ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

主よ、高ぶりという嵐を静めてください。主イエス・キリストの御名によって。アーメン。(旧約聖書)

2018年03月14日 00時10分42秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド





   そこでは彼らが泣き叫んでも答えはない。
   悪人がおごり高ぶっているからだ。
   神は決してむなしい叫びを聞き入れず、
   全能者はこれに心を留めない。
   しかも、あなたは、
   神を見ることができないと言っている。
   訴えは神の前にある。
   あなたは神を待て。


    (ヨブ記第35章 12から14節 )


   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★

 わたしの中の悪がおごり高ぶっているので、
 わたしは神の声を聞くことができないし、神を見ることも
 できない。
 しかしわたしの叫びは神にしっかりととどいている。
 わたしの叫びはいつも神の前にある。
 わたしの中の悪が静まればわたしは神の御声を聞くことが
 できるし、神の御姿を見ることができる。
 今はただ主が嵐を静めてくださるのを落ち着いて待っている
 だけだ。
 わたしが主に嵐を静めてくださいと頼めば主は必ずや静めて
 くださる。
 そしてわたしはゆったりと神の御声を聞くことができ、神の
 御姿を見ることができる。




   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★







     ↓:嵐
     にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へにほんブログ村




『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 主イエス・キリストのまねを... | トップ | 五つのパンと2匹の魚。主イ... »
最近の画像もっと見る

少女ジーザスの言の葉ランド」カテゴリの最新記事