つづりかた

音楽・文学・日々・時々将棋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ショトショップ使いはじめ2

2013年04月22日 | photoshop
フォトショップの練習。
大好きな2つの絵を合わせてみようかと。

フェルメール「真珠の耳飾りの少女」。
ダヴィンチ「モナリザ」。





下準備1。
少女を人物のみに。
なげなわツールで背景を選択削除する際、
境界にぼかしをかけました。



下準備2。
モナリザを背景のみに。
こちらはざっくり切り取りました。
自由選択にして少しずつ取ると、
細かな処理ができます。



少女をレイヤーにして、
モナリザの森へ送り込みます。
おじゃましまんにゃわ。



少女をスマートオブジェクトにして
縦横比を固定し、縮小、中央へ配置。
背景の空いている部分を埋めていきます。
下図は頭頂部と左下部分、右1列を
貼ったり塗ったりして埋めた所。



さらに右下を埋めていきます。
背景レイヤーを部分選択し、
複製したレイヤーを煉瓦のようにひたすら重ねる作業。
レイヤーを重ねる順序を入れ替えたり、
回転させたりして、自然な感じに重ねます。



空間埋め終了。
とりあえずこんな感じ↓



仕上げはペイントとにじみで。
背中部分の影をにじませ、背景に溶かしました。
頭頂部のモナリザの影はスプレーで消してあります。
右下部分、人物と背景の色目の境も
スプレーで影をつけました。
貼り付けの細かな継ぎ目はにじみのゆびさき機能で消しました。




完成です。
作業に要した時間は2時間でした。
少し不自然かな?
次はもう少しうまく合わせてみたいです。




コメント

フォトショップ使い始め1

2013年04月18日 | photoshop
フォトショップを使い始めています。
スマートオブジェクト、という機能が
とても便利です。

簡単にいうと、取り込んだ画像を加工しても
画質が劣化しないように変換してしまう機能。
よく分からない方は↓のHPへ。
解りやすく紹介されています。
(綴り人もこのHPで勉強しています。作成者様ありがとうございます。)
http://www.fmod.jp/tutcs3/tut010f/tut010f.html

レイヤー(層という意味らしい)と呼ばれる画像が載ったセル画を
何層にも重ねて画像を組み立てていくのが
フォトショップの基本理念のようです。

それぞれのレイヤーを加工して重ねる為、
元画像を崩さずに何度も違う味付けが出来る、
という所が強みなのだなあ、と理解しています。

なんとなくピンとこない事もあります。
ラスタライズという変換を通さないと
ペン機能を使った加工が出来ない所。

wikiによると、ラスタライズとは
画像をラスタ形式と呼ばれる
ビットマップ(□の点描画)や
ポリゴン(3Dの□による点描画)に変換する事。
…それならラスタライズするまでは
どの形式で画像を認識してたんだろう…。
なんとなく納得いきません。









コメント

Photoshop

2013年02月10日 | photoshop
Photoshop・・・欲しかったんです。
どんなソフトなのか、興味があって。

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html


しかし、・・・高い。
で、断念していたのですが。

うっかり手に入ってしまいました。
extendedが。



CS6の機能に3D機能を付け加えたもの。

http://www.adobe.com/jp/products/photoshopextended.html



photoshopに、この度、アカデミック価格なるものが
設定されたそうで。
アカデミック価格とは、学生か教職員なら
お安くソフトが購入できるという
ありがたい価格設定のことです。

これなら3万ですむとのこと。

画像処理っぽい仕事をするたび、
Winにデフォで入っている
イラストソフトを使って
ちまちま作業していたのですが。
飛躍的に効率があがりそうな予感。

会計担当の上司に相談してみました。
ダウンロード版(の方がより安い)で買ってみるか、という
ありがたいお答えm--m。
即日発注、即日DL。


さっそく会社PCにインストールしてみました。
まあまあ扱いが独特らしいので、
少しづつ慣れていこうと思います。


まずは、これに



これを



アレしてみようかと。
美しく出来たらブログにupしてみようかと。



コメント (2)