ポエムな言の葉パラダイス

少女ジーザスが詩を書いています。少女ジーザスが本を読んでいます。
みなさんに是非伝えたい言葉があります。

主にある小さな3人のクリスマスの家族(ポエム)

2013年12月31日 00時11分00秒 | 詩;少女ジーザスのうた
   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★    主よ    わたしと夫と娘は    主にある小さな3人の家族です    3人ともとこしえに    お祈りをし    3人ともとこしえに    みことばのつとめをし    3人ともとこしえに    主イエス・キリストの御復活のいのちとして      生かされますことを    魂の奥底から    感謝いたします    わたした . . . 本文を読む

神の権威がそのことばにあったから(新約聖書)

2013年12月30日 00時11分00秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド
   人々は、その教えに驚いた。    そのことばに権威があったからである。     (ルカによる福音書 第4章 32節 )    ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★  上記引用の聖句は主イエス・キリストが「神の権威」で教えておられるということを表現している。  そしてそれは主なる神ご自身が「人間となった」ゆえである。  父と子と聖霊なる主の第二位格「子なる神」が人 . . . 本文を読む

あなたによってあなたの耳にしていただけます(ポエム)

2013年12月29日 00時07分06秒 | 詩;少女ジーザスのうた
   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★    主よ    あなたの御前にいると    全身全霊が    耳になります    全身全霊が    耳にならざるをえません    主よ    あなたはみことばそのものですから    みことばは聴かなければなりません    主よ    あなたの御前にいるので    わたしの全身全霊が    主よ    あなたによって    耳に . . . 本文を読む

これこそ真の宣教ではないか! (新約聖書)

2013年12月28日 00時06分13秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド
   貧しい者は幸いです。神の国はあなたがたのものだから。     (ルカによる福音書 第6章 20節 )    ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★  「貧しい者は幸いです」と主はおっしゃるが、今まさに手の中にある食べ物を食べてしまったら、今度はいつ食べられるのだろうかというような「貧しい者」に向かって上記引用の聖句はわたしにはとても言えない。  いつ食べられるかわか . . . 本文を読む

クリスマスの光―主よあなたの光に変えるために(ポエム)

2013年12月27日 00時11分00秒 | 詩;少女ジーザスのうた
   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★    わたしたちにつきまとう    暗闇    しかし暗闇が    濃ければ濃いほど    光はあざやかに現れる    主よ 来てください    このわたしという    暗闇を照らすために    主よ 来てください    わたしたちの    暗闇を    主よ あなたの光によって変えるために    主イエス・キリストの御名によっ . . . 本文を読む

言の葉(近藤勝彦):光の祝祭クリスマス

2013年12月26日 00時05分09秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド
   暗闇は私たちを孤独にし、不安にするでしょう。    しかし主は、私たちといつまでも共におられます。    二度と離れません。    それがクリスマスです。     (「クリスマスのメッセージ」近藤勝彦著 教文館 )    ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★  主は人間となって人間のひとりとして生まれてくださった。  主は「人となった神」である。  そのことがわた . . . 本文を読む

言の葉(少女ジーザス):苦難のクリスマス

2013年12月25日 00時06分57秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド
   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★    主よ    苦難のとき    必ずあなたが    御手を差し伸べてくださることに    100%の確信をお与えください。    主イエス・キリストの御名によってお願いいたいます。    アーメン。    ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★     ↓:苦難     にほんブログ村 . . . 本文を読む

言の葉(近藤勝彦):神が人間として生まれてくださった日

2013年12月24日 00時06分53秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド
   主イエス・キリストの本当の誕生日が、今日の暦でいうと      何月何日に当たるのか、これはもはや誰にも調べようがない    ことだと思います。    それにもかかわらず、12月24日の夜から25日にかけて、    主イエスの降誕を祝うことは、多くのキリスト教会の貴重な    習慣になりました。    聖書の信仰に生きることは、クリスマスの祝日を持つことを    かなり早い時期から必要 . . . 本文を読む

この青き星に―クリスマスの夜を迎えて(ポエム)

2013年12月23日 00時11分00秒 | 詩;少女ジーザスのうた
   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★     主は一つ     だから     いのちはバラエティー     地球の生命は        バラエティー     だから全宇宙のシンボル     だから主が生まれてくださった     クリスマスの夜     この青き星に    ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★      ↓:青き星 . . . 本文を読む

言の葉(少女ジーザス):いのちは主よりの贈り物

2013年12月22日 00時01分50秒 | 少女ジーザスの言の葉ランド
   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★   ☆★☆★  クリスマスである。お正月である。  待ちに待ったプレゼントがもらえる。また誕生日にもプレゼントが贈られる。  わたしは浅学非才のひとりのクリスチャンだが、小さな犬や猫や小鳥が子供たちにプレゼントとして贈られることがあるのを知っている。  子供たちに犬や猫や小鳥をプレゼントととして贈る大人たちはいったいどれだけ犬や猫や小鳥のことを . . . 本文を読む