つづりかた

音楽・文学・日々・時々将棋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

恋するニワトリ サチコ計画

2013年07月23日 | 音楽
ご無沙汰でした。
この曲、小学校の給食タイムのヘビロテでした。
やわらかい素敵な歌声です。


恋するニワトリ サチコ計画




小さい頃は
ニワトリが見向きもしてくれない風見鶏の
どこを好きになったのか疑問でした。
子供だったんですなあ。


大人になった綴り人は、
ニワトリが「思いを込めて ひとりでタマゴを」
産んじゃったのが気になって仕方ありません。


ニワトリとタマゴ(ひよこ?)が
ずっと幸せに暮らしていたら良いんだけど。




コメント (2)

フジ子・ヘミング ベートーヴェン ピアノソナタ第17番 テンペスト第3楽章

2013年04月02日 | 音楽
フジ子・ヘミング ベートーヴェン ピアノソナタ第17番 テンペスト第3楽章




フジ子さんの演奏には
言葉が要らない。


音の一粒一粒が
わたしの感情のかけら。

だから、あななたちは何にも考えたり
理屈っぽく解説する必要なんかない。

ただ流れていくかけらを聴いて
キレイだなとかステキだなとか、
わたしの音を気に入ってくれればそれでいいの。

そうフジ子さんが語りかけてくるようだ。
コメント

津軽三味線 疾風(覚醒)

2013年03月30日 | 音楽
津軽三味線 疾風(覚醒)



一糸乱れぬとはこのことですね。


外出したら駅前で津軽三味線を
演奏していました。
路上でも良い音なんですよ。
かなりの範囲に音が響くんです。

奏者に響く秘密を教えて貰いました。
ネックの裏側に「サワリ」と呼ばれる
金属のネジが埋め込まれており、
それを調節して響かせるんだそうです。

楽器全体を共振させるため、
最も太い弦を一カ所だけヘッドとネックの
接合部分に接触させているのですが、
その接触具合を「サワリ」で調整し、
響きをコントロールする仕組み。

太い弦をバチで弾いて振るわせると、
サワリからネックが振動、
それが残りの弦に伝わって
3弦それぞれの微細な揺れを起こすことで
響きが厚くなるそうです。

マイクもスピーカーも無い時代の
知恵ですね。




コメント (2)

宇多田ヒカル - 誰かの願いが叶うころ

2013年02月04日 | 音楽
宇多田ヒカル - 誰かの願いが叶うころ




心配ないよ、と
なぐさめてあげたくなるような曲。

みんなの願いが同時に叶えば。
それだけが望みなのに。

こんな曲をかく宇多田ヒカルは、
酷く繊細な人だと思う。

コメント

星めぐりの歌 -宮沢賢治×MICHIYO HONDA

2013年01月19日 | 音楽
星めぐりの歌 -宮沢賢治×MICHIYO HONDA-


最近の脳内ヘビロテ。
凍るように寒い夜の唯一の許容点。
夜空が美しい事。

歌っているのは、多分この方。
http://www.myspace.com/michiyohonda/music/songs?filter=POPULAR


あかいめだまの さそり
ひろげた鷲の  つばさ
あをいめだめの 小いぬ、
ひかりのへびの とぐろ。
オリオンは高く うたひ
つゆとしもとを おとす、

アンドロメダの くもは
さかなのくちの かたち。
大ぐまのあしを きたに
五つのばした  ところ。
小熊のひたいの うへは
そらのめぐりの めあて。

「つゆとしもとをおとす」の部分。
綴り人はずっとこれを「露と笞(しもと)」だと思っていた。
下図を見ていただきたい。
オリオン座である。



水色の矢印の部分を「笞(しもと)」、
橙色の矢印が指す明るい星を「露」だと思っていた。

笞(しもと)とは鞭の事。
葼(しもと)=植物の若い小枝から作るのでこう呼ばれる。

ところが歌詞を調べていると
ここは「露と霜とを」である、
という説が多いのだ。

オリオンが出現するのは秋から冬。
雨が降って霜が降りる季節であり、説得力がある。
どちらが正しいかは賢治に聞いてみないと解らない。






コメント

新年・花鳥風月

2013年01月01日 | 音楽
新年あけまして。
皆様のご多幸を。


ケツメイシ 花鳥風月



美しい声と映像で、
言祝ぎさせて頂きます。




コメント

Keep Christmas With You

2012年12月21日 | 音楽
このブログを読んで下さっている皆様へ。
S夫人へ。
クリスマスプレゼント。


CHAKA(Vo) Keep Christmas With You..wmv



大阪梅田・ロイヤルホースでのライブ動画。
http://www.royal-horse.jp/


CHAKAさんのあたたかい声質。
流していると、
お部屋が暖まってきそうな気がします。
気のせいでした、ストーヴつけよう。


この曲はCHAKAさんのクリスマスライブ定番曲。
CHAKAさんのMCは決まって、
「一年中がクリスマスだったらいいのに、という曲を歌います。」でした。


Keep Christmas with you
All through the year,
When Christmas is over,
Save some Christmas cheer.


一年中にクリスマスを。
クリスマスが過ぎても
あなたが今日みたいに
ずっと楽しいように。








コメント (2)

つじあやの / 桜の木の下で

2012年12月18日 | 音楽
つじあやの / 桜の木の下で やの / 桜の木の下で 【VIDEO MUSIC AYA~NO 2009】



このブログにたびたび登場する
乙女系上司@乙女さんからのレコメンドアルバム、
「恋恋風歌」より。

レコード風でかわいいCD。




つじあやのの魅力は「純粋果汁100%」な所だと思う。


この声で。
「桜の木の下で待っていて。」と言われたら、
「あ、待ってます。」と即答する。





コメント

つじあやのからのブルーハーツ

2012年12月14日 | 音楽
つじあやのカヴァー集の中に入っていた
ブルハーツ「ラブレター」。


1988 THE BLUE HEARTS ラブレター at 新宿中央公園



すげぇ楽しそうなブルハーツ。
よっぱらいが戯れているようなシチュエーション。

しかし、ヒロトの目は笑っていない。
いつものように笑っていない。


ほかの誰にも言えない/ほんとうのこと
あなたよ/あなたよ/しあわせになれ


しあわせになれと言ってはいけない人に
しあわせになれと心から言いたい。
そういう曲を、たのしそうにうたってみせる。
これをアナーキズムと呼ばずになんと呼ぶ?

ヒロトは薄っぺらい表情でヘラヘラ笑っている。
しかし目の奥は剣呑そのものだ。

一触即発の心中さえも放置し、
世間の不当さをヘラヘラ笑ってみせる。
「伝統的なアナーキズム芸」というものがあるなら、
ブルハはその芸を本能でやってのけた。

このくだらない素晴らしい世の中。
ブルハを必要としているのは
一部のロックファンだけではないはずだ。









コメント

つじあやの「黄金の月」

2012年12月12日 | 音楽
12/7のブログに登場した
乙女系上司からのレコメンド。


【つじあやの】私的試聴用BGM108【カバー】



乙女系上司、略して乙女さんに、
このブログをおひろめしたら、
「黄金の月」なら、つじあやのだよと
教えて頂きました。
スガシカオのをupしているのを
読んで下さったらしく。


こんな、ささいな広がりが嬉しいです。

コメント

黄金の月 - スガ シカオ(SUGA SHIKAO)

2012年11月30日 | 音楽
久々に音楽の事。
最近の脳内ヘビロテ。
冬になると聞きたくなる曲。


黄金の月 - スガ シカオ(SUGA SHIKAO)



スガシカオを勝手に大阪出身だと思い込んでいた。
正しくは東京の方らしい。

何故って大阪的な雰囲気があったから。
情緒的で乾いた感じ。

例えば、
戎橋を猫背気味にやって来て
なんやねん呼び出して、
とポケットに手を突っ込みながら言う感じ。

だまってんのやったら帰るで、
と勝手にずんずん歩いて行ったかと思うと、
ちゃっと振り返って
オレの事好きなんやったら、
ちゃんと言わな伝わらへんで。
とか言うタイプ。



コメント

Backstreet Boys - I Want It That Way

2012年10月30日 | 音楽
Backstreet Boys - I Want It That Way



10kmマラソン中、
ずっと頭の中で掛かっていた曲。


いつ聞いても良い曲。
シンプルで、ハーモニーがきれい。


コメント

Ryuichi Sakamoto- 'Merry Christmas Mr Lawrence'

2012年10月25日 | 音楽
坂本強化週間、
最終日はこの演奏で。



Ryuichi Sakamoto- 'Merry Christmas Mr Lawrence'




オーディエンスの拍手ですら、あたたかい。




コメント

Kotaro Oshio - Merry Christmas Mr. Lawrence Part 1

2012年10月24日 | 音楽
坂本強化週間中につき、
Merry Christmas Mr.Lawrenceを
押尾コータロー教本で。


Kotaro Oshio - Merry Christmas Mr. Lawrence Part 1






2:12「鳴らへんで?」

せやね。


5:50「根性で(音を)出して下さい。」

まず根性を出さなあかんね。


押尾先生の兄貴的お人柄が
よく表れた教則ヴィデオとなっております。
惚れますよ、ええ。


コメント

コンピューターおばあちゃん

2012年10月23日 | 音楽
昨日はブログお休みしました。
でも、坂本強化週間は継続中なんだからねっ。
昨日の分も合わせて、坂本2連続で。


コンピューターおばあちゃん / 酒井司優子



「コンピューターおばあちゃん」の
編曲が坂本龍一であることは、あまり知られていない。





でも、「コンピューターおばあちゃん」のB面が
坂本龍一「PHOTO MUSIK」の原曲であることは、
ファンの間では割と知られている。

つまり、こんな感じ。







この図解、ほんま要らんな。




コメント