野鳥はともだち

出会った野鳥の写真を主に、四季の身近な自然を映してみたい

親鳥から餌の魚をもらった、エリグロアジサシの幼鳥。

2017-07-31 | Weblog
雛というより、幼鳥といった方がいいかな。
コメント

餌を捕って来たよ、エリグロアジサシ。

2017-07-31 | Weblog
親鳥が戻って来た。
コメント

小さな羽をバタバタさせて、エリグロアジサシの幼鳥。

2017-07-31 | Weblog
だいぶ大きくなった幼鳥だ。よく動き回っていた。
コメント

もう足は丈夫になっているのだろう、大きくなったエリグロアジサシの幼鳥。

2017-07-31 | Weblog
崖のような場所で、歩き回っていた。
コメント

よく歩いていた、大きくなったエリグロアジサシの幼鳥。

2017-07-31 | Weblog
この子は、誕生からだいぶ経つのだろう。
コメント

少し大きくなった、エリグロアジサシの雛とその親鳥。

2017-07-31 | Weblog
小さな魚を持ってきたけれど、雛はすぐに食べた。
コメント

お母さんの羽の下に潜り込む、エリグロアジサシの雛。

2017-07-31 | Weblog
よちよち歩きの雛、お母さんが戻って来ると、羽の下に潜り込む。
コメント

この南の島にも、エリグロアジサシがたくさんいた。

2017-07-31 | Weblog
餌をくわえて飛び回っていた。子どもに与えるのか、つがいの相手に渡すのか。
コメント

キジバトも、亜種リュウキュウキジバトだった。

2017-07-31 | Weblog
キジバトには南の島と、九州などは十分飛べる距離なのに、何万年も交わりがなくて、固有の亜種になるなんて不思議だね?
コメント

同じ場所に、じっととまっていたキンバト。

2017-07-30 | Weblog
少し動いてくれないかなと思ったら、飛び去ってしまった。私のライファーなんだけど、残念。

休んでいた南の島の鳥たち、今回を含め3回で終わりにしたい。
コメント