野鳥はともだち

出会った野鳥の写真を主に、四季の身近な自然を映してみたい

やっぱり似合うのかな、梅の花にメジロ。

2020-03-07 | Weblog
梅に鶯はあまり似合わない。たとえ話かもしれないけれど、梅にメジロの方が似合うと私は感じます。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ぶら下がって、蜜を吸うメジロ。 | トップ | 羽毛をなびかせて、梅の花に... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
梅に鶯 (主城 範文)
2020-03-09 18:49:55
梅に鶯は間違い。梅にメジロを間違えたようだ。
という意見が出るような季節になりました。
できましたら、下記のURLを覗いて「梅に鶯」の意味を確認してください。 美しい日本語の為に。

http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/tori_htm/uguisu_tatoe.htm
主城範文さんへ (mimizuku)
2020-03-10 18:40:27
ご意見ありがとうございます。参考の文書も読ませていただきました。知識も深まりました。他のものも調べてみようと考えています。
私のブログのコメントは少し訂正させてもらいました。江戸時代の絵には、梅の花に鶯を描いたものや、花札に「梅に鶯」の絵があるのは見たことがあります。
ちょっと気になるのは、この参考文書は、他者を、こき下ろにしたような文書で、「美しい日本語」の参考には、したくないと思いました。論争するつもりはありません。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事