NPO法人 ホスピタル・プレイ協会 -すべての子どもの遊びと支援を考える会-

本ブログは、チャイルド・フレンドリーな医療と環境の実現のためホスピタル・プレイに関する情報を発信しています。

HPSワークショップを開催しました

2013年11月27日 | 日記
11/23(土・祝)につばさ静岡にて、重症心身障害児を守る会の主催でHPSによる遊びのワークショップを開催しました。

当日は守る会のみなさまをはじめ、多くのボランティアや学生にも参加していただきました。

講演の一方で、ボールプールで遊ぶ子どもがいます。

ボールに全身を包み込まれるような感覚とまるでジェットコースターに乗っているかのようなスリルを体感できます。

こちらはシャボン玉です。

ふわふわと舞うシャボン玉を目で追いかけます。
キラキラ、ピカピカなシャボン玉は視覚的にもキレイですし、追視を促す上で効果的な遊びのひとつです。


シリンジ・ペインティングは治癒的な遊びのひとつです。
普段、痛い思いをすることの多い注射器を使って、絵の具を飛ばします。
医療器具を実際に触ってみること、子ども自身が遊びの中で医療器具をコントロールできること、これらが重要です。

スヌーズレン・コーナーもご用意しました。

感覚に直接訴える刺激を楽しみながら、安心感とやすらぎを提供する空間です。
きょうだいと一緒に過ごしています。


参加された方からのご感想を一部ですが、ご紹介いたします。

きょうだいともとても楽しく遊ばせていただきました。普段家ではできない事、初めての事を遊びの中でよい形で経験させていただけて、とても親としてもうれしく、また子供も楽しく、とてもよかったです。HPSというものが今回の会でとても身近に感じ、またこういった方々が存在するということを心強く感じました。(親子で参加)

HPSのことがわかりよかったです。お話をきいて感動しました。これからもみんなに大切さを理解してもらいたいですね。今日はいろいろな体験やお話をきけて、有意義な一日でした。また機会があったらお話をうかがいたいです。(親子で参加)

大好きな遊びの時の笑顔を見ることができてよかったです。やりたい!の気持ちを表現するために体をのり出したり、手をたたいたり伝えることもでてました。学校の授業での内容にとても近いものを感じました。一度目より二度目の方が遊び方も上手だったのも感じましたので、楽しめるまで何度か経験させてあげることも大事だと思いました。(親子で参加)

HPSの存在を知り、すべての子どもに遊びが重要ということを実際子どもたちにふれさせていただき実感しました。子どもたちの素敵な笑顔、表情をたくさん見ることができ支援側も一緒に楽しませていただきました。ありがとうございました。


楽しく、有意義な遊びの場を提供できたかなと感じています。
お越しいただきましたみなさま、ありがとうございました。

SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会のブログ

2013年11月26日 | 日記
11月10日(日)に開催いたしました遊育支援ワークショップ with SMA家族の会について、
SMA家族の会のブログでも、こんなにステキなご報告をいただきました。

こちらから http://smajapan.blogspot.jp/ ご覧いただけます。
ぜひぜひご覧ください


HPSの活動 -関東ブロック勉強会のご報告-

2013年11月20日 | 日記
9月に行われた関東ブロックの勉強会について、ご報告します


第19回HPS関東ブロック定例勉強会

日  時  2013年9月14日(土) 15時~17時

参加人数  8名

今後の勉強会や活動計画と遊育支援ワークショップ with SMA家族の会について話し合いが行われました。
また各自人形を持参し、血管・いねむり機械を人形に装着し、採血・いねむり人形作りが行われました。
人形を切ったり、針を刺したり、「手術しているみたい」などの声も聞かれていました。

  


第20回 HPS関東ブロック定例勉強会

日  時 2013年9月26日(土) 15時~17時

参加人数 8名

英国研修についての報告、遊育支援ワークショップ with SMA家族の会に出展するブース“ 開店! ケーキ屋さん ”の最終打ち合わせが行われました。
石鹸とお湯の配合やスイッチ、補助具、箱などどのようなものが良いか、香りなど、物品を持ち寄りながら、話し合っていきました。


次回は12月14日(土曜) 開催予定です。

遊育支援ワークショップ 開催しました!

2013年11月12日 | 日記
第2回遊育支援ワークショップ with SMA家族の会が11月10日(日)に神戸にあるしあわせの村で開催されました。

心配されたお天気もなんとかもってくれて、楽しい一日となりました。
SMA(脊髄性筋萎縮症)家族の会とのコラボも今年度で2回目となります。
難病のお子さんも、きょうだいも、家族みんなで遊べることをプロモートする目的は果たせたのではないかと思っています。

初めての滑り台、初めての射的(弱い力でもあてられるように工夫してあります)、
初めてのスヌーズレン室(手作り)、などなど新しい体験に果敢に挑戦していた子どもたちでした。

多分、帰るときには遊び疲れてぐったりと寝てしまうお子さんもたくさんいたのではないでしょうか?

岡山の短大からも学生の皆さんが、応援に駆け付けてくれました

HPSも、関東、静岡、名古屋、関西ブロックとも、工夫を凝らしたブースを出してくれました。
HPSの皆さんは準備も大変だったと思いますが、大変有意義な一日になったことと思います。
ありがとうございました。

子どもたちのはじける笑顔にエネルギーをもらった一日でした