PLANKTON NEWS and REPORT

プランクトンのアーティスト・ニュース&ツアー・レポート

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11月に単独ツアー決定!シェウン・クティ&エジプト80!!

2012-08-06 | プランクトン・レーベルのCD

先日のフジロック熱演の興奮冷めやらぬうちに、SEUN KUTI & EGYPT 80の単独来日公演が決定!11月に東京・大阪クラブツアーです!

あの壮大なスケール感の正統アフロビートの真骨頂!ステージを数百人のクラブで見れるというのは、世界規模で見てもすごく稀なチャンス!!8歳の時からフェラ・クティの前座でステージを経験、見る度に、驚くほど成熟度を増している、そのパフォーマンスをぜひお見逃しなく!!

詳しくはSMASHのサイトへ!!

写真は、フジロックの超多忙スケジュールの合間をぬって取材に答えてくれたシェウン!音楽的のみでなく、現代アフリカをしょって立つオピニオン・リーダーである事を強く自覚するシェウンですが、日本の歴史、文化には深く共感、尊敬の念を持ち、非常に特別な思いを持っており、だからこそ遠いこの地に何度もライブで足を運んでくれている様です。

この時のインタビューの掲載は、また追ってご紹介します!

 


新譜案内:Baiana System 『バイアーナ・システム』

2012-08-05 | プランクトン・レーベルのCD

今月の新譜:Baiana System『バイアーナ・システム』

動画:JAH JAH REVOLTA - BAIANA SYSTEM

バイーアのご当地フレイヴァーをたっぷり残しながら、それをダブ/ルーツ・レゲエ的に再解釈した本作には、細かく見ていけばその他にも多種多様な味付けが施されていることが分かるだろう。先述したようなラーガ・ロックやエレクトロニック・ダブのみならず、ルンバ・コンゴレーゼやチャンペータ、ディープ・ハウス、ハードロックのテイストを感じさせる瞬間もあるし、そのミクスチャーぶりには驚かされるばかり。だが、その〈なんでもあり〉感が実はトリオ・エレトリコの本質であり、バイーアの底力なのだろう。
(大石始/ライナーより)

発売日:2012年8月4日
解説:大石始
VIVO-264
税込2,415円 (税抜2,300円)

http://plankton.co.jp/264/


FUJIROCK EXPRESS

2012-07-30 | プランクトン・レーベルのCD

今年も無事終了したFUJI ROCK FESTIVAL。ヤエル・ナイム、シュウン・クティ&エジプト80、渋さ知らズのライブレポートが早くもFUJIROCK EXPRESSで紹介されていますので是非チェックを!

FUJIROCK EXPRESS

7/29(日) ヤエル・ナイム

7/28(土) SEUN KUTI & EGYPT 80

7/29(日) 渋さ知らズオーケストラ

 


デラジャー&ザ・ドンキー・ジョー・ボーン

2012-05-22 | プランクトン・レーベルのCD

70年代後半の黄金期のルーツ・レゲエが、本物のレベル・ミュージックが現代に甦る!
全曲ヴィンテージ・アナログ機材で録音された傑作デビューアルバム!!

「まさに垂涎もの! ルーツ・ロック・レゲエ好きのための音。掛け値なしで良質のアルバムだ」鈴木孝弥

艶消しの渋い声を聞かせるジャマイカのシンガー、デラジャーは、オーガスタス・パブロのレコード店に出入りしているところを、名シンガー:シュガー・マイノットに認められ、伝説的ギタリスト:アール・チナ・スミスのプロジェクトに参加することでデビューしたというルーツ・レゲエの申し子。DJスタイルの先駆者:ビッグ・ユースもフィーチャーしたデビューアルバム。

絶対オススメです!!!

デラジャー&ザ・ドンキー・ジョー・ボーン/パリス・イズ・バーニング
税込¥2415(税抜¥2300)/VIVO-395/JAN:4562132123959/解説:鈴木孝弥


マイア・ヴィダル新ビデオクリップ「フォロー・ミー」

2012-04-26 | プランクトン・レーベルのCD

マイア・ヴィダルの新作ビデオが完成しました。ZAZのオープニングでも歌ってたポップでキャッチーな"Follow Me"。

羊の毛皮をまとい、羊飼いの狼のごとく羊の群れを率いたり、動物達と素敵なティーパーティをしたり、独特な、おしゃれでかわいくちょっと妖しいマイア・ワールドが繰り広げられています!

Maïa Vidal - "Follow Me" (official music video)


マイア・ヴィダルあれこれ、続き

2012-02-27 | プランクトン・レーベルのCD

マイア・ヴィダルはZAZの最終公演を大阪で終えましたが、滞在期間を延長し、母、祖母(日本人)、と今京都辺りに行っている模様です。どこかで見掛けたら声を掛けて下さいね。

マイアは日本人とドイツ人のハーフである母の教育のおかげで日本語を多少話せますが、小さい頃はアニメを見て楽しんで日本語を練習していたそう。とても好きだった漫画があって、それが何なのか、最初私達は分かりませんでした。

ヒントは、

一、主人公が「ツネコちゃん」

二、音楽をジョン・ゾーンが担当している。

そんな前衛的なアニメあったっけ!?

答えはこれでした。なるほど!さすがマイア、小さい頃からの趣味が既にシュールでアーティスティックですね!ちなみに日本のウィキペディアの方には、音楽については言及されてないみたい。

写真で手にしてるギャルなスマホのデコケースは、見た目の通り日本製でした。(NYのディストリビューターのサイトで買ったんだって。)

 


マイア・ヴィダルあれこれ

2012-02-24 | プランクトン・レーベルのCD

ただいまZAZのオープニングで来日中のマイア・ヴィダル。母方のおばあちゃんが日本人(Kumi Korfというアーティスト)だという事もあり、日本語のMCもかなり頑張ってます。2日目の今日はかなり客席からの反応も良く、非常に手応えを感じていました!

マイアは数日前に24歳になったばかりですが、現在の"妖精の様な可憐ないでたちでアコーディオン、トイ・ピアノなどを弾くスタイル"に至るまでは、色々な道をたどって来ました。「出来そうな手近な楽器からとにかくやっちゃおう!」というのは、パンクスのD.I.Y精神から学んだものでした。

以下は、マイア・ヴィダル名義を名乗る前の、Your Kid SisterというユニットでのRANCIDのカバー。

Maïa Vidal (your kid sister): Poison

ちなみに原曲はこれです。

Rancid Poison

ランシドのリーダーのティムからは、マイアに直接電話がかかってきてこのカバーを賞賛され、「アルバムにも入れた方がいい!」と言われて、別の"It's Quite Alright"が唯一のカバー曲として収録される事になりました。

それより前、10代ののマイアはバリバリのパンクスで、髪が青かったりオレンジだったり、Kievというガールズバンドをやってたそう。その時、コカ・コーラが募集した”ホントのガールズ・バンド”のオーディションに受かり、バンドがN.Yの近所のライブハウスやカフェで撮影、友達や知り合いや家族もエキストラで出演したというCMがこちら!

Kiev Coca-Cola Advertisement

コートニー・ラヴ似の金髪のメインボーカル&ベースがマイアで、当時16歳!やっぱりすごくかわいい!ですね。「人生で一番コートニー・ラヴな時期だった」そう。

マイアの家族は何でも子供のやりたいことを応援してくれるので、パンクスやってるというのに、家族そろって小汚いライブハウスに押し掛けてきては、お父さんはビデオまわしてる、みたいな感じで当時は少し恥ずかしい部分もあったそうですが、こんなかわいい娘ならその気持ちも分かりますね!!

ZAZの明日の大阪公演でもオープニングで出ます!!行かれる方、ぜひご注目を!


マイア・ヴィダル、ヨーロッパ年間ベスト・インディ・アルバムにノミネート!

2012-02-22 | プランクトン・レーベルのCD

マイア・ヴィダルのデビュー作『ゴッド・イズ・マイ・バイク』が、汎ヨーロッパ年間ベスト・インディ・アルバムにノミネートされました!

他にノミネートされているのは、アデル『21』、シガーロス『Inni』、キティー・デイジー&ルイス『Smoking In Heaven』などなど・・

受賞者の発表は2/29(水)に行われ、音楽的功績のみによって選ばれるとのこと!


マイア・ヴィダル、ON THE SHELF!

2012-02-21 | プランクトン・レーベルのCD

来日中のマイア・ヴィダル。昨日収録したON THE SHELF TVでの映像がこちらにアップされています!マイアとギターのシモンは、この世にも小さい、かっこいい棚の空間にピッタリハマっていました!

Maïa Vidal - ON THE SHELF TV TOKYO


マイア・ヴィダル「OTTAVA animato」に出演!

2012-02-21 | プランクトン・レーベルのCD

【マイア・ヴィダル】TBSインターネットラジオ「OTTAVA animato」に出演中!

昨日が誕生日で、24歳になったそうです。おばあちゃんは日本人。

OTTAVAの各番組は、生放送が終わった約30分後には、いつでも再生して聴くことができます。放送終了後1週間以内なら何回でも再生可能。

聞き逃した方はOTTAVAのサイトで是非チェックしてくださいね!

http://ottava.jp/