物造庵 ものつくりあん ナラ(楢崎賢)

ものつくり人「ナラ(楢崎賢)」による
絵や作品の制作過程、自作詩の発表、その他徒然…

第3回ラウンジサウンズラップ事故!

2018年10月17日 00時31分06秒 | 徒然のこと


まさかの第3回目。
ヨコチンロックカーニバルの余韻をまだ引きずったままヴードゥへ。
でもはっとした。うん、もう次に向けて前を向いているんだ。何よりも今日の出演者はみんな今日のライブに全力を傾けているんだ。
小林ボードウォークは今日もキレキレだった。やっぱ好きだなあギターの刻み!
アンリくんは今日はなんだか2枚目な感じだった。どうした⁉︎
ともちんは今日は即興のバンド演奏に即興で言葉(ラップ?)を乗せていくという…。すげえよかった。気合が伝わったよ。バンドもめちゃかっこよかったし。
宇宙サービスは婚約の話に持っていかれた。なんだか幸せそうでよかった。
グッドナイトマイキトゥンは今日も凄かった。
それぞれのディスバトルもめちゃ面白かったけど、やっぱりニブルスくん対マイキトゥン、そしてニブルスくん対ともちんのふたつがベストバウトだな。
優勝はニブルスくんだったけど、個人的にはともちんが最優秀MVPだと思った。
気持ちの入りようがちゃんと表れていた。ともちん、かっこいい!
ラブ!ラブバトル!
コメント

Limited Express (has gone?) 『ALL AGES』

2018年10月16日 07時31分35秒 | 徒然のこと


コンパクトディスクレポート。
チンロックの熱さが蘇る。
不思議だなやっぱり。ライブを観ると音源が何倍も胸に迫ってくるんだ。
いつもだったら聞かないタイプの音楽なのに。やさしく聞こえるなんて。
コメント

溝上慎一氏:日本の大学が人材を育てられない理由がわかってきた[マル激!メールマガジン]

2018年10月14日 08時47分27秒 | 徒然のこと
マル激トーク・オン・ディマンド 第913回(2018年10月6日)
日本の大学が人材を育てられない理由がわかってきた
ゲスト:溝上慎一氏(桐蔭学園理事長代理)

大学ではもうダメだから、中高に行った、ということですが、実はもっとずっと重要なことがある。
それは中高でも遅いってこと。中高よりも小学校、小学校よりも幼児期の方が将来への影響力が強いんだ。
社会的に見ても小さい子どもを大切にできない国は結局社会にとっても子どもの育ちにとってもよくないんだな。ということを多くの人が考えなければ意味もない。
コメント

平野啓一郎 『ある男』

2018年10月13日 06時45分52秒 | 徒然のこと


読んだ。
面白かった。でもこれはサスペンスや推理ものではない。
謎解きの過程が面白いわけだが、それが芯ではない。
その奥にある死んだ男の人生や思いや、それに思いをはせる主人公や遺された家族の痛みやそんなもの。
他人の人生を生きることができるのか。またそれは幸せなことなのか。
そして一番大事な言葉は、変わり続けるからこその愛の持続。
その後の物語はもう要らないが、少し想像させるところもうまいな。
面白かった。
コメント

カマキリの標本

2018年10月11日 07時48分25秒 | 徒然のこと


次男が大事に飼っていたカマキリを自分で色々調べて標本にしていた。内臓は取り出してティッシュを詰めたらしい。すげえ!
コメント

ザ・クロマニヨンズ 『レインボーサンダー』

2018年10月10日 07時42分11秒 | 徒然のこと


コンパクトディスクレポート。
イエイ!新しいアルバムだぜい!
今回も、いつも通り最高!ステレオの前で聴いて胸つかまれたり笑ったり。
毎回毎回んあんでこんなにも出てくるものがあるんだ、って驚く。
まああんまり言わなくてもいい。とにかく楽しむぜ!
CDでこれだからレコードはどれほどか。楽しみ!
コメント

雑誌『GOOD ROCCKS!』VOL95

2018年10月09日 07時39分34秒 | 徒然のこと


今年もこの時期だぜ。クロマニヨンズ新譜の熱い時期。
ヒロトもマーシーもカッコイイー。楽しみ!
コメント

三浦建太郎 『ベルセルク』40巻

2018年10月07日 09時49分03秒 | 徒然のこと


もう40巻かあ。
なんか最近昔から読んでるマンガが巻を重ねてきたなあと思うことがある。
それはさておいて、ついにキャスカが!目指した妖精郷はそれほど理想郷でもなかったな。
どうなるのか。
コメント

橘ちひろ写真展『distance...』

2018年10月06日 16時44分29秒 | 徒然のこと
に、行きましたー。白金、アレアコーヒー。
いい雰囲気の中のいい写真の展示。とてもいい空気感でした。
残念ながらちひろさんはいなかったのでお話はできませんでしたが、写真を見るだけでも大満足です。
レトロでもなぜかくっきりしているような色合い、距離的にも時間的にも近いような遠いような被写体、あえて感情を入れないようでそれ故に見え隠れする情感、全部味わい深くていい写真。好きです。
ライブ写真ともこないだ見たヌード写真とも違った作品で、いろんな写真が撮れてすごいなーと思う。
これからグングン来る写真家だ!
写真集が欲しい。



コメント

前嶋和弘氏:トランプ政権下で起きている2つの異常事態の意味するもの[マル激!メールマガジン]

2018年10月05日 07時31分51秒 | 徒然のこと
マル激トーク・オン・ディマンド 第912回(2018年9月29日)
トランプ政権下で起きている2つの異常事態の意味するもの
ゲスト:前嶋和弘氏(上智大学総合グローバル学部教授)

確かに異常事態が続いている。
ずっとずっと。
ずっと続いていると異常に感じられなくなるから危ない。
そしてそれがトランプ陣営や安倍陣営の狙いでもある。
異常であることを忘れてはいけない。
コメント