢くならないで」と願望してるのだ)。唯物具体論ゆえに知恵思慮ある次元を馬鹿にするのだろう、よくある安直判断の驕りだ、そういう人は百猿効果が見えない無神論あるいは米国プラグマが言う思想の言葉の甚大作用諸力を馬鹿にする、ゆえ暴力的に傲慢になる。ゆえ西軍の中での島津隊「そのような焼石では変わらぬわ。近代価値観から根こそぎ変革せねばならぬ」。(あるいは歩み寄れば、aペテン近代レジームはだいぶ好かぬが、ある保守女子の戦争だけでない家庭論の云々がさすが保守だけあって非常に心に響いたのでそれがブレーキにはなっているとは言える)。唯物具体論ゆえに知恵思慮ある次元を馬鹿にするのだろう、よくある安直判断の驕りだ。

関連で追加フロクは共産党の科学社会主義に似る類の関連。類ブログは貴重な面も大いにあるが、一部に非常に独り善がりなナルシズムを見る。ズレた不器用な人々へのつまり創造者への冷笑laughAtもあるし(同時代と異なる思想が怖いのだろう)。日本人の鵜呑み素直さが悪用された時はとはとうに問題提起以後である。適応至上主義ではこれからは駄目だろう、それこそ個人主義のその言う旧観念じゃん全体がない。それでは個人紛争の戦争時代である。
そして女の充足つまり充実と言う個人主義的な独り善がり自己満足?とも一般には解釈できる原理に幻想持ってるのは実に痛い、まるで共産党。「私」主義の旧観念に可能性はないだろう(本人たちも確証はないようだ。歴史はあらゆる通念的期待を裏切っていくものだ)。

追加フロクは週刊ポスト(性的事柄を悪く言う。まあこれはマスコミュニズムのお馴染みのパタンだが)。恐らくこれは何となく反対しにくくさせる手口での思想弾圧抑圧言論弾圧の典型だなとすれば朝日えせひのように卑怯卑劣である、上から威嚇的の思い上がりも見える(そう言う風に当然強硬絶対主義に言われると反感買うってのが分からぬ人間錯誤らしい。過剰主観の雑誌)。。今回の上記の制御大文明の加筆修正テーマに絡めれば、そもエロスは善の光だろ。右も左もマスコミュニズムはメール送っただけでも犯罪という巧妙な悪辣な暴走世論扇動をしている・・いつもいつもずっとだ・・。エロスは善。Netでの賢い割と炯眼の層も、男女には応分期待願望だったかながあると定義している。要は同性ではなくても異性間では必ず異ネルギーが多かれ少なかれ引き合うのである。そういう光までもいっしょくたに暴力的に悪=×と抑圧弾圧する前提のイデオロギーが既に悪名高いフェミズムなのである(そのサイトでは確かセクハラと言う概念そのものの違和感を論じていた。非日本的と言うか正に片手落ちフェミズムである。四六時中365日に何だかんだ理由付けてマスコミュニズムは扇動してるが。この雑誌は政治的に順当でもやはり同様にイルミナテイの息が掛かってると見た方がいいと言う意見もあったなそう言えば)。戻り、なぜそうなるか。marx目的政治暴力革命思想だからである、一歩が間違ってるのである。平気で暴力思想を民間人にもやる。だから要は戦後は大混乱の争いなのである。問題もある時はあるが発端の光まで弾圧抑圧するは正しくそれこそ自由への弾圧である。そう言う根源的思考のない、中途半端な理想主義リゾウ主義つまりリベラルなマスコミュニズムを一喝せよというのが制御大文明なのである。大文明は大将軍同様に武士道である。理想星の光を見出す根性と炯眼である、そう言う目線は少しずつ増えている、もちろんマスコミュニズムを脱出する流れで。
これ踏まえて感情的な許せない論に敢えて異論である。以下。
      しかし逆に言えば明治含めての日本伝統流には英雄色好むの面もあろう(あるいはあれは大人げないすり替え的新芽思想弾圧とも見えなくもない。リベラル雑誌のことだ)。大阪のノック氏にすら同情的な声も割とあった。Net人はマスコミュニズムのフェミを利用した脅しに従うのでなく自分で考えるようになっている。冤罪下僕時代以後は近代西洋フェミズムとは異なった軸が必要なのである。日本流の大和心が。許すと言う大らか思想も大事じゃないかな、反近代で。
そう言えば占領車両反対運動のドクター差別が、あることで関係ないと言ったらその女の人はわなわな震えだしたんだそうだ笑。つまりそう言う思考をする男の人って見たことないと言う驚きだったらしい。要は戦後フェミ権威のあぐらだったのだろう。骨ある男子が安心快適「ファシズム」の自己中化戦後日本を変える。

追加フロクは朝日社説で不倫裁判の珍しいな。女だから贔屓したように見える。商売だから○というのは少々引っ掛かる。本質は旧来の発想を超えることだ。

フロクは朝日beの方言。求愛絡みで女の破壊力とは不自然表現。何らかの意図だろう。(関西弁全面押し出しも十分きしょいのだが笑。放言はギャグは一瞬。暴力放言一色では美しくない国となるゆうねん)。

追加フロクは朝日の日曜言葉折々。擬人化の典型パタン。寧ろ現代は自分、私私の快適ファシズムのお嬢ちゃん時代になっているのである・・。21世紀は女子会どうたらと朝日新聞が片手落ち排除風潮に迎合に驕り居直ったのは記憶に新しい。

フロクは月曜天声は不自然。時代変わっても人間で変わらないこともある。閉鎖化同質化するなという智慧。日頃は同質を批判しておいてな。やはり朝日はおかしい。最近リベラルはとうに自己中矛盾と批判されてる。そう自己中矛盾である。この逆をやった方が人類の為だろう。どんな男女間にも感情はあるとか。その方が健全である。このLGBTと称する新たなRainbowPlanは日本の男女同盟の生き残りを滅ぼす為だろう。
前にキモイとか言う言葉が朝日の論の本に載ってたが、こういう妙な潮流にこそもっと使うべき。他性に異性に優しくない厳しい世界に未来はない。

追加。朝日日曜の政治タブーとか言う政治断簡。女の名前みたいな男子をわざと取り上げる記者の卑劣。左翼的。そして多分、右っぽい不器用な人間を目の敵にしてるのだろう。そう言うトーンがいつもありありの朝日。過剰主観イデオロギーと言うか。アカンも何らかの意図だろう。要は朝日はマスコミに従わない異なる人種が嫌いなのだ。

フロク朝日水曜記事で卑怯にも言論問題でつって読ませる卑劣邪心意図は女議員への配慮の固定思考パタン。配慮配慮配慮配慮か一方的要求だけ(それこそ配慮は女だけの利用物じゃない!。しかし名簿とかこんまいせこいことにこだわるフェミ派閥は笑える。どうやら女はお御役目に向いてないって)。異常に乱用される言葉は正に「それこそ紋切型社会」じゃん。配慮とはお互い様と言う日本伝統である一方的濫用をするな、これ見えぬ奴は国民に非ずじゃ・・。RuleKreatorのいない国。政治家権力が全うなRuleを破っている西洋下僕。西洋Marxフェミ勢力の権利濫用だな。この派閥にはそう言う日本的謙虚さがない。ここぞとばかり卑怯な手口で取り上げる新聞も含めて非国民と言える。この言葉は紋切で価値下落のインフレ。使うと西洋悪魔思想の犯罪に手を染めるようなものだ。上の話題の百田氏流には人間のクズみたいな。上記事の意味不明の知的なギャグはいらない。素朴Simpleこそ世を変えると言うしな。
あと水曜の論。真ん中とか輝くとか過剰にやたら気にするのは朝日筆頭のその人物らに活躍輝き中央権力奪取(朝日女子班の属するMarxフェミズム主義含めて)志向の痛い不純で邪な動機があるからじゃねえのかな図星。古市流、Act2nd目指してもしょうがない(とやたら冷めてやろう)。
真実の光は一歩先。歴史の法則。周辺革命と言う新概念を知っていれば楽だろうにの。Marx的にアンチテーゼ気取りで権力志向が全てじゃない。そいつらは潜在的窃盗者である。
       フロク。水曜朝日試写室の騙し論ドラマ。まあ朝日新聞の慰安婦報道と声欄に騙されなかった人は幸いであるわな。更に女輝くと言う聞こえのいい部理に騙された女らはざまあみろだ。この二つが先ずは騙しのツボだろう。あと何よりテレビの別の意図持った工作にも騙されないこと。試写室記者の記事以前である。根源哲学問いこそ騙されないコツ。因みにあるビジネスNet。いつまでたっても引き入れだけで全体像を言わないから途中で抜けた。ハイ証拠。全体論もコツである。

追加フロク。朝日の天声人語はソフトバンクCMの不機嫌女の寒々雰囲気ばらまきをまた批判もせず流され。何とも言えず非常に狡猾である、絶対何かあるな。この企業CMの父親を犬に擬人化する男卑女尊のえげつなさと多くから非難囂々は記憶に新たである。そのくせ女の不機嫌は理解と言わんばかりの片手落ち。女だと企業だと批判しない朝日か。

ついでのフロクは週刊朝日。夫に妻に従えと命令する思い上がりフェミ系朝日えせひ雑誌(しかも女記者が。自己中)。相当にマンヘイトが日本ヘイトがあるなイルミナテイ系列は(東洋とマスコミ詳しい女の人の証言であるが)。こいつは痛快。
その歪んだ思考がヘイトを日本破壊主義思想を生んでるのだ。人間人類は男尊した方がバランスで全う自然なのである、本家ユダヤ家父長の日本もその流れ。あるいは年取って弱るなら猶更に弱者尊重の男尊が必要だろうが。妻は弱い弱いと弱者権力をさんざわめいておいてどこまで自己中か。最後の最後まで尻引きたい図々しさ。自己中marxフェミズム雑誌。
Ronzaにしろこいつらは全うに公正に物事が見れない欠陥がある。とにかく狭いmarxフェミということに尽きる。


追加フロクは朝日のRonzaで性差別。そう言う話を「詳報」にする異様な鼻息の朝日高橋真理子。殆ど部分的な変態的である。変な新聞。変な世界。フェミ世界の進歩暴走直線猪突猛進世界の崩壊終末兆しは第二次PacificFlood。聖書はまるで実践書のようである。
内容読めば当事者はさほどひどくもない。そう言う面も大いにあるだろうなと割と一応わかる話である。差別だーの固定パタンで辞任させるほどか、(ご本人は「こちら側の事情を聞こうともしない学術界によって干された」と嘆きといかにも朝日的リベラル派閥的な卑劣な印象操作。戦争闘争だけは得意。平和形成能力ゼロのリベラル)( 家事もよくやるし、料理も上手。こういう人物でさえ許さないと言うフェミリベラルの異常狭隘の自己中矛盾が伺える。何を贅沢言うておるかー!!女らは)。異常に男性限定には厳しい。(ご本人は「こちら側の事情を聞こうともしない学術界によって干された」と嘆きといかにも朝日的リベラル派閥的な卑劣な印象操作。戦争闘争だけは得意。平和形成能力ゼロのリベラル)。
男女混ざっては風紀乱れるとは日本でも当初は言われていた原点(あるリベラル論者風には女を性を職場に持ち込まない。そこまで言わねば根本にならない)。
女研究者がセクシー?。ユモアよりも挑発だろうそれは。つまり触れと言ってるようなもの。旧パラダイムの唯物思想の戦争風景そのものだ。思慮Liberalなし。
旅行でも派手に格好はするなとよく言う。
進歩暴走すればユートピアが来ると言うおめでたい信仰は疑われている。朝日は「世界」から日本を見下す驕りが相当に反感買われてる、人間が出来てない幼稚と(言っておくが全員女の人だったぜよ)。
男尊という人類基本はやはり重要。至上ではなく言うなら男尊主義である(男卑しかない空気Kにて)。科学信者で勘の鈍ったフェミらには見えないが。風靡する通念常識を疑うは思考の基本である。イロハ知らずの自称journalism。正にそれこそバカではないか。
昔の男女役割分担では互いへのリスペクトがあった。今は女が驕ってる。
自称未来が全てらしい。何を未来に企んでる・・フェミ邪心。盲目の進歩の終末方向は公然。日本語には温故知新と言う言葉ある素晴らしいと外人評。複眼こそ日本人。
多くがマスコミには耳半分だ。女の人でも朝日驕りに反感。
風靡する通念常識を疑うは思考の基本である。イロハ知らずの自称journalism。正にそれこそバカではないか。
イルミナテイ新聞は異常偏重。物事を公正に見れない。女と言う名詞だけで思考停止のそれこそバカ。変な世界だ。そりゃ身軽な男子の方が探求心あるゆえ研究熱心。代わりに女は生物的なそういう場合はちゃんと尊重されてる。それにもかかわらず贅沢そのもの。
古きは実は新しい。この前に証明材料。
フロク。また次週に女差別のそれも詳報のRonza偏り(いいのかあこういうの過剰主観。やたらフェミ臭の記事を連続にするなー)。。しつこい固定化の塗しと偏り主観。変態的。

追加フロク。水曜朝日の試写室。長閑に見せてまた男卑女尊パタン。ことごとくやたらと女を立てるいい役にするパタン、正にあべこべだ(ちゃっかり女記者が書いてる)。マスコミュニズムは異様である。自然かたちとして男性を立てずに男卑すれば国が社会が劣化する、必ず根底からの副作用が起きる。
あと男子の探究心は桁が違うのである身軽性。無理に女を立てるな。不自然。

追加は週刊文春の女役員麻薬犯罪。つまり要は女だから異常に庇われてると言うことらしい(女と書かないしの)。今どきパタン。まるで女は犯罪染めても庇う。男が悪い?から犯罪すると言わんばかり。逆だと女は庇うのか。男女を取ればさ、「責任ある立場で麻薬ぞっとする」ぐらいいわれそうだ。男女を取っ払えばな・・それこそジェンダーでなく人間として・・。

追加フロク。朝日新聞が急に不自然に載せてる本は文明の誕生と言うありきたり教科書本。普通に文明と言ってもあまり応用力がないような。つまり世界史教科書的。ある論者は文明とは言葉になった感覚のようなことを定義。てことは骨系男子流の創造語こそ最も文明的である。あるいは明るくするLightかエロスエナジの活用の明るさ。これが文明だろう。それこそ豊潤。
人類の最も弱点を尊重せずに、慰安婦フェミラー的に抑圧弾圧する近現代の似非普遍的は実に野蛮である。(この本の目的は普遍とやら、要はアングロサクソンゲルマンをシュメールにすり替えただけだな笑)現に
そして見ればイラクをイスラムでないシュメールだと言うアンチテーゼが発端らしい。そしてちゃっかり女ランナーが古代イラクを体現と言う所に抜け目なく目を付けるこの女権フェミ時代的パタンの既視感。いかにも朝日が歓びそうである。要は今まで伝統を嫌っておいて、あこういう伝統ならいいと都合のいい権威なら飛びつくのだ。自民権力には反対、民主権力には賛成と同じパタン原理だな。

ついでのフロク。WOWOWは何とウィンブルドンの横に露骨に禁断裸体の殆ど男子裸体の番組広告。セクハラいな・・テニスファンへの「嫌がらせ」だな。錦織の活躍に嫉妬なのだろう。話題の百田氏流には人間のクズみたいな笑。これもマスゴミだ。

フロク。朝日新聞土曜の耕論はまたイラストがジェンダー印象操作。例によって朝日パタン男卑女尊的でかつ卑劣だ。更に別の邪な意図。実に軽蔑である。話題の百田氏流には人間のクズみたいな笑。

追加フロク。宇宙本でカクテルとは例えが引っ掛かる。上から目線の科学者の驕りが見える。それでも神のつもりか!笑。自己PR的。さぞ不純な宇宙が製造されそうだ。












最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。
コメント

中心軸は思考。安直行動で思考を混乱誤魔化せば理想光を殺し世が荒む目下ローマ帝国化。全体神を背負う義務

2015-06-20 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
考えることが思考が現実化するとは既によく知られる。個人エゴ成功人生本だけではない世界もである。
応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
と言うことは原理が暴力的で深みのなしの横行、それが自ずと安直な暴走へ。小難しい思想的理屈言わずとも容易に想像つく。
ここでもクリック願います!!教育・学校(その他) ブログランキングへ
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村

先ず前後。
日本国の原点深みを忘れて安直暴走。それが横暴で光を消し冷たさの国を生む。
     かくて実は月本国なのに煙に誤魔化されてるとしたら複雑である。冷たい国は出発点でない途中の現象存在ゆえに、雄大に長くない短光の部分な月本国。エネジーを与えずケチってる閉鎖ユダヤ経済。あるいは太陽がないから誰も太陽になれない。消えた深みの地平。温かい日本がない消えてる。
これは仮説だが、やはり現実は月本国。実は根本は閉ざされた閉鎖の国。天皇は実は月の象徴と言う。いつぞやの閉鎖日本と閉鎖ユダヤ。モアUtopiaが説いたように、人間に閉鎖した羊占領経済が発端の英国AngloSaxon経済。閉ざしたワンフレはaペテン政権、冷たい輝きである。反ユトピア英国乗っ取られの轍か日本は。日本伝統破壊したげなアングロ世界ありあり。
     類で気になる天皇論陣があったのでけん制の意味で最初に補足で追記。
世界を日本化せよ!!。Change!!。

今回は時間あるないので端折り先ず。
あるページから釈迦の言葉引用。
「私たちは私たちの考えるものである。
私たちのすべてのことは考えから生じる。
考えによって、私たちは世界を作る。」

実にSimple真実。目線viewPointで前向き否かが決まる。うつむけば視野が空に統一されずに部分化する。
ところで上記名言を応用すればWordWorldMakerの必要。職業創造がない国にて。天下太平の為にも。

考えが決める。こう見れば大分違う。責任感も言葉にも重みが出る。米国プラグマテズムも関連していく。
     色々考え多様にってのも怪しい。考えが世界の形成に影響及ぼすとしたら、素晴らしい考えこそ重視されるべきだからだ。福沢を応用すれば、学問勉強と言うか徳思考こそ身分上になるべきである。
     深慮と言うことも軽視できない。深いと人につい呆れられる戦後americanize非哲学の風潮だが一見無駄な議論も重要になる。外交哲学も含めて。
     考えの深くない、安直な直線的実践は戒められる。朝日の松陰批判で行動至上主義での誤魔化しへの批判もあり。要は過程を蔑視となると。正に目的全能正当化至上論である。
以下に反論関連。左翼操作。自分絶対主義の左翼。インタビュー論壇。
フロク。
追加は先週木曜の朝日論壇の若者論。左翼化と巧妙に印象操作がある(左翼化の方向はいいがとは実に巧妙。方向がいいなら末端もいいとなる筈だろう。俳句思考流で言えばいい所取りは卑怯である)。左翼の理想主義自体はいいと言われる、×だと抹殺は問題である。寧ろ戦後の左翼的な唯物論化こそ最大の害毒だろう(あるいはそれ言うならそも左翼なるものは、「自分らの人間理性の座った側が絶対に正しいから相手を敵を抹殺する(そこに書いてるようなお互い妥協調和などはしない)」。そういう「正しい」目的の為には暴力辞さずの手段蔑視冷遇主義だろうが。この朝日新聞は卑劣に巧妙にすり替えてる。騙されるな皆)。これが真の積極的平和主義を真保守には見える理想主義を掻き消してるのである。この唯物論思想が暴力扇動を方々で生んでいる、万人闘争状態。体罰が必要と言うならまだ分かるが、万人闘争状態は先ずは回避すべきである。左翼も一理。
日常の中にまで遠大なる大理想を(八紘一宇も含めて)混ぜるは日本流俳句21世紀の新秩序と見える。ここまでしないから根源的平和が掻き消される。摩擦しないスムーズ円滑は進化した人類智慧であり貨想経済の萌芽とも見える。

戦後暴力。Hollywoo奴隷輸入の劇場国家列島は、現象と行動が全てとなる、具体的な平面空間世界。時間軸が存在しない。深さはない。それが風土的暴力の根源。光を消す。
その上にだ。理想光を消すローマ帝国的闘技。闘技扇動も自分に負けてる3S政策。行動の前に深い思考教育がいるだろ、上記敷衍すれば。

真の平和。以下に。
考えが全て・・。
となれば国が荒む風景の背後にmarxヘイト戦争思想。前のブログより抜粋加筆。


「Marxフェミズム悪魔思想が戦後。で戦後国は驕り歪んだ。男性の降伏以後さてどうする?」
・・となれば「一元思考で見れば今は戦後平和である。しかし・・二重の二元思考で見れば内戦状態である・・」。つまりMarx唯物単眼論では平和、物心複眼論では戦中・・。
NewWar。南北朝的な戦国原理か。
戦後が現状が驕り歪んでる。先ずはそう見よう。そう言う目線は当面は貴重奇特。少なくともこの歪な空間を脱さねばならない。これは議論言論と言うより技術である方策である。
       先ずその戦後思想。Marxに見る進歩史観。自称未来から歴史を見下す目線。これを特権と言い切るは驕り。自分は絶対善となってしまう。
言いそびれ。特権?。朝日新聞の戦争想像論あり。特権と言ってる時点で危うい。別の意味の偏見はあろう。男子をすぐ問題児国家に擬人化するMarx史観的「偏見」もさることながら。
上記。国の家父長の打倒を戦争目的とする。それが日本の骨格を破壊へ・・。それに集約されるリベラル左翼フェミらー破壊主義者。歪んだ目線のMarxフェミズム。
更に。
占領車両と言う戦争政策。以下の貴重指摘を拡散!!。さしずめ「男達よ、駆除対象か!?」。
      
こういった報道は、メディアとそれらを操っている勢力による日本人分断工作です。
この場合は、女性を優遇するようなサービスを過剰に作り、男性に女性に対する不満を募らせて『男女分断』⇒『結婚率の低下』⇒『出産率の低下』⇒『少子化の拡大』⇒『日本の遺伝子の根絶やし』を狙っているのです。
女性専用車両といったもの等は基本的に誰もがある程度空気を読んで人間同士のトラブルを避けようとする日本のような社会には全く必要ないのですよ。
      西洋思想。情と配慮がない思想。西洋レジームゆえに出てくるおかしな分裂の政策。
正に冒頭。「全面降伏」から「駆除対象か!」。これが回り回って日本破壊へ。
実に時代に大勢に流されるがいかに危険かの見本である。marxフェミ人工の人間錯誤の頭でっかちよりも時代錯誤でいい温故知新。

更にその前の類似論の回では。
「マルフェミ革命戦争中の戦後の国内不和。NewWar内戦状態の扇動風景。理想なくして現実化」
確かに。革命戦争中と見える・・先週に続けば。内戦状態っぽいなとっくに。
     再度、Marx共産党的に唯物論で見れば平和(その思考ゆえ戦後レジームのマインドコントロールは一切免責。そこが怪しい)、しかし精神虐殺まで二重の思考で広く含めば、明らかに戦争状態・・。理想を見据えれば見える筈である。権力だけ悪とは旧い理論だ。近代権力論の限界。
    前後だが、あるページでもツボを発見。「その国を革命扇動工作で常に執拗に混乱させる・・」まるでくだんのリベラル雑誌連中だな。そう常に・・リベラルにかき乱す・・って訳だ・・。
以上。



思想が暴力的ゆえにぶつかり混乱する戦後。深い教育こそ。

となれば完璧理想を一応目指すと自ずと神にぶつかる。全体神。
上とは全体鳥瞰と根源。全部論で述べた通り。
     ある歴史質問で。大塩の乱はそれだけ儒教治者の自覚が下級武士にもあったことを証明と。ということはつまり現代は江戸以下。
今年大河でも「徳の統治あったゆえの天下太平」と。創造の原点は常に偉大のようである。これ忘れる小粒化。ネオプラトニズムは源流に一体を見た。
暴力思想で混乱闘争の国へ。戦前もどうやら原点忘れの暴走だったらしい。江戸の土壌なしの平板化が破局を生んだ節。無駄こそ重要。原点。源流。常に補充すべきエネジー。夢あっての現実とは果てしない物語。夢現隊の根拠。


フロク集。

追加は金曜朝日新聞の言葉折々。目立つ目的では確かに不純。異なるのは個人主義の為でなく、一色を超える全体バランスの為である。同じ化では閉鎖化への加担となる。

追加。しかし朝日新聞の折々言葉は稀にいいことを言う。エリオットの引用。正に過ちを正す為に別の過ちを広げてる電車冤罪問題。強硬策すれば結果として他に恐怖政治を生む。俗な頭の信仰は最も危険である。正に保守思想の言う、人間理性はあてにならない。まして狭い思想の下の集団が自己らを過信するな。
ホラ翌日。追加。土曜朝日の言葉折々は卑劣印象操作である。いかにも朝日的な朝日が良くやる手口である。何らかの意図。俺はいい耳とよく言われてるし多くを震撼させたことも多々。魂の底響きあれば人は重く聴く、桁が違うと。何度も味わってる場面である。
言うならば飢え底辺性こそ誰も思いもよらぬ底響き。リベラル朝日には絶対に見えない。フェミ左翼覇権バロメータは骨系男子が人知れず粉砕した以後である。

ついでのフロク。WOWOWは何とウィンブルドンの横に露骨に禁断裸体の殆ど男子裸体の番組広告。セクハラいな・・テニスファンへの「嫌がらせ」だな。錦織の活躍に嫉妬なのだろう。話題の百田氏流には人間のクズみたいな笑。これもマスゴミだ。

フロク。朝日新聞土曜の耕論はまたイラストがジェンダー印象操作。例によって朝日パタン男卑女尊パタン的でかつ卑劣だ。更に別の邪な意図。実に軽蔑である。話題の百田氏流には人間のクズみたいな笑。

追加フロク。宇宙本でカクテルとは例えが引っ掛かる。上から目線の科学者の驕りが見える。それでも神のつもりか!笑。自己PR的。さぞ不純な宇宙が製造されそうだ。

追加フロク。朝日新聞が急に不自然に載せてる本は文明の誕生と言うありきたり教科書本。普通に文明と言ってもあまり応用力がないような。つまり世界史教科書的。ある論者は文明とは言葉になった感覚のようなことを定義。てことは骨系男子流の創造語こそ最も文明的である。あるいは明るくするLightかエロスエナジの活用の明るさ。これが文明だろう。それこそ豊潤。
人類の最も弱点を尊重せずに、慰安婦フェミラー的に抑圧弾圧する近現代の似非普遍的は実に野蛮である。(この本の目的は普遍とやら、要はアングロサクソンゲルマンをシュメールにすり替えただけだな笑)。
現にそして見ればイラクをイスラムでないシュメールだと言うアンチテーゼが発端らしい。そしてちゃっかり女ランナーが古代イラクを体現と言う所に抜け目なく目を付けるこの女権フェミ時代的パタンの既視感。いかにも朝日が歓びそうである。要は今まで伝統を嫌っておいて、あこういう伝統ならいいと都合のいい権威なら飛びつくのだ。自民権力には反対、民主権力には賛成と同じパタン原理だな。

追加フロクは日曜朝日新聞。女女女と(男女は表記差別。やはりマンヘイトがある新聞)女の声が反映ならどうとか扇動してるが、軍人の方が平和的とは昔から知られる逆説。しかも男の方が妥協調整能力は高い。女は狭い理想主義をただ主張することが多い(積極的平和主義Noという写真見出しも老獪狡猾。恐らく別の意図ありだ)。。更に男は戦争に近いゆえに退避戦感覚があるが同時に責任意識もある複眼。広い視野の必要な政治の御役目はやはり男性の方がバランスと言えるだろう。(ハイこれで女女女連呼の固定神話は否定された)。
あるいは近代国家である以上は、一定武力を持つは常識であるあくまで現状の確認だけだろうし。それともその理想主義はそれを超える程の説得力あるのかな(それこそ歴史に学べ。象徴的である幣原平和外交はお人よし外交である、さんざ外国に翻弄された。。当時だけの世界の表層善意平和思想を鵜呑みにして世界の帝国的政治状態的悪意に対抗できるわけがない。ナチ公法学者のシュミットらは少数ながらそこを見抜いていた。余りに狭いいわゆるところの平和主義)。。あとじゃ古市流か「テレビの言う通りに思考しても変わらない」笑。

ついでのフロクは週刊朝日。夫に妻に従えと命令する思い上がりフェミ系朝日えせひ雑誌(しかも女記者が。自己中)。相当にマンヘイトが日本ヘイトがあるなイルミナテイ系列は(東洋とマスコミ詳しい女の人の証言であるが)。。こいつは痛快。
その歪んだ思考がヘイトを日本破壊主義思想を生んでるのだ。人間人類は男尊した方がバランスで全う自然なのである、本家ユダヤ家父長の日本もその流れ。あるいは年取って弱るなら猶更に弱者尊重の男尊が必要だろうが。妻は弱い弱いと弱者権力をさんざわめいておいてどこまで自己中か。最後の最後まで尻引きたい図々しさ。自己中marxフェミズム雑誌。Ronzaにしろこいつらは全うに公正に物事が見れない欠陥がある。
とにかく狭いmarxフェミということに尽きる。

追加は週刊文春の女役員麻薬犯罪。つまり要は女だから異常に庇われてると言うことらしい(女と書かないしの)。今どきパタン。まるで女は犯罪染めても庇う。男が悪い?から犯罪すると言わんばかり。逆だと女は庇うのか。男女を取ればさ、「責任ある立場で麻薬ぞっとする」ぐらいいわれそうだ。男女を取っ払えばな・・それこそジェンダーでなく人間として・・。

追加フロク。水曜朝日の試写室。長閑に見せてまた男卑女尊パタン。ことごとくやたらと女を立てるいい役にするパタン、正にあべこべだ(ちゃっかり女記者が書いてる)。マスコミュニズムは異様である。自然かたちとして男性を立てずに男卑すれば国が社会が劣化する、必ず根底からの副作用が起きる。
あと男子の探究心は桁が違うのである身軽性。無理に女を立てるな。不自然。

追加フロクは朝日のRonzaで性差別。そう言う話を「詳報」にする異様な鼻息の朝日高橋真理子。殆ど部分的な変態的である。変な新聞。変な世界。フェミ世界の進歩暴走直線猪突猛進世界の崩壊終末兆しは第二次PacificFlood。聖書はまるで実践書のようである。
内容読めば当事者はさほどひどくもない。そう言う面も大いにあるだろうなと割と一応わかる話である。差別だーの固定パタンで辞任させるほどか、男性限定には厳しい。(ご本人は「こちら側の事情を聞こうともしない学術界によって干された」と嘆きといかにも朝日的リベラル派閥的な卑劣な印象操作。戦争闘争だけは得意。平和形成能力ゼロのリベラル)。( 家事もよくやるし、料理も上手。こういう人物でさえ許さないと言うフェミリベラルの異常狭隘の自己中矛盾が伺える。何を贅沢言うておるかー!!女らは)。異常に男女混ざっては風紀乱れるとは日本でも当初は言われていた原点(あるリベラル論者風には女を性を職場に持ち込まない。そこまで言わねば根本にならない)。女を性を職場に持ち込まない。そこまで言わねば根本にならない)。女研究者がセクシー?。ユモアよりも挑発だろうそれは。つまり触れと言ってるようなもの。旧パラダイムの唯物思想の戦争風景そのものだ。思慮Liberalなし。
旅行でも派手に格好はするなとよく言う。
進歩暴走すればユートピアが来ると言うおめでたい信仰は疑われている。朝日は「世界」から日本を見下す驕りが相当に反感買われてる、人間が出来てない幼稚と(言っておくが全員女の人だったぜよ)。
男尊という人類基本はやはり重要。至上ではなく言うなら男尊主義である(男卑しかない空気Kにて)。科学信者で勘の鈍ったフェミらには見えないが。風靡する通念常識を疑うは思考の基本である。イロハ知らずの自称journalism。正にそれこそバカではないか。
昔の男女役割分担では互いへのリスペクトがあった。今は女が驕ってる。
女研究者がセクシー?。ユモアよりも挑発だろうそれは。つまり触れと言ってるようなもの。旧パラダイムの唯物思想の戦争風景そのものだ。思慮Liberalなし。
旅行でも派手に格好はするなとよく言う。
自称未来が全てらしい。何を未来に企んでる・・フェミ邪心。盲目の進歩の終末方向は公然。日本語には温故知新と言う言葉ある素晴らしいと外人評。複眼こそ日本人。
多くがマスコミには耳半分だ。女の人でも朝日驕りに反感。
風靡する通念常識を疑うは思考の基本である。イロハ知らずの自称journalism。正にそれこそバカではないか。
イルミナテイ新聞は異常偏重。物事を公正に見れない。女と言う名詞だけで思考停止のそれこそバカ。変な世界だ。そりゃ身軽な男子の方が探求心あるゆえ研究熱心。代わりに女は生物的なそういう場合はちゃんと尊重されてる。それにもかかわらず贅沢そのもの。

追加フロク。朝日の天声人語はソフトバンクCMの不機嫌女の寒々雰囲気ばらまきをまた批判もせず流され。何とも言えず非常に狡猾である、絶対何かあるな。この企業CMの父親を犬に擬人化する男卑女尊のえげつなさと多くから非難囂々は記憶に新たである。そのくせ女の不機嫌は理解と言わんばかりの片手落ち。女だと企業だと批判しない朝日か。

フロク。要は男卑は徹底的に女卑はゆるく持ち上げ。自己中アエラだ。さあすが破壊主義者の雑誌。アエラの結婚特集は唖然。年収直球問い女と書かずに傲慢か当然かと何と並列させる。まるで理解だ。男子と書いて引きますと丁寧語にする。自己中アエラ臭そのものだ。相談所は自己中女が余っていつまでも結婚できない例が多いのに男子の例だけに自虐させるパタン。自己中雑誌。それこそ人間のクズみたいな笑。そして悪の女子だな、女は性悪と証明。
ある相談所の受付も「そうですね。女の人の方が我がままでずっと貪欲ですね」と回答。女の自己中エゴ時代に恋愛扇動産業市場に嫌気がさして男は引いてるのである、女が個人的で反社会なのである・・。根源個人主義思想問題を正さねば根本解決にならない。
あと俺と言う気概の言葉を下僕自虐に使うな。男の例だけ厳しく言わせて女の相談所依存は批判させずにの自己中アエラ臭そのもの。
自己中女妻は仮にも人様を何と用済みだと。取り上げ印象操作のアエラの卑劣。宝だのスペックだのどこまで男性侮辱罪。男性を何だと思ってる。思い上がり。やはり男卑女尊は異様でまともじゃない。男尊女卑こそ全う秩序である。
自己中女は無能ゆえ上にー驕り高ぶり見下すのだ。
金亡者の戦後拝金教。カルト国の段階。上野千鶴子じゃあるまいしコミュニケだのファッションだの具体的なことは男性には関係ない。轟然力さえあればいいゴーテック!!。女と違って男はSimpleIsBestの普遍原理。
産業カネが全て「またカルト教一色の国」は日編国。アエラは人種差別の疑念つまり反日の疑念あり。(そうである男子だけ交際経験を問う、女子はコミュニケート力とやらが男子より多くあるくせにハンデあるくせに別に少なくてもいいと依怙贔屓に置いておく。正に旧態依然の男損女肥アエラだ。自己中矛盾のマンヘイト雑誌)。
消費産業エリア寄生の女に飽きて男は引いてるのである。
市場権力Smith流されは一切問わずに反権力だけわめく左派リベラルは多い。
男女同盟による社会形成なくしていかなる人間行動も非本質非本来である。
結婚は言葉廃止すべき響き悪い近代分裂用語。日本男女同盟と奇平隊で再統一すべき。御一新である。

追加フロク。朝日新聞広告はまた人間不信を扇動する不自然広告本。何処が救世の書か。見た人は寒々とするだろう。嫌悪を正当化せず根深い戦争を終わらせる精神修養の方策をこそ考えるべきだろうが。科学の限界は知るべき。

追加フロクはしかし朝日新聞木曜の折々言葉(朝日に都合いいものをいい所取りの要素がある)。軸で武装と信条で武装のどこが違うのだ。日本人感覚らすれば50歩100歩である。
○×思考のネガテブ。正確さ追及で緩さがないとそれこそ硬化だろうが。正確・・も危険。ズレた不正解こそ創造にもなる。それが時代の胃の中を超える・・。
or自分に実は自信がないから生き方と言う個人主義エゴ人生論的なものに更に飽き足らず軸を加えるのだろう。自信ある人はそう言う次元は気にしない。ある意味で鈍感であるとも言える。
orそう朝日的。信念者への(恐らく保守)への嫉妬が伺える。ゆえあら探し。信念ある人を歪んだひねった思考せずに素直に評価して伸ばすのが日本流。ひねった個人主義の西欧思想は破綻している。
あるいは言うなれば信条の主張を皆が辞めてればそれこそ武装解除で天下太平。

フロク。朝日の心読みの心知らずの医者。何とキモさどうこうとかいう本を引用のえせひ新聞は男卑だけに余念がないのだろうな(それこそ独り善がり主観の本音垂れ流しだ、それこそ安心快適ファシズム感を得るのに最も手っ取り早い方法手口だろうが自己矛盾の医者と朝日。反日や非国民と言う言葉は問題と言うくせにきもいは別にいいんだそうだ、和に反する争い誘発用語でもな・・。いじめ否迫害問題は朝日新聞は別に考えないらしい。それどころか女による迫害には加担も同じ。非正義のえせひ新聞)。ぐうたら夫に見る自然性差を弁護したこともある新聞が自己中矛盾。
(因みに俺は爽やか系と女によく言われるから他人事だが)ああいういかがわしい造語は抽象的な底辺性である男性を理解しない思い上がり狭隘女子がいるのだろう。自分棚上げで優しさ温かさががないと言う意味で非国民である。それを本音では肯定するえせひ新聞は非国民新聞。あとネトウヨはネット右翼いなネット右派いなネット保守理想主義者を誹謗印象操作するレッテル語だ論座Webよもしかしてバカ?。まあ皇族の愚増化ブーム劣化で扇動される経済財閥天皇教よりも社会将軍系の方が国は複雑に混乱戦乱せずにSimple国家調和となれるだろうけどな。
つまり・・朝日新聞さんよ、ご自分らの好きな世界の方が曖昧膨大で遥かに巨大で引きずり込まれには、日本よりも遥かに見えにくく危険ではないんですかねえ(どこの馬の胃の口が空いてるかな。ロックフェラーか?あるいは太陽神ラーか)。日本は等身大で全うフィヒテ的。世界は部分的で信用が出来ない。逆の思考をつまり全う本来思考の軸をしろ。
まあキモイと言う争い語は戦争語は非国民が言ってるだけこいつらは日本人じゃない・・。日本とは・・だるいから略。
論。日本賛美は先ず自虐への反発でだ。外国より上か下かとかそういう西洋覇道的な思想ではないオウム返しするな。日本劣化崩壊を何とかせねばと言う大和心だ、多く確認した。
大和心は大和言葉以上に重要。
ゆええせひ新聞は事実をねじ曲げてる。日本が相当にヘイトなのだろう。

フロク。朝日新聞の印象操作。犯罪者でもできるだけ女と書かないように紙面。男はそのままを隣に並べる。せこい小細工。そのくせ広告に半裸の男子。裸は女が似合ってる。執拗に平等化へ無理してる女以外は男女とも女の美しい裸を見たがる。ジェンダー役割破壊風景するな!!。松竹とクヅテレビよ。


追加は週刊文春。五輪にしろサッカー(正し女子のパタン)にしろ日本中が感動とか扇動し過ぎではないか。他人がスポーツやってるのを一生懸命見ると言うのが理解できないと言う人はかなり多い。3S政策にしろ政治にしろ部分的な事に組み込まれるのに違和感と言うのが雄大江戸人である。なでしこもフェミのやっかみの通念と違って別の意味で、日本を貶める計算が伺える。流行りでなく本来の日本人の大和心の境地をこそ再生すべきである。
しかし関連なでしこは反発した記憶あり。これが本当に大和なでしこかなあと。
明治は西洋化分裂等の問題があまりに多かったが日本人の美学の境地でもあったとも見える。純心大和心の体現。戦後は別の国americanizeと外人評あり。美しくない唯物論の国へ。そう戦後は表層唯物。これに尽きるのではないか。三島の予見はもとより。戦後は少々の申し訳程度に、自由民権的な西洋部分的な理想はあっても何処か小粒で知れてる感じがする戦後。根源がない。これ批判しない連中は駄目だ。










最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。


コメント

日本破壊の自己中化卑劣戦争に一喝こそ日本人の義務責務権務。日本破壊戦争構造エゴ時代個人主義を超えよ

2015-06-13 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
目下の風靡に自己中化戦争が卑怯戦争があり。これが日本良さを瓦解破壊させている。
応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
これはメイントピック扇動のせいもあり一見平和に見えるゆえに、正に気づきにくい構造化暴力である抑圧平和。
ここでもクリック願います!!にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村教育・学校(その他) ブログランキングへ

戦争。見えにくい戦争。
aペテン演説で岡倉天心の変化こその指摘。
       しかしてことは歴史修正派には見えていた、戦争も変遷すると。戦争は商業だととうに左右ともが指摘して以後の時代である。軍産複合体警鐘はアイゼンハワー以後。資本主義世界では金が一番トップである。
      ある番組本でも、軍人、商人、知人の三種類デモクラシー。類ブログでも武家の政治は全体秩序重視と指摘。全体Harmony調和の美学か。目下は混乱時代。
     因みにしかし、実は日本は時々の一つの思想パラダイムで一色の日編国となると見える、実は一個部分的な国である・・(一個の原理一色に。昔は戦前は軍人原理、今なら戦後はさしずめ女女の女権原理の風靡だろう)。。この偏重に気づきつつある現代、この日編国には従来のDarwin的なコロコロ変化混乱とは違った一定観点の軸が必要のようである。ゆえaペテンは限界。一神教こそ。

自己中戦争。
しかし日本は正義の国で男女とも正義公正意識の武士道精神がある。片や武道は外形だけで誤魔化している分裂思考が見える。そこには精神的な思いやりよりもどうやら先ず自己エゴの個人の強さ修練がありきの趣のようである個人主義。釈迦的。実は煩悩的エゴ。
所で金の為には思いやりも何もない戦後日本人になったとツボ指摘の記憶、保守は理想主義である、左派の間違い。(思いやり欠くもやはり自他分裂病ゆえ。内面的な事が問われ始めてる時代、Plato始原一の思想は重要有効だろう)。
(金の為に何でも。冤罪罠かけは典型である)
こういう心ある非難も通じにくそうな正にサタン時代風景である。そうサタンとは先ずは卑劣。

自己中化戦争の風景。寧ろそういう迷惑条例レベルの次元かも知れないが。
     自己中の例。電車でだそうだ、割り込みを注意されて冤罪利用。他は置いて特殊サイトでは、女を怒らせない近づかないとの時々ありそうな自虐パタンだったようである。情けない奴らだ。プライドないんかと思う。まるで条件反射で女に近づくなと書きたて扇動してた奴のようだな。しかし確信犯の冤罪罠はどうか。これこそサタンの極み。
手じかな例は更にネット晒し。私的制裁は復讐法だな。実に大らかない狭隘な時代である。
他etc。
しかし驚き。女。いや女性様と言う言葉は初耳。前に問い合わせた所は男性様も女性様もと答えたが。
その思い上がった言葉は見かけたなそう言えば。男性を幼児で全員虐殺しろとか言う、閉鎖になったキチガイブログでのコメントで。要は女の自己中帝国を造りたいと。DownTown流にはあれではすぐ滅びますけどね笑「まああの帝国はお互い自己中のいがみ合い内紛で滅びますけどね笑」。その言う敵を舐めた国はな。
まあああいう自己中もだ、一喝できないようでは男じゃない。
世の流されブログ筆頭に、男女問題つまり人類根源問題を近代思想で封印する為に硬派一辺倒で誤魔化してる向きが多い。そういう軟派のは女に任せるみたいな。これがフェミストらの横暴を生んだ。男性はもっと人類文明根源問題を考えるべきである。人類の根源を身軽な男性側に取り戻す。これでバランスだった本流人類。

そうこの正義の国の日本で・・卑劣化サタン化する戦後人・・。
遠因にお上での卑劣戦争ではないか。
       前にも言ったが。お上次元でまるで上記サタン的のように執拗に性的弱点を突っつく政治戦略。実に卑怯卑劣である。国家外交戦略が綺麗ごとで動いてる筈がないとは多くの進んだ認識。戦争とは政治延長であるとは有名格言。外交も戦争である。
       とすれば、慰安婦に見るような露骨に女女と正面には反対しにくそうな性的テーマで、相手国に強要する算段戦争は。それも日本限定だけ。まるで戦後の棚上げ女の思考である。(勿論に西洋の悪を相殺計算もあろう。つまり日本だって悪いじゃないかと重箱突きで)。(そう言う国がHollywoo奴隷ロ―マ帝国の365日闘争暴力扇動の自己中矛盾。サタンは自己中。あるいは大陸的野蛮と言うべきだな)。

思えば朝日新聞の慰安婦記事特集は相当に扇動だったらしい。他の犠牲人々を全く排除しての一面一部要求をセンセーション外交に。実に自分中心の自己中戦争ではないか。

で朝日えせひ新聞の慰安婦的の続き。前回フロクざっと。
お上から流れる。マスコミもお上である。
ゆえ再度これは言わねば加筆修正。ツボとして。

ついでのフロク。先週の朝日新聞は卑劣卑怯極み。また往生際悪いしつこい専門バカ慰安婦論で一見「普通?」に議論しておいて、そのくせ唖然、隣にジャニの何と女装ジェンダー破壊CMそれこそ性的奴隷以下の質問記事を載せる卑劣卑怯印象操作ほとんどセクハラスメントだ。もはや新聞の体でない末期症状の慰安婦一面的の絶対主義新聞。人間のクズ集団。あれこそ意志に反しての性奴隷扱い否それ以下のCMだろが、それを肯定の唖然の自己中矛盾。思いません?皆さんこのおかしな新聞空気風潮の野放し居直り義務放棄。えせひ新聞はいまさら過去ごときの慰安婦論などよく言えたものだ。男女全うな性であればキリシタン的悪ではない日本東洋伝統流にも善である。更に人類本流は片手落ちいびつ偏りせずに、全体の社会安定と合理不合理の深慮=Liberalバランスの為に性を善処活用するものだ。それがそれこそ大胆に奉仕型経済への大胆転換の契機な本来的な大らか人類社会である(奥底では誰もの直感いわれなくても。)(機械化を信仰した近代禁欲フェミだけが躍起に否定する)。
再度だ大民主主義の必要・・西洋レジームの限界破綻。安直判断の人間錯誤フェミズム絶対主義の国連表層思想は黄昏の西洋レジームパラダイム延長に過ぎない、自分ら絶対善の慢心驕り高ぶりのバカ。いずれ片手落ちの過ちと罪を悟るだろう。単眼バカでなければな。
追加は先週木曜朝日社説。男女とも酷い目に遭った人は多い。女だから特権的にするでは片手落ちだし性差別で研究偏重偏見。女女女と専門化部分化するから全体判断が歪み狂う。この部分的な事だけでこれだけ騒ぐ時点で多くの他の犠牲の人々に失礼である(朝日新聞は未だにその異常を反省してないんだろう。誤報云々以上に朝日の罪はそのセンセーションでもある)。この派閥は全体が見えてない。専門的な圧力団体の趣である。
抑制的とは不自然な表現。抑圧な消極平和主義の正当化の為だろう。西洋レジーム自体が節度がない原理である(あるいは抑制があればそれこそ日本限定にだけ針小棒大過剰要求しないだろう。抑制に見せての文言パタンは常套手段)。抑制よりも節度の日本文明に回帰せよ。
追加は金曜朝日Opinion。慰安婦だ女権利だとなるともろ手で多人数になる世界同時ファシズム的な異様それこそ。ユダヤジェノサイドと関係ない別問題。論理的に考えよ。言うなら男女共にそれこそ意志に反して作用する戦争強制構造の全体問題である。現代歴史観はMarx工作的な歴史観で冒涜。進歩史観の一面化暴走は危険である。
あと男性こそ兵士こそ性奴隷だと思いますと言う声も多い。片手落ち絶対主義を超えて相対的に複眼的に見るべきである。あるいは学者は視野狭い村の集団か。
こういう、意見が異なるだけではない複眼柔軟相対視野を聞けない、「絶対絶対」連呼の絶対主義者の集団大衆だと言うことは、フェミの巣窟の学者や国連や朝日新聞時代の終わりの証明となる。幕末大河流には大義は我らにある。
それこそ歴史を見ても実は素人こそが時代を切り開き創造して来たと言うしな。専門家の部分的な寄せ集めなど屁でもねえ。1%で99%をテコ転せよ。


そして自己中戦争の風景。前回フロク再度二つ。ジェンダーと痴話話。
更に・・。
でついでのフロク。火曜中国の弾圧?記事。
金順姫「の」男子トイレ痴漢行為賛美のくせに痴漢を批判する笑止千万の棚上げ女ラー。唖然。新聞の体なさず。戦前は軍事戦争で戦後はジェンダー戦争扇動。自己中人女記者に苦情一喝鉄槌!!
ついでのフロク。火曜の朝日えせひ新聞は唖然の金順姫の正に自己中国記事。小難しい能書き誤魔化しトピックは置いておいて何と痴漢批判運動しておいて男子トイレに入る運動という公然痴漢行為はユニークと持ち上げるきちがい頭おかしい女記者。痴漢批判して痴漢行為を公然とする女運動員、上記の何をかいわんや(きちがい女記者ときちがい新聞を日本から叩き出せ!!)。お前がこの女が痴漢である以上は痴漢を批判する資格はない!!。下記の徳性令を参照だ。
そう何をかいわんや。まだ他にあったか中国記事の金順姫に唖然。男子トイレ入るのはそれこそ痴漢行為だ(だからマークされて逮捕されたのだろういい気味だ。痴漢云々以前にこういう迷惑行為扇動罪をする女ラーはどんどん逮捕して欲しい所だ。思いません?皆さん)(理由があったらいいのか?それもおかしいそれこそ朝日流に言えば)(何て?その手のよくある小難しい話の中ではそう言う話は取るに足らないだしかも男性だから?。唖然性差別人種差別。さすがは俳句思考を知らずの自己中国人の左翼暴力革命思想。そういう細かな次元への複眼同時にの配慮ない暴力思想が治安秩序を乱すのだ。そう言う暴力革命思想だから逮捕されたと見える。あるいはそうだなトイレ話など取るに足らないな確かに。じゃあそれなら初めから問題にするな笑。男子トイレに入るなこの痴漢!!)(そうである。チョロっとそういうセクハラネタを混ぜる悪質。人間のクズみたいな金順姫。そう言う記者倫理感もない記事は更に鵜呑みに出来ない。何か他に悪さしてるだろうし) (戦前は軍事戦争、戦後はジェンダー戦争。朝日えせひは一貫して戦争新聞である正しく)。
何?悪い事やったもん勝ち?皆で渡る赤信号?さすがは騒乱混乱の和乱しの中国人。
(痴漢だろうと仮にも男性にお前って呼ぶんじゃねえ!!。思い上がりGoman!!)。公益だ?私的な自己中矛盾は人類の敵!!。orそうやって冤罪でも増やす下心か?。
       じゃ買い言葉で徳性令の提言。そう言う痴話ごとは目くじらカッカせずに冷静に考えてみれば自然本能現象ゆえ犯罪とは酷だし冤罪の恐れもある故にすべてチャラ放免にすべしこと(近代機械人化せずに人間記憶ある人はこの超理想論が分かる)。そも誰であろうと隣人に怒りぶつけるよりも、満員混雑に大理想論で怒れよ根本解決こそと言う人は言う(女でも)。まあ中国化した女は、すぐ隣の男のせいにする具体動物のバカ劣等動物らしい、フェミ見ても公然。この運動員みたいに女だけしか見ないからだ全体バランスがない反日なのである。さすがイルミナテイ慰安婦新聞の不正義だ。(戦前は軍事戦争、戦後はジェンダー戦争。朝日えせひは一貫して戦争新聞である確かに。正しく)。
そうまだ他にまだあったのか。自己中国記事の金順姫と同じように赤い運動員に唖然。
    つまり卑怯が最も自己中的つまり反日姿勢。慰安婦論筆頭にそれが下位へ暴走の波及公害となっている。慰安婦近辺の卑劣と自己中人化が証明された。

で朝日投書すら批判あり。確かに思い当たる。
     最も分かり易い一例。要はまるで誘惑が日韓国際交流と読めるような声だと批判。
言うなればこの中年主婦は、楽しいひと時でしたとかの自己満足な私的なことを平気で公器に載せる神経と言うべきか。また載せる方も非公器。そして韓国特有のハンサムとは人種差別匂い。兵役、この瞬間に時々いる女の疑似優越感じみたものが匂いもする。現にそういう系の記事は前にリベラル勢力である週刊誌群が載せていたことがある。

まして上記朝日の下段のこういう二例の明瞭なものをや。

この指摘を敷衍すれば意図は明白。日本美風破壊だろう。このブログ主は左翼は自己中と題名しておいてそこを問わないとは不足だが。

因みに類ブログで自己中論。根源的に個人主義を問うていた。
要はよくある「自分はー私は―」でない、みんなつまり全体はどうかと言う広い遠い観点ということらしい。
引用。
「自分がされていやなことを他人にしない」では、目先の迷惑だけに気を使えばいいので、極端な話、全体がどうなろうとどうでもよくなり、みんながそれぞれに自由を謳歌しようと個人の私権課題にまっしぐらとなる、まさにこれが今までの私権社会、市場経済だったわけです。「自由」の欺瞞性もここにあると感じます。
以上。根源の問い。正にスミスパラダイム。まっしぐらの貨幣ダッシュ。GoldRush構造。

やはり再度。個人主義はエゴイズム自己中化戦争へと暴走。共産党への反論で。
「個人主義がエゴイズムに行き着いたのは、Marx共産主義が圧政に行き着いた事と同じである」。中庸。これは頗る重要。素朴ゆえ少年的ゆえに勘が冴えてる。

戦前参照、一冊は紛失。
ところで世界規模の個人主義を克服しようとした国体本義を、批判派のブログは戦争結果論の表層だけで見て片付けており説得力が全然なしだった。擁護派の方が資本主義の行き過ぎと格差と金儲け一色風潮を根源からしかもそれを世界的問題として取り上げてる大器があり、説得と重み(実に今日的課題ではないか。ナチ政治学者シュミットの言う「人類の戦いに希望は少ないが」が響く)。つまり日本主義により近代資本主義の問題を超克だったのだろう。その意味で国体派の保守の方が強靭に野党的である。現代文明をも批判していた。
       エゴイズムに自己中戦争にも暴走する余地のある個人主義。欠陥原理と見るべきだろう。
単なる劣化とかでなく、自己中戦争の問題として見る。そうすると全知的な議論認識となり有効である。お上の根源を問う段階である。政治思考の超克となる。


フロク集。
追加は木曜の朝日論壇の若者論。左翼化と巧妙に印象操作がある(左翼化の方向はいいがとは実に巧妙。方向がいいなら末端もいいだろう。俳句思考流で言えば。いい所取りは卑怯である)。左翼の理想主義自体はいいと言われる、×と抹殺は問題である。寧ろ戦後の左翼的な唯物論化こそ最大の害毒だろう(あるいはそれ言うならそも左翼なるものは、「自分らの人間理性の座った側が絶対に正しいから相手を敵を抹殺する(そこに書いてるようなお互い妥協調和などはしない)」。そういう「正しい」目的の為には暴力辞さずの手段蔑視冷遇主義だろうが。この朝日新聞は卑劣に巧妙にすり替えてる。騙されるな皆)。これが真の積極的平和主義を真保守には見える理想主義を掻き消してるのである。この唯物論思想が暴力扇動を生んでいる。体罰が必要と言うならまだ分かるが、万人闘争状態は絶対に回避すべきである。
日常の中にまで遠大なる大理想を(八紘一宇も含めて)混ぜるは日本流俳句の21世紀の新秩序だろう。ここまでしないから根源的平和が掻き消される。(到来しないのだ)。摩擦しないスムーズ円滑は進化した人類智慧であり貨想経済の萌芽とも見える。

ついでのフロクだ。いくつか言いそびれ朝日新聞はやはり自己中。女女母母スポーツスポーツと皆が反対しにくそうなネタで女権拡大のどうも卑怯なパタン(フェミ系の主張はいつでも独り善がりの自己中満足の自分ら中心思考硬直である)(日本みたいな女原理一色の戦後非本国でこれ以上はヨイショ応援扇動しない方がバランスである。バカしかああいう論は聞かぬだろう)。(そもこれだけ優遇されて更にスポーツを虎の威に優遇暴走する神経が唖然である。外国ユートピア主義の劇場国家はとうに批判されている。無知無学の強要教養新聞。or西洋との違い?際立つはヌードビーチだろう。レスラー交えた対談でも日本以外の外国は西洋脱出で東洋化南方化自然化してるのであるとあり。実に西洋レジーム禁欲帝国の井の中のカエルの戦後国は極西である)。戻り自己中朝日(教養新聞なんかでなくイルミナテイ新聞と噂あるように、日本ヘイトだから遠慮と言う日本美学も攻撃する。遠慮を悪く見る。自らの自己中を正当化したい為だ)。。。現に証拠にそして女子レスラー記事の横にまた妙な広告はレスラーを虎の威に言論弾圧の笑止千万だ。3Sスポーツ分割政策のくせに進んで触らせる女の下僕のくせに。こいつらエセ日新聞の不純さがこういう所に伺える。どうやら長州松陰膨張主義?への何と意外や弁護論陣ありそれこそニュースが相当にヘイトだったと見える。
異なる言論を許さないファシスト新聞が朝日えせひの自己中矛盾。ここの男女班の女班の卑劣小細工に最もよく表れている。
(そして読者に迷惑かけても一切謝らない慰安婦体質が広告にもあった。事実を記す)

フロク。朝日の心読みの心知らずの医者。何とキモさどうこうとかいう本を引用のえせひ新聞は男卑だけに余念がないのだろう(それこそ独り善がり主観の本音垂れ流しだ、それこそ安心快適ファシズム感を得るのに最も手っ取り早い方法手口だろうが自己矛盾の医者と朝日。反日や非国民と言う言葉は問題と言うくせにきもいは別にいいんだそうだ、和に反する争い誘発用語でもな・・。いじめ否迫害問題は朝日新聞は別に考えないらしいそれどころか女による迫害には加担も同じ。非正義のえせひ新聞)。。ぐうたら夫に見る自然性差を弁護したこともある新聞が自己中矛盾。(因みに俺は爽やか系と女によく言われるが)ああいういかがわしい造語は抽象的な底辺性である男性を理解しない思い上がり狭隘女子がいるのだろう。自分棚上げで優しさがないと言う意味で非国民である。それを本音では肯定するえせひ新聞は非国民新聞。あとネトウヨはネット右翼いなネット右派いなネット保守理想主義者を誹謗印象操作するレッテル語だ論座Webよ、もしかしてバカ?。まあ皇族愚像化ブーム劣化で扇動される経済財閥天皇教よりも社会将軍系の方が国は複雑に混乱戦乱せずにSimple国家調和となれるだろうけどな。
つまり・・朝日新聞さんよ、ご自分らの好きな世界の方が曖昧膨大で遥かに巨大で引きずり込まれには日本よりも遥かに見えにくく危険ではないんですかねえ(どこの馬の胃の口が空いてるかな)。日本は等身大で全うフィヒテ的。世界は部分的で信用が出来ない。逆の思考をつまり全う本来思考の軸をしろ。

追加フロク。朝日新聞広告はまた人間不信を扇動する不自然広告本。何処が救世の書か。見た人は寒々とするだろう。嫌悪を正当化せず根深い戦争を終わらせる精神修養の方策をこそ考えるべきだろうが。科学の限界は知るべき。

ついでのフロク。朝日新聞はまたフジクヅテレビにおもねて方言を利用してのフェミ的日本破壊主義行為。背後に中央=×で地方や(特に沖縄が笑)は絶対○という硬直固定観念パタン思考がある。卑劣な男卑女尊の嫌がらせ行為ですり替えるのは自分に自信がないからだ。心の底から軽蔑せよこういう能無し劣等人種は。
そうである自分に自信がない奴は話を卑劣卑怯にもすり替え(正に慰安婦新聞と世に揶揄されるゆえんだ)、このフジクヅテレビ欄の朝日えせひ女のように上にー上にーと付け上がる非謙虚(この女は相手が弱ってる時にここぞとかばかりに勇んで攻撃する卑怯の驕り高ぶりの非道。非国民の反日人種だ。自己中化鬼畜沖縄だな・・意表観点)。
真の女は日本人のように温かい。権利わめきよりも日本人の国を形成する責任意識がある、これぞ権務の新制。朝日はことあるごとに地方を(特に沖縄を。自己中化鬼畜沖縄を)利用して日本を破壊しつくす戦争行為の算段だろう・・これがえせひ新聞の破壊主義。お前らの企業のよく掲げる大義名分は否定された。ここまで言える野郎はそうそういないだろう。真の日本主義ゆえだ。孫文流には天下統一、未だ成らずか。
朝日新聞は自分らの「大した考えでもない考え」に従わないと迫害弾圧する体質とは有名。それが正義であればまだ様になるが、根本が間違てるからなあ笑。

フロク。要は男卑は徹底的に女卑はゆるく持ち上げ。自己中アエラだ。さあすが破壊主義者の雑誌。アエラの結婚特集は唖然。年収直球問い女と書かずに傲慢か当然かと何と並列させる。まるで理解だ。男子と書いて引きますと丁寧語にする。自己中アエラ臭そのものだ。相談所は自己中女が余っていつまでも結婚できない例が多いのに男子の例だけに自虐させるパタン。自己中雑誌。それこそ人間のクズみたいな。ある相談所の受付も「そうですね。女の人の方が我がままでずっと貪欲ですね」と回答。しかし女の自己中エゴ時代に恋愛扇動産業市場に嫌気がさして男は引いてるのである。根源個人主義思想問題を正さねば根本解決にならない。
あと俺と言う気概の言葉を下僕自虐に使うな。男の例だけ厳しく言わせて女の相談所依存は批判させずにの自己中アエラ臭そのもの。
自己中女妻は仮にも人様を何と用済みだと。取り上げ印象操作のアエラの卑劣。宝だのスペックだのどこまで男性侮辱罪。男性を何だと思ってる。思い上がり。やはり男卑女尊は異様デまともじゃない。男尊女卑こそ全う秩序である。
自己中女は無能ゆえ上にー驕り高ぶり見下すのだ。
金亡者の戦後拝金教。カルト国の段階。上野千鶴子じゃあるまいしコミュニケだのファッションだの具体的なことは男性には関係ない。轟然力さえあればいい。女っと違って男はSimpleIsBestの普遍原理。
産業カネが全て「またカルト教一色の国」は日編国。アエラは人種差別の疑念つまり反日の疑念あり。(そうである男子だけ交際経験を問う、女子はコミュニケート力とやらが男子より多くあるくせにハンデあるくせに別に少なくてもいいと依怙贔屓に置いておく。正に旧態依然の男損女肥アエラだ。自己中矛盾のマンヘイト雑誌)。
消費産業エリア寄生の女に飽きて男は引いてるのである。
市場権力Smith流されは一切問わずに反権力だけわめく左派リベラルは多い。
男女同盟による社会形成なくしていかなる人間行動も非本質非本来である。
結婚は言葉廃止すべき響き悪い近代分裂用語。日本男女同盟と奇平隊で再統一すべき。

フロク。朝日新聞の印象操作。犯罪者でもできるだけ女と書かないように紙面。男はそのままを隣に並べる。せこい小細工。そのくせ広告に半裸の男子。裸は女が似合ってる。執拗に平等化へ無理してる女以外は男女とも女の美しい裸を見たがる。ジェンダー役割破壊風景するな!!。松竹とクヅテレビよ。

追加。ピケテイ資本論の例パタン本は共感できない。利の経済で個人主義の生存戦争。大きさがない。marx的思考の限界にも見える。TheyLiveを彷彿。
しかし帳簿会計国家論。機械国家論が全てと言うのでは視野が狭く文明が壮大がない。机の上に見える。傲慢な国家観である。
        だが資本主義の完全人工の外部的経済、貨幣依存症も怖い(これは反西洋流)。その一部だけで全て見るのは国を暗くする、別の問題が起きる。俺はよくある音楽思考ではなく、といって暗い一色だけの毒メント思考でもない、未来楽思考ではあるが。つまり宗春よりも吉宗と言いたいらしい。原理で言えば、風靡する音楽的になったら国は亡びるのだろう。大河関連でも伺えた鉄則である。

追加は朝日の安保法で民主党によるつまみ食い批判記事。しかし人は所詮はつまみ食い存在である。我々は違うと言うのは知の理性信仰の全能近代無限感覚の驕りだろう。

しかし朝日新聞の折々言葉は稀にいいことを言う。エリオットの引用。正に過ちを正す為に別の過ちを広げてる電車冤罪問題。強硬策すれば結果として他に恐怖政治を生む。俗な頭の信仰は最も危険である。正に保守思想の言う、人間理性はあてにならない。まして狭い思想の下の集団が自己らを過信するな。

追加フロク。土曜の朝日新聞耕論壇は天狗になるなと言ってるが、同じ日の赤beでは歌姫のまあ傲慢な非謙虚態度をまるでいいことのように公然と載せて印象操作。偏ってるな。要は男子だと叩く出る杭打ちするパタンなのだろう。両方全体見れば男には厳しく女にはどうせ叩かない図式パタンが見える。幼稚でおかしい。
しかし耕論。コロコロ変化とは違った軸も必要。それ見ないこそ過去の成功例に囚われてるのではないか。古いと×、西洋化米国化した最近だと○ではそれこそ自画礼賛。自分探しは二の次がいい。










最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。





コメント

万人闘争原理を超え左っ右同盟は西洋流ホッブスと日本流聖徳太子天皇と後醍醐革命流で天下総合統一

2015-06-06 | 国・経世済民・教育を探求する超流日誌
自分は自分。他人は他人。こう具体的に割り切って考えると実は個人主義で視野が貧しく狭くなる。応援クリック願います!!人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
抽象的想像力があれば他人自分一体の痛みを見れる。微かにまだこう考えれる全う日本人は生き残っている。ここでもクリック願います!!教育・学校(その他) ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へにほんブログ村

コンセプトだけで空回りになるかも知れないながら、
全ての闘争的問題を総合的に超えて含む解決法としての投じ。例えればHobbes聖徳太子・後醍醐・龍馬流で言わば。体を張って大がかりに。理想度が高いほどそうできる。
ところで思想家は社会発明家の面あるかも知れない。抽象的発明。ミニSF具体発明は多い近代アニミズムだが。巨大発明はない。ある伝統関連ページで思想が世界を作るとあった。

目下個人主義。前回のような大いなる遠歌がない。遠大なCommon次元が見えないゆえ具体化状態。素朴Simpleだが重要。あるいはそれを見る時間がない。天曜時がない。ゆえに盲目となり、常に本音では万人争う用意の個人ラーと見える。
       例えば自然左右論。鏡を見ると姿はあべこべである。しかし奥行き深く曲げると元通りになるという。これは歴史的時間が教育がない故に闘争する短期視野場面の縮図ではないか。
遠大光を見失い闘争。

で非常に模範的だが。Simpleにその万人闘争状態を超えよう回避するため、個々人を超越の近代国家発明はトマスホッブス以後であるPostHobbes(まあ現状が近代国家にある故に)。
  しかし思想で小難しくはせずあくまでコンセプトをヒントにして同化せずに。近代国民へとジョンロックAdamSmithで徐々に緩くなる印象だが、しかし原点このパラダイムはホッブス近代国家以後。この近代すら生かす方策で。

平和思想の原点か。要は平和希求するなら個々人は「互い」セーブせよ(個人主義を超えて)とこれがない現代闘争言論は下記。本来はセーブは国は一方的ではない誰も万人の共通。ゆえに現代国は、悪名高いホッブス以下にすら退化している一方的抑圧平和と言える・・意表。女権カルト国のような日編国である・・。融和点がない広い融法がない。抽象次元の浸透風靡(性暴力拡散空気etc)が見えない個人完結主義。要するにバカなのだ。それゆえ個々で一方的平和を片方に強いる短絡な分裂病。
      そうである。闘争内紛回避の為に言わば間にもっと大きかった巨大な作り物を織り込ますそれが国家CommonWealthリバイアサンだという通説。
確かにこう慎重に解せば余裕ゆとりができる。わざわざよく通念通説で言われる個々人の権利を放棄して新たに国家に委ねると言わずとも。それでは消極的印象。国家がせこい。人の間に介在させる方がいい。
      この思想家の論は少々きな臭くも見えるので応用善用で。それを軽減は究極は前に触れたエロスだろう。統合の機能らしいし。
ゆえホブス思想を前向きに明るく敷衍発展して、個人間に互いにそういうもっと積極的な境界いな緩衝地帯を創造すれば、一層に前向き。気が重くなくなると思う。国。満州国も緩衝国。東西文明衝突回避の為に新満州国は。さしずめインデアナ国か。
       国家は闘争回避の為の当面の作り物。ホッブスは人工Artとも表現している。国はArt・・。介在媒介。本来の意味のMediaか。あるいは大文字Artの原点なのか。間。なにでもある。具体例で例えば巷に流れる歌は、聞く人に和らげる効果を実は計算と聞いた。治癒は本来の貨幣の意味でもあった。
介在としての人工物Art。緩衝平和。平和Artならよく言われる変革Artよりも役割が重く響く。

日本では。これも日本国原点。そも意外や戦乱状態だった所に聖徳太子天皇の和思想の発明が登場という。超越に距離置けば一神教で戦乱状態を客観できたのだろう。思想原理の問題のようである。現に国際語エスペラント日本論、南北朝以後の戦乱も要は現在未来の両原理の分裂で戦乱へ暴走だったようと見える、Simpleながら現代のようである。相当に根は深いような戦乱原理。権務の新制が必要。国内混乱時代がずっと。
       ここで和か大和の外国版を急遽前後。最も具体的には万人闘争は現代では生存競争戦争だろう・・それを批判。で以下に。来日中のマカートニー氏の歌にLive&LetDie。以下引用。
      これも天界の大和心なのかと思えた。マカートニー氏のグラミー歌を改訳(訳合ってるかどうかは定かでない)。
ずっと幼い頃 皆は口にしてた 共に生きるんだLive&LetLiveと(覚えてるだろみんなきっと)
それが 冷たい世間に晒されて つい口にする・・(タララン)
Live&LetDie!!ダーン!ダーン!死ねばいい!!ダーン!ダーン!(繰り返し)
だから何だってんだ 仕事を得るためにすら 隣仲間を蹴落としてもHell―!!
言ってたよな共に生きるんだと(覚えてるだろみんなきっと) それが世間に打たれるうちに つい口にする・・(タララン)。
      適応の限界。俗論はあてにならぬことの証明。余りに重い歌。直視できるかこれを近代人は。ある意味でイマジンよりも底響きするSimpleさ。天才とは童心の保守であると言う。
007は古い歌ほど深い。trendyな歌も質はいいが思想がない分、落ちている。歌に思想がない。原点忘却の風景。(因みにこの国。思想→自動的に人種差別しろ。笑この体たらくだ)。

再度、上記を敷衍。思うに純心を大和心を忘れれば、互い消極ネガテブな強制化の未来主義による戦乱へ。未来権なければ抑圧された側は怒る先住民となって当然。やはり未来進歩主義が最も混乱を呼んでいる。南北戦乱の再現のようである。
    ゆえ太子以前の戦乱、南北動乱以来の国内戦乱原理は現代にも露骨に見えるな過去の過ち繰り返し、権務の新制は未だ成らずだろう。
(神がいなければ人間権利だけとなる・・神がいれば責務も生じる)。
根源思想を大和心を忘れる日本人ゆえこれの常なる意識を。これこそ必要Common。

平和化としてのArtとしての国家。国家はArt。だが今度のリバイアサン的介在はもっと一神教の超越が必要ではないか目下暴走の文明状況見ても。ならば星か金星か太古理想星か。理想星は一つにすべし。宇宙は地球は一つと節度に思う目線となるゆえ。拡散個人無限近代宇宙の多元化は逆に暴走の面で危うい。Simpleこそ。共通Common。
     以前に「星歌よ永遠なれ」。敵は眼前敵国でなく巨大闇と。見誤るなと。
あるいは介在はやはり身近素朴には人の間か海。歌もその一部か。間に共通項CommonSense広く。
単に多数個人の集団価値観デモクラシーなんかでない常なる意識。理想星。

しかし目下はNewton統一宇宙オーケストラの疲労。
一つで天下統一の状態。しかし余り知られてないが、本来的に自他分裂の敵でなく一体状態が人間根源基本ともいう。いわゆる始原一のOneness思想。プラトンに源流。それは最も具体的には男女一体生物の象徴夢。その有名な絵図はあくまで心持の理想像だろう。そのまま的な具体的ではない。
     こう捉えればネガテブ流されな、敵対闘争本音目線も先ずは遠く相対化される。緩い@の平和国へ。
飛躍。経営者の器の論でも、ダラーとしてると人は警戒させず構えずに親しまれると。器。これ女の方がもっと参考にすべきだろう。β国の一色モードでは周囲も疲れて迷惑である、ここにも戦乱原理が内在している。暗い未来の後ろ向きなネガテブ短絡目線が争い原理を生む。

ここでやはり闘争の中枢機構TeijiVision風景。そも政治思想であるし。
敵味方。敵思想。闘争原理。
     それは結局は政治が頂点だろうな(司馬氏は政治は敵抹殺原理思想と言ったが)。骨系男子にしては余りに模範的で順当だが、つまりお上Teijiで争いが下流へ流れる、回り回って場末の暴力FrontierViolenceへも連動。上流が政治が思想が不純。大和なしで南北動乱化の源流またも。闘争茶番の生産。その闘争は大きく見れば実は左翼が率先していじめ扇動とも言われる。よく見れば。
以下にも手ごろな例は記憶新た。

フロク再度。これは再度言う加筆修正。

木曜フロクは朝日新聞の論壇時評(高橋源一郎はまあ中途半端な理想?主義者とお見受けするが)はちと異様である義憤も覚えるゆえざっと。
それこそ熟議のない速断時評だな左派的あるいは左派の嫌うそれこそやり口(左派が共産党があれだけ理想論でも反感買うのは、日本美風と大和心が理詰めで破壊されるゆえとの直感がある。まして以下の左翼フェミをや)。
いい大人は朝日を見下してると何処かが書いてるが、いつものことだがこの論者は人物は(これどう見ても女だから男女闘争だから興奮して急にスコットランドに釘付けに見えるよなあ笑、どう取り繕っても)女ライタ(ヒトラーより視野短絡狭いと言う意味。これが日本流ユモアじゃ)ライタが書いたら党首となったら「釘づけ」になるらしい左派パタン。冷静にリテラシー見れない「論」者である(男女表記差別者に論壇の資格なし!!)。少女使ったイラク戦争にもコロッとほだされて騙されたのだろう。内容見ても釘づけになるほど斬新とは思えない既視感 (直線進歩史観は旧い時代遅れだそれこそ。このパラドクスこそはそれこそ面白い。それが真の歴史)(しかし女が徒党を組んで、「悪者」の伝統政党をやっつけるハリウッド出来損ない笑のローマ剣闘士的茶番劇に興奮するようでは先が思いやられる西洋レジームである。さすが左っ右同盟の大器のない新聞と書いた以後だ。龍馬の西洋神話も言われてる今、龍馬西洋帝国をも超えねばならないのである)。
さしずめ「男女よ左右よ。争いゆう場合かえー!!真の敵は個人主義自己中エゴ時代の本音垂れ流しの横暴猛威ではないかえー!!」だろう。図らずも止むを得ず奇特同大教授を反論になってしまうが。
戻れば英国左派。それこそ紋切型社会だここにも。特にAngloSaxonは。黙ってればダメってのも表層的な西洋闘争社会観の政治パラダイムであって国家主義以前だ(この女ライタもどうやらフェミ的な過剰主観ありありと言う感じゆえ鵜呑み出来ぬな。とても保育士と思えない野蛮。思慮深い保守家政党と言うことも考えられるし。それこそ大衆ポプリズム的な一面化では思考の硬化となる)(既視感。社会民主主義ではなあ思想的安直となる暴走の危険。何も新しくない。読むと案の定に要はマンヘイトが右ヘイトが伺える呆れる今更に母親神話の錦旗を濫用パタンの女ライタ卑劣印象操作。やはり感情動物と誰でも言う女は駄目だと証明、男性はそこまで一方的けなしをやらない節度の大人政治性。あれ読んでると、よくあるああいう高度な?「頭」の議論云々はどっかへ飛んで行っていかにも異常扇動過剰主観ありあり左翼パタンの印象だけが残った、これが理想論とやらをわめきまくる左翼派かと改めて思ったのだった、やはり左は残念ながら印象悪くなったとだけ言っておく。まあこの派閥はざっと見ても敵視と罵倒の私の闘争は得意中の得意つまりしかし倫理道義能力はない。日本保守層が左翼を自分ら絶対善臭の鼻に付く等の道義上の理由であれだけ罵倒に嫌うのも分かる、これは殆ど生理的な嫌悪に近いのだろう。あれじゃそれだけ忌み嫌われる訳だ(現にさ皆さんよこの女ライタ。-を付けないのはヒトラーよりも遥かに視野が短い短絡動物と言う意味であるユモア。仮にも「敵」の党首、国民の代表に対して失禁だやーいみたいな、まあ上野ちつ子的な侮辱罪誹謗中傷罪ヒョーゲンのジユー(確かブレデイみかことかいう何と保育士ライター)。。この保育士は男児への愛情がないのだろうな恐らく、あるいは女子が失禁しやすいゆえに男子に嫉妬か?。で岡倉天心の言う歴史推移変遷流には、ここまで軍人ならぬ文人オバハンが暴走すれば国民侮辱罪じゃね?。思いません?皆さん。このNet時代、左翼の横暴への義憤的反感は根付きつつあるととっくに確認している。左翼マスゴミ大本営は黄昏のようである皆醒めてる。それこそいい大人は朝日を見限ってるとあった通りだなこれも)。戻りこういうやれやれと囃し立て女ライタは典型の棚上げ批評女で公害だろう)。次の新しい時代はそういう表層的であってはならない。それこそ左派の嫌いなヒトラー以後のTVパフォー表層コンテストがJFKでばら撒かれた例あった以後の世界の胃の中である、左翼戦法の印象操作もその中だろうと容易に想像できる(この英国政治「茶番劇」は余りに不自然な政治現象であると勘のいい人は見るだろう)。HitlerJFKテレビクラシ-のパラダイムが現代である(ホラよく知られる有名な図式。ケネデイは見栄えが良くてニクソンはダサかったと言う典型場面。ましてこの手の政治劇の例をや・・笑)。。その表層的な安具路策村の民主主義パラダイムを超えるのが、龍馬を応用の大民主主義の雄大伸びである。この新中世平和(左翼闘争主義は本当は平和を嫌う。口先とは別らしい。騙されるな。知られてるけどなもう)への価値観転換は困難ではあるがテコ転せんとやは1%流である。

これも正にお上での、大勢によるいじめ的闘争の扇動である。便乗ライタも含め。
「これはロックだー」と粉飾修飾しようと政治での闘争がお上の根源基軸の出発点動力学になっている。日本でもある政治家がボクシングとあっさり単純化。何と独り善がりな一部よがりな本音か。
      闘争原理が国の模範となっているとも言える。Hobbesや太子天皇以前の闘争状態が範となっている。あるいは批判原理。反教育である。
     こうなるとそれこそ英国ホッブス流には龍馬流に、左っ右同盟で闘争原理を大超越。これならずっと相応しい超えた模範となる。龍馬も薩長国内戦を回避の為だった。短絡戦乱は弊害だらけとなるゆえ。幕末的な挙国一致。

左っ右同盟を引用。
よって皮肉って社会風刺で「左右の器」を問う。あっちの世界を提示した大御所俳優は日本は合の国と認定されたようであると。Hegelの問いが一層重い。
       で、龍馬なら反米の為の左っ右同盟を言うだろな(大河龍馬伝では西郷がなんじゃっち?と呆れていた。龍馬は元祖突拍男子だったか)。即ちアメリカ幕府に否Americanize(エゴイズム個人主義の自己中化や画一市場社会フェミズム扇動や格差自由やHollywooo奴隷の卑劣暴力扇動思想や無限思想等々)による、あるいは大西洋(StarWarsファルコン流「Columbs船団の恐怖した暗黒海はまだ生きている!!」。ペリーも日本に悪いと思っての西洋開国)、あるいは新約Satan(地震災害交通事故や冤罪罠etc)による日本崩壊破壊に対抗する為に・・日本再生(朝生で監督が「昔は災害が起きたらこれは天罰じゃないかという世界観があったんだよ!!」。ということは。「あれは陰謀だ!」。「いや絶対に陰謀じゃない!」。「いえ両論陣が問題と思いますね」とHegel流、じゃ「陰謀か!?」。世界の解釈である)。大河篤姫で「双方の言い分を聞いてこそと言う」と。左っ右同盟の根拠でもある。
       そう反米左右同盟・・は「米幕府に、Americanize自己中化フェミズム一元化画一市場主義de日本滅ぼしに、大西洋暗黒海の呑みこみに、Satan宇宙機械世界化に対抗するために、いっそ左っ右同盟なんてどうすか?・・」。なんじゃっち?。冗談でしょ?(この冗談はどっちへの問いなんだ)。つーか・・?。

旗がふざけてるようなので出だしは、そうこのノリであった。
      しかし左右は戦後体制の嵌め型としてあるとも言われる。左はこう右はこうと決定されてる体制。全然に不自由主義らしい。
冒頭の左右の鏡的な争いを超える。敵的な分裂短絡な日本解体破壊現象を、非歴史的思想の西洋中国化レジーム風靡を倒す超える、左っ右同盟。
表層の一面パラダイムを倒す超える。今度のリバイアサンはもっと超越次元。理想の存在のない現実平面化の座標を超える。御一新教。
   個の闘争原理状態、再度ある意味でホッブス的なArtが大ホッブスが大聖徳太子天皇が大後醍醐革命が必要である。それは歌、海、間、大理想、果ては大海ドラマ・・何でもそうなれる。Art的工作と工夫。大Art工作の必要。これが、そのまんま的な自分は自分他人は他人の分裂弊害を回避する。
超越的な大理想の創造で大がかりに含んでこそ、次なる天下統一太平の可能性である。

フロク集。

追加は木曜の朝日論壇の若者論。左翼化と巧妙に印象操作がある(左翼化の方向はいいがとは実に巧妙。方向がいいなら末端もいいだろう。俳句思考流で言えば。いい所取りは卑怯である)。左翼の理想主義自体はいいと言われる、×と抹殺は問題である。。寧ろ戦後の左翼的な唯物論化こそ最大の害毒だろう(あるいはそれ言うならそも左翼なるものは、「自分らの人間理性の座った側が絶対に正しいから相手を敵を抹殺する(そこに書いてるようなお互い妥協調和などはしない)」。そういう「正しい」目的の為には暴力辞さずの手段蔑視冷遇主義だろうが。この朝日新聞は卑劣に巧妙にすり替えてる。騙されるな皆)。。これが真の積極的平和主義を真保守には見える理想主義を掻き消してるのである。この唯物論思想が暴力扇動を生んでいる。体罰が必要と言うならまだ分かるが、万人闘争状態は絶対に回避すべきである。
日常の中にまで遠大なる大理想を(八紘一宇も含めて)混ぜるは日本流俳句の21世紀の新秩序だろう。ここまでしないから根源的平和が掻き消され到来しないのだ。摩擦しないスムーズ円滑は進化した人類智慧であり貨想経済の萌芽とも見える。

追加。ピケテイ資本論の例パタン本は共感できない。利の経済で個人主義の生存戦争。大きさがない。marx的思考の限界にも見える。TheyLiveを彷彿。しかし帳簿会計国家論。機械国家論が全てと言うのでは視野が狭く文明が壮大がない。机の上に見える。傲慢な国家観である。

追加は朝日の安保法で民主党によるつまみ食い批判記事。しかし人は所詮はつまみ食い存在である。我々は違うと言うのは知の理性信仰の全能近代無限感覚の驕りだろう。

追加。火曜朝日新聞に半藤氏の吉田松陰の膨張主義批判。しかし真相は単に膨張主義でなく、あまりの西洋殖民帝国の横暴に何とかせねばこういう徳のない非道の世界にしたらいかん、皆でアジア諸国を義の旗で守らねばとの動機だったようである。少なくとも単なる侵略思想ではなかったようである大義があった。もし大日本帝国が完成していたら戦後のロシア共産の米の横暴等も阻止できたろうとの観点もあり。通念常識疑うが思考の基本。

フロク。朝日新聞はまた脳科学とやらで脳信仰で男性を嫉妬深いと自虐卑劣印象操作パタン(脳科学を出したら黙ると思いこむ唖然の痛さ)。。じゃ異角度で。寧ろ♂というのは常にIDを脅かされる存在だから生きるのにもエネルギー使う程大変な脆い存在と言われるゆえに配慮が必要(それこそどっちが優越とかじゃない、俗念では解決ならない、やむを得ない性差だろう。男性への理解がないフェミ的パタンである。その程度の自虐新聞)。配慮することでどんな男性も夢風特攻隊に大化けするのである。それこそ配慮が肝要。それが狩人秩序的な平和へと繋がる。(要は女の嫉妬よりも男のそれを強調する為の改造的言論のえせひパタン。女混ぜろと流行り議論に科学利用して落ち着かせパタン言ってるが根本を、混ざると風紀になるし、言う人は言うように女が上に立つと男は白ける。何より男女のジェンダー戦争と言う大罪が出て来る。これは日本美風を壊す破壊主義となる。朝日えせひの黄昏だ。多くが流されてるが根本原則の認識は重要。希望は論外!。外からでこそこの時代を客観できる)。
(そも男底辺から役割をmarxみたいに奪ってしまったら国が白ける弱体化かつ犯罪の遠因になる、女は遠慮すべきであろう。やはり伝統的な尊い役割それぞれ復活こそこれから必要どう考えても頭いい人は悟るだろう、どれだけそれこそバカな大衆b層が俗論に流されていようと総合的に超越。頭を超えて心でもな。頭一色だと却ってバカになる)。
それ見えぬ朝日記者と脳科学記者の流行ありきたり言論こそバカである。ネイチャー含めて専門場科学議論に左右される情けない人間にだけはなりたくない。しかし確かに愛読者からもヘタレ新聞と言われてるだけのことある。
そう「男もバカですよねー」と必死に気を使う情けなさ。えせひ新聞は女がフェミラーが支配してるらしい。情けない自虐新聞だ。
こういう時さ、「ケイザイ的に成功$ucce$$している女ラーは」その自分の性のそれこそナチ的優越を露骨に自慢するけどな笑。確認もした。こういう女ラは非国民の証拠。まあ朝日男子の自虐と逆だな。
これ見る限りでは逆に男子が優越の逆説とも言える。

追加フロクは月曜赤旗。最年少議員。パッと見開きで恰も議員が(あの共産党がまさかとは思ったけどさ)男性のように見える紙面写真操作。要は下位の「役割」を男性にさせたいのだろう。これもまたユダヤ本家家父長伝統への反のアンチテーゼ左翼パタンだな。これもジェンダー戦争だ。戦争・・。あるブログでもこの平和は、何か特殊エリアを抑え付けた抑圧平和に過ぎないと。ゆえ戦後平和万歳絶対死守では何も見えないのだ。

フロク。アエラでバブル幻想。先週は相手潤いでどうとか説教して置いてバブル女子ヨイショの自己中矛盾。やはりアエラはそれこそ潤いがない。バブル女子が強いとか言ってるが、弱いから高飛車なのであるとは多く良識ある日本人が思うだろう。驕れるエゴ時代は反日的である。強い人間は謙虚でゆったりのんびりしてる。上にー上にーの高飛車人間は逆に伸びないパラドクス。小さな個人的な理想は大抵はリゾウ利増となっている。

でついでのフロク。
ついでのフロク。朝日新聞は卑劣卑怯極み。また往生際悪いしつこい専門バカ慰安婦論で一見「普通?」に議論しておいて、そのくせ唖然、隣にジャニの何と女装ジェンダー破壊CMそれこそ性的奴隷の質問記事を載せる卑劣卑怯印象操作ほとんどセクハラスメントだ。もはや新聞の体でない末期症状の慰安婦一面的の絶対主義新聞。人間のクズ集団。あれこそ意志に反しての性奴隷扱いCMだろが、それを肯定の唖然の自己中矛盾。思いません?皆さんこのおかしな新聞空気風潮の野放し居直り義務放棄。えせひ新聞はいまさら過去ごときの慰安婦論などよく言えたものだ。男女全うな性であればキリシタン的悪ではない日本東洋伝統流にも善である。更に人類本流は片手落ちいびつ偏りせずに、全体の社会安定と合理不合理の深慮=Liberalバランスの為に性を善処活用するものだ。それがそれこそ大胆に奉仕型経済転換の契機な本来的な大らか人類社会である(奥底では誰もの直感いわれなくても。)(機械化を信仰した近代禁欲フェミだけが躍起に否定する)。
再度だ大民主主義の必要・・西洋レジームの限界破綻。安直判断の人間錯誤フェミズム絶対主義の国連表層思想は黄昏の西洋レジームパラダイム延長に過ぎない、自分ら絶対善の慢心驕り高ぶりのバカ。いずれ片手落ちの過ちと罪を悟るだろう。単眼バカでなければな。

ついでのフロク。朝日新聞広告にも自己中化の例は美術口実(まだ載せるかこの広告。正に性奴隷だなこれは歴史上もそうだろう)。外国広告そのままらしいが、女像は隠す絵で男像はそのまんま。この図式はいかにも自己中の最も分かり易い例だろう。自分は負担せずに男性像にだけ負担させる図式にわざわざする卑劣工作の西洋レジーム(こういう空気も何となくある。自己中の戦後非本国)。。これも西洋筆頭の男損女肥の典型図式例である。根強い男損伝統である。

更に・・。
でついでのフロク。火曜中国の弾圧?記事。
金順姫「の」男子トイレ痴漢行為賛美のくせに痴漢を批判する笑止千万の棚上げ女ラー。唖然。新聞の体なさず。戦前は軍事戦争で戦後はジェンダー戦争扇動。自己中人女記者に苦情一喝鉄槌!!
ついでのフロク。火曜の朝日えせひ新聞は唖然の金順姫の正に自己中国記事。小難しい能書き誤魔化しトピックは置いておいて何と痴漢批判運動しておいて男子トイレに入る運動という公然痴漢行為はユニークと持ち上げるきちがい頭おかしい女記者。痴漢批判して痴漢行為を公然とする女運動員、上記の何をかいわんや(きちがい女記者ときちがい新聞を日本から叩き出せ!!)。お前がこの女が痴漢である以上は痴漢を批判する資格はない!!。下記の徳性令を参照だ。
そう何をかいわんや。まだ他にあったか中国記事の金順姫に唖然。男子トイレ入るのはそれこそ痴漢行為だ(だからマークされて逮捕されたのだろういい気味だ。痴漢云々以前にこういう迷惑行為扇動罪をする女ラーはどんどん逮捕して欲しい所だ。思いません?皆さん)(理由があったらいいのか?それもおかしいそれこそ朝日流に言えば)(何て?その手のよくある小難しい話の中ではそう言う話は取るに足らないだしかも男性だから?。唖然性差別人種差別。さすがは俳句思考を知らずの自己中国人の左翼暴力革命思想。そういう細かな次元への複眼同時にの配慮ない暴力思想が治安秩序を乱すのだ。そう言う暴力革命思想だから逮捕されたと見える。あるいはそうだなトイレ話など取るに足らないな確かに。じゃあそれなら初めから問題にするな笑。男子トイレに入るなこの痴漢!!)(そうである。チョロっとそういうセクハラネタを混ぜる悪質。人間のクズみたいな金順姫。そう言う記者倫理感もない記事は更に鵜呑みに出来ない。何か他に悪さしてるだろうし) (戦前は軍事戦争、戦後はジェンダー戦争。朝日えせひは一貫して戦争新聞である正しく)。
何?悪い事やったもん勝ち?皆で渡る赤信号?さすがは騒乱混乱の和乱しの中国人。
(痴漢だろうと仮にも男性にお前って呼ぶんじゃねえ!!。思い上がりGoman!!)。公益だ?私的な自己中矛盾は人類の敵!!。orそうやって冤罪でも増やす下心か?。

じゃ買い言葉で徳性令の提言。そう言う痴話ごとは目くじらカッカせずに考えてみれば自然本能現象ゆえ犯罪とは酷だし冤罪の恐れもある故にすべてチャラ放免にすべしこと(近代機械人化せずに人間記憶ある人はこの超理想論が分かる)。そも誰であろうと隣人に怒りぶつけるよりも、満員混雑に大理想論で怒れよ根本解決こそと言う人は言う(女でも)。まあ中国化した女は、すぐ隣の男のせいにする具体動物のバカ劣等動物らしい、フェミ見ても公然。この運動員みたいに女だけしか見ないからだ全体バランスがない反日なのである。さすがイルミナテイ慰安婦新聞の不正義だ。(戦前は軍事戦争、戦後はジェンダー戦争。朝日えせひは一貫して戦争新聞である確かに。正しく)。
そうまだ他にまだあったのか。自己中国記事の金順姫と同じように赤い運動員に唖然。

つまり卑怯が最も自己中的つまり反日姿勢。慰安婦論筆頭にそれが下位へ暴走の波及公害。
慰安婦近辺の卑劣と自己中人化が証明された。

追加は木曜朝日社説。男女とも酷い目に遭った人は多い。女だから特権的にするでは片手落ちだし性差別で研究偏重偏見。女女女と専門化部分化するから全体判断が歪み狂う。この部分的な事だけでこれだけ騒ぐ時点で多くの他の人々に失礼である(朝日新聞は未だにその異常を反省してないんだろう。誤報云々以上に朝日の罪はそのセンセーションでもある)。この派閥は全体が見えてない。専門的な圧力団体の趣である。
抑制的とは不自然な表現。抑圧な消極平和主義の正当化の為だろう。西洋レジーム自体が節度がない原理である(あるいは抑制があればそれこそ日本限定にだけ針小棒大過剰要求しないだろう。抑制に見せての文言パタンは常套手段)。抑制よりも節度の日本文明に回帰せよ。
追加は金曜朝日Opinion。慰安婦だ女権利だとなるともろ手で多人数になる世界同時ファシズム的な異様それこそ。ユダヤジェノサイドと関係ない別問題。論理的に考えよ。言うなら男女共にそれこそ意志に反して作用する戦争強制構造の全体問題である。現代歴史観はMarx工作的な歴史観で冒涜。進歩史観の一面化暴走は危険である。
あと男性こそ兵士こそ性奴隷だと思いますと言う声も多い。片手落ち絶対主義を超えて相対的に複眼的に見るべきである。あるいは学者は視野狭い村の集団か。
こういう、意見が異なるだけではない複眼柔軟相対視野を聞けない、「絶対絶対」連呼の絶対主義者の集団大衆だと言うことは、フェミの巣窟の学者や国連や朝日新聞時代の終わりの証明となる。幕末大河流には大義は我らにある。
それこそ歴史を見ても実は素人こそが時代を切り開き創造して来たと言うしな。専門家の部分的な寄せ集めなど屁でもねえ。1%で99%をテコ転せよ。

しかしフロクは水曜また朝日新聞試写室は女の天皇だと○とコロッと態度変えて勇んで取り上げるパタン笑。反天皇のmarx新聞じゃなかったけか。現代に利する下心あると取り上げる訳だ。持統神話も例によってあてならんだろう。対外関係はかなり前からだな(日本自体が対外的な命名の面もある)、文面は卑怯な印象操作である(朝日的派閥のメリットの為と考えられる。外国に左右され過ぎで軸がない歴史が久しい現代にて)。更にこれも何らか別の意図ありだろう。

追加フロク。土曜の朝日新聞耕論壇は天狗になるなと言ってるが、同じ日の赤beでは歌姫のまあ傲慢な非謙虚態度をまるでいいことのように公然と載せて印象操作。偏ってるな。要は男子だと叩く出る杭打ちするパタンなのだろう。両方全体見れば男には厳しく女にはどうせ叩かない図式パタンが見える。幼稚でおかしい。
しかし耕論。コロコロ変化とは違った軸も必要。それ見ないこそ過去の成功例に囚われてるのではないか。古いと×、西洋化米国化した最近だと○ではそれこそ自画礼賛。自分探しは二の次がいい。

追加は朝日新聞be。be含めて朝日が耳痛い話程度で止めるならまだいいけどな笑。嫌がらせもするからなこいつら。身を乗り出して聞く気がしないのはこの記事が狭いからか。何か流行りの偏らせ意図を見るからだろう。浄化の箇所は勇気。武士はそうあるべき理想星。無私の日本人と言う言葉は別語の方がいい。「超私」か「超個」の日本人にするとか。伝統語が全てじゃない。












最後まで読んで頂きありがとうございます。応援クリック感謝します。

コメント