旅するくも

『旅が旅であることを終わらせる為の記録』

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二つの道

2009-12-30 22:01:06 | 
4年前、僕が初めてアメリカを旅したときのことだった。

僕はそれまで暮らしてきた世界とは全く違う世界を旅をした。
初めて自分が今まで必死にしがみついてきたものとは全く別の世界がこの地球上にあることに気が付いた旅だった。

それは同時に日本人の僕が二つの道を生きる事を避けられなくなった瞬間でもある。

日本に帰ってきてからの半年間は何も考えられなかった。
その後も頭が混乱し、自分がいったい何を見てきたのかも言葉にすることができない事に腹が立ち、僕の中は完全にバランスを失い、しがみついていたものから逆に手放すことが怖くなった。

この日本の中でいかにバランスをとっていくのかという、長いリハビリ生活の中で同じ思いで生きている多くの人たちに出会えた今年は僕にとって本当に大きな一年だった。

日本もまだまだ捨てたもんじゃない。
いや、日本てメチャクチャ面白いぞ!!!
そんな希望に満ちた日々だった。

私に繋がる全てのものに感謝して。
また来年会いましょう!!

MITAKUYE OYAS’IN !!
コメント

編集長トーク

2009-12-27 20:02:57 | イベント
2009年を振り返ると、と書き出そうと思ったけど長くなってしまうのでやめる。
たくさんの人と出会い、27年生きてきた中でも、かなり充実した1年だった。

来年の予定で楽しみにしている事はたくさんあって、その中に1月15日に
静岡市の伊太利亭で行なわれる”しゃべらナイト”というものがある。

ゲストを呼んで話をしてもらい交流するイベントのようだけど、
テーマは「旅」
スピーカーは、
☆鈴木平さん(静岡県立大学国際関係学部3年)
☆鈴木知恵さん(静岡県JICA国際協力推進員)
☆平川瞬さん(『最南端』編集長・ロマンず☆≡代表)

そう!僕が人前でしゃべるのだ。
呼んでくれた人の事もあるので、深すぎず、過激にならないよう気をつけて話をしたいと思う。

日本語で「国」という字はたんなる長方形である。
このイメージはまた日本語では、牢獄を意味する。

そんな出だしでトークをはじめよう。
http://www.italytei.jp/
コメント

クリスマスプレゼントには・・・

2009-12-21 22:07:57 | 素晴らしき日々
彼女にあげるクリスマスプレゼントを2週間ほど前に買った。
そのプレゼントに辿りつくまでの、いきさつを少し。

アメリカで会った北海道出身の友人に沼津にハワイ好きの面白い人のカフェがあると、教えてもらって沼津まで会いに行った。
最南端3号目の記事を書いてくれた、沼津のカフェ・イヴァ・ケリーのMOANAさんでMOANAさんから、お店に置いてあるハワイアン・ジュエリーを僕が住む街の隣町、牧之原市に住む人が作っている事を教えてもらった。
電話してみると、僕の住む島田に商品を取り扱っているお店があると駅前の花屋さんを教えてもらって、そこでクリスマスプレゼントとなる指輪を買うにいたる。

熱帯アマゾンやソロモン諸島原産の象牙椰子(Phytelephas Auquatorialis )の種子で象牙に代わるエコ素材というタグアというもので、テカテカしてる亀の甲羅ようなデザインの指輪はマイペースな彼女にピッタリだ!

プレゼントを買ったのはいいが、早く渡したくて僕はウズウズしてしまいクリスマスまで待てなくて、先週の土曜日に渡してしまった。

指のサイズがわからないので、僕の小指に入るものなら彼女の10本ある指のどこかに入るだろうと勝手に予想したが、彼女の親指でもブカブカで、おまけに亀の甲羅のようなデザイン!
彼女は爆笑していたが、まあ、喜んでくれたはずだ。

他にも色やデザインがあるし、指輪の他にもネックレスなどもあったな。
大量生産されたつまらない贈り物よりも、手作りで、おまけに笑いまで取れる素晴らしい指輪!
プレゼントにいかがかな?
コメント

立教大学にて

2009-12-20 22:43:34 | 最南端
先週、池袋の立教大学へ北山耕平さんのトークを聞きに行ってきた。

最南端のデザイナーの牧と合流して、門を通るとこの寒い季節に汗をかいて扇子を扇いでいる人がいて、まさか!と思ったら北山さんだった。
あいかわらず、近づきにくい雰囲気はあるものの15分ほど話をした。
最南端は1号目よりも2号目の方が良かったそうだ。
でも、最南端の折り方が良くないようなので3号目から折り方を変えようと思う。

話の中で北山さんと阿部珠理教授との関係を訊ねると
”僕が彼女にアメリカのどこを訊ねたらいいかと聞かれて教えたんだよ”と
言っていた。
それで教授はラコタを訊ねて「アメリカ先住民の精神世界」という本の出版へと
繋がったわけだな。

http://www.rikkyo.ac.jp/shakai/present/abe_semi.html

今回初めて阿部珠理教授を見たけど面白い人で、雰囲気は
”お前ら聞く準備は良いかい?よく聞きな!”って感じで笑いそうになってしまった。
阿部教授もアメリカインディアンの世界に入っていくきっかけになったのは、
北山耕平さんの代表作「ネイティブ・マインド」という一冊の本からだと言っていた。
それは僕が”地球と共に生きる事を学びたい”と思ったきっかけの一冊でもあった。

あの本と出会ってからの6年で、何かになる必要なんてどこにもないのだと気が付き僕の生き方は大きく変化した。
当然、いまも大きな変化の中に僕はいるのだけれど、”人である”事を学んでいく中で不思議なのは、6年前の自分が思い出せない事だ。
変化というよりも本来の自分に歩み寄っていく、そんな感覚だな。
コメント

手に取れるものの力

2009-12-20 22:14:33 | 素晴らしき日々
このあいだ書いて、SPA!の編集部から一部分を”消してくれ”とメールが
来て消したんだけど、週刊SPA!の記事がそのままYAHOOニュースに載ったので、見て欲しいと思う。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091209-00000000-spa-ent

そして、ケンジュウの会代表の坂田さんから”WONDER MOUNTAIN高尾山”
という名のフリーペーパーを200部送っていただいた。

完成度がとても高くて、全てカラー!
スポンサーには、カフェ・スローやHIDE AWAYなどなどが参加しており、
キャンドル・ジュンさん、東田トモヒロさん、坂本龍一さんなどがコメント。

制作の中心になって頑張った花ちゃんから”やっとできました!”とメールをくれたので、僕は”君達には勝てんわ!”と返信しておいた。

フリーペーパー200部が家にあるので少しずつ大切に配っていきたいなと
思う。
どこかで見かけたら読んで次の人にまわしてほしい。

手にとれるものの力を信じて。
コメント

7G イベント

2009-12-20 22:14:17 | 言葉
東京プチ観光報告追加!

横浜中華街のど真ん中にある舞踏館で行なわれた
”Harmonic beeing ”

B1階にやってきたジャイアント・サダム!
2メートルちかい巨体の彼が持つフォークギターが小さく見える久しぶりの
サダムさんとの再会。
大きな手とがっしりと握手!
サダムさんの歌を聴くのは初めてで声の良さにびっくりした。
彼女のなっちゃんからCDをもらって昨日、初めて聴いてみたけど最高だ!
リピートしっぱなし!
ブログの雰囲気と全然違って繊細な綺麗な声!
ドツボにはまった!
”もしころんだら”という曲は僕と彼女のテーマソングにさせてもらった。

サダムさんhttp://www.j-wave.co.jp/blog/sadam/



元たまの知久さん。
昆虫の交尾や蟻と昆虫の共生の映像をながしながらウクレレとギターで歌っていた。
独特な知久ワールド全開で、あっという間にそんな知久ワールドにのまれていった。
「ちゃんと生きるって何ですか?」と聞けば、
「ちゃんと死ぬこと!」と答えそうな人だった。
ぶっ飛んでる人かなと思ってたけど、面白い繊細な人な印象。

知久さんhttp://www.officek.jp/chiku/

最後は7Gの山田さん率いる 8(ハチ)
今回はリズムメインで打楽器6人、にディジュリドゥーの山田さんの7人での演奏だった。
山田さんのディジュリドゥーの師匠はGoRoさんという数々の伝説を持つ、とんでもない人だけに、演奏はさすが!
わざわざ8を見るために静岡から来ているお客さんが3人いたくらいなのだから、
人気があったんだな~と全然知らなくて申し訳なかった。

http://www.hachi-8.com/live.html

イベント終了後もなかなかお客さんが帰らないくらい盛り上がって、来年の
ウォークとCOP10が盛り上がっていく事がいまから想像できたイベントだった。
コメント

田中優さん再び!

2009-12-19 17:30:24 | イベント
10月のみのる座でのイベントに来てくれた田中優さんが、今度は静岡大学にやってくる!
ロマンず☆≡の最年少の大学生と静岡市議会議員の宮沢さん、チャールストンの
ノリさんなどが中心になって企画されたもので、”Choice for the future”という今回のイベント!!
なんと入場無料!

田中優さんはもはや説明不要!
木下デヴィッドさんは身長2メートルほどあるプロのサーファーで青森の六ヶ所村再処理工場について活動している人だ。
サーフィンをしている人なら、みんな知っている。

僕は以前、御前崎で会ったのだけれど、超ストイックな人!!
どこまでも、ストイックな人だった。
当日は僕も遊びに行きます。

以下、詳細!

環境、経済、平和など様々な活動にかかわる「未来バンク事業組合長」・田中優さんと、海の環境の変化を肌で感じ、発信し続ける「プロ・ロングボーダー」木下デヴィッドさんが語る【未来への選択】


★スピーカー: 田中優・木下デヴィッド
★ナビゲーター: 宮沢けいすけ(静岡市議会議員)

◆日時:2010年1月13日(水) 18:00開場 18:10開演

◆会場:静岡県立大学経営情報学部棟1階 「4111講義室」

◆参加費:無料

◆定員:250名

◆主催:WPAS-World Peace from Asian Smile(静岡県立大学国際協力サークル)
    Choice for the future実行委員会

◆問い合わせ:wpaskendai@yahoo.co.jp
 

☆会場案内☆
静岡県立大学(〒422-8526  静岡市駿河区谷田52-1)
JR草薙駅より徒歩15分

※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

★イベント終了後(21:00過ぎ)から草薙周辺で懇親会を予定しています。


☆タイムスケジュール☆

18:00 開場 オープニングソング・青田ケンイチ
18:10 木下デヴィッド×宮沢けいすけ トークセッション
19:00 田中優 講演
20:00 パネルディスカッション
    田中優×木下デヴィッド×宮沢けいすけ×学生のみなさん

20:45 終了

※21:00に完全撤収のため、もっと深い話をしたい、聴きたい方は、懇親会にご参加ください。
参加を希望される方は、wpaskendai@yahoo.co.jp までご連絡ください。(先着20名さま程度)
懇親会の会場は、当日お知らせします。


☆スピーカーズ プロフィール☆

【田中優】
1957年生まれ。「未来バンク事業組合」理事長、「国際ボランティアセンター」「足湯ネット」理事、「中間独立法人天然住宅」副代表を務める。

脱原発やリサイクル運動を出発点に、環境、平和などの市民運動に参加。
理想と現実を結びつける解決策を、広い視野と地域の足元からの活動から生み出している。
行動に裏付けられた提言が、感動と共感を呼ぶ。

【木下デヴィッド】
1973年生まれ。プロ・ロングボーダー。2004年JPSAグランドチャンピオン。
日本人として最高位の世界レイティング9位をマーク。
2009年まで、JPSA(日本プロサーフィン連盟)ロングボード選手会長を務める。

東京、デンマーク、カリフォルニア、鹿児島、鎌倉の海を経て、現在は千葉県勝浦市在住。
海を取り巻く環境、青森・六ケ所村使用済核燃料再処理工場の問題、原子力発電の現状、自然の大切さやあり方など、長年にわたり世界を旅してきたサーファーの視点から伝えている。
コメント

旅する雲

2009-12-19 12:13:39 | 素晴らしき日々
今朝、寒さで目が覚めて、車に乗り南へ向かって走っていると海の方で日の光に照らされた雲が見えた。
そんな遠くの雲を眺めているだけで素直な気持になる。

神奈川の友達に手紙を送らなきゃ、ブログを書きたい、楽器を弾きたい、本を読みたいとか、色々と予定があった気がするかけど、どうでもよくなってそのまま車で南に向かって走り続けて海まで来てしまった。

車の中で呼び出した友人を待ちながら、穏やかな海と雲を眺めていると、久しぶりにゆっくりと流れるリズムの中に入る事ができた気がしたな。

僕は今日、何をするつもりだったんだろ?
思い出せない。
コメント

初めてのディズニー

2009-12-15 23:05:15 | 
当日の朝、遊び疲れて起きる気にならず、のんびりロマンず☆≡Tシャツを着て準備をして、日暮里を出発してからディズニーランドに着いたのが11時すぎ。

アメリカのメルローズを思い出させる建物がならび、よく成田空港へ行く時に電車から見えたシンデレラ城が正面に見えた。

頭にミッキーマウスの耳をつけてすれ違っていく人たちを見て僕は
「うかれてやがって、てめーら逮捕だ!」とブツブツ言っていたな。

特に開放感があるわけでもなかったが、初めての場所に少し気持ちがうかれた自分を抑えながら人混みをすすむ。

彼女がほとんど案内をしてくれたので、道に迷う事もなく、平日という事もあってか、待ち時間がほとんどなく乗り物に乗ることができた。

たくさんの人から聞く噂から想像していた世界とは全然違って、
意外と普通だった。
ウォルトディズニーが見たビジョンをかたちにしたものがディズニーランドだと思っていたので、門をくぐった先にはぶっ飛んだ世界がなかったのには少しがっかりもした。
噂ではLSDの世界なんて事も聞いていたけど、夜はLEDの世界だったな。

初めて行って思うのは、僕はやっぱり人がつくった世界よりも、ありのままの地球に触れられるアメリカの沙漠の方が好きだな。
それにポップコーンのカレー味は、いまいちだ。

コメント

2009-12-13 23:07:27

2009-12-13 23:07:27 | 言葉
朝霧で会って以来のロコムーンちゃんとの再会!
彼女の歌はどこの言語でもない妖精のような声でずっと鳥肌が立ちっぱなし!
僕に彼女ができたと報告してから「鳥肌たった!」と言ったら「よく言われるよ!」だって。笑

さすが!
コメント