ゴルフ自問自答2

「自分が納得できるようなゴルフを目指す」
そんな日々の葛藤を気の向くままに綴ります

曲がるラインでもtカップに真っ直ぐに構える

2011-04-15 10:59:25 | パッティング

2011.4.15 sub30 後方

2011.4.15 sub30 前方   

緩やかな上りのフックラインを後方からと前方から撮った。

後方からの動画を見ると31.5インチのパターは自分の構えに対してライ角が合っているといえるのかもしれない。

フックラインということもあり、右に押し出す癖が見てとれるが
スライスほど問題にはならないことが多い。

前方からの動画ではじめの4球はカップを少しオーバーする程度のタッチで
後半の4球はラインを殺した強めのタッチで打っている。
とくに最後の1球は平坦で10yは楽に転がる程の強さで
ピンが無ければ絶対に入らないだう。
真っ直ぐは打てているようだ。

この時またまた大発見をして、今朝もその方法でパットは調子が良かった。

それは、この時にピンの影が真っ直ぐにボールまで伸びていて
それを参考に少し右に打ち出してラインに戻るようなイメージで打ったのだが
これがなんとも言えず打ちやすかったのだ。

もちろん線があれば打ちやすいに決まっているがそれだけではなく

今まで、フックラインの場合は
「カップの右側の目標に向かって真っ直ぐに構えて真っ直ぐに打ち出す」
という意識だったのだが

「カップに一直線に構えた後に、そのラインより少し右に打ち出してそのラインに戻ってくる」
という意識に変えたらラインに球を乗せやすくなったのだ。

ボールのラインも今までは、カップの右側の打ちたい方向に合わせて
そのラインに真っ直ぐに打ち出して、そのラインから外れて左に曲がってカップに入るという
イメージで打とうと思っていた。

しかし、ラインを本当に真っ直ぐに完璧に合わせられるかが気になったのと
そのライン通りに打ち出せるかという不安があったのでどうもしっくりとこなかったのだ。

今回の発見の方法では入れにいく近距離のパットはとりあえずどんなラインでもボールはカップに合わせて
そのラインより少し右又は左に打ち出すという感覚にした。

それの方がボールのセッティングも神経質にならず、打ち出しも
ボールのライン通りに打つよりも楽に打てて結果も良くなった気がする。

遠くから寄せるときは、打ち出し方向にマークをあわせた方がいいように思うが
これは現地でテストして結果が良い方にしようと思う。

これでかなり方向性に関しては前回より進歩できそうに思う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 7I のインパクトのボールと... | トップ | 真っ直ぐなラインもどちらか... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かずくん)
2011-04-15 21:06:58
ネバーコロンブス、良さそうですね。
早速手なずけたようで、何よりです。

はるるさん情報ではロングパットとショートパットでは打ち方に注意が必要らしいですよ、センターパター。

自分の認識も一致します。
ロングパットは軌道が一定しません(汗)。

私の机の上に置いた時、フェイスが完璧に上を向きますが、ネバーコロンブスは少し傾いたと記憶しています。
同じセンターパーターでも特性が違うので一概には言えないですが、ロングパットにご用心!!。
Unknown (かずくん)
2011-04-15 21:08:58
私の机の上に置いた時、・・・・

「私の」が余計でした(汗)。
好調なんです (PING芸人)
2011-04-16 10:02:44
かずくんさん
おかげさまで、このパターは自分の手のような感覚です。短いせいもあるのでしょう。
はるるさんからヒントをもらった30gの鉛で格段に良くなりました。
かずくんさんの仰ったようにライ角も合っていたのかもしれないですね。
これは仰るとおりフェースバランスではなくトウ側が下がりますが、L型ほどではないと思います。
軌道もストレートなのかインアウトイン?になっているのかよくわからないし、フェースバランスが合っているのかいないのかもあまり感じたことがありません。
たた、このパターは理由はわからないのですが
思ったように球が転がせる感じがします。

こう思っているうちはあまり余計なことは考えないで本能で打っていこうと思います。
ラウンドで答えが出るでしょう。

ロングパットはそこまで方向性のレベルが高くないので今は打ち方の違いの必要性を感じない
気がします。しかし、悩んだときにそのようなことも視野に入れてみます。

ネバーコロンブスではなくて、ネバーコンプロマイズなんです。
「コンプロマイズ」は「妥協」。
ネバコンと略すので、コロンブスと思っている方も多いのでしょうね。イマイチマイナーですから(笑)
ちなみにネバコンだけで、6本持っています(汗)
へ~ (かずくん)
2011-04-16 10:30:16
コンプロマイズなんですか!!。
全く知らなかったですよ。
ここだけの話で良かったです。
確かにネバコンとしか言いませんよね。

何でも同じことと思いますが、迷いを減し安心できる道具は絶対必要ですよね。
特にパットはメンタルの影響大ですから。

ランド中はパターの天才と思ってプレーします(汗)。

やっぱりメンタルですねぇ (PING芸人)
2011-04-16 11:42:50
どこかの中古ショップのサイトのメーカー一覧の表示がネバーコロンブスになっていたことがありましたので、誰かが言い出して広まったのかもしれないですね(笑)
パットは入らないとすべて失敗ですので、他のショットのようにアバウトに打てないのが問題ですよね。
また、空中を飛ぶわけではないので、思った通りに打ち出せても入るとは限らないというのも精神的に迷いを生じさせますよね。

自分はパットに関してはネガティブに考えてしまいますので、かずくんさんのようにポジティブシンキングになれるように策を練ってみたいと思います。
道具が信頼できるのが最低条件のようですね。

コメントを投稿

パッティング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事