広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

職場インタビューの中学生さんをお迎えして

2016年11月30日 | Weblog

パソコムプラザ 新浦安では、「職場体験」の中学生さんを数多くお迎えしています。

地域の中学生の方が、1~2日間、実際の職場を体験するというものです。

また今日は、お仕事に関するお話を聞きたいということで、5名の地元の中学生さんをお迎えしました。

総合学習の一環で、職場に出向いて、仕事をしている人にインタビューをして、それを新聞にまとめるのだそうです。

今日はとてもフレッシュな5名の中学生さんたちからのインタビューでした。

ちょうどどのお部屋も授業でふさがっていましたので、スタッフルームにて。

女の子1名、男の子4名のインタビューチームでした。

「この仕事は何年やっているのですか」

「どうしてこの仕事をしているのですか」

「仕事をやっていて一番大変なことは何ですか。」

「一番うれしかったことは何ですか。」

「会社での役割は何ですか。」

・・・などの質問にお答えしていきます。

こういう質問に答える時、自分の考えも整理整頓されていきますね。

職場体験の中学生さんは、年に何人もお会いします。

私は好きですね、中学生さんたち。

みんなとっても可愛いんだもん。お年頃の方ばかりですから、ご自宅ではもっと愛想がないのかもしれないけれど、外へ出て知らない人と接しなくてはならない時、彼らも緊張するでしょうし、それがまたとても初々しい。

短い時間でも一人の大人としてお付き合いさせていただきますよ。

私もお話を伺ったりします。

結構みんな夢や希望を持ってたり、しっかりした考え方をしていたりして、とってもうれしくなるのです。

子供っていいなあ、って思います。

中学生は大人の仲間入り、なんだけれど、でもまだあどけなさの残るこの時期。

一緒にいるだけでうれしくなってしまいます。


逆に、私からも彼らにいろいろ質問しました。

「みなさんは、将来やりたいな、っていうことがあるの?」

「私は、ウェディングプランナーになりたいです。」と女の子。

「いいね~!」

その子とは、私が友人の披露宴でやったことなどを話して、人を喜ばせる企画が立てられるといいよね、なんていうおしゃべりをしました。

「何か、ゲームに関係する仕事をやりたいです。」という男の子。

「ねえ、ゲームって、例えばストーリーを考えるのをやりたいの? それともキャラクターを作りたいの?」

私の友達でゲーム会社に努めている人の話をしました。

人物の台詞を考える仕事ってやってたよ。あれもみんなで協力しないとできないよね。1人だけで壮大なストーリを完成できないもんね。

「僕は歴史が好きです。」という男の子。

「ねえ、真田丸見てる? 見てるよね~! いいよね、最終回楽しみだけど、終わっちゃうの寂しいよね。」。

登場人物で誰が好き? そうか。

ねえ、じゃああのオープニング見た? すごいよね。シブサワコウって知ってる?

ゲーム関係の仕事やりたいキミは知ってるかな。

「動画作成が好きです。」という男の子。

「ユーチューバーみたいのやりたいの? チャンネル持ってる? 私持ってるよ(笑)。」

「え~そうなんですか。」

動画編集は何でやってるの?


・・・逆に私もいっぱいインタビューしました(笑)。

いろんなことにチャレンジしたほうがいいよ、何がどこにつながっているかわからないから、「これつまんない」「関係ない」なんて思わないで、チャンスがあったらどんどん乗ってみたらいい、やってみたらいいよ。

君たちには、選べる未来がたくさんあるから。これやりたい、あれやりたい、いいじゃない。何でもやってみなよ!

親って、子供が「これやりたいんだ」って真剣に言われたら、どんなことをしてでも応援しちゃうよ。

・・・なんてお話をしました。

といいつつ、私も中学1年生の母。我が子に同じことを伝えたいと思いながら、彼らのお話をとっても興味深く聞かせていただきました

みんな今日私にしてくれたようなお話、家でもしてるのかなあ。

家では逆にしないかなあ。

お年頃の男子はデリケートだからなあ(笑)。


でも、とっても楽しいインタビュータイムでした。


キミたちの未来に、やっちゃいけないこと、選んじゃいけないことなんてない!

好きなことをたくさん見つけて、何にでもチャレンジしてほしい!!

ホント応援してるよ。


 

コメント   この記事についてブログを書く
« 日本橋三越にて、スマートフ... | トップ | スマートフォンだけで作れる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事