物造庵 ものつくりあん ナラ(楢崎賢)

ものつくり人「ナラ(楢崎賢)」による
絵や作品の制作過程、自作詩の発表、その他徒然…

[JMM1045Sa]「大胆な不正入学事件と、アメリカの大学入試制度」from911/USAレポート

2019年03月19日 07時36分52秒 | 徒然のこと
  ■ 『from 911/USAレポート』第789回

    「大胆な不正入学事件と、アメリカの大学入試制度」

    ■ 冷泉彰彦:作家(米国ニュージャージー州在住)

結構大きいニュースになってるようだけど、振り返ってみると日本はまったく大きいニュースにならなかったよな。ジャーナリズムの有無の差だろうな。
コメント

新井英樹 『宮本から君へ』3,4巻

2019年03月17日 20時00分24秒 | 徒然のこと


読んだー!
3巻からの加速具合がすげえ。
宮本、凄すぎるぜ。復讐のくだりは圧巻だ。
予想以上、想像以上のマンガだった。
生きるってなんだ!
コメント

鈴木央 『7つの大罪』

2019年03月17日 13時17分40秒 | 徒然のこと


子どもらのマンガを読んでたら思いの外面白かった。
コメント

新井英樹 『定本 宮本から君へ』2巻

2019年03月16日 15時14分16秒 | 徒然のこと


2巻よんだったー!
とにかくバカでドタバタで愛されたりけなされたり。
この生々しく生きてる、って感じが新井英樹の芯の部分な気がするね。テーマとかじゃなく。
面白くなってきた。
コメント

河田昌東氏:原発被災地の現状を正しく知るために[マル激!メールマガジン 2019年3月13日号]

2019年03月15日 21時17分48秒 | 徒然のこと
マル激トーク・オン・ディマンド 第935回(2019年3月9日)
原発被災地の現状を正しく知るために
ゲスト:河田昌東氏(分子生物学者)

まさにこのように、誠実で誤差の少ないであろう調査に根ざしたデータならば、安心も出来ようというもの。
詳しく調べも知らせもしないで安心だけさせようなんてのは、プロパガンダ以外のなにものでもない。
そんな状態だから、東北の農産物や魚介類は買わない食べない、という反応は至極当然のことだし、ただ生きる時の本能が働いているだけなんだ。俺もそうしてる。
そしてより正しい判断ができるようにもっと知りたいと思う。
ただ確実に言えるのは、此の期に及んで原発推進ないしは容認する人は、思想的にも知識的にも信用できない。気が狂ってるか頭が狂ってるとしか思えない。
コメント

2019.3.13 レコード寄席@アトリエてらた

2019年03月14日 02時51分35秒 | 徒然のこと


毎回楽しみにしているレコード寄席。今回のお題は日本とアルゼンチンタンゴ。
戦後から30年くらいの間の出来事の波がとにかくすごい。
鍵を握る人物は、藤沢嵐子、早川真平、安保郁夫。
朝の連ドラを一気に聴いた気分。
タンゴ界の浮き沈み、マジですごい。
ドラム系の楽器が無いのにグルーヴ感が強いのはやっぱり演奏力が並外れているからで、そこら辺はアイリッシュはじめ、民俗音楽全般に通ずる部分だと思う。
今回もめっちゃ面白かった。
次回も楽しみです
コメント

新井英樹 『定本 宮本から君へ』1巻

2019年03月13日 08時04分35秒 | 徒然のこと


借りたマンガを読んでいる。
なんの予備知識もなく読んでいる。だから読みながらふわふわしている。この定まらない感じはなんだろう。
宮本がバカすぎて青すぎて、どこに行くのか予測もできない。
でもこのバカさは嫌いじゃないし、なぜだか変な憧れさえ感じる。なぜかな。
続きが楽しみ。
コメント

ドラマ『3年A組』10話完結

2019年03月12日 23時34分33秒 | 徒然のこと
ついに最終話だった。
予測してたのと違ったけど、潔くていい終わり方だった。
ミリオンダラーホテルも知ってると思うけど、それとも違う。
最後の柊の訴えの言葉を聴くと、ああ、やっぱりブルーハーツが好きなんだろうなあと分かる。ハイロウズでもクロマニヨンズでもなくブルーハーツ。
柊が訴えかけているのはマインドボイスではなく、テレビを観ている我々になんだ。第9話で貫いた自らの手と「人の痛みを想像しようぜ」という言葉こそがやっぱりオレは肝だと思う。
熱いドラマだった。
そしていいドラマだった。
コメント

2019.3.8 中垣奈津子ライブ@親不孝通りHOME

2019年03月09日 16時00分19秒 | 徒然のこと
昨日はナツコさんのライブを観にHOMEへ。
今給黎ひろみさんのピアノで洋楽や日本歌謡の名曲の数々を堪能しました。
しかし一番心に残った曲はナツコさんオリジナル曲の「サン」。
名曲!
いい時間でした〜。
コメント

デービッド・アトキンソン氏:日本人が知らない日本の「スゴさ」と「ダメさ」[マル激!メールマガジン]

2019年03月09日 00時36分35秒 | 徒然のこと
マル激トーク・オン・ディマンド 第934回(2019年3月2日)
日本人が知らない日本の「スゴさ」と「ダメさ」
ゲスト:デービッド・アトキンソン氏(小西美術工藝社社長)

大事なことがたくさんあった。
保存版の回だな。
一番の収穫は、戦後の経済成長は人口増加とリンクしているだけだった、ということ。
全てのことに納得がいく答えだ。
コメント