ぱどまの会日記

自己を知るアーユルヴェーダ&インナーチャイルドの癒し方
ヨーガ教室毎月開催
ヨーガ茶話会毎月開催

ぱどまの会NEWS

ヘトヘトに疲れてしまった方。ヤル気が出ない方。生き詰ってしまった方。アーユルヴェーダやヨーガにはインナーチャイルドを癒すヒントが沢山つまっています。まずは、ちょっとチャエでも飲みに来ませんか?茶話会「喫चाय去(きっチャエこ)」で自分を知りましょう! ★★ヨーガを通して生き方を変える!「まずはヨーガからはじめよう」月1回日曜開催中!どなたでもご参加頂けます ★★アーユルヴェーダ茶話会、ヨーガ教室、インナーチャイルド癒しのレッスン、ぱどまの会は、真の自分と出逢う場所です。いつでも皆さまをお待ちしています。お気軽にお問い合わせください★★

挫折オッケー!

2019-03-03 | インナーチャイルド


こんにちは。ぱどまの会のhottaです。

今日はちょっとヨーガのおはなし。
(少々繰り返しの内容になってしまうかもしれませんが、お許しを)

ヨーガयोगはサンスクリット語संस्कृतの言葉です。牛や馬を車につなぐ、という動詞√yuj(ユジュ)から来ています。
サンスクリット語は古代インド・アーリヤ言語に属していますが、仏教、ヒンドゥー教、シーク教、ジャイナ教などでは典礼(礼拝)用言語として現在も利用されています(インドのほんの一部には日常会話で使っている人もいるらしいです)。仏教ではヨーガを漢訳して瑜伽(ゆが)といいます。大乗仏教の学派のひとつ瑜伽行唯識学派は、今も一般ではヨーガチャーラ派(योगचार)と言われています。

ヨーガの意味は

結びつける


他者と、自分を結びつける
インチャでできている自分と、真の自分と結びつける
神と、自分を結びつける

ヨーガは「結び」のための修行方法として世界に広まりました。

ヨーガの経典に「ヨーガ・スートラ」があります。この中にヨーガ修行の8つの段階が書かれています。

1・ヤマ(守るべき心得) 
2.ニヤマ(実行すべき心得) 
3.アーサナ(体位法) 
4.プラーナヤーマ(呼吸法) 
5.プラティーヤーハーラ(制感) 
6.ダーラナ(一点集中) 
7.ディアーナ(禅定) 
8.サマーディ(三昧)

巷ではヨーガの中でも、身体を調整する「3.アーサナ」という修行方法が有名なので、
ヨーガ=インド生まれのストレッチ
と思っている方が多いのですが
それもオッケー
正解です。
8分の1、正解です
それにプラス呼吸法がつくと、
4分の1、正解です
結構な正解率です

何事も身体が資本。元気になる事で様々な「結びつき」に目がむくようになります。



ヨーガ行には5つの原則があるとも、経典には書かれています。

1.ずっと続けること
2.無理しないこと
3.無駄にしないこと
4.本当の自分自身を知ること
5.その上で無限の可能性を知ること

だからストレッチや呼吸法だけでもオッケー!身体が硬くてもオッケー!You are Yogini,OK!
無理せず、無駄にせず、続けましょう!
続けることで、真の道が開けます。



「最近ヨーガさぼりぎみなんです」
そんな声を最近よく耳にします。
さぼっても、オッケー!それは「無理してない」からです。ヨーガの原則に則っています!
You are Yogi,OK!

挫折は何回でもしてください。辞めなければ大丈夫です。

これは私のヒンディー語の先生の言葉です。
そう、さぼっても辞めなければ「無駄にならない」のです。ヨーガの原則に則っています!なんと語学を履修するのもヨーガ!
身体硬くても、身体動かすの嫌いでも、アーサナできなくても大丈夫。
You are Yogini,OK!(←fromまんぷく)

ともあれ、まずは、はじめの一歩、です。
ぱどまの会では、毎月ヨーガ教室「まずはヨーガからはじめよう」を開催しています。
一緒に歩いてみませんか?皆さんのお越しをお待ちしております。



*****************************************************

ぱどまの会ヨーガ教室
まずはヨーガからはじめよう


《3月クラス》
3月10日(日) 14:00~16:00
会場:宮地楽器ホール・地下和室(JR武蔵小金井駅南口駅前)
定員:6名


《4月クラス》
4月14日(日) 14:00~16:00
会場:宮地楽器ホール・地下和室(JR武蔵小金井駅南口駅前)
定員:6名


《5月クラス》
5月5日(日) 15:00~17:00
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


参加費:¥2500
5月クラスはヨーガマットをご用意ください(お持ちでない方はこちらでご用意します)
6月も以降も開催します(日程は未定です)

お申込み・お問い合わせは
ぱどまの会 padomanokai@yahoo.co.jp




インナーチャイルドの癒しのレッスン
花粉症の方もちろんインナーチャイルドワークに取り組んでいる方も鼻の通りをよくします。
アーユルヴェーダの経鼻法「ナスヤ・コース」

アーユルヴェーダ健康相談&鍼灸&緩め&ほぐし
のご相談も承ります

ぱどま堂
(最寄り駅・東小金井駅or新小金井駅・駐車場あります)
info@padmado.com
ぱどま堂ブログはこちら



ソング・オブ・ラホール

2019-02-01 | インナーチャイルド
今更ですが、
新年おめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

・・・2019年最初のご挨拶が2月になってしまいました
新年になっても筆不精(キーボード不精か?)は変わりません。これも「変わりたくない」という価値観の現れですね

さて
1月半ば、ぱどま堂・ぱどまの会は、また引っ越しをしました。
はい、またです。
2年の間に3回目。
小金井市の中をグルグル回っております。
お陰様で引っ越し作業の皆さんとも顔見知りになりました(笑)

今回は駅から徒歩5分ほどですが、ビニールハウスや畑に囲まれた場所です。
今までは夜になると前の道をウワンウワンと唸った車が走っていましたが、今は何も音がしません。
静かです・・・・
落ち葉のカサカサという音がします・・・

ここで1年半過ごし、また移動の予定です。
ご予約の皆様には駅からのルートをLINEやEmailでお送り致します。
駐車場を併設していますのでお車の方もお気軽にお申し付けください。

ご迷惑おかけいたします。どうぞ宜しくお願い致します。




さて、また映画のお話です。

ソング・オブ・ラホール SONG OF LAHORE公式HP 

日本でも2016年に公開されたパキスタンの都市・ラホールを舞台としたドキュメンタリー映画です。

先日、私がウルドゥー語を学んでいる大学にて特別上映&講演会があり、早速行ってきました。

「「ロリウッド」と呼ばれるパキスタン映画産業の中心都市、ラホール。
数々の映画が作られるとともに、伝統楽器を使った映画音楽も数多く生み出された。
しかし、70年代後半のイスラーム化の波、そして90年代に台頭し始めたタリバンによる歌舞音曲の破壊によって映画界は衰退。音楽家たちはウエイターやリクシャの運転手など、転職を余儀なくされる。そんな中、細々と演奏活動を続けてきた音楽家たちが伝統音楽の継承・再生のためについに立ち上がったー(HPより抜粋)」


元来、mirasi(職能楽師)という身分は決して高い地位ではありません。劇中ではそれを「低カースト」というセリフで現わしていました。古来より楽師個人個人の技術を称賛されることはありません。求められるのは音。その音はパトロンが気持ちよくなる為にあります。パトロンが優れている自分を表現するためにあります。その「音」のために彼らは世襲楽師として24時間、何百年も、一生を音楽だけに捧げてきました。
その楽師達が生き残るために打って出たのがジャズの世界でした。

バーンスリー、シタール、タブラ、ドーラク、ナール。。。。
郷愁に満ちたその音には彼らの苦しみが込められているように感じます。
「苦労をしなきゃよい音楽はできないから」
或る一人の楽師の言葉です。

だからスポットライトを浴びた彼らに心を打たれます。


しかし私はそれ以上に、彼らの謙虚さに心が動きました。

私はインチャを学び、霊性を学び、インチャの癒しを伝えています。
10年以上に渡り、学んでは伝える、反省してはまた学ぶ、を続けています。
お越しの方々の知識が向上すること、楽になっていくこと、沢山の経験を得ること、
それは素晴らしいことで、嬉しいことです。
ただ、それを「ありがとう」と褒められた時、その感謝の媚薬に酔い、もっと酔いたくなり、次はその称賛を求めて努力を続けてしまう所が
私にはあります。

慾のための努力。
これは努力の方向が違います。

mirasiは生活のために、24時間、音楽と生きているわけではありません。
演奏技術の向上も褒められる為ではありません。
自分の為でも人の為でもない音楽。

音楽=信仰
音楽=神

だから彼らは拍手喝采を浴びても、戸惑うのではないでしょうか。


またまた映画で反省させて頂きました。

شکریہ

take five youtubeより



*****************************************************

ぱどまの会ヨーガ教室
まずはヨーガからはじめよう


《2月クラス》
2月10日(日) 13:30~15:30
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


《3月クラス》
3月10日(日) 14:00~16:00
会場:宮地楽器ホール・地下和室(JR武蔵小金井駅南口駅前)
定員:6名


《4月クラス》
4月14日(日) 14:00~16:00
会場:宮地楽器ホール・地下和室(JR武蔵小金井駅南口駅前)
定員:6名


参加費:¥2500
2月クラスはヨーガマットをご用意ください(お持ちでない方はこちらでご用意します)
5月も以降も開催します(日程は未定です)

お申込み・お問い合わせは
ぱどまの会 padomanokai@yahoo.co.jp




インナーチャイルドの癒しのレッスン
花粉症の季節にぴったり!アーユルヴェーダの鼻トリートメント「ナスヤ」
健康相談&緩め&ほぐし
のご相談も承ります

ぱどま堂
(最寄り駅・東小金井駅or新小金井駅・駐車場あります)
info@padmado.com
ぱどま堂ブログはこちら



padmanから価値観を考える&ヨーガの日程のお知らせ

2018-12-15 | ヴァージカラーナ
こんにちは。ぱどまの会のhottaです。
ぱどま堂のブログにもちょこっと書きましたが、先日、インド映画「パッドマン 5億人の女性を救った男」を劇場で観てきました。

インドでの公開は今年の2月頃だったでしょうか。同時期に上映予定だった「Padmavati」の政治的問題が拡大し公開がズレ込んだため、似たような名前の「Padman」の公開もずらしてもらった、という情報がネットに出ていた事を思い出します(内容は全く違うのですが・・・)。

映画の舞台は2000年代のインドールとマヘシュワーラ。劇中には聖地マヘシュワーラ(シヴァ神の意味)にある聖河ナルマダのガートを主人公が自転車で走り抜けるシーンが何度も現れ、その度にナルマダ河の美しさに魅了されます。(その地域での挨拶もナマステじゃなくて「ナルマーデー・ハール」なんですね~)

ストーリーは、主人公のラクシュミことラクシュミカント(「ラクシュミー女神の家」という意味。つまりヴィシュヌ神のこと)が愛する妻ガヤトリのために生理用ナプキンを作る話が中心です。そして其れと共に「不可触」という価値観が、時代とともにインナーチャイルドを纏って、穢れ・不浄・恥・常識外など此の世的価値観へと変形し、インドの中に流れている様が描かれています。

様々な文化的背景を考えながら観ていると中盤までは少々辛さもありましたが、これを最後に「インドは問題が多いから有難い」と捉えるラクシュミのセリフを聴いた時は、感動とともに反省の念が湧き出ました。

苦労を「いっちょ苦労するか!」と捉えると苦労ではなくなる。

そう私がブログに書き撒くっていたのは、たった5年程前。
でも喉元すぎれば何とやら。最近は「いっちょ苦労」するどころか、何とか苦労や困難や問題を遠ざけようとしていました。
そりゃ簡単には、グルグルかき乱され、非難され、評価されない事を「有難い」とは思えないけど
耐え続ける力をもち、自分の未熟さを顧み、これもご神仏からのご加護だと感謝し
それを馬鹿正直に何度も何度も遣り続けていれば、いつかは私もラクシュミのように
「苦労は有難い」
と、小さい子供でも分かるような簡単な言葉で表現できるようになれるかもしれない

観終わった後、そんな気持ちになりました。

また映画から学ばせて頂きました。合掌。




あ~ナルマダ河に浸りたいぃぃぃぃ~~~


映画「パッドマン 5億人の女性を救った男」公式HP←この中の松岡環さんのコラムが素晴らしいです。是非ご一読ください。

*****************************************************

ぱどまの会ヨーガ教室
まずはヨーガからはじめよう


《12月クラス》
12月22日(土) 14:00~16:00
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


《2019年1月クラス》
1月19日(土) 14:00~16:00
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


《2019年2月クラス》
2月10日(日) 13:30~15:30
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


参加費:¥2500
ヨーガマットをご用意ください(お持ちでない方はこちらでご用意します)
3月も以降も開催します(日程は未定です)

お申込み・お問い合わせは
ぱどまの会 padomanokai@yahoo.co.jp




インナーチャイルドの癒しのレッスン
お身体の不調に合わせたアーユルヴェーダ&はりきゅうのトリートメント
のご相談も承ります

ぱどま堂
(JR武蔵小金井駅徒歩3分)
info@padmado.com
ぱどま堂ブログはこちら



「きっと、うまくいく」のRajuのセリフから考える&ヨーガ教室の日程

2018-11-12 | ヴァージカラーナ


小さい頃から私は神童と呼ばれていました。
だから父母が、この子が私達の貧困を消し去ってくれる、と思っている事を
小さいながら感じていました。
それが私は怖かった。

この世は優れていなければ、一等にならなければ、認識もされない。
ますます私は怖くなった。
だから儀式をした。神様に対して物乞いをしていた。
これを与えてくれ、あれを与えてくれ、と。

そうしたら、16本の骨を折りました。私は2か月間考える機会をもらったのです。
そして分かりました。

今日、面接に来る前、私は神様に「就職試験に合格させてください」と
お願いしませんでした。
その変わり、私は手を併せて、全人生に対してThank Youと言いました。
私は、私の真の人生と共に歩みます。だから面接で落とされても気にしません。

私は両方の膝から上を折り、自分の脚で立つ事の難しさを学んだのです。




これはインド映画「3 idiots(きっと、うまくいく)」の中のRajuのセリフです。親の期待を背負って入学した超エリート大学では成績は常に最下位、テストの前は勉強よりもお香を焚きまくって神頼み、でも友達思いの青年Raju。ある日Rajuは恐怖のあまり飛び降り自殺を図ります。友達の必死の励ましで意識を取り戻したRaju。彼がボロボロの身体で向かった就職面接会で語ったのが上のセリフです。


先日の授業で此のセリフをヒンディー語から訳していた時、私は自分の姿を顧みました。

私も、物やお金、人・情報・知識も、形或る物も形無い物も、頂戴頂戴、与えてくれ~与えてくれ~と人にも神様にもお願いしていないか?
何でもクレ~クレ~って
タコラじゃあるまいし(笑)

おまけに要らないものは、なくなれ~なくなれ~ってお願いしてる。。。
どれだけ我儘なんでしょう

頂ける物や知識は有り難く頂いて、頂けない物や知識は未熟だと受け止める、
そんな謙虚な心を養いたい。そのために学んでいきたいです。



実は私、このセリフから影響を受けて
昨日開催した、ぱどまの会茶話会「喫チャエ去」ではタパス(行)に関する項目を皆さんと一緒に読んでみました。
日常の中に潜んでいる苦労、そこにこそ成長の種ってあるよね~
そんな事を、皆でチャエを作って味わいながらお話ししました。

願えば願うほど、苦労が舞い込んでくる。
それを避けずに歩むと、何時の間にか苦労は苦労じゃなくなる。
少し楽を味わい、そして頃合いを見て、次の苦労が頂ける。
それを繰り返すことが真の人生の歩み方なのかもしれませんね。

Raju深い~

映画も、じっくりセリフに耳を傾けると、意外と学べる事多し!ですよお試しあれ。


*****************************************************

ぱどまの会ヨーガ教室
まずはヨーガからはじめよう


《12月クラス》
12月22日(土) 14:00~16:00
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


《2019年1月クラス》
1月19日(土) 14:00~16:00
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


参加費:¥2500
12月&1月はヨーガマットをご用意ください(お持ちでない方はこちらでご用意します)
2月も以降も開催します(日程は未定です)

お申込み・お問い合わせは
ぱどまの会 padomanokai@yahoo.co.jp




インナーチャイルドの癒しのレッスン
お身体の不調に合わせたアーユルヴェーダ&はりきゅうのトリートメント
のご相談も承ります

ぱどま堂
(JR武蔵小金井駅徒歩3分)
info@padmado.com
ぱどま堂ブログはこちら

今おすすめしたい!ヨーガ教室&喫チャエ去

2018-10-08 | インナーチャイルド
こんにちは。ぱどまの会のhottaです。

今年は10月に入っても穏やかにならず、暑くなったり、寒くなったり、大風が吹いたりと、ワタワタした気候が続いています。
こんなワタワタ→VATAな時は、身体や心の中でもVATA(ワータ)という生命エネルギーが活発過ぎるくらい動きまわります。
そうすると動悸がしたり、眠りにくくなったり、疲れやすくなったり、眩暈(めまい)がしたり、身体が痛くなったり、不安になったり、怖くなったりetc・・・
様々な不調のきっかけが生まれます。

誰でもエネルギーの乱れが生じる、こんな環境の時は
誰でも、いつもと違う痛みを感じたり、いつもよりドキドキ不安になったり、いつも以上に怖くなったりするのです。

でも痛いのも、不安なのも、怖いのも、我慢して頑張らないとイケナイ!と思っている
我慢強くなきゃダメというクセ(インナーチャイルド)を持っていたり
頑張り屋さんこそ素晴らしいという価値(インナーチャイルド)を持っている方は

皆が辛くて良いときでさえ、自分は平気だと思い込んでしまいます。
無意識のうちに。

確かにガッチリと鎧を着込んで過ごしていれば、痛いのも分かりにくいし、不安も恐怖も避けられるかもしれません。

でも、ずっと鎧を身に纏って生きるのって、重くないかな。。。。苦しくないかな。。。。

頑張り屋さん!我慢強いさん!
VATA(ワータ)は運動エネルギーです。
VATAが活発な今、皆が「辛いよね~」と共感してくれる今、プラーナが活発に動く今、
エネルギーの力を借りて
皆さんの鎧、ちょっと脱いでみませんか?

鎧を脱ぐのは不安かもしれない。怖いかもしれない。恥ずかしいかもしれない。
鎧と皮膚が一体化してしまうほど長い間着続けていた人は、脱ぐのに痛みが生じるかもしれない。
私も鎧を着続けてきた1人です。その気持ち、すんごく分かります。

だから無理やり剥ぎ取るなんて無茶なこと、しません、しません。大丈夫。

ぱどまの会では、ヨーガのアーサナ(運動)と、ヨーガのお話から
ご自分の力で鎧を脱ぐ方法を毎月お伝えしています。



頑張らないといけない生き方から
頑張らなくても良い生き方へ


不安な生き方から
安心な生き方へ




ぱどまの会ヨーガ教室「まずはヨーガからはじめよう」

ぱどまの会の茶話会「喫チャエ去(きっチャエこ)」



どちらも初めての方の大歓迎です。

皆様のお越しをお待ちしております。


*****************************************************

ぱどまの会の茶話会「喫チャエ去(きっチャエこ)」


10月21日(日)14:00~16:30(予定)
場所:ぱどま堂(JR武蔵小金井駅より徒歩5分)
参加人数:6名
参加費:¥3000
★残席わずかです★


11月11日(日)14:00~16:30(予定)
場所:ぱどま堂
参加人数:6名


参加費:¥3000(お土産・資料付き)

ぱどまの会の茶話会「喫チャエ去(きっチャエこ)」は、最初にスパイス入りミルクティー(チャエ)を作ります。スパイスは月替わりです。(8月はカルダモン、9月はジンジャーパウダー)
そしてチャエと御菓子を楽しみながら、その日にお渡しするテーマ(ヨーガ哲学やアーユルヴェーダより抜粋)について皆さんお一人お一人のご意見を頂戴します。
自分を知り、自分を赦し、インチャを知り、インチャを癒し、そして霊性向上に繋げる、お勧めの茶(チャエ)話会です。

毎月1~2回のペースで行います。平日開催や夕方スタートの酒話会も予定しています。

*****************************************************

ぱどまの会ヨーガ教室
まずはヨーガからはじめよう


《10月クラス》
10月13日(土) 14:00~16:00
会場:小金井市貫井北センター・学習室AB
定員:8名


《11月クラス》
11月18日(日) 14:00~16:00
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


《12月クラス》
12月22日(土) 14:00~16:00
会場:小金井市貫井北センター・北町ホール
定員:8名


参加費:¥2500
10月&11月&12月はヨーガマットをご用意ください(お持ちでない方はこちらでご用意します)
1月も以降も開催します(日程は未定です)

お申込み・お問い合わせは
ぱどまの会 padomanokai@yahoo.co.jp




インナーチャイルドの癒しのレッスン
お身体の不調に合わせたアーユルヴェーダ&はりきゅうのトリートメント
のご相談も承ります

ぱどま堂
(JR武蔵小金井駅徒歩3分)
info@padmado.com
ぱどま堂ブログはこちら

ぱどま堂・療法院プラサード情報はこちら!

★ぱどま堂~アーユルヴェーダ はりきゅう プラーナ療法 こころのカウンセリング~堀田恵子が院長を務める治療院。アーユルヴェーダ&はりきゅう専門家がストレス、心のクセ、インナーチャイルド、セックス&コミュニケーション、心身の痛みなど様々なお悩みをプラーナに着目しながらケアします♪ ブログはこちら→http://blogs.yahoo.co.jp/ayur_acu_padma ★療法院プラサード~ホメオパシーで元気に♪インナーチャイルド療法で本当の自分を発見♪妊活中の方、ED・夫婦生活・不妊・精力減退などでお悩みの方はアーユルヴェーダの叡智・ヴァージカラーナ・セラピーをお試し下さい! 療法院プラサードBLOG→http://ameblo.jp/ryoho-prasad/