フィッシュストーリー☆新潟

釣りと映画と読書と家族の雑記です

東京喰種

2019年08月24日 | マンガ本

石田スイ

 

 

“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。

群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。

青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!




姫1号が最近買い始めたんで便乗して読んでます



アニメ化もしたし、映画化もしてるんでさぞ面白いんだろうと思って読み始めたけど・・・・へ?

 

 

これ、何が面白いんだろう。。。。

 

 

と思いつつ読み進めてたら、なんか良い感じになってきました

 

 

スロースターターにも程があるけど、面白くなってきました

 

 

もっとグロいかと思ったけど、意外とそうでもないのか?

 

 

それとも私が大人になりすぎたんだろうか。

 

 

娘が読んでると知ってちょっと心配になったけど これくらいなら大丈夫な様な気がする。

 

 

マンガって、面白いよね

コメント

ライオンキング

2019年08月20日 | 映画鑑賞

監督 ジョン・ファブロー

 

 

 

アフリカのサバンナに君臨する偉大なる王、ライオンのムファサが息子シンバを授かり、さまざまな動物たちが誕生の儀式に集まってくる。

動物たちは、ヒヒの祈祷師ラフィキが皆の前にささげた将来の王シンバに深くこうべを垂れる。

だが、自分が王になれないことに不満を募らせるムファサの弟スカーだけは、シンバの誕生を苦々しく感じていた。




ストーリーは25年前のアニメ版と大差無いので特筆した見どころは無いかな。



売りは映像ですよね。



実写を越えた実写!・・・・って意味分からんけど 確かに綺麗で見どころではあると思います。

 

 

だからといって今更この程度で驚きはありませんけどね



あと、スクリーンのサイドが切られてて違和感あるし、それが気になって迫力も半減。。。。

 

 

・・・・・まあ、そんな感じです

 

 

とても評判の良い映画なんでこんなこと言いたくないんですけどね、だからなんなんだ!って感じでした。。。。

 

 

音楽がよかったからまだ観ていられたかな?

コメント

週末~♪

2019年08月19日 | ぴかの戯言

 

 

お盆休みは15日で終わりました。。。。

 

 

暑い中仕事するのしんどいっすね

 

 

そんな中、昨日の日曜日、サマソニのライブ配信あったの忘れてたーーーーー

 

 

パフューム観たかったのにーーーーー

 

 

気付いた時にはもう夕方。。。。

 

 

ソフィータッカーから見始めました

 

 

去年からフジロックでも始まったライブ配信、今年からはサマソニでも始まったんですけどね、これ結構面白いね

 

 

ラストのチェーンスモーカー、めっちゃノリノリで観てました

 

 

なんなら「オレ、チェーンスモーカー観たし!」位のテンションっすわ

 

 

まあ、全然違うんだけどね

 

 

う~ん、家ロックも悪く無いなぁ。。。。

 

 

来年はフジ行かずに家でライブ配信観て楽しもうかなぁ・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて事は思わない

 

 

やっぱり現場で飛び跳ねたいよね

 

 

あと、フジの配信は結構フルで見せてくれるけど、サマソニさん中途半端過ぎますわ。。。。

 

 

もっとちゃんと見せてよ、セコすぎ

コメント (2)

2019・・・夏

2019年08月15日 | 家族

火山口を淵から見下ろす。熱風が凄い。この熱に一瞬怯み、足が後ずさるが・・・耐える。

 

 

纏う衣服に体から吹き出す汗が不快に染みていく。

 

 

意識朦朧とする中、目を見開くも暑さを眼球に感じ細めてやり過ごす。

 

 

なんてのが今年の夏っすわ

 

 

 

とにかくあっちぇーーー

 

 

そんな中、今年も妹夫婦が帰省してきてくれました

 

 

翌日には朝から夕方まで新潟の海で海水浴

 

 

めっちゃ酒飲んで、マッタリしてたはずなんだけど、姫3号の同級生家族に出会ってしまい酔っ払いおじさん海水浴に付き合うの巻き。。。

 

 

後半、あまり記憶が無い

 

 

とりあえず生きてますが、写真も撮ってないし、無理矢理豆アジ釣りしてたおじさんを「釣り名人~♪」とか持ち上げて数匹アジを強奪

 

 

半分、娘の同級生のママさんに押しつけて帰ってきたような。。。。

 

 

絶対、迷惑ヤローだったね

 

 

その日の夜、超絶具合が悪くなる。。。。。。

 

 

翌日、目眩を感じながら「せんべい王国」で・・・

 

 

 

 

お土産買ったり、アイスやコロッケ食べたり・・・・・。

 

 

その翌日は・・・・

 

 

五頭山いこいの森で・・・・

 

 

 

 

うぃ~~~~!

 

 

 

 

皆で涼んでます。

 

 

 

 

お姉ちゃん達は勝手に上流へ・・・・

 

 

 

 

 

姫3号は大好きな叔母の手を離さない

 

 

妹(叔母)、めっちゃ頑張ってくれて頭が下がります

 

 

ホント、ありがとね~

 

 

帰りに安田ヨーグルトによって、アイスを食べて帰宅。

 

 

暑すぎて午後は危険なんで、皆さんあまり外には出たがらない

 

 

多少?涼しい夜は皆で外に出て・・・

 

 

 

 

花火大会~

 

 

 

 

一つだけこんなのもさせて頂きました。

 

 

一応、昔からのご近所付き合いがあるから花火もできるけど、みんな歳だし、いつまでこれがまかり通るか分からんよね。

 

 

 

 

 

妹夫婦に完全になついた姫3号、妹に食われる。。。

 

 

 

 

叔父さんにも完全になついて、逆に叔父さんにあだ名付けたり髪型を弄り始める。。。。

 

 

沢山、相手をして頂きありがとうございます

 

 

 

そして本日最終日・・・・

 

 

 

 

ふるさと村でお土産買いつつ、チビはかき氷を堪能中。

 

 

帰りの見送りで姫達寂しそうだったけど、泣かなかったね

 

 

あまり抑揚が無い姫2号ですが、ホントは一番寂しそうでした。

 

 

お父ちゃんはちゃんと見てるからね

 

 

 

長いようで、終わってみればあっと言う間のお盆休み、皆のおかげでいい思い出になったかな?

 

 

妹夫婦はもちろん、親もいっぱいお金使ってもらって恐縮です

 

 

家族の存在に感謝

 

 

 

以上、今年の夏の思い出でした

コメント

十字路が見える

2019年08月11日 | 読書

北方謙三 著

 

 

 

肺結核を抱えて過ごした学生時代、没原稿を量産し続けた二十代、行き詰まりを感じて新たな可能性に挑んだ三十代。

苦しいとき、いつもそばにあった音楽、映画、そして酒…幾度となく十字路を超えてきた著者が、人生の豊穣と黄昏を綴る自伝的エッセイ。




北方氏は大好きなんですけどね、最近読んでないなぁ。。。。



時代小説が続いてるんでなかなか手が出せてないんですよね。



今度そっち系もチャレンジしてみようか・・・・・。




本の内容ですが、北方氏の車、旅、料理、音楽などのこだわりや体験談などを交えて若い頃からの人生経験を綴ったエッセイ本です。



豪快でワイルドで、格好いい漢、悠々自適な人生を送っている様に思っていたが、意外にも繊細で暗く落ち込みながら筆を動かす内側の部分も垣間見える。



そんな執筆活動の話や、旅先で出会う人、事件、食事、とても興味深い話が盛りだくさんの一冊でした。



う~ん、やっぱり北方謙三はカッコイイ



もっと読まねば!

コメント

アヒルと鴨とコインロッカー

2019年08月08日 | 読書

伊坂幸太郎 著

 

 

 

ボブ・ディランはまだ鳴っているんだろうか?

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は――たった1冊の広辞苑!? そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ! 清冽な余韻を残す傑作ミステリ。第25回吉川英治文学新人賞受賞。

 

 

 

今更ですが、読んでみました。

 

 

基本的に映画で観たものは読み返したりしないのですが、この映画を観たのはもう10年以上前でほとんど覚えてないし、小説の評価は高いので何時か読んでみたいと思っていたんです。

 

 

結果的に、読んでも映画を全然覚えてなかったんでよかったかな?

 

 

作風は完全に伊坂氏の初期っぽさに安定感を覚える。

 

 

人を食ったような表現に、この作品の高い評価に納得してしまうんだな・・・。

 

 

それと同時に活字の面白さもあるのだが、実はこの辺りはちょっと感のいい人は分かりそうな気がします。

 

 

面白いんですけどね、ちょっと読むのが遅かったか。。。。

 

 

多分、映画を観たときほどの感情の揺さぶりは無かったのかもしれません。

 

 

たまにはちゃんと金かけて新刊買わないとなぁ

コメント

トイ・ストーリー4

2019年08月04日 | 映画鑑賞

監督  ジョシュ・クーリー

 

 

 

ある日ボニーは、幼稚園の工作で作ったお手製のおもちゃのフォーキーを家に持って帰る。

カウボーイ人形のウッディが、おもちゃの仲間たちにフォーキーを現在のボニーの一番のお気に入りだと紹介。

だが、自分をゴミだと思ってしまったフォーキーはゴミ箱が似合いの場所だと部屋から逃亡し、ウッディは後を追い掛ける。




これは新展開



もちろんこれからも続編はあるんだと信じてますが、じゃあどんなストーリーに展開していくのか全く読めません。



本当にこれで良かったんだろうかという疑問もあります。



ファンとしてはこれからも見守り続けますけどね




ちなみに今回、なんとか字幕で観ることができました。



トイストーリーに関しては字幕でも吹き替えでもどちらでもよかったんですが、カブーンの声をキアヌ・リーブスが担当ということで是非字幕で観たかったんです。



キアヌ、いい感じでした




それから、今回復帰し活躍したボー・ピープですが、最初の公開当初に購入したフィギア・・・




未開封で持ってるんですが、ネットで値段が上がってるとか・・・・。



売らないけどね

コメント (2)

身体測定:2019・8月

2019年08月03日 | 身体測定・ヘルス

今月の身体測定です。

 

体重:62.25kg

体脂肪:15.4%

内臓脂肪:Lv7.5

筋肉量:49.90kg

体内年齢:23歳

 

 

フジロックで体調を崩しちゃいましたが、その後順調に回復し平穏に過ごせてます。

 

 

しかし、一月前くらいから痛めていたふくらはぎ、極力安静にはしていましたが、フジロック初日のジャネール・モネイのライブで我慢できず飛び跳ねていたらまた痛めてしまった。。。。

 

 

翌日も、分かっていても我慢ができない、できるわけがない

 

 

まあジョギングはできないけど日常生活には問題ないからいいさ

 

 

暑くてジョギングするには身の危険を感じるし丁度いいか

 

 

 

ところで、春に結婚式を挙げた嫁の弟さん、無事に赤ちゃんが産まれたとのこと

 

 

 

 

元気な男の子です

 

 

23歳で父親か~、スゲーなぁ・・・・。

 

 

大事な宝物、大切に育てるんだぞ~

コメント

フジロック2019 3日目

2019年08月01日 | おでかけ

さあついにフジロックも最終日を迎えました

 

 

昨日の雨は完全に上がり、日も射し暑いくらいです。

 

 

この日、ちょっと遅めに食べた朝飯は・・・・

 

 

 

 

 

越後川口サービスエリアで食べた醤油ラーメン

 

 

 

・・・・・は?・・・・・・え?

 

 

 

実は前日、深夜に突然吐き気に催され車の外に嘔吐。。。。

 

 

更に強烈な腹痛から便意に襲われる

 

 

始めは食中毒を疑うも、発症するには遅すぎるし、原因が分からずのたうち回る

 

 

ネットで掲示板などに頼って呼びかけてみたら、どうやら軽い低体温症を発症したのではないかとのこと。。。。

 

 

そう言えばアナウンスやホームページで「低体温症にご注意下さい」と頻繁に呼びかけてたけど、これがそうなのか?

 

 

翌朝早くに目が覚め、しばらく微睡んでいたけど、脱水症状もあってなのかかなり気持ち悪い。。。。

 

 

会場へ行くべきか、撤退するべきか非常に悩みました。

 

 

前日、来るはずだった友達は途中でバイクが壊れ警察のお世話になり結局たどり着かず、元々日曜日はそんなに観たいアーティストもいなかったりで、でもチケット持ってるし勿体ないし、行けば絶対楽しいし・・・・。

 

 

そんな葛藤を繰り広げた結果、人に迷惑かけてもいけないし、更に体調を崩して会社に迷惑掛かっても問題だし・・・・・。

 

 

勇気ある撤退を決意

 

 

 

 

昼前に家に帰ってきました。

 

 

無念ではありますが、これは来年以降の教訓として胸に刻み、次回は万全を期したいと思います。

 

 

ちなみに来年はオリンピックを避けるため、8月21~23日の開催が決定したようです。

 

 

来年は一緒に行ってくれる人、1日だけでも参加してくれる友達がいたら嬉しいな

 

 

一応、予定では・・・

 

 

ステラ・ドネリー観て、ハイエイタス・コヨーテ観て、フォニー・ピープル観て、チョン、ヴィンス、ラストに今年初ヘブンでクルアルビンの予定でした。

 

 

ヴィンスとクルアルビンは観たかった。。。。

 

 

 

 

Vince Staples - FUN! (Official Video)

コメント (4)

フジロック2019 2日目

2019年07月31日 | おでかけ

フジも2日目ですよ~

 

 

遅めの起床、この日はいっぱい移動予定だったので辺鄙な木陰に椅子をセットし朝飯探し・・・

 

 

 

 

 

bar.Bassicの、博多水炊き雑炊&ビール

 

 

朝に丁度いい感じ

 

 

本当はおにぎり的な物を探してたんですが今年は無いのかな?

 

 

去年まで私を癒やしてくれていたお稲荷屋さんも無いみたいだし。。。。

 

 

 

昼過ぎまで暇なんで、LINEで色々とやり取りしつつ美人に目が・・・・・

 

 

 

 

金髪美女発見

 

 

なんて事無い、インスタに載せてくれたらビールサービス

 

 

でもオレ、インスタやってないからビールはお金払って飲んだけどね

 

 

 

昼過ぎ、ようやくこの日初ライブ・・・・

 

 

 

 

ずっと真夜中でいいのに、通称「ずとまよ」~

 

 

薄いカーテン的な物を隔てて、顔はやっぱり見せないんだね。。。。

 

 

歌も上手かったし、テープを引っ張るパフォーマンスとか新鮮で結構面白かったです。

 

 

姫1号が好きだったりするんで、本当はちょっと観たかった峯田さんをスルーして観た甲斐があったかな?

 

 

 

 

ずとまよファンのアメリカン女子

 

 

私の3歳児並みの英語力でも通じるからフェスは楽しいよね

 

 

 

この後、ホワイトへ移動

 

 

ところ天国で小休止・・・・

 

 

 

 

餃子とレモン杯を飲みながら・・・

 

 

 

 

大道芸人に見入るが、こいつめっちゃ下手くそ

 

 

ちょっと外国人ぽいフリして言葉が分からない丁で観てたので話しかけられる事は無かったけど、手伝わされた人たちはちょっと可哀想だったな。。。。。

 

 

その頃から雨が激し目に?

 

 

 

 

穏やかな川原が煙だってる

 

 

そのままホワイトに・・・・・

 

 

 

 

 

 

UNKNOWN MORTAL ORCHESTRA(アンノウン・モータル・オーケストラ)

 

 

予想以上に凄い

 

 

これは観ておいて良かった

 

 

そのままホワイトに残り前方へ・・・・・

 

 

 

 

コートニー

 

 

グリーンはアジカンということもあったと思うがここは外人だらけ

 

 

オーストラリアのロック女子に一喜一憂してました。

 

 

個人的には2016年のレッドで観たコートニーの方が良かったかな?

 

 

 

ところ天国に戻って腹を満たす・・・・

 

 

 

 

ソーセージとコーヒーの焼酎割

 

 

後ろに写る川の水が茶色くなってきた。。。。。

 

 

 

ホームに戻ってウトウトしてたんだけど、急にスコールが襲ってきた

 

 

 

 

 

 

相当ヤバいです。。。。

 

 

このくらいから私のテンションがおかしくなり始める

 

 

 

 

 

 

ちょっと遅れちゃったけどマーティンで吠えまくる

 

 

・・・のも束の間、寒さにおしっこが耐えられなくトイレ離脱

 

 

命の危険を感じとりあえず食う!

 

 

 

 

 

 

越後もち豚丼

 

 

こいつを雨に濡れないよう前屈みでひたすらむさぼり喰う

 

 

何度も言いますが、マジで食わないと死ぬんですよ!・・・・ま・じ・で

 

 

マーティン・ギャリックスの終わり頃に再び鑑賞。

 

 

終わってからちょっとずつ前進してたら、なんとモッシュピット入場成功

 

 

待ってる間、今日一のスコールが襲いかかるもテンション上がってどうでも良くなる

 

 

 

 

 

いきなりアライヴ~♪

 

 

 

 

 

 

ステージでは確認できないが、スクリーンでマディちゃん確認

 

 

 

 

 

基本、PVの再現がステージで繰り広げられるのだが、後方で歌ってる彼女は本当にシーアなんだろうか?

 

 

なにが凄いってこれが凄いのだ!

 

 

きっと実際に観た人にしか分からないとは思うのだが、あまりにもステージが嘘くさく、我々は何を観させられているのかと感じる一方、やっぱりシーアはそこで確実に歌っている現実。

 

 

現実と虚像の狭間とは何なのか訴えかけている様にも見えるステージに、私は心奪われました。

 

 

これが世界レベルなんだな・・・・。

 

 

この後、更に雨は降り続き、とんでもない事になるのですが、それはまた明日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sia - Cheap Thrills (Performance Edit)

コメント