旅するくも

『旅が旅であることを終わらせる為の記録』

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名曲?

2010-01-28 20:44:23 | 音楽


rocomoonちゃんの曲!!

去年、横浜で会った時、彼女の歌に鳥肌がたちっぱなしだった。
歌詞はどこかの国の言葉でもなければ意味もない。
彼女は言葉にならない言葉を求めてるんだな。

これで、歌手が本業じゃないのは、いかがなものかと僕は思うのだが。
コメント

なるほど!

2010-01-26 21:14:44 | 最南端
野草社という山尾三省などの本の出版している社長と以前お会いした。

北山耕平さん、インディアンフルートの真砂さんとお会いした時にも感じるのでけれど、
凄い人にはみな共通する独特な雰囲気がある。
それと同じものを野草社・社長の石垣さんからも感じた。

最近ではろくに話もしていないけど静岡のイタリ亭のオーナーからも近いものを感じたな。

石垣さんとお会いして、2時間ほど社長室で石垣さんのペースで口を挟むことなく話を聞かせてもらった。
本の話や野菜などの話や世代の話。

その中でも、特に強く響いたのは”必要なものは全てそろっている”という言葉だった。
世界が持続可能なものへとシフトする為に必要なもの、という意味で僕は受け取ったのだけれど、最近やっと理解できた気がする。

なるほど!
コメント

ワールドカップ

2010-01-25 22:50:58 | 
ある日、僕はカリフォルニア・バークレイという街にいた。

アメリカを徒歩で横断する旅を翌日に控えているにもかかわらず、お世話になっている友人の家で同居しているトーマスというメキシコ人に誘われて、サッカーの試合へ出掛けることになった。

カリフォルニアはアメリカの中でも特にたくさんの人種がいて、サッカーの試合は特に
多国籍だった。
メキシコ、イングランド、中国、ブラジル、スウェーデン、イタリアなどなど。
フィールドには各国を代表して集まったような素人たちが大勢いた。

アメリカVSイタリアなどの試合はあっても、アメリカ・メキシコ・中国VS日本・イタリア・ブラジル・イングランドなどという試合はめったに体験できるものじゃない。

違う国の人との会話は英語だけど同じ国の人とは、スペイン語だったり、ポルトガル語なのか、さっぱりわからない言語がフィールドで響く英語の中に紛れ込んでいる。

それでも、1つのボールをみんなで追いかけていると、サッカーって世界共通の
言語なんだなぁと妙に納得している日本代表の僕がそこにいた。
コメント

グアテマラって国

2010-01-25 22:17:27 | 
ある日、僕はグアテマラという織物やコーヒーで有名な国を旅していた。
なんとも、のんびりとした人たちが集まってできたような国だ。

僕は持っている現金がなくなり、トラベラーズチェックT/C(説明を省く)を現金にしようと銀行の列に並んでいた。

銀行の中では強盗対策の為の警備員が大きなライフルを肩にかけて立っていた。

ジーパンを履いたお客さんがポケットからなにやら取り出して入り口の横にあるロッカーに
預けていた。

何を預けているのか、次に入って来たお客さんを注意して見ると預けているのは拳銃だった。

日本人の僕が持っている勝手な常識なのか、拳銃を銀行の中で預けても手遅れなんじゃないだろうか。

なんとものんびりとした人たちが集まった国、グアテマラ。
コメント

満月

2010-01-24 18:37:02 | 写真
4年くらい前なのか、千葉で行なわれたイベントで長野の女性と知り合った。
バスの中で一緒になり話しをすると僕と同じ写真家が好きで、7Gウォークにも参加してくれたり、最近ではラビラビというバンドのCDを送ってくれたりと、知り合ってから4年がたってもいまだに仲良くしてくれている。
僕が大切にしている友人の一人だ。

そんな彼女が満月を写真に撮ってこんな事を言った。

”入り口”

それまで持っていた世界を一言でひっくり返す事ができるのだと思わされた瞬間だった。
コメント

アジト!

2010-01-23 19:39:28 | 静岡
このところまた忙しくなってきた。
忙しくなってきた理由はいくつかあってなかなか最南端3号目の完成が見えてこない。

忙しい理由の一つとして、僕らが遊べる場所、集まる場所として探していた
空き家が見つかった事。

地元の山奥にある築100年の民家。
そこをロマンず☆≡のアジトと、バンド練習の場所として使えないだろうかと考えている。

その場所には目印となる樹齢数百年の椎の木がたっていて、とても静かな場所だ。
家は小高い場所に建っていて8DKの2階建て、縁側の雰囲気が良い家で井戸付きだ!
大黒柱が本当に黒く塗られている。

家主は畑を持っていてその畑はただの四角い畑ではなくて、魚のウロコのような形をした
棚田の畑だ。
家賃は月3万円!
何とも魅力的な家だけに今後うつり住んでからの事を考えると楽しみが膨らむ!

アジトに集え!なんて言ってみたいもんだ。
コメント

ロマンず☆≡ウォーク!!

2010-01-18 23:28:23 | ロマンず☆~
昨日は地球を抱きしめるロマンず☆≡ウォーク!
メンバー9人で金谷の石畳から千葉山頂上までの約17キロほどを歩いた。

心配していた天気も見事に晴れ、気温もそこまで下がらなくて気持ちよく歩く事ができた。
スタートしてすぐに明治創業のお菓子屋で休憩したり、寄り道し続けて全然進まなくて、
ゴールできるか心配だったけれど、怪我人も出ることなく無事にみんなでゴール!!

ゴールした千葉山頂上では、みんな疲れているようだったけどキレイな夕焼けを見て
元気を取り戻していたっけ。
(写真はやらせ。)

翌日の今日、メンバーの女の子が地球を抱きしめるというより、地球に抱きしめられてる事に気が付けた!と、少し興奮気味のメールが届いた。
今回、歩いた主旨もちゃんと伝わったようでなにより!

ちゃんと地球とハグすることができたロマンず☆≡ウォークだった!
次回は地球とハグした先に何があるのか!
そこまで、みんなと共有できたら嬉しいな!

”EARTH HUGS ロマンず☆≡” いい感じ~!!
コメント

しゃべらナイト!!

2010-01-18 21:56:34 | 
”しゃべらナイト in いたり亭”
スピーカー3人の中の1人として誘われて自己紹介してから15分×3回のトーク。
今回のテーマは”旅”

日本人としての生き方と地球人としての生き方のどこでバランスをとるのかというのを、
限られた時間の中で話ができたらと思ったが、なかなかうまくはいかなかった。

僕にとっては、この日本列島に最初から日本があって日本人がいたと思っている人に話をするのは簡単な事ではないと改めて感じさせられた時間でもあった。

なぜ神社のご神木には紙で印がしてあるの?
なぜ神聖なものに触れさせてくれないの?
「神聖なものに触れるなんてとんでもない!」って思い込まされてるのはなぜ?
なぜ日本人の祈りは声にも出さないの?
なぜこの国の法律ではマリファナがドラッグで、酒がドラッグではないの?
なぜこんなにも日本は差別だらけなの?

そんな話までできたら良かったのだけれどね。

”本来の人”
”普通の人”
”地球人”
”日本列島人”

そういった世界からずいぶんと離れてしまった僕らが、”本来の人”である事を学ばずに、
どうやってこの2つの世界でバランスをとっていけるのだろうか。

旅に出ることを目的にしないで、旅の中で一人になって本当の自然に触れる旅を
して欲しいと僕は思う。
そして、外にばかり向かうのではなくて、自分の内側へと向かう旅というものをして欲しいと願う。
コメント

地球を抱きしめる!!

2010-01-17 01:21:55 | ロマンず☆~
17日の今日はロマンず☆≡メンバーで島田市を歩く!
自分達が育った場所はいったいどんな場所で、どんな人たちが住んでいて、
どんなものがこれから必要なのだろう?

それを歩いて地球に近づいて知ろう!
地球を抱きしめよう!
って事で歩こうと思う。

久しぶりに長距離を歩くのでちょっと心配だけど、楽しんで行こう!
コメント

Choice for the future!

2010-01-17 00:35:55 | ロマンず☆~
13日の水曜日に静岡県立大学で行なわれたChoice for the futureという
イベントに行った。
ロマンず☆≡で頑張ってくれている大学生やチャールストンのノリさんなどが中心となって
行なわれ出演は田中優さん(APバンク理事長)
木下デヴィッドさん(プロサーファー)
司会が宮沢さん(市議会議員)というもの。

イベントにはたくさんのお客さんが集まって席に座れないほどだった。
今回は原発というかなりデリケートな問題について取り扱ったものだったけれど、
暗くなることもなく明るいもう一つの未来の提案というものが、しっかりとできていたと思う。

イベント終了後にはインド料理店で懇親会が行なわれて、とても盛り上がっていたのは
イベントが成功ということなのだろうと思う。

ロマンず☆≡でイベントに直接関わっていたのは数人だったのだけれど、15人いるメンバーの中で仕事で来れなかった人を除いて全員がイベントに参加。
最後はロマンず☆≡みんなで、デヴィさんと記念撮影!
楽しかった~☆≡
コメント