母親途上

興味のあることは何でもやってみたい大人途上な私が母親になりました。
永遠発展途上な私の海外生活日記

マートルビーチの週末

2018-03-04 | 南部生活
マートルビーチはまさに三寒四温の季節。
桜が少しずつ散りはじめ、裏庭の池にはあひるやサギが一生懸命餌を探しています。


綺麗ですが、においが悪い品種の桜??
何でしょう、なにかが腐ったようなにおいがするんです。残念

さて、こちらではメキシコやフロリダ産の果物がたくさんスーパーに並んでいます。

マンゴやパイナップル、メロンなどが安くなると買ってから家で追熟させています。

昨日、メロンをおやつに頂いたら、約3時間後、ものすごい腹痛に襲われました。

メロンを一緒に食べた娘もお腹が緩くなったそうです(私は痛みでベッドで気を失っていたので後から夫に聞かされました)。


5時半ごろから痛み出し、6時半にはベッドに行き10時くらいまで夫に全てを任せて休んだ後その事を聞かされてから、私と娘だけが食べたものって何だろう??とずーっと考えていました。

翌日ネットのニュースを見てびっくり
オーストラリアでメロンを食べて3人が死んでる


メロンでお腹が痛くなるかもなんて思いもしなかった…。

皆さまもお気をつけください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お誕生日パーティー

2018-02-06 | バイリンガル子育て
アメリカでは子供のお誕生日パーティーはとっても特別なイベント。
家にピエロやバウンシーハウスをレンタルしてみたり、会場を借りてやってみたりと色んな趣向のお誕生日パーティーがあります。消防署でのお誕生日パーティーに呼ばれたことも❗️

あと2日で4歳になる娘の誕生日パーティーは
近くのチルドレンミュージアムのパーティールームを借りて行いました。

子供達は思い思いに施設内で遊びまわり、
大人は談笑しながらスナックをつまみ、
時間が来たらさっと撤収して終わり!!

家でパーティーをホストすると、子供達は
家のおもちゃを全部ひっくり返して遊ぶし、
みんなが帰るまでダラダラと過ごさなくては
いけないので余計にしんどい…。


当日は節分だったので恐る恐る巻き寿司とおいなりさんを持って行きました。



そしたら来てくれたママ友パパ友達にすごく喜ばれた!!
さらにひとりのママ友にはお寿司の作り方を
教えてくれと言われ、翌週にプレイデートの
約束をしました

この辺りでは日本人経営の日本食屋さんが一軒、あとは観光客向けのステーキハウスと寿司バーがある以外はみーんな偽物ちっくなお寿司や日本食なんです。
特に南部に来るまで聞いた事もなかった

「ひばち」

という名前の日本料理。

要は焼きそばソースで味付けした野菜と肉の
炒め物なんですが、それを日本食知ってる風に
言われると…違うよーー!!

日本の妹から送ってもらったお宝食材に、
桜でんぶを入れてもらったので可愛い色味の
巻き寿司が出来ました。有難や〜


当日はラルフローレンのワンピースを用意して
いたのに、

「今日は絶対エルサドレス👗!」

と言われ、ごっこ遊びで裾がビリビリの
エルサドレスを着て行きました。


チルドレンミュージアムで誕生日パーティーを
する事を提案した時には最初渋っていた夫も
当日は感極まってウルウル

楽しいパーティーになり、私は新しいお友達も出来、少しずつここの暮らしに慣れて来た感じです♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エチオピアのクリスマス

2018-01-14 | 南部生活
サウスカロライナでお友達になったエチオピア人ママがエチオピアのクリスマスを祝うパーティーに招待してくれました

エチオピアは今も旧暦を使っているので、クリスマスは1/7でったそうで、友人お手製のエチオピア料理と、特別なコーヒーを頂きました



娘は友人が作ってくれるコーヒー(濃いコーヒー何滴かをミルクで割ったコーヒーフレーバーミルク)が大好き
普段はカフェインの強いのみもの

緑のコーヒー豆を煎るところから始めるエチオピアのコーヒーは濃いけれどとっても美味しい
エスプレッソカップのような小さなカップにコーヒーと砂糖、温めたミルクを注いで頂きます!
一緒にポップコーンを頂くのも新鮮!!



お膳の周りにお座布団のようにピローを敷いて足を組んで座り、みんなでコーヒーをすすります。
娘は我が物顔でピロー2つを重ね、最初から最後まで座ってポップコーンをつつき、コーヒーを頂いていました

こういった色んな国の文化を体験させてもらえること、本当に有難いです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅ればせながらあけましておめでとうございます

2018-01-09 | 南部生活
大変遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお付き合い頂けましたら
幸いです


日本のニュースでも取り上げられていたので
ご存知の方も多いかと思いますが、
アメリカ東海岸全土に大寒波がやってきて
ここサウスカロライナのビーチリゾート地である
マートルビーチにも雪が降りました


家の前は一面真っ白。
そこへ獣のあしあとが!


ボディボードをソリ代わりにして遊んだり、カチコチの氷の池を歩いたりして、久々の雪と寒さを楽しみました。


一度雪が降ったら、除雪設備が皆無のサウスカロライナ、溶けるまで待ちましょう〜って感じで大きな道路でさえソロソロと走って買い出しに出かけました。寒さで夜の間に道が凍結してしまい、結局学校は3日間休校になりました。


普段のマートルビーチは冬でも軽く羽織るものがあれば全然大丈夫な温厚なお天気。
だから雪靴やスノーパンツなんてなかなか手に入りません
雪の中買い出しに来る若い子なんてビーチサンダルでした

娘はほんとうにたまたま、お友達からお下がりをもらったので我が家は雪の中で遊べたのでとてもラッキーでした



そして今日はこの陽気。

ジャケットなしで溶けた氷で遊んでも寒くないくらい

この気温差!!

お正月早々貴重な体験でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分の予想を超える出来事 その①

2017-11-12 | 南部生活
南部生活も3年目に突入し、シカゴで本格的な雪が降り始めたー!とシカゴのお友達がFacebookでつぶやくのもなんだか遠い異国のように思えてしまいます。こちらも朝晩は冷え込むようになりましたが、それでも日中は20度弱もある陽気なお天気のサウスカロライナです。

さて、今日はここサウスカロライナで起こった自分の予想を超える出来事について書きたいと思います。

もっと前からブログに書きたいと思っていたものの、あまりにも過激すぎて、サウスカロライナを出るまでは口にしないほうが良いと思って封印していたことのもろもろです。でもだんだん自分がどんどんと殻に閉じこもっていく気がしてしんどくなってきたので、思い切って少しずついろんなことを書いていくことにしました。


まずは、娘の学校のクラスメイトのお父さんが亡くなったこと。。
死因はドラッグのOD(オーバードーズ)でした。アメリカに10年以上住んでいても、今まで目の当たりにすることはなかった薬物過剰摂取。
アメリカではいくつかの州で大麻(マリファナ)が解禁されていますが、オーバードーズするドラッグというのはコカインやヘロイン、鎮静剤など科学的に作られた薬品のこと。大麻は摂取すると眠たくなり、寝てしまうので過剰摂取が出来ないのですが、コカインやヘロインなどのドラッグは摂取すればするほど、気分が高揚するらしく過剰に摂取したことに気がつかずに命を落とすケースが多いらしいです。


サウスカロライナに引っ越して以来、新しく友達を作り、娘のためのプレイデートの友達を探して輪に入っていくのはなかなか難しいものでした。
でも、自分から閉じこもっていては何も始まらない!と思い、去年のクリスマス前の学校のイベントで何人かのクラスメイトのお母さんに声をかけ、そのときにお友達になった一人でした。

そのお母さんは初めてプレイデートしたとき、この後弁護士に会う予定だと明かしてくれました。彼女は少し前から様子のおかしかった旦那さんと別居を始めており、お互いの同意書内容の確認のためだと言っていました。その後、だんだんと彼女と仲良くなって話を聞いていると、旦那さんには前にドラッグの中毒があり、それに気がついた彼女がリハビリ施設を探して、彼を病院に入れたと言っていました。

奥さんはなんとか彼に生活態度を改めて更生して欲しいと思っていましたし、週に1,2度息子たちとの時間のためにやってくる彼を許そうと頑張っていました。

しかし、別居中に、奥さんは、旦那さんが浮気をしている証拠を彼のメールアカウントのゴミ箱から見つけてしまいました。


怒った奥さんは離婚の準備を始めました。別居の同意書にもあるように、定められた期間に婚姻関係の修復が不可能な場合は離婚を申請できる取り決めがされていたのでしょう。彼女はあと○○日で離婚を申請できる、とカウントダウンしていました。

そして別居中から自分を変えようと必死に努力していた彼女は、さらにダイエットのスピードを上げ、30kg以上も痩せてものすごく綺麗になり、カウンセラーからのアドバイスを受けて、いろんな人とデートするようになりました。

彼女がいろんな男の人とデートしだすと、旦那さんが息子2人を迎えに行くときに彼女のボーイフレンドに会うようになりました。すると今度は彼もランダムなガールフレンドを息子たちをピックアップする際に同行させるようになったのです・・・。


旦那さんは寿司レストランのマネージャーとして、ここから車で3時間のシャーロットに新店舗をオープンさせるために行ったり来たりする生活を送っていました。毎週息子たちとの面会は週の半ば、水曜日か木曜日となっていましたが、息子2人を連れてシャーロットに3日行きたいという申し出がありました。
もちろん彼は仕事があるため、彼のガールフレンドも一緒です。かなり迷った末に奥さんは旦那さんを信じて子供2人を預けました。

すると息子たちが熱を出し、結局早めに帰ってくることになってしまいました。
旦那さんと旦那さんのガールフレンドが息子たちを奥さんのところに連れて帰ってきた後、何日か経ってから旦那さんのガールフレンドが奥さんにメッセージを送ってきました。

それは、旦那さんが勤める寿司レストランから解雇されたという内容のものでした。

実は、旦那さんとガールフレンドが息子2人を連れてシャーロットに行っている間、そのガールフレンドは旦那さんに貸していたお金を返してもらおうと、彼のズボンのポケットを探したら、そこからシリンダーと白い粉が出てきたらしいのです。
ガールフレンドはそれを見てヤバイと思い、彼の息子2人を奥さんの元に送った後、旦那さんに貸していたお金を返してもらってから、彼と別れました。そしてなんと彼女は妊娠3ヶ月でした。


彼は、ガールフレンドと別れた後、別の若い女の子を捕まえて、自分の勤めるレストランに行き、そこでアルコールや食べ物を振舞ったらしく、未成年者に酒を出したことも含めて翌日レストランを解雇されてしまったのです。


そのガールフレンドも、もちろん奥さんもものすごく怒っていて、彼からの取り決めの仕送りもなくなり、これからどうなるんだろうと思った矢先、旦那さんは奥さんと別居してから寝泊りしていたお祖母さんの家の洗濯ルームで倒れているところを発見されました。


彼の家族は彼女を責めているようでした。旦那さんのご両親が、旦那さんの遺品を息子たちに持たせることを了承しないのだと嘆いていました。
旦那さんの家族は悲しみにくれるものの葬儀を行わず、結局奥さんが旦那さんの親しい友人や家族を家に招いて、さよなら会をしました。

彼女は彼女自身と自分の子供たちを守るために、別居の選択をしました。
でも明らかに彼も助けが必要だった。彼女はリハビリ施設を探して彼を送り、更生して帰ってくるのを待ち、子供2人を育てていましたが、
彼の浮気が1人目を妊娠しているときから始まっていたことを知り、それ以上の軌道修正が出来なくなってしまいました。
それでも一度は愛した人ですから、シラフの彼を取り戻すことが出来たらどんなに良いだろうと、彼が亡くなってしばらくしてからそうつぶやいていました。

人生には色々なことがあると思います。
私も弟を亡くし、人の痛みは少しは分かる方だと思っていましたが、彼女の心情は想像も出来ません。
彼女は寂しそうに、選ぶ男を間違えたと言いました。私はそれに応える言葉を見つけることが出来ませんでした。

ときに人は、大事な人を傷つけてしまいます。
それが大事であればあるほど、エゴがむき出しになって素直になれないこともあります。

何度も何度も喧嘩して、お互いにうっとおしい気持ちが勝ってしまうと、本当に大事な気持ちに素直になれなくなります。
私達もかつて子供を作る時期について、かなり長期間喧嘩をしていました。
その結果、口を開けば相手の悪口しか言わなくなり、家の中はものすごい険悪な雰囲気になりました。
夫はうつになり、薬を飲み始め、お酒やタバコが止められなくなりました。私も同じようにうつになり、バカバカと煙草を吸って、お互いに足を引っ張るように険悪な空気が何年も続きました。最終的に別居して関係を立て直しましたが、そこからお互いに素直な気持ちを口に出来るまでに2年はかかりました。


大人になると、いろんなことがもっと複雑になってきて、寂しくてもなかなか寂しいと言えないのかもしれないなと思います。
亡くなった友達の旦那さんも、きっとものすごく寂しかったのではないかと思います。

人はみな寂しがりやで、いつも誰かのぬくもりを探しているのかな・・・。
だったら自分の娘がぐいぐいと私のベッドに入ってくる間は、せめて両手を広げて思いっきりあたためてあげるのが良いのかもしれないな、などと思ったりしています。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加