唐史話三眛

現在唐の宰相の略伝を記述しています。
最終的にはすべての宰相を網羅する予定です。

夏綏[かすい]節度使の歴史

2018-10-10 17:30:31 | Weblog

①.貞元三年[787]置夏州節度觀察處置押蕃落使,領綏、鹽二州,其後罷領鹽州。
吐蕃防禦のため夏州に左羽林大将軍韓潭が屯し、夏綏銀三州を管轄した。しかし銀州は城郭もなく、度支からの供給による軍事基地としての色彩が強かった。

韓潭のあとは貞元十四年[798]神策軍より宦官勢力と結託した韓全義が節度使となり、夏鹽綏銀節度使となった。全義は十六年[800]に蔡州行營招討使として淮西吳少誠を討つが敗北し逃げ帰ったが、暗愚な德宗皇帝は宦官にごまかされ処罰されなかった。鹽州は誤記か。

永貞元年[805]德宗が崩じると、処罰を怖れた全義は入朝し致仕した。その甥の楊惠琳は自立しようとしたが討たれて誅された。

○.元和八年[813]鹽州隸夏州。自夏州至豐州,初置八驛。
鹽州はこの前後とも朔方に属しており、この旧紀の記載は誤りだろう。

②.元和九年[814]夏州節度增領宥州
寶應[762]後廃止されていた宥州が経略軍に復置された。これは吐蕃から黨項を守るためであった。しかし宥州は十五年[820]に吐蕃に陥され、また長慶四年[824]節度使李祐により復された。

吐蕃の侵攻が絶えない辺境であり、神策系の武将が赴任する方鎭であった。

③.長慶四年[824]節度使李祐、塞外築烏延。宥州。臨塞。陰河。陶子等五城。

④.大和七年[833]以銀州刺史領銀川監牧使。

⑤.開成三年[838]夏州節度使領採造供軍、銀川監牧使。
二年七月節度使劉源が銀州監牧使等も管轄することを請願し認められた。

⑥.大中十年[856]夏州節度使增領撫平党項等使

夏州付近は黨項が盤踞し中和年間以降は拓抜氏[賜姓され李氏]の支配下になった。
李思恭-思諫-成慶と世襲していった。

⑦.中和二年[882]夏州節度賜號定難節度
拓抜思恭は京師回復を援助した功績により賜姓され、夏州付近を与えられた。そして五代から西夏王国へと続いていく。
コメント

鄜坊[ふぼう]・渭北[いほく]節度使の歴史

2018-10-10 15:57:37 | Weblog

①.上元元年[760]置渭北鄜坊節度使,治坊州,并領丹、延二州
対党項防衛のため邠寧節度使を分割して成立しました。
鄜州刺史杜冕が節度副使となり、邠寧節度とともに京師にいる郭子儀が統括するということになりましたが、子儀には実権がありませんでした。治所は坊州です。

②.永泰元年[765]渭北鄜坊節度使罷領丹、延二州,增領綏州
故李光弼の弟光進が坊州刺史渭北節度使に、辛德謙が延州刺史丹延都団練使→都団練観察安塞軍使となり分離しました。この背景は不明です。

③.大暦六年[771]渭北鄜坊節度使更名渭北節度使,復領丹、延二州

④.大暦十四年[779]罷渭北節度,置都團練觀察使
郭子儀の引退によりその支配下[弟の子日+胃が名目節度使です]より吳希光に分担し、都団練観察使に格下げされました。

⑤.建中四年[783]復置渭北節度,如上元之舊,尋罷。未幾復置,徙治鄜州,其後置都團練觀察防禦使
西川節度使崔寧が朔方等とともに管轄し、その留後として李建徽が担当しました。治所は反乱した李懷光や朱泚から遠い鄜州に移ったもようです。いろいろの制度変更の背景は不明ですが、奉天の乱の混乱によると見られます。乱時、鄜坊は弱体ですがほぼ唐朝に従っていました。

⑥.貞元三年[787]復置渭北節度使,以綏州隸銀夏節度
夏綏銀節度使が設置されたため綏州が管轄から分離しました。

⑤.元和元年[806]析丹州置防禦使
弱小方鎭であり、中央より順調に神策系の武将が赴任し、特に軍乱は見られませんでした。
宣宗~僖宗にかけて沙陀や黨項などが勢力を拡大する地域でした。

⑧.中和二年[882]渭北節度賜號保大軍節度,增領翟州,以延州置保塞軍節度黄巣の京師占拠に対して、節度使李孝昌・東方逵などが討伐に参加しましたが、弱小軍のためあまり影響はないようです。
翟州は唐末に鄜州の鄜城県を分離して置いた州です。延州を分離する代替として名目上領州を増やしただけでしょう。
光啓年間より夏綏・延州節度とともに黨項系の拓跋氏[思孝-思敬]が占拠する地となり、やがて鳳翔李茂貞の支配下に移りました。
コメント

涇原[けいげん]節度使の歴史

2018-10-06 11:21:58 | Weblog

①.大暦三年[769]置涇原節度使,治涇州。
邠寧節度使馬璘[邠寧慶涇原]が涇州に移治し成立。
吐蕃の侵攻に対する防衛が邠寧一鎮では力不足であり、強大な朔方河中郭子儀の軍団を邠寧慶に配置して共に防ぐことを企画しました。
しかし旧邠寧軍は安西四鎭と北庭節度使から、安史の乱に際して派遣された軍団を母体としており、あちこちを転々と流浪し、やっと邠州で落ち着いたと思うと、さらに辺境で危険な涇原への移鎭を宣告されたため、軍団兵士の憤激は激しく、乱が企てられましたが、首帥の馬璘が先行し、留後の段秀實がなんとか慰撫をして無事に移動することができました。

②.大暦五年[771]涇原節度使馬璘訴地貧軍廩不給,遙領鄭、潁二州。
涇原二州とは言え、原州は失われて行州であり、涇州も戦乱に荒れ果てた地域でったので、到底軍団を養える状態ではありませんでした。
また移鎭時の不満も残り、憂慮した節度使馬璘は増領を要求しました。当然の要求であったので内地の河南鄭州と潁州二州の税を与えることで納得させた。これらは飛び地です。

③.大暦十四年[779]潁州隸永平節度使
大暦十一年馬璘は卒し、留後段秀實が継ぎました。
度支からの糧食供給も円滑になってきたので飛び地を返却していくことになりました。しかし宰相楊炎に秀實は憎まれて解任されました。

④.建中元年[780]劉文喜の乱
後任は厳格な李懷光[朔方河中]が兼任し、さらに辺境の原州築城移鎭が決まると、不満な牙軍は劉文喜を首領として吐蕃と通謀しました[しかし吐蕃は応じなかった]。
德宗は懷光を解任し、徳望のある朱泚に交代させたのですが、四月に反しました。朱泚らはこれを包囲し、牙將劉海賓等は形勢不利とみて文喜を殺して降りました。

⑤.建中二年[781]鄭州隸永平節度

⑥.姚令言の乱
建中四年[783]淮西李希烈が侵攻し、危機となった東都を助けるため關内の諸軍が動員されました。
十月節度使姚令言に率いられた涇原軍が、寒風の中を京師を経由して東都に向かったのですが、あまりの低待遇に憤激して反して京城を襲撃しました。
德宗は奉天城に敗走し籠城することになりました。
もともとは叛意はなかった姚令言も、前鳳翔幽州節度使朱泚を奉じて反乱を起こすことになりました。[この時唐朝は軍費に苦しんでいたのは事実ですが、德宗自身は私財を貯め込んでいました]

涇原の残留軍は馮河淸を節度使として唐朝側に残ったのですが、興元元年[784]4月牙將田希鑒は河淸を殺して朱泚につきました。
しかし形勢が不利になると6月朱泚をも裏切り唐朝に帰服しました。
副元帥李晟はこれを赦さず閏10月に誅しました。

④.貞元六年[790]涇原節度領四鎮北庭行軍節度使
この歳、吐蕃が北庭都護府を陥し、節度使楊襲古は敗死し本来の北庭節度使は亡びました。

貞元七年[791]築平涼故城.築朝谷堡、九年築鹽州城により涇原は対吐蕃防衛線を構築します。
元和三年[808]の築臨涇城により防衛線は完成します。

⑦.元和四年[809]涇原節度增領行渭州。

その後涇原節度使は神策系の武将が主に節度使となります。

中和元年[881]黄巣の京師占領後、節度使程宗楚等は奪回に参加しますが敗死しました。

中和二年より張一族が涇原節度使を世襲していきます。
しかし弱小藩鎭なので大勢に影響を与えることはありません。

⑧.乾寧元年[894]涇原節度賜號彰義軍節度,增領渭、武二州。

鳳翔李茂貞の勢力下に入り李繼儼[茂貞の子]が節度使となり五代へと続きます。
コメント

邠寧[ひんねい]節度使の歴史

2018-09-29 14:53:13 | Weblog

-----------------------------
邠寧[ひんねい]節度使の歴史
-----------------------------
①.至德元年[756]
「別置關內節度使以代採訪使,徙治安化/順化郡」


關内道で京畿以外を管轄した關内採訪使[採訪使権限=六條檢察非法;擇賢刺史領之。非官有遷免,則使無廢更。惟變革舊章,乃須報可;自餘聽便宜從事,先行後聞]を節度使に編成替えしたもので、後記の邠寧節度使と領域が重複するのですが混乱期なのでやむをえないでしょう。

7月京師が陥落し、肅宗が朔方軍により擁立され、前蒲州刺史兼蒲關防御使呂崇賁が關内節度使兼順化郡太守となります。これはドタバタ中の一時的なものです。
12月兵部尚書王思禮が關内節度使となり実質的に成立します。
至德二年[757]9月に潞沁節度史程千里が賊に捕らえられて以降はこれを兼任します。

②.乾元二年[759]朔方節度使より分離する
「置邠寧節度使領州九:邠、寧、慶、涇、原、鄜、坊、丹、延」
③.上元元年[760]渭北節度使が分離します。
「罷領鄜、坊、丹、延」
④.上元二年[761]關内節度使は廃止される。
「廢關內節度使,罷領單于大都護,以涇、原、寧、慶、坊、丹、延隸邠寧節度,麟、勝隸振武節度。」


7月王思禮は河東節度使に転じる。②の乾元二年は上元元年[760]の誤りでしょう。
上元元年正月対吐蕃防衛の為に邠寧[桑如珪]鄜坊[杜冕]がそれぞれ副使となり、京師にいる郭子儀が両節度使を兼任するという体制となりました。しかしこれは肅宗・宦官李輔國が、郭子儀の軍權を取り上げて敬遠するという方策であり、軍備の弱体化を招き、廣徳元年[764]の吐蕃による京師陥落を招く原因となりました。
邠寧節度使は絶えず吐蕃の侵攻を受け、原州・慶州等は実質存在ていません。

⑤.大暦三年[768]
「罷邠寧節度使.朔方節度增領邠、寧、慶三州」
「置涇原節度使,治涇州。」


吐蕃の連年の侵攻は絶えず京師を脅かし、邠寧節度使[馬璘]単独の力では防禦力が不足していました。そのため河中府で強力な兵力を擁していた郭子儀に邠寧慶三州を与え[河中.朔方.振武.邠寧を兼任し兵馬副元帥である]て防禦の責任を与えました。
馬璘は分離した涇原節度使に転任となりました。
従来の邠寧軍はさらに貧寒で危険な涇原への移転を拒否して軍乱をおこしそうになりましたが、留後の段秀實等の努力によってなんとか移転することができました。
邠州には郭子儀の代理の武将が常駐し、涇原と協力して対吐蕃防衛にあたることになりました。

⑥.大暦十四年[779]
「復置邠寧慶節度使」
「朔方節度、析置河中、振武、邠寧三節度」


5月德宗皇帝が即位し、絶大な武力を握っていた郭子儀を太尉に祭り上げ、河中邠寧は李懷光に、振武は渾瑊に、朔方は常謙光に分領させることなり、邠寧慶節度使が復活しました。

8月李懷光は指揮に従わぬ邠府宿將史抗、温儒雅、龐仙鶴、張獻明、李光逸等を粛清しました。

⑦.建中二年[781]
7月邠寧河中李懷光は朔方節度使を兼任し、成德・魏博等の征討に向かい、4年10月の奉天の役には急行して来援し大功を上げました。しかしその後陥れられ反したにされました。
邠寧軍は河中に移る李懷光派と、邠州に残る唐朝派に分裂し、邠州派は興元元年4月韓游瓌の指揮を受けることになりました。

⑧.継承時の軍乱
邠寧節度使は京師に隣接し、吐蕃から北方を防衛する重要拠点のため強力な兵力が置かれていました。節度使の継承には牙軍の支持が必要で、継承の度に紛争が起こりました。

 貞元四年[788]韓游瓌が失脚、左金吾将軍張獻甫の継承時に軍乱 誅二百
 貞元十二年[796]張獻甫卒、楊朝晟の内部昇格の為騒乱無し
 貞元十七年[801]楊朝晟卒、定平兵馬使李朝寀が任じられるが入れず。牙軍が推す高固が就任
 元和二年[807]高固が離任、西川節度使高崇文が都統として就任
これより継承時の騒乱がみられなくなりました。

 邠寧節度使は原則として神策系の武官が就任していきます。
 
⑨.大中三年[849]
「邠寧節度以南山平夏部落叛,徙治寧州,及內附,復徙故治。」

大中五年[851]
「增領武州=蕭關」


會昌年間[842~846]回紇帝国が崩壊し、吐蕃も弱体化。慶州付近に移住していたチベット系の黨項[タングート]が騒乱を起こすようになってきました。

三年七月邠寧節度使張君緒は吐蕃の故地蕭關を取り、他にも次々と河西の旧領が回復されていきました。
そのため邠寧節度使を邠州から寧州に前進させてその統治にしました。

⑩.大中五年
黨項の騒乱の鎮定のため宣宗皇帝は、宰相白敏中を司空同平章事充招討黨項行營都統制置等使南北兩路供軍使兼邠寧節度使として派遣し慰撫させました。
次期節度使の畢瑊の努力もあって、慰撫は成功した模様で、六年四月には敏中は西川へ転任しました。
宣宗や令狐綯に敬遠されていたのか宰相には復帰できなかったようです。

⑪.廣明元年
黄巣が京師を陥すと、神策軍とともに軟弱化していた邠寧軍も崩壊し、將王玫は黄巣に、朱玫は李存禮を節度使に擁して唐朝にと分裂しました。

⑫.光啓元年[885]
「邠寧節度賜號靜難軍節度」


その後朱玫が節度使に任ぜられ京師回復に功績がありました。
しかし宦官田令孜の専権に反発して、
光啓二年令孜とその傀儡の僖宗皇帝を興元に逐い、
嗣襄王を皇帝に擁立します。
その後共謀した鳳翔李昌符と対立し、
部下の王行瑜に裏切られて殺されます。

王行瑜が継いで邠寧節度使となりましたが、
鳳翔李茂貞・華州韓建と組み、昭宗皇帝を圧迫して支配しようとします。
ところが乾寧二年[895]沙陀出身の河東節度使李克用の攻撃を受けて敗死します。
やがて邠寧節度使は李茂貞の支配下に入り、
甥の李継徽[楊崇本]が節度使となり、五代に入ります。
コメント

穆宗・敬宗・文宗方鎭表を追加

2018-09-26 19:34:20 | Weblog
全国再統一を目前に宦官に殺された憲宗皇帝の後、無能な遊び人穆宗皇帝が即位して再び河北三鎮を失ってしまいます。そして低能の敬宗皇帝を経て、生真面目な文宗皇帝が宦官達に擁立されます。しかし彼は宦官達が嫌いでした。そのため宋申錫や李訓・鄭注などを用いて宦官を排除しようとしますが、優柔不断な為に失敗し、かえって宦官達が専権をふるうようになります。

唐史資料集穆宗敬宗文宗方鎭表[長慶.寶暦.大和.開成]をご覧ください。長慶元年から開成五年までの推移です。

インターネットエクスプローラーでご覧ください。Firefoxではエラーが多発します。PDFとの相性が悪いようです。

◎.異動した方鎭をセットにしています。
◎.黒字は新旧唐書・資治通鑑に記載された項目
  赤字は刺史考や全唐文・冊府元亀などから追加した内容です。
◎.使相は 赤字の 相+□ マークをつけています。

 赤字内容についてはさらに追加する予定です。
コメント

左と右に関すること

2018-09-25 10:59:07 | Weblog
官職データを整理していて、結構イラッとさせられるのが左右の関係である。
僕射、尙書丞、統軍・大将軍・将軍。庶子・諫議大夫等々左右に分かれているものは多いが、記録は極めていい加減である。史料により同一人物の左と右が違うのは枚挙に暇がない。官位・官職にはうるさい連中だと思うのに。
また「左遷」という根拠のない用語も気になる。語源では「中国では右尊び、左にうつることは格下げ」と称しているが、少なくとも唐代では同一官職で左に移ると昇格である。日本の左右大臣と同じである。奈良・平安時代の日本の官職は唐の影響下にあるので当然であるが。
さて右が上だったのはいつの時代なのだろう、辞書にはなにも記載されていない。
他に記載がいいかげんなのは、将軍と大将軍の区別だ。どうみても大将軍格の人物が将軍と記載されている例が多い。上将軍とか統軍とかいうのもあるが
コメント

德宗方鎭表を追加

2018-09-11 08:02:07 | Weblog

大暦14年、藩鎭に低姿勢を通した代宗が崩御し、新進気鋭の德宗が即位し新政を開始しました。そして藩鎭抑制策を強化し魏博を圧迫し、山東・成德を解体できましたが、あまりに戦線を拡大したのと、淮西李希烈の叛逆により財政が破綻して、低待遇に憤激した涇原軍が京師を犯して元幽州鳳翔節度使朱泚を擁立しました。德宗は奉天城に遁走して唐は滅亡の危機に陥りました。そこは朔方李懷光の反転救援により救われたのですが、また李懷光にも背かれ戦乱は続きました。その後李晟・渾瑊・馬燧らの活躍によりなんとか息をつくことができたのですが、隙をついた吐蕃の侵攻が激しくなり、唐はひたすら防戦する状況でした。
德宗皇帝は偏狭な性格で、人の好き嫌いが激しく、唐の滅亡の原因となる宦官に兵権を与えるなど失政が多い暗君でした。
貞元の残り20年間はただ回復に努める期間になりました。
唐の再興には次々代の憲宗皇帝をまたなければなりません。


唐史資料集德宗方鎭表をご覧ください。永貞・元和方鎭表は順宗憲宗方鎭表に改名しました。

尚、インターネットエクスプローラーでは問題なく閲覧できますが、Firefoxなどでは PDFの表示方法を変更する必要が
あります。
[ツール→オプション→一般の下のプログラム→PDF文書[pdf]をfiredoxでプレビュー表示からAdobe Acrobat Readerを使用するに替える等]

◎.異動した方鎭をセットにしています。
◎.黒字は新旧唐書・資治通鑑に記載された項目
  赤字は刺史考や全唐文・冊府元亀などから追加した内容です。
◎.使相は 赤字の 相+□ マークをつけています。

 赤字内容についてはさらに追加する予定です。

コメント

唐の外交関係 2

2018-08-10 20:58:16 | Weblog
吐蕃=太宗時は唐に従っていましたが、高宗・則天時には隴右や西域に侵攻してきました。玄宗時には唐が押し気味でしたが、安史の乱に乗じて隴右を奪い、一時は代宗を京師から逐って占領することもありました。その後も關内に侵攻し唐の悩みの基[防秋]でした。劍南[四川]地方では崔寧・韋皐などが雲南蠻と連合して対抗し、やがて吐蕃は内寇により弱体化しましたが、西域もすっかり奪われてしまいました。

雲南蠻・南詔=唐、ついで吐蕃の下位についていましたが、勢力を増すと唐と連合して吐蕃を攻撃します。唐末には安南など嶺南地域や劍南に侵攻して唐の悩みの基になりました。

新羅=百済・高句麗制圧には唐に従い、その滅亡後は大半を自領にしてしまいます。そのため一時は唐に攻撃されますが、表面上は謝罪し、実利はしっかり得ています。太子や王子を長安に常駐させるなど唐の配下国としては高い地位を占めています。

渤海=一時対立しますが、大半の期間は配下国として友好関係にあり、郡王→国王に封ぜられ、やがて河北三鎮が間にできたために希薄な関係になります。

日本・倭=百済征討時には対立しますが、やがて唐に歸順します。唐からいえば群小のどうでもよい国の一つです。ただ文化程度は少し高いと思われていたようです[使節の評価から]。

ですから、唐が「新羅」より「日本・倭」を下位に置くのは当然であって、もちろん「吐蕃」より下、また唐軍を西域で破っていた「大食」より下です。回紇などは唐の兄弟分ですからはるか上です。古麻呂が抗議しても儀典にうるさい唐の官僚からいえば「無知な蛮夷がなにをほざく」程度の扱いでしょう。馬鹿にされた古麻呂が帰国して「妄言」を吐いたというのが実情でしょうね。
新羅が日本に朝貢[実際は日本の妄想に近いですが]していたのは、唐と一時関係が悪化したため、挟撃されるのを懼れて、日本のご機嫌取りをしたという所でしょう。唐と改善した後は頭を下げる必要はないわけです。
コメント

唐の外交関係 1

2018-08-10 20:37:50 | Weblog
某右翼系雑誌[大手出版社の]を読んでいたら、また大伴古麻呂が新羅と席次を争い勝ったとかいうでっちあげが載っていました。いくら韓国・朝鮮が嫌いだからと言って嘘はいけません。でもこの話はWiki「大伴古麻呂」にも載っているのです。唐史にいくらかでも知識があればいかにありえない話かわかるはずですが、日本史しか知らない記載者は古麻呂の偽報告を事実と思い込んでいるのでしょう。
唐初~唐中の外交関係では

高麗・高句麗=隋の煬帝が敗北し、唐の太宗も敗北するという強国であり、高宗時代にその内紛に乗じて滅ぼすことができました。ここはほぼ敵国です。

突厥=唐初には唐が下位であり、高祖は常に朝貢をしていました。世民[太宗]が簒奪した時には、突厥可汗がそれを責めて侵攻し、太宗はひたすら謝罪して莫大な貢物をして赦してもらいました。その後突厥は衰亡し太宗に滅ぼされました。

第二突厥=則天時代に突厥は再興し、河北に侵攻し、唐軍は敗北を重ねました。玄宗時代にその内紛に乗じて滅ぼしました。

回紇=最初は唐に従っていましたが、安史の乱は唐軍には鎮圧できず、回紇の援軍を得てかろうじて破ることができました。関係としては兄弟関係の同盟を結んだと考えられます。唐の皇太子[德宗]が回紇可汗と会った時、拝礼しなかったため、唐の官僚達がその無礼を責められ打ち殺されています。その後も対吐蕃対策に助力を仰いでいました。唐末に衰微し唐には見捨てられ残部は西遷していきました。

百済=高句麗・日本[倭]と連合し、唐や新羅と対立したため、攻められて滅亡しました。一旦、唐の領土となりましたがまもなく新羅が占有してしまいました。
コメント

永貞元和年間方鎭表追加

2018-08-06 11:13:21 | Weblog
憲宗皇帝が半独立していた淮西・淄青を平定し、成德を帰順させ、ほぼ唐の領域を回復した元和年間の方鎭表を年別にPDF化しています。インターネットエクスプローラでは正常に表示されるようです。德宗が崩御し、順宗が短期間在位した貞元21[永貞1]から、憲宗が弑逆された元和15年の期間を年代-方鎭別に表化しています。
唐史資料集の永貞元和年間方鎭表をご覧ください。

◎.異動した方鎭をセットにしています。
◎.黒字は新旧唐書・資治通鑑に記載された項目
  赤字は刺史考や全唐文・冊府元亀などから追加した内容です。

 赤字内容についてはさらに追加する予定です。

次回は德宗皇帝の大暦14年~貞元20年を予定しています。
コメント