やっぱりヨットに乗りに行こう!

相模湾、東京湾のヨットライフに関する風景や艇や人物の写真をベースにした日記です。

第10回スバルザカップでクラス優勝させてもらいました!

2018年07月18日 06時36分10秒 | ヨット
記念すべき第10回スバルザカップ チャリティヨットレースにPLANETで参戦しました。


7月14日(土)

最近、油壺京急マリーナへは前夜の内に移動して船内で寝る、というパターンが定着しています。ということで朝はマリーナ内の船内で目をさまし、三崎口へKさん、Y口さんをお迎えに行きます。
3人で9:20出港。機帆走。16時半ぐらいには夢の島の所定のバースでビールを飲んでいました。
17時半からの前夜祭ではマリリンのYさんと合流、Nさんご夫妻も加わり6人で盛り上がりました。
中締め。Y口さんは夢の島のご近所なので帰宅。KさんはPLANETでバタンQ。後から考えるとこれが大正解です。二次会はエアコンの効いたマリリンでY木さんも加わり5人で絶好調! 1時まで飲んだくれてしまいました。


7月15日(日)

二日酔いです。一次会を終わってすぐ寝たKさんが飲みすぎでつらいと言っている横で、1時まで飲んだ私はヘロヘロです。
がしかし、本日の乗員5名全員が集まり、7時半にドックアウト。スタート海面につくととりあえず普段通りの体調に。
我々CグループはA,Bのスタートを見送って9:20にスタート。
本部船からアウターに流しますが、比較的空いていてアウター寄りで気持ち良くスタートすることができました。
しばらくしてタックしてポートをストレッチ。
海ほたる手前の回航マークは途中本船避け(東京湾を往来するタンカー、貨物船などの大型船の邪魔をしてはいけないのでこちらが避けます)のタックを行った影響もあって、若干オーバーセール気味にアプローチ。
回航マーク通過後は、アクアラインの橋脚の間をすり抜けて海ほたるを回りますが、割と風が強め目になってきました。
橋脚ギリギリをポートでアプローチしている時にスタボーのMAYAさんとミート。ディップしてスターンを交わしますが、MAYAさんとはさきほども同じシチュエーションがあり、本日2回目です。アクアライン南側は尾長鮫さんの後、MAYAさんの前をアビームで帆走。
海ほたるを回りながらジャイブ、スピンアップと順調に作業をこなします。
回航マークをジャイブして回り、あとは浦安ディズニーシー沖にほぼ3度(真北)で一直線。サーフィングしながら艇速を稼ぎます。
右からMAYAさん、左からハッチさんに徐々に抜かれてしまったのは若干悔しいですが、風が上がってくる中本部船寄りを狙ってアビーム気味にフィニッシュ。13:45:22。 4時間25分余りの楽しいレースでした。
今回は第10回の記念大会ということで、クラス数を増やしてくれました。それによってYAMAHA-23などの早いミニトンとは 別のクラスになったこともあって、クラス優勝をいただきました。ラッキーです。
Cグループ クラス9では着順1位、修正も1位。Cグループ全体では着順13着、修正で7位という記録でした。
素敵なクラス分けに感謝。素直に嬉しいです。


7月16日(月・祝)

Fさんと二人で回航です。4:30に夢の島マリーナを出港。正面からの風の中東京湾を南下し、12:50に油壺京急マリーナに無事着きました。
とても楽しく嬉しい3日間でした。

今年もスバルザカップの皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記録ずくめの初島ダブル・・・はとてもエキサイティング

2018年07月02日 23時08分33秒 | ヨット
6月30日(土)

今日はPLANETで初島ダブルハンドヨットレースに参戦。
たった二人で艇を操り逗子から初島を回ってくる46マイルのレースで、今年も90艇がエントリーした相模湾きってのヨットのイベントです。

今回はK達さんがクルーとして乗艇してくれることとなり、4時半に油壺京急マリーナを出港。
レースは7時きっかりにスタート。全艇が一路初島を目指します。
PLANETは真ん中よりやや本部船側から出ましたが、風が南南西(画面の斜め左下方向からの風)なので、大型艇による乱れた風の影響を多少受けたかもしれませんね。
(スタート6分後)

南南西からのいい風が続き船足が進む中、PLANETは上り角度があまり良くないため岸側エンドで頑張ります。


真鶴に近づいた辺りで10度ヘダーの風となりタックし、初島アプローチを開始。
スタードタックでのアプローチ中まず小型軽量快速艇のバーバリアンとクロスしますが、こちらが鼻先を交わします。
初島に近づいた頃風が上がり(25ノット程度)、波も高い中フルメイン&124%ジブではクロースホールドを維持するのが困難となり、少し上り過ぎにしてごまかしながら走りますが、ここでトールボーイに鼻先を交わされます。この辺りから初島を風下に見て交わすのが最初のエキサイティングシーンです。

12時10分ぐらいに初島灯台の南側を通過し、島影でジャイブ。一路逗子を目指しますが、最初はアビームで風が強い状態なのでスピンはあげられませんでした。しかし中盤あたりで風が多少落ち、かつ後ろに回ってきたのでスピンアップ。波に乗ると艇速が9ノット程度まで上がりキールが唸ります! PLANETでは過去最高速かも!? 2番目のエキサイティングシーンはこのダウンウインドだったと思います。
逗子のフィニッシュマークをハンディGPS端末でチェックしますが、数字での角度表示だとちょっと右ですが、矢印表示ではやや左となっていました。
そこで矢印表示に合わせて進路をとったのが失敗で、フィニッシュラインが思いのほか右側(上側)で最後はスピンでいっぱいいっぱいの上りとなってしまい、かつ風も強くなっておりかなりタフでしたが15:51:32に‎無事フィニッシュ。8時間50分余りの奮闘が終わりました。
マリーナにもまだ陽が高い17時半には到着し上架時間に間に合ってしまいますが、タイムリミット設定がすっかり暗くなってからの21時のレースで小型艇のPLANETがこんなに早く安全に帰港できたのはラッキーでした。

PLANETの結果は13艇のAクラスで着順6着、修正で4位でした!

今回の第30回初島ダブルハンドは以下の3つの記録が樹立されたということです。
1.大会が梅雨明け後となった
2.ファーストホームの記録が塗り替えられた(ブラック・ジャック 13:00:13)
3.最終フィニッシュが17時を切った(16:46:05)

あまりの早い展開に選手も陸番の仲間もビックリですが、とてもエキサイティングなセーリングが出来たレースでした。
主催の逗子マリーナヨットクラブの素晴らしい運営とパーティでの対応、選手そして陸番の皆さんのナイスファイト、どれをとっても素晴らしいレースでした。
お疲れさまでした。そしてありがとうございました!

追伸)その後、乳酸とアセトアルデヒドに悩まされたのは言うまでもありません。。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダブルハンドでスピンをグ~ルグル!

2018年06月18日 07時04分57秒 | ヨット
6月16日(土)

今日は梅雨空の下、JSAF外洋三崎主催の「ショートハンドチャレンジ123」というレースに参加しました。

ショートハンドということで、1名、2名、3名までの乗艇で外洋クルーザーのレースを行うものです。

コースは小網代沖スタート→南西沖ブイ(反時計回り)→小網代沖フィニッシュの10マイル程度の航程です。

我が艇はダブルハンド部門(2名乗艇)に参加。相棒はKさん。

霧雨の中、艤装して9時過ぎには出港。出港後、雨はやんでくれましたが、風は北東の14~15、曇天で寒いです。

10:30スタート。センチュリーファーストの真後ろからまあまあのスタートでしょうか?

(右から数えて6艇目のちっちゃいやつがうちです)(撮影:本部艇)

スターボードタックのままスピンを上げます。回航マークの南西沖ブイに向けてかなり落とし気味に走る艇団についていきます。
風がいいので6ノット以上をキープし、我が艇としては快調な走りです。
3マイルほど南西沖ブイを視認。艇団も続々とジャイブをするのでうちらもジャイブ。
しかし、そこは初めてのコンビでのダブルハンド。というか我が艇初のダブルハンドでのスピンジャイブ。
ジャイブでもたついている間にスピンがフォアステーにグルグルグルグルグルグルグルグルと巻いてしまいました。
Kさん奮闘するも手立てなし。Kさんにティラーを握ってもらい今度は自分が奮闘。なんとかかんとかグルグル巻きをほどいてスピンを下ろしジブを上げることが出来ましたが、20分程度も格闘していたでしょうか、後続の艇にはほぼ追い抜かれてしまい、しかも南西沖ブイは目前。
無事に回航して帰りのレグに入りましたが、フィニッシュは真風上で5マイル×√2の航程を走ることになります。ここで南西沖ブイをうちの後に回ったジタンに抜かれて寂しい状況に。
13時過ぎに無事フィニッシュして先ずはビールで乾杯。


パーティで話を聞くと、トラブった艇はうちだけでなく、皆さん色々やらかしたようで、その手の話で大盛り上がりです。
結果はダブルハンド部門10着の最終フィニッシュですが、レーティングで5位。
初島ダブルハンドレースの練習にもなり、トラブルもいい経験となり、楽しいレースでした。

レース参加の皆さん、運営の皆さんお疲れ様でした!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りのシングルハンド

2018年05月28日 22時44分20秒 | ヨット

5月27日(日)

今日は久しぶりに一人でぶらっとセーリング。
1人なので、ジブは小さい方にします。
念のためPLB(個人用遭難信号発信機)をライジャケに装着。

適度な風と穏やかな波の中、南西からの軽風を受け、10時から14時までセーリングしました。

至福の時間を過ごしました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アマモ復活!

2018年05月06日 23時22分39秒 | ヨット
5月6日(日)

ゴールデンウィークの最終日はマリーナに出勤です。
油壺京急マリーナの前の浅瀬にアマモが繁茂していました。
かつては浅瀬全体に群生していたのが、どんどん減って絶滅してしまったそうです。
ところがこのようにほんの少し植生が始まったということです。
どんどん増えていってもらいたいですね。


今日はハル(船体)を磨く事にしました。
電気工具などを使わない完全なマンパワー作業なので、多少ムラにはなりますがやるとやらないとでは大違いです。
一応、なんとなくツヤが出たような気がします。


昼過ぎには作業が終わって、クラブハウスで野球中継を観ながら昼食。
明日から仕事なので、早めにマリーナを後にしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加