〔諸国漫遊@見聞ログ〕(続)写真する山旅人

写真付きで日記や趣味を書くgooブログ

◆〔番外④編〕INDEX〔20220127-0509 歩く徳島(花見)(隠山)(低山)(県山)〕 歩記@見聞ログ[継続更新中]

2022-05-09 | 〔歩く徳島 番外編〕

〔番外④編〕INDEX〔20220127-0509 歩く徳島(花見)(隠山)(低山)(県山)〕歩記@見聞ログ[継続更新中]



*日々の記事ページが出来次第にリンクを貼りますが、個別記事の投稿がかなり遅れています😭。当該INDEXページに多めの写真📷を掲載しておきます🙏。



【番外編 参考図書】

(1)徳島の隠れた名峰と峠


(2)徳島の低山を登ろう


(3)徳島県の山(見出し画像)、徳島250山 等



◆〔番外①編〕は、コチラから[終了]


◆〔番外②編〕は、コチラから[終了]


◆〔番外③編〕は、コチラから[継続更新中]



【歩く徳島 第二歩 参 考】ガイド本 / 歩く徳島 第二歩 全52+3コース 参照


◆〔歩く徳島 第二歩 前編〕は、コチラから[終了]


◆〔歩く徳島 第二歩 中編〕は、コチラから[終了]


◆〔歩く徳島 第二歩 後編〕は、コチラから[継続更新中]



【歩く徳島 第一歩 参考】ガイド本/歩く徳島 第一歩 全52コース 参照


〔歩く徳島 第一歩 前編〕は、コチラから[終了]


〔歩く徳島 第一歩 後編〕は、コチラから[終了]



20220509(月)

/

〔番外(花見)ウオーク/小雨模様にシットリ輝く色とりどりの大輪「🈵藍住町矢上のバラ園」約40年振りの再訪〕

 

 

 

 

 

 

 

〔日帰り〕



20220423(土)

/

〔番外(花見)ウオーク/「四国のみち」辿り「薬研谷」方面目指すも、林道工事と入山禁止に阻まれ「幻想の大岩周辺」を遠望するのみ〕

 

 

 

〔帰宅〕


20220422(金)

/

〔番外(隠山)(花見)トレック/春風に揺れるアケボノツツジが満開「▲大道丸③〜▲柴小屋③〜▲高根山③」〕

 

 

 

 

 

〔泊地〕神山町 柴小屋P(車中泊)



20220419(火)

|

〔番外(花見)ウオーク/新緑が目に染みる「神山森林公園」ミツバからオンツツジに移行中〕

 

 

 

 

〔日帰り〕



20220418(月)

|

〔番外(花見)ウオーク/春の大輪に盛況の花見「🈵阿波市土成町 神宮寺のボタン」〕

 

 

〔日帰り〕



20220414(木)

|

〔番外(花見)ウオーク/春宴の跡「阿波史跡公園」遅咲きツバキとウコンザクラが最後の輝き〕

 

〔日帰り〕



20220412(火)

〔番外(花見)ウオーク/新緑に映える八重桜とミツバツツジが競演「神山森林公園」〕

 

 

 

 

〔日帰り〕



《「2022 惜春サクラ」県央山間 ドライブ ラリー》

20220408(金)

〔番外(花見)ウオーク/早春に広がる天空の山里花園「那賀町のミツマタ園」〕

 

 

〔那賀町木沢〜神山町江田を巡る〕

 

 

〔帰宅〕


20220407(木)

〔番外(隠山)トレック/名前に惹かれた隠れ山「▲日明山(那賀町 939m)」県南里山を覗き見る〕

 

〔泊地〕那賀町 木沢花木園P(車中泊)


20220406(水)

〔生名ロマン街道(勝浦町)〕

 

〔川口ダム湖畔(那賀町)〕

 

 

〔泊地〕那賀町 もみじ川温泉P(車中泊)



《「2022 サクラ花見」里山近郊 ウオークラリー》

20220405(火)

〔🈵神山森林公園(神山町)〕

 

 

〔日帰り〕


20220404(月)

〔🈵眉山公園〜眉山山麓〜🈵西部公園(徳島市)〕

 

〔日帰り〕


20220401(金)

/

〔🈵あすたむらんど徳島(板野町)〕

 

〔🈵松島千本桜(上板町)〕

 

〔🈵宮川内ダム公園(阿波市土成町)〕

〔日帰り〕


20220331(木)

|

〔🈵チェリーロードライン(吉野川市川島町)〕

 

〔🈵善入寺島(吉野川市川島町)〕

 

〔前山公園(石井町)〕

 

〔前山地蔵峠(石井町)〕

〔日帰り〕


20220330(水)

〔🈵向麻山公園(吉野川市鴨島町)〕

 

〔日帰り〕


20220329(火)

/

〔🈵前山地蔵峠(石井町)〕

 

〔🈵別格二番札所 童学寺(石井町)〕

 

〔🈵旧農大周辺(石井町)〕

 

〔🈵森本院天堂(石井町)〕

〔日帰り〕


20220328(月)

/

〔🈵前山地蔵峠/前山公園(石井町)〕

 

〔🈵阿波史跡公園(徳島市国府町)〕

 

〔あすたむらんど徳島(板野町)〕

 

〔🈵第五番札所 地蔵寺(上板町)〕

〔日帰り〕



20220324(木)

/

〔番外(花見)ウオーク/遅れる桜の開花「神山森林公園」ミツバツツジやシデコブシが先行も色彩乏し〕

〔日帰り〕



20220323(水)

〔番外(花見)ウオーク/昨春より少し遅れて満開「🈵石井町 森本院天堂のシダレ桜②」染井吉野や花桃はコレカラ〕

〔日帰り〕



20220317(木)

/

〔番外(花見)ウオーク/早春の河川敷を彩る定番「吉野川の高瀬潜水橋周辺の菜の花」〕

 

〔番外(花見)ウオーク/美郷の梅林を久々再訪「美郷の天野梅園②」花付きがイマイチ〕

〔日帰り〕



20220316(水)

〔番外(花見)ウオーク/汗ばむ春の陽気に蜂須賀桜が満開後期「徳島植物園」ハクモクレンとコラボ〕

〔日帰り〕



20220315(火)

/(強風)

〔番外(花見)ウオーク/気温急上昇で蜂須賀桜が一気に満開「阿波史跡公園」〕

〔日帰り〕



20220311(金)

〔番外(花見)ウオーク/多種多様な梅の園芸品種が見頃「あすたむらんど徳島④」〕

〔日帰り〕



20220308(火)

〔番外(花見)トレック/遅れる蜂須賀桜の開花「徳島植物園〜文化の森」まだ2〜3分咲き〕

 

〔番外(花見)ウオーク/里山の蜂須賀桜も大幅遅れ「阿波史跡公園」まだ1〜2分咲き〕

〔日帰り〕



20220307(月)

/

〔番外(花見)ウオーク/ようやく梅並木が満開「第五番札所 地蔵寺②」〕

〔日帰り〕



20220303(木)

〔番外(低山)ウオーク/2022寒冬の名残を展望「神山森林公園」梅の開花も遅れる〕

〔日帰り〕



20220228(月)

〔番外(低山)トレック/寒冬から一転、春日和の展望「▲高尾山⑫」〕

 

〔番外(花見)ウオーク/寒冬の影響か、梅並木は5分咲き「第五番札所 地蔵寺②」〕

〔日帰り〕



20220217(木)

//

〔番外(里山)トレック/昨年と同日に降雪「雪の里山周回ウオーク②」〕

 

〔日帰り〕



20220201(火)

〔番外(低山)トレック/寒風に剣山系がクッキリ展望「▲西龍王山⑧」〕

 

〔日帰り〕



20220127(木)

/

〔番外(花見)ウォーク/風車の丘を彩る水仙とユリオプスデージー群「あすたむらんど徳島③」〕

 

〔日帰り〕

*年明けから、コロナ変異株(第6波)のオミクロン株が急速に全国蔓延中。



◆〔番外①編〕は、コチラから[終了]


◆〔番外②編〕は、コチラから[終了]


◆〔番外③編〕は、コチラから[継続更新中]

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◆〔里山〕INDEX〔20181130-20220228 里山〕歳時記@見聞ログ

2022-02-28 | 〔里山〕歳時記@見聞ログ

〔里山〕INDEX〔20181130-20220228 里山歳時記@見聞ログ



*近くの里山関係のブログ記事や写真が増えてきましたので、里山歳時記を時系列にカレンダーとして新規作成し、記事ページが出来次第にリンクを貼っておきます。



20220101(土)-0228(月)久々の寒さに見舞われた「寒冬(1月〜2月)の里山」


20211101(月)-1231(金)今年もコロナ禍の一年が終了「初冬(11月〜12月)の里山」


20211001(金)-1031(日)実りの秋に里山華やぐ「10月の里山」


20210701(木)-0930(木)コロナ禍の東京五輪開催「夏場(7月〜9月)の里山」


20210601(火)-0630(水)キノコの女王「キヌガサダケ」が豊作「6月の里山」


20210531(土)-0531(月)四国地方で史上最速の梅雨入り宣言「5月の里山」


20210401(木)-0430(金)サクラが終わり、春の花々が咲き出した「4月の里山」


20210301(月)-0331(水)コロナ禍の中、今年も春が来ました「3月の里山」


20210201(月)-0228(日)咲き出した早春の花々「2月の里山」中旬にはなごり雪


20210101(金)-0131(日)予想以上に凌ぎやすい寒さ「1月の里山」


20201201(火)-1231(木)コロナ禍で大騒ぎの一年が終了「12月の里山」


20201101(日)-1130(月)初冬の主役「サザンカ」が満開見頃「11月の里山」


20201001(木)-1031(土)収穫の秋が到来「10月の里山」


20200901(火)-0930(水)猛暑から残暑へ変化「9月の里山」


20200801(土)-0831(月)コロナ禍と熱中症による記録的猛暑の夏「8月の里山」


20200701(水)-0731(金)今年は長梅雨(5/31-7/30)だった「7月の里山」


20200601(月)-0630(火)梅雨の主役はアジサイ「6月の里山」


20200511(月)-0527(水)ツツジ類が終了、山は新緑から深緑へ「5月の里山 2」


20200501(金)-0506(水)ツツジ類が見頃の連休「5月の里山」


20200421(火)-0430(木)春風と共にベストシーズン到来「4月の里山 2」


20200411(土)-0421(火)サクラが終わり「4月の里山」春の花が咲き出す


20200408(水)-0410(金)散り初め「2020里山サクラ」葉桜へ


20200329(日)-0402(木)例年並みで「2020里山サクラが満開」


20200319(木)-0323(月)好天続きで「里山周辺のサクラ開花宣言」


20200302(月)-0309(月)彩りを増す里山周辺「春直前の里山」


20200226(水)-0228(金)桃やツバキに春の足音「早春の里山2」


20200220(木)-0225(火)冬花から春花へ移ろう「早春の里山」


20200131(金)-0218(火)立春過ぎて初雪と初氷「寒の里山(後半)2」


20200116(木)-0130(木) 全国的に記録的な暖冬「寒の里山(前半)」


20191226(木)-20200115(水) 年末年始、令和の里山


20191211(水)-1225(水) ようやく色づいた里山の秋


20191118(月) 里山の秋


20191018(金) 初秋の里山2


20191010(木) 初秋の里山1


20190909(月) 里山にも秋の気配


20190724(水)-0816(金) 梅雨明け後の里山


20190718(木) 梅雨入り後の里山4「キヌガサタケ」発見


20190701(月)-0703(水) 梅雨入り後の里山3


20190628(金) 梅雨入り後の里山2


20190627(木) 梅雨入り後の里山


20190626(水) 里山6月の花2


20190625(火) 里山6月の花


20190624(月) 里山の紫陽花2


20190622(土) 里山の紫陽花


20190611(火)-0621(金) 雨乞いの花/紫陽花


20190505(日) 2019「令和」GW連休の里山


20190501(水) 2019輝く「令和」幕開け


20190430(火) 2019「平成」大晦日の里山


20190428(日) 2019GW連休初日の里山の花々


20190408(月) 2019もう一つの里山サクラが満開


20190407(日) 2019平成最後の里山サクラが次々満開


20190322(金) 2019我が里山の春は開花宣言


20190201(金)-0311(月) 早春の里山


20190113(日)-0119(土) 寒の里山


20190102(水)-0108(火) 2019 年始の里山点描


20181228(金)-1229(土) 2018 師走の里山点描


20181130(金) 鴨島〜▲気延山の「やまなみウオークラリー前半コース」②



〔20181130 〜 里山歳時記@見聞ログ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20220101(土)-0228(月) 久々の寒さに見舞われた〔寒冬の里山〕昨年と同日(2/17)に積雪も記録

2022-02-28 | 〔里山〕歳時記@見聞ログ

今冬は寒冬になるとの予報であった。

なるほど、年末から何時もよりは寒い。

[やっと冬の主役が咲き出した]

 

2月の立春を過ぎても寒さが続いた。

そのため、春花の開花が今年はかなり遅れていた。

[寒々とした展望]

 

何時もは年内に咲き出すロウバイも開花が遅かったようです。

[独特の香りが漂う]

 

[水仙の開花も遅かった]

 

[里山には霜が降り出した]

 

[それでも、寒中に水仙とロウバイが彩る]

 

[南の高山に雪が目立ち出した]

 

[珍しい八重の水仙もガンバル]

 

No.22鉄塔付近に国土調査が入ったようです。

[国調のついでに伐採してくれた頂上付近]

 

[南側の展望所付近は、雑木が増えて展望が悪くなった]

 

[久々に雨の恵み]

 

[コゲラ]

 

[冷え込む大川原高原周辺]

 


2/4、花の開花を見に、阿波史跡公園に行った。

[早咲きの梅が満開だった]

 

[ここでも、未だにロウバイの花が頑張っていた]

 

[ロウバイの花は息が長い]

 

[ツバキの花もそろそろかな⁉️]

 


咲くのが遅れた水仙は、息が長い。

[息が長い水仙の花]

 

[今冬の主役は水仙だ]

 

[至るところに水仙が目立つ]

 

[これはサクランボ🍒の花か?]

 

[奥の院の休憩所には、ロックアートが増えていた]

 

 

2/15、吉野川方面を遠望しても、今年は菜の花畑が見られなかった。

[菜の花も遅れているのか?]

 

2月が予想外に寒く、県央の高山に積雪が目立ち出した。

[一番目立つ真っ白なのは▲一の森山がデッカイ]

 

[見事に冠雪した▲一の森山]

 

[神山町の奥山にも冠雪がちらほら]

 

2月に入っても今年は寒い日が続いた。

そして、今年も昨年と同日(2/17)に積雪があった。(昨年の記事ページはコチラ)

[里山周辺は10cm以上の積雪]

 

[真っ白に冠雪した石井町内]

 

[白化粧した石井町]

 

そして、冠雪の翌日は好天。

[終盤のロウバイにも冠雪]

 

[南側の神山町方面]

 

[凍りつく里道を恐る恐る散歩する]

 

[冠雪残る里道]

 

[冠雪の跡]

 

[寒冬に見られた小鳥🐦️たち]

 

今年は、立春を過ぎても寒い日々が続いた。

その為、色んな花の開花が遅れているようだ。


2/18、冠雪の翌日に再度阿波史跡公園に行った。

[だんだんと春の兆しも見られた]

 

[いまだに頑張るロウバイの花]

 

今年はツバキの花も少なく、ここでも梅やサクラ(蜂須賀桜)の開花は、かなり遅れているようだ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

〔平成31年(令和元年)〜令和4年〕年賀@フォト回顧ログ〈6〉

2022-01-03 | 年賀@フォト回顧ログ

〔令和4年〕

<深山の白>徳島県那賀町

 

昨年もコロナ禍が蔓延する中、県内深山(▲南高城山)で初夏の陽光を浴びたシロヤシオ群が白く輝く珊瑚礁のように清々しかった。

昨年の上期は、まずまずの出足だったが、全国的にコロナ第五波が蔓延し出すと一気に意気消沈、肥満から老化が進み近隣の里山歩きに終始、ブログの更新も4月中旬以降滞ってしまっているのが情けない。

 

 

〔令和3年〕

<里山回帰>徳島県徳島市入田町

 

昨秋の県内紅葉旅の最終日、▲西龍王山の中腹に立つ第13番札所の奥の院「建治寺」から石井町の里山▲気延山から続く尾根筋を眺めた1コマである。

昨年はコロナ禍で、静かな里歩き、山歩きに終始「里山回帰」の年となりました。

なお、世間はコロナ一色で騒々しいが、里の花々や山の紅葉は例年にも増して彩り豊かでした。

 

 

〔令和2年〕

<清心の悟り> 徳島県鳴門市大島田

 

昨年たくさん回ったウオーキングの途中、徳島県鳴門市島田島で立ち寄った早朝の古代ハス群落である。

ここのハス群は、1951年に千葉市の落合遺跡で発掘された古代種を発芽させ育成し、島田島での観光資源としたものである。

ハスの花は、早朝に咲きだし昼前には閉じていく、しかも1年の内で3〜4日の短命であるという。

花言葉は「清らかな心」「神聖」で、泥水を吸い上げながらも美しい大輪を咲かせるハスの様子は、仏教にも継承され智清や慈悲の象徴として、死後の極楽浄土に咲く花としても親しまれている。

 

 

〔平成31年(令和元年)〕

<有終の美> 広島県 比婆山登山道

 

中四国山行旅行に出た一昨年の秋、広島県の比婆山連峰を登山中にふと目が留まった。

朝日を受けた色どり鮮やかな落葉の絨毯が、平成の終了と重なった昨今になって思い出された1コマである。

なお題名は、今年でなければ「憂秋の美」だっただろう。

 

「災いの平成」が終わりを告げ、災い転じて福となす如く、猪突猛進出来ますよう祈念したい。

 


◆平成6年から始めた写真年賀状の変遷〔平成6年~令和4年〕現計29枚

〈1〉〔平成6年〜平成9年〕年賀@フォト回顧ログ

〈2〉〔平成10年〜平成15年〕年賀@フォト回顧ログ

〈3〉〔平成16年〜平成20年〕年賀@フォト回顧ログ

〈4〉〔平成21年〜平成25年〕年賀@フォト回顧ログ

〈5〉〔平成26年〜平成30年〕年賀@フォト回顧ログ

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◆《INDEX》更新情報 〔新規カテゴリー追加 等〕

2022-01-01 | 更新情報

《INDEX》 更 新 情 報 〔新規カテゴリー追加 等〕



*今後、更新情報をINDEX型式に記載する事にしました。



2022〔令和4年〕年賀 〜 あけまして おめでとう ございます 〜


20210323(火)新設カテゴリー〔歩く徳島 番外編〕 の追加について


2021〔令和3年〕年賀 〜 あけまして おめでとう ございます 〜


2020〔令和2年〕年賀 〜 あけまして おめでとう ございます 〜


20191125(月)〔小豆島エリア〕観光&山行に出発しました。


20190725(木) 〔北陸エリア〕避暑&山行に出発しました。


20190622 (土) 図書館に購入リクエストをしていた〔歩く徳島 第二歩 全52+3コース〕寄贈による蔵書となった旨の連絡がありました。


20190121(月) 水仙観光&山歩として〔2019淡路島エリア〕へ出発しました。


2019〔平成31年〕年賀 〜 あけまして おめでとう ございます


20181130(金) やまなみウオークラリーコース前半をあるきました。


20180801(水) 〔2018徳島エリア〕避暑&山行に出発しました。


〔お知らせ〕今後は、〔諸国漫遊@見聞ログ〕(続)写真する山旅人に移行します。  


なお、以前の 〔諸国漫遊@見聞ログ〕写真する山旅人はコチラからどうぞ!

*主に県外山行旅行記録(2014年9月〜2018年7月)です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022〔令和4年〕年賀 〜 あけまして おめでとう ございます 〜

2022-01-01 | 更新情報

2022〔令和4年〕年賀

 〜 あけまして おめでとう ございます 〜

〔 深山の白 / 徳島県那賀町 ▲南高城山のシロヤシオ群〕

 

昨年順調だったのは6月頃までで、夏場以降はコロナ自粛による運動不足と肥満がたたり、身体中に「老い」を感じる様になってきました。

今年は何とか盛り返したいところです。

 

なお、ブログの更新も4月中旬から滞ってしまってます😰。

 

年賀状のフォト回顧ログはコチラから。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20211101(月)-1231(金) 今年もコロナ禍の一年が終了〔初冬の里山〕来年こそ穏やかな年を願う

2021-12-29 | 〔里山〕歳時記@見聞ログ

コロナ禍、ワクチン、そして東京五輪で沸いた今年も、例年通り終盤を向かえました。

[木々が色づき出した]

 

[二度目の草刈]

 

 

[地面にも彩り]

 

 

[奥の院休憩所にはバランス石が乱立]

 

 

[秋の彩り]

 

 

[秋の花木も輝く]

 

 

[カマキリの日向ぼっこ]

 

 

[南の展望所ルートは草木が成長]

 

 

[青空に映える赤]

 

 

[初冬の名花サザンカが咲き誇る]

 

 

[秋色進む]

 

 

[林道沿いも秋の気配]

 

 

[初冬の主役はサザンカ]

 

 


久々に国府町の阿波史跡公園に行った。

[オレンジ色のコスモス揺れる]

 

 

[秋に咲くヒマラヤザクラが満開]

 

 

[ちょうど、ヒマラヤザクラが満開]

 

[ラッキーでした!]

 

[サザンカ色づく史跡公園]

 

 


いよいよ今年も12月に入った。

[突然除けられた椅子に変わって、ツツジを植林]

 

 

[冷え込みも進む]

 

 

[秋色の展望に変わる]

 

 

[更に色づき進む]

 

 

[サザンカは最高潮]

 

 

[峠の地蔵様は花盛り]

 

 

[▲気延山と石井町を展望]

 

 

[秋色が最高潮の色づき]

 

 

[NO31鉄塔広場から石井町を展望]

 

 

[地蔵峠も色づき進む]

 

 

[息の長いサザンカの花]

 

 


旧農大通りのコスモスを見学した。

[ハウスに植えられたコスモス群]

 

 

ここ旧農大通りでは、春にはサクラ・晩夏には紅白の彼岸花・秋はコスモスが咲き誇る。


[やっと里山の秋が本番]

 

 

[ここのモミジが最後に色づく]

 

 

[秋色の石井町を展望]

 

 

[鉄塔広場はサザンカが花盛り]

 

 

[これも秋の産物?]

 

 

[前山公園の秋も最高潮]

 

 

[秋色に染まるサザンカ]

 

 


再度、阿波史跡公園に行った。

[ここも秋色進む]

 

 

[未だに頑張るヒマラヤザクラ]

 

 

 

国府町の東環状線沿いに植えられたコスモス群に立ち寄った。

[休耕地にコスモスを植えると補助金が出るらしい]

 

 

[▲気延山を望むコスモス群]

 

 

[ここのコスモス群は遅咲き]

 

 

[最近各地で見られるコスモス]

 

 


そして、いよいよ年末が近づく。

[落葉で埋まった管理道]

 

 

[早くもロウバイが咲き出す]

 

 

[冬の使者スイセンも咲き出した]

 


再々度、阿波史跡公園に行った。

ここのロウバイは、早くも終盤だ。

[ロウバイが香り、サザンカが彩る史跡公園]

 


 

里山にも、いよいよ年末迫る。

[見上げると、これは何か?]

 

 

[足元にも何かの種がゆらゆら]

 

 

[初冬の野鳥たち]

 

[そして、年末の▲一の森方面には雪の便り]

 

今年もコロナ禍で明け暮れた一年が終わる。

来年こそは、穏やかな一年を願うばかりである。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◆〔番外③編〕INDEX〔20210323-20211209 歩く徳島 (花見)(隠山)(低山)(県山)〕歩記@見聞ログ[継続更新中]

2021-12-09 | 〔歩く徳島 番外編〕

〔番外③編〕INDEX〔20210323-20211209 歩く徳島 (花見)(隠山)(低山)(県山)〕歩記@見聞ログ[継続更新中]



*日々の記事ページが出来次第にリンクをはりますが、記事の更新投稿がかなり遅れています。



◆〔番外①編〕は、コチラから[終了]


◆〔番外②編〕は、コチラから[終了]


◆〔番外④編〕は、コチラから[継続更新中]



【歩く徳島 第二歩 参 考】ガイド本 / 歩く徳島 第二歩 全52+3コース 参照


◆〔歩く徳島 第二歩 前編〕は、コチラから[終了]


◆〔歩く徳島 第二歩 中編〕は、コチラから[終了]


◆〔歩く徳島 第二歩 後編〕は、コチラから[継続更新中]



【歩く徳島 第一歩 参考】ガイド本/歩く徳島 第一歩 全52コース 参照


〔歩く徳島 第一歩 前編〕は、コチラから[終了]


〔歩く徳島 第一歩 後編〕は、コチラから[終了]



◆〔番外④編〕は、コチラから[継続更新中]



20211209(木)

〔番外(紅葉)トレック/久々にひだまりの紅葉狩り「▲西龍王山⑦」〕

 

〔日帰り〕

*コロナ感染者が全国で急激に減少中。



20211126(金)

/

〔番外(紅葉)ウオーク/紅葉狩りに最適「神山森林公園」そろそろ見頃近づく〕

 

〔日帰り〕



20211029(金)

/

〔番外(紅葉)トレック/久々の神山森林公園周回「▲西龍王山⑥」紅葉の色付き進む〕

 

〔日帰り〕

*コロナ禍による緊急事態宣言は全解除。



20210625(金)

/

〔番外(花見)ウオーク/初夏の水辺を彩る大輪「鴨島町知恵島 江川沿いのユリ」〕

 

〔日帰り〕



20210617(木)

/

〔番外(花見)ウオーク/梅雨の合間に香川県さぬき市で「6月の花見」ウオーク〕

(1)「亀鶴公園」の花しょうぶ園

 

 

(2)四国霊場 88番札所 大窪寺 「八十八庵」のアジサイ園

 

〔日帰り〕



20210610(木)

〔番外(県山)トレック/ブナの緑風テラス「▲中尾山②」~ 天空の展望テラス「▲赤帽子山⑤」避暑&山歩 2〕

 

〔帰宅〕


20210609(水)

〔番外(県山)トレック/信仰と伝説の山を巡る「▲天行山(美馬市木屋平 925m)~▲東宮山(木屋平 1091m)」見つけた大岩テラスで避暑&山歩 1〕

 

〔泊地〕美馬市木屋平 中尾山高原P(車中泊)



20210528(金)

〔番外(花見)トレック/県内もう1つのササユリ、閉ざされた島の固有種「阿南市伊島の伊島ササユリ」島内花見周回②〕

 

〔帰宅〕


20210527(木)

|

〔番外(撮影)ウォーク/神領ユリの里を見下ろす「出羽集落の尖峰、向獄(むかいだき)周辺」雨上がりの撮影行〕

 

 

 

 

〔番外(花見)ウォーク/30数年振りの訪問「那賀町相生 あいあいランド」梅雨の花アジサイが見頃〕

 

〔泊地〕那賀町 道の駅P(車中泊)


20210526(水)

〔番外(隠山)トレック/登山途中、長安口を取り囲む中央山系を大展望「▲高磯山(那賀町 611m)」山腹植林の産物〕

 

 

〔番外(花見)ウォーク/蛇紋岩地に特定自生「那賀町 出羽集落の神領ユリ」再訪、今年もひっそりと可憐に咲く〕

 

〔泊地〕那賀町 木沢花木園P(車中泊)


20210525(火)

/

〔番外(花見)(隠山)トレック/深山、もう1つの白花「シロヤシオ」を探索「▲南高城山②~▲高城山⑦~▲樫戸丸③」川成峠から周回〕

 

〔泊地〕那賀町 木沢花木園P(車中泊)

*3度目のコロナ禍の緊急事態宣言、沖縄県追加と期間延長(~6/20)を発出



20210514(金)

(ガス)

〔番外(隠山)トレック/思わぬガスにシャクナゲがイキイキ「神山町の奥山三山②+銚子の滝&▲旭ノ丸(神山町 1312m)」新緑に映える紅色〕

 

〔日帰り〕



20210511(火)

/

〔番外(隠山)トレック 2/山頂部に苔むす岩塊抱く「▲西三子山(那賀町 1349m)」雲早〜高丸縦走路の展望台〕

 

 

〔番外トレック 3/ミツバツツジからオンツツジへ移行中「▲旭ヶ丸⑩〜▲高鉾山③」〕

 

〔帰宅〕

*3度目のコロナ禍緊急事態宣言、9都道府県に拡大、延長(4/25〜5/11〜5/31)発出中。


20210510(月)

〔番外(隠山)トレック 1/今年のシャクナゲは当たり年「▲雲早山④」縦走路もカタクリやツツジ各種など花いっぱい〕

 

〔泊地〕上勝町 高丸山千年の森P(車中泊)



20210427(火)

|

〔番外(隠山)トレック/早くもアケボノツツジ全開「▲高丸山⑥〜▲旗立山②〜▲赤石丸(上勝町 1232m)」〕

 

〔帰宅〕


20210426(月)

〔番外(花見)ウオーク/山も里も目に染む新緑「神山森林公園」〕

 

 

〔番外(花見)トレック/新緑とミツバツツジが同期する「▲旭ヶ丸⑨〜▲高鉾山②」〕

 

〔泊地〕上勝町 上勝町役場P(車中泊)



20210423(金)

〔番外(花見)ウォーク/天空の地に色とりどりの大輪「三好市池田町 密厳寺のボタン園」〕

 

 

〔番外(花見)ウォーク/静かな別天地に舞うオンツツジ「三好市池田町の黒沢湿原②」周回ウォーク〕

 

〔日帰り〕



20210422(木)

〔番外(花見)ウオーク/奥山の山中に華やかな彩り「神山町上分 花の隠れ里」ツツジやシャクナゲが見頃〕

 

 

〔番外(隠山)トレック/神山の奥山3山「▲大道丸(神山町 1239m)〜▲柴小屋山(1249m)〜▲高根山(1232m)」カタクリやミツバツツジが顔見せ〕

 

〔日帰り〕



20210420(火)〜0422(木)

〔番外(花見)ウオーク/名西郡内、藤の名刹3景〕

0420(火)

(1)石井町 童学寺

 

 

0421(水)

(2)石井町 地福寺

 

 

0422(木)

(3)神山町 神光寺

 

〔日帰り〕



20210415(木)

〔番外(花見)ウォーク/美馬の天空に広がる、もう1枚の混色絨毯「美馬市 入倉の芝桜」〕

 

 

〔番外(花見)ウォーク/花や緑に癒される「四国で唯一国営の讃岐まんのう公園(春らんまんフェスタ2021)」4月はネモフィラとチューリップが見頃

(1)ネモフィラの丘

 

(2)チューリップの花道

 

(3)見はらしの山(▲松城山 277m)展望台

 

 

〔番外(香川)トレック/讃岐七富士の中で最も高い綾上富士「▲高鉢山(香川県綾川町 512m)」〕

 

〔帰宅〕

*4/15〜4/16 徳島県内にて2021東京五輪の聖火リレー(各地で交通規制)実施


20210414(水)

|

〔番外(花見)ウォーク/新緑に映える朱色の山ツツジ「つるぎ町荻生の山ツツジの里」〕

 

 

〔番外(花見)ウォーク/目を引く原色系の西洋シャクナゲ等「つるぎ町一宇のローディーの森」のシャクナゲ園〕

 

 

〔番外(隠山)トレック/剪宇峠から辿る「▲毘沙門岳(つるぎ町 978m)」S48年に大蛇騒動のあった山〕

 

〔泊地〕美馬市 三頭山頂直下P(車中泊)



20210409(金)

|

〔番外(花見)ウオーク/4月の天空に広げた極彩色の絨毯「美馬市 広棚の芝桜」〕

 

 

〔番外(県山)トレック/寒風の阿讃縦走路を周回「大生口から▲大滝山 城ヶ丸三角点〜細尾峠」〕

 

〔帰宅〕


20210408(木)

/

〔番外(隠山)トレック/美霞洞温泉から阿讃縦走路へ「▲竜王山 一等三角点②を周回」三頭越まではリンソウロードが華やか〕

 

〔泊地〕美馬市 三頭山頂直下P(車中泊)



20210407(水)

〔番外(花見)ウオーク/春花の開花が急ピッチ「神山森林公園」ミツバツツジと八重サクラが満開見頃〕

 

〔日帰り〕



20210406(火)

〔番外(低山)(花見)トレック/県内最終の展望低山で残り桜の散策「▲城山(徳島市 61m)」野鳥が飛び交う原生林の小山〕

 

〔日帰り〕



20210405(月)

/

〔番外(低山)(花見)トレック/桜吹雪舞う鳴門市の妙見山公園を出発「中央公園内▲棒杭山(鳴門市 73m)」鳴門〜徳島方面まで大展望〕

 

 

〔番外(低山)トレック/棒杭山〜鳴門市民に親しまれている信仰の山「▲金光山(鳴門市 151m)〜妙見山公園P」コチラも鳴門市内を大展望〕

 

〔日帰り〕



20210327(土)

〔番外(花見)ウオーク/サクラ見頃の春爛漫「気延山麓の前山公園(石井町)」花見客で賑わう〕

 

〔日帰り〕



20210326(金)

〔番外(花見)ウオーク/キャンプ客で賑わう「宮川内ダム湖畔」サクラ並木が咲き揃う〕

 

〔日帰り〕

*3/25(金) 徳島市でサクラ開花宣言(西日本県庁最遅、平年よりは3日早い)



20210324(水)

|

〔番外(県山)(花見)トレック/コース間違いで一度撤退後、クルマで登頂「▲明神山(美波町 441m)」サクラとツバキが満開〕

 

 

 

〔番外(低山)トレック/名産の竹音と涼風に癒される「▲一升ヶ森(阿南市 174m)」子供の遊び山〕

 

〔帰宅〕


20210323(火)

〔番外(花見)ウオークAM/自慢のしだれ桜が満開「神山サクラ街道(鬼籠野〜上角)」〕

 

 

 

〔番外(県山)トレックPM/展望山歩「▲旭ヶ丸⑧」南下して勝浦町坂本のサクラ花見〕

 

〔泊地〕那賀町 道の駅P(車中泊)

*3/21 首都圏(1都3県)の緊急事態延長宣言を解除。



◆〔番外①編〕は、コチラから[終了]


◆〔番外②編〕は、コチラから[終了]


◆〔番外④編〕は、コチラから[継続更新中]

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

◆〔第二歩 後編〕INDEX〔20201116-20211120 歩く徳島 第二歩 (55/全52+3コース)〕山海里+花歩記@見聞ログ[終了/継続更新中]

2021-11-20 | 〔歩く徳島 第二歩 全52+3コース〕山海里+花歩記@見聞ログ

◆〔第二歩 後編〕INDEX〔20201116-20211120 歩く徳島 第二歩(55/全52+3コース)〕山海里+花歩記@見聞ログ[終了/継続更新中]



*日々の記事ページが出来次第にリンクをはります。

【日 付】

【天 候】ウォーキング時にはウォーキング中の天候を表示

【概 要】ガイド本 / 歩く徳島 第二歩 全52+3コース 参照

【泊 地】



◆〔第二歩 前編〕は、コチラから[終了]


◆〔第二歩 中編〕は、コチラから[終了]



下図は、〔歩く徳島 第一歩 全52コース〕

〔第一歩 前編〕/〔第一歩 後編〕


〔第一歩 前編〕は、コチラから[終了]


〔第一歩 後編〕は、コチラから[終了]



〔番外①編〕は、コチラから[終了]


〔番外②編〕は、コチラから[終了]


〔番外③編〕は、コチラから[継続更新中]



20211120(土)

*ようやく〔歩く徳島第二歩〕完歩です。

 

〔帰宅〕


20211119(金)

|

〔山里歩(55/55)7.0km/阿部口遍路路から一等三角点、秋の▲明神山②再訪リベンジウオーク〕

 

〔泊地〕美波町 潮吹岩休憩所P(車中泊)


20211118(木)

/

〔海里歩(53/55)4.7km/工場景観や多島美を望む「阿南市大潟町の袙海岸」周辺ウオーク〕

 

 

〔海里歩(54/55)7.2km/高台から観音像が見守る「阿南市橘町」港町の景観ウオーク〕

 

〔泊地〕美波町 潮吹岩休憩所P(車中泊)

*2021.9.30 全国的に感染者数は減退し、コロナ禍による緊急事態宣言は全解除。



20210402(金)

|

〔里花歩(52/55)2.8km/サクラ咲く緑のオアシス「阿南市東部自然公園」から「古墳の小山」を周回花見ウォーク〕

 

 

 

〔番外(花見)ウオーク/早くも咲き揃ったミツバツツジ「神山森林公園」周回ウォーク〕

 

〔無事帰宅〕


20210401(木)

〔番外(低山)ウオーク 1/林道から尾根筋を辿る「▲鍛治屋谷山(牟岐町 353m)」山頂から県南の海岸線を大展望〕

 

 

 

〔番外(低山)ウオーク 2/ここも林道を辿る「▲岡本山(海陽町 288m)」山頂は海部川流域を見下ろすパラグライダー基地〕

 

 

 

〔川里寺社歩(51/55)9.8km/鞆奥漁港から海部川や母川を遡り、幻想的な苔の神社「浪切不動尊」往復ウォーク〕

 

〔泊地〕海陽町 道の駅P(車中泊)


20210331(水)

〔海山里花歩(49/55)13.9km/波音が聴こえる起伏激しい海崖線「千羽海崖を望む道〜厄除けの街へ」潮風ハイク〕

 

 

〔里花寺社歩(50/55)4.9km/迷路のような細い路地「あわえ」を縫う日和佐浦〜厄除け寺「薬王寺」へ花見周回ウォーク〕

 

〔泊地〕美波町 道の駅P(車中泊)


20210330(火)

(黄砂)

〔番外(花見)ウオーク/勝浦町の生名谷川ロマン街道〕

 

 

 

〔海川里歩(47/55)6.5km/海と川に囲まれた配管と鉄骨の三角州「阿南市の辰巳工業団地」周回ウォーク〕

 

 

 

〔海里歩(48/55)4.4km/浜辺から山中へ導く遍路道「美波町木岐の俳句の小径」〕

 

〔泊地〕美波町 みかど洞P(車中泊)


20210329(月)

(黄砂)

〔番外(花見)ウオーク/県央部のサクラ開花をドライブリレーで花見縦走〕

(1) 石井町/「旧農大〜森本院天堂」周回ウォーク

 

 

(2) 徳島市/「西部公園&眉山公園」散策ウォーク

 

 

(3) 徳島市/「徳島植物園〜あづり越」往復ウォーク

 

 

(4) 勝浦町/「稼勢山中腹の桜園(新種の勝浦雛桜)」往復ウォーク

 

〔泊地〕勝浦町 道の駅P(車中泊)



20201116(月)

〔紅葉滝里山歩(46/55)19.4km/南北両山腹に紅葉の名刹が佇む「▲中津峰山③」山頂往復周回ウォーク、紅葉前線下降中〕

 

*紅葉ラインは山頂~500m

〔泊地〕上勝町 樫原P(車中泊)

*コチラは〔番外②編〕よりコピー抜粋分を再掲示しています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

20211001(金)-1031(日) 実りの秋に里山華やぐ〔10月の里山〕アケビや栗に人出がちらほら

2021-10-31 | 〔里山〕歳時記@見聞ログ

実りの秋に里山にも人出が入り、騒がしくなってきた。

[石井のヤマアラシ軍団が秋の実りを収穫]

 

 

[たわわに実るアケビ]

 

 

[取った先から試食する]

 

 

[この里山では🌰栗とアケビが中心]

 

 

[🌰栗も大収穫]

 

 

[管理道には栗のイガいっぱいだ]

 

 

[道沿いでヒッソリと咲くヤマジノホトトギス]

 

 

[可憐なシュウカイドウのピンク色]

 

 

[セイタカアワダチソウが色づく]

 

 

 

[秋の小花いろいろ]

 

 

山中のセイタカアワダチソウにアサギマダラがやって来た。

[フジバカマ以外にも寄り道するアサギマダラ]

 

 

[セイタカアワダチソウの蜜を吸飲]

 

 

[秋の小花たち]

 

 

[ほんのり進むグランドの紅葉]

 

 

[そろそろお化粧直しの準備中]

 

 


再度、国府町の阿波史跡公園に行ってみた。

[コスモスのぞく展望花園]

 

 

[コスモスが咲き出す]

 

 

[早咲きのツバキか?サザンカ?か]

 


里山にも秋の訪れを感ずる。

[展望の中央鉄塔広場も色づき進む]

 

 

[秋の訪れにガビチョウが騒ぐ]

 


INDEX〔里山〕歳時記に戻る。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする