つづりかた

音楽・文学・日々・時々将棋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

竜王戦予選 出場者決定戦1組 ▲山崎-△佐藤康 持将棋指直し

2014年05月11日 | 将棋
H26年5月8日
竜王戦予選1組4位 出場者決定戦
先手▲山崎八段、後手△佐藤康九段。
持将棋指直しと聞いて。一大事です。

対局開始は定刻の10時。持ち時間5時間。
持将棋成立は午前0時8分。
(相入玉により24点法で248手目持将棋成立)


以下、素人的ハイライトでお届けします。




130手目、先手・山崎の1一玉を、
後手・佐藤が3一玉と、玉将自ら詰めにいったところ。
二人の玉の距離が近すぎる…。
康光先生、本日も熱く語り合おうと気合十分!

ここからさらに137手目。



荒野の決闘。
熱い奴にはさらに熱く絡んでいくのが山崎流。
合駒なんかいらない…!素手でボコっていこうぜ!
康光さん、退いてくれよ!
おれだってタイトル欲しいんだよ!


この辺りで本当に山崎玉に詰みは無かったんでしょうか?
ソフトの方、よかったら解析お願いします。

150手目、魔術師・佐藤がテレポーテーションを唱えた。
ここから40手進んだ190手目。




華麗なる玉のワープ、完了。
まさかの相入玉。
ここからさらに50手進んで、まさかの持将棋成立。
まさかの残業確定。帰りたーいー、帰れない。
どうしてこうなった??
そんな疑問をよそに、
ルールにより30分後、指直し局がはじまる…。

0時38分、指直し局開始。
先後入れ替わって▲佐藤康-△山崎

とにかく桂馬が跳ねる跳ねる。
終電も出たし、どうせだ、ガッツリいこうぜ!とばかりに、
ますますヒートアップする盤上。

108手目。
世界の中心で愛を叫ぶがごとく、
盤の中心で3匹の桂馬がいななく。

佐藤玉の圧倒的無防備力も見逃せない。
山崎君は最近、居玉だの金銀バラバラだので、
独創的棋譜とか言われているらしいですが…、
独創の2文字は僕のものですから!




そして128手目。ついに終わりがきた。終局図はこちら。



終局は午前3時41分。

対局場である将棋会館最寄駅の千駄ヶ谷駅、始発は4時35分。
感想戦を1時間やると…ちょうどいいじゃないか。
両者そこまで読んでましたか、さすがです。


コメント   この記事についてブログを書く
« 将棋界の一番長い日2014 | トップ | 最後の記事から »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿