広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年一番のMyヒット商品 AirPods(エアーポッズ)。今一番のお気に入り。

2016年12月29日 | iPhone講座

★★★2017年1月より、教室ブログのアドレスは 
http://masudayuki.com となります。


仕事柄、新しいものは何でも試してみたくなりますが、年末に購入したApple社のAirPods(エアーポッズ)は、思いのほかいい!

初回入荷分を入手した私。使って次の日から、もう、線のあるイヤフォンを使う気がしなくなりました。

プラスチック製の固い作りなので、耳の形によっては、ちょっと動いただけでぽろっと取れてしまう方もいるようです。

シリコン製などではないから、この形が変わりませんからね。耳に栓をするようなタイプのイヤフォンではなく、外の音も聞こえつつ、イヤフォンの音も聞こえる、というタイプです。

iPhoneに付属のイヤフォンのケーブルをぷちっと切ったかのようなこの形ですが、これ1つでイヤフォンとマイクを兼ねています。

私はこの形が耳に合うようで、走ってもしゃがんでも落ちませんし取れません。耳に入れて45度くらい回転させればピタッと収まります。ラッキーでした。

ケーブルがないというのは、こんなにもストレスを感じないものなのか、日々実感しています。

だって、立ち上がっても、しゃがんでも、別の部屋にものを取りに行っても、もうケーブルの長さを気にしなくていいんです。

引っ張られることも、首や髪の毛に絡まることもない。ケーブルレスがこんなにも私を自由にしてくれるなんて、超うれしい。

音の塊ごと、両耳にくっつけている感じです。

今まで他の無線イヤフォンを使ったこともありましたが、こんなに便利とは感じなかったなあ。結局そんなに使わなかったですからね、そのあと。

AirPodsだと、次の日からもう手放せなくなるっていうのは、どうしてなんでしょう。きっとiOS間の連携がいいんでしょうね。

それからこれを使うことを楽しんでいる自分がいるからなんでしょうね。「おもしろーーーい」と面白がっている自分がいるから。

専用のケースに入れれば、AirPodsは充電されます。専用のケースに磁石が入っているのか、吸い付くように穴にピタッと入っていきます。

まるでAirPodsという生命体が巣穴に帰っていくように(笑)。ちょっと冬眠すればすぐにフル充電で帰ってくるんですよ、この子は。Yuki’s AirPodsという名前を付けて可愛がっています。

ケース自体をこうして充電しておく必要はありますけれどね。

充電しておけば、連続再生5時間です。

AirPods専用のこの充電ケースに入れておけば、15分で3時間分の充電ができるます。15分寝かせれば3時間働いてくれるのです。

Siriに「AirPodsのバッテリーはどれくらい?」と聞くと、バッテリー残量を教えてくれます。

この形状から、海から顔を出しているチンアナゴだとか、耳から白い棒が出ているからウドンだとか言われていますが、チンアナゴだろうがウドンだろうが、とにかくこれは楽しい商品ですよ。

両耳に入れると、ボワンと音がして、動作開始です。耳に入れている時しか使えない仕組みになっているようです。

また音楽を聴いている最中に人に話しかけられたとしたら、耳から1つを外します。するとその時点で音がスーッと消えるように再生がストップします。いちいち止めなくていいのです。

人とお話が終わったら、また外した1つを耳に入れます。すると、再生中断したところからまた、スーッと曲が再開するのです。

プツッと切れるんじゃないんですよ。スーッと再開するんです。フェードイン、フェードアウトの感じがすごく好きです。

いちいち、再生とか停止とか押さなくていいのです。ホント便利。


最初はぽろっと落ちて片方なくしたりしないのかな、と思っていたのですが、1つ外せば音がしなくなりますから、音楽を聴いていた場合その時点で「落ちた」ということが分かります。だから、音楽を聴いている最中に片方なくしちゃう、ということはないんじゃないかな? と思いました。

手に持っていて、ふと気が付いたら1つなかった、ということはあるかもしれませんけれどね。

耳に装着している時に電話が鳴れば、そのまま通話が始められます。

装着しているAirPodsをトントンと2回たたけば、「ご用ですか」とSiriさんが聞いてきます。

張り込み中の刑事のように、ちょっとコートの襟を立てつつ「音楽を再生して」とか「プレイリストを再生」とか言います。

「なんというプレイリストですか」とSiriさん。

「素敵な声」と私。気に入った曲を「素敵な声」というプレイリストにしているのです。

スマートフォンをかばんにしまって、曲を聴いている時に、1曲飛ばしたいな、とか今のもう一度聞きたいな、という場合、いちいちスマートフォンを取り出すのも面倒だ、という時があります。

かといって、いちいちSiriさんに「曲をリピート」とか言うのも、電車の中とかだとちょっと恥ずかしい。。。

そんな時は腕時計があるじゃないか。Apple Watchです。

 

聴いている曲は、AppleWatchのミュージックにも同じものが表示されます。何も設定しなくても。

AppleWatchで曲を飛ばしたり、1つ戻ったり、音量調整したりできますから、とても便利です。

腕時計ってこうやって使うと便利だなあ、と思う次第です。

この後にさらに改良が加えられることでしょう。

できたら、AirPodsだけで音量調整や曲の選択ができるようになるといいですね。きっとそうなると思いますが。

AirPodsの外側を上下にこすると音量調整できたり、軸のところをねじるように回すと曲の選択ができるようになってくれるとうれしいな。

iPhoneで音楽を楽しむ方には、そして耳の形が合う方には、AirPodsはおすすめです!

今年一番のMyヒット商品になりました。 

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ミセス・シニアのためのスマホ・iPad・パソコン教室
 パソコムプラザ 新浦安 047-305-6200 
 千葉県浦安市美浜1-7-107(JR京葉線・新浦安駅徒歩3分) 
  ▼教室ホームページ  www.pasocom.net/
  ▼教室の動画チャンネルはこちらをクリック
  ▼iPad関連講座はこちらをクリック
  ▼パソコムプラザ 新浦安のFacebookはこちらをクリック
  ▼パソコムプラザ 新宿サロンのFacebookはこちらをクリック  
  ▼増田由紀のFacebookはこちらをクリック 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのiPhone」発売中 ★著者より(動画約1分)

★日経BP社より、「いちばんやさしい60代からのLINE」発売中 ★著者より(動画約1分)

▼日経BP社「いちばんやさしい60代からのiPhone 7、7 Plus」本のご注文(Amazon) https://goo.gl/GrUA3I

 

コメント   この記事についてブログを書く
« Googleフォトで写真探し 上... | トップ | マツキヨでもApple Pay »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

iPhone講座」カテゴリの最新記事