物造庵 ものつくりあん ナラ(楢崎賢)

ものつくり人「ナラ(楢崎賢)」による
絵や作品の制作過程、自作詩の発表、その他徒然…

詩3670「ジョン田中」

2020年11月08日 21時21分18秒 | 自作詩
今日も現場からやってきて
一番安い酒を頼む
ジョン田中さんは酎ハイね

海の向こうからやって来た
小さなボートでやって来た
ジョン田中さんは酎ハイね

前歯が4本抜けている
面白い顔で笑ってる
ジョン田中さんは酎ハイね

いつも破れた服を着てる
ポケットの中は小銭だけ
ジョン田中さんは酎ハイね

今日もつけてとお願いする
大将笑ってつけている
ジョン田中さんは酎ハイね

酔いが回ったら歌い出す
ふるさとの歌を歌い出す
ジョン田中さんは酎ハイね

子どもの写真を持っている
時々涙をこぼしてる
ジョン田中さんは酎ハイね

I heard, I heard, the Old Man say,
John Kanaka-naka tu-lai-e! (too-lie-ay)
Today, today is a holiday!
John Kanaka-naka tu-lai-e!
Tu-lai-e!, oh, tu-lai-e!
John Kanaka-naka tu-lai-e!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3669「カチャーシーピルグリム」

2020年09月16日 23時21分53秒 | 自作詩
南から吹いた風に
のってきたぜ調子合わせ
あの世からこの世まで
歌いながら歩いて
青い風白い波
赤い土と蝉の声
草の匂い落ちる汗
君の歌を聞かせて

胸の奥に張った弦を
指で弾け心鳴らせ
体はずめ心踊れ
南風を捉えて
彼方まで雲は流れ
あなたまで歌を届け
明日まで歌い踊れ
黄泉の扉開いて

カチャーシー踊れ
ひーおじいと肩を組んで
カチャーシー踊れ
ふーおばあと酒飲め
カチャーシー踊れ
久しぶりさめんそーれ
カチャーシー踊れ
歌え踊れ酒飲め

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3668「荒野の星 三番」

2020年08月01日 19時22分32秒 | 自作詩
光が差した 人影を
一粒 拾い上げ

荒野を抜けた 心から
こぼれた 恋の蜜

この道を辿りゆけば
あなたへ届くのか

今はただ目の前の
糸を手繰るだけ

立ち上がり男が 何かを叫んだ
意味もなく 訳もなく
魂の叫びだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3667「あなたの」

2020年07月15日 22時43分56秒 | 自作詩
髪の毛。
匂い。
声。
感触。
服。
見たもの。
道。
手。
迷い。
逡巡。
抑えきれない。
青い。
青い。
胸の奥の。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3666「梅雨の晴れ間に」

2020年06月28日 21時39分02秒 | 自作詩
梅雨の晴れ間に。
出た月を。
あなたもそこから。
見ているだろうか。
少しでも。
少しだけでも。
悲しみが。
紛れるように。
ふりそそげ。
月の光と。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3665「アイリッシュローバー」

2020年06月20日 22時49分02秒 | 自作詩
明日晴れたら海へ出て
波乗りをしようよ
白く泡立つ雲を越え
たどり着いたよジャマイカ

裏打ちの波に乗り
遠く届けおれたちゃ音楽
水平線を超えた先に咲く花
アイリッシュローバー

アイルランドから船が出て
たどり着いたのはカリブ海
雲と風を見て想うのは
ふるさとの黒く深い海
遠く離れてしまったあのこの
笑顔は野辺に咲く白い花
ふるさと想った悲しみが
世界に音楽生みました

ブルーグラスフォルクローレカントリー
ブルースにロックジャズレゲエ
悲しみが生んだ音楽は
世界を明るく変えました

裏打ちの波に乗り
遠く届けおれたちゃ音楽
水平線を超えた先に咲く花
アイリッシュローバー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3664「あなたを想い」

2020年06月19日 23時52分04秒 | 自作詩
あなたを想いながら。
今日も自転車を漕ぎ。
あなたを想いながら。
今日も仕事に行く。
あなたを想いながら。
今日も道を歩き。
あなたを想いながら。
空を仰ぎ雲を見る。
あなたを想いながら。
布団に入り目を閉じる。
あなたの幸せと平穏を。
あなたを想いながら。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3663「蹴破る」

2020年06月17日 23時29分11秒 | 自作詩
その檻は。
僕を少しも。
留めない。
突き破り。
蹴破り。
ズタズタにして。
出て行ってやる。
遠くまで。
見えないはるか。
遠くまで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3662「ヘッドバンキング」

2020年06月16日 17時47分05秒 | 自作詩
突然だったな
そのお別れは
それぞれの島で
生き延びてきたな

僕は一人で
叫んでる
無人島で
空に向かって

桜が散った
もう散った
あなたには会えなかった

荒波の上で
揺られながら
目指しているのは
同じ島だった

僕は一人で
頭振る
悲しみに
負けないように

太陽の下
肌が焼けた
あなたにも会えそうだ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詩3661「遠くに近くに」

2020年06月12日 22時42分14秒 | 自作詩
遠く近く。
あなたを想う。
空に浮かんだ。
雲のよう。
届きそうで。
届かない。
遠く離れて。
なお近く。
想いの果てに。
その果てに。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加