分かったよーなこと、言ったって~!!

中途半端な知識で適当ぶっこく無法地帯へようこそ( ^-^)ノ

いらはいようこそ! ゆっくりしていってね!!【常時TOP記事】

2111-08-14 02:25:22 | 徒然の日常
パソコン疎いのに適当につらつらと書き殴るアレ、そう、チラシの裏です。 日常のボヤきだったり、ちょっと捻くれた考察だったり、車の話、アイドルマスターやニコマス、SSの話と話題がばらばらになると思いますが、お暇な方は息抜きのお供に遊びに来てくださいね!

 色付きで下線のある言葉はリンクですので、クリックしてみてください
 (ブログ開設初期を除く)
 ※ただし、そのまま左クリックされると同じウィンドウで開いてしまうので、右クリックで『新しいウィンドウで開く』を選ばれるか、ホイールボタンで別のタグで御覧になる事をお勧め致します。


 ニコニコ動画のアイマス動画投稿は http://www.nicovideo.jp/mylist/22371246
 ニコニコ動画で作った大百科一覧は http://dic.nicovideo.jp/u/749692
 pixivのSS(アイマス/まどマギ/オリジナル)投稿は http://www.pixiv.net/member.php?id=2342189

人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。

コメント (2)

また先日のまどマギSS解説

2014-03-04 06:25:18 | SS・小説
 先日って言うか、まだ最後の投稿前なんですけどね!(^-^;)


 まぁ、キャプション(サイト上の投稿説明文)にリンクを貼るために、内緒でコッソリ書いておきます。

 小説とか、まどマギに興味ないって方や、「自作品の解説とかありえな~い」と仰る方はスルーしてくださいねぇ(;^-^)




 一昨年の年末にかけて前半を投稿し、一年以上のブランクを開けて今日完結するのがこのシリーズです。

 上から順番に読まれないと、後半部はサッパリ解らないと思います。



迷宮の時間軸【第一話】(全6ページ)

迷宮の時間軸【第二話】(全5ページ)

迷宮の時間軸【第三話】(全6ページ)

迷宮の時間軸【第四話】(全7ページ)

迷宮の時間軸【第五話】(全6ページ)

迷宮の時間軸【第六話】(全8ページ)

迷宮の時間軸【最終話】(全10ページ)

迷宮の時間軸【暁美B】(全16ページ)

迷宮の時間軸【詢子篇】(全6ページ)

迷宮の時間軸【和子篇】(全10ページ)

迷宮の時間軸【知久篇】(全14ページ)

迷宮の時間軸【仁美篇】(全16ページ)

迷宮の時間軸【暁美C】(全10ページ)




 これらは、前半部のキャプションにリンクを貼ってありますが、こちらの動画を元にした三次創作となります。




TeSh 氏 【劇場版予告】第0話【魔法少女まどか☆マギカ】




 この方の動画はどれも大好きなんですが、特にこちらには大変深く感銘を受けましてねぇ……。

 なんか書けそうだ、とはずっと思っておりまして、先人が見当たらなかったのを良いことに、自分で書いてしまいました。

 それが、想定を大幅に上回る賛辞をあちらこちらから賜りまして、誠に恐縮しきりでございます。



 ってか、TeShさんに見つかっちゃうのがもう、想定外すぎるんですけれどもね!!(;^-^)


 まぁ、前半部(【最終話】まで)は書きながら順次投稿、後半部は時系列の調整がネックになりますので、最後まで書ききってから六日に分けて連続投稿、という形を取らせていただきました。

 後半部は元々、前半部を書いている時に裏設定として頭の中にあったものなんですけれども、いざ書こうと致しますと、いろいろと矛盾点が出て参りまして。

 各話、10,000字程度で軽~く書くつもりでしたので、わざわざプロットを書かなくても頭の中でなんとかなるわぁ~、と甘く見ていたのが間違いでした。


 どんどんエピソードが広がっていきますと、整合性がまた、だんだんと難しくなっていき、時系列も怪しくなってきます。

 これは、自分の中で「世界がしっかり固まっていないんだな」と思い、長い時間をかけて、じっくりとイメージが頭の中で定着するのを待ちました。





 お待たせしてしまった言い訳でした。本当は猛省しております。m(_ _)m





 また、設定がまったく独自の物になりましたので、「こんなの、まどマギじゃない」と言われそうな層が忘れた頃に出そう、という目論見もございました。

 そうこう言っているうちに「頭の中は、しっちゃかめっちゃかよ……」という状態になり、公開に間に合わせるつもりでいた映画・叛逆は私の続編とダダ被りで頭を抱え、いいや、もう被せ返しちゃれ! と開き直って、叛逆内の台詞を流用したりも致しました。




 シリーズ通しての構成としては、前半部は公式の世界観に準拠、と見せかけて後半部で「ざんねん、嘘でした~!」という物になります。

 実は【第一話】からヒントを出してあったのですが、お気づきになられた方、どのくらいいらっしゃいますかね?


 『散弾銃』が、前半部では頻繁に出てきましたでしょ。そんなの公式本編で出てきたっけ? と違和感を持たれた方は多かったと思います。

 散弾銃と言いますのは、撃った瞬間に弾丸が無数に分割されて、対象に複数の穴をあける武器です。よくキュゥべえが穴だらけになった絵がネタで出てきますよね。あれは、アニメ本編では時間を停止している間にバキュンバキュンバキュンと連続で撃っております。しかし、それをこのシリーズでは、一回バキュンと撃てば、あの「キュゥべえ、ざまあwww」という状態になります。



 ちょっと、図解しましょうか。

 まず、アニメ本編の構造です。








 それに対し、このシリーズは散弾銃のような世界(時間軸の扱い)だったということになります。













あ、自分、ドヤ顔いいッスか( ̄ー ̄)+





 とまぁ、それが一番大きな”仕掛け”だったわけです。


 ”仕掛け”と言えば、いろいろやりましたねぇ。

 本編の台詞をそこらじゅうで流用しながら、実は違う人物にそれを言わせたりもしてます。【最終話】では、まどかとほむらの台詞が逆だったり、まどかパパに「クラスのみんなには、内緒だよッ!!」的なことを言わせたり、血の繋がっている設定の人物(まどか・詢子・知久・和子)に同じ台詞を流用させたり、本編のマミさん的な境遇だった和子先生にマミ台詞を多用させたりと、書いてて楽しい箇所は多かったです。

 ホムリリィを期待された方々には肩透かしを食らわせる格好になってしまいましたけれど、私の想定ではあくまでも(悪魔ではない)『アルティメットほむら』と、本編やスピンオフで不遇な目に遭っている早乙女和子先生、出番ですよ!! というシリーズでした。


 や、だって、先生かわええやん(^-^)




 作中では優に五十歳超えてますけどね!(^-^)





 そしてですね、なるべく整合性を持たせようと頭を捻ってはいたのですが(時系列としては大丈夫なはず)、矛盾に目を瞑りつつ書いた部分もございます。
 表現として、あえて手落ちがある状態のままにした部分もございました。

 まず、キュゥべえの生息数について。これは、読んでくださった方のコメントの中にもありました。
 今シリーズ中では、キュゥべえの個体はひとつだけしかありません。それは私の過去作でも書いた世界観ですが、世界中の過去の偉人たちは同じ個体のキュゥべえが契約したのであり、そいつが今、日本へ来ているということ。ほむらに撃たれて肉体が潰えても、また別の座標に新しい個体が生成されるということです。

 私はアニメ本編を見てそういう解釈をしていたのですが(ほむらとの契約を憶えていないと断言するなど)、制作者サイドのお話として「たくさん居るんでしょうねぇ」なんて発言も聞こえました。しかし、最後の最後のオチ(【暁美C】ラスト)はかなり早い段階から想定していたので、そのまま突っ走りました。これ以上、世界を広げたくなかったという意味もあります。


 そして次に、”アルティメットほむら”が存在する座標。それを地球に固定するならば、超高速で時間が前なり後ろなりへ流れ去る中、太陽の座標を中心として公転しつつ、自転もしているわけで(それを表す描写を入れていた)、星を見て呟く内容がおかしくなってきます。太陽さえ無ければ公転しないということならば、それを補足する文章が必要だったとは思います。が、そこまで突き詰めて書くとテンポを崩し、主眼が曖昧になってしまうのを嫌って、あのままとなりました。


 さらに、『宇宙の外側』という表現が何度か出てきましたが、これも捉えにくかったかもしれませんねぇ。
 要は、『”+1以上の次元”からは、同座標に見える』ということで、それを二次元と三次元で例えてみましょう。





 つまり、高次元から同じ場所に見えても、実際に三次元としては手を触れられない位置関係に居る、ということです。これも上記の理由で説明文を省いてしまいました。



 まぁ、こんな感じで自分でも気になるところは色々とありますが、今の実力ではここまでが精一杯で、これからそれらを改善していければなぁ、と思っております。

 私には過分なお褒め、激励等の暖かいお言葉をいくつも賜りまして、誠にありがとうございました!(^-^)




 そして最後に――――――


 需要があるかは定かでないのですが、お礼の意味を込めて、プロット公開をしてみようと思います。

 一枚目が前半部のもの、二枚目は結局後から書いて纏める羽目になった後半部のものです。

 サムネイル表示に致しますので、ご覧になられたい方はクリックで拡大されます。


 というか、見たくない方にまでお見せするのは恥ずかしいので!!(;^-^)



 書いているうちに、原案からだんだんズレていくのがお解りいただけると思います。

 前半部は、もう一度クリックしていただければ実物大になるはずです。





前半部プロット





後半部プロット表













人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。
コメント (2)

久し振りに、オモシロ動画でも貼っとく?(^-^;)

2013-08-30 23:58:13 | 徒然の日常
 いえね、貼りたいネタや、書きたい題材はいろいろあるわけなんですよ。

 最近なかなか時間が取れなくって、どれからにしよかななんて言ってるうちに寝てしまうわけでして。



 ほな、お気軽なモンからアップしてけばええやんってことでね、YouTubeからいくつか貼っていきましょう。(^-^;)






Smart Cat Knock On The Door



 いや、タイトル通り、猫がノックしているだけなんですけれどもね。(^-^;)

 こんな超高速で出来るもんなんですねぇ。犬とか、ちょっと体勢が苦しい時とか、お腹のくすぐったい場所を撫でたりするとこんな動きをしますけど、意図的に出来るもんなんだなぁと感心しました。







幽霊に化けた美女に料金所職員が腰を抜かす



 動画説明文に、台詞の冒頭が書かれていました。

『【新唐人2013年1月21日付ニュース】新年期間中は中国の旅行の最盛期であり、各­種料金が急騰する時期でもあります。一部景勝地の駐車料金は1時間15元に跳ね上がり­、一晩止めると150元、日本円でおよそ2100円にもなっています。』

 中国の物価で考えれば、単純に日本の2100円で比較できないと思うんですよね。

 女性がこれだけ必死になるのも、仕方のないことなのでしょうか。






エンストを手伝っていたら急に電車が迫ってくるドッキリ



 まったく、アメリカ人ってやつは(;^-^)


 ギャグのスケールが大きすぎるんですよね。本気で笑わせにくると言いますか。

 そして、いつぞやドッキリ動画を並べた時にも思いましたけどね、最後は一緒に笑って大団円なわけですよ。

 騙しやがってとか怒ったり、騙されてやんのとか見下したりせず、一緒に笑いあえるっていうのも、我々島国に住む日本人が見習うべき、大陸人のおおらかさなのかもしれないなぁ、なんて。








おじいちゃんがバスケ!?おじいちゃんの正体はNBAの・・・。



 まったく、アメリカ人ってやつは(;^-^)


 動画説明文に詳細が書かれています。

『海外の面白いCMです(笑)
知っている方も居ますよね(笑)

おじいちゃんの正体はNBAクリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービング選­手です(笑)

特殊メイクでおじいちゃんになってバスケするのは本当に面白い(笑)

どうぞみてください』



 だそうですが、(笑)付けすぎだよきめぇな(・・´)

 選手の情報はこちら。 ⇒ カイリー・アービング Wikipedia


 本人、ノリノリで演技してましたな^^;









 今日はここまでっ






日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。
コメント (4)

ひさっしぶりにダムを見てきました(^-^ )

2013-08-26 21:23:48 | 徒然の日常
 夏となれば、皆さん海へ山へと足を延ばされるのではないかと思いますが、私は山派なんですよね。

 ドライブはもっぱら山の中へ向かっていきます。



 ま、岐阜県には海ってありませんしね!!(;^-^)



 いえ、海は行かないってわけではないんですよ。昔はよく、愛知県は飛島村まで海を見に行ったものですし(免許のなかった学生時代、当時の彼女がよくここへ連れてきた)、先日も三重県は桑名のあたりまで行きまして、我が家の近くを流れる長良川が太平洋へと注がれる河口を、のんびりと眺めたりもしておりました。


 ま、でもさすがに遠いのでね、普段はコンビニ行ったついでにそのまま山へとふらふら走ってしまうものなんでございますが、昨日は本巣市の山奥、もうちょっとで福井県ってあたりのダムまで登りました。



 地図で見れば、このあたりです。縮尺を自由に変えて御覧くださいまし。






 これは、発電用のダムです。

 揖斐川の支流、根尾川に建設された上大須ダム、そして併設される奥美濃水力発電所ですね。








 これは下の発電所へ向かう道なので、一旦戻って、上のダムに向かう道を登って行きます。








 あっ、指が映り込んでいますが気にしないでください!!!(;^-^)

 今、気付いたわ…………。



 ダムの上は、道になっていますので、そこからダム下を覗いてみましょう。







 さすがに高低差があります。結構怖いんですよ、これ。

 見事なロックフィルダムですねぇ。1995年(平成7年)に運転を開始した当時は、国内最大規模を誇っていたそうです。



 なんにも無い山の中に、これだけの大建築が威容を現すのはなかなか壮観ですね。







 ほんとに、なぁ~んにも無いところです。



 が、私、ここには何度も来ていますのでね、ダム事務所の先に、えっちなものがあるのを知っております。


 早速、行ってみましょう!!!









 はい、ヘリポートでした~!!!(^-^;)



 えっちでしょ?

 大きく  って書いてありますもんね!(;^-^)





 ま、そうこうしているうちに、トイレへ行きたくなって参りましてね。

 なにしろここまで来るのに時間かかりましたし、運転中はコーヒーをぐびぐび飲んでおりましたんで。(;^-^)




 どうしよっかなぁ~、そこらで…………いやいや、叱られますよね。

 私のお○っこで発電とか、なんかちょっとイヤですよね!(^-^;)


 ってなわけで、その先に休憩所みたいなスペースがあったはずなので、そこへ行ってみました。トイレがあればラッキーぐらいのつもりでしたが、いつの間にかしっかり整備されていまして、トイレはもちろん、他にもいろんなものが配置された、小さな記念公園っぽくなっています。






 ダムが一望できるように作られたはずですが、今は木が茂っていて、下が見難かったです。秋になればまた、景観も変わっているのでしょうねぇ。紅葉とかも綺麗そうです。







 オブジェっぽいものもありますね。

 発電タービンの実物っぽいものも展示されていました。それも写真撮ってこればよかったですねぇ……。



 また、ダム工事や仕組み、発電所の説明・紹介をする展示もありました。








 こんな山奥へ来る人は滅多にいないのですが、中部電力さん、いつの間にこんなの作られたんだろう(;^-^)




 そしてね、いつの間にか、綺麗な慰霊碑も作られていました。







 後ろ側に、小さめのが建てられてますでしょ。そちらは墓誌(ぼし)のようでした。ダム工事に於ける殉職者四名のお名前が刻まれています。

 山奥でこれだけの大工事、さぞ大変だったことでしょうねぇ。



 竣工賦の石碑がありました。







 これは、当時の中部電力社長、太田宏次 氏の手による漢詩です。この方がまた、古代中国文化に造詣の深い方のようでして、ま、古美術品に関する不祥事も囁かれて裁判沙汰にもなりましたが、他のダムにも漢詩を寄せられ、記念碑に刻まれています。




 少し離れた場所に、その説明文がありました。







 『太田偕風』というのは、太田宏次 氏の雅号です。漢詩を書く上でのペンネームみたいなものですね。


 中部電力がこのダムと発電所に注いだ情熱と、殉職者への追悼の意が滲み出ています。






 実はですね、どうしてこのダムへ来たかと言いますと、大昔に自転車で来たことがあったからなんですよ。

 私が小学校を卒業して中学校へ上がり、初めて学生服という『制服』に袖を通したばかりの頃にですね、席の隣り合った、出身校がバラバラの男子5人でサイクリングに行こうという話になりまして。まぁ、仲が良かったんですよね。すぐに馴染んじゃって。オトコノコのノリですよ^^;

 その中のひとりが、親の運転で上大須というところへ何度か行ったことがある、車のメーターでは往復120kmあったけど、行くか? ってことでね、元気な私たちは即決、話に乗ったわけです。まだ週休1日の頃でしたんでね、日曜日の朝早くに出発して、夕方日が暮れる頃には帰ってこれるはずでした。


 ま~~、車ならスイスイ行けましてもね、なにしろ、山をいくつも越えて行くわけですから、自転車では結構、負担が強いわけでして、自転車自体にも負荷が掛かりますから、何人もチェーンが外れちゃったりね。まだ小さな子供ばかりとはいえ、3人寄らば文殊の知恵、5人も居れば最強じゃね? ってことで、様々なトラブルに見舞われながらも、互いに知恵を出し合って、途中ケンカっぽい状態にもなりましたが、なんとかこの、最果てのダムまでやってきたわけです。


 今日の記事、最初の写真でダムを見上げていますよね。あれが、当時見た風景でした。中学に上がったばかりの私には、福井県へ抜けるための大きな壁に見えたものです。時は1982年、昭和で言えば57年。発電所の運転開始が1995年(平成7年)ですから、当時はまだ工事中だったわけで、工事車両も多かったですし、途中の道も整備途中でした。


 ま、その壁を見て「あそこから先が福井県なんだな!」なんて満足をして、帰途に就いたわけなんですが、実際はただのダムの壁でしたからね、福井県まではまだまだありました(^-^;)


 帰り道にもトラブルはいろいろ起こり、日は暮れて暗くなってしまうとまたチェーン修理に手間取ったり致しましてね。なにしろ、街灯もない山道を延々と走るわけですから、つい前の月までは小学生だった5人にとっては心が折れそうな状態でした。携帯電話など存在しなかった時代、さすがに親に心配をかけているだろうと、公衆電話ではそれぞれ自宅へ一報を入れ、その後も夜道で方向を誤って迷子になりと、もう、家に帰れるんだろうかという焦燥感たるや、相当のものだったのを今でも鮮明に覚えております。


 でも、5人居たから頑張れたんだよなと、おそらくみんな私と同様、終生忘れることはないんじゃないでしょうか。



 正直言えば、無茶かもしれませんがね。オトコノコには、冒険が必要だと思うわけなんですよ。

 その点、現代の子供たちって、冒険をさせてもらえないんだろうな、とか。

 冒険をしようという気持ちが生まれないのかもしれないな、とか。


 部屋に閉じこもってゲーム機をピコピコ言わせているだけでなく、そうやって仲間とリアルでクエストに臨んで頂きたい、大きな男になって欲しい、なんてね、生意気にも思ってしまいますし、また、私もそんな思い出を忘れないように、たまにこのダムに立ち寄るのでございます。


 ま、私はそんな大きな男になったわけでもないんですけれどもね!!(^-^;)






 皆さんもね、車でどっか、ふらっと行くのにいいところ無いかなぁなんて時には、記事冒頭の地図を頼りに、のんびりとダムの湖水を眺めに行かれてはいかがでしょうか?

 もしかしたら、数十年前の私が、ダムの下から見上げて「福井県だー!」と指差している姿が、だんだん見えてくるのかも、しれませんよ?




 あ、ちなみにですね。

 もし行かれたら、注意事項の看板を御覧くださいまし。







 今日の写真は全て、安全な場所から撮っておりますんでね、危ない場所には立ち入られないよう、気を付けられて、のんびりと楽しんでいらしてくださいね!(^-^)







日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。
コメント

ご無沙汰しております(;^-^)

2013-08-22 21:28:04 | 徒然の日常
 いやもう、すっかり更新が滞ってしまっているわけなんですけれどもね。

 ネタは結構、たんまりあるんですよ。今でもちょっとブログに載せたいなってニュースとか、画像とかをせっせとストックしてたりします。



 おかげさまで、マリンバも届きまして、毎日練習しておりますよ(^-^;)

 楽器に関することやら、自分の腕のことやら、早く書き殴りたいですよ(;^-^)

 あと、マリンバを好条件で保管するためというのも含めて、若干おうちをリフォームっぽくしましたよ。

 オール電化にもしましたよ。僕、オール電化にはちょっとうるさいですよ。


 ほらね、書くことはいっぱいありますですよ。

 ただまぁ、今使っているパソコンで更新しようとしますと、あるエラーが出たり、辞書が壊れてたりしましてね(修復不可になっている)、家の中の配置変更(寝たり、パソコン使ったりするのを別の部屋にする)が終わったら、新しいパソコンを買おうと思っていたのですが……ちょーっと予定が遅れておりまして。ようやくベッドを今日、注文した次第です。

 まだ、パソコン用の机も見に行かないといけないし…………うーん、とっとと新しい環境を整えて、シリーズ小説の続きをそろそろ書き始めたいんですけどねぇ。(;・・)

 あと、動画もまた作りたいし。このパソコン、システムのあちこちが壊れてるので、たぶん今、出来ないんですよね。


 ベッドの搬入が今月末……結局、落ち着けるのは来月からになりますなぁ。


 ま、我が家が建って半世紀近いわけですが、初めてエアコンを導入したおかげで猛暑はなんとかなってます。


 『猛暑で、もうしょんぼり』ってことはありません。


 あ、ちょっと涼しくなりました?(;^-^)





 で。

 まぁ、このブログは課金仕様なのでアクセス解析が出来るわけなんですが。






 相変わらず『エロ』で検索して辿り着く人、多いねぇ(^-^;)


 しばらく更新しない間に減るかと思ったら、逆に増えてやがってましてね。毎日アクセス元のトップを飾ってやがります。






 グーグルの画像検索で『エロ』のトップにこのブログ載ってましたけどね!!!(^-^;)



 いや、真面目かって言えば、割りとエッチなブログだとは分かってますけどね、なんでトップなんですか。








 あとね。










 身元バレするような記事は、ブログに書いちゃいけませんねってことで!!(;^-^)




 他にもニコマス関係とか、記事の予定はありますんでね。

 落ち着くまでもうしばらくお待ちくださいまし m(_ _)m





日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ ←例のアレです!! お気が向かれましたら。
コメント (2)