物造庵 ものつくりあん ナラ(楢崎賢)

ものつくり人「ナラ(楢崎賢)」による
絵や作品の制作過程、自作詩の発表、その他徒然…

詩3539「あのこといっしょにあるいたら」

2019年01月19日 13時12分00秒 | 自作詩
あのこといっしょに。
歩いたら。
胸がほんわか。
あかくなる。
冷たい風に。
吹かれても。
頭がぼんやり。
浮いたのは。
眠たいからか。
恋なのか。
恋なのか。
コメント

詩3538「受け取るものと渡すもの」

2019年01月18日 07時27分25秒 | 自作詩
生きるだけで。
受け取っている。
ものがたくさんあるから。
この先生きる人に生き物に。
たくさんのものを。
渡したいと思う。
コメント

詩3537「ゴミ屑だって」

2019年01月16日 21時48分59秒 | 自作詩
ここがどんなにごみ溜めだろうが。
僕がどんなにけし粒だろうが。
誰にも何にも気付かれなくて。
砂つぶみたいな存在だろうが。
僕が感じる輝きは。
輝きのまま美しく。
誰にも何も指図されない僕は。
あなたのことが好きなままだ。
コメント

詩3536「喰らうのは仲間」

2019年01月15日 19時24分09秒 | 自作詩
糸と繋がる。
波の下。
捕らえるものは。
我が仲間。
いずれ私も捕らわれようぞ。
我が血となり肉となれ。
いずれ私も喰らわれようぞ。
コメント

詩3535「狂おしいほど近くに」

2019年01月14日 21時15分20秒 | 自作詩
狂ってしまいそうなほど。
退屈だから。
俺は冬眠の穴から出たんだ。
死ぬかもしれないけれども。
退屈で死ぬよりマシさ。
木の皮を削って。
川に張った氷を割った。
走って走ってもう戻れないほどに。
遠い海の方まで。
何もない。
何もないか本当に。
抱きしめられるほど近くに。
世界があるじゃないか。
コメント

詩3534「あなたのとなりでゆめをみる」

2019年01月13日 10時41分11秒 | 自作詩
あなたのとなりにねころんで。
あなたのにおいをかぎながら。
あなたのはなうたこもりうた。
あなたのぬくもりごごのゆめ。
コメント

詩3533「毛皮寄せ」

2019年01月12日 12時10分55秒 | 自作詩
身が凍る。
心も凍る。
寒空の。
下で毛皮を。
寄り合わせ。
生きよう僕ら。
梅が咲く。
桃が咲く。
桜が咲くまで。
コメント

詩3532「潰れた猫が」

2019年01月11日 18時16分27秒 | 自作詩
車道の端で潰れた野良猫
僕に何かを語りかけてる
幻を追う無意味な日々が
僕の上にのしかかってくる

胸の奥を貫いた
歌がまだ突き刺さったまま
流す血が乾かぬよう
歌を歌い続ける

車道の端で潰れた野良猫
僕に生きろと語りかけてる
コメント

詩3531「枝の先まで」

2019年01月08日 19時24分53秒 | 自作詩
葉っぱの落ちた。
枝の先まで。
一生懸命。
登っては。
葉っぱがないから。
降りて行く。
イモムシなんだよ。
寂しいけれど。
哀しくはないよ。
ちょっとだけ。
ワクワクしてたりね。
コメント

詩2530「恋の自分勝手」

2019年01月04日 09時57分19秒 | 自作詩
見えなくても。
さわれなくても。
聞こえなくても。
いなくても。
僕はあなたを想っているから。
あなたをそばに感じてる。
自分勝手な思い込み。
自分勝手な恋なんです。
コメント