分かったよーなこと、言ったって~!!

中途半端な知識で適当ぶっこく無法地帯へようこそ( ^-^)ノ

ニコマス過去の名作紹介(32)

2013-05-30 01:32:13 | アイマス・ニコマス
 はい、今日はニコマスのお話です。(・・)

 またシリーズ物になるんですが、本日、二つ御紹介させて頂きましょう。


 ま、どっちも有名どころなんですけどねっ!!(;^-^)




ハリアーP 【ノベマス】響き渡る声・第1話【1/8】


ハリアーP 【ノベマス】響き渡る声・第2話【2/8】


ハリアーP 【ノベマス】響き渡る声・第3話【3/8】


ハリアーP 【ノベマス】響き渡る声・第4話【4/8】


ハリアーP 【ノベマス】響き渡る声・第5話【5/8】


ハリアーP 【ノベマス】響き渡る声・第6話【6/8】


ハリアーP 【ノベマス】響き渡る声・第7話【7/8】


ハリアーP 【ノベマス】響き渡る声・最終話【8/8】


ハリアーP 【ノベマス】響き渡る裏話【おまけ】


ハリアーP 【後日談】響き渡る声【前編】


ハリアーP 【後日談】響き渡る声【後編】



 はい、お馴染みハリアーPのシリーズなんですけれどもね。実は私、最近になってようやく観ることが出来たんですよ。
 もうね、こうやって「いつかは観る」と思っているシリーズがいくつもありまして、時間と気持ちに余裕が出来たらひとつ消化する、という感じでございます^^;

 前々から大変評判が良いのは存じておりましたし、ハリアー動画では視聴者コメントにその名前が出てくることも多いですよね。
 しかし、私、やっと通して観ることが出来て、最初に思ったのは「意外だな」ということでした。

 私の想像ではもっと、インパクトの強いシリーズかと思ってたんですよね。アクがありそうと申しますか。
 ところが当シリーズ、ただただ、味のあるお話だったと思います。過激な動画や猛烈に泣かせる動画に慣れたニコマス視聴者が、よくこのシリーズをしっかり支持してくれたものだなぁ、と。そこで改めて、ニコマス視聴者のレベルに敬服したものでございます。


 このお話には、至る所に伏線が敷き詰められております。もう、足の踏み場もない程ありますよね。非常に有機的なプロットとも言えます。
 ところが、これは後で驚かせるために置かれている感じがしません。話を書く人からすれば「ああ、これはそのうちこうなるな」と、ある程度予測が立つんですよね。隠された伏線と言うよりも、手を伸ばせば届く場所に置かれた伏線とも呼べます。視聴者は、その伸ばせば手に取れる伏線に、あえて手を伸ばさずにテキストを読み進めます。そして回収する時になって、うん、これだったよね、と初めて手を伸ばして頷く。そういった楽しみ方が出来る妙作だと思います。

 また、今作を観ることで、他のほとんどのハリアー動画を”より”楽しむことが出来るというのが面白い。初期ハリアー動画から順番にリアルタイムで観てみえる方々には「なにを、今更」と思われるかもしれませんが、これは…………むしろ、後から戻って初見の方が面白いと言いますか、ちょっとしたサプライズ感がたまらないですねw


⇒ 響き渡る声 マイリスト






 さ、ではもうひとつのシリーズを。



若燕P 俺は真美と結婚したい  第1話


若燕P 俺は真美と結婚したい  第2話


若燕P 俺は真美と結婚したい  第3話


若燕P 俺は真美と結婚したい  第4話


若燕P 俺は真美と結婚したい  第5話


若燕P 俺は真美と結婚したい  第6話


若燕P 俺は真美と結婚したい  最終話



 はい、こちらも皆さんにお馴染みであろう、若燕Pのシリーズです。
 アイドルマスターDSのお話が多い若燕Pには珍しい、765プロのストーリーですね。

 実は私、シリーズの規模(話数)やら、そのPの意外な作風やらといった点で、今日貼っております両シリーズは似ているな、と思っているんですよ。
 このシリーズは、若燕Pの個性とも言える”胃薬動画”でもないですし、若燕Pのまた得意である”お砂糖動画”でもありません。ラブはありますけれど、どこかほろ苦い。若燕Pらしいギャグもふんだんに込められていますが、でもいろいろと考えさせられる。清々しいほどバカらしい設定で進むストーリーで、最後にガチ泣きさせられてしまう。う~ん、さすが上手いなぁと感心してしまいますね。

 特に最終話、目の前の進行から様々な背景を悟らせる手法は、全くお見事と言わざるを得ません。この、隠すことと、明かすことのバランスって本当に難しくて、デリケートなさじ加減が必要なんですよね。違和感なく見せる力量に感服です。





 まさに扉が開け放たれる瞬間、戦慄すら覚えます。


 シリーズ専用のマイリストはありませんが、このシリーズを含むものをリンクとして貼っておきます。


⇒ Novelsm@ster関連2(若燕P)





 本日ご紹介させて頂いたものは、両方とも『多作家で』『名の売れた』『作風の広い』プロデューサーのシリーズですが、さらに『いつもとちょっと違う』感覚がありますよね。

 結構、売れっ子ながら『普段よりちょっと力を入れちゃった』シリーズなのかもしれないなぁ、『前々からやりたいと温めていたものをようやくカタチにされた』のかもしれないなぁ、なんて私は勝手に思っておりますw




 最近、ノベ系ばかりですね。PV系はご無沙汰すぎるので、そのうちちょっとストックを漁ってみましょうか。



 本日はここまでっ(^-^)ノ




日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニコマス過去の名作紹介(31)

2013-05-16 20:02:15 | アイマス・ニコマス
 はいっ!!(^-^;)

 今日は久し振りにまた、ニコニコ動画内のアイドルマスター動画、いわゆるニコマスのご紹介です。


 また、ひとつのシリーズ物だけを掲載するカタチになりますが、実はですね、この記事シリーズを『過去の名作』と書いている割りには、まだまだ皆さんのご記憶に新しいものが続いていたのを、ちょっと気にしてるんですよ。

 というわけでですね、今回こそほんっとに懐かしい動画を貼ってこうと思います!( ^-^)っ





ぴよすきP 吾輩は猫である。 翡翠の娘と薔薇の姫【ノベマス】



ぴよすきP 吾輩は猫である。 己が道を進む二人の姉妹【ノベマス】



ぴよすきP 吾輩は猫である。 支える男は静かに光る






 ま、ネタバレする前に動画自体を貼っといた方が安心っていうね!!(^-^;)


 私の初期作品内(一作目、二作目、二作目のリメイク)で触れましたが、実は私が動画を投稿しようって動き始めた頃に添削をして頂いた師匠とも言えるぴよすきPの懐かしいシリーズです。


 ⇒ 吾輩は猫である。 マイリスト



 まぁ、この方は初期作品から『意外な視点』を提供されることが多かったのですが、ついに人間からも離れたか! という驚きと共に、
「ノベマスって、ここまで粋に作れるものなのか(^-^;)」
と唸らされる独特の文体にまたビックリ。一粒で二度おいしいってノリですねぇ。







 動画タイトルから想像されますように、やはり『例のアレ』なわけですよ。

 軽妙な音楽に乗せて、小粋な言い回しで猫の視点を表現します。





 まさに猫事情の本音トーク(?)。

 人間は猫を可愛がる。可愛がってはくれるのだが、真に吾輩を憂いてくれる者ばかりではござらぬ、とな?





 これは、縫いぐるみを抱く伊織に対して辛辣(しんらつ)です。

 猫としての矜持は、人間が想像するより高いのかもしれません。





 それにしても学のある猫でしてね。(^-^;)

 童話などで高齢な動物はこんな感じで描写されますが、人語を解するこの猫も、結構おじいちゃんなのかもしれませんね?





 おまけにパソコンで文字まで打てます。そもそもキーに書かれた字を読めるってのが凄いんですが。

 羅馬字(ローマ字:中国語でもこう書く)まで理解するとなれば、こりゃもう、海を渡れますな!!(;^-^)





 海千山千な猫は、男女の仲まで取り持ってしまう、と。

 小鳥さんとプロデューサーを結び付けたわけですが、これは、ぴよすきPのデビュー作( ぴよすけとプロデューサー )や、初シリーズ( 小鳥をプロデュース。 )に通ずるものがありますね。


 つまり、この『吾輩』とは、ぴよすきP自身のことだったのかもしれない。

 そして――――――





 ……という締めが、最後の最後に出てきましたけれど、もしかしたら
「複数シリーズを同時進行させて疲れた、リフレッシュが必要だ、娘ら(アイドルたちや、視聴者)に起こされるまで定位置に戻って眠りにつく(一視聴者として休養する)」
 ……………………ということなのかもしれない!?(;^-^)



 つまり、起こせば動画は出すよ、とか。



 ってわけで、この前、二年近く振りに新作来てましたね。




ぴよすきP 愛してる【ノベマス短編】



 アイドルの立ち絵が登場しない動画は、ぴよすきPの”ノベマス”として初だと思いますが…………さて、定位置からまた戻ってきてくれたのでしょうかねぇ~?






 本日はここまでっ (^-^)ノ




日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニコマス過去の名作紹介(30)

2013-03-22 23:58:14 | アイマス・ニコマス
だいぶ御無沙汰してましたニコマス動画のコーナーですが。(;^-^)



 過去の名作、と銘打っている割りには新しすぎる、最近のシリーズにスポットを当ててみましょう。

 また今回も、ひとつの特定シリーズのみのご紹介です。




動画化:武蔵野P 脚本:ばんなそかなP
【Novelsm@ster】チハと千早 第1話 プロローグ




動画化:武蔵野P 脚本:ばんなそかなP
【Novelsm@ster】チハと千早 第2話 ライブ




動画化:武蔵野P 脚本:ばんなそかなP イラスト:百合根P
【Novelsm@ster】チハと千早 第3話 休日




動画化:武蔵野P 脚本:ばんなそかなP イラスト:百合根P
【Novelsm@ster】チハと千早 最終話 ココロ






 2012年10月05日から2013年02月25日までの全4回。

 残念ながら、私はリアルタイムで観ることが出来ませんでした。


 では、どうしてこちらの作品に巡り逢えたかと申しますと、元となる脚本がPixivに投稿されたからでした。



ばんなそかな
チハと千早【原案プロット】



 私、このシナリオに深く感銘を受けましてね、その後にやっと動画の方を拝見できたのです。

 動画化に際して、三人称プロット(第三者視点)から一人称(主人公視点)に変更されていたり、元に無い台詞を追加されたり、チハの様子を忠実に映像表現するなどいろいろと練られていますが、私が最も驚いたのはフェードのセンス良さと、キャラクター群の心情表現でした。微妙なところで微妙な感情の動きをつぶさに表現されています。



 他のPの作品ですが、こちらを思い出しました。



おしるP 【Novelsm@ster】ノベマス製作メモ



 6:42の言葉が印象的でした。

 曰く、「立ち絵選びはアイドルへの演技指導に等しいと思います」だそうで、全く同感でございます。













 こういった『感情の動き』が、先程のシリーズでは細かく描写されていると思うのですよ。

 いえ、今の例は立ち絵の選択についてのお話でしたが、シリーズは絵の選択だけでなく、微妙な切り替わり、またそのタイミング、動かし方、フェードのしかたまで、これは紙芝居や劇なんかではなく、実際にまさに今、起きている出来事なんですよ、という臨場感があります。細かいところまで生々しいんですよね。

 そして百合根Pの一枚絵…………”千早好き”らしい挿絵ですよね。なんと言いますか、千早のクールな仮面が、某かの込み上げる感情で弾けてしまって、弱さが露見した時の描写がお得意のような印象です。




 シナリオに関しては――――――













こっからネタバレするよ!!(^-^;)


先に脚本なり動画なりみてね!!













本当にネタバレするよ!!!(;^-^)











 あくまでも、私個人の解釈なのですが。

 このシリーズで『チハ』は、ひとつの象徴なのではないかと思います。


――――プロデューサーの言いたいこと、よく解りません。


――――私にはそんな感情ありませんけれど。


――――カワイイ…………、ですか?


――――私は、歌を歌いたいんです。他に興味ありません。


 頑なに周りとの交流を拒んだ過去の千早(アイマス1)、これがまずアンドロイド、即ち『チハ』の兄弟(姉妹)なのではないか。

 感情、ココロを持たないアンドロイド。千早は過去にそうあろうとした。何故か。愛する弟を突然失った時、それらを一緒に墓へしまいこんだつもりだったから。


 アイマス1衣装を纏う『チハ』は、その『私』のはずなのに、何故かココロを持とうと試みる。

 しかし、「楽しいと定義付けられた信号の発生は確認できません」「私の中に、ココロという機能が確認できないのです」と言い放つ。


 目は口ほどに物を言う。アンドロイドのセンサーは物言わずとも、ディスプレイは時に緑のまま、また時には意味深な赤となり明滅する。

 本人が表現を自覚出来ないだけで、慣れれば周囲はココロの動きを見出せるし、千早自身も”なんとなく”察知してしまう。


 フェイクスキンを外せば、同型機と変わらぬアンドロイド。歌を歌うマシーン。

 ディスプレイの表現はエラーの証。私に感情(ココロ)など見当たらない。


――――千早、ココロとはなんなのでしょうか? 

――――短い間でしたが、あなたと出会えたことは、”嬉しかった”。


 チハは、過去の『私』同様、矛盾に気付かない。

 現在の『私』(アイマス2)は、それに気付いてしまった。


 そして”再び”、分身を失う。エラー。エラー。エラー。

 如月重工は修復不能を告げ、事務所に多くの涙が流れる。


 ”チハと最後の言葉を交わした時”には顔をぐしゃぐしゃにしたが、

 ”こうなる予感があったから”、”私はもう泣かなかった”。


 最後の言葉を交わせなかった弟の時と違い、今回はココロの準備が与えられた。

 チハは最後の会話で、どんな愛情表現を花に込めたのだろうか?


――――フェイクスキンを取っても、千早は識別可能です。

 仮面に隠された、千早のココロが”嬉しかった”。

 そう言いたかったのではないか、と思えてくるのです。



 

 もっと、もっと歌が上手く歌えるようになりたい。

 そう望む千早が、『あまり感情をのせない歌い方』から脱皮しようとするチハに触れる。


――――がんばったね、チハ。

 『私』も頑張ろう。歌に感情(ココロ)をのせよう。

 仮面を外した千早が、これを機に成長してゆく……………………なぁんて。




 いろいろな可能性を考えさせられる、深い作品だと思います。


 皆さんの解釈は、いかがでしたか?






日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボン太くんPの画像改変講座がスゴい!?

2013-01-26 18:55:32 | アイマス・ニコマス
 今日は一応アイマスカテゴリで記事書きますが、画像改変・コラに関しては別にアイマス以外に流用できるお話です。



ボン太くんP 夕海岸雪歩






 こんな画像を作ってみよう、という実例が、ニコニコ動画のブロマガに掲載されました。

 ニコニコ動画のアカウントをお持ちでないと、リンク先見れなかったりしますかね?



ボン太くんPブロマガ
改変静画を作ってみる【G4U】



 この方は映像加工のエキスパートでいらっしゃいますからね、普段どんな風に加工してみえるのか、ずっと興味があったんですよ。

 いろんな方が講座っぽい動画を出されて唸らされましたが、こうやってブロマガでそれをやろうというのも、新しい流れになるのかもしれませんね。





 さー、これでまた多くのニコマスPが進歩しちゃって、敷居が上がっちゃうのかなー(;^-^)





日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニコマス『つい広告入れちゃった!?』系(4)

2013-01-22 22:08:09 | アイマス・ニコマス
 今日はニコマス(ニコニコ動画のアイドルマスターカテゴリ)のお話ですよっ。

 いえ、いろんな意味でですね、私がちょっとお話したい要素の詰まっている動画が投稿されまして、つい、広告を付けてしまいました。



 まずは、動画を。

 20分強ありますんで、敷居を感じられた方は、私のお話をお読みになられてから気が変わったらクリックしてみて下さい。




Pセプター 【エロm@s】貴音と千早がお風呂でぬるぬる




サムネイルちょっとえっちぃですが18歳未満でも大丈夫ですよ!!(;^-^)


 まず、投稿者の動画説明文にこう書かれています。



なんか最近ラノベで長いタイトルが売れてるらしいので流行にのってみた(引用)



 これ、結構マジな話ですよね。







 こういうことですよね!!!(;^-^)


 まぁ、それだけタイトルにインパクトがないと、読者が手に取ってくれないということなのでしょう。プロの作家は、売れなければ食えません。実力がどうのこうのなんて関係なく、読者が長いタイトルの流行に辟易しているのも関係なく、読者が買ってくれなければ生活出来ないわけですよね。

 ま~~、ノベマス(NovelsM@ster)も随分長いこと
「実力者なのに再生数が伸びない事が多すぎる」
なんて話が、あちらこちらで囁かれていますよね。我々、広告や大百科で支援させて頂く側も、何度ぐぎぎぎぎってなったか数え切れません。投稿者自身も相応の自負を携えて公開されたのに、すっかり自信を失くして去ってしまわれることもありました。

 ノベマス界隈と言いますか、ニコマス界隈が実はスゲェ人たちがわんさかみえるというのもあると思います。なんせ、プロの作品にすら改善点を指摘出来るような、目の肥えた視聴者で溢れているというのに、その視聴者が喜ぶんですもの。これは、界隈全体のレベル自体がかなり高い証左だと思いますね。


 そんな群雄割拠の状態で、投稿者は毎月何人も増えてきたわけですよ。リアルの世界なら何千人に一人なんだって逸材も、後から後からぽろぽろと合流してみえるわけです。

 そうなりますと、まずなかなかクリックをしてもらえない。
 先程の『プロのラノベ』で出てきました、『手に取って買ってもらわなければ食えない』と同様、作品が優れていようがクリックされないと投稿者は報われないわけでございますよ。

 そこで、サムネホイホイですとか、タイトルホイホイなんてのが行われます。今回の動画のように、ちょっと「いやん(*ノノ)」な方向性ですと効果覿面です。俺たち男はバカな生き物なんです!!(;^-^)


 まーそんなわけで、”まずは”クリックしてもらえるわけですよ。

 今の動画で私、感心した点がいくつもございまして。


●見事なサムネホイホイ

●見事なタイトルホイホイ

●効果的な動画説明文(前掲)

●本当に為になる知識・考察

●小さくてもクッキリ読みやすいフォント

●BGM選択の秀逸さ

●独特の世界設定からのイイハナシ

●サムネ詐欺・タイトル詐欺と思わせて詐欺じゃない

●エンドロールを少し早めに出した効果的なオチ




 ここまで美点があれば、間違いなく名作だと思うわけです。

 しかし、再生時間が20分強となれば、いくら中身が良くてもクリックされにくいのは皆さんよくご存知の通り。


だから、サムネホイホイ・タイトルホイホイは重要なのです!!! ヽ(`Д´)ノ



 ま~~、中にはですね、
「そんなのは邪道だ!!」
「中身で勝負するんだ!!」
「良い物を作れば必ず評価してもらえるんだ!!」

って仰るコダワリ本格志向の方もいらっしゃると思います。

 でも、それは『クリックされにくい』のを覚悟しなければならないのは、既に今まで散々語り尽くされた中に何度も出て参りました。



「再生数が伸びないよぅ~~」
「自信失くしちゃうよぅ~~」








悪いこた言わねえからいっぺんホイホイしてスッキリしとけYO!!(^-^;)



って、思うわけなんですよ。


 さらに厳しいことを言えば、ホイホイ出来るセンスが無ければ、その自信マンマンな作品のクオリティを、もう一度見直して良いのではないでしょうか。

 プロですら、変なタイトルを付けなければ食って行けない時代です。


 アマチュアの我々が、質で勝負って、プロに笑われちまいます。









 えっ?



 エラソーなこと言うお前は一体、何様だって?









変なブログ名をクリックしてお読み頂けただけで『してやったり』じゃないか!!(^-^)






日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加