つづりかた

音楽・文学・日々・時々将棋

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご出張1

2011年01月29日 | 
「東京で聴講会があるんだけど、行きたい~?」
というお話を直属の上司から頂戴したのが昨年末。
行くことになりました。
1泊2日。

メンバーは直属の上司、元直属の上司、同僚N、同僚Fとワタクシ。
ほかに別部署からH係長とF様。

会場の秋葉原で展示など眺めつつ一日目は終わり。

夕食はみんなで取りましょう、ということで
カレッタ汐留46F「ソラシオ」へ↓。
http://www.sorasio.jp/


アミューズ。和牛寿司と揚げ桜海老。ひとくちです。
アペタイザー。フレッシュフォアグラのポワレと揚げ出し胡麻豆腐。
和風。豆腐トロトロ。



安納いものクリームスープ。これあまい・うまい。
黒ムツのポワレ ずわいがにと生ウニソース。
ムツがホロホロ。あっさり。






コラーゲン味噌茶漬け。おごげっぽくて香ばしい。
イチゴ・ミント・ショコラのシュー。バナナアイスと共に。
ミントが効いててサッパリ風味。



アペリティフのシャンパン。上司セレクトの赤ワイン。
最手前のが味が丸くておいしかった。
夜景、綺麗に撮れなくて残念。実際はとても素敵でした。



普段使いには若干敷居の高いこのお店。
一人で入るには勇気のいるお店でも、
上司と一緒なら安全安心。






コメント (2)

乙女とモテ度

2011年01月29日 | 日々の事
勤務先の乙女系上司(独身女子@30代)と食事会。
蔵本駅前付近のイタリア料理店にて。
写真は、ホワイトチョコのタルトとミルクティー。
ミルクティーのミルクはもれなくスチームミルクになるようです。
タルトうまーでした。



乙女系上司は愛読書が「ダ・ヴィンチ」で、
バレエシューズを愛するking of 乙女。

それなのに、常々良縁に恵まれないのを気にしておられます。
最近では本気でモテ研究に取り組んでおられるようで。
自然と議題は「30代女子、いかにしてモテるか」方向へ。

「合コンで『気になる人いる?』って男子に聞かれたら、
どう答えるのがベストが知ってますか?」と聞かれ、
ワタクシが首をかしげていると。

「答えはね『いたらどうします~?』って言うんですって!
TVでやってましてー。すかさずメモりましたよ~♪」

フフフフ、と知識の開示に目を輝かせる上司。

ところがすぐ浮かぬ顔になり
「こうやって勉強しているのに、
ぜんぜん実績が上がらない、何故なんだろう!?」
と悩みはじめ、自己分析を開始。

「ワタシ、けっこう女らしい趣味だと思うんですよ。
家事だって出来ますし、協調性だってある方だと思いますし。」

そうですね、乙女でご自分の世界をもってらして、
何でもこなせて、人間関係もスムーズですね。

「おしゃれにだって興味ありますよ。
まあ、当直明けはヨレヨレですけども…。
普段はこざっぱりしてるつもりです。」

そうですよね、自分なりのファッションを楽しんでて、
仕事もバリバリで、根性バッチリありますよね。

「ま、今年はもっと頑張りますよ、
成長してね。実績を上げますよ!」

・・・えーーーーー

・・・それ以上頑張ったら、逆に「モテ」が遠ざかる!
という事を
「上司@乙女系さんは、そのままでも十分素敵ですよ☆。」
という言葉でしか伝えられない自分が残念でならない。

ああ、どなたかステキな男子が
この方の素晴らしさに早く気づいてくれ!頼む!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

蛇足:なぜ、男子は「自分を持ってるオンナ」が
苦手なんだろうなあ、と別の考察も頭をよぎったりします。
コメント (2)