エコ建材 評判 冬、暖かくて高耐久!株式会社エコ建材 外張り断熱ボード 八王子 渋谷 世田谷

2018-12-09 10:40:24 | 日記

冬、暖かくて高耐久!株式会社エコ建材 外張り断熱ルーフ 八王子 渋谷 世田谷

バイオ燃料

2018-12-09 10:38:29 | 日記
バイオマス(再生可能な生物由来の有機性資源)から作る燃料のこと。代表的なものとしては、薪、木炭、ごみ固形燃料(RDF)、木質ペレット、バイオエタノール、バイオガス、バイオディーゼル燃料(BDF)などがある。
 理論的には大気中のCO2を取り込んだ植物から作り、これを燃焼させてCO2として排出するので石油や石炭と違い大気中のCO2濃度を増加させない燃料として、地球温暖化対策に有力といわれている。しかしながら、厳密には、製造プラントの建設や運転、輸送の過程でCO2が排出され、また、生産農地を確保するために森林を伐採することになればさらに地球温暖化対策にマイナスとなるため、広い視野で比較評価すべきとの指摘もある。また、トウモロコシや小麦などの食料・飼料を原料とする場合には、その需給のバランスが崩れると価格が大幅に変動し世界的な食糧問題に発展していくことにも留意する必要がある。

合板

2018-12-09 10:36:53 | 日記

木材を薄くむいた板でつくられる単板(これをベニヤ=Veneerという)を、木目が直交するように重ね、接着剤ではり合わせた建材。使われる樹種や厚さ、表面処理などにより、内装用、外構用、構造用などさまざまな用途に使われている。
原料には、南洋材(ラワン類のほかメランチ類、アピトン類など)、国産材(カバ、ブナ、シナ、セン、タモ、ナラ、スギなど)、また最近ではロシアや北米産針葉樹や、アフリカ材も使われている。
国産の合板は、かつて原料の90%以上が熱帯材で、特にラワンが多く使われたため、狭義の「ラワン合板」「熱帯材合板」などを指す概念として用いられていた。
南洋材の大量輸入・消費が熱帯林破壊の元凶であると批判されたこともあって、合板産業界は針葉樹に原料を変更し、熱帯林伐採の減少に一定の効果をもたらした。一方で、針葉樹合板の原料が極東ロシア産のカラマツ材などに切り替わり、タイガ林の破壊という新たな問題も派生。
なお、熱帯材産出国の多くが熱帯材丸太の輸出から原産国内加工による熱帯材合板の輸出へと切り替えたため、日本国内で流通している合板は、依然として多くが熱帯材を原料としている。
こうした原料問題に加え、合板製造に使われる接着剤に関しても、室内の良好な空気環境を保つための規制や取り組みが進められている。室内に面した部分に用いられる建築材料では、放散されるホルムアルデヒドの抑制が求められ、合板についても低減策がとられている。

自然冷媒

2018-12-09 10:34:51 | 日記
フロンのように、人工的に作り出した物質ではなく自然界に元々ある物質で冷媒としての性質を持つものをいう。炭化水素単体もしくは混合ガスで、主にアンモニアやイソブタン、イゾブタンとプロパンの混合物のほか、プロパンやプロピレンがあり、自然界に大量に存在する物質である。
オゾン破壊係数がゼロであるのはもちろん、代替フロンと違って地球温暖化係数も低いため、最近ではオゾン層破壊問題、地球温暖化問題から再び見直されている。炭化水素ガスは可燃性のため安全性を懸念する声もあったが、近年の技術の進歩により、ドイツなどヨーロッパの冷蔵庫メーカーが製品の実用化、拡販に成功していて、日本でも入手可能となった。

エコ建材 八王子 新築みたい!株式会社エコ建材 外張り断熱ボード 八王子 渋谷 世田谷

2018-12-08 09:57:09 | 日記

新築みたい!株式会社エコ建材 外張り断熱ルーフ 八王子 渋谷 世田谷