やっぱりヨットに乗りに行こう!

相模湾、東京湾のヨットライフに関する風景や艇や人物の写真をベースにした日記です。

ジブのシステムをファーリングしてからの初セーリング

2021年09月24日 09時44分16秒 | ヨット

2021年9月23日

 

自艇のジブは今までハンクス方式でしたが、今般ファーリングジブのシステムに変更しました。

今回はシステム変更後、初のセーリングです。

南西からの良い風を受けて葉山沖に北上し、南に変わってから葉山沖から南下して帰港しました。

やはりファーリング方式だと、バウに人が行かなくてもよいし、楽で安全です。

寄る年波というところでしょう。多少性能が下がるのはやむを得ません。

初セーリングで見つかったシステム初期の課題は今後対応する予定です。

彼岸の中日に、仲間4人で最高のセーリングを楽しむことができました。


千葉市稲毛からのダイヤモンド富士

2021年02月22日 21時59分13秒 | 富士山遠望

2月22日(月)

猫ニャンニャンニャン・・・・猫の日。
我が家のニャンコにも、ちょっとだけスペシャルごはん。

今日は南風で5月上旬の暖かさだったそうですが、リモートワークもそこそこにして稲毛ヨットハーバーにダイヤモンド富士を見に行きました。(ひっそりと車で、です)
ベストポジションでした~。

コロナよ、早く終息してくれ~!


耳鳴り その後

2020年11月06日 00時30分53秒 | 日記

耳鳴りはその後ひどくなった。

洗濯機が動いたり止まったりではなく、ブーンブーン、ブ、ブ、ブーーーーンとたまに音が途切れる程度で鳴り続けている感じになってしまった。しかも音が途切れるタイミングで周波数が少し変わるような感じで、音楽のような、或いは遠くの祭囃子の太鼓のような、変な耳鳴りである。

2週間ほど鳴り続けたら医者に行こうかと思っていたが、なんとなく積極的に行くこともなく、3週間ほどたったらいつの間にか聞こえなくなっていた。

まあ、よかったと思うが、変な耳鳴りであった。


耳鳴り

2020年10月16日 23時02分05秒 | 日記

ここ数日、右の耳で耳鳴りが騒いでいる。

普通”耳鳴り”というと、キーン というような高い連続音をイメージするが、この耳鳴りは違う。

 

ブー とか ブーン というような低い音で鳴っている。洗濯機の回転が動いたり止まったりする音に近いイメージである。

しかも、不思議なのは、ブッ ブー ブーーー ブッ ブッ ブー ブーーー ブー ブーーー というように、断続的しかも不規則なのだ。不思議な耳鳴りもあったもんだ。

 

最初に気が付いたのは朝方3時に帰宅して床についた時だった。

最初は耳鳴りとはわからず、家の中をぐるっと回って音源を探してみたりした。

朝起きてから「もしや耳鳴りか」と調べてみて、同様の悩みを持たれている方が世の中にいらっしゃることを知った。

ストレスなにか寝不足なのかメニエール病なのか、色々な原因があるようでなんともわからない。

確かに、気が付いた時は確かに寝不足だったが、その後そこそこ寝ていても鳴りやむことは無い。

加えて皆さん治りにくい病気であるとご説明されている。

 

しばらくは付き合ってみて、頃合いを見て医者に診てもらいましょう。

 

今も聞こえている。。。。不思議な耳鳴りもあったもんだ。

 


真夏の海のひと時

2020年08月14日 13時57分07秒 | ヨット
8月13日(木)

今年の夏はコロナ禍なのでクルージングは独自の判断で消極的な行動形態となっておりますが、
お盆休みの1日を利用して自艇でセーリング&アンカリングをして楽しむことができました。

午前中は、F川さんと二人でセーリング。
穏やかな風と波の中、アビームで沖に出てアビームで帰ってくるという簡単なセーリング。
お昼からはG藤さんを加えて3人で諸磯湾口でアンカリングしてプチ宴会。

上半分の青いのは日よけのオーニングです。

諸磯湾は緑が豊富です。

そして真夏の海で飲むビールは格別です。


陸の上は猛暑ですが、海の上は風がちょっと涼しくて気持ち良かったです。

今日は諸磯湾でダイヤモンド富士が見える日だったようです。
気が付くのがちょっと遅れてダイヤモンド富士は撮れませんでした。
それにしても素晴らしい夕景です。