いきがかり上いたしかたなく・ぶろぐ

寄る年波には勝てないし難しいことは出来ないし、行き掛かり上致し方なくブログに頼ります。

但東暮らし 242〜クレマチスとヨツメトビケラ〜

2019-05-09 23:52:00 | 但東暮らし
実家の玄関先のクレマチスが、今年は未だかつてないくらいたくさん咲いている。花が付きすぎて、ブロック塀に寄りかかるようにしておかないと、すぐに後ろに倒れ込んでしまう。
 
親がこの花を「テッセン」と呼んでいたので、ずっとテッセンなのだと思い込んでいたのだが、調べてみたらテッセンは花弁が白で6枚。さらに雄しべが花弁っぽく変形していて、明らかに別物だった。まあ、ネットでいろいろ見てみると、クレマチス全体を指してテッセンと呼んでいるサイトもあったが、あくまでもテッセンはクレマチス属の原種の1つであるらしい。
 
まあ、呼び方が何であるにせよ、こんなにいっぱい咲いてくれたのは(私が知る限りでは)初めてなので、とても嬉しい。
 
 
最近、草を見ると抜かずにおられないという病におかされているので、実家の前のニワフジのあたりの草を抜きまくっていたら、溝の蓋の上にヨツメトビケラがいた。蓋の穴から中を覗き込んだりしているので、ちょっとハラハラしてしまう。とにかく、ヨツメトビケラは落ち着きがない。落ち着けっ! 落ちるぞ!
 
きょうは時間があったら、けんこう会館の前の草取りの続きをするつもりだったのに、キウイの棚の下とか裏庭の草取りに夢中になり、住宅の居間とか親の寝室に掃除機をかける時間もなくなった。親がデイサービスから戻ってくる直前まで、コロコロで必死に掃除。よかったよ、他の用事(住宅のトイレの掃除とか洗濯物を取り込んで畳むとかお薬カレンダーに親の薬を入れておくとか炊飯器をセットしておくとか湯沸かしポットに水を足しておくとか、その他いろいろ)を、草を抜き出す前にすませておいて。
 
草を抜いている最中は鼻歌まじりなのだが、晩ご飯のしたくをしているあたりから急激に疲れてくる。けんこう会館に戻ってご飯を食べだすあたりでは魂が抜けた状態。で、そのまま早く寝ればいいのだが、やりたいことが多すぎて寝られない。
 
あ〜、今夜もすでにこんな時間。たまには早く寝ないと死んでしまう。でも、まだやりたいことがいっぱいあるよ〜。
コメント   この記事についてブログを書く
« 但東暮らし 241〜大光寺の滝... | トップ | いこいの杜〜きょうのまかな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿