旅するくも

『旅が旅であることを終わらせる為の記録』

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

虹の戦士

2012-07-20 21:58:01 | 物語
レラニー・フラー・ストーンが幼いころに祖母から聞かされた話の要約

虹の戦士たちは太古から残されたさまざまなメッセージを広め、すべての地球の
人たちに 「グレイト・スピリットの道の上での生き方」を教えることになる。
今の世界がどのくらいグレイト・スピリットの道から背いてしまっているかを諭し、
そのことによって「地球が病んでしまっている理由」を伝えてゆくだろう。
虹の戦士はまた、この時代を超えて存在し続けているもの
(これもまたグレイト・スピリットと呼ぶべきもの)がいかに「愛」と「理解」に
あふれているかを見せて、どうすれば母なる地球をもう一度美しくできるかを教えて
まわるだろう。
虹の戦士は人びとにこの世界を正しく歩んでゆくための「法」もしくは「原則」を
与えることになる。そしてそれらの「法」も「原則」も太古の部族から伝えられて
きたものであるだろう。
虹の戦士は人びとに、太古から伝えられた「みなをつなげる」「愛しあう」「理解しあう」
ための技を広め、地球のあらゆる地域の人たちに分け隔てなく調和を広めてゆくだろう。

太古の部族の人たちがそうであったように、虹の戦士は人びとに山の清流のような、
そしていくつもの流れを集めて生命の大きな海に注ぐ大河のような、つきることのない愛と
ともにグレイト・スピリットにむかっての祈り方を教えてゆく。
虹の戦士はたとえひとりでいても、大勢が参加する会議の中にいても、等しく喜びを
感じることができるだろう。狭量な嫉妬から心は解き放たれていて、肌の色や人種や宗教を
問わずすべてのヒトを愛するだろう。
虹の戦士は自らのハートに幸福が入り込むのを感じるとき、すべてのいのちとひとつに
なることができる。
その心はどこまでも清らかで、ヒトと自然とグレイト・スピリットに対する暖かさと理解と
尊敬とを放射しているだろう。
虹の戦士は自分の頭とハートと魂と行為とを汚れのない思考で満たしている。
彼らは命を支配するもの、グレイト・スピリットそのものの美しさを探し求め、祈りと
ひとりであることの中に、力と美とを見つけることになるだろう。

虹の戦士の子供たちはもう一度、自然と母なる地球の宝を堪能しながら、自由に走りまわることが
できるようになるだろう。
欲やそれに突き動かされた行為によって、肉体を汚されたり、命を失うような恐れからも
解放されるだろう。
川の水も再び清らかに流れゆくようになり、森は豊かで美しいものに姿を変えて、たくさんの魚や
動物や鳥たちが帰ってくることだろう。
植物や動物たちが持っている力が再び敬われるようになり、すべての美しきものたちの保全こそが、
人間の生きるべき道となるだろう。

貧しい者や、病んでいる者、生活に困っている者には、地球に生きる兄弟姉妹たちが庇護を
与えることになるだろう。
そうした行いは虹の戦士たちの日々の暮らしの一部になることだろう。

ひとびとは自分たちの指導者を、政党や、偉そうだからとか、声が大きいからとか、
大きなほらを吹くからとか、何度も連呼をしているからとか、罵りあうからという理由ではなく、
その人間がいかなる行いをしているかを判断する太古からのやり方で選ぶようになるだろう。
愛と知恵と勇気を行いで示して見せた者、すべての良き人たちのためになるつとめをなしてきて、
これからもそれができるだろう人物が、指導者やチーフとして選ばれることになるだろう。
その人たちは「人間の質」によって選ばれるのであり、彼らが稼いだ金の総量によって選ばれる
ことはなくなるだろう。
思慮深く献身的だった遠い昔のチーフたちのように、彼らは愛によって人びとを理解し、子供たちが
周囲の者たちの愛と知恵によって教育されているかどうか見るだろう。
彼らはいくつもの奇跡によってこの世界の病が癒され、健康と美が回復されることをひとびとに見せることになる。

「虹の戦士」のやらなくてはならないことはかくも多くすべてが偉大なものである。
越えていかなくてはならない無知の山はとてつもなく高くそびえ、偏見と憎しみとを見つけることに
なるかもしれない。
虹の戦士はハートを強く持ち、一途に道を進み、くじけてはならない。
もう一度母なる地球に美しさと豊かさを回復させるための道の上で、彼らは同じように強い意志を
持った心と頭の持ち主たちを見つけることになるだろう。

その日は近い将来必ず訪れる。
そのとき、まさしく虹の戦士たちが存在してくれたおかげで、すべての部族の人たちが自分たちの
文化的な遺産を保ち続けられたことが明らかになるだろう。
儀式や、物語や、伝説や、神話を生かし続けている者たちの声に耳を傾けよ。
その声の中に、まさにそこにこそ、彼らが守護してきた「知」が存在する。
それによってわれわれはもう一度、自然と、母なる地球と、人類とが調和するところへ帰還することが
できるだろう。
まさしく「わたしたちの生存の鍵」は、その「知」の中に見つけることができる。

by Kitayama "Smiling Cloud" Kohei 
http://native.way-nifty.com/native_heart/2005/01/post_10.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 金閣寺の湯のみ | トップ | FORMOSA 自転車の旅5 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿