エコ建材 評判 安心施工!株式会社エコ建材 外張り断熱ボード 八王子 渋谷 世田谷

2017-01-29 10:13:55 | 日記

安心施工!株式会社エコ建材 外張り断熱ルーフ 八王子 渋谷 世田谷

可塑剤

2017-01-29 10:12:38 | 日記
可塑剤とは、プラスチックに柔軟性を与えたり、加工をしやすくするために添加する物質のこと。
粘土細工では粘土に水を加えて軟らかくするが、可塑剤(常温では一般に無色透明な液体)はその場合の水と同じような働きをする。
可塑剤は主に、ポリ塩化ビニル(PVC)を中心としたプラスチックを軟らかくするために用いられ、そのほとんどが酸とアルコールから合成されるエステル化合物である。日本の年間生産量はおよそ488千トン(1999年)である。その内、フタル酸エステルが85.0%を占め、フタル酸ジ(2-エチルヘキシル)(DEHP)が主なものとなっている。可塑剤にはフタル酸系のほか、アジピン酸系、エポキシ系、ポリエステル系、リン酸系、脂肪酸系などがある。硬質PVC樹脂では可塑剤を入れないか、入れても5%程度であるのに対し、軟質PVC樹脂では30~50%可塑剤を加えるといわれる。可塑剤は樹脂と結合しているわけではないので、時間の経過とともに可塑剤が気散して樹脂が硬化したり、PVC樹脂から可塑剤が溶出したりする。
こうした可塑剤のなかには環境汚染が危惧されたり、環境ホルモンでないかと疑われているものがある。


新潟水俣病

2017-01-29 10:11:31 | 日記
日本の4大公害訴訟の1つとされている有機水銀中毒事件。
日本では、メチル水銀に汚染された魚介類の長期間、多量の摂取による中毒性の中枢神経系疾患のことを、最初に発見された熊本県水俣湾周辺の地名をとって一般的に「水俣病」と呼んでいる。新潟県阿賀野川流域で発生が確認されたものは新潟水俣病または第2水俣病と呼んで区別する場合がある。
この原因企業は昭和電工鹿瀬工場(新潟県)で、1950年から化学製品の中間品としてアセトアルデヒドの生産を行っていた。国内ではチッソ(新日本窒素)に次ぐ生産量で、アセトアルデヒドの製造工程で触媒として使われた無機水銀から微量のメチル水銀が工場排水として阿賀野川に排出された。
阿賀野川下流域で生物濃縮を経て魚介類中にメチル水銀が蓄積し、河口に近い魚介類の水銀濃度が高くなった。
新潟水俣病は1965年に発生が確認され、2002年2月末時点での公害健康被害補償法による認定患者は690名(累計)に及ぶ。

杉並病

2017-01-29 10:10:38 | 日記
1996年頃から東京都杉並区の都清掃局杉並中継所井草森周辺の住民が、視神経異常などの化学物質過敏症に類似した健康被害を訴え続けている問題。
杉並不燃ごみ中継所が原因物質の発生源ではないかという住民運動が起きている。「化学物質過敏症」の患者の大半はいわゆるシックハウス病症群と呼ばれる室内空気の汚染によるものだが、杉並の患者のように大気汚染が引き金となって集団発症したと疑われる事例は珍しい。大気分析では、アルデヒド類などが多く、クレゾールなどのような異臭が発生し、一般の都市の空気と異なり通常なら多くみられる石油系の成分が比較的少なく、杉並の空気の異様さを指摘している。
2000年になり、硫化水素が原因物質であるとの都の見解が出されたが、詳細は解明されていない。現在、国の公害等調整委員会に原因裁定の申し出をし審理中。

エコ建材 八王子 断熱効果で省エネにも!株式会社エコ建材 外張り断熱ボード 八王子 渋谷 世田谷

2017-01-28 09:38:59 | 日記

断熱効果で省エネにも!株式会社エコ建材 外張り断熱ルーフ 八王子 渋谷 世田谷